電気代比較。 電気ストーブ電気代 vs エアコン電気代【比較】安い優等生は|きになるきにする

電力会社375社、電気料金プランの比較表【3286プラン】|新電力ネット

電気代比較

東日本大震災の津波による福島第一原発事故により、日本の電気供給システムに関する関心が高まった。 すべての原発の稼動停止により、化石燃料依存が高まり、電気料金の値上げが実施されていることも関心の高まりの一員となっている。 また、日本は欧米のように「送発電分離」が進んでいないので電気料金が高いという論調も大きくなっている(例えば東京新聞2011. 18、同日夕、菅首相が送発電分離も検討すべきと発言)。 一方、資源エネルギー庁のエネルギー白書などを見ると「日本の電気料金は特に欧州諸国との対比では、家庭用・産業用ともに同等あるいは低水準となっています。 日本の電気料金は、いったい、高いのか低いのか。 単年度の比較は、その時に状況に影響され、また一般に、論者は自分の都合の良い年次をとる傾向があるので、これに対し、ここではやや長い期間をとり客観性を確保できるように努めた。 なお、ドル換算なので当然各国通貨の為替レートによって影響を受けていることを踏まえて判断する必要がある。 図の推移から、1990年代には、日本の電気料金は産業用も家庭用も、確かにかなり高かったように見える。 日本の電気料金が高いというイメージにはこの頃の刷り込みが影響していると思われる。 ところが、1995年に電力会社に卸電力を供給する発電事業者(IPP)の参入が可能になり、2000年に大需要家に対して、特定規模電気事業者(PPS)による小売が認められるなど、電力自由化が進展し、1995年以降の円高の是正の進展もあって(図録)、電力料金はドル換算で低下傾向となった。 一方、欧米、特にドイツ、イタリア、英国では、2000年頃から石油価格の上昇傾向(図録)を受けて電力料金も上昇した。 この2つの傾向が合わさって、電力料金の内外価格差は大きく縮小した。 欧米で電気料金が相対的に高くなっているのには、日本と比べ、環境関連の税金が高くなっていることも影響している可能性がある(図録)。 2009年以降は、再度、日本の電力料金は、相対的に高くなっている。 また2011年3月には東日本大震災にともなう福島第一原発事故によりほとんどの原発が稼働停止となり、それ以降、化石燃料の調達に頼っているため電気料金も上昇しており、産業用はイタリアに次ぐ2位、家庭用はドイツ、イタリアに次ぐ3位のランキングとなっている。 2013年に入ると円安の影響で価格水準は相対的に下がっており、産業用もドイツとほぼ同じ水準となっている。 ドイツの電気料金は、最近、家庭用で最も高くなっているが、これには、下図のように、2000年に始めた固定価格買い取り制度の下で、再生エネルギーの発電量が2011年には全体の20%と順調に増えているため再生エネルギー買い取り賦課金も拡大を続けている影響が大きい。 2022年までに原発全廃を決めたドイツの必要経費ともいえるが、脱原発には賛成していても負担の大きさに庶民の反応は複雑だという。 とくに家庭の負担が重くなるのに対して、国際競争力の維持が理由で大企業は賦課金が減免されている。 たしかにグラフでも産業用の電気料金についてはドイツは日本より低くなっており、家庭用と対照的である。 このため賦課金の負担をめぐり「大企業減免のツケが国民に回されている」という批判の声があがっているという(東京新聞2012. 29)。 日本では再生エネルギーの買い取り制度は2012年にはじまったばかりであり、まだ、再生エネルギーの発電は全体の約1%(大規模水力を除く)なので負担もそれほどではないが、発電事業者に利益が出る高めの水準に買い取り価格が設定されており(図録参照))、いずれ再生可能エネルギーの発電量がメガソーラー(大規模太陽光発電所)などで急拡大してくると家庭の負担感も馬鹿にならない水準となってくると考えられる。 ドイツやイタリアの電気料金については、ヨーロッパで暮らしている日本人のブログなどで、目が飛び出るほどの高さが話題として取り上げられている。 こんな記事も見られる。 「イタリア人の節電っぷりにはこちらへ来た当初は驚きました。 人によっては冷蔵庫以外のコンセントを全部抜いてから寝る人もいます。 」(チャンネル桜2010年02月18日『イタリアの電気代は高いです』チーム桜子 渡辺直子)そうした話題の中では、イタリアは原発がないから(図録)電力が不足し、電力の輸入元のフランスに足下を見られる。 また発電用の輸入化石燃料の高騰が電気料金にもろに跳ね返る。 などとされることが多い。 原発依存度の高いフランスでは電力料金が相対的に安くなっているが、原発依存度がフランスより低い米国や韓国の方が、一層、電気料金は安くなっており、原発依存度の要因だけを強調するのは間違いだろう(図録、図録参照)。

