なんぷれ20。 脊柱管狭窄症・腰部脊柱管狭窄症、費用も高額で再発も失敗もある、名医の手術・治療や薬に頼らず「ストレッチだけ」で間欠性跛行のシビレや痛み、自分で治す方法!やってはいけない治し方も

ナンプレ7

なんぷれ20

MRIやCTで 腰部脊柱管狭窄症と診断され、下肢のシビレでまともに歩けず、長距離の移動や旅行にも行けない• 脊柱管の拡張手術も考えているが、失敗や再発のリスクあるし、お金と体の負担もかかるし、決断できない• 椎間板ヘルニア、分離すべり症も併発して、右だけ左だけなど坐骨神経痛のシビレもあり、歩けなくなるのではと不安• 整形外科、整骨院、整体など全て一時的で どこに行っても良くならずお金ばかりかかり、そもそも歩けないので通うことも困難• 腰痛もあるので腰のあたりを マッサージしてもらい、やっている時は気持ちがいいが 翌日痛み出すことがある• 手術したくないので雑誌やネットで見た 腰痛体操の類をやったが良くならないし、別の所が痛み出したり 自分に合わない• (神経根)ブロック注射、座薬や飲み薬、牽引、電気、温熱などで 痛みを凌いでいる若しくはやっても効かない• 寝返りも打てず、夜も寝付けなく、立ち上がる・座る・屈むなどの動作も痛くシビレて、もう殆ど 諦めている そして 「簡単な方法で痛みはラクになる」 ということをあなたに知ってほしいのです。 「私の痛みは重症ですよ・・」 とあなたは思われるでしょうが、心配ありません。 私の鍼灸院にも、同じように悩む患者様は多数来院されています。 そして、このような悩みをかかえているのです。 「まともに歩くこともできず、長距離の外出や旅行も諦めています」 「座る、立つ、寝る、全ての動作が痛くて痛くて、大変なんです」 などど、相当な辛い思いをしています。 また、私の鍼灸院に通われている患者様からも 「通院代と薬代が高くて、お金がないので大変です」 このような 「金銭的な悩み」を抱えている患者様も多いです。 外出する、トイレや風呂、着替えなどの日常の動作が、痛くて自由にできない苦しみは、相当辛いものでしょう。 そこで私は、こう考えたのです。 自分で痛みとシビレをラクにする、と言いましても、鍼灸院の針を自分で打つことや、整体の手技を一人で行うことなどできません。 しかも、痛みやシビレの種類も、右だけ左だけ、腰ではなく、太もも裏やふくらはぎ、足、臀部など、様々です。 脊柱管狭窄症による間欠性跛行、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛、分離すべり症、慢性腰痛、急性のギックリ腰など、症状も様々で、 複数の症状を併発している人もいます。 まさか自分で手術などできませんし、体の中に手を突っ込んで変性して飛び出したヘルニアを取り出したり、狭窄された脊柱管を広げることなど、不可能です。 ストレッチや体操も、合わない方法ですと、逆に悪化してしまいます。 それら 全て共通でラクにできて、自宅で一人でできる 「簡単な方法」でなければいけません。 私は悩みました。 これまでの11万件に及ぶ施術実績、東洋医学の知識、東洋医学の本場中国に研究に行った時に学んだ技術、それらを総動員し「自分で腰の痛みをラクにする方法」の開発を続けました。 何度か患者様にお願いをして、効果があるか実験をさせて頂くこともありました。 何度か患者様にお願いをして、効果があるか実験をさせて頂くこともありました。 そして、患者様を施術中に 突然ひらめいたのです。 「・・この方法なら、いけるかもしれない」 普段通われている患者様数人に、自宅で実践して頂きました。 すると 驚くべきことが起こったのです。 「整体に根気よく通って施術してもらえば、痛みはちゃんと治りますよね?」 「何度も通うのにお金かかるけど、治すために仕方ないですよね?」 そう思うでしょう。 ところで 整体やマッサージは資格がいらないので、技術レベルは相当バラつきがあるということをご存知でしょうか? 通信教育で取得できる整体師民間資格や認定証などや 数ヶ月の講習受講で取得できるプログラム(資格商法)も横行している。 また就業年数が長いからといって、公的資格制度が存在しない以上は 技術レベルを保証するものではない。 整体を生業にする者は自らを整体師・整体士・整体療法士・整体指導者・トレーナー・セラピストなどと事象している。 (Wikipedia webサイトより引用) 今日、整体の本を読んで、明日「自分は整体師です」と言って、整体院を始めても何の問題もないのです。 つまり、技術レベルはその人によって大きなバラツキがあるのです。 中には未熟な技術や間違った技術で、かえって悪化させてしまうケースも考えられます。 事実、お客様のお手紙にも 「長年、整体に通っているけど一向に治らない」 「やってもらった時はいいが、翌朝、味わったこともない激痛になり、慌てて電話をしたら、好転反応などと言われ誤魔化された」 「ゴッドハンド、神の手、などと言われている先生にやってもらったけど、ダメだった」 という経験談を、本当に多数頂いているのです。 仮に運良く、技術の高い所を見つけたとしても、一回行っただけで、完全に治り、二度と行かなくてもいいようになることは、まずありません。 多くの人は何度も何度も何年も通って 数10万円、数100万円以上もつぎ込んでいる人が多いです。 「腰痛めると(お金が)色々かかって高くつくのよねー」 とは、よく言われていることです。 もちろん、一時的に良くなったとしても、 痛みの根本原因はそのままですので、再び痛み出し、この先ずっと何度も通うことになります。 「腰を支える筋肉が弱いです」 「腹筋を鍛えましょう」 「運動不足が原因です」 などと言われて、一生懸命腹筋や筋トレをしている人がいますが、 間違いなく悪化しますので、今すぐやめて下さい。 運動不足が腰痛につながるというのは俗説です。 それは、スポーツ選手やスポーツインストラクターなど、日々運動をして鍛えている人にも腰痛が多いことからもわかりますよね。 (さかいクリニックグループ代表 酒井慎太郎 著 腰痛は99%完治する より引用) 腰痛体操やストレッチの類はもちろん良いものもありますが、痛みがある時はやらない方が良いです。 ところが 痛みから逃れたいという思いが強いので、痛みがある時こそ、一生懸命に腰痛体操や運動をして悪化させているという方が非常に多いです。 あなたも心当たりがあるのではないでしょうか? さらに、家族の方に腰周辺をマッサージしてもらったりすることも、痛みがある場合は、極力控えてください。 腰が痛い時は触らない方が懸命です。 鍼灸院の施術でも、実は腰は殆ど触りません。 痛みがある時は、何もせずに安静にするのが最も良いのです。 特に椎間板ヘルニアの方に多いのですが、仕方なく激痛に耐えられずにブロック注射の実施や、痛み止めを飲んで凌いでいる方がいますが、 これは 腰痛の根本治療になっていないので、注意が必要です。 今ある痛みを、薬の力で無理やり感じなくしているだけで 腰痛の根本原因はそのままなのです。 神経ブロックは、麻酔から生まれた治療法で、神経やその周辺に麻酔薬を注射し、脳に送られる痛みの信号を遮断する治療法です。 しかし、 痛みの原因を取り除くことはできません。 (日本赤十字医療センター脊椎整形外科部部長・脊椎センター長 久野木順一 著 よくわかる最新医学 坐骨神経痛 より引用) ブロック注射に限らず、飲み薬や塗り薬や貼り薬、温熱療法、レーザー治療、電気治療、低周波治療なども、同様で、根本治療になりません。 「痛み」は、私たちが生きていくうえで体が発信するもっとも重要なメッセージです。 体のどこかに異常があること、これ以上無理をしてはいけないことを、丁寧に教えて教えてくれているのです。 それを 鎮静剤で対処するというのは、自分自身への「ごまかし」です。 体が発してくれているメッセージを無視していることと同じです。 (東京脳神経センター理事長 松井孝芳著「体の病気も心の病気も」より引用) 実は痛みは、体からの 「無理をしないで!」というサインなのです。 このサインを無視してしまうと、大変なことになってしまいます。 整形外科で「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」と診断され、医者に手術を勧められている人も多いです。 しかし、手術は金銭的な負担と身体的な負担が非常に大きく、失敗と再発のリスクもあります。 実際に私の患者様の中でも 手術後に痛みが再発しているケースは非常に多いのです。 中には、術後三日後に再発というひどいケースもありました。 腰椎椎間板ヘルニアの場合、一度ヘルニアを起こした患者さんは、手術で問題のあった部分を取り除いたとしても、椎間板をすべて取り除くわけではないので 同じ場所からの再発もありますし、将来、別の椎間板に起こることも考えられています。 (東京都立多摩総合医療センター副院長 近藤泰児 著 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症 正しい治療がわかる本、より引用) また、病院の医療ガイドラインでも、腰椎椎間板ヘルニアの摘出手術は、根本治療にならず、再発の可能性があるとされています。 腰椎椎間板ヘルニア摘出手術は 根治的な治療法ではないため,再発の可能性を常に有している (腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン 改訂第2版 第5章 予後、より引用) 脊柱管狭窄症においても、脊柱管を広げる手術を実施しても、再び再発することは、当たり前のこととなっています。 患者さんは術後も歳を取り続けるため、 脊柱管狭窄症の再発はごく自然な現象として起こり得ることだからです。 「痛い」「何とか治してほしい」と訴えているのに、鎮痛剤を処方されて、それでおしまいです。 レントゲンやMRIなどの画像で判断した結果、ヘルニアと認められなければ「腰痛症」「頸椎症」などと診断されます。 (花山形態矯正院長 花山水清 著 腰痛は「ねじれ」を治せば消える、より引用) あなたは今のままでは、ずっと痛いままか、痛みを一時的に凌ぐためのお金がずっとかかってしまうのです。 整体や整骨院や整形外科に通って、行った時はいいけど、しばらくするとまた痛み出して、その繰り返しで、何度も通っている人がほとんどです。 それらが痛みの根本原因の解決になるなら、今頃痛みに苦しんでいないはずでずが、殆どの人はそうなってはいません。 そして、もちろんその度にお金がかかってしまい、今まで相当な出費をしている人がとても多いです。 何故、何度も通わなければいけないのかといえば、 痛みの根本の原因はそのままだからです。 痛みの根本原因を自分で対処する必要があるのです。 そうしないと、ずっと痛いままか、痛みに耐えきれずに色々なところに行って、その度に何度もお金がかかることになってしまうのです。 突然ですが、画像のような相撲取りの 「股割り」 をご存知でしょうか? 激しい稽古に耐えるため、体の柔軟性がないと、故障してしまいますので、相撲取りの体はとても柔らかくなるよう、トレーニングを行なっているのです。 「柔よく剛を制す」とはこのことで、体の柔軟性こそ、取り組みにおいて、強い相手を倒すことには重要なのです。 そして、 相撲取りには意外にも腰痛がいないということは、あまり知られていません。 膝にテーピングをして、膝をかばいながら取り組みをする姿は見たことがあるはずですが、コルセットをして、腰をかばいながら、取り組みをする相撲取りは見たことがありません。 稽古中は立ちっぱなしで、激しいぶつかり稽古をして、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になってもおかしくないですが、それなのに腰痛で苦しむ相撲取りは見かけません。 そして、相撲取りになぜ 腰痛がいないのかは、体が柔らかいからなのです。 この画像はイチロー選手で、試合中でもストレッチを念入りにやっているシーンです。 