高校 通算 51 本塁打。 「怪物」高校野球通算ホームラントップ10はプロで活躍したのか?

大器晩成すぎる!? “高校通算本塁打0本”でもプロで大スラッガーになった選手は?(週刊野球太郎)

高校 通算 51 本塁打

熱戦の火蓋が切って落とされた夏の高校野球。 今年も早稲田実業の清宮幸太郎に注目が集まるなか、清宮は7月10日の初戦でいきなり本塁打。 高校通算本塁打を51本に伸ばし、歴代1位の山本大貴(神港学園)の107本を超えるのではないかと囁かれている。 だが、プロ野球のなかには「高校時代はサク越えなし!」という選手が意外と存在する。 たとえば、中島卓也(日本ハム)。 カットの名手、小技の名手として存在感を示す中島は、実は小学生の頃から現在に至るまで、サク越えゼロ。 生涯小技を貫きプロの一線で戦う稀有な選手だ。 そんな晩成型の歴代スラッガーを紹介しよう。 2006年には本塁打王に輝き、通算本塁打は378本にも及ぶ。 しかし、じつは中学・高校時代はまったく無名の選手。 暁星国際高で夏の千葉大会準優勝を果たしているが、入学にあたっては有望選手のバーターで獲ってもらったほど。 捕手や内野をこなす、いわゆる非力な便利屋だった。 社会人5年目の1996年に日本ハムからドラフト3位で指名。 そのときの評価も「捕手・内野手ができるユーティリティープレーヤー」だった。 当然、打撃面でプロの壁にぶち当たった小笠原だったが、当時の打撃コーチを務めていた加藤英司氏が「とにかくフルスイングでいけ!」と指導。 その教えを忠実に守り、フルスイングを貫いた結果、3年目には25本塁打を記録。 大スラッガーへの階段を駆け上がっていった。 長年に渡って阪神の主軸を担った「ミスター・タイガース」も、じつは高校時代の本塁打はなし。 千葉の名門・習志野高で4番・遊撃手を務めていたが、175センチと大柄ではない掛布はいわゆる無名選手。 甲子園にも出場しているが、シュアなバッティングを信条としていた。 プロ入りも千葉商で監督を務めたことのある父親が、掛布の進路について教え子たちに声をかけ、回りまわって阪神の2軍キャンプに帯同。 そこで素質を見出され、徹底的に鍛えられた掛布は高卒1年目から3本塁打を放ち、メキメキと長打力を伸ばしていった。 当時の阪神にはスラッガーを発掘する目、育てる力があったということだ。 奈良の名門・天理高で4番・中堅手を張った門田。 当時売りは俊足巧打。 それもそのはず、身長170センチと小柄だったからだ。 ノンプロの強豪・クラレ岡山で強打者のフォームを学び、暇があればバットを振る求道精神で打撃開眼。 プロ1年目から8本塁打を放ち、2年目には31本塁打で本塁打王を獲得した。 その後もフルスイング、本塁打にこだわりまくった門田。 小笠原、掛布もフルスイングへのこだわりを持って、大スラッガーに成長した。 今、本塁打を打てなくてもフルスイングが光る高校球児は多い。 文=落合初春(おちあい・もとはる).

