オリエント コーポレーション 所有 権 解除。 自動車ローン完済後の名義変更について。所有権解除の方法を解説

所有権解除のお手続き

オリエント コーポレーション 所有 権 解除

自動車ローンで車を購入したとき 車の購入に自動車ローンを利用する人は、多いことでしょう。 しかし、自動車ローンの中には、購入した車を自分名義にできない商品があります。 購入者の名義にできない自動車ローンとは、どのようなローンでしょうか。 所有権留保が付くのが一般的 自動車ローンには、銀行や信用金庫などの金融機関が扱う『銀行系マイカーローン』と、信販会社などが扱う『ディーラー系ローン』があります。 販売店を通して契約するローンのほとんどは、ディーラー系ローンです。 一般的にディーラー系ローンで車を買うと、『所有権留保』が車に設定されます。 所有権留保とは、ある商品を売る際に売った商品の所有権(自由に使用・処分する権利)を、代金完済まで売主に留めておくことです。 つまり、ローン完済までの車の所有権は、購入者にはありません。 一方、マイカーローンでは基本として車の所有権留保はされず、購入者に所有権があります。 よって、返済中の車の売却・廃車は自由ですが、その分、ディーラー系ローンに比べ審査が厳しめであることを知っておきましょう。 名義人が販売店や信販会社になる 車の名義人は、車検証の所有者欄に記載のある名前です。 所有者欄には、車の所有権を有する個人または会社の名前が記載されるので、ディーラー系ローンで車を買うと名義人は販売店や信販会社になります。 購入者については、車検証の使用者欄に名前が記されます。 使用者は車の使用権を有する人を指し、実際に車を維持し使用する人です。 ローンを完済すると購入者は所有権を自分に移し、車の名義を購入者にできます。 購入者の返済が滞ると信販会社は、担保である車を引き上げます。 その後も返済がない場合は車を売却して、貸し付けた購入代金の回収に充てる仕組みです。 信販会社は所有権を留保することで、担保である車を売却する権利を手元に残し、購入者が無断で車を売却する事を禁止できます。 名義変更の手続きをしよう ローンを完済すると、自動的に名義変更が行われるわけではありません。 購入した車は名義変更をしない限り、名義は信販会社や販売店のままです。 完済後は速やかに、名義変更をしておく方がよいでしょう。 名義変更の手続きは使用者の住所地を管轄する、陸運支局(普通自動車)・軽自動車検査協会(軽自動車)で行えます。 ディーラーに依頼することも可能 名義変更の手続きは、ディーラーに依頼することも可能ですが、この場合も一部の必要書類は、自分で用意しなければなりません。 費用に関しては無料の場合もあれば、1万円程度かかる場合もあるなどいろいろです。 ディーラーによって対応が異なるため、詳細を問い合わせてから依頼する方がよいでしょう。 以下は手続きを依頼する場合に、自分で用意する書類の1例です。 車検証• 印鑑証明書• 委任状• 納税証明書(コピー可)、自動車税・取得税申告書• 承諾書• 完済証明書(利用した信販会社などから取り寄せが必要) 所有権解除をしないと売却時などに不便 所有権解除は、信販会社などの車の所有権を外す手続きです。 所有権解除をせずに放っておくと車を売りたい時に、すぐには売却できません。 また、引越しや結婚などで住所や名前が変わると、用意する必要書類が増えるなど手続きに時間がかかることもあります。 完済時に速やかに所有権解除をしておけば、スムーズな売却が可能でしょう。 所有権解除による名義変更の流れと費用 所有権解除による名義変更(普通自動車の場合)の流れは、以下の通りです。 ローン会社に連絡し、書類を取り寄せる• 印鑑証明書など、自分で用意が必要な書類を取得する• ローン会社から送付される書類に、必要事項を記入する• 運輸支局に出向き、手続きを行う 所有権解除を行うには現在の所有者である信販会社などから、譲渡証明書・委任状・印鑑証明書などの必要書類を取り寄せなければなりません。 車検証を用意し所有者欄に記載のある会社へ連絡しましょう。 指示通りに車検証のコピーなどを送ると、信販会社の必要書類一式が自宅に送付されます。 必要書類と実印を持って行こう 運輸支局へ手続きに向かう際には、ローン会社から送付された書類一式と、印鑑証明書などの自分で用意した書類・実印を持参しましょう。 自分で用意が必要な書類は、下表の通りです。 なお、住所や名前に変更がある場合など、その他にも書類が必要なケースがあります。 オリコの自動車ローン 所有権解除について ここからは、ローン完済後の所有権解除について大手信販会社を例に、具体的に確認していきます。 まず、『オリコのオートローン』から見ていきましょう。 支払い完了が近付くと書類が届く オリコではオートローンを利用した際に、車の所有者名義が『株式会社オリエントコーポレーション』である場合に、完済後の所有権解除の手続きが行えます。 オートローンの支払完了日が近づくと、『オリコ所有者名義変更に関するご案内』と記された書類が、自宅に届きます。 連絡をして所有権解除の書類を請求する 上記の書面を受け取ったら記載されている連絡先、または、最寄りの問合せ窓口に電話しましょう。 電話する際には手元に車検証の用意が必要です。 電話で案内される担当窓口に、車検証のコピーをFAXなどで送付しましょう。 後日、オリコの業務委託先である(株)JCMから、必要書類一式が届きます。 アプラスの自動車ローン 所有権解除について 『アプラスマイカーローン』の所有権解除について、見ていきましょう。 ローン完済後約1カ月半後に案内が届く アプラスは車の所有者名義がアプラスで登録されている場合に、ローンの完済から約1カ月半後に案内書面が自宅に届きます。 車検証の写しを送り書類を請求する 上記の案内書面と車検証のコピーを担当窓口に送り書類を請求すると、アプラスから所有権解除に必要な書類一式が届きます。 急ぎの場合は案内を待たずに請求可能 所有権解除を急ぐ場合は、案内書が届くのを待たずに以下の書類をアプラスへ郵送し、必要書類を請求しましょう。 車検証のコピー• 返送先を記載したメモ(名前・住所・電話番号・所有権解除書類希望と明記)• 送付先:〒556-8535 大阪市浪速区湊町一丁目2番3号マルイト難波ビル17階 株式会社アプラス所有権解除係 セディナの自動車ローン 所有権解除について 『セディナのオートローン』の所有権解除について、見ていきましょう。 セディナの所有権解除に必要な書類(普通車の場合)を取り寄せるには、以下の書類を用意します。 車検証のコピー• 契約者もしくは車検証上の使用者の印鑑証明書(発行から3カ月以内・コピーも可) 契約者以外が受領を希望する場合は、所定の委任状が必要です。 また、車検証の氏名・住所と印鑑証明書もしくは運転免許証の氏名・住所が異なる場合は、上記以外に書類の提出があります。 車検証を手元に用意して問い合わせよう オートローンの支払い終了翌月の20日頃に送付される『所有権解除のご案内』を確認の上、所有権解除の手続きを行いましょう。 詳細については、以下のカスタマーセンターが問い合わせ先となっています。 なお、問い合わせには、車検証の用意が必要です。 ローン完済後は所定の手続きを行い、名義を変更できます。 完済後の名義変更をしなくても車には乗れますが、将来、売却・譲渡・廃車が必要な時に、所有権解除から始めなければなりません。 ローンの返済が終わったら、早めに名義変更をしておく方がよいでしょう。

