トヨタ 保証 が つくし プラン。 保証がつくしプラン|アフターサービス|静岡トヨタ

保証がつくしプラン

トヨタ 保証 が つくし プラン

最初にメンテナンスの基礎知識として点検整備の基本についてご説明します。 運転免許をお持ちならご存知のはずですがドライバーにとって点検整備は義務です。 道路運送車両法でも点検項目や点検周期が明確に定められ、整備不良による罰金や違反点数も明記されています。 クルマは、ちょっとしたトラブルで大きな事故を引き起こす危険性があり、ドライバー自身はもちろん周囲の人に怪我をさせてしまったり、最悪の場合は命を奪ってしまったりする可能性があります。 そこで常に安全運転できる状態に保つため、国土交通省が日常点検整備や定期点検整備のルールを定めています。 そのルールに沿ってドライバーは、運転する前に「アクセルやブレーキ、ハンドルに問題はないか」「ブレーキランプやヘッドライトは点灯するか」といった点検を行う義務があります。 また点検整備と言っても「日常点検整備」「定期点検整備」などの種類があります。 【関連記事】 日常点検整備は、クルマを運転するドライバー自身が行う点検です。 運転席に座ってブレーキペダルやアクセルペダル、ステアリング、サイドブレーキは正常か、メーターは正しく表示されているか、クルマの周りを見ながらタイヤは減っていないか、エンジンルームを覗いてオイル類は減っていないかなど、日常的に確認するようにしましょう。 そして、「いつもと違うような気がする・・・」というときは、速やかに自動車ディーラーや整備工場に相談して整備してもらうことも大切です。 トラックやタクシーのような事業用車は、1日1回運行前に必ず日常点検整備を行うことが義務づけられています。 マイカー(自家用乗用自動車)の場合は、毎日のように具体的な周期は定められていませんが、走行距離や運行時の状態などから判断して適切な時期に日常点検整備を実施しましょう。 日常点検整備は、「道路運送車両法第47条の2, 自動車点検基準第1条」で定められたドライバーに課せられた義務です。 点検方法や点検項目がわからないという人は、国土交通省が点検整備に関するチェックシートや点検方法のマニュアルを配布しているので参考にしましょう。 または、トヨタモビリティ東京では、点検整備の実施はもちろん、ご自身で行う方法のアドバイスなどもさせていただきますのでお気軽にご相談ください。 トヨタモビリティ東京では、安全なドライブのために作業時間約30分、料金3,300円と手軽な点検サービス「 」も用意しております。 日常点検を自分でするのは不安という人は、ぜひご利用ください! 定期点検整備は、一定期間ごとに行う点検整備になります。 日常点検整備はユーザーご自身で行うことを前提にしていますが、定期点検整備はクルマの構造・装置に関わる項目も含まれており、専門的な知識・技術が必要なので国の認証を受けた整備工場に依頼するようにしましょう。 ただし、整備工場での実施は義務ではないので、クルマの構造や装置に詳しく、安全な点検整備ができる場合はご自身で実施することもできます。 車種や用途によって点検整備を行う時期・点検項目数が異なりますが、マイカー(自家用乗用車)の場合は、1年ごとに26項目、2年ごとに1年ごとの点検項目を含む56項目の点検整備を行う必要があります。 定期点検整備は、「道路運送車両法第48条, 自動車点検基準第2条】」で定められた義務で、「法令点検」または1年毎に行うので「法令12ヶ月点検」とも呼ばれることもあります。 また、点検の結果と整備の概要を記録・保存し、自動車を安全に維持管理するために「点検整備記録簿(道路運送車両法第49条)」というものがあります。 点検整備記録簿は、自動車に備え付けることが義務となっており、一定期間保存することが求められています。 (3ヶ月、6ヶ月点検対象車は1年保存、1年点検対象車は2年保存)。 定期点検整備を実施した際は、必ず点検整備記録簿に記載、または確認するようにしましょう。 点検整備を怠ると走行中の故障や、排出ガスの増加や燃費の低下などを招く可能性があります。 さらに整備不良が原因で事故を引き起こす可能性もあり、大変危険なので未然にトラブルを防ぐためにクルマを最適な状態に保つことがドライバーのマナーです。 クルマには、走行距離や時間経過によって劣化・摩耗する部品が多く使われているので、定期的な点検整備が必要というわけです。 また、「点検整備と自動車の検査(車検)の違いがわからない」という人もいらっしゃいますが、点検整備と自動車の検査(車検)はまったくの別物です。 自動車の検査(車検)は、検査時点に自動車が安全・環境基準に適合しているか、国が一定期間ごとに最低限チェックしているもので、自動車検査証の有効期間内の安全性を保証するものではありません。 