リモート 飲み 会 アプリ。 「リモート飲み」のメリット・デメリットとは?おすすめ&人気ツール5選

リモート飲み会・帰省で人気のアプリ5選【LINE・Zoom・Skype・Messenger・たくのむ】

リモート 飲み 会 アプリ

目次 有料アプリ• 無料アプリ• 有料アプリ 1. Image: Google は、広範囲のディバイスやウェブブラウザで使えるので、一番人気かもしれません。 Googleが開発したに含まれており、 テキスト、音声、ビデオを使ったチャットができて、1回のコールにつき最大250人までつなぐことができます。 さらに、しっかりしたモデレーション機能とプレゼンテーション機能も装備しており、会議の録音も可能です。 ビデオコンファレンスの新しいアプリを見つけたい企業にはおすすめかもしれません。 Hangoutsは、 無料版でも一度に最大150人のユーザーをつなぐことができますが、会議参加者は各自のGoogleアカウントを使って接続する必要があるため、 Googleアカウントを持っていないと参加できません。 また、無料版はプレゼンテーション機能も録音機能もありません。 しかし、最大150人をつなぐことができる点は、、、で使用する他のどの無料版と比較しても優れています。 2. Screenshot: Zoho GoogleのG Suiteは使いたくない人には、Zoho Oneはいかがでしょう。 オープンソースのオンライン会議ができるソフトウエアで、ZoomやHangoutsに慣れている人なら誰でも簡単に使えます。 Zoho Meetings(日本語対応)を使うと、ディバイス間で暗号化されたビデオ会議、電話会議、オンラインセミナーをホストできます。 ダイヤルインやメールに貼り付けたリンクを介してアクセスできるので、 会議参加者はアプリにサインアップしたりアプリをダウンロードする必要が無く、デスクトップ用、ウエブ用、スマホ用のバージョンもあります。 会議のホストは、録画機能、モデレーションツール、会議設定・招集ツールを使用できます。 また、このソフトウエアはZoho Officeアプリのパッケージソフトとも統合するので、プレゼン中にスプレッドシート、テキスト文書、その他のファイルを簡単に取り込むことができます。 各ホストは最大10セッションの録画を保存できます。 組織用にストレージを追加する場合はアドオンの購入が必要。 録画をオンラインで再生・共有、ダウンロードが可能です。 Zohoは、も提供しているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。 3. Zencastrはいわゆるウエブベースのポッドキャスティングサービスなので、 ビデオ通話はできませんが、電話会議をするには最適です。 現在COVID-19の感染爆発が発生しているため、Zencastrは会議参加者の人数も録音時間も制限を解除しています。 そのため、無料版を使って通話をホストするときも、参加者の人数と会議の録音時間は無制限です(通常は、1通話の参加者は3人が上限で、録音時間は1カ月あたり8時間が上限ですが、録音されていない通話はカウントされません)。 月額20ドルの有料版のユーザーは、特別なライブ音声編集ダッシュボードとポストプロダクションツールを使用できます。 Zencastrのアカウントを持つ必要があるのはホストのみで、Zoomと同じように、シンプルなリンクをシェアすることで参加者を招待できます。 大規模な電話会議で、複数の人が同時に発言することを防止したいときは、発言したい人に「ハンドレイズ」ボタンを押してもらうようにするとスムーズに進行できます。 無料アプリ 1. Image: Discord Discordは、ゲーマー向けのチャットアプリですが、暗号化されたチャットと柔軟な通話設定・招集機能のおかげで、単なるゲームアプリより幅がある点が魅力です。 ユーザーが「専用サーバー」上でチャットルームを設定して、そこでチャット参加者とチャットする点はと似ていますが、テキストによるチャットのみならずビデオ通話と音声通話も利用できます。 ビデオ通話でつなげる人数は9名が上限ですが、ビデオ会議中にシンプルな画面共有ツールなどの便利な機能が使えます。 無料アプリであることを考えると、かなりの柔軟性があり、永く使い続けたい会議用ソリューションとしては最適かもしれませんが、起動と稼働の簡便性に関しては、ここでご紹介する他の無料アプリの方が優れています。 Discordは、で使用できます。 2.WhatsAppとFacebook Messenger Image: WhatsApp Facebook MessengerとWhatsAppは(現時点では)別のアプリですが、どちらもFacebookが所有しており、共通のバックエンドテクノロジーで稼働し、最終的にはInstagram DMと同じクロスプラットフォームサービスに融合します。 そのため、ここではFacebook MessengerとWhatsAppを一緒にご紹介しています。 WhatsAppとFacebook Messengerはどちらも音声通話とビデオ通話をサポートしていますが、スマホやウエブを使用する基本的な通話用にできているため、企業で使用するレベルの会議機能はありません。 少人数の同僚と簡単な通話をするだけでいいなら、どちらのアプリも十分使えます。 WhatsApp• Messenger ; ; 3. Image: Apple FacetimeはiOSでしか使用できないのが難点ですが、ほとんどすべてのAppleのディバイスに搭載されているので、実際には使用できる人が大勢いるはずです。 このアプリは1回の通話に最大32人までつなげることができるので、会議参加者がのどれかを使用できるなら、リモートで会議を行うには堅実な選択肢と言えます。 4. Image: Microsoft Skypeも多くの人に馴染みのあるビデオチャットサービスです。 1通話に最大50人のユーザーをつなげることができて、。 しかし、ほとんどの無料アプリと同様に、 Skypeでウエブ会議に参加する人は、Microsoftのアカウントを持つ必要があります。 とは言え、仲間内ですでに全員がサインアップしていてこのサービスを使用しているなら、何の問題もありません。

