クローム キャスト ワイファイ。 ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ|ポケットWiFi総合評価が高いBEST9|【2020年6版月】ポケットWiFiベストランキング.jp

Chromecastのミラーリングでスマホ画面をテレビに映す方法

クローム キャスト ワイファイ

クロームキャストってどうやって設定したらいい? クロームキャストとは、パソコンやスマホで見ている映像や画像を、大画面テレビで見るために作られたものです。 大画面といっても、ブラウン管テレビや、HDMI端子すらないテレビはダメです。 ちょっと前のテレビには、インターネット機能がありません。 クロームキャストを設定することで、テレビがインターネットに接続されます。 そしてパソコンやスマホなどから、クロームキャストに映像を飛ばします。 これで、パソコンの場合はグーグルクロームブラウザで開いているものが、そのままテレビに映し出されます。 スマホの場合は、アプリのメニューからキャストボタンでそのまま映し出されます。 クロームキャストウルトラなら、4K動画も再生できます。 テレビが4Kに対応しているなら、超高画質のインターネット動画を楽しめます。 パソコンでクロームキャストの初期設定をしよう! クロームキャストは、パソコン、スマホ、タブレットなど、Wi-Fiネットワークに接続したもののと、自宅のテレビをWi-Fi接続するものです。 Wi-Fi接続することで、ちょっと前のテレビでは今まで見ることができなかったインターネットサービスが利用できるようになります。 有名どころで、YouTubeでしょうか。 大画面で楽しめます。 最近では、スマートスピーカーとも繋がります。 「Ok Google!Youtube見せて!」で、Youtube見せてくれます。 設定には、テレビのHDMI端子を使います。 1つしかなくて、HDDレコーダーなどが接続されてるなら、これを抜くしかありません。 ここにクロームキャスト本体を接続し、まずは自宅のWi-Fiに接続する設定をします。 あとは、パソコンやスマホからキャストして楽しみます。 このように接続します。 Google Chromecastを接続する A: USB 電源ケーブルの一方の端を Chromecast に差し込み、もう一方の端を電源アダプターに差し込んでから近くの電源コンセントにつなぎます。 最適なパフォーマンスを得るには、Chromecast に同梱されている USB 電源ケーブルと電源アダプターを使用することをおすすめします。 B: Chromecast をテレビの HDMI 入力端子につなぎます。 見慣れない、なんだかきれいなCGが映っていたら、それがクロームキャストの初期画面。 HDMI2にクロームキャストが接続されていれば、HDMI2に切り替えます。 クロームキャスト設定サイト• ここで、クロームキャストと自宅のWi-Fiルーターとの接続設定をします。 指示に従って、Wi-Fiのキーを聞いてきたら入力します。 または、WPSセットアップでボタン1発です。 この設定は、Wi-Fiルーターを交換しない限り1度きりです。 パソコンでクロームキャストを使用してテレビに映す方法 パソコンの画面をクロームキャストへ映すには、グーグルクロームというブラウザを使います。 ブラウザ内に表示されているインターネット画面が、そのままテレビに映ります。 メニューからキャストコマンドをクリックするだけ。 グーグルクロームは無料ソフトです。 インストールしましょう。 グーグルクロームでYoutubeなどのインターネットサイトを開きます。 キャストするデバイスで、クロームキャストをクリックします。 クロームキャストはandroidとテレビも繋いでくれる! androidはいくつかのアプリがクロームキャストに対応しています。 テレビキャストアプリで検索すると、結構な数がでます。 そして、有名どころのダ・ゾーンやhuluももちろん、対応します。 グーグルが発表している対応アプリ• クロームキャストを買ったら、真っ先にインストールしましょう。 最初の設定さえしてあれば、実にかんたんです。 対応するアプリで、メニューからキャストを選択するだけ。 テレビの入力切り替えを、クロームキャストが繋がっているHDMIに切り替えます。 Youtubeアプリを開くと、画面上のほうにキャストボタンが現れます。 キャストボタンを押すと、キャスト先を聞いてきます。 もちろん、クロームキャストを選択します。 クロームキャストがandroidの映像データを受け取って、テレビへ映し出します。 または、画面上からスワイプするとでてくる簡単メニューで、キャストをタップします。 キャスト先をクロームキャストにします。 パソコンの画面をクロームキャストでテレビに映す活用方法とは? グーグルクロームというブラウザを使えば、簡単にできます。 このブラウザ以外では、おそらくできません。 スマホなどで撮影した写真や動画を、一旦Googleフォトにアップロードしておきます。 アップロードするには、スマホにGoogleフォトを入れて設定するだけ。 Wi-Fi環境にあれば、撮影したものが自動的にアップロードされるようになります。 テレビの入力切り替えを、クロームキャストが繋がっているHDMIに切り替えます。 手順1.Googleフォトのサイトをグーグルクロームで開きます。 手順2.写真や動画を開きます。 手順3.グーグルクロームのメニューから、「キャスト」を選択します。 手順4.キャストするデバイスで、クロームキャストを選択します。 テレビの入力切り替えを、クロームキャストが繋がっているHDMIに切り替えます。 手順1.グーグルクロームで、オンデマンド動画サイトを開きます。 手順2.観たい動画を開きます。 手順3.グーグルクロームのメニューから、「キャスト」を選択します。 手順4.キャストするデバイスで、クロームキャストを選択します。 まとめ 僕のお客様でも、「スマホの画面をテレビで観たい」という相談が沢山あります。 すべてのお客様に、クロームキャストを提案しました。 安くて便利で、皆さんが満足しています。 スマホのアプリも、対応するものがどんどん増えています。 最近のテレビにも、Youtubeなどのオンデマンド動画サービスが観れるようになっていますが、アップデートの速さから考えても、クロームキャストはオススメです。 ヨドバシカメラの口コミをみれば納得です。 クロームキャストは4Kにも対応します。 4Kオンデマンド動画をそのまま4Kテレビで見ることができます。

