殿 利息 で ござる キャスト。 映画 殿、利息でござる!フル動画無料視聴!無料の動画配信サービスを確認!

『殿、利息でござる!』大ヒット上映中!

殿 利息 で ござる キャスト

「殿」役は仙台市出身のフィギュアスケーター羽生結弦さん!! KHB東日本放送(本社:宮城県仙台市)は、今年度、開局40周年を記念した様々な事業を行っています。 中でも大型企画となるのが、松竹(株)とのタッグを組んだ映画「殿、利息でござる!」の製作です。 内容は宮城県の実話がもとになっており、250年前、貧困にあえぐ仙台藩の宿場町吉岡宿を救った町人たちを描くものです。 これまで豪華なキャスト陣が発表されてきましたが、本日「殿」役を発表いたします。 殿役は、宮城県仙台市出身でソチオリンピック2014フィギュアスケート男子シングルの金メダリスト、羽生結弦さんです。 ご本人からコメントが届いております。 合わせて主演の阿部サダヲさん、中村義洋監督、池田史嗣 (松竹)プロデューサーから、羽生さんのキャスティングについてのコメントが届いております。 そんな本作に羽生結弦さんが出演されていることを発表致します。 今から250年前の江戸中期、仙台藩吉岡宿。 実在した穀田屋十三郎ら庶民9人が、藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」を立て奔走する姿が、現代によみがえります。 造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎(こくだや・じゅうざぶろう)を演じるのは、阿部サダヲ。 町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治(すがわらや・とくへいじ)に瑛太。 そして十三郎の弟で、吉岡宿一の大店・造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内(あさのや・じんない)には妻夫木聡。 才能あふれる多種多彩な豪華キャストの競演も見どころです。 出演シーンは少ないながらも物語にとって重要な役柄であり、困窮する庶民の前に颯爽と現れる殿という役どころ。 今まで映画などに出演することはなかったが、故郷である仙台に実在した人物たちの感動秘話に、出演を快諾。 氷上での演技で世界中を虜にした名実共に世界最高のフィギュアスケーターである羽生さんが、マゲ姿でスクリーンに初登場します。 羽生結弦さんの映画への出演、また役者としての演技経験は本作品が初めてとなります。 阿部サダヲさんをはじめ豪華俳優陣との共演にあたり、期待と喜びのコメントが届きました。 【役名】伊達重村(羽生結弦) 江戸時代の仙台藩を舞台にした映画「殿、利息でござる!」で、伊達の殿様役を頂き、初めて役者として、演技をさせていただきました。 お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。 撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショー等でも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思っています。 このお話は実話を元にしているとのことですが、地元宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。 殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。 ぜひ楽しみにしてください。 阿部サダヲ 殿役が誰か、なかなか明かされず、役者同士で色々予想をしてたのですが、まさか羽生結弦さんとは思いませんでした…。 撮影当日まで(ご本人と)全く会わず扮装が全て終わって、現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらずセリフも完璧に入っていて素晴らしかったです…。 本来、殿様を庶民が見てたら「頭が高い」と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見つめてしまいました 笑 キレイでした 笑 普段は氷上で薄着だと思うんですが、撮影現場は夏で羽織袴に髷カツラで相当暑かったと思いますが、何度も何度も繰り返す撮影に文句言わず参加してくださったのが、さすが世界一のアスリートだと思いました。 中村義洋監督 ついつい豪華キャストにしてしまったため、彼らが「殿様=雲の上の人」と仰ぐ俳優さん、というのがなかなか見つからなくなってしまいました。 そんな時に出たのが羽生さんの御名前。 これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県の御出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁やゆかりがあったとしても不思議じゃありません。 現場では、その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました。 それにしても、この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日の本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャスティングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身も今だにおののいている次第です。 池田史嗣 (松竹)プロデューサー 江戸時代、庶民が殿様に直接会うことなど、ほとんど有り得ないことであったと聞きます。 しかし史実として、伊達の殿様は吉岡宿の町人たちに会ったということが、記録に残されています。 目の前にいきなり殿様が現れた時の、一般庶民の驚愕の表情はどんな感じだったのか…。 阿部サダヲさんを始めとした、クセ者揃いの中村組オールスターキャストをも圧倒する存在はもはや、役者ではないのではないかと監督が言い出し、内心では無理に決まっていると思いながらもダメ元で出したオファーの結果、奇跡だとしか思えませんが、スクリーンにあの国民的英雄が登場することとなりました。 それも、並み居るトップクラスの俳優さんたちを圧倒する存在として。 このことは撮影当日まで現場内でも極秘扱い。 リハーサルを終え、煌びやかな衣裳で登場した彼を見たときの皆の表情といったら・・・まさに、江戸時代、殿様が突然現れた時の主人公たちの表情と全く同じだったのではないかと思います。 この映画は笑って泣ける痛快時代劇ですが、250年の長きにわたり封印されてきた、信じられないような感動の実話でもあり、震災の時に世界中が驚いた日本人の根源的なマインドが、作品の中に込められています。 そしてお話の舞台は羽生さんの地元である宮城県仙台。 故郷のために役立てるなら、ということが出演の大きな理由だったと聞いています。 どこまでも大きな故郷への思いと、それを実際に行動に移してしまう実行力に、心から敬意を表します。 一方で撮影現場では何事にも興味深々、同じ表現者として共演の役者さんたちに次々と質問を投げかけ、この機会にあらゆることを吸収しようとする良い意味で貪欲な姿勢には、さすが世界王者だと頭が下がる思いでした。 「殿、利息でござる!」少し変わった作品名ですが、タイトルにある「殿」は…。 もう、お判りですね。 是非、劇場でその華麗な姿を目撃してください。 どうぞお楽しみに。

