トウモロコシ プランター。 トウモロコシ栽培は上級者向け!?受粉のコツをつかもう!

トウモロコシの育て方!プランターを使って家庭菜園を始めよう

トウモロコシ プランター

トウモロコシについて 非常に丈夫な野菜で、荒れ地でも育つトウモロコシは大型サイズのプランターや植木鉢ならばベランダでも作られます。 育てやすいだけでなく、肥料を多く吸収する野菜ですので土壌改善にも貢献してくれるありがたい野菜です。 日光と暖かい環境を好みますので、日当たりの良い場所に置いて育てましょう。 トウモロコシは種から育てても簡単に芽が出ますが、初めての方は苗を購入して植え付けする方がさらに手間も省けて育てやすいです。 苗は、本葉が3枚以下で茎の太いものを選びましょう。 あまり育ちすぎたものですと痛みやすいため植え付けの際に傷ついて枯れる場合もあります。 一般的に種まきは4月、植え付けは5月中、収穫の時期は7月前後と言われていますので目安にしてください。 トウモロコシの育て方 苗を買ったら早速植え付けます。 根を真っすぐに伸ばす果菜類ですので、深めに耕して元肥も他の植物よりも深い位置に混ぜてください。 種の場合は植えてから1週間~10日程度で芽が出ます。 少々乾燥に弱いという特徴もありますので、土が乾いたと思ったら欠かさず水やりしてください。 特に暖かくなりはじめた時期に育つと思いますので、毎日様子を見てあげるのが好ましいです。 しかしだからと言って小まめに水をやっていては多湿状態になってしまい根腐れする可能性もあります。 もし乾燥が心配ならば一度にたっぷりと水を与えてください。 1株当たりに10g程度の化成肥料を土に混ぜ込むように与えてください。 そしてベランダで育てる際には、風で倒れないように何かしらの工夫をする必要があります。 高く伸びる植物ですので、風の影響も受けやすいため1回目の追肥を行ったあたりで支柱を立てましょう。 あまりにも酷い台風の際には室内に移動させるのも選択肢です。 畑で育てる際には特別考える必要はありませんが、プランターで育てていると株数も少ないためどうしても受粉ができているか気になります。 通常トウモロコシは虫ではなく風で花粉が流れ受粉するため、ベランダ菜園ならば人工的に受粉させましょう。 雄花を切り取って雌花の上で揺らすと花粉が落ちますので、それで受粉させることができます。 知ると意外と簡単なトウモロコシ トウモロコシが他の野菜と少し異なる部分は、わき芽取りが必要ないことです。 わき芽は伸びますが、これが根を張ると倒れにくくなり光合成も活発になり実が太くなるためそのままにして問題ありません。 このような手間も他の野菜に比べて少ないため、トウモロコシは育てやすいと言われています。 余談ですが、未成熟と言われ食べる部分が少ない実はヤングコーンとして食べられますので捨てないでください。 あまり周りに作っている方はいないかもしれませんが、自家製のトウモロコシを味わってみたいという方は簡単ですので挑戦してみてください。

