ガンダム グ シオン リベイク。 1/100ガンダムグシオン/ガンダムグシオンリベイクのレビューです。

HGIBO ガンダムグシオンリベイク完成報告。

ガンダム グ シオン リベイク

ガンダムフレームをベースとしてパーツを組み替えることで、グシオンとリベイクが再現できます。 ガンダムグシオンは宇宙海賊ブルワーズのクダル・カデルが操縦する重モビルスーツです。 一方のガンダムグシオンリベイクは鉄華団が鹵獲したガンダムグシオンをテイワズが改修した、隠し腕搭載モビルスーツです。 グシオン、グシオンリベイクのコンパチのため、順番に2パターンのご紹介となります。 まずはガンダムグシオンのレビューからご紹介します。 グシオンリベイクのレビュー、パッケージとランナーのレビューをご覧になりたい方は、下記のリンクからどうぞ。 細部にモールドが追加され、わずかにディティールがアップしています。 HGとの違いを比べるには、HGガンダムグシオンのレビューをご覧ください。 全体的に3色で色分けされていて、バランスの良い配色になっています。 武器はグシオンハンマーとサブマシンガンが付属。 サブマシンガンのストック部分は伸縮可能です。 機動性無視の超重量級モビルスーツです。 後ろからだと余計脚が短く見えますね。 左右対象のデザインはHGと同様。 前後面と比べて横面はなかなか細身でスタイリッシュです。 首の可動域はまずまず。 見上げることはできるようになっています。 若干襟が干渉しますが、180度左右に振ることも可能。 両腕はショルダーアーマーの関係上、水平に上げるのが精一杯かと。 ショルダーアーマーを含めた腕の付け根(脇の紫色パーツ)が回転しないので、上方に腕を上げることは出来ないようになっています。 この辺りはコンパチの弊害ですかね~。 肘関節は外装アーマーが干渉し、90度とまではいかないようです。 頑張っているつもりですが、腰の回転はこんなもんです。 一応回転するようにはしてありますが、アーマーが干渉します。 アーマーを全部外せば回転します。 開脚が見た目以上にワイドです。 これにはビックリ!脚部の可動域が広いことで、アクションポーズが充実します。 膝関節はまあまあ曲がっている程度です。 アーマーが干渉する部分です。 立膝はなんとかできるッて感じですね。 フロントアーマーとサイドアーマーの隙間から腿を出してやれば可能です。 わずかに可動するくらいですが、腿外部アーマーの関係上あまりくるぶし下が動かなくても気になることはありません。 ただ、ポロリ対象パーツです。 (個体差があるかもです) サイドアーマーを開けは水平に脚部が展開します。 これは見事!!ガニ股も180度と完璧で、内股は太もものパーツが干渉して僅かに内股になる程度です。 カエル型頭部は相変わらず。 外装的な組み方はHGのガンダムグシオンとそれほど変わりません。 内部は少しだけ違っています。 画像ではわかりませんが、ツインアイが別の黄色いパーツで再現されています。 胸部はHGと比べて色分けされた部分が増えました。 バスターアンカーと呼ばれる400ミリ口径火砲が装備されており、接近戦攻撃用機体として充実しています。 角ばったパーツが重量感や装甲の厚さを感じさせます。 股のフロントアーマーは左右別パーツで独立しています。 HGのように、片足を上げるともう片方のアーマーまで浮くことはありません。 強度がありそうなショルダーアーマーです。 突起が3箇所に見られます。 アーマーは真ん中で分かれています。 HGのグシオンと同じような造りですね。 合わせ目に段落ちがあるので合わせ目が気にならないようになっています。 サイドアーマーで隠れている、腕部付け根二の腕部分がポロリ対象です。 背後にバックパックはなく、リベイクでシールドとして再現されている部分が背中の装甲デザインになっています。 後ろから狙い撃ちされてもちょっとのことではびくともしなさそうです。 色分けパーツは一部で、HGでは色分けされていたダクト部分が外装と一体になってしまっています。 グシオンハンマー設置用アタッチメント(マウントラッチ)を引き出し、回転させてハンマーを設置可能です。 意外としっかりしていて、ハンマーを一定の角度で保持できます。 サブマシンガンは腰部リアスカートに設置可能。 保持力も安定しています。 サイドアーマー内には手榴弾が付いています。 2個並んでいますが、脱着できるのは1個だけです。 左右1個ずつ脱着可能です。 手榴弾には突起が付いていて、平手の穴に差し込んで保持させることが出来ます。 膝までのガンダムフレームを分解し、グシオン用内部パーツを組合せることでグシオンの容姿にすることが出来ます。 