肩 甲骨 可動 域 ストレッチ。 肩関節周囲炎の可動域制限~この筋肉をチェックしよう~

肩のストレッチで高齢者の腕周りをスムーズにしよう!

肩 甲骨 可動 域 ストレッチ

肩甲骨の可動域向上がゴルフスイングの底上げになる! ゴルファーなら、 「肩甲骨」の可動域が大きい方がよい、ことは知っていると思います。 最近では、 ゴルフに限らずあらゆるスポーツで、柔軟性と関節の可動域の重要さは広く知れ渡っています。 筋トレするより、ストレッチした方が飛距離が伸びる、という人もいらっしゃいます。 松山英樹選手や石川遼選手など世界で活躍している方たちは、もれなく肩甲骨の柔軟性が素晴らしいです。 特に 石川選手は、米国では身長が低く細身の部類に入るにもかかわらず、300ydオーバーの飛距離を出します。 勿論、ずば抜けたスイング力を持っていることもありますが、関節の柔らかさも大きく寄与しています。 飛距離アップに必要なものに 「タメ」があります。 トップのとき、下半身から捻転させ上半身との差を作ることでスイングの加速力が増します。 その際に、捻転差が大きいほどその力をアップします。 タメをつくるには、関節の可動域が広く、筋肉の柔軟性が必要になってきます。 体重移動をスムーズにするため、股関節の柔軟性や可動域を重点に置いている方もいらっしゃると思いますが、肩甲骨の柔軟性や可動域がないと、トップが小さくなってしまうのでタメも小さくなり、飛距離が伸びなくなります。 「体幹力」が注目されて久しいですが、あらゆるスポーツで 肩甲骨と股関節を連動させることがパフォーマンスアップに繋がっています。 飛距離アップのため、肩甲骨の柔軟性を付けていきましょう。 トップの位置をココまで上げたい、とイメージがあるのですが、肩回りが硬く、手で無理にそこまで上げてしまう、というエラーもよくあります。 余計な動作をすることで、正確性も飛距離もダウンしてしまう、という典型ですね。 そのためにも、柔軟性は必要ですね。 余談ですが、昔よく「肩を回せ!」という人がいましたが、正しくは「肩甲骨を動かせ!」だったんですね。 そのお陰で、肩の動かし方が不自然だった記憶があります。 この微妙な言い回しの違いが誤解を招くこともあるので、アドバイスって難しいなぁと思いました。 肩甲骨の可動域はゴルフではどこまで必要? さて、ゴルフスイングでは、肩甲骨がどのくらい動くと良いのかを調べてみたいと思います。 まずは、体の捻りだけで、どこまで体が回るのかを確認しましょう。 椅子に座り下半身を固定した状態で、上半身だけを右に回しましょう。 下半身を固定しているので、上半身が45度前後まで回せると思います。 続いて、肩甲骨の動きを意識して、更に体を回します。 今度は、腕を胸の前で右手は左肩、左手は右肩にあてててクロスにします。 腰椎と胸椎だけで回し限界まできたら、右肩甲骨を後ろに引き、左肩を開くようにします。 すると直角くらい回転できると思います。 そこまでなかなか出来ないという方は、少し硬いかも、です。 それだけで、飛距離は変わるはずです。 今度は身体を左に回転させて、肩甲骨も逆の動きをしてみてください。 同じく直角くらい回転できればOKです。 体が柔らかくなり、股関節と肩甲骨が連動すると、体幹で回れることが実感できるはずです。 トップの時、右肩甲骨を後ろに引く方、もしくは左肩甲骨を開く方が意識しやすいのかは人それぞれのようです。 ワタクシは、左肩甲骨を開く方がしっくりきます。 肩甲骨の開閉を上手くできるようになると、腕の力みが消えるそうです。 クラブを手先ではなく、身体の中心で操作できるようになるのが大事だということです。 家でも出来る簡単肩甲骨ストレッチ 私がコーチに教わったストレッチを紹介します。 肩甲骨を出来るだけ近づけて、その体勢のまま左に倒します。 肩甲骨外側が伸びきったら、30秒以上キープ。 次に逆も行ってください。 またこの時、腰を浮かせたりせず、胸郭より下は動かさないようにしてください。 肘までピッタリつけるようにしてください。 そのままの状態をキープしたまま上にできるだけ上げてください。 両手の幅が短いほどきつくなります。 レベルに合わせて調整しましょう。 他にもありますが、また改めてご紹介します。 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 アーカイブ• 7 検索対象: 検索.

