学生 103万超えると。 扶養なのにアルバイト代103万超えたらバレる?掛け持ちした場合は?

【2019】学生がバイトで103万と130万の壁を超えると実際はどうなる?|バイトちゃんねる~バイトで学生・主婦をハッピーに~

学生 103万超えると

学生バイトでいくら稼ぐと税金がかかるの?損しない方法を知りたい! 【目次】• バイトの給料にかかる税金の種類は? 最初に、アルバイトの給料にはどのような形で税金がかかるのかを見ていきましょう。 所得税は年収103万円超にかかる アルバイトやパートも税金の上ではサラリーマンと同じ扱いで、給与所得者として所得税と住民税の対象になります。 所得税には所得控除という制度があり、誰でも受けられる「基礎控除」が48万円、給与所得者が受けられる「給与所得控除」が55万円あるので、合計103万円までは税金がかかりません。 複数のアルバイトをしている場合は全ての給料を合算した金額で考えてください。 ただ、給与所得控除は所得税の場合と同じ55万円で、課税基準は住民票を置く市区町村によって異なりますが、45万円としているところが多いです。 なので、大まかな目安として、合計100万円までなら住民税がかからないと考えて良いでしょう。 例えば年収が所得税のかからない103万円であっても、住民税は1万円ほど負担することになります。 学生なら130万円まで税金がかからない 学生アルバイトの場合は、勤労学生控除を申請すれば27万円の控除額が加わり、130万円まで所得税がかかりません。 ただ、親などの扶養親族となっている場合は、103万円を超えると扶養を外れてしまい、扶養者の税金負担が重くなるので、注意しましょう。 稼ぎすぎ注意!年収103万円を超えると親など扶養者の税金が高くなる 年収が103万円を超えると自分に所得税や住民税がかかるだけでなく、親など扶養者の支払う税金が増えることになります。 被扶養者の場合は親など扶養者の手取りが減る アルバイトで年間103万円以上稼いでいる人で、親など世帯主の被扶養者である場合は、世帯主の納める税金が増え、世帯全体の手取額が減ります。 これは世帯主が扶養者控除(16~18歳は一人当たり38万円、19~22歳は一人当たり63万円))を受けられなくなるためです。 ・親など扶養者の税金が増えるのはなぜ? 63万円の控除がなくなると、その分世帯主の課税所得が増えることになります。 1)の負担が増えると考えられます。 また、この63万円の所得が増える結果、世帯主に適用される所得税率が一段階上がってしまったり、勤務先から支給される家族手当などがなくなったりする可能性も出てきます。 そうなると、世帯主の手取り額はより減ってしまうことになります。 1%)が合わせて徴収されますが、今回は考慮せずに計算しています。 年収130万円 以上になると社会保険料負担も アルバイトの年収が130万円 以上になると、税金負担が増えるだけでなく、親など扶養者の社会保険の扶養を外れてしまい、 国民健康保険や国民年金を自分で支払う義務が生じます。 そうすると手取りが減ることになるのです。 このようにアルバイト代が年間103万円を超えると、世帯全体の所得に影響が出ることがあるので、学生で、親などの扶養に入っている場合は年収103万円以下に抑え、超えてしまいそうな場合は家族に相談したほうが良いでしょう。 源泉徴収の場合は、確定申告でお金が戻るかも!? アルバイト先で税金を「源泉徴収」されている場合は、翌年に税務署に確定申告を行うと納めすぎた税金が戻ってくることがあります。 源泉徴収された金額は年末調整で戻る 給与を払っている会社には、従業員の給料から税金分を天引きして税務署に納付する義務があり、これを源泉徴収といいます。 アルバイトも同様で、月収が8万8,000円以上になると自動的に天引きされます。 この税額は月単位で計算されるため、年間収入の合計が結果的に103万円以下になったとしても税金を納めている場合があります。 12月末の時点で会社に在籍していれば、「年末調整」という形で会社が調整し、天引きされていた税金が12月の給料に足されて戻ってきます。 ところが、会社が何らかの理由で年末調整 ができない場合や、年末までにアルバイトを辞めてしまったときは、自分で申告しないと税金が還付されません。 確定申告は白色申告で行う 年末調整がない場合に行う確定申告には、「青色申告」と「白色申告」があり、アルバイトは帳簿付けの必要がない白色申告で行うのが一般的です。 主に必要な書類は源泉徴収票と申告書で、稼いだ翌年の2月中旬から3月中旬の間(日付はその年によって異なります)に申告手続きを行います。 年末までにアルバイトを辞めた場合でも、源泉徴収票は退職時にもらっているはず。 紛失したなどの理由で手元にない場合は、元の勤務先に頼んで再発行してもらいましょう。 ・源泉徴収票の確認の仕方 源泉徴収票にある「支払金額」の欄が103万円(勤労学生控除が適用される場合は130万円)以下であれば、税金はかかりません。 アルバイト先が複数の場合は全て合計してください。 次に「源泉徴収税額」をチェックします。 年収が103万円以下で非課税のはずなのに、「源泉徴収税額」の欄に金額が入っていたら、確定申告によってその分が還付されます。 また、仮に「支払金額」が103万円を超えていたとしても、ある月は10万円、別の月は4万円など、月々の収入の変動が大きい場合などに、余分に源泉徴収されている可能性もあります。 この場合も確定申告をすれば還付を受けられます。 申告書は、国税庁のWebサイトから作成するのが簡単 申告書の作成は税金の知識がないとなかなか難しいのですが、国税庁が運営するWebサイト「e-Tax」(個人用:)を利用するのがおすすめです。 これは、インターネットで国税に関する申告や納税などの手続きを行えるシステムで、指示に従って金額を入力していくと申告書が完成します。 自分で生命保険料や健康保険料を払っていた場合は、これらが所得控除の対象になるので忘れずに入力してください。 サイトに正式に登録すれば確定申告をネット上で完結させられるのですが、そのためには電子申告等開始届出書を提出し、利用者識別番号を取得するなど、手続きが少し煩雑になります。 そこで、申告書をWebサイト上で作成し、プリントアウトしたものを管轄の税務署に郵送または提出する「書面提出」にしておくと、難しい事前準備がなくても申告ができます。 還付される時期は申告書を提出するタイミングにもよりますが、大体1カ月~1カ月半後に申告書作成時に指定した金融機関の口座に入金されます。 「103万円の壁」を超えないように働くのが得策 「アルバイトの収入は税金と無縁」と思っていた人もいるかもしれませんが、アルバイトも正社員の人たちと同じく給与所得者です。 住民税や所得税、社会保険の扶養の上限である、100万円、103万円、130万円には「~万円の壁」という表現がよく使われます。 これらの「壁」を超えると一気に負担が増え、手取りが減るという意味ですが、例えば「130万円の壁」を少しでも超えると、 150万円程度以上稼がないと手取りが減るという場合もあります。 稼ぎ方のスタイルはそれぞれですが、自分も家族も損をしたくないと考えている人は年収103万円までに抑えて稼ぐのが得策でしょう。

