ナルト チャクラ 性質。 サスケとナルトは家族

【ナルト】アスマのプロフィール・能力や術・気になるシーンを紹介!

ナルト チャクラ 性質

あなたを『NARUTO -ナルト-』でのキャラでいうと!? 『NARUTO-ナルト-』は、漫画家岸本斉史の代表作、1999年から「週刊ジャンプ」にて連載を開始、2014年11月10日に発売された50号で完結。 この物語は、巧妙に暗闇の中とてつもないの根性と辛い努力の中で任務をこなす残酷な忍者の物語を、ここでは誰にでもあこがる職業へとかきあげてる。 岸本斉史が描く忍者の世界で一人一人の若い忍者が自分の忍道を繰り広げています。 物語の中には、力を信じる者、チャクラを信じる者、血統を信じる者、眼を信じる者、生まれつき備わってる能力を信じる者、自分の努力を信じる者、15年の月日の中で「うずまきナルト」が我々にくれた多くの感動や記憶。 忍道に身を置いた場合あなたはどんなキャラクターなのでしょう? D• 春野サクラ 0 2 2 2 そうだったのね!!これからは私がみんなを守らないと!!しゃーんなろー! 春桜が舞い落ちる時に生まれたので、春野サクラと命名されたらしい。 男勝りの性格で勇敢だが軟弱な一面もある。 友達に対してとても誠実で、いざとなれは自分の命をも惜しまない。 自分の成長のため苦しい過去を乗り越え努力してきた彼女の座右の銘は<勇気>です。 あなたの内心は単純で善良で、他人を愛す勇気も憎む勇気もありとても勇敢です。 お友達といる時あなたはいつも良い雰囲気を作り出します。 ストレスを感じてる時や気分が良くない時はいつのもテンションを出せず、一人で静かにしてますが、忍耐力と粘り強い精神で、他人の前では常に笑顔をふるまっています。 arealme. png• 日向ヒナタ 0 1 2 1 <一心不乱・有言実行>私の忍道よ!! 日向ヒナタは美しく開いた一輪の百合のようで、温厚で平和で善良。 序盤では自信がなく直ぐ諦めることが多かったが、ナルトと出会ってから、ヒナタにとってナルトは眩しい太陽な存在となり、ヒナタをプラス思考にしたり、勇気やパワーを与えたり、さらに絶対に諦めない信念を気付かせたりした。 心が非常に純粋である彼女が、さらに厳しい不屈を乗り越え、澄んだ心をパワーへと変えていった。 あなたの性格とヒナタの性格は共通点は、穏やかで善良で他人の気持ちが理解でき、恥ずかしがり屋。 また聞き上手。 シンプルなものが好きで、他人とのコミニュケーションが得意で口論や争いごとになるのが滅多に少ないです。 そのため危機感が足りないです。 一方こころの中に守っていきたいものが存在する場合、全力で守っていく。 arealme. png• 照美 メイ 0 1 3 3 <こんな世界にまだ存在価値があるの?希望も夢もない!!>こんなのは現実逃避してるだけじゃん!! 照美メイは上品で男性の心をそそるように美しい女性である。 穏やかな性格で常に笑顔。 忍刀七人衆の一人自信がなく恥ずかしがり屋の長十郎を励まし、可愛がっている。 三十路かつ独身の為に「結婚」「婚期」「遅れる」「破棄」という類の言葉、及びその同音異義語に過剰に反応して唐突に機嫌を損ねる事があり、その度笑顔で「黙れ殺すぞ」と脅しをかける。 あなたの性格は温厚で親切で、簡単に感動しやすい。 同時に傷つきやすいです。 ですがあなたは満足であればいつも幸福でいられることを知っているので何気ない生活をしてても幸せです。 家族にとっても友達にとっても優しく、他人の関心を引きつけたがる一面もある。 また生涯に渡り一人のパートナーと一緒に過ごしたい希望がある。 arealme. png• 小南(コナン) 0 0 1 0 私が安心できるときは、雨が汚いものを洗い流す、雨で忍者の血痕を洗い流すとき。 この世界はこんなに汚くならなくてもいいのに。 彼女は第二次忍界大戦時の雨隠れ村の戦争孤児、冷静沈着で、思いやりがある。 小南は幼少期から、折り紙が得意。 暁の創設者の一人で暁の紅一点。 最終的にナルトと長門との話で心を動かされ暁を脱退する意向を伝え、もう一度世界を平和にしようとしたがその後、マダラと交戦し死亡。 あなたは、他人が羨む独特な気質を放っています。 すべてのものを愛すことができ、自分の利益にこだわらず、争いが好きではありません。 