ねずみ 駆除 飲食店。 依頼前に必読必死!優良ねずみ駆除業者の特徴とオススメ業者4選 | クジョカツ

飲食店にねずみが出たら危険!考えられるリスクと対処法をご紹介

ねずみ 駆除 飲食店

ねずみは飲食店でどんないたずらをするのでしょうか? 【店内のあらゆるものがかじられる】 ねずみの好きな食べ物は、「チーズ」と思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?しかし、実際は少し異なっています。 ねずみは「何でも食べる」が正解です。 基本雑食とされているねずみにとっては、飲食店は食べ物の宝庫です。 そのため、食材がかじられるという被害も多いでしょうが、ねずみは家財や配線などのコードもかじるといわれています。 これは、ねずみの歯は一生伸びるため、歯を削る作業を行っているとされています。 よって、大切な店内の設備が傷つけられたり、コードをかじれば漏電して火災につながったりするおそれもあります。 【ねずみの病原菌によって食中毒になる】 ねずみは、屋根裏や下水道などの汚いところで生活しています。 そのため、体の表面は多くの菌で覆われています。 そんなねずみが飲食店で使用する食材をかじったり、食器に触れたりすれば、病原菌が付着して、食中毒が発生することがあります。 大切なお客様に出す料理にそんな危険が潜んでいることを考えると、とても怖いことですよね。 【ねずみだけじゃない!フンも食中毒の元】 ねずみだけじゃなく、ねずみのフンにもたくさんの菌が含まれています。 ねずみのフンには、「レプトスピラ菌」と呼ばれるものや、食中毒で知られる「サルモネラ菌」が含まれています。 これが人間の体に入れば、高熱などの健康被害を及ぼし、最悪の場合は死に至るケースもあります。 【飲食店の評判ダウンにつながる】 飲食店は衛生面がとっても重要視されています。 もし、お客様の前にねずみが登場したり、ねずみが原因で食中毒が出てしまったりすれば、みるみる悪評が広がり、お客様の足は遠のいてしまいます。 飲食店では、評判や口コミがお店の売り上げを左右します。 できれば悪いうわさがたつのは避けたいものです。 放置すれば被害は広がっていきます。 営業停止処分にもなりかねません。 では、どんな駆除方法があるのでしょうか? 【薬剤や機器類を利用する】 ご自身でできる駆除方法としては、薬剤や機器類を使って駆除する方法があります。 薬剤はネズミのエサ場に毒エサを仕掛けて、食べてくれるのを待ちます。 ねずみはとても警戒心が強く、なかなか毒エサに手を出してくれませんが、気長に待ってみましょう。 エサの存在に慣れてこれば、警戒心もとけ、食べるようになります。 毒エサの回りには、粘着剤などを仕掛けておくと、よりつかまえやすくなります。 機器類の代表的なものは、超音波を出すものです。 ねずみは超音波を嫌い、その場所から離れようとします。 同じ周波ではねずみも慣れてしまうので、変調できるものがおすすめです。 どちらもホームセンターやインターネットで簡単に手に入りますが、駆除までに時間がかかってしまうため、その間の被害は否めません。 また確実に全部駆除できたという確信もないため、なかなか安心できないのも気になるところです。 【確実な方法…業者に依頼する】 確実に駆除したい方は、業者に依頼することをおすすめします。 業者に依頼すれば、プロの知識や道具を使って、確実に駆除してくれます。 