次の

電力会社375社、電気料金プランの比較表【3286プラン】|新電力ネット

電気代比較

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら 除湿機の種類としくみ 一見同じように見える除湿機ですが、除湿する仕組みによって電力も違ってきます。 除湿機の仕組みにはコンプレッサー式、デシカント(ゼオライト)式、両方の仕組みを取り入れたハイブリッド式という3つの種類があります。 コンプレッサー式 コンプレッサー式はエアコンの除湿運転と同じような仕組みで室内の除湿を行うものです。 熱交換器を使って集めた空気を冷却器で冷やして結露させ、空気中の湿気を水滴に変えて取り除いていきます。 デシカント式 デシカント式はデシカントという水の吸着と放出に優れた多孔質乾燥剤を使って湿気を除去する仕組みです。 デシカントに空気中の水分を吸着させ、ヒーターの熱により、乾燥した空気を吹き出します。 吸着した水分は、熱交換器で水滴となってタンクにたまります。 ハイブリッド式 コンプレッサー式は気温の高い夏には高い除湿能力を発揮するのですが、冬場には除湿能力が落ちます。 デシカント式は冬場にも除湿能力が落ちません。 このため、ハイブリッド式の除湿機は夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式という二つの方式を使い分けて一年中除湿ができるようにする仕組みです。 除湿機の電気代は? 除湿機を使う時にかかる電気代はコンプレッサー式とデシカント式ではどのくらい違うのでしょうか。 随分差があります。 それぞれについて1日5時間使用したとして消費電力から電気代を計算して比較してみましょう。 59円 仮にこれを1ヶ月30日連続して使用するとコンプレッサー式だと729円、デシカント式だと2,567. 7円になります。 ハイブリッド式は夏場はコンプレッサー式で除湿を行い、冬場はデシカント式で除湿するので夏場と冬場では電気代が違い、夏場はコンプレッサー式に近い金額で除湿でき、冬場はデシカント式に近い金額がかかることになります。 種類別除湿機のメリットデメリット 除湿機の方式による違いは電気代だけではありません。 それぞれメリットとデメリットがあります。 コンプレッサー式は除湿できる量が多いので夏場など気温が高い時には除湿能力も高く、消費電力も小さくてすむというメリットがあります。 使用中、室温もあまり上昇しません。 一方、冬場には除湿能力が落ち、加えて、コンプレッサーを備えているので本体のサイズや動作音がやや大きいというのがデメリットです。 デシカント式は気温に左右されずに1年中除湿ができるというメリットがあります。 また、コンプレッサーがないので、本体サイズや運転音が比較的小さいことも挙げられます。 ただし内部で吸着した水分をヒーターを使用して温めるので室内の温度も上げてしまい、夏場の利用には向きません。 さらに、消費電力もコンプレッサー式の何倍もかかってしまうというのもデメリットです。 ハイブリッド式は夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式で運転するのでどちらのいいところも取り入れて年間を通じて快適に利用できるというメリットがあります。 ただし、本体が大きめになり、価格が高くなる傾向にあるというデメリットがあげられます。 洗濯物を乾かすのは除湿機とエアコンどっちがお得? 除湿機が活躍するのは部屋の湿気をとる場合だけではありません。 外に干せない洗濯物を室内で乾かす時などにも役に立ちます。 洗濯物の乾燥には除湿機の他にエアコンなどを使う方法もあります。 実際に洗濯物を乾かす場合には除湿機とエアコン、どちらを使うのがお得になるのでしょうか。 結論を先にお伝えすると電気代を考えるなら除湿機、時間を考えるならエアコンとなります。 エアコンは扇風機と併用するとさらに乾燥にかかる時間を短縮でき、電気代も抑えられます。 によると、梅雨時に家族3人分の洗濯物4. 5kgを家電を使って室内で乾かした場合、コンプレッサー式の除湿機では時間にすると3時間49分、費用にすると25. 1円かかりました。 エアコンでは2時間46分、33. 6円となりました。 エアコンとともに扇風機を併用して乾かすと2時間ちょうど、27. 2円という結果になりました。 除湿機もエアコンも夜間や外出時などを利用して乾燥を行うと生活の妨げにもならず上手に衣類を乾かすことが可能です。 電気代が気になる方は電力会社の見直しを 除湿機の電気代は種類によって大きく異なります。 電気代が気になる場合はコンプレッサー式を選ぶとよいでしょう。 ただし、冬場でも使いたいという場合や本体の大きさや駆動音が気になるという場合は、ハイブリッド式やデシカント式を選ぶ必要があります。 デシカント式を選ぶ場合で電気代が気になる人、また、コンプレッサー式やハイブリッド式でさらに電気代を安くしたい人は、電力会社の見直しを考えてみてはいかがでしょうか。 2016年4月の電力自由化で、一般家庭でも電力会社を自由に選べるようになりました。 電力会社を変更しても送配電線は変わらず、各家庭に届けられる電気は既存の大手電力会社が供給しているものも新規参入した電力会社が供給しているものも混じり合って届けらます。 これは、電力会社を変えていない今も同じです。 つまり、電力会社を変更しても今の生活と何も変わることなく、電気代を安くできるのです。 電力会社の切り替えは簡単です。 検針票に記載の情報を入力して、Webで申し込めばあとはほぼ何もしなくても大丈夫です。 今の電力会社の解約手続きも電力会社間で行われます。 電力会社は数多くありますが、地域ごとに選べる電力会社は異なります。 まずは、当サイトので電力会社を比較してみることから始めてはいかがでしょうか。 金額に燃料費調整額、再エネ賦課金、キャンペーン金額等は含まない。