イチロー選手は体が柔らかいので、怪我や故障がとても少ないです。 当然、腰痛などあるわけがありません。 もし腰痛の痛みがあったら、試合どころではありません。 しかし、それとは対象的に「番長」こと 清原和博選手は、肉体改造をし、筋力をつけましたが、筋肉の柔軟性がないので、現役時代、 怪我や故障に悩まされました。 つまり、 体を柔らかくすれば、腰の痛みやシビレがラクになるということなのです。 あなたもきっと、体が硬いでしょう。 そして、相撲取りのような股割りなど絶対に不可能でしょう。 私は数えきれない数の患者様を見ていますが、腰の痛みやシビレで駆け込む人は、例外なく体が硬いです。 相撲取りの柔軟な体、イチロー選手の柔軟な体、清原選手の硬い体、そして痛みに苦しむあなたの硬い体が、証明をしています。 つまり 「体を柔らかくすれば、痛みがラクになる」 ということなのです。 つまり、 根本原因である「あなたの体の硬さ」を何とかしないと、整体や整骨院や整形外科に何度も通わなくてはいけない、ということなのです。 そして、あなたの体が柔らかくなれば、 痛みやシビレがラクになり、整体や整骨院や整形外科に、もう二度とお世話にならなくてもいい、ということなのです。 しかし、賢いあなたはこう思うでしょう。 「そんなばかな。 普通の腰痛はいいとして、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は、体を柔らかくするだけじゃ、さすがに無理でしょう」 「飛び出した椎間板が元に戻ったり、狭窄された脊柱管が広がったり、滑り出した腰椎や脊椎が、元に戻ることなどありえないでしょう」 あなたはそう思われるでしょうが、実は これらの症状全て、体を柔らかくするだけで、ラクにすることが可能なのです。 過去に実践例も改善例も多数あり、効果はすでに実証済みです。 結果には個人差があります。 椎間板ヘルニアの方は「椎間板が飛び出ると、飛び出た椎間板が神経を刺激して、痛みが発生する」ということはご存じかと思います。 そこで、その変性して飛び出た椎間板を切除する手術が行われるわけです。 しかし、なかなか知られていないことですが 椎間板が飛び出ていても、全く痛みがない方がいるのをご存じでしょうか。 ジョージワシントン大学の研究において、たいへん興味深い報告がなされています。 (よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ webサイトより引用) 私の鍼灸院に訪れる、椎間板ヘルニアの患者様を数限りなく見ていますが、相当量な椎間板が変性して飛び出ているのに、痛みはごくわずかな方、椎間板の飛び出しはごくわずかなのに、痛みは激痛という方がいらっしゃいました。 さらに、腰部脊柱管狭窄症においても「脊柱管が狭窄されると、中を通っている神経が圧迫され、シビレて歩けなくなる」ということをご存じかと思います。 そこで、狭窄された脊柱管を広げる、拡張手術が行われるわけです。 しかし、これもなかなか知られていないことですが脊柱管狭窄症においても 脊柱管が狭窄されていても、シビレがなく普通に歩ける人がいるのです。 脊柱管が狭ければそれだけで問題とか異常というわけではありません。 また、 腰部脊柱管の狭窄が起こって神経が圧迫されても、必ずしも痛みやしびれなどの症状が起こるとは限りません。 神経の圧迫によって足の痛みや歩行困難などの症状が起こってはじめて腰部脊柱管狭窄症と診断されます。 (NTT東日本管等病院整形外科部長 下出真法 著 中高年の坐骨神経痛 より引用) 実は、脊柱管が狭窄されていること自体が、シビレて歩けなくなる間欠性跛行や、痛みの原因とは限らないのです。 脊柱管狭窄症と言われている痛みは、もはや脊柱管が狭くなっていることが原因ではないかもしれない (坂井医院院長 坂井学 著 「脊柱管狭窄症」を自分で治す本 より引用) 慢性腰痛はもちろんのこと、椎間板ヘルニアの坐骨神経痛、脊柱管狭窄症の間欠性跛行、分離症滑り症、の痛みやシビレには、 体を柔らかくすれば良いことは明らかです。 しかし、あなたは過去何度も、健康雑誌やテレビやネットで紹介されている、腰痛改善のストレッチや体操を色々試してきたものの、良くならなかったでしょう。 ひどいケースですと翌日には今まで味わったことのない激痛が発生したり、今までなかった逆の場所に痛みが発生したり、 症状が複雑化、重症化するケースが多かったでしょう。 何故かと言うと、人間の体の構造というのは、あなたが考えている以上に はるかに複雑で、素人が自己流でストレッチをやると、悪化しやすいのです。 例えば、脊柱管狭窄症は前かがみになると、ラクです。 椎間板ヘルニアは後ろに反らすと、ラクです。 では、変性した椎間板が飛び出て、脊柱管を狭窄しているケースはどうでしょうか? 椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を併発しているケースは、前かがみか反らすか、どちらがいいか、わからないでしょう。 また、痛みの箇所も人によって全く違います。 腰周辺でなくお尻や太ももやふくらはぎ周辺にかけて、膝の裏、臀部やお腹、股関節、足まで来ている、つま先、右だけ左だけ、日によって、体勢によって違う、など相当複雑です。 素人の方が雑誌やテレビの情報程度では判断がつかず、自己流になってしまい、悪化してしまうのです。 私に体を触らせて頂ければ、どのタイプの症状か、どの対応方法が良いかはわかります。 しかし、素人の方はその判断できないのは、治療家でもないので当たり前です。 「先生、私は難しいことが苦手なので、難しい内容だとできないです」 という声がとても多かったのです。 自分で判断して、選んでもらう、という方法も考えましたが、間違うと悪化してしまいます。 そこで 「全ての症状で共通でラクになれる、たった一種類の、自宅で簡単にできるストレッチはないだろうか」 そう考えたのです。 日々の施術中に、患者様の体を触りながら、何度も何度も考え、東洋医学の専門書籍も何度も読み漁り、時には患者様に実験台になってもらい、開発を進めました。 そして、ある日突然、ある患者様を施術中に突然 閃いたのです。 「まてよ、この方法ならいけるかもしれない」 早速、患者様の中で、 椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を併発している人に試して頂いたところ、日数はかかりましたが、2ヶ月後には、痛みとシビレが楽になったのです。 結果には個人差があります。 誰でも特定の結果が得られる保証をするものではありません。 結果には個人差があります。 こちらの方は整形外科で、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症と、 複数の症状を併発しているケースです。 整形外科でこのような診断を受けたら、青天の霹靂でしょう。 ある程度日数はかかったものの 「一種類のストレッチを一日5分」やっただけで、痛み止めの薬も効かず、激痛でまともに歩けないような寝たきり状態から、立ち仕事ができるまで、復活しました。 結果には個人差があります。 私はついに、全ての症状に適応する、たった一つの、しかも子供でもできる、とても簡単なストレッチの開発に成功したのです。 全ての症状に適応するストレッチの開発に成功 すでに実践者は、これまで 累計3万1578人を突破し、お客様の体験談も多数頂いて、実績証明されています。 慢性腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、側湾症も改善例は多数ありますのでご安心下さい。 結果には個人差があります。 さらに、症状の改善だけではなく飛び出したりつぶれたりした椎間板が引っ込んで元に戻ったり、狭窄した脊柱管が広がったり、分離すべり症の椎弓が元に戻るケースも、少なくありません。 結果には個人差があります。 整形外科でどんな診断名を言い渡されたとしても、例えまともに歩けない状態だったとしても、複雑な症状が出ていたとしても、あなたがやることは、もう迷うことなくこれだけです。 「一日たった5分の簡単なストレッチ」 本当にこれだけで、あなたのあらゆる痛みとシビレがラクになることが可能なのです。 結果には個人差があります。 一般のストレッチは前かがみ、そらすなど、ラクな姿勢を保つ目的のものや、一時的にラクになるだけのその場しのぎのものが多いです。 今回開発した方法は、ただ 一時的にラクになるだけではなく「根本的に改善」するように特別に工夫されたストレッチです。 特に整形外科で脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアと診断された人は、ついMRIやCT画像に意識が奪われてしまいます。 しかし、あなたは脊柱管を拡張したり椎間板を切除するために、整形外科に来ているのではないのです。 あくまで、痛みとシビレをなんとかするために来ているはずです。 あなたが目指すのは、脊柱管が狭窄されていても、椎間板が飛び出ていても、痛みやシビレを感じない体を手に入れ、普通の生活を取り戻すことです。 そうすると、賢いあなたはこう思うでしょう 「この方法は医学的根拠、エビデンスがあるのですか?」 実はすでに、東洋医学の手法は、WHO世界保健機構がその医学的効果を認めているのをご存知でしょうか? WHOでは41の疾患の効果が認められています。 今回開発した方法は、東洋医学に基づいた「経絡」や骨格を整える整体の手技を、素人の方が自宅でも同じことができるように、開発したものです。 つまり、今回開発した方法は、 医学的根拠がある、ということです。 決して、医学的根拠がない民間療法やオカルトやトンデモではありません。 「この方法を多くの方に伝えて、痛みに苦しんでいる人たちを、救いたい」 そこで私は、自主制作の映像DVDという形で、あなたにお届けすることに決めました。 一般の書籍の出版経由ですと、関係機関への配慮があり、言いたいことが言えないからです。 DVDの内容は、 業界を敵に回すようなきわどい本音の内容も暴露しています。 全てを伝えるには、そうするしかなかったのです。 自主制作のため、画質は決して綺麗でありませんが、実践には全く問題はなく、内容は本物です。 そして、今回は、メインのストレッチ以外にも、症状別の解説や、症状別の対処法など、 あらゆる症状に全て対応できるようにしました。 ストレッチは立って行いますが、 立つことすらできない激痛の状態から、少しずつ痛みを軽くし、まずは立てる状態にすることも可能な方法もあります。 結果には個人差があります。 腰痛関連においては、私が今まで培ってきた知識や技術を全て、DVD4毎に全力で注ぎ込みました。 その結果、 DVDの収録時間は7時間弱になりました。 ラクになってしまっては、患者様のリピートに繋がらず、儲からないので、治療家によっては、知っていても教えたがらないような秘匿性の高い内容もありますが、あなたのために業界を敵に回す覚悟で、暴露しています。 また、同様の理由で自主制作のため、製品化や流通に、かなりのコストがかかり、DVDとしては やや高めの価格になってしまいました。 私が長年11万件以上に及ぶ施術実績から開発した自信のある内容ですので、安売りはしたくないということも、ご理解下さい。 とはいえ、例えば参考までに、医療従事者向けの専門DVDは以下のような価格ですので、決して高いとも言えません。 2,000円前後で売られている数十分のヨガや体操のDVDとは、専門性も目的も得られる結果も、収録の内容の濃さも量も違います。 結果には個人差があります。 結果には個人差があります。 結果には個人差があります。 結果には個人差があります。 以上がDVDの収録内容となります。 「全部見るの大変そうです」 と思うかもしれません、もちろん全てを見る必要も、やる必要もありません。 自分に該当する部分を見て、実践するだけでいいのです。 最も簡単なのは、DVDが届いたら、説明は見なくてもいいので、全症状で共通で適応の「メインストレッチ」をスグ始めることです。 