ネット カフェ 住民 票。 マツコが提案「ネットカフェ難民」向けビジネスモデルが大絶賛!

CYBER@CAFE/漫画 マンガ まんが喫茶 インターネットカフェ。格安宿泊料金。シャワー プリンター コインロッカー 住民票登録

ネット カフェ 住民 票

まず、駐車場に住民登録できるか、という質問ですが、不可です。 住民登録する際には、その地番が宅地として存在するかを確認します。 宅地扱いになっていないところに住民登録することはできません。 ネットカフェについては、例えば、ある店舗の上が貸家になっているなどもあるので、ネットカフェ自体が宅地地番として存在してしまえば、住民登録できてしまう可能性が高いです(登録しようとした人が、ネットカフェです、といって届出したら不可でしょうが、何も説明がなければ、そのまま通ってしまうでしょう)。 でも、その後、役所が転送不可の郵便物などを送った場合に、受取人がいないわけですから戻ってきます。 そういうことがあれば、いずれ職権消除されてしまうでしょう。 ナイス: 0 回答としては… 「2ツ目として、出した、「駐車場の所在地を、住所として、住民票に載せるのは、可能か?」の部分。 こちらであれば、「地元なら、断られる可能性強い。 ただ、それ以外でも、一度受理して、住民票に載せても、郵送による、居住確認する用事が、あった場合。 「あて名、尋ね当たらない」旨、専用のハンコが、押されて、返送されて来る事で、バレたら、職権で、「住民票としては、無かった」扱いに、されてしまう可能性、かなり強い」と、思われる。 最初の質問だが、確か、首都圏にある、県らしいが、「全国ネットによる、あるインターネットカフェの運営会社が、営業してる、地元の店舗との間で、 「言わゆる、「ネットカフェ難民」と、呼ばれた個人が、住民票を作る際の住所として、認める」内容で、提携した。 ただ、ネットカフェ店の運営会社からは、「店舗の住所で、住民票を置く場合は、月々の利用料金を、店舗に払える人のみなら、可能とする…」的な内容を、提携時の条件の一ツとして、出したそうで、その内容込みで、提携した市が、ある…」的な内容で、以前新聞で、見た事ある。 だから、回答としては、「あり」に、なるのだが…?」に、なります。 ナイス: 0.

次の

一律10万円給付金は住民票が失効している人も対象なんです!

