ハム ストリング テーピング。 ハムストリングス肉離れの症状と治療期間を軽度と治らない場合に分けて解説!太ももの裏がピキッとなったらどうするのか

肉離れについて。症状・原因・リハビリ・サポーター・テーピングなど徹底解説

ハム ストリング テーピング

肉離れとは? 急なダッシュやターンをした際に、プチッやバチッといった筋肉が切れたような感覚が生じ、その後痛みと力が入らない事でスポーツの継続が困難になります。 正確には 筋断裂・筋損傷といいますが、一般に肉離れと呼ばれています。 運動時には筋肉が収縮しますが、その力に耐えられなくなる事で筋肉が断裂して起こります。 ゴムを急激に引っ張って部分的に切れてしまうイメージです。 肉離れって筋肉がどうなっている? 筋肉は細かい線維の束が集まって成り立っています。 細かい線維を筋線維といい、その筋線維を束ねている膜を筋周膜といいます。 肉離れとはその筋線維や筋周膜が損傷している状態です。 魚肉ソーセージを思い浮かべてみて下さい。 魚肉が筋線維、外のビニールが筋周膜だとするとイメージしやすいかと思います。 ビニール、魚肉の裂け具合によって肉離れの重症度が変わってきます。 肉離れを発症しやすいスポーツ 陸上競技 サッカー 野球 テニス バスケットボール など 急激なダッシュやターンなどの動作が多いスポーツに多く発症します。 また運動不足の人が電車に乗り遅れそうだから急に走った際とか、階段を駆け上がった際などでも受傷する事もあります。 肉離れを起こしやすい部分 肉離れはハムストリングス(太ももの裏)、大腿四頭筋(太ももの表)、腓腹筋(ふくらはぎ)、内転筋(太ももの内側)に多くみられます。 ハムストリングス 太ももの裏 腓腹筋 ふくらはぎの筋肉 大腿四頭筋 太ももの表 内転筋 太ももの内側 腹斜筋 わき腹 私はサッカーの試合でハムストリングスの肉離れを2回、腓腹筋の肉離れを1回経験しています。 プレー中にプチっと嫌な感覚がしたのが忘れられません…。 すぐにダメだとわかります。。 肉離れの完治までの期間はどのくらい? 肉離れは重症度によってスポーツ復帰できるまでの期間が異なります。 肉離れの完治まではどのくらいかかるのか。 重症度別の症状とおおよその完治、スポーツ復帰までの目安を挙げていきます。 肉離れの重症度分類 この中でも、遠心性収縮は筋肉が伸びながら収縮するためより強い力が加わります。 肉離れは遠心性収縮で発症しやすいと言われます。 筋腱移行部に起こりやすい 筋肉は骨についていますが、骨と筋肉をつなぐ部分を腱といいます。 この筋肉と腱との境目の部分を 筋腱移行部と呼びます。 この部分が負荷が加わりやすく肉離れを起こしやすいといわれています。 二関節筋に起こりやすい 筋肉はついている部分によって 単関節筋と 二関節筋とにわけられます。 二関節筋とは関節二つをまたがって付いている筋肉です。 例を挙げるとハムストリングスの半腱様筋は股関節と膝関節の二つをまたがっています。 単関節筋は一つの関節にまたがっている筋肉です。 例を挙げると股関節にある腸骨筋は股関節だけをまたがっています。 二関節筋は収縮すると二つの関節の動きを生じさせ、より強い負荷がかかります。 そのため肉離れを起こしやすいとされています。 肉離れの対処法・応急処置 肉離れを発症した際の対処法と応急処置をお伝えします。 発症したら速やかにRICE処置といわれる応急処置をします。 適切にRICE処置を行わないと今後の回復に影響を与えます。 RICE処置とは? Rest 安静 Ice 冷却 Compression 圧迫 Elevation 挙上 の頭文字をとってRICE処置と呼びます。 by 肉離れの治療法 発症後RICE処置を2〜3日ほど行い、腫れや熱感が落ち着いてきたら温める 温熱療法を行います。 温熱療法の目的は 血液循環の促進 新陳代謝の促進 疼痛の軽減 筋緊張の低下 などが挙げられます。 簡単に説明すると血流を良くして、傷んだ組織の回復を促進し、痛みを生じさせている物質の除去を促すといった感じです。 整形外科などではホットパックやマイクロ波、超音波などで温熱療法を行う事が多いです。 肉離れは再発しやすい 肉離れは痛みが落ち着いたからといっても油断できず、しっかり治っていないと運動を再開した際に再発しやすいです。 肉離れ後は患部の筋肉の筋力低下、筋持久力低下、柔軟性低下がみられるため急な運動によってまた痛めてしまう事が非常に多いです。 私自身、肉離れをして復帰したサッカーの試合で再度同じ箇所の肉離れを起こした経験があります。 一流のプロ選手でさえ、何度も再発させる事の多い怪我なのでしっかりとしたリハビリをして、肉離れの対策を取ることが重要となります。 肉離れのリハビリ 肉離れの後、重要となるのが筋力、筋持久力、柔軟性を改善させる事です。 重症度や個人差によってリハビリを開始する時期は変わってきます。 肉離れを起こした筋肉をストレッチした時に強い痛みは生じない、患部を押しても痛みが生じない事が一つの目安ともいわれていますが、医者や理学療法士の指導の元行うのが望ましいでしょう。 もっとも頻度の多いハムストリングスと腓腹筋のリハビリ方法をお伝えしていきます。 ハムストリングス肉離れのリハビリ 筋力トレーニング 立った状態で、踵を上げつま先立ちをします。 そこからゆっくりと踵を下ろしていきます。 どちらかの機能が悪くなると、影響を及ぼすため両方ともリハビリする事が再発予防となります。 肉離れのサポーター 肉離れ後、運動を開始する際は再発が怖いものです。 その不安を解消するためのサポーターも有効となります。 タイツ状のもので筋肉に適度な圧をかける事で筋肉への負担を軽減させ、筋肉の働きをサポートする効果があります。 ちなみに理学療法士である私自身もサッカーの試合の際は着用しています。 ザムストタイツ by ふくらはぎの肉離れ防止テーピング 初心者向けのテーピング方法で、肉離れが回復し運動復帰の際の再発予防や筋肉の動きのサポートに効果的な方法です。 ふくらはぎ方向へ少し引っ張りながらテープに皺が寄らないように貼っていきます。 立位で膝を伸ばしたまま前屈し、ハムストリングスを伸ばします。 坐骨から膝裏の外側の腱に向かってテープを貼ります。 皺が寄らない程度に軽く引っ張りながら貼っていきます。 まとめ 肉離れは非常に再発しやすい怪我です。 特にスポーツ復帰するタイミングを間違えたり、適切にリハビリを行わないと何度も繰り返すこととなります。 プロスポーツ選手でも肉離れを繰り返すことが多々あります。 私自身も経験しており、その辛さは身をもって体感しています。 肉離れを侮らず、医師や理学療法士、トレーナーの支持の元適切な治療を行う事が重要です。

