サフィール 踊り子 号。 踊り子 (列車)

【座席表・全席写真】サフィール踊り子乗車してきました!〜グリーン車、プレミアムグリーン車、グリーン個室

サフィール 踊り子 号

踊り子号新旧列車対応表 今回のダイヤ改正のポイントとして、車両面の大幅な刷新がある一方で、 従来の運転体系をなるべく維持しているのが特徴的です。 中央線の2018年3月改正が小規模〜2019年3月の車両置き換え完遂と同様の動きと推測でき、ライナー列車の特急化を見越してか、E261系だけではなく、 E257系もライナーに入れないようにされています。 走行順に便宜的な読みかえ表を作成してみました。 推測を含みますので参考程度にどうぞ。 カッコ書きでE257系と記しているものは、2020年春ダイヤでは185系とされているものの、付属編成の改造・ライナー付帯運用などの制約がなくE257系に置き換えが可能=夏以降に置き換えがされる可能性がある列車です。 上野東京ライン開業以降、スーパービュー踊り子5号の送り込み回送は早朝に運転されていますが、各組合からもこれを直接の出庫に改めるよう交渉がされていた背景があります。 これに対し、 会社側は尾久でしか出来ない作業があるためにこの列車の廃止は難しいとしています。 作業メニューについては明らかにされていませんが、より複雑な設備を多く搭載しているE261系についても、同様に東大宮では出来ない何らかの作業が発生する可能性を考えると、251系同様に朝ラッシュ前に送り込む運転が行われる可能性は高そうです。 このマリン〜の臨時ダイヤですが、平日にも試運転で時折使用されてきた E257系2000番台乗務員訓練等 ダイヤですので、従来から 平日も設定が可能でした。 また、土休日の新宿駅12:25発ですが、これは新たに挿入した時刻と考えてられます。 土休日の日中であれば品鶴線 湘南新宿ラインの経路=横須賀線 に余裕がありますので、設定自体は十分可能だったものと思われます。 通常は東京発の列車を新宿駅に変えた例としては、踊り子101号の横浜以北を差し替えた新宿7:18発のはちおうじ踊り子号・リゾート踊り子号などがあり、長年に渡りこういった設定が時折されていました。 今後も、新宿発の需要があれば2021年春のダイヤ改正で設定時刻・経路を改める可能性があります。 経路については従来のスーパービュー踊り子1号・3号と同一かと思いますが、新鶴見信号場・鶴見駅経由で実施される可能性も捨てきれません こちらの方が平面交差支障が少ない。 上り列車が東京止まりとされた経緯についても推測の域を出ませんが、相鉄直通などの本数の多い時間帯を避けたものと思われます。 スーパービュー踊り子3号代替で185系の運転が行われるのはライナー維持の都合となりますので、妥当なところでしょう。 意外にも、朝の尾久車両センター回送はE257系となりました。 もしかしたらスーパービュー踊り子10号のように、繁忙期の大宮発着が実施されるかもしれませんね。

次の

2020年春デビュー「サフィール踊り子」時刻表・料金・運賃・予約方法まとめ プレミアムグリーン車で片道1万越え

サフィール 踊り子 号

踊り子号新旧列車対応表 今回のダイヤ改正のポイントとして、車両面の大幅な刷新がある一方で、 従来の運転体系をなるべく維持しているのが特徴的です。 中央線の2018年3月改正が小規模〜2019年3月の車両置き換え完遂と同様の動きと推測でき、ライナー列車の特急化を見越してか、E261系だけではなく、 E257系もライナーに入れないようにされています。 走行順に便宜的な読みかえ表を作成してみました。 推測を含みますので参考程度にどうぞ。 カッコ書きでE257系と記しているものは、2020年春ダイヤでは185系とされているものの、付属編成の改造・ライナー付帯運用などの制約がなくE257系に置き換えが可能=夏以降に置き換えがされる可能性がある列車です。 上野東京ライン開業以降、スーパービュー踊り子5号の送り込み回送は早朝に運転されていますが、各組合からもこれを直接の出庫に改めるよう交渉がされていた背景があります。 これに対し、 会社側は尾久でしか出来ない作業があるためにこの列車の廃止は難しいとしています。 作業メニューについては明らかにされていませんが、より複雑な設備を多く搭載しているE261系についても、同様に東大宮では出来ない何らかの作業が発生する可能性を考えると、251系同様に朝ラッシュ前に送り込む運転が行われる可能性は高そうです。 このマリン〜の臨時ダイヤですが、平日にも試運転で時折使用されてきた E257系2000番台乗務員訓練等 ダイヤですので、従来から 平日も設定が可能でした。 また、土休日の新宿駅12:25発ですが、これは新たに挿入した時刻と考えてられます。 土休日の日中であれば品鶴線 湘南新宿ラインの経路=横須賀線 に余裕がありますので、設定自体は十分可能だったものと思われます。 通常は東京発の列車を新宿駅に変えた例としては、踊り子101号の横浜以北を差し替えた新宿7:18発のはちおうじ踊り子号・リゾート踊り子号などがあり、長年に渡りこういった設定が時折されていました。 今後も、新宿発の需要があれば2021年春のダイヤ改正で設定時刻・経路を改める可能性があります。 経路については従来のスーパービュー踊り子1号・3号と同一かと思いますが、新鶴見信号場・鶴見駅経由で実施される可能性も捨てきれません こちらの方が平面交差支障が少ない。 上り列車が東京止まりとされた経緯についても推測の域を出ませんが、相鉄直通などの本数の多い時間帯を避けたものと思われます。 スーパービュー踊り子3号代替で185系の運転が行われるのはライナー維持の都合となりますので、妥当なところでしょう。 意外にも、朝の尾久車両センター回送はE257系となりました。 もしかしたらスーパービュー踊り子10号のように、繁忙期の大宮発着が実施されるかもしれませんね。

