東急 ビル メンテナンス 株式 会社。 グループ企業一覧 │ 会社案内 │ 東急不動産ホールディングス株式会社

株式会社東急コミュニティー 求人情報(東京都/改修工事の協力会社への管理・教育担当【急募】※土日祝日休み/正社員)[80742290]|パソナキャリア

東急 ビル メンテナンス 株式 会社

同社の管理している港区のオフィスビルにて、常駐の設備管理業務をお任せいたします。 同社の管理している港区のオフィスビルにて、常駐の設備管理業務をお任せいたします。 その強みを活かした情報共有・連携で、建物をトータルマネジメントすることができます。 たとえば、 ・日常点検で注意が必要と判断した箇所の早めの改修提案。 ・改修した設備や改修内容の中期・長期の修繕計画への反映。 ・建物ごとの特性を理解した、修繕計画を念頭においての日常点検。 東急コミュニティーは技術力を活かして、お客様の建物を見守ります。 価値を落とさずに建物を適切にメンテナンスすることは、大規模な修繕の時期を先延ばしにすることにもつながります。 資産価値を維持・向上させながら、トータルコストを抑えるご提案を行っております。 事業内容・会社の特長 【マンション・ビル共に業界トップクラスの事業規模・実績】 同社の現在の管理規模・管理実績は、マンション約52万戸、ビル約1,100棟。 これは、マンション・ビル共に業界でもトップクラスのスケールです。 また、2000年3月には、マンション管理業界に先駆けて東証一部に株式上場。 現状維持で満足することなく 付加価値の高いサービスを提供することで、東急グループ以外にもビジネスの場を広げ、現在なお企業成長を続けています。 また2013年10月には東急不動産・東急リバブルと共に東急不動産ホールディングス(持株会)を設立。 グループ基盤を一層強くし、各社の強みを最大限に活かすことで、不動産管理業における「圧倒的No. 1(ナンバーワン)」の存在を目指しています 【より一歩踏み込んだ価値創造を目指し、積極的な新規企画・提案 】 設立48年目、確固たる実績をもちつつ、既存の枠に囚われない柔軟な姿勢が当社の魅力の1つ! 事業環境やライフスタイルの変化に合わせ、建物管理・運営をベースに、新たなビジネスへもどんどん取り組んでいます。 エンドユーザーに一番近い管理会社ならではの視点を活かして、マンション居住者の暮らしにより密着した、 震災時対応のための『対災力』・マンション建物内での電気容量等エネルギー管理システム『MEMS』など 新しい商品の企画・提案や、公共施設における指定管理者制度・PFI事業・市街地再開発案件への積極的な取り組み、 その他リノベーション事業強化や熱供給(エネルギープラント)事業の拡大など、お客様の生活や資産価値の維持・向上を行うための様々な挑戦を行っています。

