トイレ の 黄ばみ。 トイレの黄ばみを落とすには「酸性洗剤」が正解!もう根気はいらない|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

トイレの黄ばみの原因と掃除方法「定番&ウラ技」総まとめ!

トイレ の 黄ばみ

トイレの黄ばみの原因 掃除を開始する上で知っておきたいのが、トイレの黄ばみの原因です。 うっすらと便器についた黄色い物質の正体は、大体が尿石です。 人間の尿にはタンパク質が含まれていますが、このタンパク質が固まると尿石として便器にこびりつきます。 家族が毎日使用しているトイレの場合は、こういった尿石が便器に付着してしまうことも決して珍しいことではありません。 尿石はアルカリ性の性質を持っているため、掃除をする時には酸性の洗剤を使用するのが一般的です。 実際、ホームクリーニングのプロもトイレの尿石を落とす時には酸性の洗剤を使用しています。 掃除前に便器の材質をチェック! 掃除を始める際には、便器の材質もチェックしておきたいところ。 陶製の便器であれば酸性の洗剤を用いても特に問題ありませんが、プラスチックなどの人口の樹脂の場合は、素材を傷める可能性がありますので中性洗剤などを用いた方が安心です。 温水洗浄便座の場合は、掃除の際にも洗剤がプラスチックの部分に付着しないように、軽く養生しておくことも大切です。 市販されている酸性の洗剤の中には、強い作用をもつ商品もありますので、掃除をするに当たっても素材を傷めないような工夫をしましょう。 オススメの洗剤 酸性洗剤 酸性の洗剤は、市販もされています。 トイレ用の商品の中にもこのような酸性タイプの商品がありますので、使用してみるのも1つの手です。 しかし、酸性洗剤は火傷の危険があり、取扱が難しいものも多いため不安な方はプロのクリーニングにおまかせする方も多いようです。 重曹とクエン酸 エコな掃除方法には、重曹とクエン酸を混ぜて使うという方法もあります。 酸性のクエン酸と汚れを緩ませる重曹を一緒に使用することで、トイレの黄ばみも除去できる可能性があります。 スプレーボトルなどに入れて使用すれば、気になる部分にピンポイントで液を吹き付けることができるでしょう。 便器の中は凹凸があるため、吹き付けた洗剤が流れ落ちてしまうことがあります。 トイレットペーパーなどに液を吹き付けて気になる部分を覆っておけば、こういった現象も防げることが多いです。 液を尿石の部分に浸透させておくと、そのまま無理にこするよりもずっと汚れが落ちやすくなります。 ほんの少し手間をかけることで、トイレの黄ばみが楽に落とせるようになるでしょう。 掃除方法 洗剤で緩ませた尿石は、トイレブラシなどを使って軽くこするだけで大抵は落ちます。 ただ、硬くこびりついてしまっている場合には、然るべきアプローチをとっても思うように落ちないことがあります。 そういった時には、トイレ用の研磨ブラシなどを使用してみてはいかがでしょうか。 一部のメーカーでは、便器用の研磨ブラシを発売しています。 この手のブラシは持ち手がついているため、手を汚すことなく便器のこすり洗いができます。 こびりついている尿石は、紙やすりなどを使って落とすという方法もありますが、この場合、どうしても手が汚れてしまいますよね。 ゴム手袋などをはめていても衛生が気になる、という方は市販の研磨ブラシを使ってみるのもおすすめです。 しかし、市販のものでは硬度が高すぎる研磨ブラシもあり、便器を傷つけてしまう場合がありますので注意しましょう。 黄ばみを防止するには? こまめな掃除 落とす際に労力が必要になるトイレの黄ばみは、できれば日頃の心がけで予防するのがベストです。 尿石が便器につくのを防ぐには、やはりこまめな掃除が欠かせません。 トイレ用の洗剤で毎日便器の中まで洗っていれば、黄ばみが重症化するのを防げるでしょう。 泡タイプのトイレ用洗剤なら、便器の返しの部分まで洗浄ができます。 ややコシのあるトイレブラシを選び、尿石の予備軍をしっかりと落としておきましょう。 トイレブラシの種類も大変増えていますので、便器の形を考えながら適材適所の商品を選びたいところ。 細かい部分までしっかりと洗いたい時には、大きいブラシの他にやや小ぶりのブラシを用意しておくと使い分けができて便利です。 洗浄剤 トイレ掃除を楽にしてくれるアイテムとしては、例えば芳香機能付きの洗浄剤なども挙げられます。 トイレタンクを設置している家庭であれば、このようなアイテムをタンクに置くだけで、便器の中が自然にクリーニングできます。 また、新たに登場しているのが、便器に直接貼って使用するジェル状の洗浄剤。 これらの商品の多くは、界面活性剤などが配合されているため、水を流すたびに便器の表面についた汚れが洗い流されます。 洗浄効果によって尿石なども付着しにくくなり、毎日のトイレ掃除の負担が大幅に減るでしょう。 香りがついていれば、不快なニオイが軽減されトイレの環境もぐっと良くなります。 トイレの黄ばみは、このような専用のアイテムを利用してある程度防ぐことが可能です。 ここでご紹介したような、トイレ掃除に必要なもの、掃除方法を知っていれば気になる汚れにもすぐに対処ができるでしょう。 予防方法も押さえておき、賢く家のメンテナンスをしてみてください。 プロにお願いする方法もある なかなか落ちない汚れは、プロにおまかせするのがおすすめです。 酸性洗剤の取扱でも述べましたが、頑固な汚れには酸性洗剤を使用する必要がありますが、取扱が危険なためにプロにおまかせした方が良いでしょう。 また、トイレをなかなか掃除をしたくない、掃除する時間がないという方にもプロのクリーニングはおすすめです。