次の

【踊り子号新型】E257系2000番台・E261系“サフィール踊り子”車両運用2020

サフィール 踊り子 号

【毎日運転】サフィール踊り子1号 東 京11:00発 伊豆急下田13:29着• 【臨時 平日 】 サフィール踊り子3号 東京12:30発 伊豆急下田15:30着• 伊豆急下田発の「サフィール踊り子」時刻表• 【毎日運転】 サフィール踊り子2号 伊豆急下田 14:12発 東 京 16:49着• 【臨 時 】サフィール踊り子4号 16:30発 東京19:20着 サフィール踊り子の料金・運賃は?衝撃の片道1万越え サフィール踊り子は全車グリーン車となります。 運賃とA特急料金の他にグリーン券またはプレミアムグリーン券が必要です。 料金・運賃の内訳としては(東京~伊豆急下田まで乗車した場合)• 普通運賃 3960円• A特急料金 1860円• 伊豆急行線内の特急料金 410円• グリーン料金(JR+伊豆急) 2880円• プレミアムグリーン料金(JR+伊豆急)5200円• グリーン個室の1室あたりの料金は4人用で8400円、6人用で12600円です。 また、2人利用も可能とのことです。 総額については次の項目で説明します。 グリーン車を利用した場合の料金・運賃は? プレスリリースより グリーンを利用した場合は9110円となります。 ここはスーパービュー踊り子のグリーンを利用したときとあまり値段は変わらないようです。 ちなみに JR線内となる伊東までの乗車の場合は6270円です。 プレミアムグリーン車を利用したときの料金と運賃は? プレミアムグリーンを利用した場合は11430円となります。 片道1万円を超えてきました。 JR東日本の特急列車で1+1の座席配置はなかなかないので料金相応の設備かもしれませんね。 ちなみにJR線内の伊東までの乗車の場合、7770円です。 グリーン個室を利用したときの運賃・料金は? グリーン個室を利用した場合は1名~6名までの利用ができ、4名用と6名用のグリーン個室が用意されています。 例えば東京~伊豆急下田で4名用、6名用個室を利用した場合の料金は以下の通りです。 6名用グリーン個室の場合、2名利用で29740円(14870円)、54660円(9910円)です。 サフィール踊り子の予約方法は? 今回、「サフィール踊り子」では普通席はなく、全てプレミアムグリーン車、グリーン車となります。 そのため、予約方法が限定されていますのでご注意ください。 プレミアムグリーン車・・・指定席券売機、みどりの窓口• グリーン個室(4名用、6名用)・・・みどりの窓口のみ• グリーン車・・・指定席券売機、みどりの窓口、えきねっと 「サフィール踊り子」は出発日の1ヶ月前の10時に発売されます。 みどりの窓口での購入の場合も事前申し込みがある駅もあるので利用してみるといいかもしれません。 一番列車は座席数も限られるので、予約するのはかなり難しいと思われます。 また、運行初日となる3月14日を含め、翌日15日利用の方は伊豆急行線も乗車できる週末パスが発売されます。 値段は大人8880円、子供2600円です。 ただし、前日までの発売となり当日購入することはできません。 実際に「サフィール踊り子」に乗車してきましたので、車内について気になる方は下の記事も合わせてご覧ください。

次の