小説 家 に な ろう ざ まぁ。 小説家になろう「ざまぁ」小説おすすめ紹介!!「厳選10選」│ネットで暇つぶし

小説家になろうでおすすめの恋愛作品10選【大人の女性向け】

小説 家 に な ろう ざ まぁ

国を守護する聖女の力を宿すルイーゼ。 彼女の役割は、王国のそばにある魔窟の封印を維持すること。 しかし魔法技術が発達し、巷では「聖女はもはや不要」という風潮が浸透してきていた。 「なりません。 結界を解けば魔物が噴出し、国が崩壊します」 力強くそう説得していくが、彼女の言葉に耳を貸すものは次第に少なくなっていく。 そして彼女は、次期国王候補として人気取りに奔走するニック王子に利用されてしまう。 「聖女などもはや不要!(これで僕の支持率はうなぎ登り!)」 「わかりました。 苦手な方はご注意ください。 孤児のアイリスは女神の加護を受ける聖女候補に選ばれ神殿の巫女として生活していた。 しかし聖女に選ばれないと決めつけられ廃棄される予定である事や、ある男爵に金で買われることが決まっている事を知る。 やってられるか!と逃げ出したアイリスは、偶然馬車に乗り合わせた美麗の騎士を助けてしまい深く感謝され、そのまま彼の屋敷で暮らす事に。 まるで恋人にするかのように溺愛してくる騎士にアイリスは戸惑いまくり。 一方そのころ、アイリスの逃走に気が付いた神殿はパニックに。 なんと女神が聖女に選んだのはアイリスだった。 男爵もアイリスを諦めてはおらず… 展開ゆっくりですが恋愛要素メインのお話です。 ヒロインはNOTチートなので普通に不運に見舞われています。 ざまぁは後半! ソアリスは、お城に勤める22歳の伯爵夫人。 結婚したのは10年前。 とにかくお金が欲しい伯爵家と 名誉が欲しい成金の子爵家の契約結婚である。 結婚当時、夫のアレンディオは15歳の伯爵令息。 ソアリスは12歳の子爵令嬢。 「なんで君なんだ」 「…………そうですよね、私もそう思います」 会話は続かず、黙ってお茶を飲むこと数回。 互いのこともよく知らぬまま、わずか3か月後にはアレンディオは騎士として戦地へ旅立った。 「跡取りだからお金さえ払えば兵役を免除されるのに、そんなに私との結婚がイヤだったの……?」 そして10年間、形式的な手紙が半年に一回やってくるだけで、相変わらず互いのことは何も知らない。 成金だった実家の没落により、ソアリスはお城勤めを開始して22歳になっていた。 ところが、まさかのまさかで夫のアレンディオは大活躍し、将軍として数々の武功をあげる。 そして長らく続いた戦に勝利し、凱旋するという噂が。 結婚していることをふと思い出したソアリスは「これで離婚できる」とほっとする。 この10年、城で王女さまの金庫番として確固たる信頼を得た彼女は、 もうそろそろ自由になってもいいのではと思っていた。 「英雄になった彼には、もっとふさわしい相手がいるはず」 しかし現れた彼は、ソアリスに会うなり「早く結婚式を挙げよう」と言い出した。 握りしめていた離婚申立書を渡す暇もないままに、報奨金の一部だという巨大な邸へ連れ去られ、予想外の溺愛生活が始まる。 「君は10年前と変わらず可愛らしい」 「旦那様、戦で目をやられましたか」 立派になりすぎた夫と、どうにかして離婚したい妻の攻防録です。 (これまでの書き込みが消失したわけではありませんので、しばらくご容赦くださいませ) 正直、こんな形ばかりの祝賀会、参加したくはありませんでしたわ。 だけど、伯爵様が参加出来ないのなら仕方ありませんよね。 一応、関係者ですし。 未成年ですが。 なので、王宮に来たのも渋々でしたの。 コルセットでお腹をギュッと締め付けられ、着慣れないドレスを着せられて、無理矢理参加させられたのに、待っていたは婚約破棄ですか。 それも公衆の面前で。 ましてや破棄理由が冤罪って。 ありえませんわ。 