トリセツ アプリ 無料。 トリセツ pc ダウンロード

楽天ブックス: 妻のトリセツ

トリセツ アプリ 無料

0リリース! 家電の取扱説明書とレビュー記事を手間なく一元管理! 製品登録は型番入力のみ!全機能を無料で使えます。 *一度登録すれば、その製品のメーカー公式情報(製品サイト・カタログ等)やレビュー・口コミ情報も閲覧できます。 *型番を入力するだけで簡単登録。 センターに未登録の製品は、少しお時間を頂ければオペレーターが無料で登録します。 *お手持ちのiPhone・iPad・iPod touchの取扱説明書やサポートサイトは自動登録されるので、すぐに使うことができます。 *レシート等の写真や、購入日・購入価格・電池や消耗品に関する個人メモ、さらにはご自分で見つけたその製品に関連するサイトへのリンクも追加できます。 *トリセツ編集部やプロのライターがピックアップした選りすぐりの製品情報が「話題のモノ」に届きます。 *気になる「話題のモノ」は「気になるモノ」に簡単登録。 型番がわかれば「気になるモノ」を独自に登録することも可能です。 *ユーザーアカウントを登録すると、複数の端末間で「買ったモノ」や「気になるモノ」のリストを共有・同期できます!! *シンプルで直感的な操作にこだわったアプリなので、どなたにでも簡単に使っていただけます。 ・一部のスマートフォン/タブレットおよび携帯電話 ・パソコンパーツ(キーボード、マウス、ハードディスク等) ・AV周辺機器(リモコン、アンテナ、ケーブル等) ・消耗品(メディア、電球、替刃等) ・各種ソフト(DVD、パソコン用、ゲーム用) ・各種時計(スマートウォッチを除く) ・電子楽器 ・各種オプション品 ・メーカーを特定できない製品 ・メーカーが取扱説明書を公開していない旧製品等.

次の

【Appliv】トリセツ

トリセツ アプリ 無料

目に入ったものを適当に追加してみました。 製品の型番を入力すると検索できます。 およそのカテゴリーごとに自動で色分けもしてくれていますね。 しかし だいたいの家電の取扱説明書は登録されていますが、中には未登録のものもあります。 その場合 登録を依頼しますか?という質問が出るので、そこで「OK」を選ぶことで登録の依頼ができます。 必ず登録してもらえるとは限らないですが、もしかすると対応してもらえる可能性があります。 さきほどの画像の一番上がちょうど登録依頼を出したものです。 照明の型番だと思って入力したら、照明のリモコンの型番だったようで、さすがにリモコン単体の説明書は登録されていなかったようですね。 まとめ とてもわかりやすくシンプルなアプリなので、特に説明する必要はないかと思います。 デザインもおしゃれですし、機能も最高ですね。 型番さえわかればすぐに登録できるし、公式サイトやサポートセンターにもすぐに飛べたりします。 これさえあれば正直現物は捨ててしまってもかまわないと思います。