次の

殿、利息でござる!ネタバレ感想!キャストがすごい!穀田屋の現在は?

殿 利息 で ござる キャスト

監督は「白雪姫殺人事件」や「予告犯」などの中村義洋氏、原作は「武士の家計簿」で知られている歴史家・磯田道史氏の「無私の日本人」に収録されている作品【穀田屋十三郎】を映画化したものです。 舞台となるのは江戸中期の仙台藩、その7代藩主『伊達重村』役は、仙台出身のフィギアスケーター・羽生結弦さんが演じます。 この映画は町の存続のためとはいえ、お上に銭を貸し付けて利息をまんまとかすめ取ることがテーマなのですがそれはいかなるやり方なのでしょうか。 なんだか面白そうですね。 今回の記事は、 スポンサードリンク 【殿、利息でござる!】のあらすじと感想 思いつき 1766年 明和3 京都から嫁を連れて帰ってきた茶師の菅原屋篤平治は我が町・吉岡宿の相変わらずの貧乏ぶりに心を痛めていました。 貧乏の一番の原因は吉岡宿がお上の物資を宿場から宿場へ運ぶ「伝馬役」と言うお役目を負っていたからです。 「伝馬役」てま使う馬を調達したり馬の飼い葉経やにんく代、その他の費はすべて住人たちの自腹だったのでそれは大変な負担でした。 そのために夜逃げする人が絶えず、人が減ればその分の負担は増すという負のスパイラルが出来ていたのでした。 それは、造り酒屋の穀田屋十三郎も同じで、なんとかならないものかと思い悩んでいました。 二人が煮売り屋のときの店で飲んでいるときに 菅原屋がふと思いついたことを言いました。 「銭をお上に貸してその利息を頂戴すればどうだろうか」 その内訳は、今、なぜだかお上は金に困っています。 そこでひとり5百貫、10人で5000貫つまり1000両 現在の貨幣価値にすると3億円 を集めてお上に貸して、利息として毎年1割の100両を貰い、それを伝馬役と費用に充てるというものです。 しかも、これは投資ではなく寄付なので誰も徳はしないというオマケまであるのです。 ただの思いつきで本気で言ったわけではなかったこのアイデアが、あっという間に吉岡宿中に広がり今や公然の秘密となってしまいました。 千両 やがて発案から3年がたち、吉岡宿の人びとは家財道具や着物などを売り払い、節約に節約を重ね、やっと5000貫に大金を作りました。 町の顔役の肝煎から大肝煎を経て代官の橋本権右衛門にお上への訴状をお願いに上がりました。 なぜこんなに銭の価値が下がってしまったのかというと、それは仙台潘の殿様の伊達重村が島津潘への対抗意識から、官位を欲しがったためでした。 官位を賜るためには莫大なお金がいるのです。 そのため潘の役人たちは金策に奔走していました。。 そしてついには、自分達て銭を鋳造することを思いついたの。 そのせいで銭の価値がさかり800貫も余分に出すハメになったのです。 金策 800貫と言えば現在の4800万円にあたります。 もう全て出し尽くした吉岡宿の人びとには無理な金額です。 万策尽きたところへ、金貸しと造り酒屋を営む浅野屋甚内から自分がもう500貫出すという申し出がありました。 しかし、既に1500貫も出した浅野屋にこれ以上は店を潰すことになってしまいす。 ありがたい申し出ではありますが、断りに行くと浅野屋任内はそこで、初めて父の教えを語ったのです。 (実は浅野屋甚内は穀田屋十三郎の弟でした。 浅野屋の長男である十三郎は穀田屋へ養子に出され、次男の甚内が跡継ぎとなったのです) 先代の浅野屋甚内の教えとは「冥加訓(みょうがくん)」と言う、中国からきた儒教の流れをくむ陽明学からの教えで、 『善を行えば天道にかない神仏の助けがあり、悪を行えば天に見放されて罰が与えられる』 というものです。 先代の浅野屋はケチとかしみったれ、守銭奴などと言われていましたが、利子を取り立てるのは金を持っている者からで、貧乏人からは踏み倒されても請求しなっかたのです。 そしてなんと先代は、菅原屋たちの『お上に銭を貸す』という発案よりも40年以上前から、同じことを考えていて一人でコツコツと銭を貯めていたのです。 浅野屋甚内は、先代が亡くなるときにこのことを告げられて、しかもこれらのことはすべて世間には秘密にし、いつか満願かなう時まで続けるようにと言う遺言でした。 それは『つつしみの掟』として代々受け継がれています。 