何のパーティーかご存知なのかしら。 それに、私のことを田舎者とおっしゃいましたよね。 その言葉だけは絶対許せませんわ。 そもそも、婚約なんてしたくはなかったんです。 本当にいいんですね。 分かりました。 私は別に構いませんよ。 但し、こちらから破棄させて頂きますわ。 宜しいですね。 私はその家の娘、アレクシス・アスター今年で15歳、兄は居ても姉妹は居ません。 うちの南に広大な土地が広がってて、そこに魔物が沢山住んでいます。 その魔物が王国に行かないように、ずっとずっと防いでいて、物凄く頑張ってるせいで叔父さまもお兄さまもお母さまも戦死してしまいました。 王様が私を王子の婚約者にって一年前に決めたのも、アスター家の働きに報いる為と、より防衛に勤しむ様にって感じみたいでした。 もうすぐお誕生日で、そうしたら婚礼だなってこともあって、王都に来たんです。 そしてお父さまと王様が南方対策をしてる間、王子(未来の旦那様)と話をしました。 王子の隣にはとても可愛らしい、ふわっとした小柄な女の人が居たんです。 私が見ても可愛いって思えるような人が。 「紹介する、俺の婚約者になるマリアベーラだ」 え? 婚約者は私。 まあその時に大体全部想像はつきましたけどね。 王太子との婚約を一方的に破棄され、王太子は伯爵令嬢マーテリーと婚約してしまう。 留学から帰ってきたマーテリーはすっかりあか抜けており、王太子はマーテリーに夢中。 政略結婚と割り切っていたが納得いかず、必死に説得するも、ありもしない罪をかぶせられ国外追放になる。 家族にも見捨てられ、頼れる人が居ない。 「こんな国、もう知らない!」 そんなある日、とある街で子供が怪我をしたため、術を使って治療を施す。 アトリアは弱いながらも治癒の力がある。 子供の怪我の治癒をした時、ある男性に目撃されて旅に付いて来てしまう。 それ以降も街で見かけた体調の悪い人を治癒の力で回復したが、気が付くとさっきの男性がずっとそばに付いて来る。 「ぜひ我が国へ来てほしい」 男性から誘いを受け、行く当てもないため付いて行く。 が、着いた先は祖国ヴァルプールとは比較にならない大国メジェンヌ……の王城。 「……ん!?」 浮気夫のせいで死んだ私が辺境伯令嬢に転生した。 転生先の世界では10歳までに親によって定められた婚約者が宛がわれ、婚姻を法的管理された法治国家だった・・!? 異世界の伯爵令嬢に転生した私「新谷朱音」は、30歳の誕生日に仕事から帰宅途中に夫の浮気場面に遭遇。 車道に飛び出した私は、失意の内に死亡した前の人生の記憶を持ったまま転生を遂げ、エメリア=グラディアス伯爵令嬢(10歳)に転生した。 エメリアには、侯爵令息である婚約者ノア=ライドゴールとの婚約が決まっていた。 ラグラバルトでは、王侯貴族の子息令嬢には10歳までに必ず男女の婚約者を決める「イムディーナの誓い」と言う、法に則った結婚の執り行う伝統があるらしい。 愛していた夫に裏切られ、結婚なんてもう二度とこりごりの私にとって害悪しかない最凶最悪の転生先だった!! 17歳になった私は王立学術院で学びながら、婚約者のお披露目と合わせてデビュタントが紹介される王侯貴族の結婚前の特別な夜会「イシーラの夜」への出席が控えていた。 そんな折り、姉アデレイド=グラディアスと、カイル=ロックフォード=ライルゲイド王太子の婚約披露の舞踏会が王宮で開かれる日・・。 そこで目にしたのは、姉であるアデレイドと婚約者のノアとの密会現場だった!? 婚約破棄に、乗り気のカイルと共闘するため組んだ「不利益なしで破棄し隊」がラグラバルト王国の王侯貴族の勢力図に大きな嵐を呼び、「イムディーナの誓い」に則る結婚に疑問を持った私が更なる嵐を巻き起こすことになって・・!? リコリス・ロコニオ・クレーンカは8歳のころ皇太子に見初められたクレーンカ伯爵の1人娘だ。 