次の

103万、106万、130万、150万円の壁

学生 103万超えると

>…アルバイト2箇所掛け持ちで103万円以上、確定申告しないで何故ばれない? 一番の理由は、「所得税」が【納税者の自己申告によって納める税額が決まる制度】だからです。 (「申告納税制度」と言います。 ) つまり、「隠し事をしたり、嘘をついたりしようと思えば簡単にできてしまう制度」ということです。 しかし、国税庁に【すべての納税者】を調査するような人員も予算もありませんので、対象者を絞り込んだり、あるいはランダムに選んだりするしかなく、どうしても「隠し事をしたり、嘘をついたりしても【バレない人】」がいることになります。 これを「申告納税制度」といいます。 (「所得税の源泉徴収」) この「給与からの源泉徴収」は、「掛け持ちで給与を受け取る場合」には【所得税を多めに差し引いて国に納める(ことが多い)】仕組みになっています。 (「税額表」というもので機械的に徴収額が決まります。 ) ですから、(「掛け持ちで給与を受け取る場合」は)自分で「所得税の【過不足の精算】の手続き(確定申告)」を行わないと、【所得税が納め過ぎに状態のままになってしまう(ことが多い)】ということになります。 --- こういう仕組みなので、「掛け持ち勤務している給与所得者を調査しても税金が納め過ぎになっていることが分かるだけ」のことが多い(調査する意味があまりない)ということになります。 ですから、(「ざっくりと」ですが)「その年の給与の合計額が150万円を超えなければ所得税の過不足は精算しなくてもいいよ(しないほうが国が得することも多いし)」というルールになっていて、そもそも「申告の義務」自体がありません。 --- 『Q1 所得税の確定申告をする必要がある人は、どのような人ですか。 「地方税の個人住民税」は、「地方公共団体(地方自治体)」の管轄ですから、ルールも「国税」とは大きく異なります。 --- まず、「個人住民税」は、「道府県民税」と「市町村民税」の両方とも【市町村がまとめて】課税・徴収を行うことになっています。 (「賦課課税制度(ふかかぜいせいど)」と言います。 ) --- その税額計算のもとになるデータは、原則として「住民が国に提出した確定申告書のデータ」が使われます。 (国からデータが提供されます。 ) とはいえ、「確定申告しなくてもよい人」もいますので、そういう人は別途「個人住民税の申告書(前年の所得の申告書)」を(自主的に)市町村に提出することになっています。 さらに、「一定の条件を満たす人」は、「個人住民税の申告書は提出しなくてもよい」ことになっています。 (参考) 『賦課課税制度|kotobank』 『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。 1か所にしか出してないなら、もうひとつのほうは3%の所得税が源泉徴収されます。 >確定申告をしていない知り合いがバイトの掛け持ちでそれぞれ8万円程の給与収入(計16万)があるのに税務署は何も言ってこないそうです そうかもしれません。 年収500万円を超えなければ、会社は税務署への源泉徴収票の提出義務はありません。 なので、税務署は把握していません。 参考 ただ、「給与支払報告書(源泉徴収票と内容は全く同じ)」というものは、その額にかかわらず役所へ提出され、役所では把握できます。 役所もその額が大きければ、確定申告していないことを税務署に通知するでしょうが、そうでなければしないでしょう。 なお、給与を2か所以上からもらっていて、年末調整をされなかった収入が20万円を超える場合は確定申告が必要とされていますが、合計年収が150万円以下なら確定申告の必要ありません。 >それぞれ8万円程の給与収入(計16万… どちらもふつうのバイトですか。 税法上の所得区分 が「給与」ですか。 >税務署は何も言ってこないそうです… 給与で間違いなければ、話は簡単です。 所得税は本来 1年間の所得額が確定してからの後払いで良いのですが、「給与」である限り、月々に仮の分割前払 源泉徴収 をさせられています。 取らぬ狸の皮算用で多めに取られているのです。 皮算用と狩りの成果とを照らし合わせるのが年末調整であり確定申告なのですが、そのどちらもしていないということは、多めに皮算用されてままおしまいにされているのです。 税務署はわざわざ 「あなたは前払が多すぎますから取りに来てください」 なんてお節介は焼いてきません。 前払が多すぎであろうが少なすぎであろうが、確定申告は国民の義務なので、税務署がいちいち連絡したりしないのです。 ただし、その人が家族のの控除対象扶養者または控除対象配偶者になっている場合は、家族が所得税を過少申告していることになりますので、その家族宛におたずねが届きます。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 会社が給与支払報告書を提出していないか、源泉所得税を毎月天引きされていて本来の所得税より多く払っているかでしょう(天引きされる場合は大抵が多め)。 後者の場合は確定申告することによって正しい所得税額に清算され、還付金を貰えることになります。 なお、所得税は1年間(1/1~12/31)の収入で決まり、毎月天引きされていても仮の金額であり(月収と扶養人数で一律決まる)、年末でないと税額が決まりません。 基本的に所得税も自分で申告する税金です。 これを怠って損することもあるので注意が必要です。 逆に納め足りない場合は、あとから余計に払わないといけないことになります。 会社が報告書を提出していれば、税務署はその人の収入を把握しているのですから。 A ベストアンサー 扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。 税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。 貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。 >少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね? いいえ。 貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。 ただ、親は貴方を税金上の扶養にできないので、親の所得税や住民税は増税になります。 所得に関係なく)=45000円 計108000円 増税になります。 >何とか出来ないでしょうか? できません。 >学生なので、何か免除になったりしませんか? 貴方の場合は、勤労学生控除があるので130万円までなら所得税かかりません。 なお、このことを親に言わないと、あとから税務署から会社を通し通知が行きます。 貴方を税金上の扶養からはずす確定申告をしてもらう必要があります。 扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。 税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。 貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。 >少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね? いいえ。 貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。 ただ、... Q すいません。 結構焦ってます。 今は大学生なんですが、何も考えずに働いていたらバイト代が一年間で103万円を超えてしまいました。 そこで質問なんですが、この103万円というのはいつからいつまでの期間の合計金額をいうのでしょうか? ちなみに、昨年の1月から昨年の12月までのバイト代の合計金額は106万円で、昨年4月から今年の3月までの合計金額は126万円でした。 そして、この場合、親の負担はいくらぐらい増えるのでしょうか?私の親は公務員(先生)なんですが、計算できるかたいらっしゃったら教えてください。 増えた分は自分で払いたいと思ってるんですが、自分では計算の仕方がよくわからないのでとても不安です。 だれか教えてください。 A ベストアンサー 質問者の方が学生であり19歳以上23歳未満だとして。 また以下に出てくる勤労学生控除は親の負担には関係しません。 一方子と言うと 所得税については給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を合わせて 65万+38万=103万 ということで103万までは課税されません。 さらに学生ですと勤労学生控除(27万)があるのでこれを加えて 103万+27万=130万 130万までは課税されません。 次に住民税ですがこれはより複雑です。 住民税は均等割と所得割のふたつの部分から成り立ちます。 均等割には非課税の限度額がありますが、自治体によって差があります92万~100万ぐらいです、つまりこれ以下 なら課税されません。 一方所得割は全国一律で100万までなら課税されません。 さらに住民税にも勤労学生控除(26万)があります。 ただこの勤労学生控除は均等割には影響しません、あくまでも影響があるのは所得割のほうです。 住民税(所得割)については給与所得控除(65万)と基礎控除(33万)を合わせて 65万+33万=98万 勤労学生控除(26万)があるのでこれを加えて 98万+26万=124万 ということで124万まで課税されないと言うことです。 ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。 まとめると 親の負担 所得税 63000(円)・・・今年の親の所得税の増額 住民税 45000(円)・・・来年の親の住民税の増額 合計 108000(円)・・・親の今年の所得税と来年の住民税の増額 子は 所得税に関しては今年、住民税(所得割)に関しては来年勤労学生控除を受けたとして 所得税 給与所得控除(65万)+基礎控除(38万)+勤労学生控除(27万)=130万・・・この金額まで課税されない 住民税 均等割 92万~100万(この金額まで課税されない、自治体によって異なる、勤労学生控除の影響を受けない) 所得割 給与所得控除(65万)+基礎控除(33万)+勤労学生控除(26万)=124万・・・この金額まで課税されない ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。 つまり <学生であり未成年である> 『130万以下』 今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし 『130万超204.4万未満』 今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もなし 『204.4万以上』 今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり <学生であるが未成年ではない> 『(92万~100万)以下』 今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし 『(92万~100万)超124万以下』 今年の所得税なし、来年の住民税の均等割あり、所得割なし 『124万超130万以下』 今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もあり 『130万超』 今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり となります。 それから勤労学生控除を受けるためには、下記をご覧下さい。 nta. htm 「勤労学生控除を受けるための手続について」の中に『勤労学生控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して確定申告をする』か『給与所得者の場合は、給与の支払者に勤労学生であることを記載した「給与所得者の扶養控除等 異動 申告書」を提出する必要があります。 』ということです。 また親が会社から子に対する扶養手当のようなものをもらっていれば、子が扶養から外れるとなくなるかもしれません。 これは会社独自で出すものなので、もらえる条件及び金額等は会社に聞かなければなりません。 もうひとつ社会保険の問題があります。 たとえパートやアルバイトでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。 1.常用な使用関係にあると認められる 2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること 3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること 親の会社の健康保険で扶養になっていれば保険料は言ってみればタダということですが、それが子自身がアルバイト先で社会保険に入るとなるとドカンと保険料が発生して手取りの収入が減ってしまうということです。 ですからそうならないように日数や時間数を調整することです。 >そこで質問なんですが、この103万円というのはいつからいつまでの期間の合計金額をいうのでしょうか? その年の1月から12月までです、平成23年なら平成23年1月から12月まで、平成24年なら平成24年1月から12月までに支払われた金額です、働いた金額ではありません。 例えば給与が締めて翌月払いであった場合は平成22年12月に働いた分は平成23年の1月に支払われますが、この場合は平成22年に働いたが平成23年の収入となるわけです。 同様に平成23年12月に働いた分は平成24年の1月に支払われますが、この場合は平成23年に働いたが平成24年の収入となるわけです。 >ちなみに、昨年の1月から昨年の12月までのバイト代の合計金額は106万円で、昨年4月から今年の3月までの合計金額は126万円でした。 それであれば平成23年については年収106万と言うことになります。 >そして、この場合、親の負担はいくらぐらい増えるのでしょうか?私の親は公務員(先生)なんですが、計算できるかたいらっしゃったら教えてください。 