次の

高校野球の歴代記録 塗り替えるのが難しいと言われている通算勝ち星、本塁打、奪三振記録など

高校 通算 51 本塁打

高校通算本塁打の数え方は? 高校通算本塁打の数え方は、実は公式戦のみではなく、練習試合で打ったホームランも含みます!意外ではなかったですか?試合数が多ければ、当然本塁打数も増えますよね。 正直、私は公式戦のみだと思っていました!よく高校野球のテレビ中継等で言われている、高校通算〇本塁打という表現は、これは公式戦と練習試合の本塁打数のことを言います。 参考記録程度にしかならないような気がしますが、やはり高校通算本塁打が多い選手はプロ入りしている選手が多いですし、強打者であることは間違いないと思います。 公式戦と練習試合の本塁打数の内訳を調べてみると面白いかもしれませんね。 現在活躍している有名な選手で言うと、以下の選手がいます。 中田翔87本(大阪桐蔭-日本ハム)• 中村剛也83本(大阪桐蔭-西武)• 平田良介70本(大阪桐蔭-中日)• 筒香嘉智69本(横浜-DeNA) 以下の動画は清宮幸太郎選手が高校通算107本目の本塁打の動画です。 youtube. 順位 選手 本塁打数 1 清宮幸太郎(早稲田実業) 107本 1 山本大貴(神港学園) 107本 3 黒瀬健太(初芝橋本) 97本 4 伊藤諒介(神港学園) 94本 5 中田翔(大阪桐蔭) 87本 6 大島裕行(埼玉栄) 86本 7 横川駿(神港学園) 85本 8 鈴木健(浦和学院) 83本 8 中村剛也(大阪桐蔭) 83本 10 高橋周平(東海大甲府) 71本 10 奥浪鏡(創志学園) 71本 清宮幸太郎選手の早稲田実業は、甲子園に行けませんでしたから、残念ながら107本で確定!?と思ったのですが、実は今後さらに更新する可能性があります。 9月には「第28回WBSC U-18ワールドカップ」が開催されますが、日本代表候補に清宮幸太郎選手が入っているのです。 最終メンバーの20人に入ることができれば、歴代高校通算本塁打数を更新する可能性も大いにあります。 まぁ、普通に考えて、甲子園には出れなかったものの、最終メンバーの20人には入るでしょうな。 スポンサーリンク 山本大貴の現在は? 現在(2017年8月21日)、高校通算本塁打数は、早稲田実業の清宮幸太郎選手と、神港学園だった山本大貴選手が107本で並んでいますが、 山本大貴選手はプロ入りしていません。 これだけ本塁打を量産しながら・・・。 現在、山本大貴選手は何をしているのでしょうか?実は、山本大貴選手はプロ志望届を出したけど、指名されなかったというわけではありません。 プロ志望届自体、出していないのです。 山本大貴選手は、自分の力を冷静に分析していました。 山本選手の打ち方だと、プロ並の速球(150キロ)、高めの球は対応ができないと自覚していたようです。 これだけ本塁打を量産してきたのだから、プロ入りしてからフォームを変えたりすることもできたのでは?と思うのですが・・・。 プロでやっていく自信はなかったようです。 しかし、野球はやめずに社会人野球に進みます。 (JR西日本) 成績は振るわず、3年間で4本塁打。 現在は、現役を引退し、駅員として働いています。 まとめ• 高校通算本塁打数は、公式戦のみではなく、練習試合で打ったホームランも含む。 現在(2017年8月21日)の歴代高校通算本塁打数No. 1は、早稲田実業の清宮幸太郎選手と、神港学園だった山本大貴選手。 山本大貴選手は現在JR西日本で駅員として働いている。 いかがでしたか? 歴代高校通算本塁打数No. 1の清宮幸太郎選手は、甲子園に出れませんでしたが、まだ記録更新の可能性が残されていますから、それに期待しましょう! しかし、清宮幸太郎選手と並んでいる山本大貴選手は、プロにもいかず、社会人野球をやっていましたが、成績は振るわずでした。 もしかしたら社会人でもバカスカホームランを量産できたなら、社会人からプロへ・・・という考えもあったのかもしれませんが、社会人では3年間で4本塁打に終わり、現役を終えました。 非常に冷静な判断でしたが、プロで成長する姿も見たかったかな・・・とも思っちゃいました(汗).

次の

【ドラフト検証】“高校通算本塁打数”とプロ本塁打数は直結するのか?