そのため車検に合格しているから安全と気を抜かず、日常の点検整備や定期点検整備を行いましょう。 このようなトラブルは、半年や1年毎に定期的に点検・整備などのメンテナンスで防げるものばかりです。 しかし、最近はセルフ方式のガソリンスタンドの普及で点検の機会も減っていますし、中古車販売店や個人売買でクルマを購入した場合はアフターサポートが不十分なことも多く、メンテナンスを疎かにしてしまうことも多いですよね。 クルマを運転するうえで安全に走れるように、またトラブルで周囲に迷惑をかけないように整備・点検することはドライバーのマナーです。 さらにバッテリー上がりやタイヤパンク時に身動きが取れなくなると、レッカーなどのロードサービスを呼ぶ必要があり、大切なお金と時間もかかります。 ロードサービスの費用は、距離や内容によっても大きく関わりますが、平均で約1万3000円(税込)ほどかかります。 さらにバッテリー交換の場合は別途バッテリー代がかかりますし、パンクの場合はタイヤ代がかかります。 あまり乗っていなくてすり減っていなくても、ゴムの劣化によって滑りやすくなったり、パンクしやすくなったりすることがあるので要注意です!タイヤにひび割れなどがある場合は、危険なので速やかに交換するようにしましょう。 また、タイヤの溝が4mm以下になっていたり、空気圧が低下していてもスリップやパンクなどが発生しやすくなります。 定期的なタイヤの点検や空気圧のチェックに加え、高速道路で長距離ドライブする前にも点検しておくと安心です。 また、これからのシーズンは、雪に備えて早めのスタッドレスタイヤへの交換をおすすめします。 都内でも雪が積もることがあり、積雪時はノーマルタイヤでは非常に危険です! 【関連記事】 「インキー」や「インロック」とも呼ばれる「キー閉じこみ」もJAFロードサービスの救援依頼の上位に入っています。 最近は電子キーが一般的になり、以前のようにドアノブを引きながらドアをロックすることも少なく、キー閉じこみの発生件数は減少しています。 しかし、荷物の出し入れのためにトランクやリヤゲートを電子キーで開閉し、そのまま電子キーを車内においたまま締めてしまったり、なんらかの理由でカバンの中でボタンが押されてしまってロックされてしまったりすることもあります。 また、電子キーの場合、電池切れになってしまうこともあるので、定期的な点検も必要不可欠です。 最近のクルマは、電子キーの普及やメーカーのキー閉じこみ対策も行われていますが、可能性がゼロというわけではありません。 せっかくのドライブや旅行先でトラブルが発生すれば、予想外の出費と時間のロスにもなります。 とはいえ、バッテリーやタイヤのトラブルは、ご自身でも気が付きにくいもの。 そんなときはトヨタモビリティ東京にご相談ください。 バッテリーやタイヤの無料診断も実施中です!また、トヨタモビリティ東京では、お出かけ前やお出かけ後の安心点検として「プロケア10」というメニューもご用意しています。 バッテリーやタイヤはもちろん、クルマの下廻りも含めて、最新の知識と高い技術力持ったエンジニアがチェックいたしますのでお気軽にご相談くださいね!プロケア10は、トヨタ車以外の国産車もOK、作業時間は約30分、金額は3,300円(税込)です。 エンジンや油類・液類、ベルト類、バッテリー、室内、ブレーキ、ワイパー、タイヤ、下廻り、ライトなどの項目を点検いたします。 電子キーの電池残量のチェックや交換なども行っていますので、少しでも気になることがあればご利用ください。 詳しくは、以下のバナーをクリック! クルマを買ったらメンテナンスが重要なことはご理解いただけましたか?でも実際、いつメンテナンスをすればいいの?どんな項目を見ればいいの?と悩んでしまいますよね。 そんなお悩みにお応えするためにトヨタモビリティ東京では、定期点検と車検整備をセットにしたアフターサポート「メンテナンスパック」をご用意しています。 メンテナンスパックは、購入後の定期点検と車検整備をセットしたもので、クルマに詳しくなくてもプロのエンジニアがメンテナンスを実施。 新車・中古車ともにご利用可能なとってもお得なメニューになっています。 メンテナンスパックは、「セレクトコース」と「シンプルコース」の2種類に大きく分けられます。 定期点検に加え、プロケア10も含まれているので、いつでも安全・安心なクルマに乗っていただけます。 詳しい実施作業や期間などは以下をご覧ください。 例えば、新車購入時にメンテナンスパック セレクト33を選んだ場合、会員期間は3年、セレクトメニューは9項目になります。 初回車検は含まれていませんが低価格で定期点検を受けられます。 実施内容などは基本的に新車コースと同様です。 車検ごとにメンテナンスパックを継続していけば、ずっとトヨタモビリティ東京の安心サービスを利用できるわけですね! 実施メニューも充実!