常に落ち着いて行動することが多いです。 喜怒哀楽を表に出さない人です。 arealme. png• テンテン 0 3 3 3 自分の力で仲間を守ってみせる!!あとこの世界も! テンテンはすごく活発で、口寄せによる忍具の召喚と発射を得意とする暗器使い、華麗なくノ一です。 人の気持ちを読み取ることが得意で中華まんと胡麻団子が大好物。 チャイナドレスに身を包んでる。 研究熱心で、世話好き。 たびたび無茶をするリーの面倒をみたり、ネジの修行相手を務めたりしている。 あなたは、とても情熱的で、気前が良く、快楽を追求する人です。 色彩などの組み合わせが好きで、色 音 動作などの感覚に敏感である。 敏感で機敏、単調に繰り返すものが嫌い。 人や物事に対してすぐに飽きる傾向がある。 何かに縛られたり拘束されるのが嫌いで、自由自在に生きたい。 カリスマ性がある。 arealme. png• 山中いの 0 2 0 1 花は満開に咲かないと意味がないのよ!! 幼少期の頃からうちはサスケに好意を持っており、サクラと会うたびにサスケのことで喧嘩をしたり、張り合ったりしている。 サクラと親友になったのも元々いじめられっ子だった彼女を助け、広い額のコンプレックスを克服させるためリボンをプレゼントしたのがきっかけであり、気の弱かったサクラをいつもいじめっ子から守っていた。 中忍試験での本気の戦いを経てお互いに認め合い、露骨に大喧嘩することはなくなった。 あなたの性格と山中いのの性格で似ているところは、ドリーマーであること。 人格に魅力があります。 他者に対しての大いなる影響力を持っています。 あまり悩み事がなく楽天家。 幅広い友達があり、簡単に友達を信じてしまう傾向がある。 他人が少しあなたに対してよくすると、あなたは何でもしてあげてしまう感じの人。 arealme. png• うずまきナルト 5 3 2 2 私は今決めた!!自分の忍道を貫く。 もう後戻りしない夢に向かって突っ走る!! 生まれた時両親が村の犠牲となりなくなった、それに九尾をナルトの体内に封印した。 周りからの冷たい目線と孤独な環境の中で育っていった。 だが彼の担任と三代目火影には周りと違い認められていた。 そんなわけもあり火影を目指すことに。 木ノ葉の火影になり、自分の存在を里の人々に認めさせる事を夢としている。 たゆまない努力の末7代目火影となった。 火影となった今も木の葉隠れの忍者のために火の意志を伝えるために、木の葉と忍界の均衡のため努力してる。 あなたの体からナルトの影が見えます。 自分が何をすべきか?いつすべきか?とはっきり明確に理解しています。 正義感、責任感が非常に強く、人に対して誠実で、思いやりがあります。 また頭の回転が早く、常に新しいアイデアがあり、グループまたは組織のリーダーに向いています。 arealme. png• うちはサスケ 5 2 2 2 色々なことに束縛されるとただ自分自身が困惑してしまう。 目標、想いがあるんだったらそれを大切にしょう。 非常に家族思いな人で、言葉で表すより行動で示すタイプ。 一夜の中で死んでいった家族、サスケの心の中は言葉で表せぬほどの悲しみと怒りで満ち溢れ、心を閉ざしてしまう。 より強い力を求めて一日も早く家族のために復讐しようとしている。 独立した思考をもちまた純粋で敏感。 基本クールであまり喋らないが、内に秘める情動は強く熱い。 あなたはサスケのような天才で、聡明で機敏。 分析力が高く、成すことすべきことは非常に真面目に遂行する。 完璧主義者。 また物事の本質を見抜くことに長けています。 仕事上ミスが非常に少なく、自分の意思がしっかりとしており、何事にも強靭で動揺しない。 初めから終わりまで最善を尽くす精神をお持ちです。 arealme. png• はたけカカシ 5 3 3 2 大切なものは無くしてから改めて知るのだ。 顔をマスクで半分覆ってるため、どんな顔をしてるのかほとんどの人がわからない、またカカシは二重人格者、心の底には永遠に消し去れない心の傷を負い、みんなにはニッコリ笑顔を見せる。 写輪眼の持ち主、本来うちは一族しか持てないはずの写輪眼を持っている理由、しょっちゅう遅刻をする理由は、全て12歳の頃に神無毘橋の戦いで起こった悲劇に由来している。 