次の

「リモート飲み」のメリット・デメリットとは?おすすめ&人気ツール5選

リモート 飲み 会 アプリ

2020年4月現在、新型コロナウイルスは猛威を振るっています。 1日も早く収束し平穏な日々が訪れて欲しいものです。 4月7日には7つの都府県に緊急事態宣言が出されました。 外出は禁止されてはいませんが、用がないなら外出しない方がいいとされていますね。 外出の自粛要請ってやつ。 それが新型コロナウイルスに感染しない事になるし、感染させない事になる訳で。 最近は友達とお酒を飲みたいけど外出するのはちょっと…ということで、テレビ電話などを使った 「リモート飲み会」が開催されているようです。 遠く離れた人達とパソコンやスマホなどでお互い顔を見て喋りながら、各々が用意した物を各々の自宅で飲み食いするというオンラインの飲み会です。 面白い試みですよね。 酔っ払って寝ちゃっても自宅だし問題無し。 ここからが本題。 遠く離れた人達とやり取りが出来るビデオ会議のツール・アプリは沢山あります。 以前から使われているSkypeやFaceTime、最近人気のZOOMミーティングやGoogleハングアウトなどなど。 どれがゲーム向きかなどの特徴は他で調べてもらうとして、それらを使えば遠隔でボードゲーム会が可能じゃないだろうかと。 リモートボードゲーム会、これは良さげでしょ?ゲーム会が中止になって欲求が溜まってるボードゲーマーも多いだろうし。 楽しく自粛しようじゃないですか! という訳で、遠隔で遊べるボードゲームを紹介します。 と言っても、遊ぶ人全員が手元に同じゲームを持ってるというシチュエーションは少ないと思うので、たった1人が所持していればリモートで遊ぶ事が出来るボードゲームを集めてみました。 ジャストワン 2019年のドイツ年間ゲーム大賞に輝いた協力型のクイズパーティーゲーム。 これは遠隔専用ボードゲームと言ってもいいくらい。 ゲームは、1人が解答者で残りの人がヒントを出す人になります。 ヒントを出す人は答えを確認して、その答えに繋がるヒントを書きます。 そして解答者以外の全員でヒントを確認して、もし同じヒントを書いた人がいた場合はそのヒントを解答者に見せる事が出来なくなります。 直接的で安易なヒントを出すと他人のヒントと被るから、ちょっとズラしたヒントを出す必要が出てくるというのが面白いゲームです。 実際リモートで試してみました。 ヒントを書くので全員が筆記用具を用意する必要があります。 消す事も多いのでホワイトボードが最適だけど、紙とペンで十分。 遊んでみたけど、これはホントおすすめ!解答者に目をつぶってもらって、その間にみんなで答えを確認。 ヒントを書き終わったら、解答者以外のみんなで被りがないか確認。 それぞれの画面を見ながら被りを探す作業もまた楽しい。 そして解答者に答えてもらうという流れがドキドキするし、普通に遊ぶよりもビデオ会議やってる感じもあって楽しい! クイズいいセン行きまSHOW まず最初に思い浮かんだのがコレ。 リモートボドゲ会向きでしょう。 ゲームは、正解が存在しない・分からないクイズを出題したら全員が数字で答えます。 全員一斉に答えを発表して、数字順に並べて真ん中の答えを出した人が得点獲得という内容。 タイトル通り、いいセン狙って答えるというパーティーゲームですね。 問題を出した後も話が盛り上がるし、答えた後も会話が弾んで盛り上がりそう。 これもリモートで遊んでみました。 これもジャストワン同様、筆記用具が必要となります。 結論としては面白いです。 ただ、普通に遊ぶ時は出た答えを数字順に並べ替えるんだけど、ビデオ会議の場合は画面上でみんなが答えを出してるだけだから並べるのがちょっと大変かなぁと感じました。 紙に書いてランキングを作って真ん中の人を発表する感じ。 人が少なければそんなに面倒じゃないかも。 遊ぶ人の数にもよりますかね。 