ファミマ line pay チャージ。 【LINE Pay】コンビニチャージの方法をご紹介! : LINE公式ブログ

【LINE Pay】コンビニチャージの方法をご紹介! : LINE公式ブログ

ファミマ line pay チャージ

「ファミリーマート」のレジでは「クイックペイで」と伝えるだけです。 「ファミリーマート」でLINE Pay(ラインペイ)で支払えないもの LINE Pay(ラインペイ)で何でも支払えるわけではありません。 スマホとFamiポート端末の両方で手続きが必要です。 下欄の[チャージ]をタップすると受付番号と予約番号が発行されます。 支払期限は30分で、期限が過ぎると無効になります。 Famiポートで行うのは上記の番号を入力することだけ。 手順の詳細は公式サイトに詳しく載っています。 チャージの上限は、本人確認が終了しているかしていないかで異なります。 「LINEポイントクラブ」は、過去6ヶ月間に獲得した「LINEポイント」の総量を基準に、「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのマイランクが提供されます。 マイランクの特典は、 クーポンと 「チャージ&ペイ」の還元率になります。 「LINEポイント」の獲得に加え、「」をLINE Payアカウントに登録することが必須条件です。 特典の1つである「チャージ&ペイ」は、「Visa LINE Payクレジットカード」がないと利用できません。 つまり、「LINE Pay(ラインペイ)」決済の還元率は、「」を持っていない限り0%です。 ) 「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示・併用 「ファミリーマート(ファミマ)」では、「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示すると併用してポイントが貯まります。 (2019年11月26日~それまでのTポイントに加え、楽天スーパーポイントもしくはdポイントが貯められるようになります。 ) 「Tポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0. 5%還元率) 「楽天ポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0. 5%還元率) 「dポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0. 5%還元率) 「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」はいずれか一つのみになり、3つの併用はできません。 また、ファミリーマートのスマートフォンアプリ「ファミペイ」内で、「dポイント」「楽天スーパーポイント」「Tポイント」との連携が可能です。 (2019年11月26日~) ポイントカードを連携させておけば、併用も手間いらずです。 「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」いずれを併用するかは好みでよいでしょう。 「LINE Pay」は現金と併用できない 「LINE Pay」は残高が足りないからといって、現金と併用払いはできません。 他の電子マネー・クレジットカードとの併用はできません。 「ファミリーマート(ファミマ)」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう 「ファミリーマート(ファミマ)」では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

