あ に ふぁん ツイキャス。 ツイキャス(ついきゃす)とは

ツイキャスの動画保存・ダウンロードツール

あ に ふぁん ツイキャス

プライベート配信とは プライベート配信とは、鍵として好きな言葉を合言葉に設定し、それを知っている人だけがライブを視聴できるという配信モードです。 限定ライブの様なものですね。 プライベート配信にすると、ライブをスタートしても誰にも通知されることはありません。 そして配信画面には黄色い鍵のマークがつき、限定50人位まで視聴できる設定に変わります。 ライブが終わり録画をしても、プライベート配信の設定を解除しない限り、録画も鍵付きのプライベート配信になります。 合言葉を知る者だけが視聴できる、限られた公開になるのです。 プライベート配信を設定しよう!スマホ編• ツイキャスライブを開き、右下にある『設定』のアイコンをタップします。 設定メニューから『プライベート配信』の欄のチェックをオンにします。 合言葉を入力する画面が表示されるので、好きな言葉を入力しましょう。 プライベート配信を設定しよう!PC編• 配信画面を開き『高度な設定』をクリックします。 すると『閲覧の合言葉』を入力できる画面が現れます。 好きな合言葉を入力しましょう。 最後に『設定する』をクリックして、設定完了です。 プライベート配信の良い点は、合言葉を知る内輪の限られた人数にだけしか公開されない点にあります。 その為、特定の人物のみ視聴できる完全にプライベートなライブでも公開することができます。 例えば、遠方に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんだけ視聴する限定で、孫の様子を動画としてライブ配信することができます。 この場合はおじいちゃんおばあちゃんにだけに通じる合言葉を教えてあげましょう。 同じ様なケースで普段は顔出しNGだけど、友達限定で顔出しライブをプライベート配信することもできます。 例えば可愛いメイク方法を教えあったりする等、本当にごく内輪での情報交換をする手立てとして使うこともできます。 ツイキャスでライブ配信していると閲覧数やランキング等の数字が気になるものですが、初めからこのように内輪でのコミュケーションツールとして使っても便利ですよね。 プライベート配信で録画したライブは録画の公開も鍵付きになりますので、知らない人に見られる心配もありません。 しかし人間は、秘密と聞けば勘繰り知りたくなる生き物です。 見られたくないライブなのであれば、よくある合言葉は避けましょう。

