テームズ データ。 Microsoft Teams(チームス)の使い方【初心者向け】

ジャパンニューアルファテームズ|出玉データや取材・旧イベのまとめとおすすめ情報

テームズ データ

これ頭に叩き込んでください! ファイルを保存する 該当するチャンネルを選択した状態で、「File」のタブを選択します。 機能的にはSharepoint、One Drive、Google Drive、Dropboxなどのオンラインファイル管理サービスとまったく同じなので省略します。 自分宛てのメッセージを確認する 自分充てにメッセージが入ると、左上のActivityのアイコンの箇所に赤い数字が表示されます。 Activityのアイコンをクリックすると、自分充てのメッセージ一覧が表示されます。 過去のメッセージを検索する 画面上の検索バーにキーワードをタイプすると、左のサイドバーに引っかかったメッセージの候補の一覧が表示されます。 条件を指定したい場合はFilesの右にあるアイコンをクリックすると詳細に条件を指定することができます。 タスク管理ツールMicrosoft Planner(プランナー)の使い方 チームスのコンセプトはオールインワンなので、タスク管理にはOffice 365アイテムのMicrosoft Planner(プランナー)を使うのが良いです。 使い方は以下の記事で解説しています。 関連記事 ビデオ会議機能の使い方 最近はテレワークの需要が増したためにテレビ会議の需要が増えているようですが、ZoomかTeamsの2択と言われているほどTeamsのテレビ会議には定評があります。 ちなみにSkype Businessも試したのですが、全然だめでした。 あとZoomも最近セキュリティの問題が浮上しているようなので、今はTeams一択と言えるのかもしれません。 使い方は上記のビデオを参考にしてみてください。 ドキュメント制作にはWikiとOneNoteは使わない WikiやOneNoteと連携して使う方法をよく聞かれるのですが、僕はこの2つのツールは使っていません。 Wikiはノートアプリとしては操作が独特すぎるし、OneNoteは重すぎてイライラしたので使うのを辞めました。 会社の場合はWordのオンラインバージョンがおすすめです。 関連記事 個人的にはMicrosoft TeamsとNotionはデジタルツール界の2台巨頭だと認識しているので、併用しています。 中級者~上級者向け使い方のコツ その他にもいろいろなノウハウがあるのですが、記事が長くなったので別記事にまとめました。 関連記事 要約すると以下の通りです。 デスクトップアプリは使わず、ブラウザバージョンを使う• 返信は同じ質問のスレッドにする(1トピック1スレッド)+各スレッドにはタイトルを付ける• 余計な人にCC(メンション)しない• チャットはなるべく使わず、タイムラインに投稿する• 文字は少なめに。 なるべく箇条書きを使ったり、スクショを貼り付ける。 メッセージにファイルを添付せずに、Sharepointのリンクを貼り付ける(URLを直接貼らずにテキストにリンクを付ける)• チーム、チャンネルは増やしすぎない• 余計な機能は使わない チームスの活用事例.