もしまともに立つことすらできないのなら、これも全症状で共通で適応の「痛みとシビレを取るメインストレッチ」で痛みを軽くしましょう。 整体の施術代、治療院の施術代、整骨院の施術代、整形外科の診察代、痛み止めの薬の薬代、ブロック注射や電気療法や温熱療法やレーザー治療などの治療代、腰痛グッズや器具、健康雑誌や本など あなたは一体いままで、どれだけのお金をつぎ込んできたでしょうか。 整体通いを何年も続けている人は、計算するのも恐ろしいでしょう。 診察券も何枚も持っているでしょう。 自分で根本原因を解決しない限り、何度も痛みがやってきますので、これまで色々なところにかかっていて、その度にお金を使って来たでしょう。 しかしあなたは、このDVD一本持っていれば、全ての症状を自分で対応できるので、もう今後は、 色々なことにお金を使うこともなくなるのです。 殆どの人は、ラクになった後でも 「毎日一生続けます」「痛みはラクになりましたが、毎日やっています」「ずっと続けています」という声がとても多いです。 立つ、座る、歩く・・ 当たり前の動作ができることが、いかにありがたいことか、病院や薬や整体に頼るのではなく、普段自分の行うことで「予防すること」がいかに大切かを、このDVDを通して知ったからです。 改善されてストレッチを一休みした人で 「もしまた痛くなっても、DVD見てすぐ対処できるので、安心します」「何度も使える、一生物のバイブルです」という声も多いです。 これからの人生で、普段の生活習慣、運動不足、立ちっぱなし、座りっぱなし、長時間の運転、仕事や家事や外出での疲労や負荷、心身的なストレスなどで、再び痛みやシビレが出るかもしれません。 こういった生活習慣は変えることが難しいですし、加齢で衰えることは、いくらDVDのストレッチでも避けられません。 しかし、再びどのような腰痛関連の症状(整形外科での診断)になっても、もう整体や整形外科のお世話になってお金を使うことも、健康雑誌やネットで色々な情報で迷ったりすることもありません。 「DVDは最初高いと思いましたが、本当にラクになったし、整体通いでお金を使わなくなったし、これからの長い人生いつでも見られるし、それを考えるととても安い買い物でした」という声もとても多いです。 たとえ以前とは違った症状になったとしても、ほぼ全ての症状を網羅しているので、痛みが出た時に、すぐにDVDを見て、今の症状に対応する内容を見て、すぐ実践できるのです。 持っているだけで絶大な安心感で、転ばぬ先の杖、保険のような役割も果たすのです。 私はこのDVDは、あなたの痛みがラクになるために、何度も打ち合わせをし、何日も撮影に費やし、かなり真剣に制作いたしました。 DVDを申し込んだはいいものの、真剣に実践して頂けない方には、残念ですが、DVDはお譲りしていません。 いい加減にやって、たった数日で投げ出して「やっぱり私には合わない」などと、自分のだらしなさを棚に上げて、やり方のせいにするような方には、絶対にお譲りしません。 しかし 「この痛みがラクになるのなら、もちろん真剣に継続的に実践します」 「私も真剣に悩んでいますので、真剣に実践します」 そうお約束して頂けるなら、あなたにもお譲りいたします。 真剣に実践と言いましても 子供でもできるような簡単なストレッチを、一日たったの5分だけでいいのです。 それすら真剣にやらないような方は、私の手には負えません。 誰でも特定の結果が得られる保証をするものではありません。 結果には個人差があります。 もしあなたが今苦しんでいる、その痛みやシビレがラクになったら、何をしたいでしょうか? 痛くて歩けなくて、ずっと諦めていた、パートナーや家族との旅行かもしれません。 実家や親戚のところに帰ることかもしれません。 今まで整体や整骨院や整形外科で費やしていた、浮いたお金で、少し遠出をして、お祝いとしてちょっと豪華な食事もいいですね。 痛くてできなかった、スポーツや趣味かもしれません。 友達との長距離の外出かもしれません。 家族で近所の公園を散歩することすら、痛くてままならなかったかもしれません。 今まで痛みのせいでできなかった当たり前のこと、諦めていたことが、再びできるようになるのです。 それが 一日たった「5分」の簡単なストレッチだけで、取り戻すことができるのです。 結果には個人差があります。 きっとその時あなたは、痛みがなかった頃の体がいかにありがたいことだったか、感謝の心に溢れるでしょう。 「全額返金保証制度」の詳細を詳しくご説明いたします。 まずは「届いてから一年間」無理せず焦らず、自由にあなたのペースで実践して下さい。 そして、残念ながら一年間、真剣に実践しても全く効果がなかった場合、一年経過後の30日の間に0120-19-2929(通話料無料・24時間受付)にお電話一本下さい。 返送商品到着後(送料はお客様ご負担)3営業日(土日祝日は休日)以内に、ご指定の口座に購入代金の全額を、すみやかにご返金いたします。 レポートなどの提出などは一切必要なく 「口頭での自己申告」のみで結構です。 報告の内容で返金を拒否するようなことは、神に誓って絶対にありません。 そのため、ウソをついて返金してもバレませんので、あなたはタダでDVDの情報を入手することも可能です。 しかし、藁をもすがる思いで真剣に悩んでいるあなたは、絶対にそのような人ではないと、心より信じています。 あなたは私を信じて、DVDを申し込み、効果と可能性を託して頂いたのです。 私もあなたを、信じます。 このような手厚い全額返金保証制度を設けるのは、 あなたにどうしても健康を取り戻して欲しいから。 それが私の使命であり、最大の喜びです。 一年間、焦らずゆっくり、ご自分のペースで毎日取り組んで、効果を実感して下さい。 はい 詳しくご説明しますと、 椎間板ヘルニアでも、全く痛まない人もいます。 逆に、ちょっと椎間板が飛び出た程度でも激痛が走る人がいます。 この差は何かわかりますか?実は「筋肉の柔軟さ」の違いです。 筋肉が柔らかければ、飛び出た椎間板を吸収してしまい、神経を圧迫しないのです。 神経が圧迫されると痛みます、痛むと腰をかばうように筋肉に力が入ります。 力が入ると筋肉がますます硬くなります、筋肉が硬いと痛み出します。 その悪循環があるから、椎間板ヘルニアはなかなか痛みが取れないのです。 しかし「福辻式」で筋肉を柔軟にすれば、まずは痛みが劇的に軽減されるでしょう。 筋肉を柔らかくするのは、自分で適切なストレッチを実施した方が非常に効果的です。 そして、筋肉に力が入らない状態が続けば、椎間板が元の位置に戻る場合が非常に多いです。 そうすれば、再び痛みが再発することは非常に少なくなるでしょう。 結果には個人差があります。 はい 詳しくご説明しますと、坐骨神経痛は、腰椎周辺の神経が、硬直した筋肉により圧迫され、シビレや痛みを伴うものです。 腰椎周辺の筋肉と、脚の筋肉は密接に連動していますので、腰椎の神経の圧迫でも、脚にシビレが走るのです。 このシビレや痛みは、 筋肉を柔らかくすることで、神経への圧迫がなくなり、痛みが解消します。 「福辻式」で筋肉を柔軟にすれば、まずは痛みが劇的に軽減されるでしょう。 筋肉を柔らかくするのは、自分で適切なストレッチを実施した方が非常に効果的です。 そして、筋肉に力が入らない状態が続けば、脚のシビレは軽減されるでしょう 再び痛みが再発することも、非常に少なくなるでしょう。 結果には個人差があります。 いいえ 実は普段腰の痛みが全くない人も、レントゲンを撮影すると、椎間板が飛び出ていたり、腰椎がズレている人もいます。 逆に椎間板や腰椎のズレがごく軽度な場合でも、激痛が走る人もいます。 この差は実は、筋肉のバランスと柔軟さです。 筋肉のバランスと柔軟さがあれば、ズレた椎間板や腰椎も吸収してしまい、痛みがないのです。 逆に筋肉のバランスが悪く、硬い場合は、少しのズレでも激痛が走るのです。 もし、実践の結果、 飛び出た椎間板や腰椎が元に戻らない場合でも、痛みは軽減されるので、問題はないのです。 当然、椎間板・腰椎のズレがあった状態でも、見た目が醜くなる、不自然になるということはありません。 あなたは、椎間板・腰椎のズレがすごく少ないけど激痛。 椎間板・腰椎のズレが大きいけど痛みがない。 どちらを選択しますか。 もちろん、腰痛の痛みがなくなった後、スグには元の位置には戻らない場合もありますが、 長期間痛みのない普通の生活を続けていくうちに、徐々に元に戻るケースが多いです。 結果には個人差があります。 はい 脊柱管狭窄症とは、腰椎周辺の、神経などが通っている「脊柱管」が狭くなり、神経を圧迫して痛むものです。 慢性腰痛は筋肉の硬直や疲労によって、神経を圧迫したり、すべり症など骨格の変化を伴うのです。 それに対して、脊柱管狭窄症は、筋肉そのものは脊柱管の中の神経を直接圧迫していないので、適応されないのではないかと疑問を持つのも当たり前です。 しかし、私の鍼灸院で 脊柱管狭窄症で訪れる患者様でも、実は慢性腰痛と同じ施術を行っています。 脊柱管狭窄症の方に特別の、という方法は特にありません。 つまり、筋肉を柔軟にし、骨格のバランスを整えるのです。 もちろん今回のDVDはそれを目的としたものです。 確かに筋肉を柔軟にし、骨格を整えることで直接的には、脊柱管そのものが広がったりすることはないかもしれません。 普通に考えると、痛みは軽減されなさそうですが、実際には 痛みが軽減されたり、痛みなく歩ける時間が伸びたりしています。 これは、脊柱管狭窄症の直接的な神経の圧迫以外の、慢性腰痛による症状が改善されたため。 さらに、脊柱管狭窄症は血流を改善することでも症状が改善されますので、血流改善による症状の改善と考えられます。 筋肉を柔軟にし、骨格のバランスを整えることで、間違いなく血流は良くなり、痛みが軽減されることが期待できるのです。 あなたが脊柱管狭窄症で、痛いと思っている痛みの殆どは慢性腰痛による痛み、という可能性もあるのです。 もし仮に、殆どが脊柱管内の神経自体の圧迫であったとしても、血流の改善で痛みが軽減されることは期待できます。 先ほどのQ&Aでも申し上げましたが、すべり症や椎間板ヘルニアで、レントゲン撮影での変化が確認できなくても、痛みがなくなるということは起こっています。 同様に、脊柱管狭窄症でも、 レントゲンやMRIでの変化はなくても、痛みが軽減できることは期待できるのです。 以上のことから、慢性腰痛のように直接的ではないにしても、原因は筋肉と言うことができます。 よって、脊柱管狭窄症も適応になります。 手術はリスクも伴い、お金もかかり、失敗例も少なくありません。 まずは「福辻式」をお試し下さい。 結果には個人差があります。 はい ストレスが原因で腰痛が発生するケースも非常に多いです。 ストレスは、筋肉を硬直させます。 筋肉が硬直すると、腰痛が非常に発生しやすくなります。 腰痛の痛みが発生すると、痛いので、それがまたストレスの原因になり、腰痛をより悪化させる・・という悪循環になります。 プライベートのストレスを取ることは、現代社会では無理な話でしょう。 しかし、現在の腰痛の痛みを取ることは、筋肉を柔軟にすることで、可能です。 腰痛の痛みがなくなるだけでも、ストレスが軽減させるはずですので、悪循環を断ち切ることができます。 また、腰痛は(柔軟になった筋肉が)一度改善されれば、痛みが再び発生しにくくなります。 ストレスや心因性の腰痛でも適応になります。 結果には個人差があります。 はい 実は、姿勢が悪くなっているから、腰痛になるのではなく、その逆で、腰痛だから姿勢が悪くなるのです。 腰痛の痛みが発生すると、それをかばうように不自然に筋肉の力が入ります、また痛みが怖いため、立つ姿勢、座る姿勢もかばうような姿勢になります。 腰痛の改善をせず、それが長く続くと、不自然な筋肉の付き方が定着してしまい、それに伴い、骨格も不自然になり、姿勢が悪くなるのです。 当然姿勢が悪いと、体に余計な力が加わりますので、さらに腰痛を悪化させます。 「福辻式」のストレッチで筋肉を柔軟にし、痛みを取り除くことで、筋肉の不自然な力が徐々に元に戻ります。 