ソフトバンク ワイ モバイル まとめ て 支払い と は。 Q.ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い

ワイモバイルまとめて支払い|便利・お楽しみ|サービス|Y!mobile

ソフトバンク ワイ モバイル まとめ て 支払い と は

ソフトバンク スマートフォンやパソコンなどで購入した代金を、月々の携帯電話料金とまとめてお支払いいただける決済サービスです。 ご利用方法• 決済方法で「ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い」を選択し、ご注文内容の確認ページにて「次へ進む」ボタンを押してください。 表示手順に従い、My SoftBankにログインし、My SoftBank認証設定を行ってください。 お支払い内容の確認後、4桁のセキュリティコードを入力し、「支払う」ボタンを押して決済を完了させてください。 ご利用可能額 ご利用可能額は加入年月によって異なります。 ご請求 毎月の携帯電話料金の締切日で計算し、携帯電話料金の支払日に請求させていただきます(締切日・支払日はお客さまにより異なります)。 ただし、発売日が60日以上先の商品につきましては、ご注文から55日目に確定させていただきます。 キャンセル・価格変更 決済確定後に商品価格変更や発売中止などの理由でご注文金額に変更が生じたり、ご注文自体がキャンセルとなった場合は、差額(もしくは全額)を弊社Neowingポイントにて返還させていただきます。 ただし、ご注文金額よりも高くなった場合には「お支払い方法の変更もしくはご注文のキャンセル」となります。 予めご了承ください。 別のお支払方法(クレジット決済、代引き決済)を選択ください。 注意点 「ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い」課金中にご利用中の携帯電話の解約等がございますと、ソフトバンク側にて課金が取り消されご注文がキャンセルとなります。 また、商品出荷時に課金が取り消された場合には銀行振り込みにてお支払い頂く場合がございます。 購入不可の商品 ゲーム機本体は購入できません。 「ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い」の詳しいご利用方法 ソフトバンクまとめて支払い ワイモバイルまとめて支払い.