今こそ先代の願いを果たす時だと思い、店を潰す覚悟もあると言いました。 ここまでの覚悟を見せられては断るすべはありません。 500貫はありがたく頂戴することになりました。 また穀田屋十三郎が昔から疑問に思っていた、長男の自分が養子に出され、次男の甚内が跡継ぎとなった訳も知りました。 甚内は目がすごく悪かったのです。 それこそ夜は目が見えないくらいに。 「こんな者を養子には出すことはできない」 先代、浅野屋甚内の心を鬼にした決断に泣かされた十三郎でした。 【つつしみの掟】 一、喧嘩、口論は相つつしむ 一、こたびの嘆願について、口外することをつつしむ 一、神社仏閣へ寄進し折も、その名を出すことを、つつしむ 一、往来を歩く際は、礼を失することにならぬよう、これをつつしむ 一、振る舞いなどの寄合では、上座に座らず、末席にて、つつしむ 大願成就した暁には尚もつつしみ、 かつ子々孫々に至るまで固く守らせ、 これをつつしむ 利息でござる 吉岡宿からの千両は滞りなく納められ、褒美の金を賜ることになりました。 しかしその場に浅野屋甚内はいませんでした。 出入司の萱場杢になぜ朝野屋はいないのか尋ねられて、思わず『冥加訓』の、牛馬の背に乗って牛馬を苦しめたり、かごに乗ってかごかきを苦しめてはいけないという教えに従い、来ないのだ言ってしまい、打ち首ものの発言でドキドキでした。 褒美の金を浅野屋の立て直しに使ってもらうことにみんなで決め、浅野屋に持って行くと受け取ってくれません。 押し問答をしていると、そこへとんでもないお方がやって来たのです。 うろたえるみんなを無視して上座へ座ったその人は 「重村である」 と、のたまいました。 そして、紙にサラサラっと何かしたためて 「そちは酒屋であろう。 これを酒名として使え。 酒屋を潰すことあいならん」 「冥加訓の教えに従い、わしも倹約せねばな。 城まで歩いて帰るぞ!」 サッと来てサッと去って行ったのは、ときの仙台藩主「伊達重村」でした。 墨痕も鮮やかな「霜夜」「春風」「寒月」をしたためた三枚の書は、殿さまが書いた文字だということで評判になり浅野屋の名物となりました。 その後、毎年「百両づつ」の利息を受け取り、吉岡宿は元気を取り戻したということです。 実話と言うことで、たいした方々がいたのだなあと感心しました。 「つつしみの掟」というものが本当に存在し、そのために今まで誰にも知られることがなかった・・・なんて奥ゆかしいのでしょうか。 できれば自分もそうありたいと思います・・無理か(笑) しかし、ちょっと裏切られた感もありました。 主演が阿部サダオさんだという予告で、絶対にコメディだと信じて観に行ったら案に相違してかなりシリアスなものでした。 西村雅彦さんの遠藤寿内役などちょっとは笑える要素もありましたが、もう少し笑いを盛り込んで欲しかったかもです。 羽生結弦さんの殿さまは凛々しくてとってもすてきでしたよ! キャスト 穀田屋十三郎・・・阿部サダオさん 菅原屋篤平治・・・暎二さん 浅野屋甚内・・・妻夫木聡さん とき・・・竹内結子さん 遠藤幾右衛門・・・寺脇康文さん 穀田屋十兵衛・・・きたろうさん 千坂仲内・・・千葉雄大さん 早坂屋新四郎・・・橋本一郎さん 穀田屋善八・・・中村賢さん 遠藤寿内・・・中村雅彦さん なつ・・・山本舞香さん 加代・・・岩田華怜さん 橋本権右衛門・・・堀部圭亮さん 穀田屋音右衛門・・・重岡大穀さん 伊達重村・・・羽生結弦さん 萱場杢・・・松田龍平さん きよ・・・草笛光子さん 先代・朝野屋甚内十三郎・・・山崎努さん 監督・・・中村義洋氏 原作・・・磯田道史氏 スポンサードリンク 羽生結弦さんの演技力 フィギアスケートとは勝手が違うので、どんな演技をするのか楽しみに観に行きました。 盛大な大根ぶりを期待していましたが、なかなかどうして上品で育ちのいい凛々しい殿様ぶりでした。 パンフレットを読んでみると、共演者の方たちの評判も良く、セリフもキチンと入っていて堂々としたものだったそうです。 さすがに世界を制する金メダリストですね! スケーターを引退したら俳優を目指すのかも・・・ 評価 私個人の評価です。 コメディ仕立てと思っていたけれどハズレでしたが、かなり面白っかたと思います。 まとめ 今回の記事は、.