すると、痛みが軽減させると同時に、姿勢も徐々に改善されていきます。 腰痛が改善されると、姿勢も改善されるという方が非常に多いです。 結果には個人差があります。 はい 例えば、激痛がある、しかしどうしても休めない重要な仕事があり・・そういった場合には痛みを止める方法も仕方のないことです。 しかし、 ブロック注射も、色々な薬も、全て腰痛の根本的な解決にはなっていません。 逆に、なまじ痛みがなくなって、腰痛が治ったものだと勘違いしてしまうので、ついつい無理をして腰に負荷をかけてしまい、余計悪化させてしまうことが殆どです。 ブロック注射や薬を利用し、痛みがなくなり、その後しばらくすると薬が切れてくると思います。 その時の痛みですが、回数を重ねる毎に、どんどん痛みが激しくなっていませんか?これは 根本の腰痛の改善を全くせず、 痛み止めに頼って体を動かし、だんだんと腰痛を悪化させているためです。 その度にブロック注射や薬を処方・・これを続けていくと、体が薬に慣れてしまい、いつか薬が効かなくなってしまいます。 すでにその状態になっている方や、心当たりがある方も多いのではないでしょうか。 さらに最悪なのは、薬自体の副作用で、筋肉を硬直させる場合もあります。 そうなると、薬を飲めば飲むほど腰痛が悪化し、最後には薬が効かなくなり、大変なことに・・という結果になってしまいます。 しかし、そんな方でも「福辻式」で痛みを取り除きながら、体操を実践すれば、根本的に改善することは十分可能です。 すでに薬が習慣化している人もいらっしゃるかと思います。 そんな方は、いきなり今日から痛み止めを全く飲まない、というのではなく、 徐々に減らしていきながら、という無理のない実践方法がベストです。 もちろん「福辻式」で痛みが軽減されたからといって、スグに体に無理をかけるのは禁物です。 結果には個人差があります。 はい 牽引は、その人によって効果があるかどうかがあります。 もちろん牽引で痛みが軽減される方もいらっしゃいます。 しかし、私の治療院の患者様で、過去に牽引を実施された患者様のお話では、殆どの方は「効果がない」とのことでした。 当院でも牽引は実施しません。 これには理由があります。 牽引をしても、問題となっている腰椎(例えば「四番目」など)だけがひっぱられるわけではなく、全体の腰椎がひっぱられてしまうのです。 問題となっている部分に手をいれて、そこだけ牽引することができなので、当然です。 すると、他の正常な部分の腰椎が不自然にひっぱられ、逆にその部分から痛みが出る場合があるのです。 また、当然ですが、牽引をしても根本原因である日々の生活習慣や、筋肉の柔軟さやバランスは全く変わりません。 (筋肉が多少引っ張られて、ちょっとしたストレッチにはなる可能性がありますが) そのため、結局 「牽引」も根本的な腰痛の改善にはなっていないのです。 結果には個人差があります。 はい 残念ながら私は西洋医学の専門家ではありませんので、正確な判断は出来かねますし、病院での対処や治療の考え方を否定することはできません。 しかし同時に、 私が専門とする東洋医学の治療法も否定することはできません。 整形外科で言う治療は、あくまでMRIやレントゲンに写った結果を見るのだと思います。 東洋医学での腰痛の根本治療は、まずは自然に痛みを取り除き、再発しない体を作ることであると思っています。 腰痛の根本の原因は生活習慣であり、生活習慣の影響で筋肉が硬直し痛みが発生するのです。 しかし、この段階では整形外科ではレントゲンにもMRIにも写らないので「異常なし」となってしまいます。 そして、痛みをかばうように不自然に力がかかった筋肉の影響で、いよいよ「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」となるのです。 あくまでMRIやレントゲンに写った映像で判断する西洋医学。 生活習慣から考え、レントゲンには写らない筋肉の柔軟さや、バランスも見ることができる西洋医学。 高額な費用がかかり、とてつもない心理的負担・痛み・リスクを伴う手術。 少々のお金を出して買うDVDのストレッチを自宅で実践する。 どちらの考え方や方法がが正しいか、理想的か、あなたの判断にお任せします。 結果には個人差があります。 いいえ 一度腰痛が改善され、痛みがなくなれば、基本的には実践は必要に応じて、で大丈夫です。 早い方で一週間もすれば、普段の生活で痛みが殆どなくなってしまう方もいるのですが、そこで気を緩めず、 痛い痛くないに関わらず、1〜2か月根気よく続けていけば、やめてしまってもそう簡単には再発しにくい体になります。 やめてから、しばらくは痛みがなくなっていたのに、何年後かにまた痛み出す場合もあります。 それは「福辻式」で根本的に腰痛が改善されていなかった、というわけではなく「新たな要素で腰痛になった」ということです。 仕事や家事やストレスなど、生活習慣や疲労が原因で、筋肉が硬くなり、バランスを崩し、腰痛になります。 しかし、 普段の生活習慣のちょっとしたコツさえ知れば、二度と腰痛にならないことも十分可能です。 結果には個人差があります。 はい 腰痛の症状は様々な種類があります。 本来なら症状に合った体操やストレッチを紹介するべきなのですが、雑誌や本では誌面のスペースの都合で、どうしても限られた情報の紹介にとどまっています。 また、テレビで紹介するストレッチは「動きが伴うもの」を中心に紹介されるのです。 私も何度かテレビに出演させて頂きましたが、あまり動きの伴わない、おとなしめのストレッチをディレクターの方に提案をしたらNGでした。 「先生、テレビでは動きが必要なんです、そうでないとすぐにチャンネルを変えられてしまうんです、動きのあるストレッチをお願いします」 とのことでした。 これでは当然、最適な体操やストレッチの紹介はできませんね。 あなたがこれまで様々な腰痛体操を試しても、改善されなかったのは、その方法が適切でなかった可能性があります。 今回開発したものは、様々な腰痛の症状はあれど「全ての方に共通して実践できる」体操・ストレッチです。 症状に関わらず、全ての方が適応する方法です。 これまで色々な腰痛体操を試したけど、ダメだった方にこそ実践して頂きたい内容です。 結果には個人差があります。 はい 結論から申し上げますと 「筋トレ」は逆効果です。 腰痛は硬直した筋肉が、腰椎周辺の神経などを圧迫して痛みが発生します。 「筋トレ」を実施すると、筋肉の力は強まり、腰椎を支えるという意味では良いことなのですが、筋肉が逆に硬くなってしまい、余計に痛みが増してしまうのです。 さらに、痛みのある状態で執拗に筋トレを続けてしまうと、痛みをかばうように無理に力が入ってしまい、今度は骨格自体がおかしくなり「椎間板ヘルニア」「すべり症」「側湾症」となるのです。 筋肉の力を強くするのではなく、筋肉を柔らかくすることの方が重要です。 良い例を申し上げます。 野球のイチロー選手は、筋肉の強化よりも、ストレッチを中心に行います。 その結果、怪我や故障もせず、何本もヒットを打って、レーザービームと言われる速球も投げられるようになっています。 ところが、肉体改造をして筋肉の量を増やした清原選手は、狙ったホームランが満足に打てないどころか、ちょっとしたことで故障をしてしまう体になってしまいました。 腰痛も同じです。 柔らかい筋肉になれば、多少の腰椎周辺の不具合が発生しても、柔らかく吸収してしまい、徐々に元に戻ります。 筋肉は力を強くするよりも、柔らかくすることの方が重要です。 結果には個人差があります。 いいえ 「福辻式」の体操・ストレッチは、腰痛に特化したものです。 スポーツの柔軟体操とは違いがあります。 また、スポーツが好きな方は、筋力もあることとおもいます。 しかし、 筋肉のバランスを崩しているケースが非常に高いです。 柔軟な筋肉でも、筋肉のバランスを崩すと痛み出します。 「福辻式」では腰痛に特化し、筋肉を柔らかくする内容と、実は同時に 筋肉のバランスを良くするという内容もあります。 最初から十分に筋肉が柔らかい方でも、バランスという意味では試してみる価値は十分あります。 スポーツで腰痛になった方で「福辻式」で改善された方はもちろん多数いらっしゃいます。 そこ方々もやはり「自分は十分筋肉は柔らかい」と仰っていました。 結果には個人差があります。 はい これまで整体などに通ったことがない方ですね。 確かにそう思われるでしょう。 私も鍼灸院を開業している身分としては、行くなとは言えません。 ただ、整体に通うのはお金がかかります。 一回通っただけでは、痛みは軽減されるものの、いずれは元に戻ってしまうでしょう。 私自身も、一回の治療だけで腰痛を完全に治療することは、絶対に不可能です。 何度か通院することが必要です。 当然、相応の時間もお金もかかります。 普段の生活習慣改善のコツや、自分でのストレッチなどを並行して実践すれば、根本解決になり、改善も早いです。 しかし、大きな声では言えませんが、不景気で経営に苦しい治療院が非常に多く「何度も通ってほしい」という治療院も少なくないと聞いたことがあります。 適切な生活改善の方法と、自分でできる改善法を指導してくれる、信頼できる治療院に通うことをお勧めします。 もちろん、今回の「福辻式」だけで、腰痛の改善は可能です。 並行して治療院に通う必要もありません。 結果には個人差があります。 はい 西洋医学と東洋医学では、腰痛改善の考え方や方法などは違います。 手術を勧められたとしても、思いとどまってください。 手術に失敗する人は非常に多いです。 それには原因があるのです。 ) 例えば飛び出した椎間板を摘出する「ラブ法」という手術がありますが、飛び出た椎間板を物理的に摘出しても、痛みが再発する確率が非常に多いのです。 筋肉が柔軟になれば、飛び出た椎間板でも、柔らかい筋肉が吸収して、痛みが出ません。 しかし、 手術をしただけでは、原因である筋肉の状態は変わりません。 手術をすれば、とりあえずは痛みはなくなるでしょう。 すると、楽に動けるので、つい無理をしてしまいます。 すると、元々硬いままの筋肉に無理がかかるので、ますます筋肉は硬くなります。 これが続くと、他の場所の椎間板周辺の神経が圧迫されて、痛み出してしまうのです。 筋肉が柔らかければ、そのようなことは起こりません。 体の要である腰椎にメスを入れるのは、非常に大きなリスクを伴います。 手術では根本の解決にはなりません。 まずは「福辻式」の体操・ストレッチを実践して、筋肉を柔軟にして下さい。 結果には個人差があります。 私は全てを伝えました。 「理屈もすごく納得したし、これなら自分にもできそうだし、返金保証もあるし、まずは試してみます」という気軽な感覚で 殆どの方は、すぐにDVDを申し込んで頂いています。 しかし、もしかしたらあなたは「もう少し考えてから」などと、少し迷っているかもしれませんが 迷っていても痛みはラクになりません。 今すぐ申し込んでも、迷って後で申し込んでも、価格も内容も同じですし、これ以上悪化させないために、早めに始めた方が絶対に良いです。 このDVDは 贅沢品ではありません。 病気や怪我になったら病院に行きます。 病院代をケチって病気や痛みを放置する人はいません。 あなたの貴重な健康のために、 必要なものです。 あとはあなたが、DVDを申し込み、映像を見てストレッチを始めるだけで、痛みのない素晴らしい生活を取り戻すことができるのです。 結果には個人差があります。

次の

ナンプレ京(数独)無料パズルゲーム 10000問以上

なんぷれ20

