バルサルバ 網膜 症。 吐きすぎ注意!いろんなところから血が・・ッ!?

【スマホの見すぎで失明】携帯依存症で発症するバルサルバ網膜症

バルサルバ 網膜 症

概要 [ ] 息を止めて、力むことによるの刺激で、、、、などが筋緊張を起こし、想像以上に重たい物を持てたり、血圧が上昇したり、心拍が早まることをいう。 も、ヴァルサルヴァ法の表れといえる。 その時、協同で全身の筋が働く。 喉、直腸、腹筋などの状態は緊張している。 血圧上昇について [ ] 血圧の上昇のメカニズムについては、以下のように説明できる。 息を止める• 胸腹腔内圧の上昇• 大静脈が圧迫される• 静脈血の心還流量の減少• 心拍出量の減少• 血圧の降下• 圧受容器のインパルス頻度の減少• 心拍数の増加・末梢血管の緊張による抵抗の増大 循環器系の疾患をもった人は、ヴァルサルヴァ法で死に至ることもある。 ヴァルサルヴァ反射 [ ] ヴァルサルヴァ法が表れる筋緊張が、頻繁に、反射的に起こることをヴァルサルヴァ反射といい、そのメカニズムをバルサルバ機構という。 呼吸や発声、自動的な引導などの正常な運動や、心拍、血圧などの自律神経の活動に病的な症状を引き起こすことがある。 ビル・パリー Bill Parry は、一部のは、ヴァルサルヴァ反射が原因と仮説を立てている(「吃音とバルサルバ仮説」2000年 国立吃音協会発行)。 ヴァルサルヴァ反射は、何らかの原因でが起こることで引き起こされるとされる。 不整脈治療 [ ] であるの治療において、を刺激して頻拍を停止させるために用いられることがある。 関連事項 [ ]• 参考文献 [ ]• 「現場ケア全書1 リハビリ踊操」 - QOLサービス出版部 外部リンク [ ] この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

Atlas of Ophthalmology

バルサルバ 網膜 症

より注意しながら運動を続けましょう 運動療法は糖尿病の治療に欠かせません。 しかし、合併症がある人がむやみに運動すると、身体の状態を悪化させてしまうことがあります。 だからといって、合併症があればじっとしていなければいけないというわけではなく、適切な運動を続けることで、全身にさまざまなよい影響が現れてきます。 主治医とよく相談して、注意しながら運動療法を進めていきましょう。 メディカルチェック 必ず医師のチェックを受けましょう 運動療法を始めるにあたっては、必ず医師のメディカルチェックを受けます。 これは、合併症がない人でも同じことで、メディカルチェックによって、その人の体力に合った運動の強さを決めたり、隠れているかもしれない合併症やほかの病気をみつけることができます。 合併症がある場合、メディカルチェックがより重要になります。 運動しながらの心電図・血圧測定、運動後の尿蛋白の測定などの検査によって、どの程度の運動なら問題ないのかを確認します。 こんなときは運動しない ひとつでもあてはまれば、その日の運動は休みます。 しかし、それによって眼底出血や心臓発作を起こしたり、腎症の進行を早めてしまうことがあります。 運動療法は、 必ず医師の指示に従って進めてください。 合併症ごとの注意事項 実際に運動をするときは、どんな注意が必要なのでしょう。 網膜症がある場合 〈注意すること〉 眼底出血、硝子体出血。 〈原因〉 運動中の血圧上昇・血流増加に、網膜の血管が耐えられなくなって出血します。 〈運動の進め方〉 軽度の単純網膜症なら、運動を制限する必要はありませんが、単純網膜症でも重度の場合(点状出血が活発に変化したり、黄斑浮腫があるとき)や増殖前網膜症の場合、血圧に影響の少ない軽い運動のみにします。 息を止めて力んだり、頭を下げたり強く振るような運動もよくありません。 増殖網膜症の場合は、積極的な運動療法はしません。 ただし、日常生活活動を制限する必要はありませんし、眼科の治療を受けて網膜症の進行が止まれば、運動療法を再開することができます。 網膜症がある場合の運動療法は、糖尿病の主治医と眼科医に十分相談して進めていきましょう。 なお、低血糖をきっかけに眼底出血が起きることもあるので、運動中・後の血糖管理に気をつけてください。 腎症がある場合 〈注意すること〉 腎症の悪化。 脳や心臓の血管の障害。 網膜症の進行。 〈原因〉 運動中の血圧上昇や血流の変化が、腎臓の血管に負担をかけ、腎症の進行が加速されます。 腎症の悪化により血圧はさらに上昇し、網膜症や心臓病の悪化、あるいは脳血管障害を起こす可能性が高くなります。 〈運動の進め方〉 微量アルブミン尿期で血糖コントロールがよい状態が続いていれば、通常の運動で問題ありません。 蛋白尿が間欠的にみられるようになると、運動によって尿中の蛋白が増えないことを検査で確認しながら運動強度を決めます。 蛋白尿が持続的にみられるようになると、血糖コントロールを目的とした運動療法は行いません。 ただこの場合も、動かずにじっとしていたほうがよいのではなく、検査で腎臓やその他の臓器の機能を確かめながら慎重に運動療法を進めていくことで、血糖低下以外の運動効果を引き出すことができます。 また近年、腎症が進行して人工透析を受ける人が増えていますが、そういう患者さんも軽い運動を続けると、骨量の減少を防ぐことができ、身体の活動レベルも高まり、生活範囲が広がるなど、効果は少なくありません。 神経障害がある場合 〈注意すること〉 足の壊疽 〈えそ〉。 不整脈・心不全などの危険。 無自覚性低血糖。 〈原因〉 知覚が低下していることで、足の怪我に気付かず治療が遅れます。 また、自律神経の障害で、心臓の働きを適切にコントロールできず運動によって不整脈や心不全が起きたり、運動中・後に血糖値が低くなっても自覚症状が現れず急に低血糖の意識障害を起こしたりします。 〈運動の進め方〉 足の壊疽は、日頃の足の手入れを習慣的に行うことで予防できます。 毎日、寝る前に足に怪我がないか確認しましょう。 足の裏などを自分で確認できなければ、周囲の人に見てもらいましょう。 怪我やタコなどをみつけたら、すぐに病院で処置してもらってください。 自律神経障害が軽度の場合は、軽い運動なら構いませんが、中等度以上に進行している場合、慎重に進めていかなければいけません。 脈拍や血圧から運動の強度を推し量ることは危険です。 少しでもきついと思ったり違和感を感じるような運動は、中止してください。 また、無自覚性低血糖を起こさないため、運動中・後の血糖管理に気をつけましょう。 神経障害の影響が手足のしびれだけの場合は、運動療法を制限する必要はありませんが、運動が苦痛なようであれば、症状が回復してからにします。 その他の合併症がある場合 糖尿病の人には高血圧や狭心症、心筋梗塞などの合併症がある場合も多いので、そういった人も必ず医師の指示を守ることが大切です。 基本的には、血圧や脈拍が上がり過ぎて心臓・血管系に負担となる運動は控えます。 心臓の病気が起きたり悪化していても、神経障害のために本人は気付かないこともあるので、十分注意してください。 また、糖尿病の人は、骨がもろくなっている人が多いので(骨粗鬆症 〈こつそしょうしょう〉)、骨折や関節の障害に注意してください。 肥満している人も同様に、膝や足首の関節を痛めないため、ある程度減量してから運動します。 水泳などの下半身に体重のかからない運動がよいでしょう。