あなたとカカシの性格で似てるところは、自分の目標と理想像があるところ。 また理想と現実のバランスをとりながら理想を追求する。 客観的で理性的、自信もある。 友達を作ることが好きで人に対して誠実で素直である。 arealme. png• 我愛羅 5 1 1 3 厳しい環境の中から、新たな活動力を生み出す能力を持ってる。 守鶴の力を制御しきれず、里の人間から恐れられ、実父・四代目風影からも幾度となく刺客を差し向けられる程、疎まれた孤独な幼少期を送った。 しかし、ナルトとの戦いで、他者との繋がりは憎しみと殺意だけでしかなかった我愛羅は、同じ孤独な心の闇を知るナルトと理解し合う。 冷酷で利己主義な性格だったが、ナルトによって少しずつ心を開き、自らの憎しみを乗り越え五代目風影となった。 もしあなたが古代に生きていたら、凶暴で野心を持った人物であっただろう。 激情にあふれ、熱狂的な追求により不可能なことでも成功へと導くでしょう。 行動力と決断力が人より優れており、物事に対してたゆまず頑張る、激情なリーダーです。 全力でするか、しないか。 二者一択。 arealme. png• うちはイタチ 5 1 1 2 現実とは、湖に映ってる月のようなもの。 人はみんな執念の中で生きている。 あなたはどう思う? イタチは天才である。 彼の知恵、智力、思考、は非常に優れており小さな頃から一族または里の限界に束縛されなかった。 口数が少なく、コミニュケーションが苦手、なぜなら7歳で忍者学校を主席で卒業、8歳で写輪眼を開眼、10歳で中忍に昇格している。 13歳の時には暗部の部隊長を務めていたから。 イタチは木ノ葉ひいては太平の世の為、そして何よりもサスケを守る為一族を殺した。 また最後にサスケにこんな一言を残している。 「お前はオレのことをずっと許さなくていい…お前がこれからどうなろうと、おれはお前をずっと愛している」 あなたは刺激が好きで、変化と新しい事に対して非常に興味を持っている。 仕事上では効率を求め、明確な目標があり、迅速な行動と、リーダシップ性がすごい。 他人に反対されてもあまり気にせず、逆に成長しつづける。 arealme. png• 奈良シカマル 5 2 3 1 こんな感じの私ですが、このことで面倒なんて思ったことはない。 なぜなら私はあなたの命を守ってるから。 シカマルはIQ200以上の天才で戦況を把握する洞察力や得た情報を処理する解析力、そして常に冷静な判断を下すことが出来る。 他の血の気が多いキャラに比べて彼は平穏な生活が送りたいらしく、こんなことを言ってる。 「僕は適当に忍者になって適当にお金稼いで、普通の女の子と結婚して、子供二人産んで、一人目は女の子で二人目は男の子。 そして暇な時は将棋して悠悠自適に生活して妻より早く死ぬ。 」こんなこと言ってるけど、仲間が危険にあってる時はすぐに助けに行くいいやつ。 「頼れる」これがあなたの最大なるレッテルである。 仕事では一定の順序や手順を踏んで事を着実に一歩々進めるタイプ。 トラブルを回避することに長けており、また冷静であまり驚かない。 人と付き合うのが得意。 よく考えたり、人を観察するのが好き。 聞き上手で人助けが好き。 arealme. png• 日向ネジ 5 0 0 0 暗闇の中から一筋の光を探し求める。 ネジの性格はすごく冷静沈着で、周囲からは「日向始まって以来の天才」「木ノ葉の下忍(当時)で最強の男」と称さてる。 感情の薄いやつと思われることが多いが、内心とても仲間のことを気遣ってる。 三大瞳術の白眼の使い手。 第4次忍回対戦中、復活した十尾の攻撃からナルトとヒナタを庇って戦死した。 あなたの体からネジの影が見えます。 冷静で正義感があり、他人と争うのが嫌いです。 明確な目標があり、責任感もあります。 コミニュケーション能力に長けております。 一見静かな人に見えますが、友達、家族に対してはすごく誠実な心で向き合います。 arealme. png• 纲手 9 9 9 9 9 9 9 9• 大蛇丸 9 9 9 9 9 9 9 9• 李洛克 9 9 9 9 9 9 9 9• 自来也 9 9 9 9 9 9 9 9• 伊鲁卡 9 9 9 9 9 9 9 9.