しかしリコリスは体が弱く皇太子が尋ねてきても何時も寝所で臥せっていた。 そんな手も握らせないリコリスに愛想をつかした皇太子はリコリスとの婚約を破棄し国の聖女であるディルバ・アーレンと婚約を結ぶと自らの18歳の誕生の宴の場で告げた。 そして聖女ディルバに陰湿な嫌がらせをしたとしてリコリスを果ての塔へ幽閉すると告げた。 しかし皇太子は知らなかった。 クレーンカ一族こそ陰で国を支える《武神》の一族であると言う事を。 そしてリコリスが物心がついた頃には《武神》とし聖女の結界で補えない高位の魔族を屠ってきたことを。 果ての塔へ幽閉され《武神》の仕事から解放されたリコリスは喜びに満ちていた。 「これでやっと好きなだけ寝れますわ!!」 リコリスの病弱の原因は弱すぎる聖女の結界を補うために毎夜戦い続けていた為の睡眠不足であった。 ・題名・ 【聖女の力を姉に授け、王太子と婚約破棄し、特に追放はされていませんが隣国の皇太子の後宮に入りました~これからは自重せずに無双します~】 リコリスとはまた違った自由きままな主人公が無双します!.

次の

小説 家 に な ろう おすすめ 限界超えの天賦 ...

小説 家 に な ろう ざ まぁ

国を守護する聖女の力を宿すルイーゼ。 彼女の役割は、王国のそばにある魔窟の封印を維持すること。 しかし魔法技術が発達し、巷では「聖女はもはや不要」という風潮が浸透してきていた。 「なりません。 結界を解けば魔物が噴出し、国が崩壊します」 力強くそう説得していくが、彼女の言葉に耳を貸すものは次第に少なくなっていく。 そして彼女は、次期国王候補として人気取りに奔走するニック王子に利用されてしまう。 「聖女などもはや不要!(これで僕の支持率はうなぎ登り!)」 「わかりました。 苦手な方はご注意ください。 孤児のアイリスは女神の加護を受ける聖女候補に選ばれ神殿の巫女として生活していた。 しかし聖女に選ばれないと決めつけられ廃棄される予定である事や、ある男爵に金で買われることが決まっている事を知る。 やってられるか!と逃げ出したアイリスは、偶然馬車に乗り合わせた美麗の騎士を助けてしまい深く感謝され、そのまま彼の屋敷で暮らす事に。 まるで恋人にするかのように溺愛してくる騎士にアイリスは戸惑いまくり。 一方そのころ、アイリスの逃走に気が付いた神殿はパニックに。 なんと女神が聖女に選んだのはアイリスだった。 男爵もアイリスを諦めてはおらず… 展開ゆっくりですが恋愛要素メインのお話です。 ヒロインはNOTチートなので普通に不運に見舞われています。 ざまぁは後半! ソアリスは、お城に勤める22歳の伯爵夫人。 結婚したのは10年前。 とにかくお金が欲しい伯爵家と 名誉が欲しい成金の子爵家の契約結婚である。 結婚当時、夫のアレンディオは15歳の伯爵令息。 ソアリスは12歳の子爵令嬢。 「なんで君なんだ」 「…………そうですよね、私もそう思います」 会話は続かず、黙ってお茶を飲むこと数回。 互いのこともよく知らぬまま、わずか3か月後にはアレンディオは騎士として戦地へ旅立った。 「跡取りだからお金さえ払えば兵役を免除されるのに、そんなに私との結婚がイヤだったの……?」 そして10年間、形式的な手紙が半年に一回やってくるだけで、相変わらず互いのことは何も知らない。 成金だった実家の没落により、ソアリスはお城勤めを開始して22歳になっていた。 ところが、まさかのまさかで夫のアレンディオは大活躍し、将軍として数々の武功をあげる。 そして長らく続いた戦に勝利し、凱旋するという噂が。 結婚していることをふと思い出したソアリスは「これで離婚できる」とほっとする。 この10年、城で王女さまの金庫番として確固たる信頼を得た彼女は、 もうそろそろ自由になってもいいのではと思っていた。 