マーボー 豆腐 味噌。 マーボー豆腐

ウェイパーを使うおすすめマーボー豆腐レシピ4選

マーボー 豆腐 味噌

豆腐 木綿豆腐を用意します。 サイの目に切り分け、キッチンペーパーの上に並べて十分水切りをします。 今回固めの木綿豆腐を用意して、大きめに切り、なるべく崩さないようこしらえます。 まず鍋をよく熱し、 胡麻油を引きます。 そして ニンニク、 ショウガを叩き潰してみじん切りにしたものを加え、香り立つまで炒めます。 ニンニクがキツネ色になったところで 赤味噌と 醤油、 みりんを加えて練りながら炒めます。 赤味噌は溶けにくいですからね、突き崩すようにして練り合わせます。 十分合わさったら、 ひき肉 肉を投入し、よく炒め合わせます。 ひき肉の種類は問いません! 十分火が通ったらこれはつまり肉味噌で、このままご飯にかけても美味しいんですけどね、次にまいります。 スープ を肉の上から注ぎます。 ちなみにスープの種類は何でも良く、でも、 でも美味しく作れます。 スープを入れたら次は豆腐を全部、加えます。 崩さぬよう優しく混ぜて、中火で10分煮込みます。 10分経ったら 塩と 砂糖を加えて味見します。 塩は味の骨格を決める、大事な調味料です。 水溶き片栗粉投入で完成 すかさず水溶き片栗粉を回し入れ、優しく混ぜます。 トロミがついて、マーボーらしくなってきました。 ささ、召し上がれ! マーボー豆腐カスタム 以上カンタンに作りましたがいかがでしょうか。 ちょっとパンチに欠ける場合はこうやります。 辛くしたい場合は、や、赤唐辛子、粉唐辛子をニンニク時に投入します。 仕上げの胡麻油をにすると、一気にホットなマーボへ!• 肉を炒める際、を使えば風味アップ!• 食べる際、 花椒(山椒の実)を散らすと、一気に 四川風に! さわやかな香りとしびれる辛さがクセになります。 ニンニクを庭に植えてしばらくすると、葉が生えます。 これを摘んで刻み、仕上げにパラリと散らすと薫り高いです。 みたいにモロミを入れたり、ナンプラーやを隠し味にすると、調理が楽しくなります。 麻婆茄子 豆腐をナスビに変えて作れば簡単にが作れます。 茄子は油と愛称がよいので、油多めが美味しく作るコツであります。