次の

Atlas of Ophthalmology

バルサルバ 網膜 症

清澤のコメント:このブログのバルサルバ網膜症の記事への来訪者が急増しています。 ネットでニュースを検索するとトカナに邦文の記事があり、その元ネタはフォックス・ニュースでした。 を採録しますが、この記事にはいくつもの問題があります。 ・眼底写真医にはバルサルバ網膜症に見られやすい網膜前出血や網膜線維層の出血がありますが、病変は片眼であり、患者は出血時に即時に気づいた様子です。 ・バルサルバ網膜症の原因としての胸腔内圧の急激な上昇のエピソードをこの患者は持っていません。 ・私ならば網膜の小動脈瘤の破裂を考えたいです。 ・確実な治療とすれば、網膜レーザー光凝固よりも硝子体手術による血腫除去がむしろ選択肢となりうると思います。 確認されていない女性は、AsiaWireによると、過度の緊張の結果として左眼の血管を破裂させたという。 「患者は一晩中携帯電話で遊んでいた」と、松江人民病院の女性医師であるキュー・ワンジャン医師はAsiaWireに語りました。 「翌朝、目が覚めるとすぐに、彼女は電話を取り、再び使い始めました。 約5分後、患者は左目が見えないことを発見しました。 彼女には何も見えませんでした。 」 ワンジャン医師は、その後の眼底撮影で網膜に大きな血腫が見られ、それが視力を妨げ、バルサルバ網膜症の診断につながったと語った。 バルサルバ網膜症の症例は、嘔吐、喘息発作、激しい咳または他の激しい健康エピソードなどの眼への深刻な負担を伴う事例の後に記録されています。 この画像は、何時間も電話を使用した後の女性の目の破裂した血管を示しています。 (AsiaWire) 報告によると、患者はレーザー治療を受け、それにより網膜に小さな穴ができ、血液が排出され、視力が回復しました。 「彼女が長期的な影響を受けないようにするために、私たちは彼女を迅速に治療することが重要でした」とワンジャン医師は言いました。 眼の損傷や過剰な電話の使用の他の例は、青い光への暴露が眼の網膜を損傷するだけでなく、有毒分子の成長を促進する。 それは黄斑変性につながる可能性があります。 3月、American Academy of Ophthalmologyは、個人的および仕事に関係するスクリーンタイムへの曝露が、眼精疲労、ドライアイ、頭痛、および不眠症の訴えの増加につながったと述べました。 AAOは、コンピューターのモニターやスクリーンを手の届かない距離だけ離して置き、マットスクリーンフィルターを使用することを勧めています。 また、「20-20-20ルール」に従って、目が見えにくいように作業する必要がないように照明も調整し、 20フィート20フィート離れた物体を20分ごとに休憩を取って見ることで、目を休ませることを提案しています。 また、推奨事項では、目を湿らせ、就寝前にデバイスの使用を停止することも求められています。 ーーーーーー Categorised in:.

次の