MRIやCTで 腰部脊柱管狭窄症と診断され、下肢のシビレでまともに歩けず、長距離の移動や旅行にも行けない• 脊柱管の拡張手術も考えているが、失敗や再発のリスクあるし、お金と体の負担もかかるし、決断できない• 椎間板ヘルニア、分離すべり症も併発して、右だけ左だけなど坐骨神経痛のシビレもあり、歩けなくなるのではと不安• 整形外科、整骨院、整体など全て一時的で どこに行っても良くならずお金ばかりかかり、そもそも歩けないので通うことも困難• 腰痛もあるので腰のあたりを マッサージしてもらい、やっている時は気持ちがいいが 翌日痛み出すことがある• 手術したくないので雑誌やネットで見た 腰痛体操の類をやったが良くならないし、別の所が痛み出したり 自分に合わない• (神経根)ブロック注射、座薬や飲み薬、牽引、電気、温熱などで 痛みを凌いでいる若しくはやっても効かない• 寝返りも打てず、夜も寝付けなく、立ち上がる・座る・屈むなどの動作も痛くシビレて、もう殆ど 諦めている そして 「簡単な方法で痛みはラクになる」 ということをあなたに知ってほしいのです。 「私の痛みは重症ですよ・・」 とあなたは思われるでしょうが、心配ありません。 私の鍼灸院にも、同じように悩む患者様は多数来院されています。 そして、このような悩みをかかえているのです。 「まともに歩くこともできず、長距離の外出や旅行も諦めています」 「座る、立つ、寝る、全ての動作が痛くて痛くて、大変なんです」 などど、相当な辛い思いをしています。 また、私の鍼灸院に通われている患者様からも 「通院代と薬代が高くて、お金がないので大変です」 このような 「金銭的な悩み」を抱えている患者様も多いです。 外出する、トイレや風呂、着替えなどの日常の動作が、痛くて自由にできない苦しみは、相当辛いものでしょう。 そこで私は、こう考えたのです。 自分で痛みとシビレをラクにする、と言いましても、鍼灸院の針を自分で打つことや、整体の手技を一人で行うことなどできません。 しかも、痛みやシビレの種類も、右だけ左だけ、腰ではなく、太もも裏やふくらはぎ、足、臀部など、様々です。 脊柱管狭窄症による間欠性跛行、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛、分離すべり症、慢性腰痛、急性のギックリ腰など、症状も様々で、 複数の症状を併発している人もいます。 まさか自分で手術などできませんし、体の中に手を突っ込んで変性して飛び出したヘルニアを取り出したり、狭窄された脊柱管を広げることなど、不可能です。 ストレッチや体操も、合わない方法ですと、逆に悪化してしまいます。 それら 全て共通でラクにできて、自宅で一人でできる 「簡単な方法」でなければいけません。 私は悩みました。 これまでの11万件に及ぶ施術実績、東洋医学の知識、東洋医学の本場中国に研究に行った時に学んだ技術、それらを総動員し「自分で腰の痛みをラクにする方法」の開発を続けました。 何度か患者様にお願いをして、効果があるか実験をさせて頂くこともありました。 何度か患者様にお願いをして、効果があるか実験をさせて頂くこともありました。 そして、患者様を施術中に 突然ひらめいたのです。 「・・この方法なら、いけるかもしれない」 普段通われている患者様数人に、自宅で実践して頂きました。 すると 驚くべきことが起こったのです。 「整体に根気よく通って施術してもらえば、痛みはちゃんと治りますよね?」 「何度も通うのにお金かかるけど、治すために仕方ないですよね?」 そう思うでしょう。 ところで 整体やマッサージは資格がいらないので、技術レベルは相当バラつきがあるということをご存知でしょうか? 通信教育で取得できる整体師民間資格や認定証などや 数ヶ月の講習受講で取得できるプログラム(資格商法)も横行している。 また就業年数が長いからといって、公的資格制度が存在しない以上は 技術レベルを保証するものではない。 整体を生業にする者は自らを整体師・整体士・整体療法士・整体指導者・トレーナー・セラピストなどと事象している。 (Wikipedia webサイトより引用) 今日、整体の本を読んで、明日「自分は整体師です」と言って、整体院を始めても何の問題もないのです。 つまり、技術レベルはその人によって大きなバラツキがあるのです。 中には未熟な技術や間違った技術で、かえって悪化させてしまうケースも考えられます。 事実、お客様のお手紙にも 「長年、整体に通っているけど一向に治らない」 「やってもらった時はいいが、翌朝、味わったこともない激痛になり、慌てて電話をしたら、好転反応などと言われ誤魔化された」 「ゴッドハンド、神の手、などと言われている先生にやってもらったけど、ダメだった」 という経験談を、本当に多数頂いているのです。 仮に運良く、技術の高い所を見つけたとしても、一回行っただけで、完全に治り、二度と行かなくてもいいようになることは、まずありません。 多くの人は何度も何度も何年も通って 数10万円、数100万円以上もつぎ込んでいる人が多いです。 「腰痛めると(お金が)色々かかって高くつくのよねー」 とは、よく言われていることです。 もちろん、一時的に良くなったとしても、 痛みの根本原因はそのままですので、再び痛み出し、この先ずっと何度も通うことになります。 「腰を支える筋肉が弱いです」 「腹筋を鍛えましょう」 「運動不足が原因です」 などと言われて、一生懸命腹筋や筋トレをしている人がいますが、 間違いなく悪化しますので、今すぐやめて下さい。 運動不足が腰痛につながるというのは俗説です。 それは、スポーツ選手やスポーツインストラクターなど、日々運動をして鍛えている人にも腰痛が多いことからもわかりますよね。 (さかいクリニックグループ代表 酒井慎太郎 著 腰痛は99%完治する より引用) 腰痛体操やストレッチの類はもちろん良いものもありますが、痛みがある時はやらない方が良いです。 ところが 痛みから逃れたいという思いが強いので、痛みがある時こそ、一生懸命に腰痛体操や運動をして悪化させているという方が非常に多いです。 あなたも心当たりがあるのではないでしょうか? さらに、家族の方に腰周辺をマッサージしてもらったりすることも、痛みがある場合は、極力控えてください。 腰が痛い時は触らない方が懸命です。 鍼灸院の施術でも、実は腰は殆ど触りません。 痛みがある時は、何もせずに安静にするのが最も良いのです。 特に椎間板ヘルニアの方に多いのですが、仕方なく激痛に耐えられずにブロック注射の実施や、痛み止めを飲んで凌いでいる方がいますが、 これは 腰痛の根本治療になっていないので、注意が必要です。 今ある痛みを、薬の力で無理やり感じなくしているだけで 腰痛の根本原因はそのままなのです。 神経ブロックは、麻酔から生まれた治療法で、神経やその周辺に麻酔薬を注射し、脳に送られる痛みの信号を遮断する治療法です。 しかし、 痛みの原因を取り除くことはできません。 (日本赤十字医療センター脊椎整形外科部部長・脊椎センター長 久野木順一 著 よくわかる最新医学 坐骨神経痛 より引用) ブロック注射に限らず、飲み薬や塗り薬や貼り薬、温熱療法、レーザー治療、電気治療、低周波治療なども、同様で、根本治療になりません。 「痛み」は、私たちが生きていくうえで体が発信するもっとも重要なメッセージです。 体のどこかに異常があること、これ以上無理をしてはいけないことを、丁寧に教えて教えてくれているのです。 それを 鎮静剤で対処するというのは、自分自身への「ごまかし」です。 体が発してくれているメッセージを無視していることと同じです。 (東京脳神経センター理事長 松井孝芳著「体の病気も心の病気も」より引用) 実は痛みは、体からの 「無理をしないで!」というサインなのです。 このサインを無視してしまうと、大変なことになってしまいます。 整形外科で「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」と診断され、医者に手術を勧められている人も多いです。 しかし、手術は金銭的な負担と身体的な負担が非常に大きく、失敗と再発のリスクもあります。 実際に私の患者様の中でも 手術後に痛みが再発しているケースは非常に多いのです。 中には、術後三日後に再発というひどいケースもありました。 腰椎椎間板ヘルニアの場合、一度ヘルニアを起こした患者さんは、手術で問題のあった部分を取り除いたとしても、椎間板をすべて取り除くわけではないので 同じ場所からの再発もありますし、将来、別の椎間板に起こることも考えられています。 (東京都立多摩総合医療センター副院長 近藤泰児 著 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症 正しい治療がわかる本、より引用) また、病院の医療ガイドラインでも、腰椎椎間板ヘルニアの摘出手術は、根本治療にならず、再発の可能性があるとされています。 腰椎椎間板ヘルニア摘出手術は 根治的な治療法ではないため,再発の可能性を常に有している (腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン 改訂第2版 第5章 予後、より引用) 脊柱管狭窄症においても、脊柱管を広げる手術を実施しても、再び再発することは、当たり前のこととなっています。 患者さんは術後も歳を取り続けるため、 脊柱管狭窄症の再発はごく自然な現象として起こり得ることだからです。 「痛い」「何とか治してほしい」と訴えているのに、鎮痛剤を処方されて、それでおしまいです。 レントゲンやMRIなどの画像で判断した結果、ヘルニアと認められなければ「腰痛症」「頸椎症」などと診断されます。 (花山形態矯正院長 花山水清 著 腰痛は「ねじれ」を治せば消える、より引用) あなたは今のままでは、ずっと痛いままか、痛みを一時的に凌ぐためのお金がずっとかかってしまうのです。 整体や整骨院や整形外科に通って、行った時はいいけど、しばらくするとまた痛み出して、その繰り返しで、何度も通っている人がほとんどです。 それらが痛みの根本原因の解決になるなら、今頃痛みに苦しんでいないはずでずが、殆どの人はそうなってはいません。 そして、もちろんその度にお金がかかってしまい、今まで相当な出費をしている人がとても多いです。 何故、何度も通わなければいけないのかといえば、 痛みの根本の原因はそのままだからです。 痛みの根本原因を自分で対処する必要があるのです。 そうしないと、ずっと痛いままか、痛みに耐えきれずに色々なところに行って、その度に何度もお金がかかることになってしまうのです。 突然ですが、画像のような相撲取りの 「股割り」 をご存知でしょうか? 激しい稽古に耐えるため、体の柔軟性がないと、故障してしまいますので、相撲取りの体はとても柔らかくなるよう、トレーニングを行なっているのです。 「柔よく剛を制す」とはこのことで、体の柔軟性こそ、取り組みにおいて、強い相手を倒すことには重要なのです。 そして、 相撲取りには意外にも腰痛がいないということは、あまり知られていません。 膝にテーピングをして、膝をかばいながら取り組みをする姿は見たことがあるはずですが、コルセットをして、腰をかばいながら、取り組みをする相撲取りは見たことがありません。 稽古中は立ちっぱなしで、激しいぶつかり稽古をして、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になってもおかしくないですが、それなのに腰痛で苦しむ相撲取りは見かけません。 そして、相撲取りになぜ 腰痛がいないのかは、体が柔らかいからなのです。 この画像はイチロー選手で、試合中でもストレッチを念入りにやっているシーンです。 イチロー選手は体が柔らかいので、怪我や故障がとても少ないです。 当然、腰痛などあるわけがありません。 もし腰痛の痛みがあったら、試合どころではありません。 しかし、それとは対象的に「番長」こと 清原和博選手は、肉体改造をし、筋力をつけましたが、筋肉の柔軟性がないので、現役時代、 怪我や故障に悩まされました。 つまり、 体を柔らかくすれば、腰の痛みやシビレがラクになるということなのです。 あなたもきっと、体が硬いでしょう。 そして、相撲取りのような股割りなど絶対に不可能でしょう。 私は数えきれない数の患者様を見ていますが、腰の痛みやシビレで駆け込む人は、例外なく体が硬いです。 相撲取りの柔軟な体、イチロー選手の柔軟な体、清原選手の硬い体、そして痛みに苦しむあなたの硬い体が、証明をしています。 