次の

【ナルト】転生眼の強さがヤバい…能力や開眼条件まとめ

ナルト チャクラ 性質

NARUTOとは、で連載していたのである。 4から号掲載。 全0話。 ・号合併号から号まで『 』が短期連載された。 また続編としてたちの子世代の活躍を描く「 」が1でで連載されていた(後にに移籍)。 概要 と並んでいたの看で、特にではが題材というのも拍がかかりよりが高いといわれるほど知名度がある。 のズでは「 が尊敬する人」にがしている。 落ちこぼれの見習いであるが持ち前の前向きな性格で様々な困難に立ち向かい、人との出会いやの日々の果てに成長しやがて規模の陰謀にたちと共に立ち向かうことになる。 長らく連載をしていたが、連載開始から15年後の号のをもって多くの、から惜しまれ、賞賛され連載を終了した。 は全巻。 としてのが高い一方、上ではいわゆる、に類するものもで、と呼ばれる画像が画像としてよく出回る。 あらすじ 木の葉の里のは、若きの育成である。 そこの「」は、いつか木の葉の首領「火」になることを夢見る、試験を3度落第した落ちこぼれ。 やっとの事で試験に合格し下となり、、と共に、上のの班に配属されたは、数々の苦難を乗り越え成長していく。 用語 び五大 「火の」「の」「の」「の」「土の」という勢の大きな5つのの総称。 それぞれのに属する隠れ里の長(木ノ葉の里の「火」、隠れの里の「」、隠れの里の「」、砂隠れの里の「」、岩隠れの里の「土」)は「 五」と呼ばれ、びのの頂点に立つ存在である。 の身体を構成する膨大な数の一つ一つから取り出す「身体」と、や経験よって蓄積する「精」の総称。 体内では経絡系と呼ばれる管を流れている。 これらを練り上げることで術を発動する。 またそれとは別に、のそのものもと似た性質を持っており、特別な修業を経る事によってこれを体内に取り込みとして練る事ができる。 術 達が使う技の総称。 大きく分けて「術」「幻術」「体術」の3つに分類され、を消費して実現する術も多い。 それとは別に「呪印術」「封印術」といった特別な習得手段を要するものもある。 どの術は習得難度の差はあれどでも修業次第で習得できるものだが、中には「秘伝」と呼ばれ、の一族しか習得していない術もある。 さらに、の一族特有の体質や遺伝を用いることでのみ発動可な術は「血継」と呼ばれ、単に術の詳細が開されていないのではなく、その一族の血を引くか、身体の一部をなどで取り入れない限り絶対に使う事ができない。 禁術 術のうち、何らかの理由により「使うべきではない」として使用を禁止されている術。 に「分身の術」「・裏」「・」などがある。 禁止される理由は様々だが、に「使用者にかかるが大きすぎる」「術の仕組みに致命的な弱点があるため実戦で使うのは危険」などがある。 術のとしては禁術定される術は全て高等術と同じS定になっているが、理由があって禁術定されているものなので、ただ「習得して使うだけ」ならば較的容易な術も多い。 (を全て解決した上で使いこはいずれも高等) 例えば分身の術はであるを始めとして多数のが使っているため禁術のがいが、これは「が均等に分配されてしまうので分身しすぎると本体が枯渇で命の危険が生じる」「分身の疲労が一気に本体に還元されてしまう」と言うにより、本来は非常にな術である。 は九尾抜きでば抜けたスタミナと量により、上は精密なと分身数の自制により、の出ない範囲で使用している。 実戦でない場ならば、木の葉丸の役を務めていた特別上・がとのの際に十人の多重分身を披露している。 なお禁止ではあるが、習得や使用に対して特に罰則などがある様子はない。 禁術定されている術の習得方法を記した巻物は機密として保管されている事が多いため、それを盗み出せばもちろんだが、正当に師から伝授されるなどで覚えた禁術ならば使っても罰せられない。 強いて言えば、未熟な状態で術を使ってしまえば師からのお叱りはあるだろうが、使うべき所でを覚悟の上で使った禁術については咎められない事が多い。 