次の

私のトリセツの使い方~診断もできるトリセツメーカーアプリ~

トリセツ アプリ 無料

中古商品ですので、細かい傷等ある場合がございますが、問題なくご利用頂けます。 総合7位! 》 「徹子の部屋」「行列のできる法律相談所」「世界一受けたい授業」「ザワつく! 金曜日」「スッキリ」 「情報ライブ ミヤネ屋」「林先生が驚く初耳学! 」「羽鳥慎一モーニングショー」「ノンストップ! 」 ほかテレビ・雑誌で大反響! 理不尽な妻との上手な付き合い方とは。 女性脳の仕組みを知って戦略を立てよう! 妻が怖いという夫が増えている。 ひとこと言えば10倍返し。 ついでに10年前のことまで蒸し返す。 いつも不機嫌で、理由もなく突然怒り出す。 人格を否定するような言葉をぶつけてくる。 夫は怒りの弾丸に撃たれつづけ、抗う気さえ失ってしまう。 夫からすれば甚だ危険で、理不尽な妻の怒りだが、実はこれ、夫とのきずなを求める気持ちの強さゆえなのである 俄には信じ難いが。 本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。 「妻が怖い」「妻の顔色ばかりうかがってしまう」「妻から逃げたい」という世の夫たちが、家庭に平穏を取り戻すために必読の一冊でもある。 「今、小田原通過。 私の言うことをちゃんと聞いて」 「好きにすれば」は同義語 例2「どうしてそうなの? あなたの言動で、私は傷ついているの」 黒川 伊保子 1959年、長野県生まれ。 人工知能研究者、脳科学コメンテイター、感性アナリスト、随筆家。 奈良女子大学理学部物理学科卒業。 コンピュータメーカーでAI 人工知能 開発に携わり、脳とことばの研究を始める。 また、AI分析の手法を用いて、世界初の語感分析法である「サブリミナル・インプレッション導出法」を開発し、マーケティングの世界に新境地を開拓した感性分析の第一人者。 近著に『前向きに生きるなんてばかばかしい 脳科学で心のコリをほぐす本』 マガジンハウス 、『女の機嫌の直し方』 集英社インターナショナル など多数。 女性にこの本が謳う傾向があることは、妻を持って肌で感じている。 がしかし、脳機能とか言っているが脳の原始的な、いわゆる本能的な働きを現代においてそのまま正当化すべきではない。 「男は子孫を残すために多くのメスと交わるのが本能であり、浮気は男性脳に備わる機能だからしょうがない」と書いた本を読んで納得して夫の浮気を許す女性がいるとでも思うのだろうか? そもそも帯にかいてあるような男性が期待する「理不尽な妻との上手な付き合い方」といえるようなノウハウは何一つ載っていない。 「女性は理不尽なものだから男はそれを受け入れろ。 我慢しろ。 女性の気分を害するな。 」である。 全く期待ハズレで、返金要求があれば全面的に受け入れるべきである。 科学的信憑性で攻撃される方もいらっしゃいますが、少なくとも身近な女性を見る限り「当たっている」と言わざるを得ないですね。 他人を直接変える事は無理なので、自分の対応を変えて、結果として妻の対応を変える、というのが賢いやり方でしょう。 その為のヒントが沢山有るので、自分に適したモノを実行したら良いと思います。 ところで、家では私から申し出て妻がやりたがらない水回りの清掃を中心に家事をやっていますが、妻のテリトリー 散らかっている に少しでも触ると激怒する理由がこの本を読んで解りました。 また、妻は優しい人間なのですが「皆には優しいのに俺には突っ掛かるよね」と言った事が有りましたが、「そりゃ捌け口は貴方しか居ないからね」と言われて不服でしたが、これも腑に落ちました。 因みに、妊娠・授乳中に暴言と捉えられる様な事を吐かなかった偶然に感謝しています。 妻から夫への理不尽な怒り、攻撃に対して、夫はどのように対処すべきかを説く本書。 本書では「男性にとって結婚の継続とは、女性の母性ゆえの攻撃からいかにして身を守るかの戦略尽きる。 ぼんやりしていたら生き残れない」とし、「妻から放たれる弾を10発から5発に減らそうというのが、この本の目的」とおっしゃいます。 …「夫が妻からある程度DVされるのは仕方ない」とさえ言っているように聞こえますね。 しかしながら「配偶者への理不尽な攻撃(DV・ハラスメント)は、被害者ではなく加害者側にこそ第一の責任があるもの。 女性から男性へのDVであっても、まずは加害者こそが理不尽な攻撃 DV を抑制する努力をすべきではないでしょうか。 男性から女性に対するDV・モラハラの対処法として「妻の方がうまく夫の機嫌を取ってなるべく夫の怒りを減らせ」「時には夫からの癇癪に妻は耐えろ」と指南すれば、 女性に理不尽な忍耐を要求する女性差別と言われても仕方ないでしょう。 ならば、妻から夫へのDV・モラハラの対処法として「夫の方がうまく妻の機嫌を取ってなるべく妻の怒りを減らせ」「時には妻からの癇癪に夫は耐えろ」と指南する本書は、 男性に理不尽な忍耐を要求する男性差別に他なりません。 こういう内容の本が社会に受け入れられてしまうこと自体、 日本が「男性から女性へのDV・ハラスメントには厳しいが、女性から男性へのDV・ハラスメントには極めて甘い」 「妻から夫へのDVは、夫から妻へのDVほどは責められない」 理不尽な女尊男卑社会であることがはっきりわかります。 あくまで井戸端会議の延長でしかないのだ。 書かれている例は「あるある」と納得出来ないのは決して私だけではないであろう。 以下、本書の感想を整理してみた。 納得できる点は、「子供を産み育てるという女性にしか出来ない役割」のために脳が進化してきたもので、女性脳としての際立った能力(特質と言うべき)を理解すべきなのだ。 この能力は凄いと言わざるを得ない。 納得出来ない点は、この「女性脳の特質」に対して男性に対して一方的に理解を求めている点である。 勿論、理解し協力し労わることは関係性においてとても大切なのは言うまでもないが。 しかも男性脳に対する掘り下げ(記述?)が実に浅いのだ。 男性脳の特質は「食料を確保し群れの安全を得る」ことから進化してきたものであり、本書に書かれている空間認識や危険予知などが発達してきたのだ。 つまり、役割に応じてその能力を得てきた進化の歴史に他ならない。 現代社会において、本能に依拠しないと生きて行けなかった太古の時代のDNAから論じるのはいささか乱暴なのではないか。 両性がその特質を理解し精神的な棲み分けこそが大切なのだ。 でなければ、大げさかも知れないがダーウィンの否定にも繋がる。 もう一点、成長(経験や生活環境に影響されるが)から得られる「人格形成」という社会性の獲得について、本書を読む限りでは不明である。 個々の実年齢・経験年齢・発達年齢の3年齢の在り様は人様々である。 本当に心から尊敬し心服出来る女性は沢山おられますし、残念ながらその真逆の女性も沢山おられます。 男性もまたしかり。 ここの理解が甚だ希薄なのに政治の舞台で大臣を名乗る人が居るくらいだから笑止千万である。 要は、本能(特質)を前提にした人間性の問題なのだ。 本能で生きようとすればぶつかるのは当たり前である。 それを回避するために社会性を学びながら生きるのが人間である。 コミュニケーション力が劣化してきている現代人に対し警鐘を鳴らしていると解釈すれば、本書の価値が見いだせようと言うものだ。

次の