次の

ChromecastのWi

クローム キャスト ワイファイ

Chromecast(クロームキャスト)は、USBのような形をした小型のメディアストリーミング端末です。 テレビとの接続はHDMI端子に差し込んで、付属のUSBケーブルから電源を取るだけです。 初期設定も非常に簡単で、誰でもすぐに楽しむことができます。 Chromecastの製品内訳 Chromecastは、パッケージに以下の4点が入っているだけで、製品マニュアルや操作説明書などは入っていません。 Chromecast本体 テレビのHDMIポートにこのChromecast本体を差し込みます。 Chromecastの操作は、同じWi-Fiネットワーク上にあるスマートフォン、タブレット、パソコンなどから行います。 Chromecastは、 USBケーブル( 2)から電源を供給します。 USB電源ケーブル このUSB電源ケーブルを使ってChromecastへ電源を送ります。 ケーブルの一方をChromecast本体の頭に差し込み、もう一方の端をテレビのUSBポートまたは電源アダプターに差し込みます。 電源アダプター(オプション) テレビにUSBポートがない場合、電源アダプターとUSB ケーブルを使用してChromecast本体に電源を供給します。 HDMI延長ケーブル(オプション) Chromecastをテレビに直接差し込めない場合に使用します。 このHDMI延長ケーブルにより、Wi-Fiの受信状態を改善することもできます。 セットアップ時に延長ケーブルの使用が推奨される場合には、テレビ画面に通知が表示されます。 HDMI延長ケーブルは、テレビに先につないでからChromecastにつなぐ必要があります。 Chromecastの仕様 Chromecastは以下の製品仕様です。 出力動画の最大解像度が1080pなので、ハイビジョンより高画質な大画面テレビが適しています。 無線LAN(Wi-Fi)の周波数帯が2. 4GHzなので電波干渉がありますので、できればWi-Fi電波が届きやすいような設置が望ましいです。 (無線LANルータ機器とChromecastの間は近くて、干渉する機器が無いほうがよい) 出力 HDMI、CEC(Consumer Electronics Control)対応 出力動画の最大解像度 1080p サイズ 72(長さ)x 35(幅)x 12(高さ)mm 重量 34g 無線標準 802. 11n 2. NECの無線LANルータWG1800HPシリーズは、11ac対応の1300Mbpsと超高速で安定していて、しかも中継機機能が付いているので無線LANルータを導入するには今一番オススメです。