高校 通算 51 本塁打

高校通算本塁打数の数え方は公式戦限定?練習試合も含む? 高校通算本塁打数は、実は公式戦限定ではなく、練習試合等も含んだ本塁打の数です。 公式戦限定と思い込んでいませんでしたか? 歴代1位は清宮幸太郎選手ですが、清宮幸太郎選手は1年生から試合に出ていますからね。 いつから試合に出ていたのかによって、高校通算本塁打の本数に大きく関わってきます。 高校通算本塁打数の最上位にいる選手たちは、ほとんどが1年生から出ていたはずです。 毎日更新中。 第15回は、。 「私たちは野球を愛しています」 — 日刊スポーツ nikkansports 高校通算本塁打数は清宮幸太郎選手が111本で1位ですが、 2位って誰なのでしょうか? 答えは、神港学園高校出身の 山本大貴選手です! ご存知でしょうか? おそらく知らないという人が多いでしょうね。 なぜなら山本大貴選手は107本も高校時代本塁打を打っているのに プロ入りしていないからです。 どうやら プロ志望届を出さなかったようなんです! スポンサーリンク 山本大貴がプロ志望届を出さなかった理由は? 山本大貴選手はなぜプロ志望届を出さなかったのでしょうか? 高校時代107本も打っているのなら、当然プロでもできそうですが・・・。 山本大貴選手のスイングスピードは158キロで、これは松井秀喜選手が現役時代とほぼ同じで、プロでもトップクラスでした。 なおさらプロ志望届を出さなかった理由が気になりますよね。 山本大貴選手はJR西日本に進んでいますが、実は、 山本大貴選手自身が限界を感じていたようです。 140キロが一つの基準で、それ以上の球には対応できないと認識していた上、甲子園に出場した経験もなかったため、一流の投手から打てる自信がなかったようです。 実際、山本大貴選手は JR西日本に進んでからは4年間で通算5本塁打でした。 既に現役を引退しています。 確かに山本大貴選手自身が考えていた通り、社会人でも通用しなかったようです。 現在は、広島県東広島市の西条駅で駅員をしているそうです。 高校時代あれだけ本塁打を打ちながら、自分の実力を冷静に判断していたんですね・・・。 プロ志望届を出していれば、間違いなくどこかが獲得に動いたはずです。 プロ入りしてからいい指導者に出会えれば、変わった可能性もあるのになぁと思っちゃいました。 高校通算本塁打数歴代ランキング! 歴代の高校通算本塁打数ランキングです。 大分多いので、 50本以上に限定して掲載しますね! 本塁打数 選手 所属 111 清宮幸太郎 早稲田実 日本ハム 107 山本大貴 神港学園 JR西日本 97 黒瀬健太 初芝橋本 ソフトバンク 87 中田翔 大阪桐蔭 日本ハム 86 大島裕行 埼玉栄 西武 85 横川駿 神港学園 立命館大 王子 83 鈴木健 浦和学院 西武 ヤクルト 83 中村剛也 大阪桐蔭 西武 71 高橋周平 東海大甲府 中日 71 奥浪鏡 創志学園 オリックス 70 城島健司 別府大付 ダイエー ソフトバンク マリナーズ 阪神 70 平田良介 大阪桐蔭 中日 69 筒香嘉智 横浜高 横浜 68 平尾博司 大宮東 阪神 西武 68 藤島誠剛 岩陽 日本ハム 66 吉本亮 九州学院 ダイエー 65 太田泰示 東海大相模 巨人 日本ハム 65 安田尚憲 履正社 ロッテ 64 清原和博 PL学園 西武 巨人 オリックス 62 今宮健太 明豊 ソフトバンク 61 江藤智 関東 広島 巨人 西武 61 松田宜浩 中京 岐阜 亜細亜大 ソフトバンク 60 松井秀喜 星稜 巨人 ヤンキース エンゼルス アスレチックス レイズ 60 筒井孝 松戸馬橋 日本ハム 60 中村晃 帝京 ソフトバンク 58 荻原誠 大阪桐蔭 阪神 近鉄 日本IBM野洲 56 山崎武司 愛工大名電 中日 オリックス 楽天 56 山口幸司 大宮東 中日 56 大谷翔平 花巻東 日本ハム エンゼルス 55 岡田貴弘 履正社 オリックス 52 古木克明 豊田大谷 横浜 オリックス 52 嘉勢敏弘 北陽 オリックス 52 大久保博元 水戸商 西武 巨人 51 吉岡雄二 帝京 巨人 近鉄 51 浜中おさむ 南部 阪神 オリックス 50 稲葉篤紀 中京 法大 ヤクルト 日本ハム やはり、50本以上本塁打を高校時代打った選手は9割ぐらいはプロ入りするんですね! スポンサーリンク 甲子園通算本塁打数ランキング! 続いて、 甲子園通算本塁打数ランキングです。 本塁打数 選手 所属 13 清原和博 PL学園 西武 巨人 オリックス 6 中村奨成 広陵 広島 6 桑田真澄 PL学園 巨人 パイレーツ 6 元木大介 上宮 巨人 5 平田良介 大阪桐蔭 中日 5 鵜久森淳志 済美 日本ハム ヤクルト 5 香川伸行 浪商 南海 ダイエー 5 森友哉 大阪桐蔭 西武 4 中田翔 大阪桐蔭 日本ハム 4 松井秀喜 星稜 巨人 ヤンキース エンゼルス アスレチックス レイズ 4 荻原誠 大阪桐蔭 阪神 近鉄 日本IBM野洲 4 内之倉隆志 鹿児島実業 ダイエー 4 北条史也 光星学院 阪神 4 土肥梅之助 市岡中 4 山下実 第一神港商 阪急軍 名古屋軍 4 藤井進 宇部商 青山学院 4 廣井亮介 智弁和歌山 関西学院大 大和高田クラブ 4 原島正光 日大三 明治大 日立製作所 これを見ると、 清原和博氏が別格だったということが分かりますね! 要約リスト• 高校通算本塁打数は、公式戦限定ではなく、練習試合のものも含まれている。 高校通算本塁打数ランキング1位は清宮幸太郎選手だが、2位は山本大貴選手。 山本大貴選手はプロ志望届を出していないが、その理由は、140キロが一つの基準で、それ以上の球には対応できないと認識しており、甲子園にも出場していなかったため、一流の投手から打てる自信がなかったから。 甲子園の通算本塁打数は清原和博氏が13本と、2位に倍以上の差を付けており、別格である。 いかがでしたか? 今回、高校通算本塁打数について調査しましたが、上位の選手がほとんどプロ入りしていることが分かりました。 やはり高校時代の打撃成績を語る上で高校通算本塁打数は結構重視されているのかなという印象です。 ただ、高校時代はかなり打っていても、プロ入りしてからホームランバッターではなく並の選手になっている人も結構いて、やはりプロは高校とは全く違うんだなという印象を受けました。

次の