次の

図録▽電気料金の国際比較

電気代比較

近年は、一般的なガスコンロを採用されるお宅とIHクッキングヒーターを採用されるお宅が、ほぼ二分されるようになりました。 ガスコンロを使われている方でも、IHクッキングヒーターってどうなんだろうと思った事がある方もいらっしゃることでしょう。 IHクッキングヒーターには、様々な魅力を感じます。 しかし、ガスコンロにはガスコンロの良さがあります。 そこで気になるのが、ガスコンロとIHクッキングヒーターの光熱費の差ではないでしょうか。 実際、ガスコンロのガス代とIHクッキングヒーターの電気代を比較すると、どちらが安いのでしょうか? ガスコンロとIHクッキングヒーターの違いやポイントなど、様々な角度からくらべてみました。 30分使用した場合の電気代 IHクッキングヒーター 約28円 都市ガス 約10円 プロパンガス 約37円 よって、 都市ガスが1番安く、次がIHクッキングヒーター、プロパンガスは1番高い光熱費となります。 プロパンガスは都市ガスの約2倍の熱量を持っていますが、㎥ごとの単価が都市ガスの約2倍以上にもなる傾向が強いです。 都市ガスが通っている場合は、ガスコンロを使った方が光熱費が安くなります。 しかし、都市ガスが通っていない場所では契約ができません。 そのため、都市ガスが通っていない地域はIHクッキングヒーターを採用すると光熱費を安くできるという事となります。 IHクッキングヒーターでお料理をする際に光熱費を安くするポイント 都市ガスより光熱費が高いIHクッキングヒーターですが、IHクッキングヒーターでより安くお料理を行う為のポイントを、まとめてみました。 電力自由化で安い新電力に変える 1番は、 電力自由化で登場した新しい電力会社に乗り換える事です。 今まで使っていた各地方の電力会社の電気料金は、新電力と比べるとやや高いです。 IHクッキングヒーターの電気代を少しでも安く抑える為には、新電力の業者の変更をすると安い電気料金プランにする事ができます。 IHクッキングヒーターを多く使う時間帯を意識して使う 例えば、煮込み料理などより長くIHクッキングヒーターで調理を行うのであれば、深夜電力を上手く活用してみましょう。 電力会社には、 夜間から明け方まで電気代がお得となるプランがあります。 長時間の調理をその時間に行う事で、IHクッキングヒーターにかかる電気代を削減する事に繋げる事ができます。 深夜電力は半額になるプランもありますので、断然お得となります。 煮込み料理1回に付き1時間程かかると仮定すると、通常の時間帯であれば約20円の電気代がかかるところ、深夜電力時間帯に調理を行う事で半額の約10円とする事ができます。 1週間に2回煮込み料理を行う事で、1週間で約20円の節約になります。 深夜電力で電気代を節約するには、日中に使う電力量をいかに減らすかが大きなカギとなります。 IHクッキングヒーターも、夜間と早朝に使う頻度を多くする事で電気代を減らす事ができます。 パネルのヒーター部分にピッタリ接地するお鍋やフライパンを使う IHクッキングヒーターはあくまでヒーターですので、パネルのヒーター部分への接地面積が多い程発している電力に対しての熱伝導となります。 接地面積が少ないと、接地していないパネル部分の電力が無駄に放出されてしまうので、無駄な電力放出となってしまいます。 