マイ アプリ & ゲーム。 iPhone『ショートカット』アプリが便利! 使いこなし方やおすすめの設定法を紹介します|TIME&SPACE by KDDI

iPhone『ショートカット』アプリが便利! 使いこなし方やおすすめの設定法を紹介します|TIME&SPACE by KDDI

マイ アプリ & ゲーム

平成28年1月から、マイナンバーカードの交付が開始されています。 マイナンバーカードは、本人の申請により交付され、個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用でき、また、様々な行政サービスを受けることができるようになるICカードです。 交付手数料は、当面の間無料です(本人の責による再発行の場合を除く)。 表面には• 生年月日• 顔写真• 電子証明書の有効期限の記載欄• セキュリティコード• サインパネル領域(券面の情報に修正が生じた場合、その新しい情報を記載(引越した際の新住所など))• 臓器提供意思表示欄 が記載され、個人番号は裏面に記載されます。 マイナンバーカードは、金融機関等本人確認の必要な窓口で身分証明書として利用できますが、個人番号をコピー・保管できる事業者は、行政機関や雇用主等、法令に規定された者に限定されているため、規定されていない事業者の窓口において、個人番号が記載されているカードの裏面をコピー・保管することはできません。 マイナンバーカードのメリット これらのメリットを実現するため、マイナンバーカードには、大きく分けて3つの利用箇所があります。 (1)カード券面の利用(個人番号)• (2)ICチップの空き領域の利用• (3)電子証明書の利用(署名用電子証明書、利用者証明用電子証明書) (1)カード券面による利用(個人番号) 表面は金融機関等本人確認の必要な窓口において身分証明書として、また裏面は個人番号の提示を求められた際に使用できます。 マイナンバー制度導入後は、就職、転職、出産育児、病気、年金受給、災害等、多くの場面で個人番号の提示が必要となります。 その際、通知カードであれば、運転免許証や旅券等他の本人確認書類が必要となりますが、マイナンバーカードがあれば、一枚で番号確認と本人確認が可能となります。 (2)ICチップの空き領域の利用 マイナンバーカードのICチップには空き領域があります。 この領域は、市町村・都道府県等は条例で定めるところ、また国の機関等は総務大臣の定めるところにより、それぞれの独自サービスが可能となります。 ICチップの空き領域の利用• 市町区村:印鑑登録証、コンビニ交付、証明書自動交付機• 都道府県:都道府県立図書館の利用者カード• 国の行政機関:国家公務員の身分証明機能(入退館管理) (3)電子証明書の利用(署名用電子証明書、利用者証明用電子証明書) マイナンバーカードには、ICチップに、「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」という、公的個人認証サービスによる2つの電子証明書が標準的に搭載されます(発行手数料は無料です。 「署名用電子証明書」は、氏名、住所、生年月日、性別の4情報が記載され、e-Taxの確定申告など電子文書を送信する際に使用できます。 「利用者証明用電子証明書」は、マイナポータルやコンビニ交付の利用時等、本人であることを証明する際にその手段として使用できます。 これら2つの電子証明書については、平成28年1月から総務大臣が認める民間事業者も使用可能となっています。 住民基本台帳カードとマイナンバーカードの比較 マイナンバーカードのICチップには、大きく分けて4つのアプリケーションがあります。 券面アプリケーション(券面AP) 表面情報(4情報(住所・氏名・生年月日・性別)+顔写真)と裏面情報(個人番号)の画像データが記録されます。 券面事項入力補助アプリケーション(券面入力補助AP) 個人番号や4情報を利用する事務を行う際、個人番号や4情報をテキストデータとして利用するための情報が記録されます。 記録・利用する情報• 1 個人番号及び4情報(並びにその電子署名データ)• 2 個人番号(及びその電子署名データ)• 3 4情報(及びその電子データ) 住基アプリケーション(住基AP) 住基ネット関係事務の際、住民票コードをテキストデータとして利用するための情報が記録されます。 マイナンバーカード等の有効期間 外国人住民のうち、永住者、高度専門職第2号および特別永住者については、マイナンバーカードの有効期間は、日本人の場合と同様に発行の日から10回目の誕生日までとなります。 一方、永住者、高度専門職第2号以外の中長期在留者(在留期間は最大5年)や一時庇護許可者又は仮滞在許可者等については、在留資格や在留期間がありますので、その状況に応じてマイナンバーカードの有効期間も異なることとなりますが、これらの方々については、申請に基づき、マイナンバーカードの有効期間を変更することが可能です。 マイナンバーカードのセキュリティ対策 ICチップ内の情報 マイナンバーカードのICチップ内には、「公的個人認証AP」「券面事項確認AP」「券面入力補助AP」「住基ネットAP」の4つのアプリケーションと、市町村等の行政機関が独自サービスを行うための空き領域があります。 これらの中には、必要最低限の情報のみが記録され、税情報や年金給付情報等、プライバシー性の高い個人情報は記録されません。 アクセス権の制御 ICチップ内の各アプリケーション間は「アプリケーションファイアウォール」により独立しており、アプリケーションごとに条件や暗証番号等のアクセス権情報を設定することにより、各サービス用システムから異なるアプリケーションへのアクセスを制御しています。 暗証番号 アプリケーション毎に異なる暗証番号を設定して情報を保護し、また暗証番号の入力を一定回数以上間違えるとカードがロックされる仕組みとなっています。 耐タンパー性 耐タンパー性とは、ICチップ内の情報が不正に読み出されたり解析されようとした場合、自動的に内容が消去される等の対抗措置が講じられる性質のことです。 マイナンバーカードのICチップは、こうした偽造目的の不正行為に対する耐タンパー性を有しており、高いセキュリティ性を確保しています。 ISO/IEC15408認証 ISO/IEC15408認証とは、コンピュータシステムや製品のセキュリティ機能の評価を行うための国際標準です。 これを取得することにより、IT製品として必要なセキュリティ機能要件が備わっていることが証明されます。 マイナンバーカードは、このISO/IEC15408認証を取得することとしています。 その他、レーザーエングレーブやマイクロ文字など、券面の偽変造を防止するためのセキュリティ加工も施されています。 住基カードをお持ちの方へ マイナンバーカードと住基カードとの関係 平成28年1月からマイナンバーカードが発行開始されたことに伴い、住基カードの発行は平成27年12月で終了しています。 ただし、現在住基カードをお持ちの方は、住基カードの有効期間内であれば、平成28年1月以降でも、マイナンバーカードを取得するまでは利用可能です。 住基カードをお持ちの方は、マイナンバーカード交付時に返却してください。 住基カードをお持ちの方は、平成28年1月以降にマイナンバーカードの交付を受けられる際に返却していただくこととなりますので、マイナンバーカード交付のために窓口に来られる際は、持参していただくようお願いします(その際、写真つきの住基カードであれば、マイナンバーカードの交付を受けるための本人確認書類として使用できます。