次の

『殿、利息でござる!』大ヒット上映中!

殿 利息 で ござる キャスト

5月14日より公開を開始する「殿、利息でござる」。 「武士の家計簿」の原作者で知られる 磯田道史先生と「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」を手掛けた 中村義洋監督 がタッグを組んで生まれたこの作品は、主演の安倍サダヲをはじめ、瑛太や妻夫木聡などの大物俳優が勢揃いするということで公開前から話題になっています。 そんな「殿、利息でござる」について、今回は詳しくご紹介したいと思います! 原作 「殿、利息でござる」の原作は「武士の家計簿」などで知られる磯田道史先生の『 無私の日本人』収録されている一編「穀田屋十三郎」。 2010年に『武士の家計簿』が映画化した際、従来の時代劇ファンだけでなく女性層にも広く支持されました。 その「武士の家計簿」と同じ磯田先生の原作『無私の日本人』もきっと面白い映画にできる、という確信はあり「殿、利息でござる」というタイトルで映画化が決定したそうです。 「武士の家計簿」と「殿、利息でござる!」の共通する点は、チャンバラなどの派手なシーンがなく、有名な歴史上の英雄も登場しないということ。 そして現代的なテーマでわかりやすく、実話というリアリティーがあり、今までなかった新しい時代劇のスタイルです。 原作は江戸時代の庶民たちによる『濁ったものを少しでも清らかにしよう』という精神が結実した、嘘のような本当の話です。 それも自分たちが成し遂げたことを人に伝えてはいけないという「つつしみの掟」によって封印されてきた、まさに「無私の日本人」たちの歴史秘話なのです。 「こんなすごい人がいた」ということを今こそ人々に伝えなくてはという原作者の磯田先生の思いに、中村監督が強く心を打たれ映画の企画が始まりました。 あらすじ 江戸中期、財政難のため民衆に重税を課す仙台藩では、破産や夜逃げが相次いでいました。 そんなある日、宿場の行末を見据えていた「造り酒屋」を営む穀田屋十三郎(安倍サダヲ)が茶師・菅原屋篤平治(瑛太)から、藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるという、宿場復興の計画を打ち明けられます。 計画が明るみになれば打ち首は免れませんが、それでも状況を憂う宿場の仲間9人は、ただ町のため、人のためと力を合わせ「千両集めて藩に貸し付け、永代に亘って利息をもらい村を立て直す!」 という、奇想天外な「宿場救済計画」を打ち立て計画を進めます。 スポンサードリンク キャスト 阿部サダヲ…穀田屋十三郎 瑛太…菅原屋篤平治 妻夫木聡…浅野屋甚内 寺脇康文…遠藤幾右衛門 監督曰く、今回ほどキャスティングに時間を使った映画はないそうです。 九人の篤志家と、見守る女性、そして酷薄怜悧な御上とのバランスを考えながら、一人一人、慎重に、時間をかけてキャスティングした、とのこと。 ちなみにとき役の竹内さんは時代劇の経験が以外にもないそうです! 「ああ、結子さんの日本髪を一度でいいから拝んでみたい」という監督の思いがキャスティングの重要な決め手の一つだったそうですよ(笑) ロケ地 仙台藩の史実に基づく「殿、利息でござる!」のメインロケ地となったのは山形県鶴岡市羽黒町にある国内最大級の映画撮影所「 スタジオセディック庄内オープンセット」 88ヘクタールの広大な敷地に宿場町や農漁村などを再現しました。 「るろうに剣心」や「必死剣鳥刺し」などの映画ロケ地でもあるそうです! まとめ 舞台である宮城県で5月7日に先行公開をした「殿、利息でござる」。 先行公開を観た方たちの感想は 分かりやすいナレーション、庄内映画村のセットを主に使った舞台設定、キャラクターの濃い農民達のおかげですんなり歴史設定を理解でき、エンターテイメント映画としてとても楽しめる内容でした。 実話ってこともあって、世のため人のために生きた人が昔にいたことには感動したし、自分もこうならなあかんなって思った 笑いあり、歴史の勉強にもなる映画。 と評価も上々。 関係者によると、集まった寄付金は、古文書保存などに役立てられるらしいですよ! では、最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の