ピンチ アウト と は。 スマホのズームを指で行うには?ピンチイン,ピンチアウトの操作の仕方とルーペとして使う方法

ピンチアウトとは 「ピンチオープン, pinch open」 (pinch out):

ピンチ アウト と は

iPadのウェブページが開いている状態で、 親指と人差し指を画面にあてて、 ものをつまむようにして指の間隔をせばめたり広げたりしてみてください。 間隔をせばめると文字も小さくなります。 縮小されていくこの動作を 「ピンチイン」と呼びます。 また、間隔を広げると文字も大きくなります。 拡大されていくこの動作を 「ピンチアウト」と呼びます。 どちらの作業も指2本で動作させることが必要です。 スポンサーリンク では、この動作を指1本でしたいという時はどうしたらいいでしょう? iPadの設定から「一般」を選びタップします。 右の「アクセシビリティ」をタップし さらに「操作」という項目の「AssistiveTouch」をタップし、項目をオン(緑色)にします。 そうすると、 画面に半透明のボタンが出てきました。 このボタンはiPadのホームボタンと同じです。 では設定の画面は終了させます。 先ほどのインターネットのウェブページに戻って、画面に出ている半透明のボタンをタップしてみましょう。 「カスタム」をタップし、その中の 「ピンチ」をタップします。 画面に出てきたピンチの絵に指をのせ上下左右にゆっくりと動かしてみましょう。 指1本で拡大や縮小が出来ます。

次の

マルチタッチ(マルチタッチパネル)とは

ピンチ アウト と は

スマホの操作方法には、スワイプ、ピンチイン、ピンチアウトなどスマホにはクリックだけではなく、色々な方法があります。 今回は、スマホ操作方法の用語について、紹介します。 【タップ】(tap,single-tap) 使い方 指で、タッチスクリーンを、指先で軽く叩くこと。 パソコンの操作でいうと、クリックに類似します。 スマホでも、もっとも基本的な操作です。 使用事例 アプリを起動する際、画面を切り替える際に、タップをします。 【ダブルタップ】(double-tap) 使い方 タッチスクリーンを、指先で2回連続、叩くことをいいます。 タップを二回する、ダブルクリックをするようなイメージです。 使用事例 文章コンテンツを読む際に、スマホ画面が大きすぎる、ないしは小さすぎて、読みづらくならないよう、枠内におさまるサイズに、縮小・拡大します。 【ロングタップ】(long-tap,long-press) 使い方 指先でタッチスクリーンを、しばらく指を離さずに、抑えたままでいることをいいます。 力を入れすぎる必要はありません。 また「ロングタップ」は、「タッチ 長押し」とも呼ばれています。 使用事例 ホーム画面のアイコンを、動かせる状態にすることができます。 また、使用しているアプリの機能メニューを呼び起こすことも可能です。 【フリック】(flick) 使い方 タッチスクリーンに触れて、素早く指先を、上下左右の方向に払う(スライドさせる)ことが、「フリック」です。 素早く動かす、弾くという意味があります。 また、弾く感覚よりも、指先を滑らして、上下左右の方向にスライドさせる操作は、「スワイプ」(swipe)といいます。 「フリック」と「スワイプ」は、よく似ていますが、パソコンの操作でいうと、それぞれに「ホイールスクロール」と「ドラッグドロップ」に近いと言えます。 使用事例 メッセージやメールなど、日本語で文章を作成する際に、「フリック」をして文字入力します。 これは「フリック入力」と呼ばれています。 通常、テンキー入力なら、複数回タップをしないと出せない文字を、一回の「フリック」のみで、キーの周囲に表示、選択させることができます。 慣れるには少し時間がかかりますが、慣れてしまえば、スピーディーな入力体験を実現します。 【引用:】 なお、株式会社ジャストシステムは、「フリック入力」の利用率が、スマートフォンユーザーの45. さらに、「フリック」は、サイトが複数のページに及ぶ場合、画面を次のページに移動させたり、コンテンツのボリュームが多いページでは、画面を早く上下左右に、読みたい箇所まで、スクロールさせたりすることが可能です。 ほかにもスマホ起動時のロック解除にも、使用されます。 【ピンチ】(pinch) 使い方 2本の指で、タッチスクリーンを、つまむように操作することを、「ピンチ」といいます。 おもに、親指と人差し指を使うことが多いですが、使い慣れている指で大丈夫です。 2本の指をつまむようにして、間隔を狭くさせる操作を「ピンチイン」(pinch-in,pinch-close)といいます。 一方で、2本の指を広げるように動かして、間隔を広げる操作が、「ピンチアウト」(pinch-out,pinch-open)です。 使用事例 画像や地図、文章、webページを、見やすいサイズに、縮小・拡大する際に、使います。 一度に「ピンチ」をして、一気に縮小・拡大させることも可能ですし、何度も「ピンチ」を繰り返すことで、最小・最大のサイズにさせることもできます。 「ピンチ」させたまま、自分に適したサイズ感を調整できるのが便利です。 【ドラッグ】(drag) 使い方 「ドラッグ」とは、タッチスクリーンに指を触れたまま、意図する方向にスライドさせて行き、任意の位置で離すことです。 パソコンの操作の「ドラッグ」と同一の操作です。 使用事例 アイコンやボタンを、移動させる際に、使用します。 アイコンを動かせる状態は、「ロングタップ」をすると、作ることができます。 【マルチタップ/マルチタッチ】(pinch) 使い方 2本以上の指で、入力操作を行うことを「マルチタップ」といいます。 同時に接触できる数は、機種ごとによって異なります。 とりわけ、タッチスクリーンやトラックパッドなどの入力作業で、役立ちます。 使用事例 【引用:】 【引用:】 もっともわかりやすい使用事例は、楽器アプリです。 ピアノやキーボードの鍵盤、またはギターのコード、ドラム、打楽器など、同時に複数の指を使用するプレイスタイルに最適です。 【引用:】 またGoogle Mapでも、「マルチタップ」で、ディスプレイをスライドさせたり、回転させたりすると、3D表示で立体的な地図検索体験を実現させてくれます。 使用事例 アプリのアイコンを「タッチアンドホールド」させると、ホールドしたアイコンやWidgetを移動させたり、またホーム画面を編集モードに切り替えたりすることができます。 まとめ 名称使い方使用事例 タップ 指で、タッチスクリーンを、指先で軽く叩くこと。 ダブルタップ タッチスクリーンを、指先で2回連続、叩くこと。 ロングタップ 指先でタッチスクリーンを、しばらく指を離さずに、抑えたままでいること。 フリック タッチスクリーンに触れて、素早く指先を、上下左右の方向に払う(スライドさせる)こと。 ピンチ 2本の指で、タッチスクリーンを、つまむように操作すること。 ドラッグ タッチスクリーンに指を触れたまま、意図する方向にスライドさせて行き、任意の位置で離すこと。 マルチタップ/マルチタッチ 2本以上の指で、入力操作を行うこと。 タッチアンドホール タッチスクリーンに指をあてて、タップしたままの状態にすること。

