酵素 ダイエット 嘘。 酵素ダイエットで痩せるのはウソ?

酵素ダイエットは嘘で意味ない?酵素を取り入れる方法を変えて痩せた私の経験

酵素 ダイエット 嘘

この知識はこんな方におすすめ• 酵素ダイエットってどうなの?• 健康的な食生活を大切にしたい 酵素ダイエットとか酵素ジュースは意味があるのか? 今回もまた敵を作りそうな内容です。 酵素ダイエットとか酵素ジュースというものがありますが、したり飲んだりしている人も結構多いのではないでしょうか。 ダイエットや健康を考えて取り入れている人もいると思いますが、はっきり言って酵素ダイエットや酵素ジュースというものには科学的なほぼ意味はありません。 わざわざお金を出すほどの意味はないということです。 今回はそんな酵素ダイエットや酵素ジュースの嘘について紹介させてもらいます。 実は、酵素が体にいいという科学的な証拠ははっきり言ってありません。 そもそも酵素とはなにかと言うと、簡単に言うとタンパク質の一種のようなものです。 野菜の中の酵素がそのまま吸収できるとか、酵素が含まれているジュースだとかありますが、その 酵素はどちらにしても胃に入った時にアミノ酸に全て分解されてしまいます。 ですから、酵素が残る調理法とか、野菜は生で食べた方が酵素をそのまま取り入れることができるとかしたり、酵素ジュースを飲んだとしても、胃に入った時点で全てアミノ酸になってしまいますので普通にタンパク質を食べているのと何も変わりません。 そうなると、普通にプロテインを飲んだり鳥のささみを食べればいいということになります。 そもそも食品をそのまま食べればいいわけですから、酵素を意識するというのは意味がありません。 ですから、 わざわざお金を払って酵素ジュースを飲んだり酵素ダイエットをする意味がないということです。 以前コールドプレスジュースとかが流行りましたし、酵素を残した特殊加工により健康を取り入れることができるというような健康食品がよく売られていますが、これも同じ理屈で考えることができます。 わざわざ高いお金を払う意味はない もちろん、体に悪いということはありません。 ただ、わざわざ酵素を残す調理法を行い高いお金を払って酵素ジュースを飲んだりする意味がないということです。 どうせ 全てアミノ酸に分解されるのであれば、そこに高いお金を払うのが無駄だという意味です。 酵素ジュースの方が普通のジュースよりも栄養価が高いというようなことを言う人もいますが、酵素ジュースと普通のジュースを比べた実験というものはあまりありませんし、そもそも差はそれほどないと思います。 栄養を豊富に取り入れることが出来る? 酵素ダイエットや酵素ジュース賛成派の人は、調理の時点で加熱をしたり、ミキサーを使わないので、酵素やビタミンやポリフェノールなどを無駄にすることなく体に取り入れることができるので体にいいというような主張をされています。 熱を加えたりミキサーの熱で栄養が壊れるというようなことを言っている人がいますが本当でしょうか。 まず、コールドプレスジュースや酵素ジュースというものが普通のジュースよりもビタミンが多いのかという問題についてですが、これに関しては研究でニンジンやグレープフルーツを普通にジュースにした場合とコールドプレスなどのビタミンを残すとされている方法でジュースにした場合大比べた論文があり、確かに、ビタミンに関してはコールドプレスの方が壊れにくいのではないかと言われています。 ですから、ビタミンに関して考えるのであれば悪くはないのではないかということになるわけですが、コールドプレスや加熱調理しない方法でジュースを作った方が野菜やフルーツの栄養価が高くなるのかということについては難しいところです。 ニンジンにはさまざまな栄養素が含まれています。 ビタミンなどは加熱することで失われることもありますが、このニンジンの場合であれば、 生で食べるよりも加熱して食べた方がベータカロチンの吸収率が高くなったり、トマトの場合であれば、加熱して食べた方がリコピンの量が増えるということもあります。 ですから、 食材によっては、もしくは、その食材から摂りたいと思っている栄養素によっては、加熱して食べた方が体にいいというケースもあるわけです。 コールドプレスや熱を使わない調理方法で作っているというジュースがありますが、それで本当に栄養価が高くなるのかということは、そこに使われている食材次第ということになります。 