メタル マウス パッド。 マウスパッドのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれで機能的!】

メタリックマウスパッド

メタル マウス パッド

という金属製のマウスパッドで話題となったメーカー。 今回のメタルマウスソールは布パッド専用。 接地面が点タイプのマウスソール。 個人的な印象は滑りやすさもあり、止めやすさもある。 滑り寄りではあるが、特段滑りのみに特化した製品ではないという印象を受けた。 初動が軽めで滑走時に安定感があり、止めやすい印象。 厚みは0. 7mmで、縦横が7㎜重さが1枚0. 2gというスペックになる。 マウスによってはガイドに収まらなかったり、厚みが足りなかったりする可能性があるが、厚さは注文時に指定が出来るようになる可能性がある模様。 取り付け方によってスピードタイプとブレーキタイプがあるとの記載があるが、筆者はそこまではっきりと体感できるほどの差は感じなかった。 強いて言うならどのような貼り方でも円を描くようにマウスを動かしたときに滑りが完全に均等ではなく、若干の違和感を感じる程度である。 また、様々なマウスパッドで試してみたが、同じ布パッドでも製品によって滑り方の感じ方が大きく変わるため、非常に評価が難しい製品であるとも言える。 ハードパッドでは使用できない。 という言葉の通り、マウスパッドが全てハード素材で出来ているパッド SwiftやGP3やGlass2. 0、SteelXL、NINJARATMAT 者 等)との相性は悪く、滑走音、操作感共にまともに使用できるものではない。 また、マウスパッド側が摩耗するように最初は思ったが、使用している感じそこまでの摩耗は感じられなかった。 ただし、ソールの形状からしてマウスをマウスパッドに力を入れて押し付けてAIMする人は他のソールよりも摩耗が早いと思うため注意。 総括 メタルマウスパッドに続き、メタルマウスソールというこれまた変わった製品ではあるが、こちらは布パッド専用で、滑りも止まりも程良いという印象。 筆者の試した環境では表面がザラついた布パッドとの相性はあまりよくないように感じた。 これは恐らく点接地の影響によるものであると思われるが・・・。 その他の布パッドでは操作感で違和感を感じることはほとんどなく、今までのソールに無い面白い滑りをするソール。 癖がある滑りではなく、滑り出しは軽く、止めやすいといった感じでバランスが良い。 価格が高価な点はやはり懸念点には挙げられるが、摩耗しないことを考え、長期使用することを考えてみるとそこまでコスパの悪い製品ではないのかもしれないと個人的には思う。 人によって好みが大きく分かれるソールだと思うが、一般的なソールと違い、摩耗しない、滑りが変化しないという点は非常に大きく、1度慣れてしまえば他のソールに戻れない可能性はある。 マウスパッド同様に試せる場があれば良いのにな。 と個人的には思います。 (現状は非常に難しいかもしれない。 ) カテゴリー• 鯖主レビュー 37• モニター 3• マウスパッド 3• ヘッドセット 1• キーボード 1• マウスソール 1• マウス 28•