次の

ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンク ワイ モバイル まとめ て 支払い と は

1.なぜ格安スマホの中でもワイモバイルを選んだか 格安スマホもどんどん増えてきていますが、重視したのは、まずは何といっても 通信速度の安定性ですね! 以前から格安スマホに乗り換えたいと思ってはいたものの、通信速度がめちゃくちゃ遅くなった😱という知人の話を幾度となく聞いていたもので、躊躇していました。 でもワイモバイルの場合、ネットで検索しても通信の安定性に定評がありました。 またそれでも疑う私は(笑)、身近な両親がソフトバンクからワイモバイルに変えたという話を聞き、ちょっと使わせてもらいました。 結果、自分のソフトバンクスマホと通信速度は変わらず! また両親に聞いても、特にソフトバンク使ってた時と変わらないよ~という話だったので、今回乗り換えに踏み切りました。 2.乗り換えにかかった時間と手続きの流れ まず前提として、ワイモバイルに乗り換える人の中には 「SIMだけを契約する人」(スマホは今使っているものをそのまま使う)と、 「ワイモバイルでスマホまで購入する人」の2タイプがいると思います。 私は前者のタイプですので、本項目に関してはその前提でお読みいただければと思います。 各タイプの詳しい手続きの流れは以下のサイトが大変参考になりましたので、リンクを貼らせていただきます (外部サイトです) では、実際に私が乗り換えた際の流れをご説明します。 ・まずは、ソフトバンクショップに予約なしでフラッと来店 そういえば、 実店舗数の多さもワイモバイルのメリットですね。 ワイモバイルはソフトバンクの回線を使っているので、 ソフトバンクショップでソフトバンクの解約&ワイモバイルが同時にできちゃうんです。 (ただし、ソフトバンクの全店舗でワイモバイルの取り扱いをしているかは不明なので、行く前にご確認くださいね!) ソフトバンクに行ってみると平日なのでそこそこすいていて、10分くらい待って案内されました。 混んでいる店舗の場合、もちろん予約をしてから行くことをオススメします😅 ・料金プランのシミュレーション まずは店員さんから、乗り換えにかかる一時費用と、乗り換え後の料金プランの説明がありました。 私はネットで見てどのプランにするか決めていたので、この辺はサラッと終了。 ・契約手続き プランに納得したので、契約手続き開始です。 ここで、店員さんから「SIMロック解除はお済みですか?」とのご質問が。 へぇ?SIMロック解除?(なんのこと?) 事前準備ゼロで来店した私はここで初めて、ワイモバイルに乗り換えるためにSIMロックを解除しておく必要があったことを知るのでした😅 そしてたまたま対応してくれた店員さんが気の利く方で、 SIMロック解除を店舗に依頼すると手数料(¥3,000)がかかること、ネットで検索すればやり方が出てくるので、 自分でやった方がお得なことを教えてくれました。 手数料については、 にも確かに記載がありました。 ということで私も店員さんをお待たせして申し訳ないと思いつつ自分でやってみたところ、MySoftbankから簡単に解除手続きが完了しました! その後は、契約書の確認とサインなど、サラサラと完了。 いろいろ料金プランの質問とかしましたが、 入店してから40分程度で無事に乗り換えが完了しました!! SIMの交換も店員さんがやってくれて、戻ってきたスマホを見ると・・・おぉ!アンテナマークの隣がY! Mobileになっている! 全然実感はわきませんが、とりあえず無事に乗り換えは完了した模様です。 3.乗り換えにより、料金がどれだけ安くなったか ・月々の支払い額について さて、乗り換えにより実際に月々の利用料がどれだけ料金が安くなったのか。 ソフトバンクを使用していた際は、 国内通話し放題+ データ使用量5GB/月のプランで、 毎月¥8,000程度を払っていました。 ワイモバイル乗り換え後は、 国内通話無料(10分間まで)+ データ使用料9GB/月(2年間は12GB/月)のプランで、税込 ¥3,000程度になりました。 <ソフトバンクへ支払い> ・2年契約解除料: ¥9,500 ・MNP転出手数料/番号移行手数料: ¥3,000 <ワイモバイルへ支払い> ・事務手数料: ¥3,000 ソフトバンクは2019年9月から、2年縛りを廃止する新プランを開始することを発表したので、今後契約解除料は気にせず乗り換えができるようになるかもしれませんね! 因みにワイモバイルは店舗ではなく ネットで乗り換え手続きをすることも可能です! 後から知ったのですがネットで手続きすると、タイミングが良ければ事務手数料無料キャンペーンなどやってるんですね・・・。 店舗に行く時間がない方などは、ネットでの手続きも検討してみてはいかがでしょうか。 4.ワイモバイルの使い心地について 重要な使い心地についてですが、正直 機種変更をしたことを忘れるほどまっったく変わりません(笑) 使用して1か月以上経ちますが、通信速度も安定しており、何でもっと早く変えなかったんだ・・と思いました。 5.乗り換え後必要だった作業 今回はSIMの交換だけでしたので、お店を出たら基本的に今まで通りすぐ使える状態になってはいました。 主にやったことといえば、以下3点くらいです。 全部あわせても1時間足らずで処理できました。 mobile用のメールアドレス取得 ソフトバンクのメールアドレスは使用できなくなりますので、「ymobile. jp」等で終わる新しいメールアドレスを設定します。 ネットでもやり方が載っているので、特に難しい作業はありませんでした。 ・MyY! moblieのパスワード設定 MySoftbankが使用できなくなるので、利用明細などの確認のためにMyY! mobileのログイン設定などを実施しました。 こちらも難しい作業は特になし。 ・ソフトバンクまとめて支払いの変更 こちらは機種変更してしばらく経った後に気づきました。 「ソフトバンクまとめて支払い」で支払っていた有料アプリ等が使えなくなっていたので、クレジットカードなど新しい支払方法に変更をしました。 6.実際に乗り換えを経験して感じる、ワイモバイルに向いている人、向いていない人 ・向いている人 まず向いているのは、通信速度を確保しながら通信費を抑えたい人! どうしても地域差があるので100%通信速度が確保されます、とはいきませんが、他の格安スマホと比較するとコスパは非常に良いと思います。 またソフトバンクもそうなんですが、ワイモバイルは ネットショッピングをする方にとっては尋常じゃないポイント還元率になる場合があるので、普段の生活でもとってもお得です。 その辺の話は、 で詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください! あと、無料通話を重視する方にもワイモバイルは良いと思います。 私は自分の通話履歴を見て10分以上通話していることがほぼなかったので、10分以内であれば通話無料、というプランにしました。 でも、もし10分以上も話し放題が良い!という方は 月¥1,000プラスすると 「スーパーだれとでも定額」というオプションを選べます。 (詳しくは でご確認ください。 ) これは 格安スマホの中では大変珍しいサービスなので、長く通話する方は要チェックのサービスです! ・向いていない人 まずワイモバイルではiphoneなどの 最新機種の取り扱いがないので、常に最新機種が欲しい!という方は、ワイモバイルの機種のラインナップだと物足りないかもしれません。 またワイモバイルに限らずですが、現在使っているスマホの月々の端末支払い残高が残っている方も、解約すると割賦割り引きなどがなくなって高額の支払いが必要になる可能性があるので注意が必要ですね。 7.ワイモバイルに変更してみた全体的な感想 先ほども記載しましたが、こんなに使用感に変わりなく料金が安くなるのであれば、もっと早く変えれば良かった、というのが本音の感想です。 そもそもなぜ私が格安スマホに変えたかったかというと、知人の話がきっかけでした。 そちらのご家庭では、両親+お子で 月々の通信費が3万円もかかっているという話でして。 いくら情報化社会とはいえ、月3万ってホラーかよ!と内心ツッコミを入れました(笑)が、自分もこのままお子が成長すればそれくらいいくなぁ・・・と冷静に考えて気づいたのでした。 日々の生活での細々とした節約も大事ですが、 毎月かかる固定費の削減の方が、家計に与えるインパクトは大きい!と、個人的には思っています。 ということでもし同じように通信費で困っている方がいらっしゃれば、情報収集して乗り換えを検討されることをオススメします!!.