次の

LINE Payにチャージする方法!セブン銀行ATMやファミマなど全てのチャージ方法まとめ|StudyAppli

ファミマ line pay チャージ

最近知人からLINE Payについて相談があった。 どうやら LINE Payにクレジットカードが登録できるのにその使い方がよくわからないという内容だった。 LINE Payに関して記事を書こうとしていたので、その知人にLINE Payの大体の使い方を教えた。 スマホ決済に明るい人であればそこまで難しくはないのだが、知人はスマホでの決済をしたことがなかったため戸惑うところがあったようだ。 確かに LINE Payはスマホ決済の中でも少し特殊な面が多くスマホ決済に精通している人でも混乱することがある。 そこで今回はLINE Payの使い方を初心者でも分かるように簡単にまとめてみた。 さらに知人が混乱した LINE Payでのクレジットカードの利用方法を解説したいと思う。 また、今どのスマホ決済をつかっていいかわからない人向けに、人気のスマホ決済をキャンペーンで比べた記事がある。 LINE Payとは? LINE 株式会社の子会社に当たるLINE Pay株式会社が提供しているスマホ決済、スマホ送金サービスだ。 LINE Payは決済方法で言えば プリペイド方式になる。 これはあらかじめ 必要なお金を決済システムやカードの中にチャージしておく方法だ。 同じサービスとしてSuicaや楽天Edyなどが挙げられる。 2018年6月時点でLINEの利用者数は国内で7500万人を突破している。 これらのユーザーに向けてLINEでの送金、LINEアプリでの決済を開始し、スマホアプリの利用用途をさらに広げようとしている。 LINE Payでできること LINE Payはお金をチャージして支払いをする以外にも、 他のスマホアプリにはないサービスも展開している。 特にLineユーザー同士でお金を送金することができる 「送金機能」や支払いを依頼することで、飲み会や食事をした時にアプリ内で割り勘ができる 「割り勘機能」などはとても面白いサービスだ。 以下、LINE Payで可能なサービスをまとめてみた。 LINE Payでできる事• 「チャージ機能」• LINEアプリで支払いが可能な「決済機能」• LINEの友だちにお金を送金できる「送金機能」• LINEの友達同士で使える「支払い依頼・割り勘機能」• LINE Payの残高を銀行口座に出金できる「出金機能」• 納付書のバーコードから公共料金や税金の支払いができる「請求書支払い」 特筆すべきは 「送金機能」、「支払い依頼・割り勘機能」、「出金機能」だ。 通常のスマホ決済では、主に少額決済などを目的とするため、利用の用途は個人とお店、またはお店とお店に限られる。 しかしLINE Payの送金機能は 個人と個人の間でお金のやり取りができるため、 友達に対して何か買い物を依頼したり、逆に依頼された物を買ったりという使い方も可能だ。 驚くべきことは送金はLINEの友達であれば、例えば銀行口座の番号を知らなくても送金することができ、しかも 送金手数料は無料。 送金者に関して言えば 銀行口座にお金を振替するよりはるかにメリットがあることになる。 さらに残高を銀行口座に出金できるという機能まである。 この 出金機能だけは手数料がかかり、出金する毎に216円の手数料が発生する。 しかし、通常スマホ決済におけるプリペイド型のものは、 一度チャージするとそのお金を元に戻すことはできず、必ず使い切ることになる。 LINE Payの場合は、例えば必要以上にチャージしてしまった場合でも、手数料はかかるものの 「払い戻しが可能」になるということなのだ。 これは実に驚きだ。 このような機能があるからこそ、「支払い依頼・割り勘」が可能になってくる。 今後友達との飲み会や食事の割り勘は、面倒な現金での回収より、LINE Payの割り勘機能でその場で送金してもらうことが主流になってくるかもしれない。 こうなってくると、スマホ決済アプリというよりは、 手元にLINE銀行があるような感覚で使うことができる、ある意味特殊なスマホ決済アプリなのだ。 公共料金や税金の支払いが便利すぎる スマホ決済の中でも色々な機能があるLINE Payだが、便利すぎるのが「請求書支払い」だ。 その機能はLINE Payの項目選択にある。 ここをタップすると、注意事項が出た後にバーコードを読み込む画面が出てくる。 後は請求書にあるバーコードを読み込ませ、 請求内容確認して支払うことが可能なのだ。 いちいちコンビニや市役所に行って支払っていた請求書が手元で支払えるようになる。 LINE Payの請求書支払いができる主な支払い先は以下のようなところだ。 LINE Payで支払える公共料金 電力会社 東京電力エナジーパートナー、九州電力株式会社、東北電力株式会社、関西電力株式会社 水道 阿久根市水道課、熊本市上下水道局、島田市水道課、大阪市水道局、京都市上下水道局 ガス 東京ガス株式会社、宮崎ガス株式会社 市税 千葉県市川市、千葉県野田市、岐阜市、大阪市財政局、福岡市税務部、三島市 利用できる企業や市町村を今後も増やしていく予定という事だ。 電話で確認したのだが、残念ながら筆者の住んでいる地域ではまだ導入はされていなかった。 セキュリティ面でしっかりしてもらえれば、このような機能は大賛成だ。 変にポイントをばらまくより、断然使い道があることが分かるからだ。 LINE Payに限らず、他のスマホ決済でも是非使えるようにしてほしい。 