ステイ・アット・ホーム。 旧「STAY HOME週間」ポータルサイト(アーカイブ)|東京都

アットホーム博多の森(福岡市博多区) の基本情報・評判・採用

ステイ・アット・ホーム

>【英語】Stay home. (ステイホーム)とStay at home. ただ、ニュアンスが少し違います。 >アメリカ人ならどちらを使いますか? Stay home. は、「家・屋内に留まる」というような意味合いで、 Stay at home. は「在宅する」といったニュアンスです。 例: He stayed home overcoming the temptation. (このhomeは副詞) 「彼は、その誘惑に打ち勝って家に留まった」。 He stays at home every Saturday and Sunday. (このhomeは名詞) 「彼は、毎週土曜と日曜には在宅している」。

次の

ベイル、SNSで流行する「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ」に挑戦!見事なゴルフの“腕前”を披露

ステイ・アット・ホーム

Ojojoが読み始めた 日本語の本が あります。 今日Ojojoが 教えてくれたメッセージは 「本当に頭のいい人は 先がよめて、 判断力のある人!」 でした。 I see. That's true. 確かにそうだね。 What is "先がよめる?" What is "判断力?" What do you think? 最終的に Ojojoがじぶんごとに 落とし込んで 理解したのがこちら。 「つまり・・・ 例えばOjojoが ちょっと悪いことしちゃって ママにちょっとウソを つきたくなっちゃって だけどついたら ママが悲しむだろうなぁ って考えるのが 先がよめる人 本当のこと言ったら 叱られちゃうかも。 これも先がよ める人だ! どうしようかって 悩むときに 「先をよ んだ」ことで 悲しませたくないし 叱られたくないから 黙ってよう!って 決めた。 あ、それは 決断力か。 判断して決断だ。 」 笑 結局・・・・ だまってるんかぃ!!! (いっつもこんな感じで笑っちゃう・・笑) こんな生々しい内容を 題材にするってことは・・ なんか 隠してるべ・・笑 って思いましたが 今日はソーーーっと 触れずにおきました。 今日大事にしたことは 10秒程度で 内容を伝えて お互いに同じ理解が あること わかりやすく 伝えられて わかりやすくじぶんなりに 解読できたことを Well done! I'm so proud of you! Thank you for your help! I can't wait to hear the next one!

次の

アットホーム博多の森(福岡市博多区) の基本情報・評判・採用

ステイ・アット・ホーム

スポンサーリンク 新型コロナウイルスの感染拡大予防策として、東京都の小池知事が「世界の共通のキーワードは『ステイ・アット・ホーム』」と会見で話していましたね。 また、海外のリーグで活躍する日本人サッカー選手たちが「ステイホーム」と呼びかける動画も注目を集めました。 そこで疑問に思った方も多いと思います。 Stay home. Stay at home. のどちらも使われていて、どちらか一方が正しくて、どちらかが間違っているということはありません。 ただ「家にいる」という状態ではなくて「家にとどまりなさい」というニュアンスです。 そもそも文章の構造が違います。 なので、これも「家にとどまりなさい、家にいなさい」という意味になるんですね。 以下の画像はアメリカCDC(疾病予防管理センター)のウェブサイトです。 あれ?アメリカ英語?と思ったら、その下には、• Everyone should stay at home. Vulnerable people in particular should stay at home and self-isolate. ただ、ニュースを読んでいても、記事のタイトルが• Coronavirus: People over 70 or with compromised immune systems should stay home —stuff. nz となっていて、本文の部分を見てみると、• People over 70 years-old or those with compromised immune systems or respiratory conditions are being told to stay at home. のように書かれていることも結構あるので、文字を少なくしてメッセージ性を高めるということもあるのかなと思ったりしています。 これは形容詞で「在宅の〜」という意味で、新型コロナ対策の「外出禁止令」が、• stay-at-home order と表現されています。

次の