それは前述ですただしあくまでも概算です、正確には親の源泉徴収票の数字がわからなければ何ともいえません。 子供が扶養範囲を超えた収入があったのに親に言わずにいて親は扶養控除を申請してしまったことはよくあることです、あとから税務署から会社(この場合学校でしょうか?)に修正するように連絡があるはずです。 会社の担当者は税務署にちょっと油を絞られ、親は会社の担当者にちょっと油を絞られ、子は親にちょっと油を絞られるでしょう。 ですから速やかにその事実を親に伝えて、親は速やかに学校に伝えるべきでしょう。 質問者の方が学生であり19歳以上23歳未満だとして。 Q 現在アルバイトで月8万前後 交通費込み 稼いでいます。 かけもちで新しいバイトを来月から始めるにおいて知っておきたいことがあります。 まず、かけもちによって収入が月12万くらいになる予定なのですが、 その場合自分で確定申告をしなくてはならないんですよね? ここもよくわかりません 住民税については年間103万を超えると払う義務があるらしいですが、今のバイトは今年4月から始めて、それ以前の収入はゼロです。 かけもちのほうは今年10月末から始めるので、月で見ると、今年は12月のみ収入が12万にはなるものの、年間で見ると100万にも達しません。 つまりこれは税金関係は一切気にしなくていいということでしょうか? 一ヶ月ごとでみるのか、それとも「年間いくら稼いだか」という考え方なのか知りたいです。 ・年金は申請して払わなくていいようになってます。 ・今のバイトは週3、5hで新しく始めるほうも週3、6hです。 ・新しく始めるほうは来年の4月には辞める予定です。 今まで年間103万をギリギリ超えないくらいの収入でやってきましたが、 超えて引かれるなら引かれるで3つ掛け持ちしようかなとも思っています。 その場合、もっと面倒なことになるんでしょうか?? どなたか回答よろしくお願いします。 現在アルバイトで月8万前後 交通費込み 稼いでいます。 かけもちで新しいバイトを来月から始めるにおいて知っておきたいことがあります。 まず、かけもちによって収入が月12万くらいになる予定なのですが、 その場合自分で確定申告をしなくてはならないんですよね? ここもよくわかりません 住民税については年間103万を超えると払う義務があるらしいですが、今のバイトは今年4月から始めて、それ以前の収入はゼロです。 かけもちのほうは今年10月末から始めるので、月で見ると、今年は12月のみ収入が12万に... A ベストアンサー 長いですがよろしければご覧ください。 >…かけもちによって収入が月12万くらいになる予定なのですが、その場合自分で確定申告をしなくてはならないんですよね?… いえ、(税法上の給与だけで)12万円ならば、年間で150万円を超えませんので確定申告する【義務】はありません。 ただし、(確定申告しないと)【所得税】が納め過ぎになる(損する)ことがあります。 (参考) 『Q1 所得税の確定申告をする必要がある人は、どのような人ですか。 nta. nta. >住民税については年間103万を超えると払う義務があるらしい… いえ、「(個人)住民税」は、【住んでいる場所】【その人の事情】によって課税される収入(正確には所得)の基準が異なります。 たとえば、「給与収入93万円」を超えるとかかる地域もあります。 zeikin5. つまりこれは税金関係は一切気にしなくていいということでしょうか? いえ、「所得税」は、前述のとおり「納め過ぎになっていても返ってこない」場合があります。 一方、「個人住民税」は、市町村に「個人住民税の申告書(=前年の所得の申告書)」を提出しなければならない場合があります。 詳しくは【violet6950さんが住んでいる市町村】のルールをご確認下さい。 city. izumisano. html >一ヶ月ごとでみるのか、それとも「年間いくら稼いだか」という考え方なのか… 「所得税」「個人住民税」共に、「年間(1月~12月)」で考えます。 ・収入金額-必要経費=所得金額 なお、収入が「税法上の給与」に該当する場合は、差し引ける必要経費の額があらかじめ決められています。 これを「給与所得 控除(きゅうよしょとく こうじょ)」と言います。 city. niigata. >…どんな小さな会社でも、区役所?に私にいくら給料をあげているかということは知らせているはずだと思う… いえ、そうとも限りません。 「小さな会社(特に個人の事業所)」の場合は、「税理士と契約するとお金がかかるので、税務処理はすべて事業主自身が行っている(あるいは経理ができそうな従業員にまかせている)」というようなことが普通にありますので、「税務処理が間違っている」ことまたよくあります。 なお、「給与支払報告書(給与所得の源泉徴収票)」は、「税法上の給与を支払った時」にだけ提出すればよいものですから、それ以外の報酬の支払いについては(会社は)市町村に報告する義務はありません。 また、「退職した人で年間の総支給額が30万円以下の人」の場合は提出が「任意」になります。 city. tokorozawa. saitama. blog13. fc2. --- 一方、「所得税」は、税額を【自分で】計算することになっていますので「嘘」をつくのは簡単です。 (「申告納税制度」と言います。 ) ただし、「税法上の給与」の場合は、(会社が行う)「源泉徴収という強制的な前払いの制度」と「年末調整という源泉所得税の過不足の精算手続きの制度」がありますので、(会社と共謀しないと)「嘘」をつくのは難しいです。 また、「所得税の嘘がバレた」場合は、【必ず】「国」から「地方公共団体」にその情報が提供されますので、「個人住民税の嘘もバレる」ことになります。 (もちろん、地方公共団体から国に情報が提供されること【も】あります。 …… --- 『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。 nta. はい、「市町村が運営している国民健康保険(市町村国保)」は、【前年の税法上の所得金額】が変われば【翌年度の】保険料も変わります。 >・年金は申請して払わなくていいようになってます。 「国民年金保険料」の免除・猶予の審査は、市町村が把握している「前年(または前々年)の所得などのデータ」をもとに行われます。 nenkin. jsp? …… >・今のバイトは週3、5hで新しく始めるほうも週3、6hです。 …新しく始めるほうは来年の4月には辞める予定です。 「労働時間」や「いつ辞めたか?」と「税金」は「無関係」です。 あくまでも「年間の所得金額」(および所得控除など)をもとに計算します。 その場合、もっと面倒なことになるんでしょうか?? いえ、いくつ掛け持ちしても「所得税の確定申告」さえしてしまえば(給与所得者ならば)「税金の手続き」は他にありません。 ただし、「副業・兼業は原則禁止」というルールの会社は多いですからその点は注意が必要です。 biwa. htm --- ちなみに、「税法上の給与」を受け取る場合は、(勤務先に)『給与所得者の扶養控除等申告書』の提出が必須ですが、「掛け持ち勤務」の場合は、(掛け持ち中は)【どこか1ヶ所のみ】にしか提出できないルールになっています。 