次の

トイレの便座の黄ばみどうしてる?汚れのレベル別対処法

トイレ の 黄ばみ

便座の黄ばみを取る!ゴム部分の外し方 それではさっそく、便座のゴム部分を外しましょう。 便座裏・ゴム部分の外し方 便座裏のゴム部分の外し方は、簡単です。 マイナスドライバーを隙間に入れ、浮かすだけ。 色んな方向から少しずつ。 てこの原理を使うと、外しやすかったです。 ゴム部分は結構柔らかい素材。 傷をつけないよう気を付けてくださいね。 指のケガにもご注意を。 私は、10数年目にして初めて取りました。 (汚画像失礼します) 裏側には、ぐるりと汚れがついていました。 掃除をしても「かすかに残るニオイ」、ここが原因だったのかもしれません。 便座のゴム部分の洗い方 外したゴム部分は、 塩素系漂白剤で汚れを落とします。 私は、キッチン用の液体ハイターを使いました。 泡ハイターでもOK! クエン酸水は、尿汚れに効果のある洗剤。 素材や人にやさしいので、普段の小掃除にもおススメ! 便座の溝に入り込んだ黄ばみ汚れ・クエン酸水で浮き上がらせる まずクエン酸水を含ませたトイレットペーパーを「溝部分(便座の表と裏の継ぎはぎ部分)」にあてます。 液をふきかけ、しっかり貼り付けます。 よし! すると、こんな風に汚れが浮き上がります。 (まん中の部分、汚れがペーパーに染み出ているのが見えますか?) そのまま10〜30分ほど放置します。 便座に入り込んだ黄ばみ汚れ・歯ブラシで擦り出す 便座の溝に入り込んだ汚れが浮いてきたら、 歯ブラシで擦り出して。 便座の黄ばみ・仕上げの「拭き掃除」 さて、溝の汚れを取り、ゴム部分も洗ったら仕上げ拭きをしましょう。 便座裏の拭き掃除の仕方 拭き掃除には、 水で濡らしたやわらかい布やウエットティッシュ(お掃除シート)などを使います。 穴も丁寧に。 よし!綺麗になりました。 便座裏のゴムを戻す 最後にゴムを穴に戻せば、リセット掃除は終了です。 便座のゴム・黄ばみが取れない時の最終手段! 長年染み込んだ汚れは、残念ながら漂白剤につけても完全には落ちない。 落ちない!けど白くリセットしたい! そんな時は、「 新品に交換する」という手があります。 便座のゴムを「新品に交換!」 ご自身の取説をチェックしてみてください。 交換部品のところに掲載されているかと思います(もしくはネットで検索)。 「便座クッション」と書いてありました。 メーカーに買いに行かなくても、楽天やアマゾンでも販売されていました。 ・汚れが落ちず四苦八苦 ・どうしても白くしたい そんな方は、潔く買ってしまうのもアリですよ。 【便座の溝に入り込んだ黄ばみ汚れの取り方】• クエン酸水を含ませたトイレットペーパーで湿布し、汚れを浮かせてから取る。 歯ブラシでかき出しながら拭く。 全体を柔らかい布やウエットティッシュで仕上げぶきをする。 女性にとって便座の裏は、盲点です。 汚れがこびりつかないように、意識的に便座をあげ、拭き掃除をしましょう。 便座裏の掃除は、家族(男子)に協力してもらえると助かりますね。 最後に トイレの便座についた黄ばみの取り方についてご紹介しました。 ゴムの部分は取り外して洗うことができます。 一度も外したことのない方は、汚れが入り込んでいるかも? 綺麗に除去してスッキリさせましょう。 ぜひ挑戦してみてください。 あなたのトイレも、すっきり綺麗になりますように。 更新の励みになります^^ありがとう。