次の

太もも(ハムストリング)の肉離れにおすすめのサポーターを紹介!使った感想は?

ハム ストリング テーピング

もくじ• ハムストリングスとは。 走行を確認 ハムストリングスとは太ももの後ろにある 4本の筋肉の総称です。 大腿二頭筋長頭 骨盤の坐骨~腓骨頭 黄色(長い方)• 大腿二頭筋短頭 大腿部の後面外側~腓骨頭 黄色(短い方)• 半腱様筋 骨盤の坐骨~膝の内側 ピンク• 半膜様筋 骨盤の坐骨~膝の内側 青 からなります。 筋肉が単純に収縮した場合• 膝関節を曲げる動作• 股関節を後ろに引く動作• 下腿部を回旋させる動作 スキー、スケートなど膝から下の回旋の動き に関与しますが、実際のメインの機能は 姿勢の制御やジャンプやランニングなど幅広く活躍するため、働き者と言えます。 単独でも働き全身的にも働く重要な筋肉なんので、負担が掛かり過ぎて肉離れを起こしやすいとも言えますね。 一番肉離れが多い筋肉は 大腿二頭筋長頭になります。 ハムストリングスの肉離れをおこしやすい部分 ハムストリングスの肉離れが起きやすい部分 筋肉と腱の移行部:筋肉と腱は収縮の仕方が異なる部分になり、そのような部分は総じてケガをしやすいです。 ハムストリングスの近位端:主に骨盤の坐骨部分になります。 おしりの付け根ですね。 ハムストリングスの肉離れの原因 悪いコンディションでの過度な負荷で肉離れを起こしやすいと言えます。 そして関連記事にも書いてありますが、現代の子供たちは座っている事が多いためコンディションが低下しやすいです。 過度な負荷とは「 体幹よりも前に足が大きく出てしまうフォーム」、「 ハムストリングスの柔軟性低下」、「 骨盤の過度な前傾」があります。 また、おしりの筋肉がキチンと働かないとハムストリングスに負担がかかり肉離れを起こす事があるのもポイントです。 基本的には「柔軟性が低下した状態での、過度な伸張」が大きな理由と言えます。 <関連記事> ハムストリングスの肉離れの症状 患部の圧痛 膝を伸ばした状態で床に手を伸ばす動作などの伸張痛 膝関節の屈曲や股関節の伸展などの収縮痛 ハムストリングスを肉離れしやすいスポーツ ランニングやボールを使ったスポーツなど急加速・急な方向転換などのスポーツに多いと言えます。 バスケ、野球など。 また新体操など過度な可動域での無理な筋肉の収縮を必要とする動作でも同様です。 ハムストリングスの肉離れの治療とリハビリ 治療期間は損傷具合やリハビリの進行具合、日常生活での負担のかけ方にによって異なりますが、 4~6週が目安になります。 治療の最初はケガの基本であるを行います。 筋肉の伸張痛や収縮痛が落ち着くまで過度なリハビリは避けるべきで、押しての痛み、圧痛が落ち着いてきたら持続的な圧迫からのなどがいいでしょう。 圧痛がある場合は損傷部位以外を治療する事で患部の負担を減らすことが出来る為、治り方も早くなります。 スポンサーリンク 治療例 初期:伸張痛、収縮痛、圧痛が強い場合はテーピングや包帯、サポーターなどで患部の安静・回復を促進します。 その際患部以外へのアプローチも可能です。 下記のテーピングにて おすすめのサポーターを紹介していますので参考にして下さい。 中期:軽いストレッチを行います。 その際は脱力して行い痛みがある場合は行わないで下さい。 患部の状態を見て患部自体にも筋膜リリースなどを行います。 後期:通常のストレッチにプラスしてジャックナイフストレッチなど荷重時などでも行います。 同時にバランス系のトレーニングも行います。 ハムストリングスのトレーニング 遠心性収縮?って方は下記をご覧ください。 <関連記事> 最後に:競技動作を少しずつ取り入れていきましょう。 バスケならスライド、ジャンプの着地動作の練習 ランニングならスピーディな動的ストレッチ。 ジャックナイフストレッチなどもスピードを上げて行うのもいいでしょう。 また上肢との連動も意識してストレッチなどを行いながら腕の振りなどを付けてもいいかもしれませんね。 自分で出来る患部に負担が掛からないリハビリ4箇所 治療院などで治療を受けている場合は一応担当の先生の許可を頂いた方がいいかと思いますが、問題はないでしょう。 最初に紹介した通りハムストリングスは姿勢にも大きく関連するため、常に負担がかかりやすい部分となります。 