腰は他の部分とは違い、縦に分割されています。 ではグシオンの雄姿を何枚かどうぞ。 腕がグシオンハンマーの重量に耐えられないので、片腕でハンマーを持つとフニャッと腕がタレたり手首がクルッとひっくり返ったりします。 両腕でハンマーを持たせると今度は二の腕から下の部分が外れたりと、なかなか思うようなポージングができないので、きっちりさせるためには関節強度のアップが必要と感じました。 まあこの辺りは関節強度のアップをすればいいだけなので問題ないですね。 股の下、脚の付け根部分も立たせた状態でアクションポーズを取るとフニャッとなったりします。 上半身の重量に耐えられない部分があるのか、ちょっとひ弱ですね。 普通に立たせたり、多少のアクションポーズでは問題無いですが、あんまりつついているとフニャッとなります(笑)この当たりも関節の強度アップが必要です。 画像で御覧頂いたとおり、短足ながらもアクションポーズはかっこいいですし申し分ないかと思います。 コンパチのシステムもどう組み替えて再現するのかなどの楽しみがあります。 腕が上がらないのは残念ですが、個人的には可愛くて好きなガンプラですね。 では続いてガンダムグシオンリベイクのレビューです。 HGのリベイクとくらべてややスマートですかね~。 見た目的にはほとんど違いはありませんが、部分部分でパーツが分かれていて、色分けがされています。 バックパックが少し重いので、やや後ろに倒れ気味になります。 しっかりと脚を安定させると直立させることができます。 グシオンと同様に股関節がやや弱いので、ポージングをしているとフニャッとなる場合があります。 照準モード時はブレードアンテナを閉じておきます。 シールドはHGと同じく腰部リアアーマーに設置可能で、ナイトっぽいですが、蜂のおしりのような感じもあります。 シールドの角度はHGとくらべて角度調整が可能です。 頭部上部の2枚羽はシールでの再現ですが、他の部分は白パーツで色分けされています。 フェイスはカメラアイと頬にシールが付きますが、それ以外はパーツで色分けされています。 胸部はバルバトスに似ている部分ですが、若干バルバトスよりも厚みがあり、装甲が硬い印象があります。 腰はガンダムフレームがむき出しで、この部分もバルバトスと似ているところです。 頭部や腰のシャフト部分、リアクター部分など、少しだけバルバトスと違うところがあります。 脚部もバルバトスと似ている形状ですが、バルバトスよりもボリュームがあり、脚の甲もボリューム感があります。 白いパーツは展開させることができます。 グシオンとは対照的に、かなり細身で肘関節のガンダムフレームがむき出しになっています。 背中のバックパック内に隠し腕が入っています。 HGとくらべて外装パーツにモールドが追加され、リアル感が増しています。 外装パーツは最中割のため、上部に合わせ目がありますが、合わせ目に段差があってモールドのようになっているので気になりません。 首周りがスッキリしているわりに、可動域はあまり広くありません。 襟、顎などが干渉して、見上げたり見下げたりできないのは残念です。 グシオンと同様に、左右には180度可動します。 腕部はショルダーアーマーを上げることでV字型にまで配置可能です。 首周りがすっきりしていることの恩恵がありますね。 ヒジ関節も柔軟性があり、90度以上曲げることが出来ます。 ガンダムフレームのシャフトが見えるのもリアル感があっていいですね。 腰部のアーマーなどが干渉することが原因だと思います。 グシオンは組換時に埋め込む必要があったアクションベース用アタッチメントですが、グシオンリベイクの場合は設置時に挿し込んで使用します。 股下に差し込む穴があります。 ガンダムフレームの場合、股関節の可動域はかなり広いですね。 申し分ないですね。 腿のアーマーがでかく干渉するためあまり膝関節が曲がりません。 膝関節のこの可動域は悲しいものがあります。 おかげで立膝はえらい格好になってしまいます。 足首の可動はフレームの可動域そのままって感じですね。 バルバトスと同様にそれなりです。 もはやお馴染みの股関節180度状態です。 HGのガンダムグシオンリベイクも股が水平になります。 (でかい割に) がに股はもちろん180度状態、内股はそれなりです。 ロングレンジライフルは分解が可能。 シールドの裏に分解して設置することが出来ます。 シールドはスラスターのみ色分けされています。 表面のダクトや白い部分は色分けされいません。 また、裏面は肉埋めが必要なくらいの隙間があります。 これは見た目的にも残念かと。 アタッチメントは可動式で、シールド裏のあらゆる部分に設置可能です。 