次の

ツイキャス(ついきゃす)とは

あ に ふぁん ツイキャス

では、Androidについてはどうでしょうか。 こちらのほうは、2018年2月14日からAndroidデバイス単体でゲーム配信できるようになりました。 やはり(1)Androidスマホにアプリ()をインストールし、(2)同アプリの設定画面から「スクリーン配信」をタップして配信を開始します。 詳細は、を参照してください。 PC配信では3種類の配信方法がある• ここからは PC配信について見ていきます。 PCから配信する場合、 通常配信と ツール配信、それに2018年3月22日から始まった 超高画質配信の3種類の配信方法があるという点を覚えておきましょう。 重要です。 通常配信は、従来からある配信方法です。 Webブラウザ(例 : Chrome、IE、Firefox)から手軽に配信を開始できるので、雑談配信なら通常配信でもよいでしょう。 しかし、ゲーム配信をする場合は、 動きが激しいときにモザイクのようなノイズが発生し、画質が荒くなります。 高画質な配信はできません。 また、BGMを流してもモノラル音声となります(左右同じ音になる)。 通常配信でゲーム配信をやろうとすると、逆に難易度が高くなります。 ありがちなのは、ゲーム画面を視聴者に見せることができない、ゲーム音とマイク音を同時に流せない、といったトラブルです。 そこでお薦めなのが、配信ソフトを使った方法です。 配信ソフトを使う方法がお薦め• ツール配信は、 配信ソフトとよばれるアプリを用いて配信する方法です。 通常配信よりも 画質・音質を上げることができます。 少しだけ荒い画質を改善でき、かつステレオ音声で配信できるようになります。 また、 配信ソフトの便利な機能も使えるので、配信自体の難易度も低めです。 ゲーム配信の場合、基本的には ツール配信を中心に考えてください。 明らかにメリットが多いからです。 以前は、ツイキャスのアカウントレベルが一定以上でなければツール配信できない仕様でした。 しかし、 2017年7月19日からは仕様が変わり、全ユーザーに開放されています。 アカウントレベルに関係なく配信できるので、もはや通常配信にこだわる必要はありません。 超高画質配信については、 ツール配信とは比較にならない画質で配信できます。 現在は枠数が制限されており、今後配信枠が増えていく予定です。 配信ソフトについて理解しよう PCに映っている画面を視聴者に見せることができる• 配信ソフトには、 配信者のPCの画面を視聴者に見せることができる機能が搭載されています。 たとえば、PCにマイクラ(PC版)のゲーム画面が映っているとしましょう。 配信ソフトで簡単な設定をすれば、視聴者にもこの画面を見せることができます。 では、 配信者の声はどうでしょうか。 マイク(後述)が必要になりますが、配信ソフトで簡単な設定をするだけで流せます。 配信者がマイクに向かって声を入れれば、その声は視聴者にも聞こえています。 逆に通常配信だと、PCのが必要になります。 しかし、配信ソフトを使えば、同機能は必要ありません。 配信ソフトの種類• 何種類か配信ソフトがありますが、またはを覚えておけばじゅうぶんです。 無料の配信ソフトがよいならOBS Studio1択です。 XSplitは有料だからです。 配信ソフトのインストール、および設定方法については後述します。 TVゲームの画面をPCに映す方法を理解しよう• TVゲーム配信の場合、 ゲーム画面を自分のPCに映す方法を理解しましょう。 たとえば、Switchであれば『スプラトゥーン2』のゲーム画面がPCに映っている状態をイメージしてください。 この状態で、 配信ソフトを使ってゲーム画面を視聴者に見せるための設定をし、配信を開始することになります。 キャプチャーボードを用意する• まず前提として、「自分のPC」にゲーム画面を映さなくてはいけません。 また、ゲーム音も同様に、「自分のPC」から聞こえてくる状態でなくてはいけません。 そこで必要になるのが キャプチャーボードです。 キャプチャーボードがあれば、ゲーム機の画面をPCに映すことができるのです。 ゲーム音もPCから出ます。 すると、 ゲーム画面がPCに映ります。 実際はもう少し準備が必要ですが、今回は大まかなイメージだけ理解してください。 ゲーム画面がPCに映ったら、つぎは配信ソフトでゲーム画面を視聴者に見せるための設定をするわけです。 そして配信を開始します。 PCに映っているゲーム画面を見ながらゲームをプレイしましょう。 お薦めのキャプチャーボード• ほとんど定番といっても過言ではありません。 以前だと、 GV-USB2を使っている配信者もよくいました。 キャプチャーボードについては、下記ページでしっかりと基本的な知識を学ぶようにしてください。 自分にピッタリの製品を選ぶためのポイントを書いておきました。 0 USB 3. 0 USB 3. 0 PCI Express x1 対応ゲーム機の例 (接続できるゲーム機) ・PS3、PS2 ・Wii U、Wii ・Xbox 360 ・PSP-3000 ・PS4 ・Switch、Wii U ・Xbox One、Xbox 360 ・PS4 ・Switch、Wii U ・Xbox One、Xbox 360 ・PS4 ・Switch、Wii U ・Xbox One、Xbox 360 特徴 ・安い ・レトロゲーム用に ・コスパ良好 ・編集ソフト付属 ・編編集ソフト付属 ・過去の映像遡り対応 ・過去の映像遡り対応 携帯型ゲーム機・スマホの画面をPCに映す方法を理解しよう• では、 3DS、PS Vita TV、PSP、スマホのゲーム画面をPCに映すには、どのようにしたらよいのでしょうか。 やり方は下表のとおりです。 ゲーム画面をPCに映したあとは、その画面を配信ソフトを使って視聴者に見せるかたちになります。 名称 説明 解説ページ 携帯型ゲーム機 3DS ・キャプチャーボードとは接続できない ・代行業者に改造してもらう PS Vita ・キャプチャーボードとは接続できない ・代行業者に改造してもらう PS Vita TV ・キャプチャーボードと接続できる ・に注意 PSP ・キャプチャーボードと接続できる ・接続用のケーブルも別途必要 スマホ iOS端末 ・ミラーリング機能を使う ・PCにアプリをインストールする Android端末 ・ミラーリング機能を使う ・PCにアプリをインストールする.