「英雄になった彼には、もっとふさわしい相手がいるはず」 しかし現れた彼は、ソアリスに会うなり「早く結婚式を挙げよう」と言い出した。 握りしめていた離婚申立書を渡す暇もないままに、報奨金の一部だという巨大な邸へ連れ去られ、予想外の溺愛生活が始まる。 「君は10年前と変わらず可愛らしい」 「旦那様、戦で目をやられましたか」 立派になりすぎた夫と、どうにかして離婚したい妻の攻防録です。 (これまでの書き込みが消失したわけではありませんので、しばらくご容赦くださいませ) 正直、こんな形ばかりの祝賀会、参加したくはありませんでしたわ。 だけど、伯爵様が参加出来ないのなら仕方ありませんよね。 一応、関係者ですし。 未成年ですが。 なので、王宮に来たのも渋々でしたの。 コルセットでお腹をギュッと締め付けられ、着慣れないドレスを着せられて、無理矢理参加させられたのに、待っていたは婚約破棄ですか。 それも公衆の面前で。 ましてや破棄理由が冤罪って。 ありえませんわ。 何のパーティーかご存知なのかしら。 それに、私のことを田舎者とおっしゃいましたよね。 その言葉だけは絶対許せませんわ。 そもそも、婚約なんてしたくはなかったんです。 本当にいいんですね。 分かりました。 私は別に構いませんよ。 但し、こちらから破棄させて頂きますわ。 宜しいですね。 私はその家の娘、アレクシス・アスター今年で15歳、兄は居ても姉妹は居ません。 うちの南に広大な土地が広がってて、そこに魔物が沢山住んでいます。 その魔物が王国に行かないように、ずっとずっと防いでいて、物凄く頑張ってるせいで叔父さまもお兄さまもお母さまも戦死してしまいました。 王様が私を王子の婚約者にって一年前に決めたのも、アスター家の働きに報いる為と、より防衛に勤しむ様にって感じみたいでした。 もうすぐお誕生日で、そうしたら婚礼だなってこともあって、王都に来たんです。 そしてお父さまと王様が南方対策をしてる間、王子(未来の旦那様)と話をしました。 王子の隣にはとても可愛らしい、ふわっとした小柄な女の人が居たんです。 私が見ても可愛いって思えるような人が。 「紹介する、俺の婚約者になるマリアベーラだ」 え? 婚約者は私。 まあその時に大体全部想像はつきましたけどね。 王太子との婚約を一方的に破棄され、王太子は伯爵令嬢マーテリーと婚約してしまう。 留学から帰ってきたマーテリーはすっかりあか抜けており、王太子はマーテリーに夢中。 政略結婚と割り切っていたが納得いかず、必死に説得するも、ありもしない罪をかぶせられ国外追放になる。 家族にも見捨てられ、頼れる人が居ない。 「こんな国、もう知らない!」 そんなある日、とある街で子供が怪我をしたため、術を使って治療を施す。 アトリアは弱いながらも治癒の力がある。 子供の怪我の治癒をした時、ある男性に目撃されて旅に付いて来てしまう。 それ以降も街で見かけた体調の悪い人を治癒の力で回復したが、気が付くとさっきの男性がずっとそばに付いて来る。 「ぜひ我が国へ来てほしい」 男性から誘いを受け、行く当てもないため付いて行く。 が、着いた先は祖国ヴァルプールとは比較にならない大国メジェンヌ……の王城。 「……ん!?」 浮気夫のせいで死んだ私が辺境伯令嬢に転生した。 転生先の世界では10歳までに親によって定められた婚約者が宛がわれ、婚姻を法的管理された法治国家だった・・!? 異世界の伯爵令嬢に転生した私「新谷朱音」は、30歳の誕生日に仕事から帰宅途中に夫の浮気場面に遭遇。 車道に飛び出した私は、失意の内に死亡した前の人生の記憶を持ったまま転生を遂げ、エメリア=グラディアス伯爵令嬢(10歳)に転生した。 エメリアには、侯爵令息である婚約者ノア=ライドゴールとの婚約が決まっていた。 ラグラバルトでは、王侯貴族の子息令嬢には10歳までに必ず男女の婚約者を決める「イムディーナの誓い」と言う、法に則った結婚の執り行う伝統があるらしい。 