コラムの最初でご説明しましたが、クルマのオーナーは車検整備に加え、12ヶ月毎に行う法定点検が義務付けられています。 一般的に「定期点検」と呼ばれるもので、国土交通省によって点検項目が定められています。 トヨタモビリティ東京のメンテナンスパックは、車検整備と法定点検(定期点検)に加え、トヨタオリジナルの点検メニュー「プロケア10」を実施します(一部、車検整備を含まないプランもあり)。 そのため半年に1回のペースでディーラー品質のメンテナンスが受けられるわけですね!イラスト黄色の「プロケア10」が定期点検に加えてトヨタモビリティ東京が実施するサービスになります。 セレクトメニューは、走行距離や使用状況に応じて、好きなタイミングで実施できるメニューです。 もちろん定期点検時や車検時にも実施可能です。 例えば、「雨が降ってワイパーの拭き残しが気になったからワイパーゴムを交換してもらおう」「定期点検はまだだけど長距離を走るからエンジンオイル交換をしておこう」「クルマが汚れたから洗車と撥水コーティングをしてもらおう」「エアコンの臭いが気になるからエアコンフィルターを交換してもらおう」と、気になったときにメンテナンスを受けられます。 セレクトメニューは、定期点検や車検整備に関係なく、気になるときに気軽に使ってくださいね! さらに「より安全安心なクルマに乗りたい」「高いレベルでクルマのコンディションを維持したい」といった人もいらっしゃいますよね?そんなこだわり派のオーナー様のために、ワンランク上のエンジンオイルやエアフィルター、添加剤などにセレクトメニューの内容を変更する「グレードアップメニュー」もご用意しています。 メンテナンスパックのセレクトメニューは、エンジンオイルやワイパーゴムなどの消耗品に限定されています。 そこでおすすめなのが「保証がつくしプラン」です!保証がつくしプランは、少ない予算でエアコンやカーナビゲーション、オーディオ、パワーウインドウなどの故障にも対応!例えば、新車購入であれば、メーカー保証がついていますが、保証対象期間・走行距離が決まっています。 中古車であれば、さらに保証対象期間・走行距離などが短くなることもありますよね。 そんなときに保証期間を延長できるのが「保証がつくしプラン」です。 保証がつくしプランは、「新車コース」と「車検コース」の2種類があり、車検コースであれば中古車でも新車並みの保証が受けられます。 また、車検コースは、車検時のみの加入になりますが、トヨタ車以外の国内他メーカー(一部対象外あり)でも加入できるところもポイント!詳しい保証内容や加入方法については、以下のページもしくはトヨタモビリティ東京までお気軽にご相談ください。 トヨタモビリティ東京では、トヨタが認めたトップレベルの技術力を持ったトヨタ技術検定1級資格取得者1,736名(2019年3月現在)が皆様の愛車の整備を行っています。 定期点検では、熟練サービススタッフが2人1組でスピーディかつ確実な作業をお約束!都内全店舗で板金修理も受け付けており、自社の板金工場もありますので、もしもの事故のときも安心です。 点検・整備から板金・塗装までトータルで対応できることがトヨタモビリティ東京の強みです。 トヨタ車以外の国産車にも対応していますので、他メーカーのクルマにお乗りのオーナー様もお気軽にご相談くださいね! また、ハイブリッド車を知り尽くしたサービススタッフが揃っていることも特徴です。 ハイブリッド車は、バッテリーの消耗などの判断が難しく、修理や交換になると大きな出費が伴います。 また、一般的な中古車販売店では、整備・修理に対応できないケースもあります。 プリウスをはじめとした数多くのハイブリッド車を取り扱ってきた経験がありますので購入はもちろん、メンテナンスから修理までおまかせください! トヨタモビリティ東京では、クルマの販売や整備だけではなく、当社をご利用いただいているお客様へレンタカーも行っています。 TS CUBIC CARDでのお支払いの場合は、レンタカー利用の割引サービスもご利用いただけます。 例えば、アクアやシエンタのようなコンパクトカーなら、通常6時間で4,800円のところTS CUBIC CARDでのお支払いの場合は1,000円割引の3,800円に!普段はコンパクトカーに乗っているけど旅行などで快適&大きなクルマを使いたいということもありますよね!また外出先で荷物が増えてしまってちょっとクルマを利用といったときにもレンタカーはおすすめ!「家族や友達と旅行に行くのでミニバンを利用したい」「キャンプやスキー、スノーボードに行きたいのでSUVを利用したい」「引っ越しのためにバンやトラックを利用したい」「気になる新車を試乗気分で乗ってみたい」といったときにぜひご利用ください。 レンタカーのご利用料金は以下の通りです。 