LINE Pay にクレジットカードを使ってチャージできるのか? LINE Pay にはクレジットカードを登録する機能が付いている。 普通なら私の知人のようにクレジットカードを登録して、そのクレジットカードでチャージをするか買い物をするかという選択はすぐに頭に思い浮かぶ。 ところがそれができなかったために知人が私に相談してきたのだ。 LINE Payにクレジットカードでチャージすることはできない はじめに言っておこう。 そもそも LINE Payはクレジットカードでは今のところチャージはできないのだ。 現在Line payにチャージするには、コンビニやATMなどを利用する必要があり、以下の方法がある。 LINE Payのチャージ方法• 銀行口座から• セブン銀行ATMから• LINE Payカードを使ってのチャージ• ファミリーマート(Famiポート)から• QRコードやバーコードを店員に表示してチャージ これら以外ではチャージができない。 今後行えるようになるのか、LINEがクレジットカードを発行してそのクレジットカードだけ使えるようになるのか、今のところ登録したクレジットカードがチャージできない理由に関してはわからない。 一つ言えることは現状クレジットカードの登録に関しては、 チャージをするためのものではないということだ。 「使う前に調べなさい」という一言で終わる話でもあるが、 スマホ決済をしたことのない人にとっては、なかなか分かりづらい部分でもあると感じ、今回はその一言をぐっと飲み込んだ次第だ。 とはいえ、クレジットカードからのチャージができないのは、やはり不便ではある。 場合によってはチャージでポイントを稼ぐこともできるので、今後ぜひクレジットカードでのチャージを可能にしてほしい。 LINE Payが「チャージ無し」で利用可能に! LINE Payがクレジットカードでチャージできるようになるといいと書いていた矢先に、思わぬニュースが飛び込んできた。 なんとLINE PayがVISAブランドのクレジットカードを発行するというのだ。 現在仮名ではあるが「LINE Pay VISAクレジットカード」 しかも、このクレジットカードをLINE Payに設定するとチャージではなく、QUICPayやiDといった後払い、いわゆる「ポストペイ型」として機能するというから驚きだ。 LINE Payをメインに考えている人は、このクレジットカードは見逃せないだろう。 詳しくは以下のページに詳しく書いてあるので、参考にしてほしい。 参照: その場合、ネットショップのお店で物を買った時に、決済時にLINE Payを選ぶことができる。 その再利用されるのが登録してあるクレジットカードになるのだ。 つまりインターネットショッピングからの場合は、プリペイド型の決済方法から、 ポストペイ型の決済方法になるということなのだ。 このあたりを言葉にするとかなりややこしいことになるが、もっと砕けて言えば、 「お店で支払いをする時は、チャージが必要」「インターネットショッピングなどでLINE Payが対応している場合はチャージは必要なくクレジットカード払い」のように使えるということだ。 インターネットで買い物をする時に支払いがクレジットカードの場合、 いちいちクレジットカードの情報を入れる必要がなくなるメリットがあると考えればなかなか便利なのではないだろうか。 その際はもちろん、 クレジットカードに付帯しているポイントを獲得することができる。 ただ私の知人は、インターネットでの買い物は特定の場所に決まっているため、LINE Payを使うことはほぼないということだ。 この場合は、LINE Payのクレジットカード登録機能は、ほとんど意味がないのと一緒なので、同じような人は現段階では正直登録する必要はないのかもしれない。 LINE Payに登録するなら還元率の高いクレジットカードを 現状LINE Payに登録をすることで得をするクレジットカードは無い状態。 しかし、今後LINE Pay Visaクレジットカードが出てきた場合は、話が変わってくる可能性がある。 詳しくは以下のページで確認してほしい。 LINE Payの支払いをQUIC Payの加盟店で利用可能に! クレジットカードでの利用に関しては進捗がないが、 QUIC Payと提携、かざすだけでLINE Payのアカウントから支払いができるようになった。 この発表がされたのは2018年の6月だが、2018年の秋頃にサービスが開始されるはずだ。 非接触型決済になることでどれぐらい爆発的にユーザーが増えるのか注目がされている。 個人的にはバーコード決済やQRコード決済でも十分機能しているとは思うが、中には少しでも利便性を重視する人がいるのでそのような人たちには大きな訴求になるだろう。 まとめ 今回は知人からの相談の健忘録も含め、LINE Payとクレジットカードの使い方を丁寧に説明した。 LINE Payに関してはたくさんサイトがあるが、流れ的なものが多く、この記事のような悩み的な解決になるのにかなり時間を要する場合がある。 もしLINE Payとクレジットカードの利用方法に関して疑問がある場合は、このページを参考にしてもらうなり、ご一報いただけると幸いだ。 とにかく個人的には、早くクレジットカードからのチャージが出来たり、利用するたびにポイントが有利に獲得できるような体型を作ってもらえると、より便利にスマホ決済ができるようになると考えている。 ユーザー数が多いLINE Payがスマホ決済の雄になることを期待している。

