エリンギ しめじ レシピ。 エリンギと玉ねぎの人気レシピ!おつまみや作り置きに活用できる!

エリンギを使った人気レシピ特集!おかず&副菜の簡単メニューを大公開☆

エリンギ しめじ レシピ

【材料 2人分 】• 明太子…1腹• 小松菜…1株• エリンギ…1本• 中華スープ…200cc• 無調整豆乳…200cc• 塩…少々• こしょう…少々• しょうゆ…小さじ1 [トッピング]• 小口ねぎ…適量• 白いりごま…適量• ごま油…適量 【作り方】• 明太子の薄皮に縦に切れ目を入れ、4等分に切ります。 小松菜は3cmに切り、茎の部分と葉の部分に分けます。 エリンギは3cmの短冊切りに切ります。 鍋に中華スープを入れて中火にかけ、煮たったらエリンギ、小松菜の茎の部分、豆乳を加えます。 沸騰直前まで温めたら、小松菜の葉の部分と明太子を加えて弱火にします。 塩、こしょう、しょうゆで味を調えます。 器に盛り、小口ねぎ、白いりごま、ごま油をたらして完成です。 【材料】• ベーコン…60g• 玉ねぎ…1個• 人参…1本• セロリ…1本• 赤ピーマン…半個• エリンギ…1本• じゃがいも…2個• 蒸し豆…1パック• ミニトマト…1パック• オリーブオイル…大さじ1強• にんにく…1片• 水…1L• 塩…5g• 鶏ガラスープの素…3g または固形ブイヨン1個• ローリエ…1枚• パセリ…適量• 粉チーズ、黒胡椒…お好み 【作り方】• 表面を水洗いしたベーコン、玉ねぎ、皮を剥いた人参、皮を剥いたセロリを、それぞれの切り方で細かく切り、まとめておきます。 赤ピーマン、エリンギはベーコンと同じサイズに、キャベツは1. 5cmほどの角切りに、ブロッコリーは芯の皮をとり、小房に分けます。 パセリはみじん切りに、じゃがいもは皮を剥いて1センチ角に切り水にさらします。 トマトはざく切りにします。 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて熱し、香ってきたらにんにくを取り出します。 鍋に切ったベーコンを加えて炒め、油が馴染んできたら、切った玉ねぎ、人参、セロリ、塩を入れて5分ほど炒めます。 野菜から水分が出てきたら、切ったエリンギと赤ピーマンを入れて水分が飛ぶまで炒めます。 鍋に水、ローリエ、鶏ガラスープの素を加えて、沸騰したら中火で具材が柔らかくなるまで12分ほど火を入れます。 灰汁が出てきたら取り除きます。 別の鍋にキャベツ、ブロッコリーをいれ、1. 鶏がらスープを加えた鍋に下茹でしたキャベツ、水気を切ったじゃがいもを入れます。 じゃがいもに9割ほど火が入ったらブロッコリー、トマト、水洗いした蒸し豆を入れ、一煮立ちさせます。 水が足りなければ、水を足して調整します。 塩こしょうで味を調え、パセリを散らしたら器に盛り付けて完成です。 【材料 2人分 】• 牛こま肉…160g• エリンギ…1本• 舞茸…1パック• 赤ワイン…150cc• バター 有塩 …10g• aトマトジュース…230cc• ウスターソース…小さじ1• ケチャップ…小さじ1• はちみつ…小さじ2• コンソメ…小さじ1• 塩…少々• こしょう…少々• 黒こしょう…少々• 牛肉、黒こしょう、赤ワイン大さじ1杯分をボウルに入れて10分漬け込みます。 漬け込んだら取り出し、水気を拭き取って片栗粉をまぶします。 玉ねぎは繊維に逆らって薄切りにし、舞茸は一口大に裂きます。 しめじは石突きを除き、小房に分け、えりんぎは2cm幅の短冊切りにします。 鍋にバターを入れて弱中火で溶かし、玉ねぎを加えてフタをし、3分蒸し焼きにします。 鍋にエリンギ、舞茸、しめじを加えてしんなりするまで炒め、水大さじ1杯 分量外 を加えて蓋をし、弱中火で3分蒸し焼きにして取り出します。 同じ鍋にサラダ油を入れて熱し、牛肉を加えて色が変わったら赤ワインを加え水分が半量になるまで強火で煮詰めます。 トマトジュース、ウスターソース、ケチャップ、はちみつ、コンソメと調理した具材を加えて15分ほど煮込みます。 煮込み終わったら器に盛り付けて、お好みで生クリーム、ブロッコリーをトッピングして完成です。 【材料 4〜6人分 】• タマネギ…2個• 水…800cc• サラダ油…適量• 固形スープ…15g• ブルーチーズ…10g• ブランデー・20cc• 塩…適量• ブラックペッパー…適量• パセリ…適量• バター…20g• 食パン バケット …適量• 溶かしバター…適量 【作り方】• タマネギは半分に切り、縦に薄くスライスします。 マッシュルームはスライスに、エリンギとシメジは1cm角切に、シイタケは石づきを残したままスライスにそれぞれの切り方でカットします。 パセリはみじん切り、パンはクルトン用に角切りに切ります。 鍋に少量のサラダ油を熱し、タマネギを焦がさないようあめ色になるまで炒めます。 別のフライパンにバターを熱し、キノコを炒めます。 タマネギを炒めている鍋に水を少しずつ加えながら、タマネギの繊維をほぐすようにのばします。 固形スープと炒めたキノコを加えてさらに加熱します。 ブルーチーズを裏ごししてブランデーでのばし、鍋に加えます。 塩、ブラックペッパーで味を調えます。 クルトン用に角切りしたパンを耐熱容器か金属製のバットに入れ、180度〜200度のオーブンで時々混ぜながら水分を飛ばします。 溶かしバターを加え、再び時々混ぜながらキツネ色に焼き上げます。 器にスープをつぎクルトンとパセリをトッピングして完成です。