さらに、メンテナンスパック会員様の特別料金もご用意しておりますので、詳しくはトヨタモビリティ東京の担当店舗へお問い合わせください。 もっとメンテナンスパックをはじめとした点検整備サービスを知りたい人は、トヨタモビリティ東京にお気軽にご相談ください。 トヨタモビリティ東京は、都内全域で200店舗を超える自動車販売店として世界最大規模(自社調べ)の店舗網でお客様のモビリティライフをサポート!新車・中古車の販売はもちろん、愛車サブスクリプションサービス「KINTO」、カーシェアやレンタカーなども取り扱い、万全のサービス体制で皆様のカーライフを全力でサポートします。 点検整備においてもトップレベルのサービススタッフがお客様の愛車を担当。 定期点検は熟練サービススタッフが2人1組でスピーディかつ確実な作業をお約束します。 また、都内全店舗で板金修理も受け付けており、自社の板金工場もありますので、もしもの事故のときも安心です。 点検・整備から板金・塗装までトータルで対応できることがトヨタモビリティ東京の強みです。 さらに全国に広がるトヨタディーラーのネットワークもポイント!全国約5,000店舗、5万人のスタッフが日々サービスをあたり、全国どこでもメンテンナンスや修理が受けられる体制を整えております。 万が一、旅行先や出張先でトラブルが発生してもサポート体制が整っているので安心です。

次の

保証がつくしプラン 車検コース

トヨタ 保証 が つくし プラン

トヨタのお店では、わずかな費用で安心おトクな「保証がつくしプラン」にご加入いただけます。 新車をご購入のお客様には「新車コース」、車検を受けられたお客様には「車検コース」にご加入いただくと、メーカー保証終了後、万が一の故障でも無料で修理が受けられます。 この記事では、注文書や見積書でよく見かける項目ごとに、どのように処理すれば良いか解説していきます。 保証がつくしプラン: Author: OKADA トヨタの保証がつくしプランの勘定科目を教えてください 車検の際明細に保証がつくしプランと明記され請求書がきましたので調べてみますと、有料になる修理も無料になる、というような保証サービスのようでした。 担当者が付けたの Read: 19508 新車ご購入時に付いている、エアコンやカーナビなどの万一の故障でも無料で修理できる一般保証(メーカー保証)は3年で終了しますが、神戸トヨペットでは、一般保証が終了した後でも保証を受けられる延長保証「保証がつくし 新車コース」をご用意。 「保証がつくしプラン(新車コース 乗用車用)」は、トヨタ販売店の保証制度であるため、保証部位は一部、メーカー保証部位と異なります。 tecs車の特装部位(ウェルキャブ架装を除く)等も対象外となります。 保証対象とならない主な部品と故障 新車購入時もしくはディーラーで車検を受けると加入できる「保証がつくしプラン」の内容と数々の車を整備、点検してきた整備の目から見て『保証延長の必要性』について書きます。 以上このような感じで勘定科目を当ててみたのですが、変えた方が良い所があれば教えて下さい。 まず「保証がつくしプラン 3年車検コース」についてのご案内です。 基本的に新車というのはブレーキやエンジン、ギアなどの動力伝達機構、乗員保護補助装置などはメーカー特別保証で5年保証されていま メーカー保証(例えば3年)終了から保証がつくしプラン終了(例えば5年)の間に故障すれば、修理という役務の提供が行われますが、故障せずプランの期間が満了になれば、役務の提供は受けない。 Read: 33440 車検費用の仕訳について教えて下さい!!先日会社の車の車検を済ませ、代金は支払い済みです。 請求書を見ながら仕訳をしているのですが、勘定科目をどうしたらいいか・仕訳に悩んでいます。 以上このような感じで勘定科目を当ててみたのですが、変えた方が良い所があれば教えて下さい。 保証がつくしプラン「新車コース」は、長崎トヨペットで新車購入時にご加入いただける延長保証サービスです。 まず「保証がつくしプラン 3年車検コース」についてのご案内です。 基本的に新車というのはブレーキやエンジン、ギアなどの動力伝達機構、乗員保護補助装置などはメーカー特別保証で5年保証されていま 「保証がつくしプラン(新車コース乗用車・貨物用)」の保証部位は一部、メーカー保証部位と異なります。 tecs車の特装部品(ウェルキャブ架装を除く)等も対象になります。 勘定科目のみ教えていただくのでも構いません。 よろしくお願いいたします。 その他の一般部品でも3年または6万㎞のいずれか早い方まで保証適用で手厚くサポートいたします。 以上このような感じで勘定科目を当ててみたのですが、変えた方が良い所があれば教えて下さい。 財務・会計・経理 — 車検費用の仕訳について教えて下さい!! 先日会社の車の車検を済ませ、代金は支払い済みです。 