姿勢に関係する筋肉は単独で働くことは少なく、 それぞれが協力して身体を支えます。 その為、協力している筋肉の負担を減らすことはハムストリングスの負担を減らすことにつながるわけです。 ポイントなる部分とやり方を紹介します。 スポンサーリンク 背部 ハムストリングスから筋膜の連続で繋がれているため、この部分の負荷を減らすことも有効です。 グリッドフォームローラーなどでのアプローチがオススメです。 具体的なやり方は下記よりチェックして下さい。 背部起立筋・広背筋 仙結節靭帯 仙結節靭帯の走行 仙結節靭帯は仙骨から骨盤の坐骨まで走っている強力な靭帯になります。 大腿二頭筋と直線で結ばれる為、ハムストリングスと同じ力の方向に動きます。 この靭帯部は自分でピンポイントでアプローチするのが少し難しいですが、簡潔に書いておきます。 見つけ方は仙骨の真横のでっぱりから骨盤のお尻のでっぱりを結んだラインが仙結節靭帯となりますので、その間をマッサージボールでアプローチしましょう。 座った状態で無理にゴロゴロせずに体重をかけるだけでもよいでしょう。 くれぐれも坐骨部には行わないで下さい。 患部または患部にかなり近い部分となりますので。 グリッドフォームローラーでは痛みを訴える人も少なくありません。 ゴロゴロしましょう。 足裏 足底部 マッサージボールが有効です。 足裏の筋肉をじっくりほぐしましょう。 具体的には足裏で踏んで転がすだけでいいでしょう。 なければゴルフボールや竹ふみなどでもOKです。 注意点として力を入れすぎるとハムストリングスが収縮し逆に患部に負担が掛かってしまうため注意が必要です。 これらはかばって歩いたりする事で負担が特にかかりやすい部分となりますので、ケアをしておくといいでしょう。 ハムストリングスの肉離れのテーピング スポンサーリンク 軽症:ハムストリングスに沿ってテーピングを貼りましょう。 受傷した筋肉だけでも構いませんが、複数貼ることでサポートを充実させることが出来ますので、複数張っても構いません。 うつ伏せで画像の様に貼りましょう。 損傷箇所にもよりますが、黄色(大腿二頭筋)からはるといいかもしれませんね。 ・ ・ ・ 重症:ハムストリングスの過度な負担を補う為に圧迫と筋肉のサポートが必要となります 圧迫テーピングをアンダーラップとホワイトテーピングで行う事ができますが、現在は 優れている圧迫サポーターもありますので、 サポートテープと圧迫サポーターの併用がよいでしょう。 下記の2つがオススメです。 履くタイプと異なり 圧迫の強さを自分で合わせられるのがいいですね。 bonboneはザムストと比べ価格が高めですが、圧迫箇所が3つあるのでより細かい圧迫が可能です。 bonboneより価格は抑えられています。 サイズの間違えない様にしましょう。 それはハムストリングス以外にも言えることですが、治癒の過程で 部分的にしか回復していない状態で運動を再開するためです。 部分的に回復している段階でも自覚症状は最初と比べるとかなり少なくなりますので、普通に運動を開始してしまうという事になります。 早く再開したい気持ちが走ってしまい、 患部が回復しきっていないために生じる問題ですね。 そもそもハムストリングスは最初にも紹介した通り日常生活でも負担が掛かる筋肉となりますので、比較的小さな損傷であっても本来、回復するまでには時間がかかるものです。 また患部自体は回復しても他の筋肉と関連させ滑らかな動きが出来ないと無理な負担がかかり、ハムストリングスはもちろん、他の筋肉を痛める原因となります おわりに 今回はハムストリングスの肉離れについて詳しく書かせていただきましたがいかがでしたでしょうか。 ケガの多くは痛みが引いたら治癒ではなくリハビリを終えてまでが治癒となります。 そのことを理解する事が出来るかどうかが再受傷を防ぐ大きな要点と言えるでしょう。 特にケガによる忍耐はスポーツ選手にとって大きな壁となります。 しかし患部に負担が掛かるトレーイング以外は可能なため、担当の先生と相談し可能なリハビリをすることをオススメします。 個人的に特におすすめなのがビジョントレーニングです。 良かったらそちらの記事もご覧ください。

