冷凍牡蠣 レシピ。 牡蠣の保存方法!冷凍・冷蔵の期間、解凍方法や腐る見分け方も

【牡蠣の冷凍】生牡蠣のプリプリ食感を1ヵ月キープするテクニック!

冷凍牡蠣 レシピ

【材料】• 冷凍牡蠣…6粒• 小麦粉…大さじ3• 水…大さじ3• パン粉…適量• 揚げ油…適量• 水菜…お好きな量を• レモン…お好きな量を 〈タルタルソース〉• マヨネーズ…大さじ2• 塩…少々• ブラックペッパー…少々 【作り方】• 冷凍牡蠣を解凍して汚れを落とす。 キッチンペーパー等で水分をしっかり取り除く。 水と小麦粉を合わせた衣を牡蠣に漬け、その後パン粉をまとわせる。 牡蠣を揚げていく(揚げた後は油をしっかり切る)• ゆで卵と玉ねぎをみじん切りにしてタルタルソースの材料と合わせる。 器に盛り付けて出来上がり。 【材料】• 蕎麦…2人前(茹でて〆たもの)• 冷凍牡蠣(下処理済)…1パック• 三つ葉(ざく切り)…適量 〈A〉• 出汁…750cc• 日本酒…100cc弱• みりん…少々• 醤油…75cc• 吉野本葛…適量• 油…適量• 山椒…適量 【作り方】• 冷凍牡蠣を解凍して汚れを落とす。 キッチンペーパー等で水分をしっかり取り除く。 牡蠣に葛粉をまんべんなくふる。 フライパンに油を熱し、1の牡蠣を並べて焼く。 ソテーした牡蠣を一度取り出しておく。 Aを鍋に入れて沸騰させる。 出汁を少しとりわけ、牡蠣にさっと火を通す。 器に湯切りした蕎麦を入れ、Aの出汁と牡蠣を盛り付ける。 三つ葉を散らし、お好みで柚子の皮を添えたら出来上がり。 【材料】• お米…1合• 冷凍牡蠣…150g• 出汁…220㏄• 薄口醤油…大さじ1• 濃口醤油…小さじ1• 酒…大さじ1• 三つ葉…3本• 刻み海苔…適量 【作り方】• 冷凍牡蠣を解凍して汚れを落とす。 キッチンペーパー等で 水分をしっかり取り除く。 お米を研いで1時間ほど水に浸ける。 三つ葉の軸を小口切りにする。 鍋に出汁、醤油、酒を入れて火にかける。 沸騰したら牡蠣を入れて中火で2分程茹でる。 火を消して牡蠣を取り出し、濃口醤油を入れる。 牡蠣の茹で汁と出汁を220㏄に合わせ、米と一緒に土鍋に入れる。 小粒の牡蠣1つを四等分に切り、出汁用として土鍋に入れる。 最初は強火で、ブクブク音がしたら弱火にして10分炊く。 おこげを作るために10秒程強火にし、蓋を開けて手早く牡蠣を入れる。 冷めないように土鍋をタオルで包み、そこから10分程蒸らす。 三つ葉と刻み海苔を散らして出来上がり。 【材料】• 冷凍牡蠣…15~20粒(塩水にて予め清掃しておく)• 白菜…4~6枚程度(予め食べやすい大きさに切る)• しいたけ…4枚(石づきをおとす)• ねぎ…1本(斜め切りにする)• 水…500ml 〈土手〉• 味噌…70g• 八丁味噌…30g• 酒…大さじ2• みりん…大さじ1• すりごま…大さじ1 【作り方】• 冷凍牡蠣を解凍して汚れを落とす。 キッチンペーパー等で 水分をしっかり取り除く。 土鍋に酒とみりんを入れて火にかけてアルコールを飛ばす。 火を止めて味噌と八丁味噌を加えて溶き合わせる。 ゴムベラで混ぜながら弱火で加熱する。 香ばしくなったら砂糖とすりごまを加えてよく混ぜる。 火を止めて鍋のへりに塗る。 春菊以外の野菜と昆布だしを加えて弱~中火にかける。 野菜に7割くらい火が通ったら牡蠣を加えて2~3分程度加熱する。 春菊を加えたら出来上がり。 【材料】• 冷凍牡蠣…10粒程• ニンニク…1片• オイスターソース…小さじ1• オリーブオイル…大さじ2• バター…10g• 塩…適量• コショウ…適量 【作り方】• 冷凍牡蠣を解凍して汚れを落とす。 キッチンペーパー等で 水分をしっかり取り除く。 ニンニクを叩き潰してからみじん切りにする。 ボウルに牡蠣・ニンニク・オリーブオイル・オイスターソースを加える。 軽く塩コショウを振って混ぜ合わせた後5分程寝かせる。 中火で熱したフライパンで牡蠣を両面焼く。 水分が半分ほどになったら残りのタレとバターを加える。 強火にして一気に全体的に絡める。 器に盛り付けて出来上がり。 【材料】• 冷凍牡蠣…100g• ニンニク…1片• 鷹の爪…1本• マッシュルーム…4個• オリーブオイル…75㏄• 塩…少々• こしょう…少々• ドライパセリ…少々 【作り方】• 冷凍牡蠣を解凍して汚れを落とす。 キッチンペーパー等で 水分をしっかり取り除く。 ニンニクをスライスし、マッシュルームは洗って5㎜幅に切る。 鷹の爪を半分に割って中の種を取り除く。 小鍋にオリーブオイルとニンニク、鷹の爪を入れて弱火にかける。 ニンニクが浮いてきたらマッシュルームと牡蠣を入れ、弱火のまま3分ほど加熱する。 牡蠣がぷっくりとしてきたら塩こしょうで味を調える。 ドライパセリを散らして出来上がり。

次の

生牡蠣の冷凍保存方法!殻付き・むき身の簡単保存方法もご紹介!