請求書を見ながら仕訳をしているのですが、勘定科目をどうしたらいいか・仕訳に悩ん つまり、メーカー保証が切れるということになります。 そのメーカー保証を、17,000円(ディーラーで全ての点検を受けた場合15,000円。 マモルaプラン)払って、あと2年間延長することができるという「マモル」に入らないかという話でした。 新車購入では新車保証3年以外にも延長保証2年の加入もススメられて考え込んでしまった経験はありませんか? 新車保証期間は3年なので、3年以内に車を売却する人は関係ないと思うかもしれませんが、実は関係が大ありな・・・ 「保証がつくしプラン(新車コース乗用車・貨物用)」の保証部位は一部、メーカー保証部位と異なります。 tecs車の特装部品(ウェルキャブ架装を除く)等も対象になります。 (詳しくは保証ガイドをご 保証がつくしプラン 新車コース。 愛知トヨタは、トヨタ車・レクサス車・輸入車の販売、中古車の販売、自動車リース、自動車整備/修理、自動車関連部品・用品販売、各種保険取扱い、通信機器の販売、金融商品仲介業を行う自動車ディーラーです。 勘定科目のみ教えていただくのでも構いません。 よろしくお願いいたします。 投稿日時 — 2010-07-07 12:04:25 「保証がつくしプラン」は札幌トヨタのお店で車検を受けたときに同時にご加入いただける安心でおトクな充実保証プラン 「保証がつくしプラン(新車コース 乗用車・貨物車用)」は、 トヨタ販売店の保証制度であるため、保証部位は一部、メーカー保証部位と異なります。 tecs車の特装部位(ウェルキャブ架装を除く)等も対象外となります。 以上このような感じで勘定科目を当ててみたのですが、変えた方が良い所があれば教えて下さい。 5年目の車検時期なんですが、保証がつくしプランに入ろうか悩んでいます。 皆さんの書き込みを見てると現行エスティマはトラブルが多いようですが、 私はあんまり車を使わない 年間2-3000Km使 4. この「保証がつくしプラン」について、レクサス版が追加されると、担当ts氏から情報を頂きました。 車購入の仕訳を教えて下さい. michiyo. 保証修理費とは、自社で販売した商品・製品やサービスについて、一定の保証期間内に故障等欠陥があった場合には、自社の負担で無料で修理する保証をしているときに、これにかかる費用を管理するための勘定科目をいう。 保証がつくしプラン 新車コース(乗用車・貨物車用)」は、トヨタ販売店の保証制度であるため、保証部位は一部、メーカー保証部位と異なります。 tecs車の特装部位(ウェルキャブ架装を除く)等も対象 保証がつくしプランはトヨタ販売店の保証制度であるため、保証部位は一部、メーカー保証部位と異なります. tecs車の特装部位(ウェルキャブ架装を除く)等も対象外となります。 保証対象とならない主 「保証がつくしプラン」で安心でおトクな充実保証。 兵庫トヨタのお店で車検を受けると、安心でおトクな「保証がつくしプラン」(車検コース)にご加入いただけます。 ご加入いただくと、メーカー保証終了後、3年(6万㎞)から5年(10km)までの安心を保証します。 「保証がつくしプラン(新車コース 乗用車・貨物車用)」は、 トヨタ販売店の保証制度であるため、保証部位は一部、メーカー保証部位と異なります。 tecs車の特装部位(ウェルキャブ架装を除く)等も対象外となります。 安心でお得な充実保証! 車検時にわずかなご負担で万が一の修理代を無料保証! 静岡トヨタで車検を受けた際「保証がつくしプラン」にご加入 有料 いただくと、メーカー保証がきれた後でも無料で修理いたします。 もちろん他メーカー車でもokです。 保証がつくしプラン(有料) 有料の「保証がつくしプラン」に加入していれば、無料保証期間終了後に万が一故障をしたとしても安心です。 新型プリウスの場合、1万円で加入することができます。 3年で切れる保証を5年まで延長できる・・・ってのが保証がつくしプラン最大のメリットかと思います。 販売店が3年保証の個所の不具合である事を認めているのに、有償はありえません・・・。 書込番号:20742381. 1 点 3. 申込期間は初度登録日から2か月間です。 1回の保証修理費用の限度額は100万円とし、保証限度額を超過した場合は、当該超過分はお客様のご負担となります。 subaru車の新車購入時には全てのお客様にメーカー保証が付いており、万一、保証対象部品に材料上あるいは製造上の不具合が発生した場合には、保証書に記載されている期間と条件に従って無料修理いたします。 保証延長プラン車検時加入コースについては、当ページでご確認ください。 この場合の仕訳はどうなりますか? (延長保証の科目が解りません) パソコン購入時に販売店にて5年延長保障契約を結びました。 パソコン10万円、延長保証料5000円です。 投稿ナビゲーション.

