アルビオン ゼロ。 パウダレスト〈ファンデーション〉

ROBOT魂 <SIDE KMF> ランスロットsiN

アルビオン ゼロ

概要 に仕え、世界を震撼させたタイプの最新鋭KMF。 ランスロットタイプはその所業からKMFの歴史からも抹消すべきという意見が挙がっていたが、その一方で得られた実戦データが後年のKNF技術を発展させた事実を鑑み、『ホワイトファング』の名で一応の開発が進められ、最終的に 『罪 siN 』の名前を冠することで完成を許された経緯を持つ。 本機は 「嚮導兵器としての原点回帰」を開発コンセプトとしており、特殊な装備や機能を追加するのではなく、ランスロットタイプの基本設計をより改良・発展化している。 それに伴い各種武装は高出力化および小型化の両立に成功している。 他にも左肩に増設された追加装甲兼大型バッテリー「コクーン」により、エナジーを消費するブレイズルミナスに頼らない物理面の防御力や活動時間も改善されている。 MVS メーザー・バイブレーション・ソード ランスロットシリーズの共通装備。 従来のものと比べて幅広の刀身だが、スライド機構によって前腕部の装甲内に格納可能な大きさに伸縮し、初代ランスロットのメッサーモードの様に刀身だけを展開しての刺突も可能。 シーセブン・アンチマテリアル・ヴァリス 先代ののスーパー・ヴァリスの強化・発展型。 ハドロンモードを除いた2種類の砲撃モードに仕様変更したことで砲身は1門に戻ったが、砲身やグリップが格納式になり、KMFが扱う通常のライフルと同サイズにまで小型化されている。 スラッシュハーケン 両腕・腰部に合計四基搭載している。 アルビオンと同じ格納式だが、腕部はMVS、腰部はヴァリスをマウントできるようになっている。 ブレイズルミナス オリジナルから脈々と受け継がれてきた防御兵装。 エナジーウィング アルビオンのものと機能はほぼ同じだが、フロート翼は12枚羽へと大幅に増加している。 フレームコート・ホワイトファング かつてのの様に本機をコアユニットとする追加装備群。 全体の装甲をコクーンで覆うことで高い防御力と活動時間を維持し、エナジーウィングと両腰部のスラッシュハーケン、両腕部の大型ランス「アロンダイト・マキシマ」からの射撃能力「プラズマニードルキャノン PNC 」によって遠距離型KGFと同レベルの攻撃力を付加する。 一方で機体重量が仇となり、ハーケンで対応できない距離まで接近を許されると防戦一方になりがちな欠点を有している。 関連項目 関連記事 親記事.

次の

METAL ROBOT魂 <SIDE KMF> ランスロット・アルビオンゼロ

アルビオン ゼロ

エナジーウイングの新造に伴い、収納形態も新規のパーツが付属しています。 コックピットハッチの開閉、シートのせり出しも健在です。 ベースはゴールドのプリントから通常カラーに変更され、手前のロゴが黒の騎士団になっています。 エナジーウイング 特報映像で登場したエナジーウイングが新規造形で再現されています。 羽の数が3枚から4枚に増え、中央部に可動部が増設されています。 紅蓮聖天八極式のように機体前方にエナジーウイングを展開することができます。 ジョイント等が無いので、キッチリ揃えるのは難しいです。 相変わらず説明書の解説がざっくりで、これで合ってるのかわかりません。 関連記事: スーパーヴァリス 2丁付属しています。 スタンドのジョイントに1丁マウントすることが可能です。 通常状態 ハドロン・モード フルバースト・モード すべての形態を差し替え無しで再現できます。 左手のスーパーヴァリスがアルビオンのもので、カラーリングが変更されています。 エナジーウイングの可動でアルビオンと違ったディスプレイが出来ます。 MVS 通常の持ち手と角度のついた持ち手が付属しています。 刃の根本がグリーンからピンクに変更されています。 ブレイズルミナス 腕のカバーを外して取り付けます。 1つしか付属していません。 プラ製でカッチリ作られているので雰囲気がよくでています。 スラッシュハーケン 差し替えで再現します。 収納状態の接続部がクリアパーツので慎重に取り外す必要があります。 腕と脚で各2個付属しています。 脚部の収納状態接続部もクリアパーツです。 METAL ROBOT魂 ランスロット・アルビオンゼロ 復活のルルーシュ本編での登場が無かったのが残念ですが、METAL ROBOT魂での完成度はお墨付きです。 本体色の色味がよく練られているのがポイント高いです。 ランスロット・アルビオンからエナジーウイングの基部が変更されたことにより、アルビオンゼロ独自のディスプレイが可能になりました。 紅蓮との共通点がさらに増えたランスロット・アルビオンにゼロが騎乗する…良いですね。 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の