ホッタイモイジンナ 翻訳した外国語の音声を聞いてどんな日本語に聞こえたかを確認する空耳ゲーム。 外国語カードを選んだらグーグルで翻訳して音声を聞きます。 その音声が日本語でどんな風に聞こえたかを文字にして答えます。 書いた答えをみんなで見せ合って、同じように聞こえていたら得点獲得というのがゲームの流れです。 外国語が全て日本語っぽく聞こえる言葉が選ばれているので、みんなの答えが不思議と被ったり被らなかったり。 笑いが絶えないゲームです。 これは試さなかったんだけど、音声を聞くのがメインになるので音質が悪い場合は向いてないかも知れませんね。 どうしても参加者の環境なのか音質が悪い人もいたので。 その点さえクリア出来れば楽しく遊べるでしょう。 ゴモジン 各々が紙とペンを用意すれば遊べるシリーズをもう一つ。 これも「ジャストワン」のように解答者とヒントを出す人に分かれるクイズゲームです。 これは協力ゲームじゃなく、正解したり正解に繋がるヒントを出すと得点がもらえて高得点の人が勝ちというルール。 ゲームは、解答者以外の人が答えを確認したら、ヒントを文字で書きます。 その文字というのが、漢字2文字とカタカナ3文字の合わせて5文字で書くというしばりがあるんです。 5文字だからゴモジン。 普通に遊ぶ場合は、ヒントを早く書いた人から「1」「2」と数字タイルを取って、小さい数字を取った人から解答者にヒントを見せる権利があるんです。 ビデオ会議だとそれが出来ないので、ヒントを書いたら「1番」「2番」「3番です」と点呼を取る感じで順番を決めてました。 これもオススメのゲーム。 ウミガメのスープ カードには謎が書かれていて、その謎の真相を解明するというクイズゲーム。 出題者はカードに書かれた謎を読み上げます。 カードの裏には答えが書いてあるので黙読します。 ここからゲームスタートで、残りの人は解答者となって質問をします。 YESかNOで答えられる質問しか出来ないというルールなので、自由になんでも訊けるわけではありません。 それでも思わぬ質問が糸口となって、少しずつ謎が明らかになっていくのは非常に気持ちがいいんですよ。 リモートで試さなかったけど、人数も選ばないし会話だけで遊べるのでリモート向きと言えますね。 ビデオ会議はそこまで画質が鮮明じゃないので細かい文字をみるのは結構大変なんです。 でもこれならお喋りだけで進行出来るので。 ただ、ゲームを持ってる人が必ず出題者になるというのが弱点ですね。 ボブジテン カタカナ語の答えをカタカナ語を使わずにヒントを出して当ててもらうコミュニケーションクイズゲーム。 カタカナ語を日本語だけで説明するってこんなにもどかしいのかと、出題すること方も回答する方もイライラ。 このゲームはなんでこんなに面白いんですかね。 本当に単純なルールなのに。 これは安定して遊べました。 出題者以外には目をつぶってもらって、その間にカードを見せれば問題も伝えられたし。 軽いゲームなので、リモート飲み会の時にちょっと遊ぶのにも向いてますね。 アベベコベベ カードに書いてある答えを真逆の言葉をヒントにして当ててもらうコミュニケーションクイズゲーム。 1人が答えを知ってて他の人に当ててもらうというのはボブジテンと似てるんだけど、正反対の言葉を考えるのが結構難易度が高い。 反対の言葉が見つからないようなお題ばっかり書いてますからね。 でも、これも面白い。 結局答えにたどりつかない事も多いんだけど、答えを聞いて「あ〜、なるほどね〜」と感心したり「全然違うじゃん!」とクレーム言ったり。 楽しいですよ。 ボブジテンとセットでリモート飲み会のお供に。 セットカードゲーム 今度は手元を映すカメラがあるならば遊べるボードゲームをいくつか。 まずは、条件に合った3枚のカードをいち早く見つける「セットカードゲーム」です。 無機質な図形が描かれたカードを12枚並べ、条件に合う3枚をいち早く見つけるとカードが貰えて、カードをたくさん持ってた人が勝ちというルール。 