次の

つくし保証

トヨタ 保証 が つくし プラン

最初にメンテナンスの基礎知識として点検整備の基本についてご説明します。 運転免許をお持ちならご存知のはずですがドライバーにとって点検整備は義務です。 道路運送車両法でも点検項目や点検周期が明確に定められ、整備不良による罰金や違反点数も明記されています。 クルマは、ちょっとしたトラブルで大きな事故を引き起こす危険性があり、ドライバー自身はもちろん周囲の人に怪我をさせてしまったり、最悪の場合は命を奪ってしまったりする可能性があります。 そこで常に安全運転できる状態に保つため、国土交通省が日常点検整備や定期点検整備のルールを定めています。 そのルールに沿ってドライバーは、運転する前に「アクセルやブレーキ、ハンドルに問題はないか」「ブレーキランプやヘッドライトは点灯するか」といった点検を行う義務があります。 また点検整備と言っても「日常点検整備」「定期点検整備」などの種類があります。 【関連記事】 日常点検整備は、クルマを運転するドライバー自身が行う点検です。 運転席に座ってブレーキペダルやアクセルペダル、ステアリング、サイドブレーキは正常か、メーターは正しく表示されているか、クルマの周りを見ながらタイヤは減っていないか、エンジンルームを覗いてオイル類は減っていないかなど、日常的に確認するようにしましょう。 そして、「いつもと違うような気がする・・・」というときは、速やかに自動車ディーラーや整備工場に相談して整備してもらうことも大切です。 トラックやタクシーのような事業用車は、1日1回運行前に必ず日常点検整備を行うことが義務づけられています。 マイカー(自家用乗用自動車)の場合は、毎日のように具体的な周期は定められていませんが、走行距離や運行時の状態などから判断して適切な時期に日常点検整備を実施しましょう。 日常点検整備は、「道路運送車両法第47条の2, 自動車点検基準第1条」で定められたドライバーに課せられた義務です。 点検方法や点検項目がわからないという人は、国土交通省が点検整備に関するチェックシートや点検方法のマニュアルを配布しているので参考にしましょう。 または、トヨタモビリティ東京では、点検整備の実施はもちろん、ご自身で行う方法のアドバイスなどもさせていただきますのでお気軽にご相談ください。 トヨタモビリティ東京では、安全なドライブのために作業時間約30分、料金3,300円と手軽な点検サービス「 」も用意しております。 日常点検を自分でするのは不安という人は、ぜひご利用ください! 定期点検整備は、一定期間ごとに行う点検整備になります。 日常点検整備はユーザーご自身で行うことを前提にしていますが、定期点検整備はクルマの構造・装置に関わる項目も含まれており、専門的な知識・技術が必要なので国の認証を受けた整備工場に依頼するようにしましょう。 ただし、整備工場での実施は義務ではないので、クルマの構造や装置に詳しく、安全な点検整備ができる場合はご自身で実施することもできます。 車種や用途によって点検整備を行う時期・点検項目数が異なりますが、マイカー(自家用乗用車)の場合は、1年ごとに26項目、2年ごとに1年ごとの点検項目を含む56項目の点検整備を行う必要があります。 定期点検整備は、「道路運送車両法第48条, 自動車点検基準第2条】」で定められた義務で、「法令点検」または1年毎に行うので「法令12ヶ月点検」とも呼ばれることもあります。 また、点検の結果と整備の概要を記録・保存し、自動車を安全に維持管理するために「点検整備記録簿(道路運送車両法第49条)」というものがあります。 点検整備記録簿は、自動車に備え付けることが義務となっており、一定期間保存することが求められています。 (3ヶ月、6ヶ月点検対象車は1年保存、1年点検対象車は2年保存)。 定期点検整備を実施した際は、必ず点検整備記録簿に記載、または確認するようにしましょう。 点検整備を怠ると走行中の故障や、排出ガスの増加や燃費の低下などを招く可能性があります。 さらに整備不良が原因で事故を引き起こす可能性もあり、大変危険なので未然にトラブルを防ぐためにクルマを最適な状態に保つことがドライバーのマナーです。 クルマには、走行距離や時間経過によって劣化・摩耗する部品が多く使われているので、定期的な点検整備が必要というわけです。 また、「点検整備と自動車の検査(車検)の違いがわからない」という人もいらっしゃいますが、点検整備と自動車の検査(車検)はまったくの別物です。 自動車の検査(車検)は、検査時点に自動車が安全・環境基準に適合しているか、国が一定期間ごとに最低限チェックしているもので、自動車検査証の有効期間内の安全性を保証するものではありません。 そのため車検に合格しているから安全と気を抜かず、日常の点検整備や定期点検整備を行いましょう。 このようなトラブルは、半年や1年毎に定期的に点検・整備などのメンテナンスで防げるものばかりです。 しかし、最近はセルフ方式のガソリンスタンドの普及で点検の機会も減っていますし、中古車販売店や個人売買でクルマを購入した場合はアフターサポートが不十分なことも多く、メンテナンスを疎かにしてしまうことも多いですよね。 