次の

マーボー豆腐

マーボー 豆腐 味噌

マーボー豆腐に合うおかずとして野菜サラダはおすすめです。 口の中をさっぱりとしたい時や、野菜をたくさん摂取したい場合などに特におすすめです。 また、ちょっとした箸休めにもおすすめです。 ドレッシングはお好みのドレッシングを使いましょう。 チャーハンは主食のイメージですがおかずとしても人気が高いです。 簡単に作れるチャーハンのレシピも紹介しますので参考にしてサイドメニューに取り入れましょう。 チャーハンの材料• 塩コショウ チャーハンのレシピ• 1油を引かずにフライパンに溶いた卵を入れ、白米を投入し、塩コショウをする• 2火をつけずに混ぜ、中火で焼く。 この時、焦げない程度に混ぜるだけであまりいじらないようにする• さっぱりしてチュルッと食べられる春雨サラダはその食感の違いからも、もう一品の献立としておすすめです。 簡単なレシピを参考にして作ってみてください。 春雨サラダの材料• きゅうり• しょうゆ• ゴマ油• 白ごま 春雨サラダのレシピ• 1春雨にかぶるくらいの水を入れて電子レンジで約5分加熱して水気を切る• 2砂糖、しょうゆ、酢、ゴマ油、白ごまを混ぜてサラダのドレッシングを作る• レシピも簡単なので覚えて時間がある時に作るようにしておくと便利です。 サイドメニューとして優秀なレモンサラダを付け合わせにしてみてください。 ほたてのレモンサラダの材料• ほたて• きゅうり• 白ワイン• レモン果汁• レモン• 白ワインビネガー• 塩コショウ ほたてのレモンサラダのレシピ• 1きゅうりを乱切りして塩を振って揉む• 2ほたては白ワインを振って電子レンジで約30秒加熱する• そのレシピも簡単です。 もう一品欲しい時のおすすめのおかずとして最適です。 ざく切りキャベツをささっと炒めて塩昆布と一緒に炒めたら完成です。 好みでしょうゆや塩コショウを加えましょう。 キャベツの塩昆布炒めの材料• キャベツ• 塩昆布 キャベツの塩昆布炒めのレシピ• 1キャベツをざく切りにする• 味付けは和風だしがおすすめですが、さっぱりしたいのであればポン酢味もよく合います。 特に簡単に作れるのにもう一品として優秀なサイドメニューになるので、忙しい毎日の強い味方となってくれます。 ナスの煮びたしは簡単に作れるのでそのレシピをしっかりと覚えておきましょう。 ポン酢で食べる場合でもそのままの和風だしで食べる場合も和風のだしの素で茹でてかつお節をかけるだけで完成できます。 ナスの煮びたしの材料• だしの素• かつお節 なすの煮びたしのレシピ• 1一口サイズにカットしたナスをだしの素で茹でる• さっぱりとしたポン酢味とオクラのネバネバがマッチします。 オクラは塩ゆでして一口サイズにカットし、かつお節とポン酢をかけるだけの簡単レシピで食べることができるので試してみてください。 もう一品欲しい時のサイドメニューとしておすすめです。 納豆に茹でて刻んだオクラを混ぜるだけでなく、卵とネギを加えることで旨味がアップしますので試してみましょう。 辛みの強いマーボー豆腐には独特な味付けの納豆がおすすめです。 薬味豆腐は基本的に自分が好きな物を混ぜればいいのでレシピというものは特にありません。 その中でもおすすめなのは、たくわんと、大葉、ネギ、少量のキムチ、卵、とろろを混ぜるのがおすすめです。 また、納豆に付属されているタレは使わずに少量のごま油とめんつゆで味付けをするのがおすすめです。 おいしい副菜はご飯が進むのでレシピを覚えて副菜をしっかりと作りましょう。 特にナスとトマトのレモンがけはナスをレンジで火を通してレモンだれをかけただけの簡単レシピなのでおすすめです。 ナスとトマトのレモンがけの材料• 玉ねぎ• プチトマト• レモン果汁• こしょう• ゴマ油• 塩 ナスとトマトのレモンがけのレシピ• 1ナスを好みの大きさにカットし、電子レンジで2~3分かける• 2みじん切りにした玉ねぎにレモン果汁、酢、こしょう、ゴマ油、塩を混ぜる• マーボー豆腐では野菜が不足しがちなのでたくさんの野菜を塩昆布で和えましょう。 マーボー豆腐だけでなく、白米の副菜としても合うおかずです。 レシピをしっかり覚えて野菜をたくさん摂取しましょう。 きのこの塩昆布マリネの材料• きゅうり• エリンギ• 塩昆布• オリーブオイル• 塩 きのこの塩昆布マリネのレシピ• 1きゅうり、人参、エリンギを乱切りにする• 2エリンギは電子レンジで1分加熱する• 3野菜と、塩昆布、オリーブオイル、塩を混ぜて揉み込む• カレーはライスにしてもそのままルーだけでも合うので、その日の気分で変えるのもいいでしょう。 マーボー豆腐だけでは物足りない時のもう一品にカレーを作りましょう。 特にカレーはレトルトでも販売していますし、作ったカレーを冷凍保存しておくという方法も可能です。 自分のやりやすい作り方でマーボー豆腐のサイドメニューとしてカレーを取り入れましょう。 本格カレーの材料• にんにく• しょうが• クミンシード• 玉ねぎ• にんじん• じゃがいも• コンソメ• 月桂樹 本格カレーのレシピ• 1鍋に油を引いて、にんにく、しょうが、クミンシードを炒める• 2玉ねぎのみじん切りを炒める• 3じゃがいも、人参を加えて炒める• 4豚肉を炒める• 5水を加えてよく煮る• 6ルーとコンソメを入れて煮る• 白米にも合うサイドメニューとしても優秀献立です。 冷蔵庫で3日は日持ちするので時間がある時に作れるのも嬉しいポイントです。 生鮭の冷製焼き煮びたしの材料• レモン• ししとう• だしの素• しょうゆ• 七味 生鮭の冷製焼き煮びたしのレシピ• 1生鮭とししとうと細切りの人参を魚焼きグリルで一緒に焼く• 2冷蔵庫で保存する容器かタッパーを用意する• 3容器にだしの素、しょうゆ、好みで七味、レモンスライスを入れる• 4焼きあがった鮭と野菜をタレにつけて冷蔵庫に保存したら完成。