冷凍牡蠣 レシピ

二枚貝の仲間である牡蠣は、「海のミルク」とも呼ばれており、栄養が豊富に入っています。 日本の近海に生息している牡蠣は30種類程で、食用とされている牡蠣はほとんどが養殖のマガキです。 日本国内の生産量は広島県が第1位で、これに宮城県、岡山県が続きます。 購入するときのポイントは、むき身の場合はふっくらと丸みがあり、きれいな乳白色のものを選んでください。 牡蠣にはミネラルが多く含まれており、特に血液中のヘモグロビンの成分である鉄と免疫機能を上げる亜鉛を多く含みます。 また牡蠣に含まれているアミノ酸には、タウリン、アラニン、グリシンなどを含んでいますが、特にタウリンは肝機能を回復させる効果があります。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ソース無しで食べるカキフライのレシピです。 作り方はボールに洗った牡蠣と塩胡椒・醤油を加えて揉み、10分程度置いたら水分を切ります。 次に卵液を作り、薄力粉と片栗粉を混ぜておきます。 あとは粉・卵液・パン粉の順番に牡蠣をつけ、高温の油で揚げれば出来上がり。 パン粉まで付けた状態で冷凍しておけば、あとは油で揚げるだけなので、お弁当作りにも役立ちます。 牡蠣とほうれん草で作るシンプルな炒め物です。 まず牡蠣を塩もみします。 次に牡蠣に小麦粉をまぶし、油を引いたフライパンで焼きます。 途中でカットしたほうれん草を加え、ほうれん草に火が通ったら醤油を入れ味付けをしたら完成。 醤油だけで味付けするので、調味料の計量も簡単です。 お弁当の中に入れれば、彩りも良くなりますので是非作ってみてください。 牡蠣は海のミルクと呼ばれています。 牡蠣はぷりぷりとした食感が特徴的です。 牡蠣には栄養がたくさん含まれています。 ミネラル成分やタウリンが豊富に含まれているので栄養食にもなっています。 中でもミネラルの一種である亜鉛が豊富で味覚障害の予防の働きがあります。 タウリンが豊富に含まれているので疲労回復効果、乳酸の抑制の効果があります。 また、肝臓の機能を助ける働きがありますのでお酒を飲んだ後に食べると良いです。 牡蠣はシンプルに焼いて食べるのもよいですし、パスタや炒め物など様々な料理に使うことができる食材です。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 カキフライ、鍋物、グラタンなど熱々な料理から、生でも食べられる牡蠣。 「真牡蠣」の旬は冬に旬を迎え生食用・加熱用と様々な料理に使われることに対し、「岩牡蠣」は春〜夏に旬を迎え、生食用が一般的です。 身が乳白色で、牛乳と同じように様々な栄養素を含んでいることから別名「海のミルク」とも呼ばれます。 肌や髪を健康に保つ亜鉛は、味覚に大きく関係し、免疫力アップなどの効果も期待されます。 アンチエイジングにはか欠かせないセレンも多く含み、積極的に摂りたい栄養素が含まれていますが、亜鉛などの過剰摂取は下痢や嘔吐などの中毒症状や腎臓などの健康を害する危険があるので食べ過ぎには要注意です。 食中毒にも注意が必要で、正しい知識を持って美味しくいただきたいですね。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 牡蠣には数種類あり食用には真牡蠣、岩牡蠣などがあります。 旬は真牡蠣が12月~3月、岩牡蠣は6月~8月です。 牡蠣は海のミルクともいわれており、大変栄養がある食材です。 貧血予防効果があるミネラルや疲労回復に効果があるタウリンなどが豊富に含まれています。 肝臓の機能を助ける働きがありますのでお酒をよく飲む方にもおすすめの食材です。 新鮮な牡蠣は生で食べることができます。 他に焼いたり蒸したり鍋に入れたりなど様々な料理に使われています。 牡蠣を使ったフライ、天ぷら、フリット、アヒージョなど揚げるレシピを厳選してご紹介します。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 海のミルクと言われるほど、うまみと栄養が豊富な牡蠣。 良質なタンパク質の他にも亜鉛や鉄などのミネラルやビタミン類もバランスよく含んでいます。 糖質の一種グリコーゲンも多く、元気に欠かせないエネルギー源になり疲労回復に役立ちます。 肝臓の機能を助ける働きもあり、牡蠣に豊富なタウリンとともにアルコールの分解を助けて二日酔いを予防する効果も期待できるのでお酒のお供にもぴったりなんですよ。 牡蠣は蒸すことでうま味が際立ち、プリプリふわふわの食感が楽しめます。 ビタミンCが豊富なレモン汁などをかけて食べると亜鉛や鉄の吸収が良くなりますよ。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

冷凍牡蠣のおすすめレシピを紹介!解凍方法や食中毒予防も徹底解説

冷凍牡蠣 レシピ

ポイント• 完全解凍は絶対にしない。 半解凍の状態で調理する。 ザルに入れ水気をよく切る。 ザルがない場合は、キッチンペーパー等で水気を拭き取る。 2 生姜を千切りにする。 3 鍋に、牡蠣、調味料を全て、入れて沸騰後、5~6分火を通します。 4 牡蠣に火は通ったらザルにあげ、牡蠣と煮汁を分けます。 煮汁を冷ます間にお米を研ぎ、20分程度水に浸しておきます。 5 炊飯器に3の煮汁を入れ、水2合の目盛りまで水を入れます。 この際、生姜と昆布も一緒に入れて炊き込んで下さい。 6 炊き上がる10分程度前の蒸らしの状態になった所で、別にしておいた牡蠣を炊飯器に入れ、一緒に蒸らして完成です。

次の