その条件というのが、色・形・数・塗り方の4要素が全部違った3枚。 単純なようでややこしく、ややこしくようで単純なゲームなのです。 これはテーブルを映すカメラが無かったので試してません。 カードの場所を説明しやすくする工夫は必要だけど、気付いた人が早く答えるというゲームはリモート向きでしょう。 ハイパーロボット ロボットがゴールにたどり着くまでの最短の手数を見つけるゲーム。 ロボットは壁や障害物にぶつかるまで一直線に進む特徴があって、最短で何回動かせばゴールに到着するかを考えるパズルのようなゲームです。 誰かが回数を答えたら、砂時計をひっくり返して砂が落ち切るまでにもっと少ない回数でゴール出来る答えを見つけた人の勝ちになります。 これもセットカードゲーム同様テーブルを映すカメラが無かったので試してません。 何人でも参加出来るのでリモートに超向いてますよね。 ナンジャモンジャ キャラクターにニックネームをつけて、その名前を覚えておく記憶ゲーム。 カードをめくったら描かれたキャラクターに好き勝手にあだ名をつけて、次の人もカードをめくってあだ名をつけます。 これを繰り返して、あだ名をつけたキャラクターがめくられたら素早くその名前を言います。 正しくあだ名を言えた人がそれまでに溜まったカードか貰えて、カードをたくさん持ってた人が勝ちというルールです。 これもカードを映すカメラが無いので試してません。 でも想像してみると、カードしか映ってない画面を見ながら楽しく遊べそうですね。 ito 数字をイメージで表現して、小さい数のカードから出していく協力ゲーム。 ゲームは、全員にカードを1枚配って、今回のテーマを決めて話し合いをスタート。 最も小さい数字の人を推測して、カードをみんなの前に公開します。 その数字より小さい数を持ってる人がいたら失敗です。 全員が無事カードを出す事が出来たら成功というルール。 ビデオ会議で遊ぶ場合は、このゲームを持ってる人がカードを1枚めくったら、1人ずつ「あなたの数字はコチラです」とめくったカードを見せます。 他の人にカードを見られないように1人ずつ見せる必要があります。 もちろん、自分も他人のカードを見ないようにする必要がありますね。 そこがちょっと面倒だけど、数字をテーマに合ったイメージで表現したり、相手の数字を推測する話し合いの面白さがメインのゲームなのでリモートでも面白さは変わらずプレイ可能。 タイムライン 歴史上の出来事が書かれたカードを正しく並べるクイズゲーム。 これもリモートで遊べるんじゃないかという提案です。 このゲームを持ってる人が他人の言う通りに動いてあげる必要があります。 ただ、カードに書かれた文字を読む必要があるので画質が良くないと遊んでてツラいかも知れませんね。 ゲームとしては面白いから問題ないけど、引っかかるのはそこだけ。 パーティーキンゴ 最後に紹介するのは、袋から取り出した数字をスコアシートに書き込み、出来るだけ長く数字を昇順で並べる新しいビンゴのようなパーティーゲーム。 数字チップが発表されるたびに声が出てしまう運と戦略のバランスが絶妙なゲームです。 これは紙に数字を書き込むので専用のシートが必要なんだけど、各々が紙を用意して連続した25個のマスを書けば準備OK。 実際に遊んでみたけどみんな楽しんでましたよ。 ただし、紙にマス目を沢山書かされてたのは大変そうでしたけど。 100人でも同時に遊べますからね。 これこそリモート向け。 リモート向きのボードゲームはどうしてもクイズっぽいタイプが多くなっちゃいますね。 カードやサイコロを使わずに遊べるゲームとなると限られますからね。 でも、人と会わずにこれだけ遊べるんだから十分でしょ。 個人的には「ジャストワン」と「ゴモジン」が超オススメ! ビデオ会議が定着してきた今だからこそ、ボードゲーム未経験者を誘いやすいはず。 是非一度リモートボドゲ会を。