次の

肉離れのテーピング~ハムストリングス編

ハム ストリング テーピング

ディスパッチクレーマーレポートケア編(2013年09月号) 質問者:社会人 サッカー 男性 数カ月前にハムの軽い肉離れをしました。 審判として活動していますがまだ不安なので、テーピングの方法を教えてください。 肉離れは、筋肉が急激に無理に伸ばされたり収縮したりして引き起こされる傷害です。 肉離れの再発予防用のテーピングは、これらの無理な動きを制限するように巻くと効果的です。 今月は、デニバンを使用したハムストリングの肉離れの再発予防のテーピングをご紹介します。 使用テープ デニバン75mm幅 制限する関節の動き 膝の伸展、股関節の屈曲 巻く体勢 うつ伏せで膝を90度に曲げる(写真1) テープの準備:写真2の長さを2本(a,b)、膝一周分(写真3)の長さを1本(c)を準備します。 巻き方 1. bの片端を坐骨に貼り、脛骨の内側までテープを引きながら貼ります(写真5)。 テープの終わりは、aと同じくらいの高さになるようにします。 cの真ん中約7cmを残して、両端に切り込みを入れます(写真6)。 テープの中心を膝裏に貼り、膝蓋骨を避けて上下に切り込み部を貼ります(写真7。 ハムストリングは2つの関節(膝関節および股関節)に跨がり、主に2つの動き(膝の伸展、股関節の屈曲)に関連する筋肉で、デニバンの張力が過度に強いと走る動作を阻害する可能性があります。 今回は膝を90度に曲げた体勢で貼りましたが、膝の角度を緩めたり(写真8)テープの張力を緩めたりして、自分の状態に合うように何回か調整してください。

次の