次の

東急百貨店

東急 ビル メンテナンス 株式 会社

会社データ 事業内容 1.マンションライフサポート事業 マンション共同生活の中で生じる様々な問題の解決・サポートを行う事業です。 長期修繕計画や資金計画の策定、定期的な建物の健康診断を実施し、老朽化対策、環境改善を提案します。 マンション生活に求められるものは、物理的諸条件(モノ)の満足から、居住者同士が育むコミュニティー(ヒト)の満足へと変化しています。 また、災害対策にも力を入れ、住民と管理組合との防災意識を共有し、ベクトルを合わせていくために、『住民を守る力・住民と助け合う力』を備えることを各管理組合に勧めています。 2.ビルマネジメント事業 ビル管理は、ビルの利用者に対し、常に快適な環境をご提供するとともに、不動産としての資産価値の維持、設備機能の維持保全、ランニングコストの低減など、ビルの運営の基礎を支える重要な業務です。 また、ビルの経営をオーナー様に代わり一括してお受けするシステムや、オーナー様の経営的立場に立ち、ビルの収益と資産価値向上を目指した、プロパティマネジメントなど、ビルの資産価値を向上させる様々なサービスも行っています。 事務所、店舗はもちろん、学校、ホテル、コンサートホール、プラネタリウム他、再開発事業、大型複合施設、指定管理者物件、PFI物件など、様々な建物の管理運営を行っています。 3.リフォーム事業 お客様が気付きにくい、建物の老朽化の度合いやその対応時期・方法を見極め、長期修繕計画・資金計画の提案、工事監理のマネジメントを行う事業です。 これまで見えにくくなっていた「維持保全管理業務」を、もっとわかりやすく、もっと知っていただくために、「地域のかかりつけ医」のようにマンションの健康と暮らしの安心安全を、当社の強みである技術力と実績、そして万全のサービス体制でしっかりと支える技術管理サービスを行っています。 建物や設備に関する工事を幅広く手がけています。 設立 1970年4月 資本金 16億5,380万円 従業員数 7,894名 2019年3月時点 売上高 1,254億円 2019年3月期 代表者 代表取締役社長 雜賀 克英 さいが かつひで 事業所 本社…東京(用賀) 首都圏・・・東京、神奈川、埼玉、千葉 関西圏・・・大阪、京都、兵庫、広島 名古屋圏・・・名古屋 北海道圏・・・札幌 九州圏・・・福岡、長崎、大分、鹿児島 その他全国各所 関連会社 【東急グループ】 東急株式会社 東急電鉄株式会社 東急不動産株式会社 東急リバブル株式会社 株式会社東急ハンズ 東急住宅リース株式会社 株式会社学生情報センター ほか 【連結子会社】 コミュニティワン株式会社 株式会社マリモコミュニティ 東急ビルメンテナンス株式会社 株式会社湘南コミュニティー 第一ビルサービス株式会社 用賀熱供給株式会社 株式会社東急Re・デザイン 株式会社TCフォーラム 株式会社インフィールド 神大病院パーキングサービス株式会社 PT. TOKYU PROPERTY MANAGEMENT INDONESIA 平均年齢 男性/40. 3歳 女性/36. 9歳(2019年3月時点) 沿革 1970年 4月 不動産管理を主たる事業として、横浜市緑区 現 青葉区 に株式会 社東急コミュニティーを設立 1972年 4月 本社を東京都渋谷区に移転 1989年10月 研究開発、情報管理、技術研修の機能を持つ「技術センター」 東 京都目黒区 開設 1994年 8月 本社を東京都世田谷区に移転 1997年 1月 ホテルタイプの地域コミュニティー施設「青葉台フォーラム」 横 浜市青葉区 を開業 1998年11月 東京証券取引所市場第二部へ株式上場 2000年 3月 東京証券取引所市場第一部へ株式上場 2008年 4月 新企業ビジョン「TOKYU COMMUNITY WAY」を制定 2008年 5月 「プライバシーマーク」を取得 2008年 7月 マンション専用定額制リフォーム「CORETTO(コレット)」の販 売を開始 2008年10月 熱供給業を展開する用賀熱供給株式会社の株式を取得 2008年11月 次世代育成支援対策推進法の認定マーク「くるみん」を取得 2009年 1月 マンション居住者向け有料会員制専有部サービス「家族力・プラ ス」販売開始 2009年 1月 東急不動産株式会社と共同で商業施設運営会社 東急SCマネジメ ント株式会社を設立 2010年 8月 新収納支払システム「住む~ず」開発 2010年12月 第一ビルサービス株式会社の株式を取得 2013年 1月 ユナイテッドコミュニティーズ株式会社の株式の取得 2013年10月 東急不動産株式会社、株式会社東急コミュニティー、東急リバブ ル株式会社の三社による持株会社「東急不動産ホールディングス株 式会社」設立、東京証券取引所第一部に株式上場 (2013年9月三社上場廃止) 2014年11月 マンション管理組合への設備導入支援として既存マンション向け 共用設備リース事業(第一弾として無料診断付きのLEDリース) を開始 2015年 1月 首都圏の大型ビルで貸会議室事業を展開している株式会社イン フィールドの株式を取得 2015年 4月 東急ファシリティーサービス(株)のマンション管理事業を吸収 分割により継承 2015年 4月 (株)東急コミュニティー、東急リバブル(株)、東急リロケー ション(株)の3社の賃貸住宅管理事業を、東急住宅リース(株) に統合 2017年 10月 (株)東急コミュニティー、(株)東急ホームズの2社のリフォーム事業を(株)東急Re. デザインに統合 2017年 11月 インドネシア・ジャカルタの現地法人として、「PT. これは、マンション・ビル共に業界でもトップクラスのスケールです。 また、2000年3月には、マンション管理業界に先駆けて東証一部に株式上場。 現状維持で満足することなく付加価値の高いサービスを提供することで、東急グループ以外にもビジネスの場を広げ、現在なお企業成長を続けています。 2013年10月には東急不動産・東急リバブルと共に東急不動産ホールディングス(持株会)を設立。 グループ基盤を一層強くし、各社の強みを最大限に活かすことで、不動産管理業における「圧倒的No. 1(ナンバーワン)」の存在を目指します。 エンドユーザーに一番近い管理会社ならではの視点を活かして、マンション居住者の暮らしにより密着した、震災時対応のための『対災力』・マンション建物内での電気容量等エネルギー管理システム『MEMS』など新しい商品の企画・提案や、 公共施設における指定管理者制度・PFI事業・市街地再開発案件への積極的な取り組み、その他リノベーション事業強化や熱供給(エネルギープラント)事業の拡大など、 お客様の生活や資産価値の維持・向上を行うための様々な挑戦を行っています。 そして、グループ外からも高い評価を受け、建物の高経年化と居住者高齢化への対応、自然災害への備えといったインフラとしての役割を認められ、2018年に東急グループ、不動産管理業界初の快挙となる日本サービス大賞を受賞しました。 女性や高齢者など多様な人材を積極的に受入れ、その能力をいかす仕組みづくりが評価されました。 社員のクオリティーが一番の商品だからこそ、風土改革活動等、社員の働きやすさの向上にむけて、積極的に取り組んでいます。 また同じく日経新聞社が行う第2回日経「スマートワーク経営」調査(2019年11月12日付日本経済新聞掲載)では、前年に続き3. 5つ星の格付けを獲得しました。 ダイバーシティの推進、人材の確保・定着など「人材活用力」で高い評価を受けています。 また、TCBC(東急コミュニティービジネスカレッジ)という名の体系的な教育研修制度を設けることで、人材育成・社員教育も充実。 お客様の生活・資産に深く携わる事業だからこそ、様々なニーズに高いレベルで応えられる体制を整えています。 また各種イベントに関しては、webでの実施も検討します。