つまり 「体を柔らかくすれば、痛みがラクになる」 ということなのです。 つまり、 根本原因である「あなたの体の硬さ」を何とかしないと、整体や整骨院や整形外科に何度も通わなくてはいけない、ということなのです。 そして、あなたの体が柔らかくなれば、 痛みやシビレがラクになり、整体や整骨院や整形外科に、もう二度とお世話にならなくてもいい、ということなのです。 しかし、賢いあなたはこう思うでしょう。 「そんなばかな。 普通の腰痛はいいとして、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は、体を柔らかくするだけじゃ、さすがに無理でしょう」 「飛び出した椎間板が元に戻ったり、狭窄された脊柱管が広がったり、滑り出した腰椎や脊椎が、元に戻ることなどありえないでしょう」 あなたはそう思われるでしょうが、実は これらの症状全て、体を柔らかくするだけで、ラクにすることが可能なのです。 過去に実践例も改善例も多数あり、効果はすでに実証済みです。 結果には個人差があります。 椎間板ヘルニアの方は「椎間板が飛び出ると、飛び出た椎間板が神経を刺激して、痛みが発生する」ということはご存じかと思います。 そこで、その変性して飛び出た椎間板を切除する手術が行われるわけです。 しかし、なかなか知られていないことですが 椎間板が飛び出ていても、全く痛みがない方がいるのをご存じでしょうか。 ジョージワシントン大学の研究において、たいへん興味深い報告がなされています。 (よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ webサイトより引用) 私の鍼灸院に訪れる、椎間板ヘルニアの患者様を数限りなく見ていますが、相当量な椎間板が変性して飛び出ているのに、痛みはごくわずかな方、椎間板の飛び出しはごくわずかなのに、痛みは激痛という方がいらっしゃいました。 さらに、腰部脊柱管狭窄症においても「脊柱管が狭窄されると、中を通っている神経が圧迫され、シビレて歩けなくなる」ということをご存じかと思います。 そこで、狭窄された脊柱管を広げる、拡張手術が行われるわけです。 しかし、これもなかなか知られていないことですが脊柱管狭窄症においても 脊柱管が狭窄されていても、シビレがなく普通に歩ける人がいるのです。 脊柱管が狭ければそれだけで問題とか異常というわけではありません。 また、 腰部脊柱管の狭窄が起こって神経が圧迫されても、必ずしも痛みやしびれなどの症状が起こるとは限りません。 神経の圧迫によって足の痛みや歩行困難などの症状が起こってはじめて腰部脊柱管狭窄症と診断されます。 (NTT東日本管等病院整形外科部長 下出真法 著 中高年の坐骨神経痛 より引用) 実は、脊柱管が狭窄されていること自体が、シビレて歩けなくなる間欠性跛行や、痛みの原因とは限らないのです。 脊柱管狭窄症と言われている痛みは、もはや脊柱管が狭くなっていることが原因ではないかもしれない (坂井医院院長 坂井学 著 「脊柱管狭窄症」を自分で治す本 より引用) 慢性腰痛はもちろんのこと、椎間板ヘルニアの坐骨神経痛、脊柱管狭窄症の間欠性跛行、分離症滑り症、の痛みやシビレには、 体を柔らかくすれば良いことは明らかです。 しかし、あなたは過去何度も、健康雑誌やテレビやネットで紹介されている、腰痛改善のストレッチや体操を色々試してきたものの、良くならなかったでしょう。 ひどいケースですと翌日には今まで味わったことのない激痛が発生したり、今までなかった逆の場所に痛みが発生したり、 症状が複雑化、重症化するケースが多かったでしょう。 何故かと言うと、人間の体の構造というのは、あなたが考えている以上に はるかに複雑で、素人が自己流でストレッチをやると、悪化しやすいのです。 例えば、脊柱管狭窄症は前かがみになると、ラクです。 椎間板ヘルニアは後ろに反らすと、ラクです。 では、変性した椎間板が飛び出て、脊柱管を狭窄しているケースはどうでしょうか? 椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を併発しているケースは、前かがみか反らすか、どちらがいいか、わからないでしょう。 また、痛みの箇所も人によって全く違います。 腰周辺でなくお尻や太ももやふくらはぎ周辺にかけて、膝の裏、臀部やお腹、股関節、足まで来ている、つま先、右だけ左だけ、日によって、体勢によって違う、など相当複雑です。 素人の方が雑誌やテレビの情報程度では判断がつかず、自己流になってしまい、悪化してしまうのです。 私に体を触らせて頂ければ、どのタイプの症状か、どの対応方法が良いかはわかります。 しかし、素人の方はその判断できないのは、治療家でもないので当たり前です。 「先生、私は難しいことが苦手なので、難しい内容だとできないです」 という声がとても多かったのです。 自分で判断して、選んでもらう、という方法も考えましたが、間違うと悪化してしまいます。 そこで 「全ての症状で共通でラクになれる、たった一種類の、自宅で簡単にできるストレッチはないだろうか」 そう考えたのです。 日々の施術中に、患者様の体を触りながら、何度も何度も考え、東洋医学の専門書籍も何度も読み漁り、時には患者様に実験台になってもらい、開発を進めました。 そして、ある日突然、ある患者様を施術中に突然 閃いたのです。 「まてよ、この方法ならいけるかもしれない」 早速、患者様の中で、 椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を併発している人に試して頂いたところ、日数はかかりましたが、2ヶ月後には、痛みとシビレが楽になったのです。 結果には個人差があります。 誰でも特定の結果が得られる保証をするものではありません。 結果には個人差があります。 こちらの方は整形外科で、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症と、 複数の症状を併発しているケースです。 整形外科でこのような診断を受けたら、青天の霹靂でしょう。 ある程度日数はかかったものの 「一種類のストレッチを一日5分」やっただけで、痛み止めの薬も効かず、激痛でまともに歩けないような寝たきり状態から、立ち仕事ができるまで、復活しました。 結果には個人差があります。 私はついに、全ての症状に適応する、たった一つの、しかも子供でもできる、とても簡単なストレッチの開発に成功したのです。 全ての症状に適応するストレッチの開発に成功 すでに実践者は、これまで 累計3万1578人を突破し、お客様の体験談も多数頂いて、実績証明されています。 慢性腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、側湾症も改善例は多数ありますのでご安心下さい。 結果には個人差があります。 さらに、症状の改善だけではなく飛び出したりつぶれたりした椎間板が引っ込んで元に戻ったり、狭窄した脊柱管が広がったり、分離すべり症の椎弓が元に戻るケースも、少なくありません。 結果には個人差があります。 整形外科でどんな診断名を言い渡されたとしても、例えまともに歩けない状態だったとしても、複雑な症状が出ていたとしても、あなたがやることは、もう迷うことなくこれだけです。 「一日たった5分の簡単なストレッチ」 本当にこれだけで、あなたのあらゆる痛みとシビレがラクになることが可能なのです。 結果には個人差があります。 一般のストレッチは前かがみ、そらすなど、ラクな姿勢を保つ目的のものや、一時的にラクになるだけのその場しのぎのものが多いです。 今回開発した方法は、ただ 一時的にラクになるだけではなく「根本的に改善」するように特別に工夫されたストレッチです。 特に整形外科で脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアと診断された人は、ついMRIやCT画像に意識が奪われてしまいます。 しかし、あなたは脊柱管を拡張したり椎間板を切除するために、整形外科に来ているのではないのです。 あくまで、痛みとシビレをなんとかするために来ているはずです。 あなたが目指すのは、脊柱管が狭窄されていても、椎間板が飛び出ていても、痛みやシビレを感じない体を手に入れ、普通の生活を取り戻すことです。 そうすると、賢いあなたはこう思うでしょう 「この方法は医学的根拠、エビデンスがあるのですか?」 実はすでに、東洋医学の手法は、WHO世界保健機構がその医学的効果を認めているのをご存知でしょうか? WHOでは41の疾患の効果が認められています。 今回開発した方法は、東洋医学に基づいた「経絡」や骨格を整える整体の手技を、素人の方が自宅でも同じことができるように、開発したものです。 つまり、今回開発した方法は、 医学的根拠がある、ということです。 決して、医学的根拠がない民間療法やオカルトやトンデモではありません。 「この方法を多くの方に伝えて、痛みに苦しんでいる人たちを、救いたい」 そこで私は、自主制作の映像DVDという形で、あなたにお届けすることに決めました。 一般の書籍の出版経由ですと、関係機関への配慮があり、言いたいことが言えないからです。 DVDの内容は、 業界を敵に回すようなきわどい本音の内容も暴露しています。 全てを伝えるには、そうするしかなかったのです。 自主制作のため、画質は決して綺麗でありませんが、実践には全く問題はなく、内容は本物です。 そして、今回は、メインのストレッチ以外にも、症状別の解説や、症状別の対処法など、 あらゆる症状に全て対応できるようにしました。 ストレッチは立って行いますが、 立つことすらできない激痛の状態から、少しずつ痛みを軽くし、まずは立てる状態にすることも可能な方法もあります。 結果には個人差があります。 腰痛関連においては、私が今まで培ってきた知識や技術を全て、DVD4毎に全力で注ぎ込みました。 その結果、 DVDの収録時間は7時間弱になりました。 ラクになってしまっては、患者様のリピートに繋がらず、儲からないので、治療家によっては、知っていても教えたがらないような秘匿性の高い内容もありますが、あなたのために業界を敵に回す覚悟で、暴露しています。 また、同様の理由で自主制作のため、製品化や流通に、かなりのコストがかかり、DVDとしては やや高めの価格になってしまいました。 私が長年11万件以上に及ぶ施術実績から開発した自信のある内容ですので、安売りはしたくないということも、ご理解下さい。 とはいえ、例えば参考までに、医療従事者向けの専門DVDは以下のような価格ですので、決して高いとも言えません。 2,000円前後で売られている数十分のヨガや体操のDVDとは、専門性も目的も得られる結果も、収録の内容の濃さも量も違います。 結果には個人差があります。 結果には個人差があります。 結果には個人差があります。 結果には個人差があります。 以上がDVDの収録内容となります。 「全部見るの大変そうです」 と思うかもしれません、もちろん全てを見る必要も、やる必要もありません。 自分に該当する部分を見て、実践するだけでいいのです。 最も簡単なのは、DVDが届いたら、説明は見なくてもいいので、全症状で共通で適応の「メインストレッチ」をスグ始めることです。 もしまともに立つことすらできないのなら、これも全症状で共通で適応の「痛みとシビレを取るメインストレッチ」で痛みを軽くしましょう。 整体の施術代、治療院の施術代、整骨院の施術代、整形外科の診察代、痛み止めの薬の薬代、ブロック注射や電気療法や温熱療法やレーザー治療などの治療代、腰痛グッズや器具、健康雑誌や本など あなたは一体いままで、どれだけのお金をつぎ込んできたでしょうか。 整体通いを何年も続けている人は、計算するのも恐ろしいでしょう。 診察券も何枚も持っているでしょう。 自分で根本原因を解決しない限り、何度も痛みがやってきますので、これまで色々なところにかかっていて、その度にお金を使って来たでしょう。 