師・より言いつけられた条件に従った上で裏を使ったリーは多大なを受け重体に陥ったが、教えた側のが非難される事はあったものの、リー本人はからも責められる事はかった。 性質変化・形態変化 はただとして練っただけでもとしてを持つが、これをの形に変化させることでより特化した効果を発揮することができる。 を回転させる、一箇所に押し固める、にわせるなどの的な変化を起こすものを「形態変化」、火やなどのを与えるものを「性質変化」と呼ぶ。 性質変化は火・・・・土の5種類の性質があり、五大の名の由来となっている。 性質変化にはのように優劣関係が存在する。 また自分のがどの性質に属するかは先的に決まり、例えばのはの性質をもっているが、を始めとしたうちは一族は皆火の性質を持っている。 ただし先的な性質に合致する方が高の術を習得しやすいというだけで、複数の性質変化を会得する事自体は修練次第で可。 上になると大抵2つ以上の性質変化を会得している。 ただしこれらの複数の性質は「使い分けられる」だけであり、2種類以上の性質変化を同時に行うことは原則としてである。 上述の「血継」の中にはこれを可にするものがあり、初代火・は遁と土遁を組み合わせた「木遁」を使う事ができた。 なお、の性質変化のの際に「性質変化の会得は本来何年もかかる」という発言があったが、下でも性質変化を使った術を行使する者は何人もおり、もの頃に1週間で「火遁・火球の術」を会得し、中選抜試験本選前に1か未満でからを会得している。 これらについては、印を用いて決まった形でのみ発動する術ならばと印さえしっかりすれば下でも発動可な一方で、新術を開発したりする等でそのものの性質を丸ごと変えてしまう、思いのままに性質を扱うで変化を使いこなすには年のが必要、と見るのが。 のも初期は印を結んでに収束する事しかできなかったが、の元でした後の時期は印を結ばずともにしたり千本にしたり、果ては全身から放電するようなすらできるようになっていた。 尾 1~9本の尾をそれぞれもつ9体の。 膨大なの塊が姿形と自を得たとも言えるような圧倒的を誇る存在で、各里に1体ずつ分けられることでを危うい所で保っている。 ただし尾を尾のまま存在させている里はなく、いずれものの体内に封じ込めた「 人柱(じんちゅうりき)」と言う状態にする事によってそのを抑え管理下においている。 NARUTOのは木の葉隠れの里にある「九尾」を宿した人柱である。 人柱は場合によっては体内の尾のを表に出して使う事があり、その時はとは思えないほどのを持つ。 尾のが漏れ出ている度合いによって段階があり、の九尾だと段階が進むごとに尾の数が増えていき、4本を越えた辺りで師・でも手がつけられない状態になる。 こういった状態になるのは基本的に尾がを嫌っており、理やり封印されている状態で隙あらば宿を乗っ取ろうとしているためであり、自身が宿す尾と良好な関係を築いている隠れの里のビーおよびにおいてはこのは起こらない。 も終盤で九尾と和解を果たし、することなく九尾のをで外に出すことができるようになっている。 なお、が九尾と和解した際には自身のにある八卦封印を解除している描写がある。 九尾自身も「この封印のせいでをやれるのはのほど」と発言しており、和解してで九尾を使えるようになった後のにおいては、そもそも九尾は封印されておらず、九尾自身の意志での中に留まっている状態である(和解して封印を解いても、抜け出れば人柱が死ぬという状態は変わらない)。 アニメ で、にて放映された。 で第二部にあたる部分は、「NARUTO-ナルト-疾風伝」で放映された。 時々、凄腕が多数参加することがあり、すさまじいを披露してくれる。 特に話「の哮!オマエはオレのだ」はそこらのをえるほどのを誇り、業界内でもとなっている。 また、OPはほぼ毎回な顔ぶれとなっており、そのの高さは必見。 主要登場人物・キャスト.