クルマを運転するうえで安全に走れるように、またトラブルで周囲に迷惑をかけないように整備・点検することはドライバーのマナーです。 さらにバッテリー上がりやタイヤパンク時に身動きが取れなくなると、レッカーなどのロードサービスを呼ぶ必要があり、大切なお金と時間もかかります。 ロードサービスの費用は、距離や内容によっても大きく関わりますが、平均で約1万3000円(税込)ほどかかります。 さらにバッテリー交換の場合は別途バッテリー代がかかりますし、パンクの場合はタイヤ代がかかります。 あまり乗っていなくてすり減っていなくても、ゴムの劣化によって滑りやすくなったり、パンクしやすくなったりすることがあるので要注意です!タイヤにひび割れなどがある場合は、危険なので速やかに交換するようにしましょう。 また、タイヤの溝が4mm以下になっていたり、空気圧が低下していてもスリップやパンクなどが発生しやすくなります。 定期的なタイヤの点検や空気圧のチェックに加え、高速道路で長距離ドライブする前にも点検しておくと安心です。 また、これからのシーズンは、雪に備えて早めのスタッドレスタイヤへの交換をおすすめします。 都内でも雪が積もることがあり、積雪時はノーマルタイヤでは非常に危険です! 【関連記事】 「インキー」や「インロック」とも呼ばれる「キー閉じこみ」もJAFロードサービスの救援依頼の上位に入っています。 最近は電子キーが一般的になり、以前のようにドアノブを引きながらドアをロックすることも少なく、キー閉じこみの発生件数は減少しています。 しかし、荷物の出し入れのためにトランクやリヤゲートを電子キーで開閉し、そのまま電子キーを車内においたまま締めてしまったり、なんらかの理由でカバンの中でボタンが押されてしまってロックされてしまったりすることもあります。 また、電子キーの場合、電池切れになってしまうこともあるので、定期的な点検も必要不可欠です。 最近のクルマは、電子キーの普及やメーカーのキー閉じこみ対策も行われていますが、可能性がゼロというわけではありません。 せっかくのドライブや旅行先でトラブルが発生すれば、予想外の出費と時間のロスにもなります。 とはいえ、バッテリーやタイヤのトラブルは、ご自身でも気が付きにくいもの。 そんなときはトヨタモビリティ東京にご相談ください。 バッテリーやタイヤの無料診断も実施中です!また、トヨタモビリティ東京では、お出かけ前やお出かけ後の安心点検として「プロケア10」というメニューもご用意しています。 バッテリーやタイヤはもちろん、クルマの下廻りも含めて、最新の知識と高い技術力持ったエンジニアがチェックいたしますのでお気軽にご相談くださいね!プロケア10は、トヨタ車以外の国産車もOK、作業時間は約30分、金額は3,300円(税込)です。 エンジンや油類・液類、ベルト類、バッテリー、室内、ブレーキ、ワイパー、タイヤ、下廻り、ライトなどの項目を点検いたします。 電子キーの電池残量のチェックや交換なども行っていますので、少しでも気になることがあればご利用ください。 詳しくは、以下のバナーをクリック! クルマを買ったらメンテナンスが重要なことはご理解いただけましたか?でも実際、いつメンテナンスをすればいいの?どんな項目を見ればいいの?と悩んでしまいますよね。 そんなお悩みにお応えするためにトヨタモビリティ東京では、定期点検と車検整備をセットにしたアフターサポート「メンテナンスパック」をご用意しています。 メンテナンスパックは、購入後の定期点検と車検整備をセットしたもので、クルマに詳しくなくてもプロのエンジニアがメンテナンスを実施。 新車・中古車ともにご利用可能なとってもお得なメニューになっています。 メンテナンスパックは、「セレクトコース」と「シンプルコース」の2種類に大きく分けられます。 定期点検に加え、プロケア10も含まれているので、いつでも安全・安心なクルマに乗っていただけます。 詳しい実施作業や期間などは以下をご覧ください。 例えば、新車購入時にメンテナンスパック セレクト33を選んだ場合、会員期間は3年、セレクトメニューは9項目になります。 初回車検は含まれていませんが低価格で定期点検を受けられます。 実施内容などは基本的に新車コースと同様です。 車検ごとにメンテナンスパックを継続していけば、ずっとトヨタモビリティ東京の安心サービスを利用できるわけですね! 実施メニューも充実!コラムの最初でご説明しましたが、クルマのオーナーは車検整備に加え、12ヶ月毎に行う法定点検が義務付けられています。 一般的に「定期点検」と呼ばれるもので、国土交通省によって点検項目が定められています。 トヨタモビリティ東京のメンテナンスパックは、車検整備と法定点検(定期点検)に加え、トヨタオリジナルの点検メニュー「プロケア10」を実施します(一部、車検整備を含まないプランもあり)。 そのため半年に1回のペースでディーラー品質のメンテナンスが受けられるわけですね!イラスト黄色の「プロケア10」が定期点検に加えてトヨタモビリティ東京が実施するサービスになります。 セレクトメニューは、走行距離や使用状況に応じて、好きなタイミングで実施できるメニューです。 もちろん定期点検時や車検時にも実施可能です。 