【コードギアス】METAL ROBOT魂「ランスロット・アルビオン ゼロ」【プレバン受注開始】 | fig速

アルビオン ゼロ

もくじ• ALBIONとは cosme ALBIONはイギリスの古名で「White Land(白亜の国、白い国)を 意味しており、グレートブリテン島の南部海岸をドーバー海峡から 眺めると、白亜質の断崖が白く見えることに由来すると云われています。 『白』は「女性の美の原点」との考えから、女性の永遠の夢であり、 理想を追求する名前としてALBIONという社名になりました。 また、「日本一、世界一の高級品メーカーを目指す」という創業の夢が 社名には込められています。 引用 アルビオンHP 透明感のあるしなやかなお肌のために作られた化粧品メーカーです。 百貨店の化粧品カウンターや化粧専門店などで取り扱いがあります。 最近は海外(中国)の方にすごく人気があるようで、高島屋などでも外国人がカウンターに座っているのをよく見かけました。 アルビオン専門の通訳さんもいて、まさに爆買いしてましたね。 ずっと人気のメーカーですが、これからもどんどん人気が出そうです。 アルビオンの乳液 筆者撮影 アルビオン 特徴は、洗顔後すぐに使うことです。 最近は先行美容液がありますが、そういったものを使っていない方は洗顔後まず乳液です。 化粧水• 美容液・クリーム という感じです。 洗顔後は化粧水が当たり前? 大体のメーカーは、洗顔後に化粧水から始まりますね。 私も最初は乳液からスタートなのはベタベタしないのかな?と思いましたが、アルビオンの乳液は水分・油分・保湿成分が角層の潤いに近いバランスで作られているので、普通の乳液とは違います。 洗顔後すぐの肌にもなじみやすいのです。 乳液といえば、どちらかといえば化粧水の潤いを閉じ込める膜とか、もっと保湿力を出すとかそういったイメージかなと思います。 アルビオンの乳液は「肌を柔らかくする」イメージです。 肌を柔らかくして、次のステップの化粧水をより浸透させる目的と私は捉えています。 アルビオンの乳液、どれを選ぶ? 引用 アルビオン ちなみに、アルビオンの乳液は• エクサージュ• アンフィネス• エクシア• アンベアージュ ラインの種類が4つあってどんどん成分が良くなり、値段も高くなりますが、エクサージュで十分です。 エクサージュは水色の入れ物の「ホワイト」とピンクの入れ物の2種類ありますが、夏は「ホワイト」、冬は「ピンク」で間違いなし。 (あくまでも私の考えです) 詳しくはでご確認くださいね。 乾燥肌からオイリーまで• オイリースキン 1番• ノーマルスキン 2番• ドライスキン 3番 上記の3種類あります。 買うときはカウンターに行って油分・水分を測ってもらうと一番いいですね。 私は、冬はドライスキンにしていて、夏はノーマルスキン。 夏でもエアコンなどでダメージを受けているなと思うときはドライスキン用にしています。 自分で脂っぽい肌だと思っていても、水分が足りないことによって油分で補おうとしている可能性もあるので注意してください。 使い方 筆者撮影 乳液 人差し指と中指の間にコットンを挟みます。 乳液を3プッシュします。 (結構多い感じがしますが、馴染みます)たまにケチって2プッシュくらいにしますが、3プッシュが本当です。 コットンに軽くなじませて、ほっぺた・おでこ・鼻・あご先に置き、くるくるとらせんを描くようにコットンを滑らせ馴染ませていきます。 目元や小鼻など細かいところは、あとで優しく丁寧に馴染ませます。 馴染むと肌がもちもちとして透明感が出ます。 小鼻のざらつきもくるくる馴染ませているうちにほぐれてなくなります。 コットンを見てみると、落とし切れてなかったメイクなのか、古い角質なのか、べージュっぽく色がついていることがあります。 一度、アルビオンの乳液の良さを知ってしまうと、洗顔後に乳液なしで化粧水は物足りないんですよね! 香りは好き嫌いあるのかもしれませんが、海外のメイク道具のようなキツい匂いではなく、優しい香りで、馴染ませながら深呼吸したいくらい私は大好きです。 肌荒れしない 学生の頃は、ニキビができやすいタイプですごく悩んでいたんですが、アルビオンに変えてからほとんどニキビや吹き出物はできません。 あとに残るかな〜と思うような肌荒れもないですし、ニキビを潰すのが好きなので稀に出来たらすぐ潰しますがニキビあとも残ってません。 ずっと油分が多い肌だと思ってたんですが、振り返れば潤いが足りてなかったのかな?と思いました。 基礎化粧品はSK2や資生堂、カネボウ、シャネルなどの外資系など、かなりの数を試していますがアルビオンの乳液が一番良いです。 アルビオンの化粧品の中でも、乳液を超えるものは今のところないですね。 コットンもオススメ アルビオンで販売されているコットンは、サイズがやや大きめで厚みもあり、アルビオンの乳液がよく馴染みます。 似たようなコットンもありますが、やっぱり違いました。 私はいつもアルビオンのコットン、オレンジ色の方を指名買いです。 乳液を購入する際には、コットンも一緒に購入することを勧めます。

次の