次の

とうもろこしの栽培方法~手始めはプランターで♪

トウモロコシ プランター

2日目• 2日目• 5日目• 5日目• 6日目• 6日目• 7日目• 11日目• 16日目• 17日目• 17日目• 17日目• 26日目• 26日目• 35日目• 35日目• 35日目• 49日目• 49日目• 49日目• 50日目• 50日目• 50日目• 53日目• 53日目• 55日目• 55日目• 55日目• 55日目• 55日目• 61日目• 61日目• 61日目• 61日目• 64日目• 64日目• 65日目• 65日目• 65日目• 67日目• 終了 失敗 収穫 : あまりできず さん おひさまコーン7 種から 大分県 2016-07-08• 0日目• 6日目• 7日目• 17日目• 21日目• 26日目• 29日目• 33日目• 44日目• 57日目• 59日目• 62日目• 62日目• 69日目• 69日目• 74日目• 74日目• 77日目• 82日目• 82日目• 85日目• 85日目• 92日目• 92日目• 92日目• 97日目• 97日目• 97日目• 97日目• 97日目• 97日目• 104日目• 104日目• 110日目• 112日目• 112日目• 112日目• 361日目• 369日目• 377日目• 終了 成功 収穫 : 5 さん おひさまコーン7 種から 東京都 2016-10-06• 0日目• 0日目• 11日目• 16日目• 16日目• 26日目• 26日目• 39日目• 39日目• 48日目• 48日目• 55日目• 55日目• 65日目• 65日目• 78日目• 78日目• 78日目• 84日目• 84日目• 89日目• 89日目• 94日目• 94日目• 94日目• 98日目• 98日目• 98日目• 104日目• 105日目• 105日目• 111日目• 115日目• 115日目• 115日目• 124日目• 128日目• 131日目• 131日目• 131日目• 終了 成功 収穫 : 11本 さん グラスジェムコーン 種から 広島県 2016-08-30• 0日目• 0日目• 6日目• 6日目• 15日目• 16日目• 28日目• 28日目• 40日目• 40日目• 40日目• 56日目• 56日目• 71日目• 71日目• 71日目• 75日目• 75日目• 75日目• 79日目• 79日目• 79日目• 83日目• 84日目• 84日目• 96日目• 96日目• 97日目• 97日目• 98日目• 106日目• 106日目• 106日目• 107日目• 107日目• 107日目• 111日目• 111日目• 111日目• 116日目• 土づくり 太陽がぎらぎら当たるのを好むため、日当たりの良い場所を選びましょう。 トウモロコシは微酸性(pH6. 0~6. 5)の土壌を好みます。 石灰を撒き、pHを調整しましょう。 種まきの2週間前までにpH調整のための苦土石灰を、1週間前までに堆肥、化成肥料を元肥として植えつける場所にいれておきましょう。 まずは必要な領域を確保しましょう。 そこに苦土石灰を満遍なくまいてしっかりと耕します。 1週間ほどあけて、さらに堆肥と化成肥料を施し、しっかりと耕します。 畝の高さは10cm程度にしましょう。 種まき 4月中旬から5月下旬にかけて種まきを行います。 トウモロコシは虫や風など自然の力を利用して受粉するので、より受粉しやすいよう2条まきにします。 株間を30cmとし、1箇所に3粒ずつまきます。 その上に、種が隠れるまで土をかぶせ、上からしっかりと押さえましょう。 管理 草丈が10~15cm程度で本葉が1,2枚のころに1回目の間引きをします。 種まきからおよそ10~14日でこの程度まで生長します。 1回目の間引きでは、3つのうち一番生育の悪いものを1本引き抜き、1箇所に2株の2本立ちの状態にします。 草丈が30cmにまで生長し、本葉が4,5枚になったころに2回目の間引きをします。 2株のうち生育の悪い株を間引き、1本立ちにします。 追肥は収穫までに3回行います。 1回目は間引いて1本立ちにした直後に行います。 2回目は種まきから1ヶ月たった時期に行います。 3回目は穂が出てきた頃に行います。 およそ種まきから2ヵ月後になります。 トウモロコシにはやがよってきます。 これらの成虫は葉や茎を食べてしまうため、生長に影響が出てきます。 特にアワメノメイガは要注意です。 成虫がトウモロコシに卵を産みつけ、その卵からかえった幼虫がトウモロコシの実を食べてしまうためです。 一度茎や雄穂、雌花に幼虫が侵入してしまうと駆除が困難になるため、侵入前に防除することが重要です。 対策としては、農薬を使う、防虫ネットを張るあるいは雄穂を取り除くといったことが挙げられます。 ・農薬を利用する アワノメイガの幼虫に有効な農薬はデナポン粒剤やパダン粒剤、トレボン乳剤などがあります。 他には生物農薬のBT剤も効きます。 こういった農薬を、穂が出たときとその1週間後に散布します。 ・防虫ネットを張る アワノメイガやヨトウムシがトウモロコシによってくる前に防虫ネットや寒冷さでトウモロコシ全体を覆ってやり、 外界からシャットアウトします。 ・雄穂を取り除く アワノメイガの成虫は雄穂が出始める頃に卵を葉に産み付けます。 そこで、出てきた雄穂を全て取り除くことで食害被害を軽減させることが出来ます。

次の

トウモロコシ(スイートコーン)の育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

トウモロコシ プランター

背が高くなりますので、倒れないように支柱を用意します。 【トウモロコシの栽培方法】間引きと土寄せ 発芽して草丈も15センチほどになったら、この時期にする事は 「間引き」です。 一箇所につき数個タネをまいていますので、バラバラと芽が出てきます。 一番丈夫そうなのを残して切ってしまいます。 そして、一箇所に一本になるようにします。 とうもろこしは根が張っているので、抜かずにハサミで切ります。 間引きをしたらもしましょう。 トウモロコシの場合、背が高くなりますので土寄せをすることによって、より倒れにくくなります。 マルチが邪魔であれば、もう取ってしまってもいいです。 ある程度大きくなれば、雑草に負けなくなりますので・・・ そして成長とともに根本から、わき芽も出てきますが、ナマケモノ家庭菜園者はコレは取りません。 放置です(笑) 経験上、やらなくても問題ありません。 トウモロコシは、たくさん肥料を吸収します。 ですから、肥料切れにならないようにガンガン与えてください。 ココが美味しいトウモロコシを作るポイントです。 鶏フンが良いと思いますが、早め早めに与えたいので化学肥料でもかまいません。 左下の写真が「雄穂」です。 この雄穂の花粉が、右下の写真の「雌穂」に受粉するとトウモロコシなるワケです。 でも、受粉して出来た実をすべて収穫はしません。 だいたい1株につき、2本ぐらいまでにします。 一番上とその次ぐらいの実を残して、後の下の実は摘み取ります。 ちなみにこの摘み取った実も、天プラや煮つけ、から揚げにすると美味しいです! 【トウモロコシの栽培方法】害虫対策 そしてこの時期重要なのが、です。 トウモロコシの場合、病気よりも害虫に注意です。 外注対策には「雄穂」を切ってしまうのも手です。 害虫はトウモロコシの雄穂に吸い寄せられて来て、卵を産んで行きますので、この雄穂を切り取ってしまうのは効果があります。 受粉が確認できれば「雄穂」を切ってしまってもまったく問題ありません。 逆に実に養分を向かわせ、太らせる効果もあります。 おすすめです。 トウモロコシの害虫対策のくわしい話はこちら 【トウモロコシの栽培方法】収穫 トウモロコシは、収穫の時期がとてもわかりやすいので失敗がありません。 下の写真のように、 実の上の毛が茶色、もしくは黒になったら収穫です。 このようになれば、実もギッシリついてますのでご安心を。 もし、実がスカスカの歯抜け状態なら、だったのかもしれませんよ。 自分で作ったトウモロコシは、美味いのはあたりまえですが、より美味しく味わうには、収穫後6時間以内に食べてしまうのが、ベストです。 個人的には採れたてが一番美味いと思っているのが、トウモロコシなんです。 時間がたてばたつほどウマミが薄れます。 アツアツの茹でたてをいただきました! 最近ナマで食べれるトウモロコシなんかも出てますが、やっぱり甘さでは普通のトウモロコシが一番ですよ。

次の