つまり、あらゆる食材に対して、このようなコールドプレスや熱を使わない調理方法だからといって全てが体にいいのかと言うと、それは結構怪しいということになります。 それは相当にその食材に対する知識があり、その上での栄養価の組み合わせも考えていないと難しいですし、そのような視点で栄養価を考えるのであれば、一部の食材は加熱調理して一部の食材はコールドプレスしてというように非常に手間のかかる話になってしまいます。 そういう意味で、 現実的には意味がないのではないかということになります。 先ほど紹介したように、コールドプレスジュースであろうが酵素ジュースであろうが、野菜を生で食べようが、いずれにしても酵素はすべて胃で分解されてアミノ酸になるのであまり意味はありません。 あまり意味がないとは言っても、体に悪いわけではないので酵素ジュースを飲めばいいのではないかという人もいるかもしれませんが、実は、コールドプレスジュースも一般的な酵素ジュースも、普通に売られているジュースも、 野菜に含まれている最も大切な物質を基本的にはすべて取り除いてしまっています。 それは 食物繊維です。 最強のダイエットフードは食物繊維 フルーツジュースが体にいいと考えて、二日酔いの時に飲んだり、疲れが溜まってきた時に体にいいからと酵素ジュースを飲んだりする人がいますが、コールドプレスであっても普通のジュースであっても、大抵の場合、飲みやすくするために食物繊維を取り除いています。 おそらく、フルーツや野菜に含まれている栄養素の中で、絶対に必須になるのが食物繊維です。 ちなみに、酵素ダイエットをしている人もいるかもしれませんが、そもそも酵素がダイエットに効くのかどうなのかということについては結構は怪しいです。 どちらかと言うと、 僕たちが食品やサプリから摂る栄養素の中で、おそらくダイエットに効果があるということが明確に分かっている物質はたったひとつで、それが食物繊維です。 最強のダイエットフードは食物繊維です。 ですから、食物繊維を取り除いている時点で全く意味がないわけですから、 酵素を意識するよりも普通に食物繊維をしっかり摂れるように、加熱しているかしていないかということは別として野菜をしっかり食べたらいいということになります。 その方がはるかにダイエットにも良い効果があるでしょうし、体にも良いのではないかということです。 食物繊維のダイエット効果 この食物繊維でなぜダイエットに効果があったり体にいい効果があるのかということについては、結構さまざまな研究が行われています。 食物繊維はフルーツや野菜から直接食べて吸収した方がいいですが、いわゆるイヌリンと呼ばれる食物繊維のサプリを使った実験があります。 一応、こちらのイヌリンのリンクも今回のおすすめのアイテムとして紹介しておきますので、どうしても普段から野菜やフルーツを食べる機会が少ないという方は試してもいいとは思います。 この実験では食物繊維のサプリを飲むだけで何が起きるのかということを調べています。 その結果わかったこととしては、この 食物繊維のサプリを飲むだけで、食欲が減り血糖値が抑えられてインスリンの抵抗性も向上し肥満を防ぐことができるということです。 さらに、 カロリーの吸収も妨げられるということが分かっていますので、ダイエットフードとして唯一ここまで効果があると証明されているのは食物繊維だけです。 ですから、そういった意味では、野菜やフルーツの食物繊維を取り除いている時点で、コールドプレスジュースであっても普通のジュースであっても、そもそも意味がないのではないかということになります。 食物繊維の含まれた酵素ジュースを飲めばいいのではないかという人もいるかもしれませんが、わざわざそんなことをするのであれば普通に野菜やフルーツを食べればいいと思います。 食物繊維もそんなに高いものでもありませんので、酵素ジュースに対してお金を使うぐらいであれば、まだ食物繊維のサプリを飲んだ方がいいと思います。 この食物繊維の効果としては、腸内環境を整えてくれます。 腸内環境を整えることによって、肥満の対策になったり食欲を制御してくれるということがいろいろな研究で分かっています。 例えば、ダイエットのためには、1日50グラムぐらいの食物繊維を摂ることによって食欲を減少させることができて、その結果痩せることができるという研究もあります。 