次の

日本全国の無料給水スポットが探せるアプリ「MyMizu」マイボトル持参を支援

マイ アプリ & ゲーム

ペットボトルの生産量が世界2位の日本。 PETボトルリサイクル推進協議会によると、毎年220億本以上のペットボトルが出荷されるという。 そのうち年間26億本ものペットボトルがリサイクル回収されることなくゴミとなり、最終的に海に流れ着くこともある。 ペットボトルを使わないために水筒を持ち歩いても、中身を飲み切ってしまえば結局またコンビニや自動販売機などで買うしかない。 そんな現状を打破するため登場したのは、日本初の給水アプリ「MyMizu(マイミズ)」だ。 2019年9月20日からiOSでベータ版のダウンロードができる。 MyMizuは、日本全国にある「ボトルを持参すれば無料で給水できるスポット」とユーザーをつなぐアプリだ。 現在はカフェ、レストラン、コワーキングスペース、ホテル、ショップなど8,000箇所以上の給水スポットと提携している。 アプリを立ち上げると、マップで給水スポットを確認できるようになっている。 東京都内の給水マップ 使い捨てのペットボトル等を購入するのではなく、持参したボトルに無料で給水できる場が増えれば、お財布にも環境にもやさしい。 そして提携する企業や給水スポット提供者にとっては、環境保全やサステナブルな街づくりに貢献することはもちろん、イメージアップや集客効果が期待できるだろう。 9月20日のローンチは、ラグビーワールドカップ日本初開催とグローバル気候マーチ開催という世界的なイベントを意識してのことだ。 日本は2020年夏には東京オリンピック・パラリンピックの開催をひかえており、世界中から多くの人々が訪れることが予想される。 日本の近年の夏の酷暑は、世界的にも大きなニュースになっており、選手はもちろん、観戦に訪れるファンも熱中症対策に一抹の不安を覚えるかもしれない。 また、お祭り事になると、何かと使い捨てのカップに入った飲料が多く消費される傾向にあるので、あちこちで給水できることでこの状況を改善しようという考えだ。