次の

肩甲骨が柔らかいメリット!大谷翔平体操とは?

肩 甲骨 可動 域 ストレッチ

自動車ライターのマリオ高野です。 クルマやカーライフとはあまり関係ありませんが、超お手軽な健康器具により「体が硬い」という積年の悩みを解消する有効な手段のひとつが見つかりました。 本格派のスポーツマンでもないかぎり、中年男性の多くは体が硬いものです。 体が硬いからといっても、日常生活で特に困ることはないと思えるため、長年にわたり硬さを放置しているのではないでしょうか? 肩甲骨まわりの可動域が狭い…… ワタシの場合、日常生活や仕事で体の硬さが気になることはないのですが、趣味の草野球において、技術の向上が停滞する原因の1つが体の硬さにあると自覚するようになりました。 とりわけ気になるのが、肩甲骨まわりの可動域の狭さ。 球を投げたり打ったりする際、その動きが渋いとパフォーマンスがなかなか上がらないことに気がついたのです。 まだまだド底辺の草野球としても低レベルながら、運動能力が向上すればさらなる高みに行ける気がしています たとえば、プロ野球選手を見ていると、大谷翔平選手など超ド級レベルの選手は、肩甲骨まわりの可動域がありえないレベルで広いです。 まるで関節を外しているか、軟体動物であるかのように肩や腕がぐにゃぐにゃ動く様子を見ると驚愕(きょうがく)するほかありません。 前田健太投手が、登板前のウォームアップ時に肩をぐにゃぐにゃ動かす「マエケン体操」も一部で有名になりました。 45歳になった今もなお現役メジャーリーガーのイチロー選手は「初動負荷トレーニング」により関節の可動域を広げることを意識していると報道されていました。 高評価レビュー連発のストレッチ器具 彼らのような超ド級レベルのプロ野球選手並みになるのは到底無理としても、あまりにも硬すぎる状態から少しほぐれるだけでもだいぶマシになるのでは?と考え、肩甲骨まわりの柔軟性を高めるための方法をググって発見したのが、「ストレッチハーツ」なるストレッチ器具です。 手に持って体操をしたり、背中や腰に当てながらストレッチしたりするためのお手軽器具ですが、ユーザーのレビューではかなり好評だったので、ワラにもすがる思いでこれを購入。 使い方は、製品に付属する保阪尚希さんの解説DVDがとてもわかりやすいので、ソチラをご覧いただければと思いますが、基本的には手に持ったり床に置いて体をのせたりするだけの単純な動作ばかりなので、基本的には簡単です。 向きを変えることで違う刺激が得られるなど、なかなかよく考えられた設計です 筆者の肩甲骨まわりの可動域はご覧のような惨状。 もっと継続すれば必ず広がるはず、との手応えアリ! 手に持って体操するだけでも確かなストレッチ効果が得られます。 寒い屋外でも体がポカポカ温まってくるのです 簡単とはいえ、体の硬い人がストレッチハーツを使ってストレッチをすると、自分の体の硬さと可動域の狭さを改めて痛感させられます。 私の場合、最初はあまりに硬すぎて痛みを伴いましたが、それでも割と早い段階から、まずは体の血行が促進されることを実感しました。 いわゆる「痛キモチイイ」という感覚です。 ワタシの場合は、初めてから数日でみるみる体が柔らかくなっていく! というようなことはなく、明確に可動域が広がったことが確認できたわけではありませんが、凝り固まった体のコア部分が徐々にほぐれていく感覚は得られました。 骨盤まわりなどにも効く ストレッチハーツは肩甲骨まわりのみならず、腕や脚、腰やおなかなど全身のストレッチに使えるため、本気で取り組むと、かなり多彩なストレッチができます。 