nta. >…かけもちによって収入が月12万くらいになる予定なのですが、その場合自分で確定申告をしなくてはならないんですよね?… いえ、(税法上の給与だけで)12万円ならば、年間で150万円を超えませんので確定申告する【義務】はありません。 ただし、(確定申告しないと)【所得税】が納め過ぎになる(損する)ことがあります。 (参考) 『Q1 所得税の確定申告をする必要がある人は、どのような人ですか。 nta. Q こんばんわ。 いつもお世話になっていますm(__)m とても初歩的な質問でごめんなさい。 私は今22歳で既婚者です。 保険は国保で自分ひとりだけ加入してるので、扶養にはなっていません。 バイトをしてるのですが、結婚したこともあり、毎年無視していた確定申告を今年はしようと思っています。 でも、私の周りの友人はみんな口をそろえて「確定申告はしなーい」といいます。 友人の中でも、結婚して扶養に入っている子や、独身でバイト生活…生活環境はみんな違いますが、みんな「しない」といいます。 ただし、確定申告義務の要件に 「2ヶ所以上から給与を受けている人で、年末調整をしていない従たる給与と、給与以外の儲けの所得の合計が20万円を超える人」 とありますので、派遣会社からの所得がそれだけなら申告する必要はありません。 今回の場合、派遣会社から源泉徴収票が送られてくるので、派遣会社分を前職としえてバイト先に提出したり(確定申告不要)、確定申告する場合は、それを使用してください。 ただし、派遣会社とすれば年末調整をするつもりで、年末まで何も処理しないと思います。 ですから、もう派遣会社を利用する意思がないことを伝え、退職扱いの源泉徴収票を発行してもらいましょう。 (聞いた話だと「派遣会社には退職という概念がない」らしいので、もめるかもしれませんが) Q これから、パートを始めようとしています。 税金面で損をしない働き方をしたいので、知恵を貸してください。 これから始める仕事。 月収、8万円弱の見込みで扶養内でのパートです。 実のところ、もう少し収入が欲しいところです。 おしえてグーを見ていると。 一番いいのは、年収180万以上稼ぐこと。 次は、103万以内に収めること。 120万位は、まあまあ。 130万~150万だと、逆に税金を引かれて損をする。 ことがわかりました。 かけもちをするとしたら、 月収いくらくらいなら、損をしない働き方でしょうか? 2つの職場の年収を合算すれば、いいだけでしょうか?? イマイチ、わからないので教えて下さい!! 主人は会社員で社会保険に加入しています。 家族手当はありません。 A ベストアンサー >主人は会社員で社会保険に加入しています。 家族手当はありません ・貴方がご主人の健康保険の扶養になっていて、国民年金の弟3号被保険者なら・・貴方に対する健康保険料・国民年金保険料は0円です ・この扶養状態で居る為には、月の給与収入(パート等の収入)は108333円を超えないようにする必要があります (この金額には、別途支給の通勤交通費も含まれます) ・この金額を超えた場合は、これから先の1年間の収入見込みが130万を超えることになりますから、扶養から外れる必要が生じます... 会社の健康保険にも加入しています。 扶養家族の条件には妻の年収103万以下、 会社の健康保険の条件には妻の年収130万以下です。 ・・・しかし!フタをあけてみたら105万の年収がありました。 なのに気付かず夫の私はいままでずっと扶養にいれてました。 (いまも入れ続けています) 妻には先日(6月)、市民税の納税通知書がきました。 このとき初めて103万を越えて105万であることを知りました。 これって夫の会社にバレる(=扶養解除になる)のでしょうか? またバレるとしたらどのタイミング(どのきっかけ)でバレて、 誰にどのようなペナルティがあるのでしょうか? 遡求されるものなのでしょうか? 夫に追徴課税のようなカタチになるでしょうか? どのくらい妻の詳細が夫の会社に伝わるでしょうか? また、それはどの時期(今年の春とか夏とか秋とか)に あるでしょうか? A ベストアンサー 以前給与・社保関係の仕事をしていました。 時々税務署から扶養関係の調査依頼が来てました。 時期については記憶が怪しいです。 すみません。 妻が市民税の課税対象になっているけど、扶養で間違いありませんか?みたいな。 妻の詳細については夫の会社には伝わりません。 そこで会社は妻の過去3年間の源泉徴収票、もしくは非課税証明を提出して頂き調査します。 扶養でなかったと見とめられる場合、遡って年末調整をし直して、不足分を即徴収、後日夫に追徴課税です。 追徴課税に関しては会社に連絡があったことはありませんから個人に通知されるのではないでしょうか。 扶養はその年の年末時点で判断され年末調整しますので、また103万円怪しいようなら抜いておいた方がいいかもしれません。 実際103万円以内であれば、年末に扶養に戻せばいっぱいお金が戻ってきますし。 年末で慌てて外すと戻るどころか徴収されますし。 今は厳しくなってますので、ごまかそうとしてもばれます。 去年分だけでしたら今からでも修正申告できるかもしれませんから税務署に相談してみてください。 つたない文章ですみません。 A ベストアンサー 1です。 もう少し細かく説明しておきます。 あなたが親の税扶養から外れた場合、具体的に親にどれだけの負担がかかるか知りたいのですよね? それを答えるにはあなたの親の具体的な年収と、扶養家族の人数等がわからないと答えられません。 親の年収(厳密には親の所得)によって負担額が変わるからです。 具体的には親の所得税額は下記のようになります。 ですから年収が300万円でも所得が0円だったら所得税は払わなくて良いのです。 普通のサラリーマンやアルバイトの場合は「給与所得」という分類となり、その場合は年収に応じて一定額が控除されます。 またそれ以外にも「扶養家族」や「身体障害」の有無、「支払った医療費」の額に応じて控除額が増減します。 ちなみに扶養家族は一人当たり38万円の控除となりますので、あなたが税扶養から外れた場合は親の所得が38万円高くなります。 所得が増えればその分親の所得税は増えます。 なお親の扶養から外れた場合、親の所得税が増えるだけでなく、あなた自身も所得税を納める義務が発生しますので注意が必要です。 taxanser. nta. 今回の話に当てはまりそうな項目をピックアップしてみましたのでご覧ください。 taxanser. nta. taxanser. nta. taxanser. nta. taxanser. nta. taxanser. nta. taxanser. nta. もう少し細かく説明しておきます。 あなたが親の税扶養から外れた場合、具体的に親にどれだけの負担がかかるか知りたいのですよね? それを答えるにはあなたの親の具体的な年収と、扶養家族の人数等がわからないと答えられません。 親の年収(厳密には親の所得)によって負担額が変わるからです。 具体的には親の所得税額は下記のようになります。 A ベストアンサー 扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。 