しかしあなたは、このDVD一本持っていれば、全ての症状を自分で対応できるので、もう今後は、 色々なことにお金を使うこともなくなるのです。 殆どの人は、ラクになった後でも 「毎日一生続けます」「痛みはラクになりましたが、毎日やっています」「ずっと続けています」という声がとても多いです。 立つ、座る、歩く・・ 当たり前の動作ができることが、いかにありがたいことか、病院や薬や整体に頼るのではなく、普段自分の行うことで「予防すること」がいかに大切かを、このDVDを通して知ったからです。 改善されてストレッチを一休みした人で 「もしまた痛くなっても、DVD見てすぐ対処できるので、安心します」「何度も使える、一生物のバイブルです」という声も多いです。 これからの人生で、普段の生活習慣、運動不足、立ちっぱなし、座りっぱなし、長時間の運転、仕事や家事や外出での疲労や負荷、心身的なストレスなどで、再び痛みやシビレが出るかもしれません。 こういった生活習慣は変えることが難しいですし、加齢で衰えることは、いくらDVDのストレッチでも避けられません。 しかし、再びどのような腰痛関連の症状(整形外科での診断)になっても、もう整体や整形外科のお世話になってお金を使うことも、健康雑誌やネットで色々な情報で迷ったりすることもありません。 「DVDは最初高いと思いましたが、本当にラクになったし、整体通いでお金を使わなくなったし、これからの長い人生いつでも見られるし、それを考えるととても安い買い物でした」という声もとても多いです。 たとえ以前とは違った症状になったとしても、ほぼ全ての症状を網羅しているので、痛みが出た時に、すぐにDVDを見て、今の症状に対応する内容を見て、すぐ実践できるのです。 持っているだけで絶大な安心感で、転ばぬ先の杖、保険のような役割も果たすのです。 私はこのDVDは、あなたの痛みがラクになるために、何度も打ち合わせをし、何日も撮影に費やし、かなり真剣に制作いたしました。 DVDを申し込んだはいいものの、真剣に実践して頂けない方には、残念ですが、DVDはお譲りしていません。 いい加減にやって、たった数日で投げ出して「やっぱり私には合わない」などと、自分のだらしなさを棚に上げて、やり方のせいにするような方には、絶対にお譲りしません。 しかし 「この痛みがラクになるのなら、もちろん真剣に継続的に実践します」 「私も真剣に悩んでいますので、真剣に実践します」 そうお約束して頂けるなら、あなたにもお譲りいたします。 真剣に実践と言いましても 子供でもできるような簡単なストレッチを、一日たったの5分だけでいいのです。 それすら真剣にやらないような方は、私の手には負えません。 誰でも特定の結果が得られる保証をするものではありません。 結果には個人差があります。 もしあなたが今苦しんでいる、その痛みやシビレがラクになったら、何をしたいでしょうか? 痛くて歩けなくて、ずっと諦めていた、パートナーや家族との旅行かもしれません。 実家や親戚のところに帰ることかもしれません。 今まで整体や整骨院や整形外科で費やしていた、浮いたお金で、少し遠出をして、お祝いとしてちょっと豪華な食事もいいですね。 痛くてできなかった、スポーツや趣味かもしれません。 友達との長距離の外出かもしれません。 家族で近所の公園を散歩することすら、痛くてままならなかったかもしれません。 今まで痛みのせいでできなかった当たり前のこと、諦めていたことが、再びできるようになるのです。 それが 一日たった「5分」の簡単なストレッチだけで、取り戻すことができるのです。 結果には個人差があります。 きっとその時あなたは、痛みがなかった頃の体がいかにありがたいことだったか、感謝の心に溢れるでしょう。 「全額返金保証制度」の詳細を詳しくご説明いたします。 まずは「届いてから一年間」無理せず焦らず、自由にあなたのペースで実践して下さい。 そして、残念ながら一年間、真剣に実践しても全く効果がなかった場合、一年経過後の30日の間に0120-19-2929(通話料無料・24時間受付)にお電話一本下さい。 返送商品到着後(送料はお客様ご負担)3営業日(土日祝日は休日)以内に、ご指定の口座に購入代金の全額を、すみやかにご返金いたします。 レポートなどの提出などは一切必要なく 「口頭での自己申告」のみで結構です。 報告の内容で返金を拒否するようなことは、神に誓って絶対にありません。 そのため、ウソをついて返金してもバレませんので、あなたはタダでDVDの情報を入手することも可能です。 しかし、藁をもすがる思いで真剣に悩んでいるあなたは、絶対にそのような人ではないと、心より信じています。 あなたは私を信じて、DVDを申し込み、効果と可能性を託して頂いたのです。 私もあなたを、信じます。 このような手厚い全額返金保証制度を設けるのは、 あなたにどうしても健康を取り戻して欲しいから。 それが私の使命であり、最大の喜びです。 一年間、焦らずゆっくり、ご自分のペースで毎日取り組んで、効果を実感して下さい。 はい 詳しくご説明しますと、 椎間板ヘルニアでも、全く痛まない人もいます。 逆に、ちょっと椎間板が飛び出た程度でも激痛が走る人がいます。 この差は何かわかりますか?実は「筋肉の柔軟さ」の違いです。 筋肉が柔らかければ、飛び出た椎間板を吸収してしまい、神経を圧迫しないのです。 神経が圧迫されると痛みます、痛むと腰をかばうように筋肉に力が入ります。 力が入ると筋肉がますます硬くなります、筋肉が硬いと痛み出します。 その悪循環があるから、椎間板ヘルニアはなかなか痛みが取れないのです。 しかし「福辻式」で筋肉を柔軟にすれば、まずは痛みが劇的に軽減されるでしょう。 筋肉を柔らかくするのは、自分で適切なストレッチを実施した方が非常に効果的です。 そして、筋肉に力が入らない状態が続けば、椎間板が元の位置に戻る場合が非常に多いです。 そうすれば、再び痛みが再発することは非常に少なくなるでしょう。 結果には個人差があります。 はい 詳しくご説明しますと、坐骨神経痛は、腰椎周辺の神経が、硬直した筋肉により圧迫され、シビレや痛みを伴うものです。 腰椎周辺の筋肉と、脚の筋肉は密接に連動していますので、腰椎の神経の圧迫でも、脚にシビレが走るのです。 このシビレや痛みは、 筋肉を柔らかくすることで、神経への圧迫がなくなり、痛みが解消します。 「福辻式」で筋肉を柔軟にすれば、まずは痛みが劇的に軽減されるでしょう。 筋肉を柔らかくするのは、自分で適切なストレッチを実施した方が非常に効果的です。 そして、筋肉に力が入らない状態が続けば、脚のシビレは軽減されるでしょう 再び痛みが再発することも、非常に少なくなるでしょう。 結果には個人差があります。 いいえ 実は普段腰の痛みが全くない人も、レントゲンを撮影すると、椎間板が飛び出ていたり、腰椎がズレている人もいます。 逆に椎間板や腰椎のズレがごく軽度な場合でも、激痛が走る人もいます。 この差は実は、筋肉のバランスと柔軟さです。 筋肉のバランスと柔軟さがあれば、ズレた椎間板や腰椎も吸収してしまい、痛みがないのです。 逆に筋肉のバランスが悪く、硬い場合は、少しのズレでも激痛が走るのです。 もし、実践の結果、 飛び出た椎間板や腰椎が元に戻らない場合でも、痛みは軽減されるので、問題はないのです。 当然、椎間板・腰椎のズレがあった状態でも、見た目が醜くなる、不自然になるということはありません。 あなたは、椎間板・腰椎のズレがすごく少ないけど激痛。 椎間板・腰椎のズレが大きいけど痛みがない。 どちらを選択しますか。 もちろん、腰痛の痛みがなくなった後、スグには元の位置には戻らない場合もありますが、 長期間痛みのない普通の生活を続けていくうちに、徐々に元に戻るケースが多いです。 結果には個人差があります。 はい 脊柱管狭窄症とは、腰椎周辺の、神経などが通っている「脊柱管」が狭くなり、神経を圧迫して痛むものです。 慢性腰痛は筋肉の硬直や疲労によって、神経を圧迫したり、すべり症など骨格の変化を伴うのです。 それに対して、脊柱管狭窄症は、筋肉そのものは脊柱管の中の神経を直接圧迫していないので、適応されないのではないかと疑問を持つのも当たり前です。 しかし、私の鍼灸院で 脊柱管狭窄症で訪れる患者様でも、実は慢性腰痛と同じ施術を行っています。 脊柱管狭窄症の方に特別の、という方法は特にありません。 つまり、筋肉を柔軟にし、骨格のバランスを整えるのです。 もちろん今回のDVDはそれを目的としたものです。 確かに筋肉を柔軟にし、骨格を整えることで直接的には、脊柱管そのものが広がったりすることはないかもしれません。 普通に考えると、痛みは軽減されなさそうですが、実際には 痛みが軽減されたり、痛みなく歩ける時間が伸びたりしています。 これは、脊柱管狭窄症の直接的な神経の圧迫以外の、慢性腰痛による症状が改善されたため。 さらに、脊柱管狭窄症は血流を改善することでも症状が改善されますので、血流改善による症状の改善と考えられます。 筋肉を柔軟にし、骨格のバランスを整えることで、間違いなく血流は良くなり、痛みが軽減されることが期待できるのです。 あなたが脊柱管狭窄症で、痛いと思っている痛みの殆どは慢性腰痛による痛み、という可能性もあるのです。 もし仮に、殆どが脊柱管内の神経自体の圧迫であったとしても、血流の改善で痛みが軽減されることは期待できます。 先ほどのQ&Aでも申し上げましたが、すべり症や椎間板ヘルニアで、レントゲン撮影での変化が確認できなくても、痛みがなくなるということは起こっています。 同様に、脊柱管狭窄症でも、 レントゲンやMRIでの変化はなくても、痛みが軽減できることは期待できるのです。 以上のことから、慢性腰痛のように直接的ではないにしても、原因は筋肉と言うことができます。 よって、脊柱管狭窄症も適応になります。 手術はリスクも伴い、お金もかかり、失敗例も少なくありません。 まずは「福辻式」をお試し下さい。 結果には個人差があります。 はい ストレスが原因で腰痛が発生するケースも非常に多いです。 ストレスは、筋肉を硬直させます。 筋肉が硬直すると、腰痛が非常に発生しやすくなります。 腰痛の痛みが発生すると、痛いので、それがまたストレスの原因になり、腰痛をより悪化させる・・という悪循環になります。 プライベートのストレスを取ることは、現代社会では無理な話でしょう。 しかし、現在の腰痛の痛みを取ることは、筋肉を柔軟にすることで、可能です。 腰痛の痛みがなくなるだけでも、ストレスが軽減させるはずですので、悪循環を断ち切ることができます。 また、腰痛は(柔軟になった筋肉が)一度改善されれば、痛みが再び発生しにくくなります。 ストレスや心因性の腰痛でも適応になります。 結果には個人差があります。 はい 実は、姿勢が悪くなっているから、腰痛になるのではなく、その逆で、腰痛だから姿勢が悪くなるのです。 腰痛の痛みが発生すると、それをかばうように不自然に筋肉の力が入ります、また痛みが怖いため、立つ姿勢、座る姿勢もかばうような姿勢になります。 腰痛の改善をせず、それが長く続くと、不自然な筋肉の付き方が定着してしまい、それに伴い、骨格も不自然になり、姿勢が悪くなるのです。 当然姿勢が悪いと、体に余計な力が加わりますので、さらに腰痛を悪化させます。 「福辻式」のストレッチで筋肉を柔軟にし、痛みを取り除くことで、筋肉の不自然な力が徐々に元に戻ります。 すると、痛みが軽減させると同時に、姿勢も徐々に改善されていきます。 腰痛が改善されると、姿勢も改善されるという方が非常に多いです。 結果には個人差があります。 はい 例えば、激痛がある、しかしどうしても休めない重要な仕事があり・・そういった場合には痛みを止める方法も仕方のないことです。 しかし、 ブロック注射も、色々な薬も、全て腰痛の根本的な解決にはなっていません。 逆に、なまじ痛みがなくなって、腰痛が治ったものだと勘違いしてしまうので、ついつい無理をして腰に負荷をかけてしまい、余計悪化させてしまうことが殆どです。 ブロック注射や薬を利用し、痛みがなくなり、その後しばらくすると薬が切れてくると思います。 