愛していた夫に裏切られ、結婚なんてもう二度とこりごりの私にとって害悪しかない最凶最悪の転生先だった!! 17歳になった私は王立学術院で学びながら、婚約者のお披露目と合わせてデビュタントが紹介される王侯貴族の結婚前の特別な夜会「イシーラの夜」への出席が控えていた。 そんな折り、姉アデレイド=グラディアスと、カイル=ロックフォード=ライルゲイド王太子の婚約披露の舞踏会が王宮で開かれる日・・。 そこで目にしたのは、姉であるアデレイドと婚約者のノアとの密会現場だった!? 婚約破棄に、乗り気のカイルと共闘するため組んだ「不利益なしで破棄し隊」がラグラバルト王国の王侯貴族の勢力図に大きな嵐を呼び、「イムディーナの誓い」に則る結婚に疑問を持った私が更なる嵐を巻き起こすことになって・・!? リコリス・ロコニオ・クレーンカは8歳のころ皇太子に見初められたクレーンカ伯爵の1人娘だ。 しかしリコリスは体が弱く皇太子が尋ねてきても何時も寝所で臥せっていた。 そんな手も握らせないリコリスに愛想をつかした皇太子はリコリスとの婚約を破棄し国の聖女であるディルバ・アーレンと婚約を結ぶと自らの18歳の誕生の宴の場で告げた。 そして聖女ディルバに陰湿な嫌がらせをしたとしてリコリスを果ての塔へ幽閉すると告げた。 しかし皇太子は知らなかった。 クレーンカ一族こそ陰で国を支える《武神》の一族であると言う事を。 そしてリコリスが物心がついた頃には《武神》とし聖女の結界で補えない高位の魔族を屠ってきたことを。 果ての塔へ幽閉され《武神》の仕事から解放されたリコリスは喜びに満ちていた。 「これでやっと好きなだけ寝れますわ!!」 リコリスの病弱の原因は弱すぎる聖女の結界を補うために毎夜戦い続けていた為の睡眠不足であった。 ・題名・ 【聖女の力を姉に授け、王太子と婚約破棄し、特に追放はされていませんが隣国の皇太子の後宮に入りました~これからは自重せずに無双します~】 リコリスとはまた違った自由きままな主人公が無双します!.

次の

小説家になろうでおすすめの恋愛作品10選【大人の女性向け】

小説 家 に な ろう ざ まぁ

盾の勇者の成り上がり キーワード 転生、ざまぁ、成り上がり 概要 盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。 冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。 他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。 苦手な方はご注意ください。 ざまぁ系ネット小説の金字塔。 アニメ化にもなった有名なろう小説。 勇者として召喚された尚文に与えられたジョブは盾だった。 尚文を召還した王国では、盾の勇者を虐げる宗教があったようで尚文は次々と陥れられていく。 一緒に召喚された仲間からも虐げられた尚文は泥だらけになりながらも、必死に異世界で成り上がっていく。 しかし彼は手柄を王子に横取りされ、お払い箱となる。 それでも男はめげることなく、敵対していたはずの亜人たちに受け入れられ、彼らの集落でスローライフを始めた。 主人公は、魔王を倒し勇者となったものの、自分の風貌が見にくいからとその功績をはく奪されるよ。 その後ドロドロした権力闘争を見て、人間に愛想を尽かせていきます。 ひょんなことから魔族と知り合った主人公は、魔王を倒した勇者という立場がありながら徐々に亜人族にに近づいていくよ。 真の実力はギリギリまで隠していようと思う~無能と蔑まれていた野良神と契約した僕はちょっとだけ本気だす キーワード 主人公最強、成り上がり 概要 神と契約してスキルを得る世界で、ユノは名のある騎士家の三男として生まれた。 