次の

会社概要

東急 ビル メンテナンス 株式 会社

会社データ 事業内容 1.マンションライフサポート事業 マンション共同生活の中で生じる様々な問題の解決・サポートを行う事業です。 長期修繕計画や資金計画の策定、定期的な建物の健康診断を実施し、老朽化対策、環境改善を提案します。 マンション生活に求められるものは、物理的諸条件(モノ)の満足から、居住者同士が育むコミュニティー(ヒト)の満足へと変化しています。 また、災害対策にも力を入れ、住民と管理組合との防災意識を共有し、ベクトルを合わせていくために、『住民を守る力・住民と助け合う力』を備えることを各管理組合に勧めています。 2.ビルマネジメント事業 ビル管理は、ビルの利用者に対し、常に快適な環境をご提供するとともに、不動産としての資産価値の維持、設備機能の維持保全、ランニングコストの低減など、ビルの運営の基礎を支える重要な業務です。 また、ビルの経営をオーナー様に代わり一括してお受けするシステムや、オーナー様の経営的立場に立ち、ビルの収益と資産価値向上を目指した、プロパティマネジメントなど、ビルの資産価値を向上させる様々なサービスも行っています。 事務所、店舗はもちろん、学校、ホテル、コンサートホール、プラネタリウム他、再開発事業、大型複合施設、指定管理者物件、PFI物件など、様々な建物の管理運営を行っています。 3.リフォーム事業 お客様が気付きにくい、建物の老朽化の度合いやその対応時期・方法を見極め、長期修繕計画・資金計画の提案、工事監理のマネジメントを行う事業です。 これまで見えにくくなっていた「維持保全管理業務」を、もっとわかりやすく、もっと知っていただくために、「地域のかかりつけ医」のようにマンションの健康と暮らしの安心安全を、当社の強みである技術力と実績、そして万全のサービス体制でしっかりと支える技術管理サービスを行っています。 建物や設備に関する工事を幅広く手がけています。 設立 1970年4月 資本金 16億5,380万円 従業員数 7,894名 2019年3月時点 売上高 1,254億円 2019年3月期 代表者 代表取締役社長 雜賀 克英 さいが かつひで 事業所 本社…東京(用賀) 首都圏・・・東京、神奈川、埼玉、千葉 関西圏・・・大阪、京都、兵庫、広島 名古屋圏・・・名古屋 北海道圏・・・札幌 九州圏・・・福岡、長崎、大分、鹿児島 その他全国各所 関連会社 【東急グループ】 東急株式会社 東急電鉄株式会社 東急不動産株式会社 東急リバブル株式会社 株式会社東急ハンズ 東急住宅リース株式会社 株式会社学生情報センター ほか 【連結子会社】 コミュニティワン株式会社 株式会社マリモコミュニティ 東急ビルメンテナンス株式会社 株式会社湘南コミュニティー 第一ビルサービス株式会社 用賀熱供給株式会社 株式会社東急Re・デザイン 株式会社TCフォーラム 株式会社インフィールド 神大病院パーキングサービス株式会社 PT. TOKYU PROPERTY MANAGEMENT INDONESIA 平均年齢 男性/40. 3歳 女性/36. 9歳(2019年3月時点) 沿革 1970年 4月 不動産管理を主たる事業として、横浜市緑区 現 青葉区 に株式会 社東急コミュニティーを設立 1972年 4月 本社を東京都渋谷区に移転 1989年10月 研究開発、情報管理、技術研修の機能を持つ「技術センター」 東 京都目黒区 開設 1994年 8月 本社を東京都世田谷区に移転 1997年 1月 ホテルタイプの地域コミュニティー施設「青葉台フォーラム」 横 浜市青葉区 を開業 1998年11月 東京証券取引所市場第二部へ株式上場 2000年 3月 東京証券取引所市場第一部へ株式上場 2008年 4月 新企業ビジョン「TOKYU COMMUNITY WAY」を制定 2008年 5月 「プライバシーマーク」を取得 2008年 7月 マンション専用定額制リフォーム「CORETTO(コレット)」の販 売を開始 2008年10月 