次の

これが本気のメタルマウスパッドNINJA RATMAT

メタル マウス パッド

NINJA RATMATとは 超平面メタルマウスパッド NINJA RATMAT マウスパッドが金属製だと何がいいの?と思う人も多いことでしょう。 公式サイトによると 日本のものづくり技術を駆使して、JIS B 0621:1984に準拠した超高精度・高精密な平面度と平行度の圧倒的に平滑なメタルマウスパッドを作り出しました。 「材料」「技術」「製品」全てにおいて日本製にこだわり、表面テクスチャーは、金属表面加工技術などを駆使し、マウスセンサーの認識数値を高め、更に摩擦係数を低くしております。 長期間にわたって滑り性が変わらない圧倒的な機能性と存在感のある全く新しいゲーミングマウスパッド。 とのこと。 ざっくりいうと 「超頑丈」「そこらあたりで売られているものとは比べ物にならないくらい超平面」「マウスの感度が超良くなる」って感じでしょうか。 確かに最強のマウスパッドです。 公式Twitterアカウントでは「ホームセンター鉄板」と「ゲーミング鉄板」の違いが説明されています。 精密金属加工のノウハウを活かし、ストレスなく操作するために低摩擦係数を実現。 マウスとの摺動摩耗箇所への静摩擦係数・動摩擦係数の数値を極力低く、初動の滑りと滑走時の滑りを意識した作りになっています。 公式サイトので検証結果や数値化したものを掲載しているあたり、技術への自信と信頼を感じることが出来ます マウスのセンサーをより高い水準で認識できるように、精密な金属加工技術で表面加工を行っています。 製品ごとに加工を変えているので、使っているマウスに相性がピッタリのものがきっと見つかるはずです! しかし、マウスの種類や仕様によっては相性が良くないものがあるのも事実。 公式サイトので「NINJA RATMAT」と様々なマウスとの相性をチェック、分析しています。 ここまでやるメーカーが他にあるでしょうか? 製品ラインナップ 「NINJA RATMAT」は現在4種類の製品が発表になっています。 NR001 臨 [ RIN ] NR001 臨 [ RIN ] ランダムな細かい縦横の溝を施した特殊表面加工。 溝深さはたったの0. 0005mm 以下。 日本伝統技術のキサゲ加工を意識し、リンギング くっつき 防止をイメージした匠の工業製品。 波形状の表面は球体の重なりの様になっており、低摩擦化と細かな空気の層が心地よい滑り性を生み出します。 マグネシウム合金材の採用により底面に磁石内蔵マウスも使用可能。 比較的取り扱いのしやすい万能マウスパッドです。 静摩擦係数(0. 平面度数値は若干高めであり、表面も大変デリケートな物質、取り扱いに注意だが、マウスとの汎用性は高い。 高い金属可能の技術があるからこそ実現可能な商品と言えるでしょう。 現在は上記の4種類の発表ですが、• NR005 皆 [ KAI ]• NR006 陣 [ JIN ]• NR007 列 [ RETSU ]• NR008 在 [ ZAI ]• NR009 前 [ ZEN ] の5種類か企画開発予定となっています。 どのような製品になるのか楽しみですね。 商品は受注生産 「NINJA RATMAT」は受注生産方式になっていて、2019年10月頃に受注開始予定、11月発送予定です。 価格は60,000円~90,000円 税別 予定となっています。 正直マウスパッドとしては高価と感じてしまうかもしれませんが、これほど精度の高い製品で一生モノと考えれば、今後何枚もマウスパッドを買い換えるよりもお得とも言えます。 とは言え、安い買い物ではないので実物を見てみたいという人に朗報です。

次の

“使い捨てしない”超平面メタルマウスパッド「NINJA RATMAT」10月受注開始、価格は6万円~

メタル マウス パッド

という金属製のマウスパッドで話題となったメーカー。 今回のメタルマウスソールは布パッド専用。 接地面が点タイプのマウスソール。 個人的な印象は滑りやすさもあり、止めやすさもある。 滑り寄りではあるが、特段滑りのみに特化した製品ではないという印象を受けた。 初動が軽めで滑走時に安定感があり、止めやすい印象。 厚みは0. 7mmで、縦横が7㎜重さが1枚0. 2gというスペックになる。 マウスによってはガイドに収まらなかったり、厚みが足りなかったりする可能性があるが、厚さは注文時に指定が出来るようになる可能性がある模様。 取り付け方によってスピードタイプとブレーキタイプがあるとの記載があるが、筆者はそこまではっきりと体感できるほどの差は感じなかった。 強いて言うならどのような貼り方でも円を描くようにマウスを動かしたときに滑りが完全に均等ではなく、若干の違和感を感じる程度である。 また、様々なマウスパッドで試してみたが、同じ布パッドでも製品によって滑り方の感じ方が大きく変わるため、非常に評価が難しい製品であるとも言える。 ハードパッドでは使用できない。 という言葉の通り、マウスパッドが全てハード素材で出来ているパッド SwiftやGP3やGlass2. 0、SteelXL、NINJARATMAT 者 等)との相性は悪く、滑走音、操作感共にまともに使用できるものではない。 また、マウスパッド側が摩耗するように最初は思ったが、使用している感じそこまでの摩耗は感じられなかった。 ただし、ソールの形状からしてマウスをマウスパッドに力を入れて押し付けてAIMする人は他のソールよりも摩耗が早いと思うため注意。 総括 メタルマウスパッドに続き、メタルマウスソールというこれまた変わった製品ではあるが、こちらは布パッド専用で、滑りも止まりも程良いという印象。 筆者の試した環境では表面がザラついた布パッドとの相性はあまりよくないように感じた。 これは恐らく点接地の影響によるものであると思われるが・・・。 その他の布パッドでは操作感で違和感を感じることはほとんどなく、今までのソールに無い面白い滑りをするソール。 癖がある滑りではなく、滑り出しは軽く、止めやすいといった感じでバランスが良い。 価格が高価な点はやはり懸念点には挙げられるが、摩耗しないことを考え、長期使用することを考えてみるとそこまでコスパの悪い製品ではないのかもしれないと個人的には思う。 人によって好みが大きく分かれるソールだと思うが、一般的なソールと違い、摩耗しない、滑りが変化しないという点は非常に大きく、1度慣れてしまえば他のソールに戻れない可能性はある。 マウスパッド同様に試せる場があれば良いのにな。 と個人的には思います。 (現状は非常に難しいかもしれない。 ) カテゴリー• 鯖主レビュー 37• モニター 3• マウスパッド 3• ヘッドセット 1• キーボード 1• マウスソール 1• マウス 28•

次の