次の

【NARUTO】七代目火影!主人公ナルトの能力・術・技一覧!

ナルト チャクラ 性質

日も昇らない前に吹く風が襖を叩くのを、目覚まし代わりに起き上がる。 誰も起きていないことを確認してから、音を立てずに襖を開ける。 玄関までの長い距離を抜き足差し足忍び足で一気に駆け抜ける。 うちは一族が暮らしているのは、里の端であるから修行場所まではそれなりに距離もあるし時間もかかってしまう。 でも持久力や筋肉を鍛えるにはもってこいだ。 「いっちょやってやるってばよ!」 五月蠅くならない程度に、しかし自分に気合いが入る程度には大きな声を出して走り出す。 地面を蹴って門を飛び越え、中心部へ向かって伸びる路地を駆けた。 「まったくよくもまあ、こんな朝早くから修行に行けるもんだ。 俺なら布団で丸くなっているのに。 それに似てサスケは熟睡中だ」 うちは一族が暮らす住居の中でも最も高い建造物から見下ろす人影。 そこにいたのは頬に深い皺が刻まれている少年だった。 口から漏れる息は白く、寒い季節であることを如実に示している。 「寒いってばよぉぉ!でも負けねぇ俺は負けねぇぞぉぉぉ!」 『朝っぱらから五月蠅いぞ小僧』 他者には聞こえない。 しかし少年には聞こえる未知の声音。 だが少年は知っているそれが誰なのかそして何者なのか。 「そっちから話しかけてくるなんて珍しいってばよ。 どうしたんだ?」 『お前が叫ぶとワシが居るここにも反響する。 もう少し声量下げろ。 そして眠らせろ』 「かたいなぁもう少し楽しくやろうってばよ」 『ワシは九尾だ。 尾獣の中でも最強の存在。 人間などと馴れ合うつもりはない』 「そう言いながらもオレと話してるってばよ」 『ぐっ』 口には出さずとも1人と1体は会話を成り立たせている。 それは体内に封印されているからという単純なことではなく、それなりに関係を築いているからだ。 「馴れ合うつもりがなかったら、オレに話しかけなかったらいいんだってばよ。 オレから話しかけることがなければそっちが話すこともない。 ということはオレと話すことを望んでいる。 そして人間と馴れ合うつもりがあるってことだってばよ」 『…グウ』 「狐が狸寝入りするなってばよ!」 『ぐあっ!わかったわかった!だから叫ぶなナルトぉ!』 「わかれば良いんだってばよ」 会話をしながらもナルトは、雪の積もった住宅の屋上を脚伝いにして〈火影岩〉へと向かっている。 目的地はそこではなくその奥にある岩場だ。 到着するまでには、森を少しばかり抜けなければならないがそれも修行の一環。 面倒だとか時間の無駄だと考えればそこで終わりだ。 『しかしあれ以来修行に精を出すようになったようだなナルト』 「チャクラ性質だっけ?サスケには2つあってっとぉ!危ねぇ落ちるところだってばよ」 雪で隠されていた溝に足を取られながらも、ナルトは会話を続けている。 「オレには1つしかなかったから悔しいんだ。 修行していたら、いつかもう一つの性質を身につけることができるかもしれない。 サスケに負けたくないから、こうして誰にも見つからない時間から頑張るんだってばよ」 『ワシは人間でないしチャクラ性質と関係がない。 だからお前の苦労はわからんが、努力するのは間違っていないと思う。 結果が出るかどうかは知らんがな』 「母ちゃんはどうだったんだってばよ」 『クシナか、あいつは封印術に長けていたからな。 そもそも封印術は才能が主にものを言う。 できない輩には一生できず、できる輩は一度見せれば再現してみせることも可能だ。 ワシはクシナとお前のように関係を築いてこなかった。 どのような苦労をしてきたのか理解はおろか知る術もない。 ワシは中身でクシナは器というそれだけの関係だった』 「苦労してたんだな2人とも」 『笑止、お前が異常なだけだ。 