ハルバートはパーツの組み替えで長さ調節ができるようになっています。 ショートバージョンにしてシールド裏に収めることが出来ます。 バックパックは左右上下に可動させることができます。 無理に動かそうとすると根元が外れることがあります。 隠し腕のギミックはHGグシオンリベイクとは少し構造が違います。 外見的には違いはほとんどわかりません。 手首を折り曲げて収納するようになっています。 では適当に何枚かどうぞ。 グシオンリベイクはグシオンと比べてかなり細身でスタイリッシュになっています。 関節強度はグシオンと同じでポージングしているとフニャッとなったりして製作者を困らせることもしばしば。 バックパックに重量があるため、直立させておくのも少し気を使うところです。 しかし悪いところばかりではなくいいところもたくさんあります。 ガンダムフレームそのものの味が出ていますし、隠し腕の迫力感も存分に味わうことが出来ます。 武器にハルバートが付いているので、HGガンダムグシオンリベイクのような寂しさがなく、ワンランク上のアクションシーンが再現できるのもいいですね。 各部最低限の色分けがされていて細いモールドも情報量が多くてリアル感があります。 少しスミ入れとデカールをすればそれなりの完成度が拝めるのでいいのではないでしょうか。 下の方には薄っすらと昭弘・アルトランドとクダル・カデルのイラストもあります。 パッケージの大きさはマスターグレード級。 MGのVer. kaと同じくらいのサイズです。 HGの鉄血系商品とは段違いです。 片方の側面にはグシオンとリベイクの細かな特徴が掲載されています。 ギミックの種類が満載です。 側面を見て思わず買ってしまうお客さんもいらっしゃるのでは!? 反対側はグシオンとリベイクの特徴やパイロット、そして換装について記載があります。 では開けてみましょう。 箱にランナーがぎっしり!全部で10袋に分かれています。 チラシはサンダーボルト第2話と鉄血のオルフェンズブルーレイの紹介です。 説明書の流れとしては、はじめにガンダムフレーム、次にグシオンリベイクの外装組み込み、そしてグシオンへの換装となっています。 ここからランナー紹介です。 ガンダムフレームのパーツです。 こちらもガンダムフレームのパーツです。 足や手など2本ある部分が左右対称なので同じランナーが2つあります。 緑系がグシオンの外装パーツ系、紫が内装パーツ系、黄色がグシオンのカメラアイです。 ほとんどがグシオンの内装パーツです。 ですが気になる方は埋めたほうがいいかと。 グシオンの外装パーツです。 大きいパーツが多いので切り出しは楽です。 脚部や腕のパーツで、左右対称なので2枚あります。 グシオンの武器類パーツがあるランナーです。 サブマシンガンのストックは伸縮可能の別パーツです。 ここからグシオンリベイクのパーツになります。 色分けパーツで、腕、脚、頭など各部バラエティに富んだランナーになっています。 リベイクの黒い部分のパーツです。 シールドの裏面もここにありますね。 こちらもI1ランナーと同じく黒部分のパーツ類です。 I1の半分と同じですね。 リベイクの外装パーツです。 薄茶色なのでリベイクとすぐに分かりますね。 リベイクの脚部、腕部、隠し腕部分などの外装パーツで、左右で2つ同じランナーがあります。 リベイクの武器パーツです。 ロングレンジライフルの分解構成は味があっていいですね。 金色はガンダムフレーム用、真ん中はハルバートの剣先、その他各部に貼っていきます。 以上、ランナー・パッケージのご紹介でした。 2機分まとめてのご紹介なのである程度気合が必要でした(笑)では総括をどうぞ。 ka並みではありますが、パーツ類が大きいのでちまちま感はあまりありません。 2タイプの違った機体が一度に組めるのもいいですね。 HGには無かった武器の追加、2機の機体の組み替え、隠し腕、ライフル分解、照準モードの頭部など、楽しみがたくさんあるボリューム満点なガンプラになっています。 これほど一度に楽しめるガンプラもそうないですね。 その分レビューはやや大変なものになりましたが、それだけご紹介する内容や情報量がボリューム満点なので、組みごたえや良し悪しがご確認いただけるかと思います。 ぜひ入手してこれらの満足感を味わってみてはいかがでしょうか。 では良いガンプラライフを。 ではでは~。 2 件のコメントがあります。 on 2016年2月26日 at 15:29 - 何故コンパチなんだろうか。 先ずそう思いました。 夫々で出せ、と。 迷いますが、私はグシオンだけが良かったです。 そんな人には無駄に高く感じてしまいます。