次の

しめじの人気レシピ20選:いろんな料理に合う!万能きのこ

エリンギ しめじ レシピ

「きのこ+調味料だけ」で作る副菜のレシピを5つ、料理研究家の吉田瑞子先生に教えていただきました。 4日ほど冷蔵保存ができるので、作り置きしておけば、あと一品欲しいときやお弁当おかずとしても大活躍します。 きのこは何でもOK! 組み合わせも自由 今回紹介するレシピは、スーパーなどで手に入る一般的なきのこであれば、お好きなもので作れます。 数種類混ぜると味わいに奥行きが出ますので、ぜひさまざまなきのこで試してみてください。 【きのこのマリネ】マスタードの酸味でさっぱり 粒マスタードのほどよい辛さと酸味がアクセントのさっぱり味。 肉料理の付け合わせにもぴったり。 たっぷり作って冷蔵庫に常備しておくと便利です。 材料(2人分)• しめじ…1パック(約120g)• えのきだけ…1袋(約185g)• オリーブ油…大さじ4 A• 白ワインビネガー(または酢)…大さじ3• 水…大さじ2• 粒マスタード…小さじ2• こしょう…少々 作り方• しめじは石づきを除いて小房に分ける。 えのきだけは根元を切り落としてほぐす。 ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。 オリーブ油を回しかけてよく混ぜ、そのまま冷ます。 4〜5日間保存可能。 きのこは数種類使うのがおすすめ。 できたてはもちろん、冷めても美味しいおかずです。 材料(2人分)• エリンギ…1パック(約110g)• しめじ…1パック(約120g)• 舞茸…1パック(約100g)• バター…大さじ2• にんにく(みじん切り)…1片分• 赤唐辛子(輪切り)…1本分• 塩・こしょう…各少々 作り方• エリンギは縦2〜4つ割りにし、長さを半分に切る。 しめじは石づきを除いて小房に分ける。 舞茸は食べやすい大きさにさく。 フライパンにバターを入れて弱火で溶かし、にんにく、赤唐辛子を加えて炒める。 しんなりとしたら塩・こしょうで味をととのえる。 3〜4日間保存可能。 【エリンギのごま和え】ごまの香りがGood! レンジでささっと作れるのがうれしい小鉢。 甘辛い味付けについつい箸が止まらなくなります。 きのこは大きめにカットして食感を楽しみましょう。 材料(2人分)• エリンギ…1パック(約110g) A• 醤油、すりごま(白)…各小さじ2• エリンギは縦4〜6つ割りにし、4㎝の長さに切る。 ボウルにAを合わせておく。 3〜4日間保存可能。 【きのこの佃煮】甘辛い味付けがごはんに合う ごはんのお供やお酒のあてにもなる一品。 生姜を効かせることで、味わいに奥行きが出ます。 しっかり醤油色になるまで煮詰めて。 材料(2人分)• しめじ…1パック(約120g)• えのきだけ…1袋(約185g) A• 生姜(せん切り)…1片分• 醤油…大さじ3• 酒、みりん…各大さじ2• 砂糖…大さじ1 作り方• しめじは石づきを除いて小房に分ける。 えのきだけは根元を切り落として長さを半分に切り、ほぐす。 4〜5日間保存可能。 【きのこの天ぷら】揚げ焼きだから簡単! 面倒な揚げ物も、フライパンで揚げ焼きにすれば少ない油でスピーディに調理できます。 きのこの旨みを楽しみたいので、塩とレモンでさっぱりとどうぞ。 材料(2人分)• えのきだけ…1袋(約185g)• 舞茸…1パック(約100g)• 揚げ油・塩・レモン(スライス)…各適量 A• 天ぷら粉…1カップ• えのきだけは根元を切り落として軽くほぐす。 舞茸は小房に分ける。 ボウルにAを入れ、さっくりと混ぜる。 フライパンに油を深さ1㎝ほど入れて中火で熱する。 1〜2分揚げ焼きにしたら裏返し、カリッとするまで揚げ焼きにする。 器に盛り、塩をふり、レモンを添える。 3〜4日間保存可能。 きのこは冷凍しておくと便利! 今回紹介したレシピは冷凍きのこでも作れます。 きのこは凍ったまま調理してOK。 電子レンジ調理なら追加で30秒〜1分(600W)、ガス調理なら追加で1〜2分長めに加熱してください。 調理する量や冷凍庫の設定温度などによって加熱時間は変わりますので、様子を見ながら調整してください。