次の

オートローン完済時の所有権解除について|ローン・キャッシングのオリコ

オリエント コーポレーション 所有 権 解除

略称 オリコ 本社所在地 〒102-8503 5丁目2番地1 設立 (26年) その他金融業 事業内容 個品割賦事業、カード・融資事業、銀行保証事業、決済・保証事業 代表者 飯盛徹夫(兼社長) 資本金 1,500億28百万円 (2017年3月31日現在) 発行済株式総数 普通株式 1,718,346,703株 第一回I種優先株式 70,000,000株 (2017年6月30日現在) 営業利益 連結:335億15百万円 (2017年3月期) 純利益 連結:286億90百万円 (2017年3月期) 純資産 連結:3,039億円 (2017年3月31日現在) 総資産 連結:5兆3,290億円 (2017年3月31日現在) 従業員数 単体:3,658名 連結:4,456名 (2017年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 48. 「 オリコ」は「オリコカード」など正式な同社のブランド名であり、会社名を示す略称としても使われている。 概説 [編集 ] 信販業界大手4社の一角を成し、・は業界トップである。 特にオートローンでは最短30分程度で契約可否を行う審査ノウハウと、に営業社員を訪問させるフォロー体制があり、他社に1歩抜きん出たシェアを有する。 2007年11月にはから旧事業のオートローン事業やショッピングローン事業等を譲受した。 の有効会員数は2019年3月末時点で1,094万人である。 との結びつきが強く、返還に伴う巨額のと赤字を計上した2010年9月には(MHFG)が筆頭株主となり、とされた。 みずほ銀行のに掲示されている使用可能クレジットカードの表記では、みずほと資本的結びつきが強い(UC)と(セゾンカード)と並び、他のカード会社と比較して大きく表記されている。 社名の Orient はの英語読みである。 の運営は同社である。 オリエントという名前は一般的に日本のにおいて使われた単語であり、著名企業では 、、などが同じ語句を使用しているが資本的な関係はない。 経営改革 [編集 ] 度は同業他社が早期に改革に乗り出す中、ギリギリまで黒字を計上する見通しであったが、改正による廃止などの要因から3月期決算で4579億円の赤字に陥る見通しとなっている。 これにより大幅な改革に乗り出す構えであり、回避と経営改革の資金調達の為、みずほグループにグループ会社化を前提として同グループを中心に総額2,900億円の資本増強の実施を要請している。 また、経営体質を強化する為に今後5年間で営業拠点を半減させると共に社員を1,300人削減し、本社ビル(麹町ミレニアムガーデン)の区分所有権をへ売却した 2014年にのファンドが取得している。 経営改革は同業のやも乗り出すことを発表しており、みずほグループ入りを踏まえた今後の改革に期待されるが発表された経営改革が割賦販売中心で新味に欠けているとの批判も多い。 2007年3月期に債務超過に陥ったことから、上場について東証1部から2部に指定替えとなった。 そして、資本欠損の填補のために、2007年5月2日に、資本金の減少を行った上で、とみずほグループ・伊藤忠商事等を割当先とするを実施した。 それに伴い、と式数の変更を行なった。 同年6月28日に、減資と増資によって生じたとを欠損填補に充当する措置を実施した。 2008年からみずほ銀行による支援が開始されたが経営再建を果たせず、2010年9月にはみずほフィナンシャルグループが持ち株比率を27%に引き上げ、筆頭株主となった。 オリエントコーポレーションの社長、会長には、歴代旧出身者が就いていた。 不祥事 [編集 ] 2003年に構成員が同社支店勤務の社員に顧客リストを持ち出させ、オリコ側に金銭要求した恐喝未遂事件が発生。 同年3月にリストを持ち出した社員を窃盗容疑で逮捕され懲戒解雇、暴力団構成員も恐喝容疑で逮捕された。 内部関係者持ち出した情報を基に金銭を要求する類似事件としてや、などが発生している。 