ワタシは、肩甲骨と腰 骨盤 に効かせるストレッチを中心に行っています。 肩甲骨にうまく当てるのには多少コツが要りますので、保阪尚希さん解説の付属DVD をよく見ましょう。 やや上寄りに当てると「肩甲骨まわりに効いている!」ことが実感できるようになります 骨盤まわりのストレッチも痛キモチよく、やればやるほど体がスッキリしてきます。 体全体の姿勢が矯正されていくような感覚も、肩甲骨や骨盤のストレッチをすると、手足の動きを司る重大な部位の骨の存在が運動時に意識できるようになり、体の使い方が改善されることへの期待感が高まります。 使い始めてから2週間が経過した時点での印象としては、草野球の練習など運動時に以前よりも体が軽快に動くことを実感するようになります 肩甲骨の可動域をチェックする際によく行われる、手をうしろに回して両手が届くかどうかの動作をすると、依然として硬いままながらも、わずかながら届きやすくはなり、使う以前に感じた「拷問的な痛み」はなくなりました。 もっとストレッチを続けると可動域は必ず広がっていくでしょう。 42歳で草野球を始めて3年。 個人的には野球の動作の中で「投げる」という項目が最も苦手で、恥ずかしながらこれまでの自分の遠投能力はせいぜい30メートルほどでした。 筋トレに励んで持ち上げられるウェートは大きくなっても、遠投距離をはじめとする投球能力はまったくといっていいほど向上が見られなかったのですが、ストレッチハーツでストレッチを始めてから、ついに遠投能力が伸びて投球の質がよくなったのです。 外野に飛んだ打球を処理する際、中継の内野手までノーバンでダイレクトに返球できる率が格段に向上(私は外野手であります)。 これまでは10%もなかったのが、今では50%以上の確率で中継の内野手に届く返球ができるようになったのです。 一般的なレベルにある草野球人からすると、そんなことはできて当然であり、決して褒められるようなことではありませんが、それまでのレベルがあまりにも低すぎたため、劇的な向上といっても過言ではないのです! 一緒に練習しているチームメイトからも「マリオさん、球質よくなったね!」などと驚きと賞賛の声が連発します。 「クララが立った!」に近い感覚といえば伝わるでしょうか。 そんな感じで、わずか2週間で明確な効果が現れたので、今後も継続していこうと思います。 おそらく打撃面でもよい効果が得られるはずです。 個人的に気になる「ふくらはぎのツリ」を回避、軽減するためのヒラメ筋にピンポイントで当てるストレッチなどもできます。 解説DVDでも警告されていますが、首や頭に使うことは避けましょう 肩甲骨ストレッチはクルマでの移動中にもできます。 まるでマッサージ機能付きのシートに座っているようで、眠気を解消する効果もありました。 運転中は、骨盤ストレッチは運転姿勢が崩れるのでNGです 倦怠感や肩こりにも効果がありそう ワタシの場合、筋トレのおかげで肩コリの悩みは皆無なのですが、「ストレッチハーツ」を使った肩甲骨まわりのストレッチをすると、バンコクで受けるタイの古式マッサージに似た気持ちよさが味わえるので、肩コリにも劇的な改善効果があるのは間違いありません。 運動能力の向上とともに、慢性的な倦怠感や肩コリ、冷え性などの悩みに対しても効果が得られるなど、幅広い健康増進効果が期待できるので、多くの皆さんにオススメしたいと思います。 解説DVDでは、保阪尚希さんの声質と滑舌のよさ、語り口のていねいさに感動しました。 50歳を超えているとは思えない若々しさにもビックリ。 保阪尚希さんファンの方は絶対に買うべきでしょう.

次の

肩甲骨の可動域を広げて肩こりを解消するストレッチ!