厚労省も食物繊維は1日に10グラム前後ぐらいは摂ることを推奨されていますが、ダイエットを考えるのであれば50グラムぐらいは摂るといいと思います。 ちなみに、この食物繊維50グラムを野菜やフルーツから摂ろうとすると、結構な量を食べないといけないことになりますので、女性などそれが難しいという場合には、サプリなどを併用するのもいいとは思います。 実際にどのようなことが起きるのかということについては、マウス実験を参照してみると、大腸の腸内細菌が食物繊維を消化して、短鎖脂肪酸の酪酸というものが分泌されます。 この酪酸が脳に働きかけて食欲を抑えるのではないかと言われています。 これはマウス実験ではありますが、おそらく人間でも同じことが起きているのではないかと言われています。 まずは野菜やフルーツをしっかり食べる! やはり、コールドプレスジュースでも酵素ジュースでも、普通に売られているジュースでも、この一番大切な食物繊維を取り除いている時点で、 ダイエットのためにも体のためにも意味はないのではないかということになります。 間違わないでいただきたいのは、決してこれは酵素ジュースや普通のジュースに栄養素がないと言っているわけではありません。 わざわざ高いお金を払ってまで一番大切な食物繊維が取り除かれているものを飲むぐらいであれば、同じお金を払って野菜やフルーツをしっかり食べた方がいいのではないかということです。 ぜひ酵素ダイエットや酵素ジュースに惑わされている方は参考にしていただけたらと思います。 体の内側から肌をきれいにする食材 今回は、そんな酵素ダイエットや酵素ジュースについての嘘や食材についての話を紹介させてもらいました。 いずれにしても全てアミノ酸に分解されてしまうので意味がないという話をしたわけですが、 であれば、どんな食材を食べればいいのかということになると思います。 どんな食材も先ほど紹介したように、加熱することによって栄養価が変わったりするので結構奥が深いものです。 僕のおすすめとしては、やはり肌がきれいになる食材です。 肌をきれいにするためには化粧水を塗ったりいろいろする人も多いと思いますが、人間の肌というものは体内の状態のバロメーターになっています。 体内が酸化したり老化してくると、それが肌に現れてきます。 人間というものは生物として肌が綺麗な人を求めるようになっています。 肌が綺麗な女性がモテるのは、進化の過程で男性からすると肌が綺麗だというのは健康的だということになり、自分の子孫を残すのに適していると考えられるようになったからです。 実は、男性も肌が綺麗な人の方がモテるし、仕事仲間としても肌が綺麗な人の方が信用されるし能力が高いと判断されるということも分かっています。 これも全く同じで、肌が綺麗な人の方が健康的だということで、仕事仲間としてもお互いに健康的な方が長い間協力し合うことも出来るようになるからです。 こんなにも 人間は肌が綺麗で健康的な人と繋がりたいと思っているわけです。 ですから、体の中から肌を綺麗にするということを大切にすることで、自分の体調も良くなるのはもちろんですし、それは周りからの評価にもつながるということです。 ですから、そんな肌を綺麗にするための食材について解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。 本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。 ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. oup. karger. ncbi. nlm. nih. oup. ncbi. nlm. nih. 便秘を治す方法と言っても色々とあり、よく言われるのはプロバイオティクスやプレバイオティクスといったいわゆる食物繊維的な腸内細菌のエサになるものや腸内細菌を野菜やサプリから摂って治そうとするものがありますが、人によっては効果は実感できても急に始めるとお腹を下してしまったりすることもあるのではないでしょうか。 別にそれでお腹に悪いわけでもないし、しばらくすれば落ち着くわけではありますが、それまでの間耐えているのも辛いのは確かかと思います。 もっと緩やかな方法で、かつ、別に特殊なサプリなどを買わなくても出来る方法があればいいのではないかと思い、今回はそんな方法を紹介させてもらい。