次の

HGIBO ガンダムグシオンリベイク完成報告。

ガンダム グ シオン リベイク

物語も大きく動きはじめ、さらなる盛り上がりを見せる『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。 また、アニメ本編で明らかになった驚愕の新武器・シザース可変型リアアーマーや照準モードヘッドパーツ、隠し腕やナックルガードといった固有のギミックもしっかりと再現されており、プレイバリューの高い「遊べる」キットとなっています。 このHG ガンダムグシオンリベイクフルシティですが、組んで一番最初に気になったのが、身長です。 設定上、小さな機体だと思うのですが、HG ガンダムバルバトスルプスと並べると身長差が気になり、もう少し大きいほうが武装や他パーツとのバランスが良くなると感じたので、くるぶしのフレーム関節部分で3mmほど延長しました。 また、この工作により、スネの装甲をはめても関節が丸見えとなってしまいますので、外側になる面だけ装甲の下端を延長しています。 内側は可動の関係上、そのままとしました。 さらに脚部ですが、まっすぐに伸ばしたときに、ヒザが干渉して少し曲がって見えてしまうので、ヒザ裏の装甲とフレームを2~3mm削り、まっすぐ伸ばしても干渉しないよう調整しました。 それにより素立ちの時に、シュッとした印象になりました。 そして股間ブロックですが、上下幅が薄く浮いた感じになっていたので、中央下部を延長しガンダムバルバトスルプスと同じようなシルエットに変更しています。 腕部はオルフェンズシリーズ他キットと同様に、合せ目が発生してしまいますので、分割ラインを変更し、合せ目を処理しています。 また、背部バインダーや肩アーマーなどは受け軸を「コ」の字にカットし、合わせ目を処理したあとで軸パーツをパチンとはめ込む方式を取っています。 もし、それによりユルユルになってしまった場合は、受け軸の内側、または軸パーツに瞬着を塗り、少し太らせてあげるときつくすることができますので、調整してみてください。 コの字カット方式だと保持力に心配がある部分は、分割ラインと反対側に同じようにスジ彫りを加えて、モールド化する方式をとっています。