次の

【iPhone・Android・PC全対応】ツイキャスの録画方法まとめ

あ に ふぁん ツイキャス

では、Androidについてはどうでしょうか。 こちらのほうは、2018年2月14日からAndroidデバイス単体でゲーム配信できるようになりました。 やはり(1)Androidスマホにアプリ()をインストールし、(2)同アプリの設定画面から「スクリーン配信」をタップして配信を開始します。 詳細は、を参照してください。 PC配信では3種類の配信方法がある• ここからは PC配信について見ていきます。 PCから配信する場合、 通常配信と ツール配信、それに2018年3月22日から始まった 超高画質配信の3種類の配信方法があるという点を覚えておきましょう。 重要です。 通常配信は、従来からある配信方法です。 Webブラウザ(例 : Chrome、IE、Firefox)から手軽に配信を開始できるので、雑談配信なら通常配信でもよいでしょう。 しかし、ゲーム配信をする場合は、 動きが激しいときにモザイクのようなノイズが発生し、画質が荒くなります。 高画質な配信はできません。 また、BGMを流してもモノラル音声となります(左右同じ音になる)。 通常配信でゲーム配信をやろうとすると、逆に難易度が高くなります。 ありがちなのは、ゲーム画面を視聴者に見せることができない、ゲーム音とマイク音を同時に流せない、といったトラブルです。 そこでお薦めなのが、配信ソフトを使った方法です。 配信ソフトを使う方法がお薦め• ツール配信は、 配信ソフトとよばれるアプリを用いて配信する方法です。 通常配信よりも 画質・音質を上げることができます。 少しだけ荒い画質を改善でき、かつステレオ音声で配信できるようになります。 また、 配信ソフトの便利な機能も使えるので、配信自体の難易度も低めです。 ゲーム配信の場合、基本的には ツール配信を中心に考えてください。 明らかにメリットが多いからです。 以前は、ツイキャスのアカウントレベルが一定以上でなければツール配信できない仕様でした。 しかし、 2017年7月19日からは仕様が変わり、全ユーザーに開放されています。 アカウントレベルに関係なく配信できるので、もはや通常配信にこだわる必要はありません。 超高画質配信については、 ツール配信とは比較にならない画質で配信できます。 現在は枠数が制限されており、今後配信枠が増えていく予定です。 配信ソフトについて理解しよう PCに映っている画面を視聴者に見せることができる• 配信ソフトには、 配信者のPCの画面を視聴者に見せることができる機能が搭載されています。 たとえば、PCにマイクラ(PC版)のゲーム画面が映っているとしましょう。 配信ソフトで簡単な設定をすれば、視聴者にもこの画面を見せることができます。 では、 配信者の声はどうでしょうか。 マイク(後述)が必要になりますが、配信ソフトで簡単な設定をするだけで流せます。 配信者がマイクに向かって声を入れれば、その声は視聴者にも聞こえています。 逆に通常配信だと、PCのが必要になります。 しかし、配信ソフトを使えば、同機能は必要ありません。 配信ソフトの種類• 何種類か配信ソフトがありますが、またはを覚えておけばじゅうぶんです。 無料の配信ソフトがよいならOBS Studio1択です。 XSplitは有料だからです。 配信ソフトのインストール、および設定方法については後述します。 TVゲームの画面をPCに映す方法を理解しよう• TVゲーム配信の場合、 ゲーム画面を自分のPCに映す方法を理解しましょう。 たとえば、Switchであれば『スプラトゥーン2』のゲーム画面がPCに映っている状態をイメージしてください。 この状態で、 配信ソフトを使ってゲーム画面を視聴者に見せるための設定をし、配信を開始することになります。 キャプチャーボードを用意する• まず前提として、「自分のPC」にゲーム画面を映さなくてはいけません。 また、ゲーム音も同様に、「自分のPC」から聞こえてくる状態でなくてはいけません。 そこで必要になるのが キャプチャーボードです。 キャプチャーボードがあれば、ゲーム機の画面をPCに映すことができるのです。 ゲーム音もPCから出ます。 すると、 ゲーム画面がPCに映ります。 実際はもう少し準備が必要ですが、今回は大まかなイメージだけ理解してください。 ゲーム画面がPCに映ったら、つぎは配信ソフトでゲーム画面を視聴者に見せるための設定をするわけです。 そして配信を開始します。 PCに映っているゲーム画面を見ながらゲームをプレイしましょう。 お薦めのキャプチャーボード• ほとんど定番といっても過言ではありません。 以前だと、 GV-USB2を使っている配信者もよくいました。 キャプチャーボードについては、下記ページでしっかりと基本的な知識を学ぶようにしてください。 自分にピッタリの製品を選ぶためのポイントを書いておきました。 0 USB 3. 0 USB 3. 0 PCI Express x1 対応ゲーム機の例 (接続できるゲーム機) ・PS3、PS2 ・Wii U、Wii ・Xbox 360 ・PSP-3000 ・PS4 ・Switch、Wii U ・Xbox One、Xbox 360 ・PS4 ・Switch、Wii U ・Xbox One、Xbox 360 ・PS4 ・Switch、Wii U ・Xbox One、Xbox 360 特徴 ・安い ・レトロゲーム用に ・コスパ良好 ・編集ソフト付属 ・編編集ソフト付属 ・過去の映像遡り対応 ・過去の映像遡り対応 携帯型ゲーム機・スマホの画面をPCに映す方法を理解しよう• では、 3DS、PS Vita TV、PSP、スマホのゲーム画面をPCに映すには、どのようにしたらよいのでしょうか。 やり方は下表のとおりです。 ゲーム画面をPCに映したあとは、その画面を配信ソフトを使って視聴者に見せるかたちになります。 名称 説明 解説ページ 携帯型ゲーム機 3DS ・キャプチャーボードとは接続できない ・代行業者に改造してもらう PS Vita ・キャプチャーボードとは接続できない ・代行業者に改造してもらう PS Vita TV ・キャプチャーボードと接続できる ・に注意 PSP ・キャプチャーボードと接続できる ・接続用のケーブルも別途必要 スマホ iOS端末 ・ミラーリング機能を使う ・PCにアプリをインストールする Android端末 ・ミラーリング機能を使う ・PCにアプリをインストールする.

次の