次の

特集「きのこ料理」│キリンレシピノート

エリンギ しめじ レシピ

「きのこ+調味料だけ」で作る副菜のレシピを5つ、料理研究家の吉田瑞子先生に教えていただきました。 4日ほど冷蔵保存ができるので、作り置きしておけば、あと一品欲しいときやお弁当おかずとしても大活躍します。 きのこは何でもOK! 組み合わせも自由 今回紹介するレシピは、スーパーなどで手に入る一般的なきのこであれば、お好きなもので作れます。 数種類混ぜると味わいに奥行きが出ますので、ぜひさまざまなきのこで試してみてください。 【きのこのマリネ】マスタードの酸味でさっぱり 粒マスタードのほどよい辛さと酸味がアクセントのさっぱり味。 肉料理の付け合わせにもぴったり。 たっぷり作って冷蔵庫に常備しておくと便利です。 材料(2人分)• しめじ…1パック(約120g)• えのきだけ…1袋(約185g)• オリーブ油…大さじ4 A• 白ワインビネガー(または酢)…大さじ3• 水…大さじ2• 粒マスタード…小さじ2• こしょう…少々 作り方• しめじは石づきを除いて小房に分ける。 えのきだけは根元を切り落としてほぐす。 ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。 オリーブ油を回しかけてよく混ぜ、そのまま冷ます。 4〜5日間保存可能。 きのこは数種類使うのがおすすめ。 できたてはもちろん、冷めても美味しいおかずです。 材料(2人分)• エリンギ…1パック(約110g)• しめじ…1パック(約120g)• 舞茸…1パック(約100g)• バター…大さじ2• にんにく(みじん切り)…1片分• 赤唐辛子(輪切り)…1本分• 塩・こしょう…各少々 作り方• エリンギは縦2〜4つ割りにし、長さを半分に切る。 しめじは石づきを除いて小房に分ける。 舞茸は食べやすい大きさにさく。 フライパンにバターを入れて弱火で溶かし、にんにく、赤唐辛子を加えて炒める。 しんなりとしたら塩・こしょうで味をととのえる。 3〜4日間保存可能。 【エリンギのごま和え】ごまの香りがGood! レンジでささっと作れるのがうれしい小鉢。 甘辛い味付けについつい箸が止まらなくなります。 きのこは大きめにカットして食感を楽しみましょう。 材料(2人分)• エリンギ…1パック(約110g) A• 醤油、すりごま(白)…各小さじ2• エリンギは縦4〜6つ割りにし、4㎝の長さに切る。 ボウルにAを合わせておく。 3〜4日間保存可能。 【きのこの佃煮】甘辛い味付けがごはんに合う ごはんのお供やお酒のあてにもなる一品。 生姜を効かせることで、味わいに奥行きが出ます。 しっかり醤油色になるまで煮詰めて。 材料(2人分)• しめじ…1パック(約120g)• えのきだけ…1袋(約185g) A• 生姜(せん切り)…1片分• 醤油…大さじ3• 酒、みりん…各大さじ2• 砂糖…大さじ1 作り方• しめじは石づきを除いて小房に分ける。 えのきだけは根元を切り落として長さを半分に切り、ほぐす。 4〜5日間保存可能。 【きのこの天ぷら】揚げ焼きだから簡単! 面倒な揚げ物も、フライパンで揚げ焼きにすれば少ない油でスピーディに調理できます。 きのこの旨みを楽しみたいので、塩とレモンでさっぱりとどうぞ。 材料(2人分)• えのきだけ…1袋(約185g)• 舞茸…1パック(約100g)• 揚げ油・塩・レモン(スライス)…各適量 A• 天ぷら粉…1カップ• えのきだけは根元を切り落として軽くほぐす。 舞茸は小房に分ける。 ボウルにAを入れ、さっくりと混ぜる。 フライパンに油を深さ1㎝ほど入れて中火で熱する。 1〜2分揚げ焼きにしたら裏返し、カリッとするまで揚げ焼きにする。 器に盛り、塩をふり、レモンを添える。 3〜4日間保存可能。 きのこは冷凍しておくと便利! 今回紹介したレシピは冷凍きのこでも作れます。 きのこは凍ったまま調理してOK。 電子レンジ調理なら追加で30秒〜1分(600W)、ガス調理なら追加で1〜2分長めに加熱してください。 調理する量や冷凍庫の設定温度などによって加熱時間は変わりますので、様子を見ながら調整してください。

次の