パネルのヒーター部分にピッタリはまるお鍋やフライパンを使う事が、光熱費を抑える事に繋がります。 鍋底は丸くなく、平らな物の方が熱伝導率を高くする事ができます。 この3つのポイントを意識してIHクッキングヒーターを使ってみると、電気代節約に繋げる事ができます。 せっかくIHクッキングヒーターを使うのでしたら、万度に使って高い効果を得るべきですよね。 ガスコンロとIHクッキングヒーターに共通する光熱費の減らし方 ガスコンロとIHクッキングヒーター、2つの光熱費を減らすポイントには共通点もあります。 どのようなポイントで光熱費節約に繋がるのか、ピックアップしてみました。 フルパワーで短時間調理! ガスコンロもIHクッキングヒーターも、時間を掛ければかける程光熱費がかかりますので、 短時間でフルパワーで使う事で光熱費の節約となります。 そのために活用してほしい調理器具が、圧力鍋や余熱調理用のお鍋です。 このようなお鍋は、少ない光熱費で中身に上手く浸透させるパワーを持っておりますので、かなりの光熱費節約となります。 お掃除をこまめにし綺麗な状態で使う ガスコンロもIHクッキングヒーターも、熱が出る部分が汚れていると温めが難しくなります。 ガスや電力を無駄にしない為には、こまめにお掃除をするようにしましょう。 ガスコンロは細かい部分までこまめにお掃除をするようにし、IHクッキングヒーターはパネルをこまめにお掃除するようにしましょう。 煮込み料理の際は落し蓋を使う 煮込み料理を作る時は、落し蓋を使う事で熱を逃がさずお鍋の中の熱伝導率を高くする事ができます。 熱伝導率を高くする事で、素早くお料理に火が通り光熱費の節約となります。 ガス会社の調査によると、落し蓋を使うだけで年間3,000円程の節約に繋げる事ができます。 ガスコンロだけの特徴 昔ながら皆さんになじみがあるガスコンロには、どのようなメリットがあるのでしょうか。 IHクッキングヒーターには無いメリットを挙げてみました。 焦げ目を付けるのであればガスコンロの方が良い 焼き料理の場合は、焼き目を付けるのも大事ですよね。 ガスコンロの場合は、きちんとした焦げ目を平均的に付けられます。 しかし、IHクッキングヒーターの場合は中心が熱くなるシステムですので、真ん中しか焦げません。 中心から遠ざかるほど焦げ目がつきにくいので、キレイな仕上がりにしづらいと感じることがあるでしょう。 お鍋やフライパンは何でも使える 直接の炎による調理ですので、どんなお鍋でもフライパンでも使う事が可能です。 IHクッキングヒーター専用のお鍋やフライパンでも、使う事ができます。 調理が断然美味しい 本物の炎を使ったお料理とヒーターで温めた料理では、 味に大きな差が出ます。 同じ料理を作っても、ガスコンロでのお料理が断然美味しいという方が多くいらっしゃいます。 ガスコンロは直接炎が当たるので、鍋肌の温度差を少なくさせる事ができます。 お鍋の温度を下げにくく調理が可能ですので、炒め物も煮物も美味しく作る事ができます。 特にガスコンロのグリルは、お料理の素材のうま味を逃さない調理ができるので、お魚などとても美味しく焼く事ができます。 IHクッキングヒーターは安全でとても便利ですが、 食べ物への熱の通し方に大きな差が出てしまっているのが現状です。 