2003年より業者が高齢者に対してで持ち掛けた高額なリフォーム工事に対して、あっせんを受けたオリコなど信販各社は慎重な契約確認などをせず高額な契約を締結させた結果、手抜き工事や工事自体を実施していない・状態にあるにも関わらずローンの返済を行わなくてはならない「事件」がに表面化した。 契約者の返済が滞ると家屋をられたり、の付保などバブル期の問題を彷彿とさせるものであり、形振り構わず貸し付ける杜撰な審査体制であると(系列「」など)で酷評された。 なお、オリコはこの報道がされる1年前には率先して行っていた有限会社富士商や類似業者に対して契約解除を行っている。 2008年の抜本的な見直し(支払見込可能額の設定・高額の生活耐久消費財には丁寧な審査を行い、返済能力を確認する旨)改正の起因となった。 2012年12月から開始されたの調査により、が明らかとなった。 「」も参照 これはオリコのキャプティブローンにおいて、申込者が暴力団関係者であることのチェックをすり抜けてを引き受け、みずほ銀行がオリコの信用保証とあっせんを基に自動車購入資金を融資した件数が230件・融資額2億9千万円あったとされるもので、2013年9月27日にみずほ銀行に対し金融庁から業務改善命令が出された。 問題となった融資のうち返済不能となった147件、計約1億8000万円はオリコがみずほ銀行に対ししていた。 同年10月15日社長を委員長とする反社態勢強化委員会及び特別調査部会が設置され、16日には、みずほ銀行とデータベース強化のためシステムを接続するなどの再発防止策をまとめた報告書をに提出した。 また1月には、同省からに基づきが発動された。 グループ会社 [編集 ] 連結子会社 [編集 ]• 株式会社(元2部上場)• 株式会社オリエント総合研究所• 株式会社オリコエステート• 株式会社オリコ ビジネス&コミュニケーションズ• オリファサービス債権回収株式会社• 株式会社甲南チケット• 株式会社システムオリコ• 株式会社スタッフオリコ• 日本債権回収株式会社• 株式会社ビジネスオリコ• 株式会社ホロニック• 株式会社CAL信用保証• 株式会社オリコフォレントインシュア 持分法適用関連会社 [編集 ]• 伊藤忠オリコ保険サービス株式会社• 株式会社オリコオートリース• 株式会社オリコビジネスリース• 株式会社JCM 沿革 [編集 ]• 3月 - 現在の法人格である会社(オリエントファイナンス)の設立。 12月 - 協同組合広島クーポン設立。 8月 - 広島信用販売株式会社設立。 協同組合広島クーポンと業務提携し、融資事業を開始。 5月 - 広島信用販売株式会社が広島信販株式会社に改称。 4月 - 株券額面変更目的で、株式会社オリエントファイナンスが広島信販株式会社を吸収合併(実質上の存続会社である広島信販の事業を承継)。 10月 - 上場。 10月 - 市場第二部上場。 - 国内初の全国で利用可能な広域型クレジットカードを発行• 7月 - 本社を広島からへ移転。 10月 - 市場第二部上場。 4月 - 東京都東池袋のへ移転。 9月 - 東京証券取引所、大阪証券取引所市場第一部指定。 - Internationalと提携。 - 信販会社系初の オリエント総合研究所設立。 遅延損害金累積請求開始。 10月 - オリエントコーポレーションに改称。 当初、一般向けのCMでは「オリエントと呼んでください」とうたっていたが、のオリコが次第に浸透した事により、1992年頃から一般向けや加盟店向けにもオリコで通すようになり、ロゴも「Orient」から「Orico」に置き換えられた。 11月 - 特定債権法に基づき業界初のの流動化を実施。 - 国内初のである、日本債権回収株式会社を設立し業に参入。 4月 - 5丁目2番地1に竣工した麹町ミレニアムガーデンオフィスタワーを一棟所有(区分所有)し、本社ビルとする。 - カード会員数が1000万人を突破。 3月 - 構成員が元社員に顧客リストを持ち出させ、オリコ側に金銭要求した未遂事件が発覚。 6月 - リボルビング払い専用型カード「Orico MasterCard UPty(アプティ)」発行。 6月 - リボルビング払い専用カード型初のゴールドカード「Orico Gold MasterCard UPty」の発行開始。 4月 - の個人向け無担保保証事業をから承継。 4月 - ユーシーカードが分割した個人向け無担保保証事業を承継。 9月 - の認証取得。 