次の

ガンダム・グシオンリベイクフルシティ

ガンダム グ シオン リベイク

概要 [ ] 地球、火星間の宙域航路を拠点とする宇宙海賊『』が所有する採用機。 と同じくかつての時に開発された機体である。 デブリ帯の中で発見され海賊達に手を転々と渡り歩きブルワーズの元に渡っている。 なお作中初期の姿はブルワーズでの運用に合わせて改装された姿でありオリジナルの本機の姿は不明である。 また本機の姿はあくまでブルワーズでの運用時の形態である為作中外では厄祭戦時の形態との混同を避けたり区別の目的で「ブルワーズ・グシオン」と呼称される場合も有る。 ガンダム・フレーム特有のツインリアクターシステムの高出力を利用した超重装甲の突撃戦を得意とし、全身に纏った超重装甲のために他のガンダムと異なる肥大化した風貌となっており、内部のガンダムフレームそのものすら改造により手が加えられた状態になっている。 その為、圧倒的な装甲を持ち戦艦の機関砲程度ではびくともしない防御力を持つ。 反面、重量の増加に伴う燃料消費を補う為に大型の推進剤のタンクを内蔵しているが長期戦には向いていない。 また、運用しているブルワーズが惑星重力下での活動を想定していない為、宙間戦闘特化のカスタマイズが施されている。 パイロットは同組織のモビルスーツ部隊隊長を務める。 名前の由来であるグシオンとは、バルバトスと同じくソロモン72柱の第11位に位置する悪魔の名前である。 登場作品と操縦者 [ ] と密約を交わしたブルワーズの戦力として、配下のを率いて鉄華団を襲撃する。 二度に亘る戦闘ではバルバトスと交戦するも、持ち前の超重装甲や得物であるハンマーを活かして三日月を苦戦させた。 しかし最終的にバルバトスの太刀によってクダル諸共コックピットを刺し貫かれ鉄華団に回収されている。 戦闘終了後はマン・ロディと共に売却される予定だったが、弟を失ったの要望により彼の搭乗機(厳密には改装されたリベイクからの事だが)となる。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 詳細はリンク先参照。 ブルワーズ時代のグシオンは元の装甲材も分厚く硬い為より堅牢な機体となっている。 武装・必殺攻撃 [ ] グシオンハンマー 総重量15tを超える超弩級の質量破壊兵器の大鎚。 内部に加速用スラスターを搭載しているため接触時のインパクトが大幅に向上し、比類ない破壊力を生み出している。 90mmサブマシンガン と共通の携行式サブマシンガン。 400mmバスターアンカー 胸部に四門装備された400mm口径のキャノン砲。 モビルスーツの搭載する火器としてはナノラミネートアーマーが施されてるの装甲材にさえダメージを与える程の威力を有するが、射程距離は短く装填弾数も少ないため用途は近距離戦に限定される。 バルカン 頭部に装備された左右一対の迎撃武装。 通常弾の他、信号弾の運用も可能であり、通信に制限のあるエイハブ・ウェーブ影響下で部隊に指示を送る際に使用される。 手榴弾 両サイドスカート内に二個ずつ計四個装備されているマン・ロディと共通の球形手榴弾。 機雷の様にサイドスカートから直接切り離し放出する事も可能。 グシオン・アックス 先端部に鎖付小型ハンマーを付けた長柄の斧。 劇中では装備していないが設定書籍の画稿や文字設定、模型においてグシオンの武装として紹介されている。 グシオンチョッパー マン・ロディの「ハンマーチョッパー」より大型の、中華包丁を思わせる肉厚の大鉈。 劇中でグシオンが直接装備した事は無く、リベイクがエドモントン戦で使用した 他、二期のJPTトラスト所属のマン・ロディが装備している。 対決・名場面 [ ] 対& 地球へ向かおうとする鉄華団を撃墜し、ギャラルホルンとのパイプ構築を画策するブルワーズの思惑で、本機率いるモビルスーツ部隊が2度に亘って抗戦する。 関連機体 [ ] 、、、、、、、 ガンダム・フレームを採用している機体。 グシオンと同じく、悪魔の名を冠している。 ブルワーズの主力量産機。 グシオン同様に重装甲、高出力と言った特徴を持ち外見も似ているが、これは「グシオンの外装はマン・ロディの製作元と同じ所に発注した物である為」との事。 、 鉄華団に鹵獲された本機を、の専用機として改修した形態。 ブルワーズ時代のの鈍重な外観から一新され、弱点であった継戦能力や汎用性も大幅に底上げされている。 資料リンク [ ] 脚注 [ ].

次の