熱供給業を展開する用賀熱供給株式会社の株式を取得 2008年11月 次世代育成支援対策推進法の認定マーク「くるみん」を取得 2009年 1月 マンション居住者向け有料会員制専有部サービス「家族力・プラ ス」販売開始 2009年 1月 東急不動産株式会社と共同で商業施設運営会社 東急SCマネジメ ント株式会社を設立 2010年 8月 新収納支払システム「住む~ず」開発 2010年12月 第一ビルサービス株式会社の株式を取得 2013年 1月 ユナイテッドコミュニティーズ株式会社の株式の取得 2013年10月 東急不動産株式会社、株式会社東急コミュニティー、東急リバブ ル株式会社の三社による持株会社「東急不動産ホールディングス株 式会社」設立、東京証券取引所第一部に株式上場 (2013年9月三社上場廃止) 2014年11月 マンション管理組合への設備導入支援として既存マンション向け 共用設備リース事業(第一弾として無料診断付きのLEDリース) を開始 2015年 1月 首都圏の大型ビルで貸会議室事業を展開している株式会社イン フィールドの株式を取得 2015年 4月 東急ファシリティーサービス(株)のマンション管理事業を吸収 分割により継承 2015年 4月 (株)東急コミュニティー、東急リバブル(株)、東急リロケー ション(株)の3社の賃貸住宅管理事業を、東急住宅リース(株) に統合 2017年 10月 (株)東急コミュニティー、(株)東急ホームズの2社のリフォーム事業を(株)東急Re. デザインに統合 2017年 11月 インドネシア・ジャカルタの現地法人として、「PT. これは、マンション・ビル共に業界でもトップクラスのスケールです。 また、2000年3月には、マンション管理業界に先駆けて東証一部に株式上場。 現状維持で満足することなく付加価値の高いサービスを提供することで、東急グループ以外にもビジネスの場を広げ、現在なお企業成長を続けています。 2013年10月には東急不動産・東急リバブルと共に東急不動産ホールディングス(持株会)を設立。 グループ基盤を一層強くし、各社の強みを最大限に活かすことで、不動産管理業における「圧倒的No. 1(ナンバーワン)」の存在を目指します。 エンドユーザーに一番近い管理会社ならではの視点を活かして、マンション居住者の暮らしにより密着した、震災時対応のための『対災力』・マンション建物内での電気容量等エネルギー管理システム『MEMS』など新しい商品の企画・提案や、 公共施設における指定管理者制度・PFI事業・市街地再開発案件への積極的な取り組み、その他リノベーション事業強化や熱供給(エネルギープラント)事業の拡大など、 お客様の生活や資産価値の維持・向上を行うための様々な挑戦を行っています。 そして、グループ外からも高い評価を受け、建物の高経年化と居住者高齢化への対応、自然災害への備えといったインフラとしての役割を認められ、2018年に東急グループ、不動産管理業界初の快挙となる日本サービス大賞を受賞しました。 女性や高齢者など多様な人材を積極的に受入れ、その能力をいかす仕組みづくりが評価されました。 社員のクオリティーが一番の商品だからこそ、風土改革活動等、社員の働きやすさの向上にむけて、積極的に取り組んでいます。 また同じく日経新聞社が行う第2回日経「スマートワーク経営」調査(2019年11月12日付日本経済新聞掲載)では、前年に続き3. 5つ星の格付けを獲得しました。 ダイバーシティの推進、人材の確保・定着など「人材活用力」で高い評価を受けています。 また、TCBC(東急コミュニティービジネスカレッジ)という名の体系的な教育研修制度を設けることで、人材育成・社員教育も充実。 お客様の生活・資産に深く携わる事業だからこそ、様々なニーズに高いレベルで応えられる体制を整えています。 (来社式での説明会実施は見合わせております。 ) なお、面接についてもWEB実施を行っております。 説明会参加から内定まで、おおよそ1ヶ月から1. 5ヶ月程度となります。

次の