次の

取れないトイレの黄ばみの固まり黄ばみ。 落とす方法ないですか?...

トイレ の 黄ばみ

トイレの黄ばみの正体とは? そもそもトイレの黄ばみの正体とはいったい何なんでしょうか。 黄色い色から尿が関係している汚れだということはなんとなく分かります。 しかし、なぜ液体であるはずの尿が黄ばんで固まった汚れになるのか理解できませんよね。 しかも黄ばみ汚れは厄介なことにトイレの見た目を損なうだけでなく臭いまで発生させます。 他の部分をどんなに綺麗にしても、臭いがするとそれまでの労力も虚しくなってしまいますね。 じつは黄ばみ汚れの正体は、尿に含まれるカルシウムが固まってできた尿石とよばれるものです。 その軽石状の汚れにはカルシウムや有機物を含んでいて、これらを餌として雑菌が繁殖します。 そして、その際にイヤなアンモニア臭を発生させます。 尿が何度も蒸発と濃縮を繰り返していくうちに尿石ができて、その尿石にまた尿がかかり蓄積されて菌が繁殖…と、無限ループを繰り返してトイレの黄ばみになるのです。 こうなってしまうと、ちょっとやそっとでは黄ばみを取り除くことはできません。 また、掃除をしても黄ばみが残っていると再び大きくなってしまうので、掃除しない時間が長いほど黄ばみは悪化します。 なので、掃除の際は黄ばみをすべて取り除くことが肝心になります。 それではトイレの黄ばみの正体が尿石だと分かったところで、次は黄ばみを落とす方法の1つ目【重曹とクエン酸】を使った掃除方法をお伝えします。 トイレの黄ばみの正体は尿石だということは先ほどお伝えしました。 ですが「大量に洗剤を使用してもなかなか黄ばみが落ちない!」という経験がありませんか? 黄ばみを落とすためにトイレ用洗剤を使用してもなかなか落ちない原因、それは尿石の性質にあります。 実は汚れにはそれぞれ性質があります。 その性質にあった洗剤や掃除方法で掃除をすると、効率も仕上がりもまるで違ったものになります。 黄ばみの正体である尿石はアルカリ性なので、アルカリ洗剤や塩素系の洗剤では落とすことができないのです。 そこでここでは重曹とクエン酸を使用した掃除方法をご紹介します。 クエン酸の酸性と重曹の研磨効果を利用すれば、ガシガシ擦らずに黄ばみを取り除くことができます。 強い酸性洗剤を、便座など直接肌に触れる場所に使うことが気になる場合はこちらの方法がおススメです。 自然由来の成分ですので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心して使用できます。 次に、トイレの黄ばみをクエン酸を使って落とす方法についてお伝えします。 「用意するもの」• ゴム手袋• クエン酸• スプレーボトル• 気を付けてご使用ください。 ステップ1:クエン酸スプレーを作る スプレーボトルにクエン酸小さじ1を200mlの水でしっかり溶かします。 スプレーボトルは100均などで簡単に購入することができます。 クエン酸はドラッグストアなどで購入できる粉末状のものが、値段も高くなく量も多いのでお得です。 