10月 - サムニングループや有限会社富士商(大田区)などによるにおいて、オリコの杜撰な審査体制が発覚。 3月28日 - 約4,500億円の最終赤字を計上し債務超過に陥る見通しとなったことから抜本的改革を発表。 4月 - が分割した事業を承継。 5月2日 -1,400億円の債務株式化 第一回I種優先株式 と1,500億円の優先株式発行 第一回J種優先株式 及び減資を実施して債務超過を解消。 8月1日 - 東京証券取引所、大阪証券取引所市場第二部へ指定替え。 11月 - 株式会社が分割した・ショッピングクレジット・部門を承継。 9月 - みずほ銀行及びみずほコーポレート銀行がB〜H種優先株式を全て普通株式へ転換し、みずほFGの持分法適用関連会社となった。 2月 - 第一回I種優先株式の普通株式への取得請求権を解除。 3月17日 - 東京証券取引所市場第一部へ指定替え。 5月27日 - 大阪証券取引所上場廃止。 10月23日 - 新ポイントサービス『オリコポイント』の提供開始。 6月 - 年会費無料で還元率の高いクレジットカード『Orico Card THE POINT』の募集を開始。 6月 - スマートフォン用無料アプリ『オリコポイントゲートウェイアプリ』の提供開始。 7月31日,8月10日 - 第一回J種優先株式の全てについて、普通株式への取得請求権が行使された。 8月5日 - 株価指数『JPX日経インデックス400』への新規採用が公表された。 10月 - 『Orico Card THE PLATINUM』の募集を開始。 1月31日 - 当期末において11期ぶりに復配をすると発表。 6月27日 - 第一回I種優先株式140,000,000株のうち70,000,000株を消却。 10月 - リクルート系家賃保証会社を買収しオリコフォレントインシュアへと社名変更。 加盟する信用情報機関 [編集 ] クレジットカードなどの信用審査を行うために、以下のに加盟している。 CIC クレジットカード [編集 ] 国際ブランド [編集 ] のプリンシパルメンバーであり、MasterCardブランドを主力にすると共にMasterCard Worldwideの国際理事として重要な役割を担っている。 また、に関しては株式会社の発行権を利用していたが、現在は発行権を取得している。 さらに株式会社とによるJCBのクレジットカードも発行している。 一時期一般カードはMasterCardブランドのみ募集していたが、現在はVISA・JCBブランドの募集も再開されている。 また、株式会社が発行するである「 オリコカード」も存在するが、表立つ新規募集はなされていない。 主なプロパーカード [編集 ] 国際ブランド付きオリコカード(提携カードを含む)には、「海外旅行傷害保険」・「国内旅行傷害保険」・「紛失・盗難保障」・「シートベルト傷害保険」・「ショッピングガード」の各種保障・保険サービスが付帯する。 ゴールドカードでは保障内容が拡充されている。 オリコ一般カード - 年会費1,312円• オリコUpty - リボルビング払い専用カード。 次年度年会費1,312円(年1回以上のショッピング利用で無料)• オリコゴールドカード• The Gold - 年会費10,500円、利用可能、暮らスマイルステージは120から設定されている。 i Gold - 年会費3,150円、空港ラウンジ利用不可、暮らスマイルはステージ60から設定されている。 1999年から募集されているの趨り。 Gold Upty - 年会費5,250円、暮らスマイルはステージ60から設定されている。 リボ払い専用カードであるがThe Goldと同等のサービスが受けられる。 2004年から募集開始。 Premium Gold id - 年会費1,980円、空港ラウンジ利用不可、暮らスマイルはステージ60から設定されている。 がカードに搭載されており、グルメぴあとのえぶりコライフサポート倶楽部会員として優待が受けられる。 2008年10月からMasterCardと、12月から同社ゴールドカード初のJCBブランドで募集開始。 主な提携カード [編集 ] 現在発行している主な提携カードは以下の種類である。 詳細は、公式サイトを参照のこと。 