次の

ワイモバイルまとめて支払いの仕組みからメリット、注意点まで教えます

ソフトバンク ワイ モバイル まとめ て 支払い と は

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージを有効にする ソフトバンク・ワイモバイルとの連携完了後、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージが有効になっているかどうかを確認しましょう。 通常、連携完了後の初期段階でソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージは有効になっていますが、場合によっては連携後に「無効」になっていることがあります。 その場合、以下の手順で有効に切り替えておきましょう。 1 「支払い方法の管理」をタップ PayPayと「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」の連携が完了した状態で、PayPayの「ホーム」タブ画面から[支払い管理]を選択します(「アカウント」タブから[支払い方法の管理]でも可)。 2 ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを有効に切り替える 画面上部の支払い方法(銀行口座やクレジットカードなど)をスライドし、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」に合わせます。 [無効]と表示されている部分をタップしてください。 3 設定を完了 規約を確認し、[上記に同意して設定する]をタップ。 次に電話番号を確認する画面が表示されたら、[設定する]をタップしてください。 ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いが「有効」になった これで、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージ設定が有効になりました。 使わない場合は「無効」に ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージを利用しない場合は、チャージ方法を銀行口座など別の手段に切り替えておけば済みます。 ただ、本人が意図せず誤ってソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージを選択してしまうことがあります。 その際はソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージを「無効」にしておきましょう。 「ホーム」タブの[支払い管理]からソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いの[有効]をタップ。 [設定を解除する]をタップすれば無効になります。 ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージが無効になるだけで、PayPayとの連携が解除されるわけではありません。 ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでチャージする ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによってPayPay残高にチャージする方法を解説します。 なお、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでチャージした場合、本人確認が完了していても「PayPayマネーライト」としてPayPay残高にチャージされます。 1 「チャージ」を選択 まずはPayPayアプリを開き、「ホーム」タブから[チャージ]をタップします。 2 チャージ方法で「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を選択 チャージ方法から[ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い]を選択 チャージ画面に切り替わるので、[チャージ方法]をタップ。 「チャージ方法の選択」画面で[ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い]を選択します。 「PayPayマネーライトにチャージします」と表示されたら、[チャージを続ける]をタップしてください。 なお、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いの最低チャージ金額は100円からとなっています。 4 チャージ完了 チャージ完了画面 上のような画面が表示されれば、チャージは完了です。 チャージ履歴も確認できる 「残高」タブで残高履歴を確認すると、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いからチャージ」と表示されているのがわかります。 チャージ金額は携帯電話料金と合算して請求されます。 チャージできない場合に考えられる要因 ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージができない場合、考えられるいくつかの要因と対処法を挙げています。 ドコモやau、格安SIMユーザーは利用できない ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用できるのは、その名の通り、ソフトバンクとワイモバイルの回線を契約しているユーザーのみです。 ドコモやau、格安SIMなどのユーザーは、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージを利用できません。 チャージが無効のままになっている ソフトバンク・ワイモバイルとの連携完了後、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いのチャージが「無効」になっている場合があります。 その際は「有効」にしなければチャージはできません。 アプリのアップデートなどのタイミングで「無効」に切り替わっていることもあるので、改めて[支払い方法の管理]メニューからソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いが有効になっているかどうかを確認しましょう(有効に切り替える手順は)。 チャージ上限に達してしまった ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いのチャージ限度額は、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いの利用限度額と同様です。 キャリアとの契約内容(契約期間や年齢など)によって、ユーザーごとにチャージ限度額は異なります。 利用限度額を確認する方法は、下記公式ページを参照してください。

次の