その時の痛みですが、回数を重ねる毎に、どんどん痛みが激しくなっていませんか?これは 根本の腰痛の改善を全くせず、 痛み止めに頼って体を動かし、だんだんと腰痛を悪化させているためです。 その度にブロック注射や薬を処方・・これを続けていくと、体が薬に慣れてしまい、いつか薬が効かなくなってしまいます。 すでにその状態になっている方や、心当たりがある方も多いのではないでしょうか。 さらに最悪なのは、薬自体の副作用で、筋肉を硬直させる場合もあります。 そうなると、薬を飲めば飲むほど腰痛が悪化し、最後には薬が効かなくなり、大変なことに・・という結果になってしまいます。 しかし、そんな方でも「福辻式」で痛みを取り除きながら、体操を実践すれば、根本的に改善することは十分可能です。 すでに薬が習慣化している人もいらっしゃるかと思います。 そんな方は、いきなり今日から痛み止めを全く飲まない、というのではなく、 徐々に減らしていきながら、という無理のない実践方法がベストです。 もちろん「福辻式」で痛みが軽減されたからといって、スグに体に無理をかけるのは禁物です。 結果には個人差があります。 はい 牽引は、その人によって効果があるかどうかがあります。 もちろん牽引で痛みが軽減される方もいらっしゃいます。 しかし、私の治療院の患者様で、過去に牽引を実施された患者様のお話では、殆どの方は「効果がない」とのことでした。 当院でも牽引は実施しません。 これには理由があります。 牽引をしても、問題となっている腰椎(例えば「四番目」など)だけがひっぱられるわけではなく、全体の腰椎がひっぱられてしまうのです。 問題となっている部分に手をいれて、そこだけ牽引することができなので、当然です。 すると、他の正常な部分の腰椎が不自然にひっぱられ、逆にその部分から痛みが出る場合があるのです。 また、当然ですが、牽引をしても根本原因である日々の生活習慣や、筋肉の柔軟さやバランスは全く変わりません。 (筋肉が多少引っ張られて、ちょっとしたストレッチにはなる可能性がありますが) そのため、結局 「牽引」も根本的な腰痛の改善にはなっていないのです。 結果には個人差があります。 はい 残念ながら私は西洋医学の専門家ではありませんので、正確な判断は出来かねますし、病院での対処や治療の考え方を否定することはできません。 しかし同時に、 私が専門とする東洋医学の治療法も否定することはできません。 整形外科で言う治療は、あくまでMRIやレントゲンに写った結果を見るのだと思います。 東洋医学での腰痛の根本治療は、まずは自然に痛みを取り除き、再発しない体を作ることであると思っています。 腰痛の根本の原因は生活習慣であり、生活習慣の影響で筋肉が硬直し痛みが発生するのです。 しかし、この段階では整形外科ではレントゲンにもMRIにも写らないので「異常なし」となってしまいます。 そして、痛みをかばうように不自然に力がかかった筋肉の影響で、いよいよ「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」となるのです。 あくまでMRIやレントゲンに写った映像で判断する西洋医学。 生活習慣から考え、レントゲンには写らない筋肉の柔軟さや、バランスも見ることができる西洋医学。 高額な費用がかかり、とてつもない心理的負担・痛み・リスクを伴う手術。 少々のお金を出して買うDVDのストレッチを自宅で実践する。 どちらの考え方や方法がが正しいか、理想的か、あなたの判断にお任せします。 結果には個人差があります。 いいえ 一度腰痛が改善され、痛みがなくなれば、基本的には実践は必要に応じて、で大丈夫です。 早い方で一週間もすれば、普段の生活で痛みが殆どなくなってしまう方もいるのですが、そこで気を緩めず、 痛い痛くないに関わらず、1〜2か月根気よく続けていけば、やめてしまってもそう簡単には再発しにくい体になります。 やめてから、しばらくは痛みがなくなっていたのに、何年後かにまた痛み出す場合もあります。 それは「福辻式」で根本的に腰痛が改善されていなかった、というわけではなく「新たな要素で腰痛になった」ということです。 仕事や家事やストレスなど、生活習慣や疲労が原因で、筋肉が硬くなり、バランスを崩し、腰痛になります。 しかし、 普段の生活習慣のちょっとしたコツさえ知れば、二度と腰痛にならないことも十分可能です。 結果には個人差があります。 はい 腰痛の症状は様々な種類があります。 本来なら症状に合った体操やストレッチを紹介するべきなのですが、雑誌や本では誌面のスペースの都合で、どうしても限られた情報の紹介にとどまっています。 また、テレビで紹介するストレッチは「動きが伴うもの」を中心に紹介されるのです。 私も何度かテレビに出演させて頂きましたが、あまり動きの伴わない、おとなしめのストレッチをディレクターの方に提案をしたらNGでした。 「先生、テレビでは動きが必要なんです、そうでないとすぐにチャンネルを変えられてしまうんです、動きのあるストレッチをお願いします」 とのことでした。 これでは当然、最適な体操やストレッチの紹介はできませんね。 あなたがこれまで様々な腰痛体操を試しても、改善されなかったのは、その方法が適切でなかった可能性があります。 今回開発したものは、様々な腰痛の症状はあれど「全ての方に共通して実践できる」体操・ストレッチです。 症状に関わらず、全ての方が適応する方法です。 これまで色々な腰痛体操を試したけど、ダメだった方にこそ実践して頂きたい内容です。 結果には個人差があります。 はい 結論から申し上げますと 「筋トレ」は逆効果です。 腰痛は硬直した筋肉が、腰椎周辺の神経などを圧迫して痛みが発生します。 「筋トレ」を実施すると、筋肉の力は強まり、腰椎を支えるという意味では良いことなのですが、筋肉が逆に硬くなってしまい、余計に痛みが増してしまうのです。 さらに、痛みのある状態で執拗に筋トレを続けてしまうと、痛みをかばうように無理に力が入ってしまい、今度は骨格自体がおかしくなり「椎間板ヘルニア」「すべり症」「側湾症」となるのです。 筋肉の力を強くするのではなく、筋肉を柔らかくすることの方が重要です。 良い例を申し上げます。 野球のイチロー選手は、筋肉の強化よりも、ストレッチを中心に行います。 その結果、怪我や故障もせず、何本もヒットを打って、レーザービームと言われる速球も投げられるようになっています。 ところが、肉体改造をして筋肉の量を増やした清原選手は、狙ったホームランが満足に打てないどころか、ちょっとしたことで故障をしてしまう体になってしまいました。 腰痛も同じです。 柔らかい筋肉になれば、多少の腰椎周辺の不具合が発生しても、柔らかく吸収してしまい、徐々に元に戻ります。 筋肉は力を強くするよりも、柔らかくすることの方が重要です。 結果には個人差があります。 いいえ 「福辻式」の体操・ストレッチは、腰痛に特化したものです。 スポーツの柔軟体操とは違いがあります。 また、スポーツが好きな方は、筋力もあることとおもいます。 しかし、 筋肉のバランスを崩しているケースが非常に高いです。 柔軟な筋肉でも、筋肉のバランスを崩すと痛み出します。 「福辻式」では腰痛に特化し、筋肉を柔らかくする内容と、実は同時に 筋肉のバランスを良くするという内容もあります。 最初から十分に筋肉が柔らかい方でも、バランスという意味では試してみる価値は十分あります。 スポーツで腰痛になった方で「福辻式」で改善された方はもちろん多数いらっしゃいます。 そこ方々もやはり「自分は十分筋肉は柔らかい」と仰っていました。 結果には個人差があります。 はい これまで整体などに通ったことがない方ですね。 確かにそう思われるでしょう。 私も鍼灸院を開業している身分としては、行くなとは言えません。 ただ、整体に通うのはお金がかかります。 一回通っただけでは、痛みは軽減されるものの、いずれは元に戻ってしまうでしょう。 私自身も、一回の治療だけで腰痛を完全に治療することは、絶対に不可能です。 何度か通院することが必要です。 当然、相応の時間もお金もかかります。 普段の生活習慣改善のコツや、自分でのストレッチなどを並行して実践すれば、根本解決になり、改善も早いです。 しかし、大きな声では言えませんが、不景気で経営に苦しい治療院が非常に多く「何度も通ってほしい」という治療院も少なくないと聞いたことがあります。 適切な生活改善の方法と、自分でできる改善法を指導してくれる、信頼できる治療院に通うことをお勧めします。 もちろん、今回の「福辻式」だけで、腰痛の改善は可能です。 並行して治療院に通う必要もありません。 結果には個人差があります。 はい 西洋医学と東洋医学では、腰痛改善の考え方や方法などは違います。 手術を勧められたとしても、思いとどまってください。 手術に失敗する人は非常に多いです。 それには原因があるのです。 ) 例えば飛び出した椎間板を摘出する「ラブ法」という手術がありますが、飛び出た椎間板を物理的に摘出しても、痛みが再発する確率が非常に多いのです。 筋肉が柔軟になれば、飛び出た椎間板でも、柔らかい筋肉が吸収して、痛みが出ません。 しかし、 手術をしただけでは、原因である筋肉の状態は変わりません。 手術をすれば、とりあえずは痛みはなくなるでしょう。 すると、楽に動けるので、つい無理をしてしまいます。 すると、元々硬いままの筋肉に無理がかかるので、ますます筋肉は硬くなります。 これが続くと、他の場所の椎間板周辺の神経が圧迫されて、痛み出してしまうのです。 筋肉が柔らかければ、そのようなことは起こりません。 体の要である腰椎にメスを入れるのは、非常に大きなリスクを伴います。 手術では根本の解決にはなりません。 まずは「福辻式」の体操・ストレッチを実践して、筋肉を柔軟にして下さい。 結果には個人差があります。 私は全てを伝えました。 「理屈もすごく納得したし、これなら自分にもできそうだし、返金保証もあるし、まずは試してみます」という気軽な感覚で 殆どの方は、すぐにDVDを申し込んで頂いています。 しかし、もしかしたらあなたは「もう少し考えてから」などと、少し迷っているかもしれませんが 迷っていても痛みはラクになりません。 今すぐ申し込んでも、迷って後で申し込んでも、価格も内容も同じですし、これ以上悪化させないために、早めに始めた方が絶対に良いです。 このDVDは 贅沢品ではありません。 病気や怪我になったら病院に行きます。 病院代をケチって病気や痛みを放置する人はいません。 あなたの貴重な健康のために、 必要なものです。 あとはあなたが、DVDを申し込み、映像を見てストレッチを始めるだけで、痛みのない素晴らしい生活を取り戻すことができるのです。 結果には個人差があります。

次の

脊柱管狭窄症・腰部脊柱管狭窄症、費用も高額で再発も失敗もある、名医の手術・治療や薬に頼らず「ストレッチだけ」で間欠性跛行のシビレや痛み、自分で治す方法!やってはいけない治し方も

なんぷれ20

遊び方 ナンプレとは以下のルールに従って空いているマスに1~9の数字を埋めていくロジックパズルです。 3つのルールどおりに空いているマスすべてを埋めましょう。 高いステージを早く解くほど、高得点をねらえます。 注意事項 ・当ゲームはゲーム内データ アイテムやステージクリアステータス等 をセーブするためにCookieを使用しております。 ・ Cookieはブラウザで履歴やキャッシュ インターネット一時ファイル を削除するときに、一緒に削除されてしまうことがありますのでご注意ください。 Cookieの設定についてはご利用のブラウザのヘルプよりご確認ください。 ・ブラウザ等は最新のバージョンをご利用ください。 ・プライベートブラウザモードでは正常に遊べない場合があります。 ・ご利用の端末の状況、状態によっては正しく表示されない場合があります。 ・推奨環境下であっても端末によっては音声が出ない場合があります。 ・アドブロック等のプラグインにより正常に表示されない場合があります。

次の