ガスはIHより省エネ性が高い IHは炎が燃焼せずにコンロの機能を発揮するので、二酸化炭素の排出が少ない傾向があります。 しかし、もっと二酸化炭素の排出量が少ないのがガスコンロです。 電気の場合、発電から送電までのエネルギーの消費ロスが非常に多く、火力発電により二酸化炭素を排出しています。 ガスの場合、ガス工場から家庭へとガスが行くときのエネルギーロスがほぼ無いので、二酸化炭素の排出を大幅に抑えております。 IHクッキングヒーターだけの特徴 安全で使いやすいと、若い方に非常に人気があるIHクッキングヒーター。 ガスコンロには無い素晴らしいメリットがたくさんありますので、ピックアップしてみました。 IHクッキングヒーターは万が一点けっぱなしでも問題ない 万が一スイッチを切り忘れて点けっぱなしの場合でも、自動OFFにより電源OFFになりますので心配要りません。 直接炎が出ているコンロではありませんので、 万が一点けっぱなしになったとしても火災が起きる心配は一切ありません。 調理の際に熱を感じず快適なのはIHクッキングヒーター ガスコンロの場合は、調理の際に常に火の熱さを感じてしまいます。 火が直接出ておりますので、それが直接自分に影響するので熱いなと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 その点、IHクッキングヒーターは ヒーター自体に熱を持ちますので、調理をしても手や顔に熱さを感じる事は一切ありません。 夏の暑い日などは、IHクッキングヒーターでの調理の方が断然快適です。 IHクッキングヒーターはお掃除が楽 IHクッキングヒーターは平らですので、お掃除がとても楽です。 サッと拭くだけで、綺麗にする事ができます。 ガスコンロの場合は、ごとくなど凹凸がありますのでお掃除が大変です。 清潔で綺麗に使う事ができるのは、IHクッキングヒーターです。 IHクッキングヒーターの方がお鍋やフライパンの外側が焦げ付かない ガスコンロを使うと、ガスの火の影響によりお鍋やフライパンの外側が焦げ付いてしまう事があります。 付いてしまった焦げは、金タワシでこすったり色々手間がかかり面倒です。 IHクッキングヒーターは炎が出ませんので、 お鍋やフライパンの外側が焦げ付いて汚くなることが一切ありません。 常に綺麗なお鍋やフライパンを使えますので、見た目がお気に入りで買ったお鍋やフライパンでも外見を保つ事ができます。 IHクッキングヒーターは二酸化炭素を発生させないけれど電磁波を発生させる IHクッキングヒーターは火を一切使いませんので、二酸化炭素の発生がありません。 電気を送電する際に多少の二酸化炭素を排出しますが、それでもエコな調理器具といえます。 しかし、電磁波の発生が気になる可能性はあります。 お料理の美味しさよりも使い勝手を重視するのであればIHクッキングヒーター 光熱費の軍配は都市ガスに挙がりましたが、深夜電力の取り入れをする事で光熱費を安くする事が可能な事を踏まえると、IHクッキングヒーターの方がオススメです。 IHクッキングヒーター特有の使い勝手や安全性を考えると、現代にはIHクッキングヒーターの方が適していると言えます。 キッチンのリフォームを検討されているのでしたら、IHクッキングヒーターを選択の視野に入れて検討してみましょう。

次の