次の

ポケットWiFiはクロームキャスト接続可能?エラー時の解決法も!|ポケットWiFi大学

クローム キャスト ワイファイ

つまり、クロームキャストを使うためには、スマホを持っているうえでWi-Fiが必要になるわけです。 自宅がWi-Fi環境じゃなくてもクロームキャストを使う方法もありますが、機能性にデメリットを抱えているのでおすすめできません。 Wi-Fiが無くてもクロームキャストを使う方法は後で詳しく解説します。 有線接続が利用できるモデルもあるがWi-Fi環境は必須 クロームキャストには数種類のモデルがあり、中には有線接続が利用できるクロームキャストウルトラ(Chromecast Ultra)が存在しています。 しかし、クロームキャストウルトラの有線接続は、リモコン操作で要求した動画やウェブサイトを読み込むだけの機能に過ぎません。 クロームキャストウルトラを操作する場合も、スマホから操作するためにWi-Fiが必要なのです。 テザリングでの利用はできるがリスクが高い 自宅にWi-Fiがなくても、スマホがモバイルルーターになるテザリング機能を活用すれば、Wi-Fiがなくてもクロームキャストを使うことができます。 しかし、テザリングを活用したクロームキャストの利用はあまりおすすめできません。 テザリングを利用することには、以下のリスクがあるからです。 通信制限を受ける恐れがある テザリングとは、携帯電話キャリアの4G回線を利用する機能です。 つまり、テザリングを活用してクロームキャストで動画やウェブサイトを見る際は、4G回線でデータを読み込むわけです。 注意 携帯電話キャリアが提供する4G回線は固定回線と違って使い放題ではなく、契約しているプランによって1ヵ月で利用できるデータ量に上限があります。 利用したデータ量が上限に達すると、締め日が過ぎるまで通信制限がかかり、動画やウェブサイトの読み込みスピードが急激に落ちてしまいます。 クロームキャストはテレビでインターネット動画が見れることが売りの機器なので、テザリングを利用すると通信速度のリスクが避けられません。 スマホにかかる負荷が大きい テザリングを利用するとスマホに負荷がかかり、バッテリーが熱を帯びやすくなります。 また、バッテリーの消費が激しくなるので、テザリングでクロームキャストを使っている間はスマホを充電させながら動画を読み込むことが多くなります。 注意 頻繁にスマホへ負荷をかけたり、充電をした状態で動画を読み込むとバッテリーの寿命が短くなります。 さらに外でスマホを使ったときにバッテリーの減りが激しいと感じるようになります。 定期的にバッテリーを交換すれば良いと思うかもしれません。 ですが、交換する際にはスマホに保存した電話帳や写真が消える恐れがあるので、事前にバックアップを取っておかなければいけません。 通信制限やバッテリー寿命が短くなるリスクを考えると、クロームキャストはテザリングではなくWi-Fiで使ったほうが無難です。 契約するキャリアやプランによってはテザリングの機能性が拡大する どうしてもテザリングでクロームキャストを使いたい場合、利用目的と契約するキャリアやプラン次第では通信制限のリスクを軽減できます。 ソフトバンクはYouTube・AbemaTV・TVer・GYAO!・Huluが見放題になる新プラン「ウルトラギガモンスタープラス」の展開を開始しています。 MEMO 対象の動画サイトをメインで見るのなら、「ウルトラギガモンスタープラス」に加入すれば通信制限を受ける可能性がほとんどありません。 ただ、NetflixやU-NEXTなど数多くの月額動画配信サービスを見るとデータ量のカウント対象になります。 見放題の対象でないサイトを見ることが多い場合は、自宅をWi-Fi環境にしたほうが良いでしょう。 有線接続だけしか使えない場合はAndroid TVかAppleTVがおすすめ この状況である人はほとんどいないと思いますが、自宅に固定回線がある状態でWi-Fi環境を作れない場合、AndroidTVやAppleTVを選びましょう。 AndroidTVとAppleTVはリモコンが同封されているので、わざわざWi-Fi環境を作ってスマホをリモコン代わりにする必要がありません。 専用ケーブルを使ってスマホの画面をテレビに映す方法もある テレビの大画面でインターネット動画を見たい場合、クロームキャストやAndroidTVを用意しなくても、スマホを有線でテレビに接続する方法もあります。 iPhoneではHDMIの変換ケーブルを利用すれば、テレビに接続してスマホの画面をテレビに映し出せます。 ただ、使う度にスマホをケーブルにつなぐ必要があり、利用できる範囲も限られるので利便性が高いとは言えません。 クロームキャストを使うためにはどんなネット環境が必要か?固定回線が必須? クロームキャストで動画やウェブサイトを見るために必要なネット環境は実質2つです。 