次の

LINE Payにチャージする方法!セブン銀行ATMやファミマなど全てのチャージ方法まとめ|StudyAppli

ファミマ line pay チャージ

「銀行口座の登録」はLINE Payの「本人確認」も兼ねているから、LINE Payをがっつり使っていこうと思っている場合は登録しておくことをオススメするよ 💡「本人確認」について知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。 銀行口座からチャージする方法 それでは実際に、LINE Pay(ラインペイ)に「銀行口座からチャージする方法」について見てみましょう。 2.登録している銀行口座を選択しよう その中の 「銀行口座」を選択すると、登録している銀行口座が表示されるので、そちらをタップします。 3.チャージ金額を入力して完了 その後は画面の指示に従ってチャージ金額を100円以上で入力し、「チャージ」ボタンを押しましょう。 チャージボタンを押した後は、大体10秒もしないうちにチャージされます。 オートチャージ機能の設定方法 LINE Pay(ラインペイ)の「チャージ」をタップすると、一番下に「オートチャージ」というものがあります。 その「オートチャージ」をタップするとオートチャージの設定画面が出てきます。 こちらの画面で、 セブン銀行ATMがあるセブンイレブンならチャージすることが出来るよ! 詳しくは後述するね では、「ファミリーマート」「ローソン」でLINE Payにチャージする方法について詳しく解説していきます。 💡セブン銀行ATM(セブンイレブン)でチャージする方法についてはからどうぞ。 2.「受付番号」「予約番号」の発行 チャージ金額を入力すると「受付番号」「予約番号」が発行され、公式アカウント「LINEウォレット」から番号が送られてきます。 ファミリーマートに向かいましょう。 3.「Famiポート」で操作しよう Famiポート側では、「代金支払い、コンビニでお支払い」をタップしましょう。 次に「各種番号お持ちの方」で「イーコンテクスト(インターネット受付)」を選択します。 「番号を入力する」を選択し、そこで先ほど発行した番号を入力するとレシートが印刷されるので、それを持ってレジでお金を支払えば完了です。 ローソンでチャージする方法 ローソンでは非常に簡単にチャージすることが出来ますが、リアルの「LINE Payカード」、通称「プラスチックカード」が必要です。 QRコードを使ってチャージする• LINE Payカードでチャージする ではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。 QRコードでチャージする方法 1.セブン銀行ATMで操作しよう セブン銀行のATMで「スマートフォンでの取引」を選択するとQRコードが表示されます。 使い方や注意事項などの記載があるので、必要であれば読んで「次へ」を押しましょう。 3.QRコードを読み取って完了 コードリーダーが表示されるので、これでセブン銀行ATMに表示された 「QRコード」を読み取りましょう。 4.番号を入力して入金で完了 スマホの画面に4桁の企業番号が表示されるので、ATMに番号を入力し、チャージ金額を選択して入金して完了です。 LINE Payカードでチャージする方法 LINE Pay(ラインペイ)の「プラスチックカード」を持っている場合は、セブン銀行ATMにLINE Payカードを入れ、「ご入金(チャージ)」を選択し、チャージすれば完了です。 💡LINE Payカードの申し込み方法について知りたい方はこちらを参考にして下さい。 LINE Pay(ラインペイ)のチャージに手数料はかかるの? 上限・限度額は?.

次の