次の

酵素ダイエット意味がないインチキ嘘!効果の証拠は結果でしめす

酵素 ダイエット 嘘

はじめに 以前から酵素ダイエットと言われるダイエット法が気になっていました。 というのも、僕の知り合いが酵素ダイエットを実行して、それなりに効果を出しているからです。 ということで今日は酵素ダイエットについて書いてみたいと思います。 にわか勉強なので間違っている部分も多々あるかもしれませんが、その点はお許しくださいね! 酵素とは? 僕は、酵素と聞くと真っ先に洗剤のCMを思い浮かべるのですが、ダイエットを始めた頃に色々と勉強したことがあるので、自分なりに少しおさらいしてみます。 酵素を一言で言えば体内で起こる様々な化学反応に対して触媒機能を持った物質(分子)のことなのですが、こんな説明じゃ分かりませんね。 例えば、人が食事をした時に消化器官から分泌される消化液などに含まれているのが酵素で、肉や魚などのタンパク質をアミノ酸に、ご飯やパンなどの炭水化物をグリコーゲンに分解したりと、消化・吸収を助ける働きを持っています。 酵素は、消化、吸収にかかわるだけでなく、体脂肪を活動エネルギーに変えたり、神経伝達の助けをしたりと、生体内でありとあらゆる化学反応に関与しており、その数は数千種類以上も存在するそうです。 ほとんどの酵素は体内でつくりだされるたんぱく質からできていて、人間だけでなく、あらゆる生物(動物、植物、細菌などの様々な生き物)に存在し、生きていく上で非常に重要な物質となります。 酵素ダイエットとは? 以上のように人間(生物)にとって非常に重要な酵素ですが、ダイエットにどのように作用するのか調べてみたところ、だいたいこんな感じだと思います。 生きている間に体内でつくりだされる酵素には限りがある• 酵素を節約するために酵素がたくさん含まれた食べ物(生の野菜や魚・肉、発酵食品、サプリなど)を食べて、酵素を体内に摂りこむとよい• 体内の酵素が節約されることによって、その分の酵素が代謝を活発にして痩せる 生の野菜や肉を食べるのは、酵素は熱に弱く料理で加熱すると、酵素が活動しなくなるのだそうです。 また、人間の体内では脂肪燃焼や消費に酵素が使われるため、酵素が節約(増やす?)されることによって、代謝がアップするのだそうです。 確かにもっともらしい説明ですよね? 酵素ダイエットの疑問点 僕のつたない知識をしてもっても、酵素ダイエットを知れば知る程、怪しいと感じたことは言うまでもありません。 酵素に代謝を上げる機能はない 代謝を上げることによって体脂肪が減ることは間違いではありませんし、体脂肪を減らすのに酵素が働いていることも間違いではありません。 基礎代謝量はその人の体重によって決まりますし、活動代謝を上げたいなら筋肉を動かすしかありません。 ダイエット的には、酵素は体脂肪を消費するための触媒として働いているだけであって、酵素そのものに代謝を上げる機能は無いはずです。 人体を自動車工場に例えるなら、酵素は工場で働いている工員さんのようなもので、車の注文が無いのに、勝手に車を組み立てることはないのと同じです。 外部から酵素は摂りこめないし利用もできない 酵素はたんぱく質でできていますから、食べ物として口から摂りこんだとしても、アミノ酸として分解されてしまい、酵素としての働きはできないはずです。 仮に、野菜を食べて酵素を摂りこむことができるとしましょう。 野菜が持っている酵素は人間には備わっていない光合成などに使われる酵素です。 はたして、人間が植物の酵素を利用できるのでしょうか? 前述しましたように、ひと言で酵素と言っても、人間には体内で起こる化学反応に応じて数千種類の酵素が存在し、それぞれの酵素は全く違う働きをします。 なので、他の生物の酵素を体外から摂り入れて利用できるとは思えません。 また、生の食材を食べることによって、胃に到達する前に食材自身が持っている酵素で事前消化することで、消化器官から分泌される酵素が節約できると言います。 例えば野菜の炭水化物の消化にはアミラーゼ,サッカラーゼなどの酵素、肉のタンパク質の消化にはペプシン,トリプシン,エレプシンなどの酵素、脂肪の消化にはリパーゼなどの酵素が必要です。 はたして、植物や肉には、自身を消化すために前述した酵素を持っているのでしょうか? 僕には訳のわからない変な話しだと思います。 一言で言いますと酵素は非常に重要な栄養素で、体内の消化、吸収、代謝、排泄などの様々な化学反応に用いられる酵素は潜在酵素と言われ、一生のうちに限りがあり、この潜在酵素が加齢や消費によって少なくなると、病気や老化の原因になるため、食品に含まれる食物酵素によって、潜在酵素を節約することで、病気を予防し寿命が延びるという考え方です。 関連する書籍もあるみたいですので、機会があれば読んでみようと思います。 酵素ダイエットや健康食品なども、このような考え方から派生したものだと思われますし、考え方としては、何となく説得力ありそうですよね。 しかし、現代の化学では、酵素は栄養素でもなければ、潜在酵素や食物酵素という考え方は存在していないというわけなんですな。 酵素ダイエットで痩せるからくり 酵素は減らない、酵素は体内に摂りこめない(分解される)、酵素で代謝は上がらない、などと全否定しておきながらも、僕の知人はしっかりと痩せることができました。 知人の話しによりますと、朝食を野菜と果物のスムージーに置き換えると言う簡単なもので、俗に言う置き換えダイエットで食事による摂取カロリーが減ったことによる体重減だと推測されます。 野菜のスムージーの他にも、巷では野菜サラダ、酵素食品(サプリやドリンク)などを用いる方法があり、同じく一食分の摂取カロリーを少なくすることによって痩せるというからくりのようです。 まぁ、野菜や果物が健康に悪いわけではありませんし、酵素サプリにしても健康を害するような変なものでなければ、結果オーライとも言えなくもありません。 が、酵素がダイエットに効くというアプローチは、ちょっとよろしくないのではないでしょうか? 発酵食品について 納豆、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品にはダイエットや健康に効果があるよ、という話しはよく聞きますよね。 発酵食品というのは食材を乳酸菌などの細菌がつくる酵素の作用で発酵させることによって、日持ちの良い保存食に加工したのが始まりと言われています。 最近の研究では発酵食品に多量に含まれるグルタミン酸、ヒスチジンなどのアミノ酸には、抗肥満機能が明らかとなったと言われています。 また、発酵食品に含まれる納豆菌や乳酸菌などの摂取により、腸内細菌(腸内フローラ)を整える効果あり、健康に関与しているという研究結果もあります。 なので発酵食品には、健康やダイエットに良い影響を与えているのではいかと思います。 僕も最近は発酵食品をできるだけ食べるように心がけています。 おわりに 僕は過去にベジタリアン生活を1年間続けたことがあります。 詳しくはこちらの記事もどうぞ.