ネット カフェ 住民 票

A ベストアンサー 最高裁の見解で勘違いしている人が大勢いますが、「NHKの料金は絶対払わないといけない」はちょっと誤解です。 ある男性がNHKから支払いを命じられた件ですが、この男性はもともとNHKと契約していたんです。 契約しているにも関わらず料金を滞納し、支払いを拒否したため支払いが命じられました。 つまり、一度もNHKと契約していない人にNHK側は支払いを命じることはできません。 契約を交わしていないのだから当たり前ですね。 もしNHKの支払いを拒否したいのなら、最初から契約をしないか、解約して残りの料金を支払い以後契約を結ばないようにすれば問題ありません。 確かに「お金がありません!」では通じませんね。 契約していないのなら通りますが。 一方で、香典は喪主への贈与と考えられています。 この説を前提にすると、喪主は、受け取った香典の中で葬儀を主宰し、もし不足があれば自分の財産を利用して葬儀費用を払うべきという結論になります。 すると、遺産から葬儀費用を払った場合には、本来喪主が負担するべき費用の支払のために、相続財産を処分したということになり、民法921条の禁止事項に違反していると言えそうです。 しかし、実際の裁判例では、そこまで厳格に禁止はされていません。 民法921条1号は、相続の承認をみなされる(借金も承継する)という法的効果を与えるのに、妥当な程度の処分でなければならず、軽微な処分は、民法921条1号に違反しないとされています。 この判決は、文言上、許される支出としては、「当然に営まなければならない葬式費用」に限定しているようです。 この判決は、処分財産が、交換価値がなく、火葬費用という最低限必要な支払に充てられたという点が特徴です。 この判決は、借金の額が5000万円を超過していたケースで、知らずに支払をした遺族を救済した事案です。 ただし、相続の放棄が受理されただけで、正面から、相続の放棄の効力を争われた事案ではありません。 家庭裁判所は、明らかに相続の放棄の受理要件を満たさないものを除いて受理を行い、その受理された相続の放棄の効力を民事訴訟に委ねています。 4 結論 これまでの裁判例の流れからすれば、相当額の葬儀費用を遺産から支出しても、相続の放棄が受理される可能性があります。 あきらめず申請を行いましょう。 一方で、香典は喪主への贈与と考えられています。 この説を前提にすると、喪主は、受け取った香典の中で葬儀を主宰し、もし不足があれば自分の財産を利用して葬儀費用を払うべきという結論になります。 すると、遺産から葬儀費... Q 突然、楽天関係のページにログインできなくなり、問い合わせた所、最初、『原因や経緯を確認することができず~』という返事が来ましたが、その後、「根拠となる事実」と「根拠となる法律条文」を質問しても、『(すでに)案内いたしました』と書かれた返事が来ただけで、具体的な「事実関係の説明」や「根拠となる法律条文」を説明せず、ログインできない状態を続け、楽天ポイントという財産を没収もしくは凍結し、こららの質問に「何も返答しない」という態度を続けています。 日本の警察や裁判所が個人の財産を凍結もしくは没収する時は「根拠となる事実関係」「根拠となる法律条文」を示し、もし、それが納得できない時は裁判で争う事ができます。 また、第一審の判決に納得できなければ、第二審、第三審で判断を求める事も出来るます。 しかし、今回、楽天は「事実関係の説明」もしないし、「対応に納得できない」と申し出ても何の返事もなく、無視して、個人の財産を凍結もしくは没収しています。 (ここままでは楽天は個人の財産を没収します) 日本の法律では『月極め駐車場に「契約車以外の車が駐車した場合、2万円請求します」と書いていても、勝手に違反車を開錠して車の中から2万円相当の金品を没収する事』は許されていないし、また、『「貸していたお金を返さない」と言って、無理矢理、債務者の財布を奪い取ってお金を抜き取る事』も許されていません。 こういう「リンチ(私刑)」は一部の人間が自分勝手に使う恐れがあるので許されてらず、今の日本で「リンチ(私刑)」がまかり通っているのは「覚せい剤の売上金を持ち逃げした」など、事件を公に出来ないケースだけでしょう。 楽天が事実関係を説明できないのは『外部からの不正なアクセスか楽天内部の人間によるデータの改ざんがあり、事実を公にすると楽天の信用の失墜に繋がるからではないか?』 それ以外の理由が何か考えられますか? 何度も楽天に「何らかの違法行為があったのなら警察や検察に告訴や告発をして警察や裁判所に真犯人の特定や処罰を委ねるべき」と連絡しても何も返事がなく、無視され、個人の財産の凍結もしくは没収を続けています。 日本の法律では「簡単に個人の財産を没収されたり、凍結されない」と考えていましたが、楽天だけは日本の裁判所を超越した権限を持つ事ができるのでしょうか? 今回の質問は『この様な楽天のやり方は違法ではないか?』、また、『楽天がこの様に明らかに客から反感を買う様な対応をする背景に何があるのか?』の2点で、それ以外の回答は不要です。 (例えば、「民事訴訟で解決~」とか「消費者センターに相談~」などの回答は不要です) P.S. 今回、書いた事実関係はすべて真実で、もし、「嘘だ」というのなら楽天は名誉棄損で訴えるべきです。 そうすれば、多くの人が事実を知り、被害者を増やさない為に役立つので、それはこちらの望む所です。 2018年8月28日放送のNHK総合「おはよう日本」でも「楽天ペイ」が紹介されていましたが、「楽天ペイ」はいつ急に使えなくなるかわからないので気をつけた方が良いですよ。 突然、楽天関係のページにログインできなくなり、問い合わせた所、最初、『原因や経緯を確認することができず~』という返事が来ましたが、その後、「根拠となる事実」と「根拠となる法律条文」を質問しても、『(すでに)案内いたしました』と書かれた返事が来ただけで、具体的な「事実関係の説明」や「根拠となる法律条文」を説明せず、ログインできない状態を続け、楽天ポイントという財産を没収もしくは凍結し、こららの質問に「何も返答しない」という態度を続けています。 日本の警察や裁判所が個人の財...