肩 甲骨 可動 域 ストレッチ

肩と腕周りの関係とは? 肩関節はボールのような部分とボールを受ける皿のような部分でできている関節です。 肩関節のボールのような部分を上腕骨頭と呼びます。 そしてお皿の部分は 肩甲骨の一部であり、肩を動かすと2つの骨がこすれあいます。 これらの周囲にある軟骨、腱、筋肉は肩関節の安定性を確保しているのですね。 肩関節周囲の筋肉は5つで構成されている 肩関節周りについている筋肉をみていきましょう。 なにやら難しい名前の筋肉が沢山ありますが、主に下5つの棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋がメインになります。 これらを合わせてローテーターカフとも呼びます。 ローテーターカフは肩の動きを柔軟にします。 ストレッチをする部分もこのローテーターカフですね。 詳しくみていきましょう。 ローテーターカフ ローテーターカフは回旋筋腱板ともいわれ、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋のことを意味します。 大円筋はローテーターカフには含まれませんが肩甲骨のサポートや小円筋と合わせて機能します。 ローテーターカフは主に腕の回旋運動に関連しています。 特に野球選手を含めた腕を使うスポーツ選手には絶対にメンテナンスをしておかなければ選手生命に関係してくる筋肉でもあります。 これらの筋肉を柔軟にしておくことでスムーズな腕の動きに繋がります! 肩に違和感を感じる原因は? 筋肉の硬直が関係する 肩関節が硬くなる原因の一つに筋肉の硬直があります。 実は関節が硬くなる理由として関節に直接的な原因があるわけではありません。 肩関節の周囲にある筋肉が硬くなることで関節の動きが鈍くなり痛みが出るのです。 まさに前述したローテーターカフにある棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋が日頃から使われないことで時間の経過とともに硬くなるのです。 筋力低下によるもの 日常において肩を動かす習慣であったり、モノを運ぶなど定期的になんらか肩を使うことがあれば問題はありません。 筋力低下は肩関節の痛みを助長します。 筋肉は関節を支える作用があったり外的な衝撃を吸収する働きもあります。 しかし筋力低下になるとそれらの機能が働くことがなく、関節を保護する機能もなくなります。 インピンジメント症候群 インピジメント症候群はこれらローテーターカフの筋肉が上腕骨と肩甲骨に挟まれるために発症する痛みです。 なぜ挟まれるのかに関しても筋力の低下、硬直は関係してきます。 インピンジメント症候群はある程度ローテーターカフを鍛える柔らかくすることもできるため回復はできるのでご安心ください。 場所を選ばずにどこでもできる動きのなのでしっかりやっておきましょう。 立位でも座位でもどちらでも構いませんのでやりやすい形で行ってください。 こちらも座位でも立位でも構いません。 このストレッチは効果的なのでぜひトライしてみてくださいね! 1 立位、または座位になります 2 左手を逆手にして腰にかけます 3 右手で左手の肘をつかみ、前に引っ張ります 4 引っ張る際は姿勢を崩さないように気をつけましょう 5 20秒~30秒行います 椅子に座って行う肩関節ストレッチ 最後は椅子に座って行う肩関節のストレッチです。 本来うつ伏せで行うこともできますが、椅子に座ることで安定性が増すことから高齢者の方にもおすすめと言えます。 1 椅子に座ります 2 片腕を反対側の足の外にかけます 3 肘よりも上の部分 肩に近い をあてるとストレッチがかかりやすいでしょう 4 その状態で背中までストレッチが効いていることを感じましょう 5 20秒ゆっくり伸ばします 6 反対側も同様に行います まとめ いかがでしたでしょうか? 肩の痛みはこのようにストレッチをすることで解消されていきます。 痛みを放置すると余計に肩関節の劣化と更なる可動域減少に繋がることがあるので注意しましょう。 ぜひ皆さんも今日からストレッチをして筋肉を良好な状態に保ちこれからの健康に投資していきましょうね!.

次の