例えば、「雨が降ってワイパーの拭き残しが気になったからワイパーゴムを交換してもらおう」「定期点検はまだだけど長距離を走るからエンジンオイル交換をしておこう」「クルマが汚れたから洗車と撥水コーティングをしてもらおう」「エアコンの臭いが気になるからエアコンフィルターを交換してもらおう」と、気になったときにメンテナンスを受けられます。 セレクトメニューは、定期点検や車検整備に関係なく、気になるときに気軽に使ってくださいね! さらに「より安全安心なクルマに乗りたい」「高いレベルでクルマのコンディションを維持したい」といった人もいらっしゃいますよね?そんなこだわり派のオーナー様のために、ワンランク上のエンジンオイルやエアフィルター、添加剤などにセレクトメニューの内容を変更する「グレードアップメニュー」もご用意しています。 メンテナンスパックのセレクトメニューは、エンジンオイルやワイパーゴムなどの消耗品に限定されています。 そこでおすすめなのが「保証がつくしプラン」です!保証がつくしプランは、少ない予算でエアコンやカーナビゲーション、オーディオ、パワーウインドウなどの故障にも対応!例えば、新車購入であれば、メーカー保証がついていますが、保証対象期間・走行距離が決まっています。 中古車であれば、さらに保証対象期間・走行距離などが短くなることもありますよね。 そんなときに保証期間を延長できるのが「保証がつくしプラン」です。 保証がつくしプランは、「新車コース」と「車検コース」の2種類があり、車検コースであれば中古車でも新車並みの保証が受けられます。 また、車検コースは、車検時のみの加入になりますが、トヨタ車以外の国内他メーカー(一部対象外あり)でも加入できるところもポイント!詳しい保証内容や加入方法については、以下のページもしくはトヨタモビリティ東京までお気軽にご相談ください。 トヨタモビリティ東京では、トヨタが認めたトップレベルの技術力を持ったトヨタ技術検定1級資格取得者1,736名(2019年3月現在)が皆様の愛車の整備を行っています。 定期点検では、熟練サービススタッフが2人1組でスピーディかつ確実な作業をお約束!都内全店舗で板金修理も受け付けており、自社の板金工場もありますので、もしもの事故のときも安心です。 点検・整備から板金・塗装までトータルで対応できることがトヨタモビリティ東京の強みです。 トヨタ車以外の国産車にも対応していますので、他メーカーのクルマにお乗りのオーナー様もお気軽にご相談くださいね! また、ハイブリッド車を知り尽くしたサービススタッフが揃っていることも特徴です。 ハイブリッド車は、バッテリーの消耗などの判断が難しく、修理や交換になると大きな出費が伴います。 また、一般的な中古車販売店では、整備・修理に対応できないケースもあります。 プリウスをはじめとした数多くのハイブリッド車を取り扱ってきた経験がありますので購入はもちろん、メンテナンスから修理までおまかせください! トヨタモビリティ東京では、クルマの販売や整備だけではなく、当社をご利用いただいているお客様へレンタカーも行っています。 TS CUBIC CARDでのお支払いの場合は、レンタカー利用の割引サービスもご利用いただけます。 例えば、アクアやシエンタのようなコンパクトカーなら、通常6時間で4,800円のところTS CUBIC CARDでのお支払いの場合は1,000円割引の3,800円に!普段はコンパクトカーに乗っているけど旅行などで快適&大きなクルマを使いたいということもありますよね!また外出先で荷物が増えてしまってちょっとクルマを利用といったときにもレンタカーはおすすめ!「家族や友達と旅行に行くのでミニバンを利用したい」「キャンプやスキー、スノーボードに行きたいのでSUVを利用したい」「引っ越しのためにバンやトラックを利用したい」「気になる新車を試乗気分で乗ってみたい」といったときにぜひご利用ください。 レンタカーのご利用料金は以下の通りです。 さらに、メンテナンスパック会員様の特別料金もご用意しておりますので、詳しくはトヨタモビリティ東京の担当店舗へお問い合わせください。 もっとメンテナンスパックをはじめとした点検整備サービスを知りたい人は、トヨタモビリティ東京にお気軽にご相談ください。 トヨタモビリティ東京は、都内全域で200店舗を超える自動車販売店として世界最大規模(自社調べ)の店舗網でお客様のモビリティライフをサポート!新車・中古車の販売はもちろん、愛車サブスクリプションサービス「KINTO」、カーシェアやレンタカーなども取り扱い、万全のサービス体制で皆様のカーライフを全力でサポートします。 点検整備においてもトップレベルのサービススタッフがお客様の愛車を担当。 定期点検は熟練サービススタッフが2人1組でスピーディかつ確実な作業をお約束します。 また、都内全店舗で板金修理も受け付けており、自社の板金工場もありますので、もしもの事故のときも安心です。 点検・整備から板金・塗装までトータルで対応できることがトヨタモビリティ東京の強みです。 さらに全国に広がるトヨタディーラーのネットワークもポイント!全国約5,000店舗、5万人のスタッフが日々サービスをあたり、全国どこでもメンテンナンスや修理が受けられる体制を整えております。 万が一、旅行先や出張先でトラブルが発生してもサポート体制が整っているので安心です。

次の