次の

住民票の取れるネットカフェまたはトランクルームなど

ネット カフェ 住民 票

チェックポイント• 出生届を出している子供• 義務教育を受けている子供• 選挙の投票のお知らせが届く 上記に当てはまれば、確実に住民基本台帳には載っています。 因みに、マイナンバーカードが無くても10万円の給付は受けられます。 赤ちゃんに関しては、生まれたばかり、または近々出産予定の場合の線引きが気になりますね。 日にちで区切ってしまうと、出生日が1日違うだけで10万円が貰えなくなります。 ネット上で『1歳未満は対象外』との意見もありましたが、 このトラブルを見越しての意見かもしれません。 思うに、 10万円給付が決定した時点で住民基本台帳に登録がある人という事になりそうな気がします。 マイナンバー、マイナンバーカードって何? 「マイナンバー」とは、個人を識別するため、住民に指定される12桁の番号の事です。 行政・税金に関する事務の効率化などを目的に、 2016年1月にマイナンバー制度がスタートしました。 マイナンバーカードを取得していなくても、 住民票を持っている全ての人に12桁のマイナンバーは発行されています。 「マイナンバーカード」については、今のところ取得は任意となっています。 2020年現在では各種手続きで身分証明書として使用できるほど浸透しており、 運転免許証を持っていない人や、免許返納した場合の身分証として活用できます。 マイナンバーカードとの違い• 交付手数料がかかる• 古い制度なので新規の登録はできない• 個人番号は印字されない 主な違いは上記の通りですが、今後マイナンバーカードは健康保険証として使えるようにする動きもあり、マイナンバーカードの方が色々と活用出来る場面は増えると思われます。 因みに、住基カードとマイナンバーカードは重複して所有することは出来ないので、マイナンバーカードの発行と同時に住基カードは自治体に返納しなければなりません。 ネットカフェ難民への給付はどうなるの? ネットカフェ難民は住所不定。 つまり転出届けを出して転入届を出していない人の事のようです。 税金の納付書も送付できず、課税金額も決められないので、税金も払わずに済むようです。 ただ、健康保険や年金には加入出来ません。 年間の収入が100万円以下なら住民税は非課税ですが、 それ以上の収入があるのに納税していないなら、脱税か? と思ってしまうのですが。 DV被害などでやむを得ず家を出た人はしょうがないですが、 自分で選択して住所を持たない生活をしていた人には厳しい意見も上がりそうです。 2009年の定額給付金受給の際の対応例 「ネットカフェ難民」のうち、住民基本台帳に記録されていない者がどの程度存在するかについては承知していないが、一般的に、定額給付金においては、平成二十一年二月一日(以下「基準日」という。 )においていずれの市町村の住民基本台帳にも記録されていない者について、基準日の翌日以降にいずれかの市町村の住民基本台帳に記録されることとなった時点で定額給付金の給付対象者とする扱いとしている。 生活の本拠を有しない者を住民基本台帳に記録することは、制度上困難と考えているが、このような者に対しては、まずは関係機関が連携して安定した居住場所の確保等について必要な支援を行うことが重要であり、これらを通じて生活の本拠が確保された場合には、住民基本台帳への記録が可能となるものである。 上記はに記載がありました。 住民基本台帳に記録が確認できたらネットカフェ難民にも給付される可能性があるのかもしれません。 まとめ 住民基本台帳は、普通に生活していれば登録されているので安心ですね。 マイナンバーカードも、今後活用のシーンが増えると思いますので、 発行の申請がまだの方はコロナが落ち着いたら申請してみると良いですね。 スポンサーリンク.

次の