しかし、リスクを避けることを考えると、クロームキャストで利用するべきネット環境は1種類のみと考えるべきでしょう。 クロームキャストで利用できる接続方法は実質2種類 クロームキャストはスマホをリモコンにして操作する端末なので、Wi-Fiがなければ利用できませんが、スマホのテザリング機能を使うこともできます。 しかし、先ほど解説した通り、テザリングは通信制限を受けやすく、スマホのバッテリーへ負荷がかかる恐れがあるのでおすすめできません。 クロームキャストを使う際はなるべく、通信制限を受けないうえに機器への負荷がかからないWi-Fi接続を活用しましょう。 ただ、Wi-Fiにも3つの種類があり、動画を再生することが多いクロームキャストを使うならどの方法でWi-Fiを使うかが重要になります。 Wi-Fi環境にする方法は3種類 Wi-Fiは固定回線の通信を電波に変換したものなので、自宅に回線を引かなければ利用できないことが一般的です。 しかし、固定回線に対して「工事などの手続きが面倒」と感じる人は多いのではないでしょうか? 固定回線を引くのが面倒だと感じたとしても、Wi-Fiを使う方法は他にもあります。 1つ目はWiMAXやY! mobileのモバイルルーターを契約することです。 2つめは自宅専用の据え置きルーター「ソフトバンクエアー」を設置することです。 モバイルルーターとソフトバンクエアーはどちらも工事をする必要がないので、簡単に自宅をWi-Fi環境にできる優れものです。 通信速度も安定性もそれなりにあるので、クロームキャストで快適に動画を見ることができます。 注意 しかし、モバイルルーターには3日間に消費したデータ量が10GBになると、翌日の夕方から深夜に通信速度が制限されるデメリットがあります。 ソフトバンクエアーには通信制限がありませんが、夜の20時から25時まで下り速度が5~7Mbpsに制限されるので、固定回線ほど利便性が高いとは言えません。 5~7Mbpsの通信速度が出ればスマホやタブレットで動画を見る分には問題ありませんが、クロームキャストで4K動画を見る場合は読み込み速度が遅く感じてしまいます。 なので、クロームキャストで動画を見たい人は、なるべく自宅に固定回線を引いてWi-Fi環境を作りましょう。 4K動画を見るつもりがない人は、ソフトバンクエアーを検討してみましょう。 クロームキャストを使うためのインターネット環境の作り方を知ろう! クロームキャストを使うためのWi-Fi環境を作る方法を固定回線とモバイルルーター、ソフトバンクエアーの種類別に見てみましょう。 固定回線は工事と費用がネックになるイメージがありますが、それほど面倒ではありません。 モバイルルーターとソフトバンクエアーは固定回線と比べると手間は少ないですが、 機能性が許容できるかが問題です。 固定回線は工事が必要になるが費用がかからない 多くの人は「固定回線の工事は大がかりだから面倒」と思っているかもしれませんが、実際はそれほど難しい作業ではありません。 固定回線を契約する場合、電柱から自宅にケーブルを引いて、宅内に光コンセントと接続機器を設置する工事が行われます。 図で見ると大がかりなように感じますが、工事にかかる時間は40分から90分と短く、業者が全ての作業を行ってくれます。 ただ、工事が完了した段階では、まだWi-Fiを使うことができません。 固定回線を引いてWi-Fiを使うには、無線LANルーターを設置しなければいけません。 MEMO 固定回線の初期費用は18,000円から24,000円が相場です。 しかし、キャンペーンを実施しているサービスを契約すれば30,000円前後のキャッシュバックがもらえるので、実質的に負担するコストが0円になります。 モバイルルーター・ソフトバンクエアーは端末を手にしたその日から利用できる モバイルルーターとソフトバンクエアーはどちらも基地局からの電波をWi-Fiに変換する機器です。 なので、工事をする必要がなく端末を手に入れるだけでWi-Fiが使えるようになります。 工事が必要ないということは初期費用がほとんどかからないということなので、固定回線よりも契約しやすいと言えます。 しかし、モバイルルーターとソフトバンクエアーのどちらにも通信制限のデメリットがあるので、クロームキャストで4K動画を見るとストレスを感じてしまいます。 画質にこだわるなら、工事の手間をかけてでも固定回線を引いたほうがいいでしょう。 まとめ クロームキャストはスマホをリモコンにして操作する機器なので、利用するにはWi-Fiが必要不可欠です。 テザリングを活用する方法もあります。 ですが、通信制限を受けないようにデータ量を気にする必要があるうえに、スマホのバッテリーに大きな負担をかけるのでおすすめできません。 クロームキャストを使うために自宅をWi-Fi環境する方法は3つありますが、高画質で動画を見るためになるべく固定回線を導入したほうがいいでしょう。

次の