タピオカ 恫喝。 木下優樹菜のタピオカ店への恫喝ダイレクトメール(DM)内容まとめ!

ダメージは深刻!?木下優樹菜の「タピオカ店恫喝騒動」の余波

タピオカ 恫喝

今更だけど気になったので調べてみました! 好感度のメッキがはがれたばかりか、営業妨害で訴えられる!? タレントの木下優樹菜(31)が、実姉が勤務しトラブルになっているタピオカドリンク店「#ALLRIGHT(ハート)」(以下A店)の関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことが判明した。 現在ネット上で大炎上しており、木下は9日、自身のインスタグラムに謝罪文を出す騒動になっている。 いったい何がどうなっているのか。 「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー」「色々頭悪すぎな」 これがA店の関係者X氏へのDMの一部だ。 さらに今月6日のインスタグラムでは「(姉は)給料もちゃんともらえず、、給料明細までもらえず、、、」「お姉ちゃんは、盗んだ犯人みたいな扱いされたり」「もうお店には行かなくて大丈夫です」などと記した(現在は削除)。 以前は同店の宣伝までしていた木下。 それが姉Y氏に給料が支払われず、揚げ句泥棒扱いされたと一方的に怒り、攻撃を始めたことで、木下の支持者とみられるユーザーが追従。 A店はバッシングの雨アラレとなってしまった。 ところが、だ。 炎上の火の粉は木下自身に降り注ぎ、9日には「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪に追い込まれたのだった。 芸能関係者が言う。 「木下は『好きなママタレントランキング』でトップ10の常連。 でも、今回の騒動で本性があらわになった格好ですね」 いったい何がどうなっているのか。 まず、前提となるのがY氏とX氏が幼稚園のママ友ということだ。 「Yさんが家庭の事情で悩んでいたので、気晴らしに7月20日にオープンするタピオカ店を手伝う?とお誘いしたわけです。 あくまでスタッフという位置づけでした」 しかし、木下姉妹は出資も何もしていないのに、なぜか共同経営者と錯覚してしまう。 また、一連の対立には次のように反論する。 まずは給料とその明細について。 「7月分はお支払いしました。 『8月と9月の分をお支払いするのでお店に来てほしい』と伝えたのですが、来店しないので、9月30日付で口座に振り込んだのです。 明細も『郵送しますね』と伝えたら『わかりました』と返答があったので郵送しました」 Y氏が「犯人」にされたとする経緯はこうだ。 「『食品衛生責任者』のプレートがなくなったんです。 それを警察に相談したところ『まずは合鍵を持っている方に確認して』と言われたので、Yさんに聞くと『犯人扱いされた』と」 すると、恫喝DMが木下から来たからX氏は仰天。 「ビックリしました。 ひどい。 あんな文面に返信するはずがない」 お店には写真を勝手に撮る者が現れ、ネット上には「つぶれればいい」「何もなければいいけど」という不穏な書き込みであふれた。 そのためA店をしばらく閉めたという。 X氏は体調を崩してしまった。 「完全な営業妨害です。 いくら削除済みとはいえ、被害は大きい。 お店をオープンするのは大変だったのに…。 木下さんから謝罪のDMが来たが、その内容も『第三者にしゃべるな』などあまりに一方的。 だいたい、DM1本で終わる話なのか。 私は、法的措置も考えていますよ」 本紙は木下の所属事務所にコメントを求めたが回答はなかった。 姉を思ってしたことなのだろうが、木下が発信した恫喝DMの代償は、あまりに大きそうだ。 出典:東スポ.

次の

木下優樹菜のタピオカ店への恫喝ダイレクトメール(DM)内容まとめ!