税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。 また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。 通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。 103万円を超えると確かに貴方やご主人の所得税や住民税は増えますが、働いた以上にかかることはありません。 なので、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれなければ、働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。 ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。 これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。 もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。 >103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。 市民税ってどのくらいくるのでしょうか? 110万円だとした場合で基礎控除以外の控除がないとした場合 住民税は「均等割」と「所得割」の2つの課税です。 なお、103万円でも所得税はかからなくても、住民税(均等割4000円、所得割5000円)はかかります。 >旦那の税金もかなり増えるのでしょうか? ご主人の所得により所得税の税率変わるので何とも言えませんが、普通の所得なら税率5%か10%でしょう。 7万円収入が増えますので、税金の増額分引いても手取り収入はプラスです。 扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。 税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。 また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は... Q いろいろ検索してみたけれどわからないので教えて下さい。 現在、夫の扶養の範囲内でパートをしています。 昨年までパート収入は70万前後だったので夫の配偶者控除で年末調整も私自身では特に何もする事はありませんでした。 今年になってから掛け持ちでパートを始め、もう1つの職場からの収入が50万円ほどになりそうです。 2つのパート先からの給与を合計すると103万円以上130万円未満になるのですがその場合103万円を超えると払う事になるらしい所得税と住民税はどのようにして支払ったらいいのでしょうか? 1か所からの収入だとその会社でやってくれそうですが2か所からの収入の合計になるとどうしたらいいのでしょうか? 夫の会社には家族手当の様なものは何もないので私の収入が増える事によって貰えなくなる手当はないのですが夫の会社にも届け出なければならないのでしょうか? どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいと思います。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー >現在、夫の扶養の範囲内で… 何の扶養の話ですか。 税法 2. 社保 3. 給与 家族手当 それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。 まあぜいきんのカテですから 1. 税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。 扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。 nta. htm 夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。 しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。 夫が会社員等ならその年の年末調整で、夫が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。 「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38 給与収入のみなら 103 万円以下であることが条件です。 nta. htm 38万円を超え 76 同 141 万円未満なら「配偶者特別控除」です。 nta. htm >103万円を超えると払う事になるらしい所得税と住民税は… 103万円を超えると直ちに所得税が発生するわけではありません。 103万円というのは、 「基礎控除以外の所得控除に一つも該当するものがなければ」 の枕詞が付いたときの話です。 nta. htm に該当するものがあれば、それらを上回るまで所得税は発生しません。 百歩譲って、基礎控除以外の所得控除に一つも該当するものがないとしても、事由民税はもっと低い数字でかかり始めます。 自治体によって若干異なることがありますが、給与収入で 95~98万以上 あれば、翌年に住民税が発生します。 >どのようにして支払ったらいいのでしょうか… 年末現在で並行して 2社以上から給与を得ている人は、年が明けてから自分で確定申告です。 nta. htm 確定申告とは、所得税を自分で計算して自分で納めにいくことです。 nta. htm ただ、給与である限り、所得税を取らぬ狸の皮算用で前払いさせられているはずですから、確定申告は狩りの成果との不足分を納めるだけで良いです。 狩りの成果より皮算用のほうが多い場合も多々あり、この場合は多すぎる分が返ってきます。 確定申告さえ正しく行っておけば、あとはだまっていても 6月頃に住民税の納付通知書が自宅に届きます。 >夫の会社にも届け出なければならないの… 120万ほどなら配偶者控除でなく配偶者特別控除になりますので、夫の年末調整に関係してきます。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 nta. htm >現在、夫の扶養の範囲内で… 何の扶養の話ですか。 税法 2. 社保 3. 給与 家族手当 それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。 まあぜいきんのカテですから 1. 税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。 扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。 nta. htm 夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。 しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるも...