ねずみは繁殖力も強く、見つけたときにはものすごい数のねずみが潜伏しているおそれがあります。 飲食店のねずみ被害はいち早く解決する必要があります。 悪評が広まってからでは、信頼回復するのはとても難しいでしょう。 未来のための必要経費と考えて、業者に依頼して、確実な駆除を目指しましょう。 もし飲食店でねずみを発見したら、以下のことを徹底しましょう。 【残飯などの処理を徹底する】 飲食店で毎日出る残飯は、ねずみの食料になります。 ねずみが出る飲食店に限って、残飯を放置していたり、雑に扱っていたりします。 残飯の処理は徹底して、すぐ処分するようにしましょう。 ねずみは、「ここには食べ物がある!」と認識すると、そこに居座る傾向があります。 きれいなお店を心がければ、その他の害虫も遠ざけることができます。 【店内の掃除や食材の保管場所を見直す】 店内の掃除を時間を決めて行うことで、ねずみが住みつきづらい環境を作ることができます。 朝から夜まで営業する飲食店であれば、開店前、ランチ終了後、ディナー営業中、閉店後など定期的に清掃を行いましょう。 また、食事は調理台の上に放置せず、ねずみが侵入できない冷蔵庫や収納スペースに保管しましょう。 やりっぱなしの行動がねずみを寄せ付けます。 【ねずみの侵入口を完全にふさぐ】 ねずみが店内にいるということは、必ずどこかから侵入してきています。 小さな体のねずみは、少しの隙間からいとも簡単に店内に入り込みます。 ねずみが侵入できそうな隙間はすべてふさぎましょう。 【もしも客席にねずみが出たらどうする?】 もし、お客様のいる客席にねずみが出てしまったら……それをお客様が発見してしまったら、お店側の誠意ある対応が問われます。 たとえば、お客様が料理を食べ終わった後にねずみを発見した場合、まずは丁寧に謝ることが大切です。 謝罪したうえで飲食代をいただくほうが望ましいでしょう。 もしお客様がご立腹だったり、不快な思いをしたりしているのであれば、料金をいただかないか、割引させていただくのもひとつの方法です。 もし、ねずみのフンなどが混入していた場合は、全額お返しして、万が一健康被害が出るようなら治療費まで負担するのが礼儀です。 まずはこのようなことが起こらないように普段からの清掃や点検を心がけておきましょう。 【業者に依頼すると費用がかかる……なるべく抑えるには?】 単にねずみ駆除といっても、業者に依頼すれば、当然費用はかさみます。 予定外の出費は痛いものですよね。 しかし、ここで費用を惜しめば、飲食店の経営存続の危機に陥ります。 早期のねずみ駆除が、のちのコストカットにつながるのです。 飲食店のねずみ駆除は、業者にかかった費用を経費として計上できるので、多少お金がかかっても依頼するのが先決です。 業者に完全に駆除してもらえば、自分で駆除していたちごっこになるよりは確実性があります。 飲食店でねずみを発見したら、早めに対処しましょう。 放置すれば、お客様に多大な健康被害を及ぼしかねません。 また、「あの店はねずみが出た!」となれば、あっという間にうわさが広がり、経営は悪化の一途をたどるでしょう。 ねずみの駆除はご自身でも行えますが、完全に駆除するには、長い時間がかかり、確実性もありません。 もし、早急に駆除したいのであれば、業者に依頼するといいでしょう。 確実にねずみ駆除をしてくれます。 お店のためにも、お客様のためにも清潔できれいなお店を心がけましょう。 Copyright ネズミ駆除お助け隊 All rights reserved.