タピオカ 恫喝

木下は恫喝騒動で現在芸能活動を休止中。 その間も不倫疑惑が浮上するわ、フジモンと離婚するわとゴタゴタ続きだ。 ようやく静寂を取り戻したかに見えるが、安心するのはまだ早い。 フライデーによると、藤本と木下は昨年大みそかに離婚を発表後、都内の高級マンションを引き払い、現在は同じ都心のタワーマンションに移り住んでいるという。 ただ2人は同居しておらず、借りているのはそれぞれ別の部屋。 同誌の直撃に藤本は、子供の学校など送り迎えをする必要から、このような形を取っていると説明し、イメージ悪化を避けるための偽装離婚ではないことを強調している。 お笑い関係者の話。 「2人が離婚したのは、子供の進学先に対する考え方とか、生活スタイルの違いがだんだんストレスになっていったから。 一時期はかなり激しい夫婦喧嘩もあったようです。 結果的に離婚に至りましたが、子供を大事にしたい思いは一致しているので、距離を取った関係を続けているんです。 『フライデー』に友達のような関係だと言っていますが、ウソではないでしょう」 木下といえば、昨年10月に発覚した恫喝騒動が記憶に新しい。 「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などと、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送りつけたのだ。 芸能プロ関係者は「『テレビに出ている良いイメージの裏の顔がこれかよ!』と世間は裏切られてしまったんです。 ユッキーナはママタレとして好感度が高かった分、反動はすさまじい。 その後、真偽不明ですが、サッカー元日本代表・乾貴士との不倫疑惑まで取りざたされてしまった。 乾は否定しましたが、予想外の展開になりました」 だが、そんな騒動の裏側でA店の被害が大きかったことは、あまり報じられていない。 A店関係者は見ず知らずの人から写真を撮られ、嫌がらせのメールも届くなど、営業を一時やめざるを得なくなったのだ。 「さらにユッキーナから謝罪のDMが届いたものの、第三者に口外しないよう口止めを求める条件まであり、『これが謝る態度なんでしょうか?』と不信感は募る一方。 そこで法的措置も検討するようになったのです」(前出芸能プロ関係者) では、その後どうなったのか? 本紙が取材を進めると、A店は訴訟をあきらめていなかったことが分かった。 テレビ関係者がこう証言する。 「A店の関係者は、すでに代理人弁護士を立て、実は年末年始にも訴える予定でした。 ところが、年末にユッキーナが離婚したので様子を見ていたようです。 そしたら、折からのコロナ禍で裁判所が止まってしまったらしい。 でも、緊急事態宣言も解除されたし、いよいよ動きだすようですよ。 裁判所から通知がタワーマンションにいくはずです」 木下は昨年10月ごろ、A店を訪れ関係者に直接謝罪を試みている。 ところが関係者は不在で、謝罪は果たされていない。 「姉のことを思ってやったこととはいえ、ユッキーナもさすがに軽率だったと反省している。 直接謝罪できないと、やはりテレビに復帰することは難しい。 騒動が勃発して以降、バッシングがまったく収まらないことに頭を抱えていましたよ」とは芸能関係者。 結局、タピオカ店恫喝騒動は間もなく法廷バトルに移ることになる。

次の

木下優樹菜が働いているタピオカ店に恫喝DMダイレクトメール!?騒動とは?店はどこ?

タピオカ 恫喝

時系列で見てみましょう。 2019年7月に木下さんの姉「さやか」さんがタピオカ店で勤務開始。 ユッキーナ自身ので「ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました20日から是非タピりにいってね」と投稿。 (姉は実際従業員の1人)• 店はフジモンやユッキーナファンで大繁盛!しかし、店長は予想していた客層と違うことに困惑。 また、店の備品が紛失していることについて知っていることがないか「さやか」さんに尋ねる。 「さやか」さんは「盗みの犯人にされたこと」、そして「給与明細を渡されず、給料ももらっていない」ことを木下優樹菜さんに相談。 10月には「もうお店にはいかなくて大丈夫です」と自信のインスタグラムで店側を非難するコメント。 タピオカ店の店長が木下優樹菜さんから送られてきた恫喝ともいえるDMを公開。 大炎上! 実際木下さんが店長に送ったDMはこちら。 これはあまりに幼稚なやり方でショックです。 芸能人で分かりやすく炎上しましたが、このメッセージに不快になるのも大いに理解できます! タピオカ離婚ではなかった! この「タピオカ恫喝事件」が離婚の原因になったのかと「 タピオカ離婚」として話題になりましたが、実際はそうではなかったよう。 1年ほど前から関係が悪化。 ひそかにマンション内別居していた。 つまり、タピオカ事件より前にすでに別居していた様子。 「この離婚の話を私が聞いたのは、今年7月の終わりでした。 2人は離婚しようと動いていると。 しかし、その後にタピオカ騒動があり、タピオカ店店主の自宅に謝罪で訪問した際は、藤本さんも同行しています。 離婚するからといって見放したりはしていませんでした」 また2人の知人がこう話したそう。 タピオカ事件のころはもうすでに離婚しようと動いていたようですね。 しかし、タピオカ店への謝罪にフジモンも同行したそうですが、この事件が2人の関係を悪化させたのかもしれません。

次の