次の

今、話題の「オンライン飲み会」入門!【設定から応用まで】 ~コロナの憂鬱を吹っ飛ばせ~

リモート 飲み 会 アプリ

リモート飲み会を行う時には、パソコンやスマホにアプリをインストールして行います。 一般的に多くの人がリモート飲み会で使っているアプリは Zoomか LINEです。 職場でのリモートワーク・テレワークが主流になった昨今はZoomも一般的になってきています。 Zoomとは Zoomビデオコミュニケーションズが提供する ビデオ会議・オンライン会議・チャットアプリです。 Zoomはスマホやパソコンへの負荷が少ないため、ビデオ会議などを多くする人に重宝されてきました。 リモート飲み会においてもZoomはおすすめです。 特にリモート飲み会はスマホで行われることも多いです。 その他のアプリでリモート飲み会を行うと携帯が熱くなってバッテリーが故障してしまう原因にもなります。 もう一つリモート飲み会で多く利用されているのが、LINEのグループ通話です。 LINEは日本人のスマホにはほぼ入っていると言っても過言ではないチャットアプリです。 気軽に始められるという点で、LINEのグループ通話を利用してのリモート飲み会もおすすめです。 リモート飲み会に関する記事 Zoomを利用するメリット・デメリット メリット Zoomを利用するメリットは、 機械への負担を減らすことができるということです。 最新のクラウド技術を利用しているため、パソコンやスマホへの負担がLINEのグループ通話にくらべて10分の1であるともいわれています。 使用しているパソコンやスマホを大切に長持ちさせたい場合には、Zoomを利用するのがおすすめです。 デメリット Zoomを利用する上でのデメリットはアプリに脆弱性があると言われている点です。 リモート飲み会を行っている時にハッカーなどの標的にされてしまうと、 リモート飲み会の場から削除されてしまったり、映像に落書きをされてしまうことがあると報告されています。 Zoom側も脆弱性への対応は順次行っていますが、いたちごっこの状況にもなっています。 アプリ自体の脆弱性が気になる方は使用を控えるようにしましょう。 LINEを利用するメリット・デメリット メリット LINEのグループ通話を利用するメリットは、 「始めやすい」という点です。 日本人の8,000人以上がLINEを利用していると言われています。 若い世代の方であれば連絡方法は主にLINEを使っていると思います。 「リモート飲み会をやろう!」となった時にもLINEであればすぐに始めることができます。 気軽にリモート飲み会を始められるLINEには大きな魅力があると言えます。 デメリット LINEのグループ通話を利用する際のデメリットは、スマホのバッテリーの寿命を短くしてしまう可能性がある点です。 LINEのグループ通話で長時間通話を行っているとスマートフォンが異常に熱くなります。 Zoomに比べて、データ通信の量が多かったり処理するデータが多くスマホに大きな負荷がかかります。 スマホのバッテリーが熱くなると、日々スマホを使っている際の充電が無くなる速度が速くなります。 スマホを長く大切に使いたいという方には、LINEのグループ通話でリモート飲み会を行うことはおすすめできません。 まとめ リモート飲み会で使用するアプリに決まりはありません。 しかしながら、複数人でリモート飲み会をするということであれば ・みんなが知っていて ・みんなが使いやすい アプリを利用する必要があります。 リモート飲み会が一般化している現在主に使われているのはZoomかLINEです。 ぜひZoomかLINEどちらかのアプリでリモート飲み会を行ってみてください。

次の