だが、生まれ持った強すぎる力の制御に精一杯でいつしか無能と呼ばれるようになる。 が、ユノはそれで満足だった。 強すぎる力は災いを呼ぶことを理解していたのだ。 「真の実力は隠しておこう」そう覚悟を決めるユノだったが、ひょんな事から入学する事になった魔法騎士学園で自分と同じく無能と蔑まれる名の無き神と運命の出会いを果たす。 この物語はノラ神と契約した少年が、名もなき神を最高神にしようと頑張るお話である。 黒鳶の聖者 〜追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める〜 キーワード 現地主人公、成り上がり、勇者パーティー追放 概要 女神より職業を授かる選定式で、【聖者】という最高クラスの職業をもらったラセルは、【勇者】【聖騎士】【賢者】という職業を授かった幼なじみとともに、パーティーを組んでいた。 しかしラセルはその職業の相性の悪さが原因で、パーティーを追放されてしまう。 失意の中帰ってきた故郷で、ラセルは魔物に襲われていた美女を助ける。 ラセルにとって、この新たな出会いがもたらすものは—— 「あなた、女神を信じてる?」 ——宗教勧誘だった。 いわゆる「勇者パーティー追放」ものの作品です。 主人公の幼馴染で構成される勇者パーティー、主人公の職業は「聖者」だったのだが、補助職だからかレベリングがなかなか進まない。 そんな時に、仲間の面々もヒール等の回復系魔法を取得してしまい。 主人公はいらないものとして、パーティーから追い出されてしまいます。 しかし、聖者は回復系の上位職としての力があった! 反逆のソウルイーター ~弱者は不要といわれて剣聖(父)に追放されました~ キーワード 現地主人公、復讐 概要 帝から鬼門を守る大役を任せられた御剣(みつるぎ)家。 その嫡男として生まれた御剣空(そら)は、十三歳をむかえた年、試しの儀にのぞんでいた。 御剣家に代々つたわる幻想一刀流を学ぶため、絶対に越えなければならない試練。 七人いる同期生は全員が合格した。 残るは空ひとり。 父、弟、許婚、守り役である兄妹らが見守るなか、空の試しの儀がおごそかに開始された…… 実力主義の家で育った主人公の空は、自分だけ才能がないため、恋人や両親からも見放されて捨てられた。 そんな絶望の中の主人公が危機に陥って才能を開花させる話。 しっかりと、ざまぁしていくためスカッと読めるよ。 最強タンクの迷宮攻略 キーワード 現地主人公、勇者パーティー追放、防御力チート 概要 歴代最高と呼ばれる体力を持つタンクのルード。 だが、人よりもダメージを食らってしまう最低のスキルを持っていると勇者に決めつけられ、パーティーを追放されてしまう。 仕方なく辺境の町へと戻ったルードのもとに、彼を信頼していた聖女がやってくる。 彼女と一緒に暮らし始めたルードだったが、様々な問題が発生し、それを解決していったルードは、次第に有名になっていく。 一方勇者は、ルードを追放してからの迷宮攻略に失敗する。 ルードの持つスキルは、『仲間のダメージを肩代わりする』というものだった。 ルードは今まで勇者が食らっていたダメージを引き受けていたのだ。 勇者パーティーから無能の烙印を押された主人公のルードだったが 味方全体のダメージを肩代わりするという能力と体力が桁違いに多いというステータスに気付き、新しい仲間と共に活躍していく。 Sランクパーティーのお荷物テイマー、使い魔を殺されて真の力に目覚める 〜追放されたテイマーは実は世界唯一のネクロマンサーでした。 ありあまるその力で自由を謳歌していたらいつの間にか最強に〜 キーワード 現地主人公、復讐、最強 概要 索敵、マッピング、荷物運び、料理、警戒、壁役……あらゆる役割をこなしてきておきながら、仲間に役立たずのお荷物と罵られ続けてきたテイマー、ランド。 