エンターテイメント系• 「animate() クレジットカード」• 「Koda Kumi MasterCard(カード)」• 「カードMasterCard」• 「turbo MAXIMUM Card()」• 「のロックばんカード」• 「カード」• 「カード」• 「MasterCard UPty」• 「 DOA 10th ANNIVERSARY CARD」• 「カード」• 「MasterCard UPty」 自動車系• 「カード」• 「カード」• 「 ザ・カード」• 「 カーライフサポートカード」• 「ロータスカード」 旅行系• 「SRS PLUS カード()」• 「スカイウォーカーカード 」• 「たびかカード」((日通旅行)) ショッピング系• 「カード」• 「カード()」• 「ファミリーカード」• 「メンバーズカード」• 「スペシャルカード」• 「フタバロイヤルカード」()• 「ペットのカード」• 「カード」• 「カード」• 「カワチグループカード」() 家電量販店系• 「カード」(及び2011年4月以降の、、発行分)• 「カード」 住宅系• 「グッドライフカード」 プロバイダー系• 「POWERカード・ nifty常時安全カード」 スポーツ系• 「BARCLAYS Premier League-Orico MasterCard(提携)」• 「FC岐阜OFFICIALCARD(提携)」• 「M Card」(提携)• 「Orico Manchester United MasterCard(提携)」• 「カード」 社会貢献系 2010. 23現在• 「Gift of Life Card UPty」• Gacktプロデュース「Save Our Dearsカード」• 「カード(提携)」• 「STOP CARD」• 「カード」• 「カード」• 「しんくみピーターパンカード」• 「オリコカード」• 「カード」日本初の社会貢献系カード• 「日本動物愛護協会カード」• 「パピーウォーカーカード」• 「カード」• 「ボーイスカウトカード」 その他• 「ファミリーカード、学研教室カード」• 「メンバーズカード」• 「カード」• 「モンテカード()」• 「ふれあいカード」• 「 The POINT」 非接触ICカード機能 [編集 ] オリコクワトロカード 非接触ICカード通信技術を内蔵しており、一部のマンスリーマンションやビジネスホテルの電子鍵として使用できる。 にあるショッピングモールとの提携カード「イクスピアリカード 」などで、MasterCardが推進する非接触決済サービスに対応している。 2009年4月から募集開始の「JRタワースクエアカードkitaca」においてのが搭載されている。 内蔵kitacaへのクレジットチャージはJR北海道のみどりの窓口における手続のみ。 脚注 [編集 ] [] 注 [編集 ]• マネ会. 2019年7月16日閲覧。 日本経済新聞. 2015年7月31日. 2015年8月3日閲覧。 プレスリリース , 株式会社みずほフィナンシャルグループ 株式会社みずほ銀行, 2015年7月31日 , 2015年8月3日閲覧。 共同通信. 2007年2月15日. 2014年6月29日閲覧。 共同通信. 2007年3月6日. 2014年6月29日閲覧。 共同通信. 2010年5月12日. 2014年6月29日閲覧。 ビジネスジャーナル2013. 毎日新聞 2013年10月17日• 2013年10月15日• 共同通信. 2014年1月17日. 2014年6月29日閲覧。 日本経済新聞. 2014年1月17日. 2014年6月29日閲覧。 2012年1月23日閲覧。 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (非接触ICカード)• (提携カードに付帯)• (かつて系列で放送していた一社提供番組)• (第34回まで協賛スポンサー)• - とオリコを母体とするラグビー部。 現在1部に所属。 - 関越道付近に大規模な事務拠点(オリコ鶴ヶ島ビル)が所在する。 - 旧の沿いに、インフォメーションセンターなどが入居する事務拠点(オリコ本社別館)が所在する。 - が修習生へ生活費を貸与する際、オリエントコーポレーションが保証を行っている 参照:。 外部リンク [編集 ]•