次の

【麻婆豆腐】人気レシピ&作り方だけを20選まとめ:和風や塩など変わり種も紹介

マーボー 豆腐 味噌

代表的な中華料理のひとつであり、日本人の家庭料理の定番にもなっているマーボー豆腐。 四川省の省都、成都にあった料理店のおかみさんが作っていた、豆腐料理が始まりで、一時期わかりやすい料理名への改名を求められて麻辣豆腐と呼ばれていたこともありました。 「麻」は山椒のしびれる味で、「辣」はトウガラシの辛い味のことをさす大変辛い料理。 日本に伝わると同時に、辛みが抑えられた日本人好みの味に変化し、私たちのなじみ深いマーボー豆腐になっています。 最近は、基本のマーボー豆腐をアレンジしたさまざまなレシピがあり、いろいろなマーボー豆腐を楽しむことができます。 今回はそんなマーボー豆腐の、基本のマーボー豆腐レシピをはじめ、さまざまなアレンジレシピをカテゴリー別に紹介します。 マーボー豆腐について 中国の四川料理であるマーボー豆腐は、挽肉と赤唐辛子・花椒(ホアジャオ、山椒の同属異種)・豆板醤(トウバンジャン)、トウチ(豆豉)などを炒め、鶏がらスープを入れて豆腐を煮た料理で、本場では唐辛子をたっぷりいれたマーボー豆腐にさらに粉唐辛子をたっぷりとかけ、大変辛い仕上がりになっています。 日本では四川省宜賓出身の料理人である陳建民が、1970年代に店舗をひらき、テレビの料理番組を通じて広まりました。 その時に、本場の辛い味付けを日本人好みの味に変化させ、現在私たちが良く食べている味ができたといわれています。 現在では豆腐を加えればすぐ出来るレトルトパックなども出ており、大変なじみ深い家庭料理のひとつになっています。 マーボー豆腐の調理法について マーボー豆腐の調理法ですが、基本的には豆腐を1. 5㎝角ぐらいに切りそろえ下茹でをします。 合わせて豆豉やネギも細かく切っておきます。 なべに油を入れたらすぐに挽肉を投入して良く炒め、豆豉と豆板醤を入れてかき混ぜて炒めます。 しっかり炒めたら醤油を少し入れて焦げないように炒め、お湯を加えます。 そこへ残りの醤油や酒などの調味料を合わせたものと鶏ガラスープを加え、味が整ったら豆腐を加えて煮込みます。 ネギを加え、最後に火を弱め、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけて出来上がりです。 最後に好みで山椒などをふっても良いです。 最近ではこの基本的な作り方にアレンジを加えたり、より簡単に味を再現したりとさまざまなマーボー豆腐のレシピが出てきています。 簡単に作れて本格的な味わいの定番のマーボー豆腐のレシピです。 味噌によって味が違うので味を見ながら調味料は調節して下さい。 辛さも好みで調節することができるので便利です。 仕上げに四川山椒の粉をふりかけるとピリッとしてより本格的な味に出来上がります。 調味料は先に混ぜておくことがポイントです。 ごはんにのせてマーボー丼にしてもおいしく食べることができます。 これぞマーボー豆腐といった基本中の基本の簡単レシピです。 ご飯のおかずにぴったりで、食欲がどんどんわいてきます。 豆板醤の量を加減することで辛さは調節が可能です。 豆板醤をひかえることで、子どもでもおいしく食べることができます。 このままでもおいしいですが、大根やナスなどをいれてもおいしくなるので、冷蔵庫にある野菜などをいれてアレンジしても良いです。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の