次の

NoxPlayer仮想キーの「ズーム」の使い方(ピンチイン&ピンチアウト)

ピンチ アウト と は

ソニーからのOEM供給を受けて、富士通が電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」を発売したのが昨年末だったか。 「DPT-RP1」ユーザーのワシは、ピンチイン/ピンチアウトに対応しているのはちょっと羨ましかったが、どうやら同じ機能が追加されたようだ。 新しいファームウェアで追加された新機能のリストは以下の通り。 ピンチ操作による拡大機能• 目次(しおり)機能(PDFの目次に対応)• 履歴ジャンプ機能• ドキュメント複製機能• まず「1. ピンチ操作による拡大機能」だが、これは便利だ。 拡大したいときは、わざわざ画面上端をタップしてツールバーを表示し、右上の拡大ボタンをタップしていたが、これが不要になる。 「DPT-RP1」で一番鬱陶しいのが、ページ移動に時間がかかることだ。 マークを使わない移動では、フリック操作がどうしても必要になるが、これを何度も繰り返さねばならないことにストレスを感じていた。 しかし、しおりからのジャンプが楽になれば、ちょっとはマシになるかもしれない。 よく考えてみたら、ワシの扱うPDFにはほとんどしおりが設定されていないのだが、Acrobat Proでしおりを設定する方法もある。 PDF のページサムネールとしおり, Adobe Acrobat DC 「3. 履歴ジャンプ機能」や「4. ドキュメント複製機能」は小ネタだが、次の「5. やはり黒が欲しいと思うなら、ぜひ使ってみるべき。 デジタルペーパーではペンの入射角度を検知しており、それぞれ使い分けることで、ペンの書き味が最適化されます。 おいおい。 ちなみに、「QUADERNO」の売りの一つ(だとワシが思った)、カレンダーはPDFをダウンロードできる。 テンプレに登録すれば、簡単にページを追加できそうだ。 テンプレート ダウンロード デジタルペーパー デジタルペーパー ソニー• 129• 398• 225•

次の