次の

マイマガジン

マイ アプリ & ゲーム

iOSにおける「ショートカット」とは、iPhoneやiPadの複数の機能や操作を自動化してくれる機能のこと。 「アクション」と呼ばれるさまざまな操作を組み合わせて登録したショートカットを、ワンタップやSiri、位置情報の変化によって実行させることができる。 いわば「日常のルーティン」をボタン化する機能といえる。 ・会議用にワンタップで消音・おやすみモードに設定。 ・Live Photosをワンタップで動画化し、Instagramへ投稿。 ・画像やURLなどのメール共有がワンタップでできる。 などなど、アイデアと組み合わせ方次第でショートカット化できる動作は無限に広がる。 もちろん、保存したショートカットをあとからカスタマイズして、使い勝手を上げることも可能だ。 理解しておきたいショートカットの用語 ・アクション ショートカットを構成する要素のこと。 アクションの種類は300以上あり、カレンダー、マップ、ミュージック、写真などの標準アプリをはじめとした対応アプリは自由に組み合わせが可能だ。 また、オートメーションは自分で使うだけでなく、家族や友人、グループでも共有できる。 ギャラリー内のおすすめショートカット ギャラリーに登録されているショートカットのなかからおすすめをいくつか紹介しよう。 ここで気になったものがあれば、ぜひ実際にギャラリーをのぞいてみてほしい。 ・会議中は消音にする 音量を下げ、会議などのイベントが終わるまでおやすみモードに設定してくれるショートカット。 ・Live PhotosをInstagramに投稿 Live Photosのデータを自動で動画に変換し、Instagramに投稿してくれるショートカット。 Twitterへ投稿できるショートカットもある。 ・自分自身にメール 共有シートに[自分自身にメール]の項目が追加され、写真やWEBサイトなどをワンタップで設定したアドレスにメールで共有できる。 ・バーストをGIFに変換 バーストで撮影した写真を選択するだけでGIFに変換してくれるショートカット。 ショートカットのつくり方 ショートカットは「マイショートカット」から新規につくる方法と、「ギャラリー」から使いたいショートカットを選んで登録する方法があり、いずれも自在に作成・カスタマイズ可能だ。 ここからは、ショートカットを具体的にどのように設定するかを紹介する。 「ギャラリー」のショートカットをマイショートカットに追加する方法 ギャラリーには、基本的なショートカットが目的別に用意されている。 使いたいショートカットをタップして、ショートカットの名前や、場合によっては必要項目を入力してマイショートカットに保存すると、使えるようになる。 ここでは「必須ショートカット」から、現在地から自宅までの経路を検索し、指定した相手に到着時間をメッセージで送信できる『自宅までの所要時間』を例に登録方法とその使い方を解説する。 条件によって動作する「オートメーション」を使ってみよう 「オートメーション」は時間や位置情報、日付といった特定の条件によってショートカットを自動で実行する機能だ。 職場を出たら帰宅時間を家族にメッセージで送信したり、指定の時間になったらミュージックを再生したり、特定のBluetoothデバイスに接続したらミュージックアプリを立ち上げたり、アラームを止めたらブラウザでニュースサイトを立ち上げたりといったことが可能になる。 ここでは、STEP1でマイショートカットに追加した「自宅までの所要時間」に位置情報の条件を追加した「オートメーション」のつくり方を紹介する。 作成したオートメーションはオートメーションタブに表示され、タップすると有効と無効の切り替えができる。 [有効]にしていると、職場から出たら設定した相手に帰宅時刻がメッセージ送信されるショートカット実行の確認通知が表示される。 ショートカットは、iPhoneをスマートフォンからスマートなアシスタントへと進化させるアプリ ショートカットアプリは、使いこなせば生活をより便利にしてくれることは間違いないだろう。 ただし、アプリとしてはまだ発展途上にあり、上手く動かない場合もしばしばある。 とくにSiriショートカットは動作に少し時間がかかり、うまく実行できない場合もある。 アクションのなかにはプログラミングの知識が必要なものもあり、現時点ではコードを使わずプログラミングができるアプリのような側面もある。 個人で作ったショートカットを「レシピ」として公開でき、誰かがつくったショートカットをダウンロードして使うこともできる。 そうした便利なレシピを紹介するブログや記事もあるが、不具合が起きる場合もあるので利用は自己責任で行ってほしい。 使ってみたい機能があれば、ダウンロードするより公開されたレシピを参考に自分でショートカットを作るほうが安全で、使い方を学ぶ機会にもなるだろう。 まずは普段からよく繰り返す操作を自動化したり、アプリ内のギャラリーから使い始めて、少しずつカスタマイズしながら慣れていくのがいいだろう。 使いやすいギャラリー内のショートカットの追加など、今後の進化が楽しみだ。 最初は少し難しく感じるかもしれないが、便利になることは間違いないのでぜひ挑戦してみてほしい。

次の