次の

学生バイトの「103万円の壁」って?カウントされる期間や対策方法は?

学生 103万超えると

せっかくバイトで稼いだのに、税金の負担が重たくなってしまったら損したと感じることもあるでしょう。 無駄なく稼ぎたいならば、バイトを始める前に所得の計算をして、103万円以内におさまるように働く時間を調整する必要があります。 103万円から104万円に年収が1万円増えるだけでも、税金負担がぐっと重くなってしまうので要注意です。 バイトを選ぶときは、交通費の有無もきちんとチェックしておきましょう。 給料に交通費が含まれている場合は収入とみなされ、103万円の壁を超える可能性が出てきます。 交通費を負担してくれるバイト先を選ぶときは、交通費を含めた年間収入を計算して、103万円の壁を超えるかどうかチェックしておきましょう。 自分で稼ぐ力がない子どものうちは、親の扶養に入ることにより、税金や社会保険の負担を軽減することができます。 しかし、学生がバイトを始めて自立できるようになると、扶養から外されてしまい、税金の負担が重くのしかかってきます。 親の扶養として認められるのは、子ども(学生)だけではありません。 親が養っている親族のうち、一定の条件を満たしている人は、扶養として認めてもらうことができます。 一定の条件に当てはまるのは、配偶者以外の親族である人や、年間の所得が38万円以下(給与収入がある場合は年間103万円以下)」である人などです。 配偶者は「配偶者控除」という別の制度が適用され、扶養控除を受けることはありません。 子どもを扶養に入れている親は、所得税において「特定扶養控除」を受けることができます。 特定扶養控除が受けられれば、毎年支払う税金の金額が安くなり、親は大きなメリットを得られます。 ただし、扶養に入ったままでいられるのは、子ども(学生)の所得が103万円より少ない場合に限ります。 子どもがバイトで103万円を超える収入を得た場合は扶養から外れることになり、課税対象となる金額が増え、結果として親の税金の負担が増えることになります。 特定扶養控除を受けられなくなった親の税金負担は決して軽いものではありません。 具体的にどれくらいの税金負担が増えるかということは、年収によって変わります。 仮に親の年収が500万円ある場合、所得税と住民税合わせて税金負担が年に10万円近くもアップしてしまいます。 これは親にとって結構な負担増だと言えます。 103万円の壁を超えると、学生でも税金を支払う必要性が出てきます。 基本的に、学生でもお金を稼いだら所得税を払う必要があるため、親の扶養に入っていないと、バイトで稼いだ収入に応じて税金を支払うことになります。 ただし、日本では税金が控除される金額が決まっており、所得が103万円までなら課税されることはありません。 103万円の内訳は、基礎控除38万円(誰でも受けられる控除)と給与所得控除65万円(給与所得者が受けられる控除)を合わせたものになります。 アルバイトやパートは給与所得者という扱いになるため、基礎控除と給与所得控除の両方を受けることができます。 そのため、基礎控除と給与所得控除を合わせた103万円までの範囲内であれば、バイトで収入を得ても税金はかかりません。 これからバイトを始めるときは、103万円以上稼いだほうがお得なのか、それとも103万円以内に抑えたほうがお得なのか、事前によく考えておきましょう。 せっかく頑張って働いても、103万円の壁を超えて所得税が発生すれば、トータルの収入が低くなってしまいます。 税金の負担が増えて手取りが少なくなってしまっては意味がありません。 頑張って働けば必ず儲かるというわけではないので注意しましょう。 103万円の壁を超えてしまうと、所得税だけでなく住民税などの負担ものしかかってきます。 「毎月5万円ほど稼げればいい」というのであれば問題ありませんが、「毎月8万円以上稼ぎたい」と考えている人は103万円の壁を超えて課税される可能性があります。 学生のうちは103万円の壁を超えない範囲内で働くのが得策です。 バイトを掛け持ちする場合は、すべての収入を合計した金額が103万円を超えないようにうまく調整しましょう。 103万円の壁の計算対象となるのは、ちょうど1年間の所得です。 具体的な期間としては、1月1日~12月31日までに稼いだバイト代が対象となります。 対象期間の覚え方は決して難しいものではありません。 ただし、学生の場合は、103万円の壁の区切りと学年の区切りが違うため注意が必要です。 日本の学校や会社では、4月から翌年3月までを一区切りとしている場合が多く、バイト代の年収で計算ミスを起こすことが多々あります。 103万円の壁の対象期間をきちんと認識していないと、いつの間にか103万円の壁を超えてしまい、損することもあるので要注意です。 学生の場合、1年のうちにアルバイト先が変わることが多々あります。 バイト先が変われば収入も変わるため、自分でしっかり管理しておきましょう。 子どものバイト代が103万円を超えると、親の扶養から外れることになり、親の支払う税金が高くなります。 税金の金額は決して安いものではないので、親にも準備期間が必要です。 また、103万円を超えたことを報告せずにいると、親だけでなく、親の勤め先にも迷惑をかけてしまいます。 103万円の壁を超える可能性が出てきたら、なるべく早めに相談しましょう。 大学生になって一人暮らしを始めると、親と話す機会も自然と少なくなってしまいます。 「親に干渉されたくない」という人もいるかもしれませんが、税金が増えるかどうかは大事な問題です。 黙っていても、親にバレるのは時間の問題ですし、何も知らせないままでいると、親子間でトラブルに発展する可能性もあるので、きちんと親に報告しましょう。 