次の

ジャパンニューアルファ テームズ

テームズ データ

このページの目次• Microsoft Teamsの3つの特徴 1. 大人数の組織に適した管理機能 Microsoft Teamsは組織の中にチームを設定することができるのが特徴的です。 たとえばSlackではテーマごとのトークルームであるチャンネルを設定し、そこにメンバーを割り当てる形であるため、人数が多い組織ではチャンネル数が非常に増えすぎて管理が大変になるという問題があります。 それに対して、 Microsoft Teamsは階層化して管理することができるため、大人数の組織の管理に適しているといえます。 利用画面の一例 2. いつでも実施可能なオンライン会議 Teams1つで、会社内外の誰とでも音声会議、ビデオ会議、Web 会議を開催でき、 オンライン会議に必要な機能が一通り揃っています。 音声会議はIP電話に加え、会議用に電話番号も割り振られるため、外部から会議用電話番号にかけることで会議に参加できたり、招待することもできます。 プレゼンテーションではSkypeと連動してライブ会議が利用できます。 会社内外の最大 10,000 人の参加者に向けて情報発信することも可能です。 もちろん資料を共有しながらの会議も可能で、例えば画面上で資料に書き込むことのできる周辺機器と繋げる事で、会議メンバー間の意思疎通が明確になります。 使用するデバイスはWindows、Mac、iPhone、Androidにて使用可能。 スピーカ等も含めての周辺機器デバイスはMicrosoft のパートナーである Logitech、Crestron、Polycom、Lenovo、HP等数多くあり、比較検討しながらの導入が可能です。 オンライン会議イメージ 3. 毎日使う機能を一元管理 Microsoft 365に含まれるWordやExcel等のMicrosoftツールはもちろん、 他会社の外部ツールもTeamsの画面で管理し利用することが可能です。 例えば、画像作成ツールのPhotoshopやIllustratorが利用できるAdobe Creative Cloud、Word等で作成したデジタル文書の改ざんを防止するための電子署名が行えるAdobe Sign。 各従業員の進捗管理等が行える、プロジェクト管理アプリケーションAsana等、公式サイトでは65種類のアプリケーションが提携可能とされています。 これらを使うために別のアプリケーションを独自で立ち上げる必要がなく、Teamsの画面からアクセスできるため、用途に合ったサービスを迅速に使用できるようになります。 アプリ使用画面イメージ MicrosoftTeamsの料金プラン Microsoft TeamsはOffice 365 に含まれているサービスのため、既に契約済の場合はすぐに無料で利用できます。 Office365をまだ導入していない場合は3プランが用意されており、2018年7月から永久無料バージョンが登場しました。 有料プランと比べて、無料プランで使用できない機能は下記になります。 ・独自ドメインやWeb Outlook等を含んだメール機能一式 ・Office 365にて提供しているOneDriveなどのサービス ・あらかじめスケジュールを設定した会議 ・会議の録画・録音 ・電話での通話と電話会議 またファイルストレージ容量に差があり、無料版はユーザー 1 人あたり 2 GB と共有ストレージ 10 GBまでの制限があります。 有料版は1TBです。 導入を考えている場合は無料プランを使用してから、有料プランに切り替えることをオススメします。 Microsoft Teamsの評判・口コミ Microsoft Teamsは、広く社内で活用しているMicrosoft 365 のライセンスに含まれており追加コストが不要だったこと、また マイクロソフトのプラットフォーム共通の仕様を使えるため、大幅に導入工数が削減できたことが採用を決めた理由となりました。 まとめ Microsoft Teamsは、これまで使用してきたWordやExcelなどのMicrosoft製品の使い勝手や資料作成を有効に活用しつつ、あらゆる場所からのオンライン会議をサポートしてくれる強力なツールです。 良くも悪くもMicrosoftのサービスなので、好みが分かれるところではありますが、全世界で展開しているMicrosoftの信用度は導入を考える企業にとっても重要です。 Microsoft Teamsは 国内外で頻繁にコミュニケーションをとる必要がある企業にオススメです。 特に海外出張先からの会議参加や、国内外の在宅勤務メンバーとの会議ではTeams1つで連絡も完結でき、効率よく会議を回すことができるようになるでしょう。

次の

Microsoft Teams(マイクロソフトチームズ)の評判・特徴とは?

テームズ データ

これ頭に叩き込んでください! ファイルを保存する 該当するチャンネルを選択した状態で、「File」のタブを選択します。 機能的にはSharepoint、One Drive、Google Drive、Dropboxなどのオンラインファイル管理サービスとまったく同じなので省略します。 自分宛てのメッセージを確認する 自分充てにメッセージが入ると、左上のActivityのアイコンの箇所に赤い数字が表示されます。 Activityのアイコンをクリックすると、自分充てのメッセージ一覧が表示されます。 過去のメッセージを検索する 画面上の検索バーにキーワードをタイプすると、左のサイドバーに引っかかったメッセージの候補の一覧が表示されます。 条件を指定したい場合はFilesの右にあるアイコンをクリックすると詳細に条件を指定することができます。 タスク管理ツールMicrosoft Planner(プランナー)の使い方 チームスのコンセプトはオールインワンなので、タスク管理にはOffice 365アイテムのMicrosoft Planner(プランナー)を使うのが良いです。 使い方は以下の記事で解説しています。 関連記事 ビデオ会議機能の使い方 最近はテレワークの需要が増したためにテレビ会議の需要が増えているようですが、ZoomかTeamsの2択と言われているほどTeamsのテレビ会議には定評があります。 ちなみにSkype Businessも試したのですが、全然だめでした。 あとZoomも最近セキュリティの問題が浮上しているようなので、今はTeams一択と言えるのかもしれません。 使い方は上記のビデオを参考にしてみてください。 ドキュメント制作にはWikiとOneNoteは使わない WikiやOneNoteと連携して使う方法をよく聞かれるのですが、僕はこの2つのツールは使っていません。 Wikiはノートアプリとしては操作が独特すぎるし、OneNoteは重すぎてイライラしたので使うのを辞めました。 会社の場合はWordのオンラインバージョンがおすすめです。 関連記事 個人的にはMicrosoft TeamsとNotionはデジタルツール界の2台巨頭だと認識しているので、併用しています。 中級者~上級者向け使い方のコツ その他にもいろいろなノウハウがあるのですが、記事が長くなったので別記事にまとめました。 関連記事 要約すると以下の通りです。 デスクトップアプリは使わず、ブラウザバージョンを使う• 返信は同じ質問のスレッドにする(1トピック1スレッド)+各スレッドにはタイトルを付ける• 余計な人にCC(メンション)しない• チャットはなるべく使わず、タイムラインに投稿する• 文字は少なめに。 なるべく箇条書きを使ったり、スクショを貼り付ける。 メッセージにファイルを添付せずに、Sharepointのリンクを貼り付ける(URLを直接貼らずにテキストにリンクを付ける)• チーム、チャンネルは増やしすぎない• 余計な機能は使わない チームスの活用事例.

次の