次の

ねずみ/ネズミ駆除業者セイコークリーンサービス│東京、埼玉、千葉西部に対応

ねずみ 駆除 飲食店

北海道・東北• 九州・沖縄• 北海道• 宮城県• 青森県• 岩手県• 秋田県• 山形県• 福島県• 東京都• 神奈川県• 埼玉県• 千葉県• 栃木県• 群馬県• 茨城県• 新潟県• 福井県• 石川県• 富山県• 山梨県• 愛知県• 岐阜県• 長野県• 静岡県• 大阪府• 京都府• 兵庫県• 奈良県• 滋賀県• 和歌山県• 三重県• 広島県• 岡山県• 山口県• 鳥取県• 島根県• 徳島県• 高知県• 愛媛県• 香川県• 福岡県• 長崎県• 佐賀県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県 費用 円 大阪府 ねずみ駆除に関する、よくある質問 Q. ねずみはどのように駆除するのですか? A. 粘着シートなどをつかった「捕獲」、殺鼠剤(毒エサ)を使った「薬剤利用」、侵入口をふさぐなどの「防鼠施工」の3つに大きく分けられます。 自分でできる内容もあるものの、より効果を高めるためには業者依頼をご検討ください。 ねずみの種類について教えてください。 「ハツカネズミ」「クマネズミ」「ドブネズミ」の3種類が多くみられます。 ドブネズミは床下などに多い傾向があります。 自宅以外の駆除もできますか? A. 店舗など、さまざまな場所の駆除依頼を承っています。 ご実家を対策して欲しいといった依頼も多いです。 最新記事• カテゴリーで探す• エリアで探す• 大阪府のねずみ駆除事情 大阪府は日本の主要都市群に分類されるため、非常に多い人口を誇っています。 特に大阪市近郊の人口は増加が目覚ましく、通天閣あたりは繁華街も非常に多いためかネズミなどの害獣被害も非常に多いです。 ネズミなどの害獣は衛生的被害を多くもたらすとともに、衛生的に良くない部分に近いところに生息しがちです。 道頓堀近辺は、飲食街が多いということもあるためかネズミの生息も非常に多く、一昔前では衛生的部分で報道されていたこともあり、ネズミが非常に生育しやすい環境であるといえるでしょう。 ネズミは糞尿により、害虫を発生させるということももちろんありますが、ネズミその物の被害も非常に大きいものです。 ネズミに限らず、「げっ歯類」と呼ばれる動物はその一生の中でずっと前歯が伸び続けるのが特徴です。 なので、彼らは堅いものをかじることによって、その前歯を削り続けるのです。 前歯を削ることが出来なければ前歯が伸びて口をふさぐことで餓死してしまうともいわれています。 なので、家庭に発生するネズミもありとあらゆるものをかじるのです。 柱であったり、その他食料品や家財道具にいたるまで、ありとあらゆるものをかじります。 そうしないと彼らは死んでしまうからです。 なので、人間の間では「害獣」という扱いになってしまっています。 ネズミにおける被害の「糞尿」にも要注意です。 哺乳類であるネズミはかなりの量の「糞」と「尿」を排泄します。 大型のものになればなるほどその被害も大きいでしょう。 特に近年では、繁華街や住宅地の近郊で見受けられるネズミの大型化が顕著でもあったりします。 ネズミは豊富な食料があれば肥え太ります。 大きいもので最大30cmにもなる種類のものも増えてきているために、一般的なネズミ捕りシートではごく少数のネズミしか捕獲できないということも増えてきています。 ネズミ駆除の方法としては「ネズミ捕りシート」「ネズミ捕り罠」などが一般的です。 シートに関しては設置が容易ではありますが処理が大変です。 生きたままのネズミが大量に引っ付いていることにもなりますので、ビジュアル的にも嫌なものがあるでしょう。 「ネズミ捕り罠」というのは典型的なばね式のものです。 これはネズミを「しとめる」ためのものです。 人が指を挟んでしまうと骨折してしまうくらいの強力なばねが仕込まれています。 ネズミの首元にでも当たれば即死になるので、その後の処理としては行いやすいです。 大阪市のような地域ではこういった方法でも良いのかもしれません。 ネズミ駆除は人口の多い都市であればあるほど頻発してしまう傾向があります。 家屋に被害が出る前に予防や対策はある程度考えても良いでしょう。

次の

飲食店のねずみ発生リスクは非常に高い!適切な対処法を知ろう|生活110番ニュース

ねずみ 駆除 飲食店

ネズミ駆除の依頼は、飲食店や食料品を取り扱うお店で年々増えています。 これは、ネズミのテリトリーが自然の地から繁華街などへ移り変わりエサを求めているからでもあります。 ネズミの侵入は飲食店の問題でもありますが、テナントを貸し出した大家さんもネズミの存在が忌々しいもの。 飲食店から侵入され上層階へ被害が拡大し、住民からのクレームに発展すれば、対応に追われることにもなります。 そして、多数の飲食店が入っていれば発生源の特定は難しい物です。 テナントの経営者へネズミ駆除を依頼することも出来ますが、実際に被害が拡大すればビル全体でのネズミ駆除が必要となります。 特定の店舗で駆除や防鼠工事を行いネズミがいなくなったとしても、上層階に避難した可能性もあります。 被害をなくすためには、ビル全体での対応が急務なのです。 ネズミが発生する場合、路面店に飲食店や食料品店があるようなケースの場合には、飲食店や食料品店が起因となりネズミを呼び込んだ可能性もあるため、店舗の経営者が費用を負担しネズミ駆除対策することにもなります。 しかし、飲食店以外のテナントの場合には、ビルの維持管理は大家さんが対応しなければなりませんので、費用負担は大家さんが受け持つこともあるでしょう。 その理由には、ゴミ集積場が不衛生やビル周辺の観葉植物などが原因となっている可能性も考えられます。 特に、ゴミ集積場にネズミが棲みつけば被害が拡大するため、生ゴミの管理とネズミの侵入口を無くすように対策することが大切です。 一般的なビルではネズミの被害が拡大するケースは少なくなりますが、共用部分の縦貫通孔や電気ケーブル、ガス管や水道管も侵入経路になるため、確認するポイントも多いので大家さんがチェックすれば大変。 そういった場合に、ネズミ駆除業者へ依頼し定期検査してもらうのも重要です。

次の