ただし、勤労学生控除を受ける際はいくつか注意点があります。 勤労学生控除を受けるにはいくつか条件があり、すべての条件をクリアしないと控除を受けることができません。 学生の所得金額や通っている学校についての条件も定められており、条件に満たさない学生は勤労学生控除を受けることができなくなってしまいます。 高校生や大学生であれば大丈夫ですが、専門学校やスクールに通っている学生は、勤労学生控除の対象になる場合とならない場合があるので注意が必要です。 勤労学生控除の対象になるかどうか知りたい場合は、自分の通っている学校やスクールに直接問い合わせて確認しておきましょう。 働いて得た収入であれば勤労学生控除の対象となるため、短期バイトでも控除を受けることは可能です。 勤労学生控除の対象条件は国税庁のウェブサイトに記載されているので、事前にチェックしておきましょう。 ただし、複数のバイトを掛け持ちしている場合は、自分で確定申告しないといけません。 年末調整ができるのは1社だけなので、それ以外のバイトで稼いだ収入は自分で手続きを行う必要があります。 確定申告する際は、「勤労学生控除」に関する事項を記載した確定申告書と一緒に、在学証明書や源泉徴収票などを税務署に提出することになります。 すべてのバイト先から源泉徴収票をもらい、その源泉徴収票を持参して毎年2月中旬~3月中旬の期間内に確定申告を行いましょう。 税務署まで出向く時間がない場合は、郵送やインターネットを利用して申告することもできます。 ただ、確定申告に慣れていないうちは、何かと戸惑う場面が出てくるので、心配な人は税務署に直接出向いて手続きを行ったほうが安心です。 税務署には相談窓口が設置されているため、確定申告でわからない部分がある場合は、事前に質問しておきましょう。 住民税の控除では、給与所得控除は65万円、基礎控除は35万円としている市区町村が多いですが、バイトを始める前に自分が住んでいる自治体の基礎控除をきちんと確認しておく必要があります。 現在住んでいる自治体のホームページもしくは住民税担当部門に問い合わせをすれば、詳細を知ることができます。 住民税がかかるかどうか心配な人は、1年間以内の収入が100万円を超えないように調整しておいたほうがいいでしょう。 ただし、住民税は所得税と異なり、100万円や103万円を超えたとしてもそこまで大きな負担はかかりません。 年収103万円程度なら、支払う住民税の額は高くても1万円程度です。 バイトを始める学生さんは、年収100万円を目処に今後の計画を立ててみましょう。 103万円の壁の対象となる期間は、1月~12月までの1年間です。 年の途中でバイトが変わった場合は、次のバイト先で稼いだ金額と合わせて年間所得を計算することになります。 12月の給料が翌月払いになっている場合は、翌年の所得としてカウントされるため、本年の年末調整の対象からは外れます。 103万円の対象となるのは、1年以内に支給された給与のみです。 103万円にカウントされるのは所得を得た月であって、働いた月ではありません。 翌月払いになっているバイトでは、昨年12月分の給与から今年11月分までの給与が103万円の壁の対象となります。 この点を間違えてしまうと、103万円の壁を超える可能性が出てくるので注意しましょう。 12月締めの給与の支払い日は、当月払いの企業もあれば、翌月払いの企業もあります。 複数のバイトを掛け持ちしていると、バイト先ごとに給与の支払い月が異なる場合もあるため、年間所得の計算には注意が必要です。 調整する期間を間違えてしまうと、自分にとって損になるだけでなく、親にも迷惑をかけてしまいます。 12月分の給料が年末調整の対象になるかどうかは、103万円の期間を意識するうえでとても大事なことです。 わからない場合は、事前に勤め先に聞いておきましょう。 また、103万円の壁を超えたくないのであれば、事前に1ヶ月あたりの収入限度額を把握しておく必要があります。 103万円の壁をギリギリ超えない1ヶ月あたりの収入は85,000円なので、この金額を目安にバイトを調整してみましょう。 シフト調整やバイトの掛け持ちをしている場合、急な欠員が出たときにバイト先から仕事を依頼されることがあります。 毎月ギリギリのラインで収入を調整していると、うっかり稼ぎすぎてしまい、103万円の壁を超えることがあるので要注意です。 そのようなことがないように、事前にバイト先に相談しておきましょう。 あらかじめバイト先の理解を得ておけば、シフトを考慮してもらえる場合があります。 ある程度収入に余裕を持って働くのであれば問題ありませんが、103万円ギリギリまで稼ぎたいと考えているなら、事前に相談しておくのが無難です。 バイト先に協力してもらいながら扶養を外れないように年間の収入を調整すれば、学生バイトで103万円の壁を超える心配はほぼなくなります。 年の途中で時給の高いバイト先に移ると、103万円の壁を超える可能性が出てきます。 バイトの中にはボーナスや報奨金が出るところや、能力によって時給が上がるバイトもあるので注意が必要です。 バイト先を変えるときは、1カ月当たりの収入が85,000円を超えないように十分注意しましょう。 夏休みや春休みに仕事の量を増やす場合も、103万円の壁を超えないように気をつける必要があります。 長期休暇中に大きく稼ごうと考えているなら、それ以外の月の仕事は少しセーブして、103万円の壁を超えないように工夫しましょう。 その時の都合で仕事の量を安易に増やしたりせず、計画的に稼いで行くのが、103万円の壁を超えないためのポイントとなります。

次の