ランドが所属するのは国内最強の呼び声も高いSランクパーティーだった。 攻守に優れ、またそのカリスマによりパーティーを束ねるリーダー、剣士のフェイド。 国内最高峰の魔法学園を歴代最高成績で卒業した天才魔道士、メイル。 王国の盾とも評された元最強騎士団長、重騎士ロイグ。 最年少ながら奇跡の聖女と名高い最高神官、クエラ。 もともとの能力もさることながら、その抜群の行動力、チームワーク、そして成長性により一気に国内に名を轟かせ、勇者パーティーとしての活躍をも期待されるギルドの星。 一方ランドはフェイドの幼馴染というだけでパーティーに所属しているお荷物と揶揄される。 パーティーの不満はランドに集中していった。 だが実際にはランドという規格外のテイマーの与えていた影響力は大きく……? これは仲間に認められず、犠牲とされ使い魔を失ったテイマーが、真の力を開放し最強のネクロマンサーとして成り上がる復讐と無双の物語。 スタイリッシュざまぁ キーワード 現地主人公、復讐 概要 「ざまぁ」とは、自信に満ち溢れている人間を、一瞬にしてどん底に堕とす最後の締めのことである。 それを最後まで、どれだけ無駄なく整え、無駄なく操作し、無駄なく堕とし切るかを突き詰めた美学こそが「スタイリッシュざまぁ」なのである。 そんな全力でネガティブだけど、何故かポジティブに感じてしまう中編。 美人な両親と姉に恵まれた主人公のルルリアは、家族ににつかないような平凡な容姿をしていた。 姉からはいつも虐げられていたし、両親からはこの凡庸な容姿をした女の子が果たして自分たちの子なのかという目で見られていた。 そんなルルリアは6歳で、傲慢な姉と、自分に興味のない両親や周りの人間に復讐することを誓う。 そんな彼女はひたすら姉からのいじめに耐えて来たる「ざまぁ」の時まで着実に準備していく話。 剣聖の幼馴染がパワハラで俺につらく当たるので、絶縁して辺境で出直すことにした。 キーワード 現地主人公、ざまぁ、幼馴染 概要 同じ年で一緒に育って、一緒に冒険者になった、恋人で幼馴染であるアルフィーネからのパワハラがつらい。 絶世の美女であり、剣聖の称号を持つ彼女は剣の女神と言われるほどの有名人であり、その功績が認められ王国から騎士として認められ貴族になったできる女であった。 一方、俺はそのできる女アルフィーネの付属物として扱われ、彼女から浴びせられる罵詈雑言、パワハラ発言の数々で冒険者として、男として、人としての尊厳を失い、恋人とは名ばかりの世話係の地位に甘んじて日々を過ごしていた。 けれど、そんな日々も変化が訪れる。 王国の騎士として忙しくなったアルフィーネが冒険に出られなくことが多くなり、俺は一人で依頼を受けることが増え、失っていた尊厳を取り戻していったのだ。 それでやっと自分の置かれている状況が異常であると自覚できた。 そして、俺は自分を取り戻すため、パワハラを繰り返す彼女を捨てる決意をした。 それまでにもらった装備一式のほか、冒険者になった時にお互いに贈った剣を彼女に突き返すと別れを告げ、足早にその場を立ち去った 俺の人生これからは辺境で名も容姿も変え自由気ままに生きよう。 そう決意した途端、何もかも上手くいくようになり、気づけば俺は周囲の人々から賞賛を浴びて、辺境一の大冒険者になっていた。 しかも、辺境伯の令嬢で冒険者をしていた女の人からの求婚もされる始末。 ギルド追放された雑用係の下剋上 ~超万能な生活スキルで世界最強~ キーワード 転生、仲間が最強、料理 概要 巨大冒険者ギルド《ギルネリーゼ》の雑用係として働いているティムは戦闘能力が無いにも関わらず立派な冒険者になることを夢見ていた。 しかしある日、理不尽な理由でギルドを追放されてしまう。 ティム自体は積極的に復讐をしないが、どんどん悪役が転落していく。 その反面主人公が楽しそうに呑気に冒険していく様子が面白い!.

次の