次の

酵素ダイエットの嘘!?~生野菜と温野菜の栄養~

酵素 ダイエット 嘘

もくじ• 酵素ダイエットとは? 酵素ダイエットについて説明しておきます。 酵素ダイエットとは、酵素ドリンクや酵素サプリを使ったダイエット方法です。 朝食を酵素ドリンクで置き換える、プチ断食というスタイルが一般的です。 ほかにも、数日の間を酵素ドリンクだけで過ごす、断食ダイエット ファスティング というスタイルの人もいます。 プチ断食なら1ヶ月で2〜3キロ、断食ダイエットなら3日間で3キロほどのダイエット効果があります。 なぜ酵素が必要なの? じつはダイエットには酵素が欠かせません。 なぜなら、代謝で脂肪を燃やす時にも酵素の働きが必要だからです。 ですがわたし達は加齢や食べ物、タバコ、お酒、ストレスによって酵素が足りなくなっているのです。 そのため、生野菜やフルーツから、たっぷりと酵素を補うことが必要です。 でも毎日そんなにたくさんの生野菜やフルーツを食べる機会はありません。 だから酵素ドリンクや酵素サプリの力を借りる必要があるのです。 安全な酵素ダイエットに欠かせない ほかにも酵素ドリンクは、こんな理由で酵素ダイエットには欠かせません。 たとえば酵素ダイエットのうち、断食ダイエットはとても効果的に痩せられますが、数日の間を何も食べません。 慣れていない人が数日間を水だけで過ごすと、低血糖やいつもの食事にもどした時に起こるショックで危険な場合があります。 ですが酵素ドリンクを飲みながら断食ダイエットをすれば、微量の糖分やビタミン・ミネラルを補いながらできるので安全です。 嘘・効果なしと言われるのはなぜ? なぜ酵素ダイエットは嘘・効果がないと言われるのでしょうか? それは、酵素ドリンクや酵素サプリを飲むだけで痩せようとすることに対して、効果がないと言われているだけなのです。 ほかにも、酵素を補うこと自体に、胃酸で溶けてしまうため意味がないという考えもあります。 ですが酵素だけではなく、その考えならほかのすべてのサプリや健康食品も否定してしまうことになります。 ですがどんなサプリや健康食品でも、なにかしらの変化を感じているからみんな使っているのです。 酵素ドリンクや酵素サプリも同じです。 個人差もあるため、とてもむずかしいのですが実際に酵素ダイエットで痩せている人もいます。 モデルや芸能人もハマっている人がいるほど、支持されているダイエットであることを知ってください。 酵素だけを飲んでも意味がない 先ほども説明した通り、酵素ドリンクや酵素サプリはただ飲むだけでは痩せられません。 あくまで体が代謝を上げるためのお手伝いをするのが役割です。 そのため、プチ断食や断食ダイエット ファスティング と組み合わせてはじめて痩せられます。 1度全力で挑戦してみましょう。 本当に驚くほど痩せるので、びっくりするはずですよ。 まとめ 酵素ダイエットは痩せないという意見を持つ人と、痩せると考えている人がキレイに分かれています。 ですが酵素は脂肪を燃やすためにかならず必要なものです。 そして、わたし達の体は外からのいろんな影響で酵素が足りていません。 だから、酵素ドリンクや酵素サプリを使ってダイエットすることが効果的なのです。 でも、ただ飲むだけでは痩せられません。 必要なのは、プチ断食や断食と組み合わせて、正しく酵素ダイエットをすることです。 そのやり方はとってもかんたんです。 具体的な方法はつぎの記事でしっかりと説明させていただきますね。

次の