ステップ2:クエン酸スプレーを黄ばみに噴射する 気になる黄ばみ汚れにトイレットペーパーを被せ、クエン酸スプレーを噴射してクエン酸でパックをします。 そして2時間ほど放置します。 こうすることで汚れにクエン酸が留まり、黄ばみを分解して浮かすことができます。 黄ばみが水に触れる部分にある場合は、トイレの止水栓を閉めて何度か水を流すと便器の中の水を抜くことができます。 便器の中に水がない状態にすることで酸性成分が薄まることがなくなり、また、汚れに狙いを定めることができます。 ステップ3:黄ばみに重曹をたっぷりかけて汚れを擦り落とす クエン酸パックが終わったら、重曹をたっぷり振りかけて浮いた汚れをブラシなどで擦り落とします。 重曹の研磨作用によって黄ばみ汚れを落とすわけです。 重曹はドラッグストアや100均でも購入できます。 以上がクエン酸と重曹を使った掃除の手順となります。 とても簡単。 そしてクエン酸・重曹ともに自然由来の成分で出来ているので安全です。 たくさん入っているので「こんなに使い切れるかな…」と心配になりますが、用途はたくさんありますので心配いりません。 クエン酸や重曹は台所掃除やお風呂掃除にも使えるスグレものです。 ちなみに購入の際には保存に便利なチャック付きのものがおススメです。 トイレの黄ばみを予防する方法 これまでは、すでに付着してしまった黄ばみ汚れを落とす掃除方法をご紹介してきました。 しかし、せっかく黄ばみを落としたのに、またすぐに黄ばんでしまったらガッカリしてしまいますよね。 短時間で手間がかからずトイレの黄ばみを予防する方法があったら知りたいですよね。 ここでは簡単にですが、効果的にトイレの黄ばみ汚れを予防できる方法を2つお伝えします。 1つ目【洗剤を便器にかける】 なかなか掃除をすることができない場合は、便器に洗剤をかけておくだけでも汚れを落とすことができます。 たとえ掃除ができなくても、それだけで黄ばみを予防するのに効果的なのでおススメです。 時間ができた時や寝る前にかける、などという習慣をつけるといいですね。 2つ目【置き型洗浄剤を使用する】 置き型洗浄剤はテレビのCMなどでよく目にしますね。 水を流す時に洗浄効果を便器全体に広げて、汚れを落としつつコーティングもしてくれます。 また、便器に直接スタンプして水を流すたびに洗浄成分を便器に広げてくれるものもあります。 便器の形状や使用頻度に合わせて選んでください。 まとめ いかがでしたでしょうか?今回はトイレの黄ばみ汚れの原因と対策、予防方法をお伝えしました。 忙しい毎日の中で、なかなかトイレを掃除することができず、汚れが蓄積されて黄ばみができてしまった。 そんな黄ばみの掃除を後回しにしていると、より一層掃除に長時間を費やす事態になってしまいます。 大事なのは黄ばみを予防することです。 そして1番の予防には毎日の掃除が肝要です。 毎日便器に洗剤をひと吹きするだけでも黄ばみはまったく違いますよ。 トイレの黄ばみ汚れは落としたら予防を心掛けましょう。 そのためにはトイレを使用している全員でトイレを綺麗にすることを心掛けていくといいですね。 今回ご紹介したトイレの黄ばみを落として予防する方法を、ぜひ活用してみてくださいね。

次の