次の

オートローン完済時の所有権解除について|ローン・キャッシングのオリコ

オリエント コーポレーション 所有 権 解除

セディナ TEL:052-310-1555 第一カスタマーセンター 営業時間:9:30~17:00(1月1日休み) OCS TEL:098-901-0094 OCSサポートセンター 平日9:00~17:30/自動音声対応24時間 365日受付 オリエントコーポレーション TEL:092-441-7311 福岡クレジットセンター 所有権解除書類発行の手順 STEP. 1 以下の必要書類を弊社業務部までFAXまたはご送付下さい。 (個人情報保護法第23条準拠) FAX送信先:琉球三菱自動車販売(株)業務部 FAX:098-876-2244 TEL:098-877-1880 営業時間:9:30〜18:00 休日:土日祝日及び弊社指定休日 STEP. 2 FAXが到着、若しくは書類が到着後、弊社にて残債を照会させていただき、結果をご依頼者様宛にお電話にてご連絡させていただきます。 クレジット会社が残債を管理している場合、または残債が残っている場合、弊社から回答できない場合があります。 その場合は、クレジット会社の連絡先を回答させていただきます。 残債が残っていた場合には、一括精算を完了いただきましてからのお手続きとなります。 STEP. 3 お問い合わせの結果、完済が確認されましたら、 【STEP. 1】の書類を弊社にお持ちいただくか、ご郵送頂きます。 所有権解除書類を発行いたします。 発行の手数料は以下の通りです。 4 所有権解除書類が発行されましたら、車検証の名義変更手続きとなります。 名義変更は、お客様ご自身で陸運事務所もしくは軽自動車検査協会で手続きいただくか弊社で代行することも可能です。 弊社で代行する場合の手数料は以下の通りです。

次の