尾獣と仲良くなろうとは誰もが忌避するものであって考えもせん』 実際、尾獣を保有する五大国は、道具としか扱わず尾獣の器である人間通称人柱力を嫌い蔑み迫害してきた。 いつ暴走するかわからない何をされるかわからない。 といった人間の魂胆に組み込まれた原始的な本能の恐怖。 中にいるからこそ尾獣にはわかる。 自分たちが静かに暮らしていたくとも、人間はそれを許さず奪い去るものだと。 「それにしては九尾は随分オレに寛容だってばよ」 『いや、その、ワシもここまで親しくされることはなかったからな。 どう接すれば良いのかわからん』 両手の指先を合わせてイジイジしながら、チラチラと檻の先に立つナルトを見ている様子が眼に浮かぶ。 小さな山程度の巨体を誇る狐が、そんな行動をしているのを想像すると噴き出しそうだ。 「初い奴だってばよ!」 『ワシを馬鹿にしてるだろこら!』 「いや親近感ってやつだってばよ」 『けっ図々しい小僧だ』 文句を言いながらも、まんざらでもない様子でそっぽを向く九尾に、ナルトは苦笑しながら〈火影岩〉を目指すのだった。 その頃火影室では3代目火影こと猿飛ヒルゼンは、パイプを吹かしながら資料に目を通していた。 手元に積み重ねられた資料には近隣諸国の情勢や軍備拡縮やら。 〈木の葉の里〉の経済関係などジャンルが多種多様に含まれている。 一夜漬けで一通りの仕事を終えたところで一息ついていた。 「まったく年寄りにこの量とはのぉ少しは考えんか。 上層部も何をやっているのかわかったもんじゃないぞい」 「ヒルゼン、いつまであの件を放っておく気だ?事は一刻を争うのだぞ手遅れになっては他国に示しがつかん」 「ノックもせずに入ってくるとは。 また礼儀がなくなったのではないか?ダンゾウよ」 「お前と儂の仲だろうに。 その程度で怒るとは引退も近いのではないか?」 「相変わらず口が減らんの」 ドアを開けて入ってきた人物に眼を向けずヒルゼンは言葉を交していた。 口では言い合ってはいるが、嫌みを言い合うほどには時間も心の余裕もあるようだ。 ダンゾウと呼ばれた老人は右手と右眼がなく杖をついている。 不気味な様子の老人の放つ空気は、そこらにいる引退した元忍の老人程度ではなく、歴戦の戦士という強い覇気を発している。 実際、かなりの腕前の忍者であるが今は木の葉を裏から支える〈根〉として活躍している。 ヒルゼンと同期で同じ隊であったことから関係は深い。 ヒルゼンが3代目を継いだことから若干敵視しているが、互いに信頼はそれなりにあるからか、表と裏の長として里を大切に想っている。 「その件は何度も言っておるじゃろう時間をくれと。 時には時間が解決してくれるかもしれんしな」 「とは言うがもう見過ごせないところまで来ているのは知っているだろう。 いつ暴走しても可笑しくはない」 「だからイタチを使えと?精神的に未熟な子供にそんな辛い思いをさせるなど儂にはできん」 「未成熟だからこそ矯正はできる。 イタチはもう子供ではないと意見は一致した。 奴は子供の考えを持たず、儂ら年長者でさえ驚かされる才能を無駄なく発揮する。 それがうちはイタチという忍びだ」 話の内容は皆目見当もつかないが、イタチが話題の中心でありキーマンであることは疑いようもないことだ。 「それに九尾の小僧をうちはに預けるとは何を考えている?九尾襲撃事件の黒幕はうちは一族だというのに」 「これこれ結論はそう急ぐものではないぞ。 まだうちは一族が犯人だとは誰も下しておらんのだ。 事は慎重に行かんとな。 それにナルトをうちは一族に預けたのは、双方に利益があるからじゃ」 「ほう?聞かせてもらおうか」 ダンゾウが向ける冷ややかな視線にもめげず、ヒルゼンは笑みを浮かべながら口を開いた。 「ナルトの母親であるクシナはフガクの妻のミコトと仲が良かった。 それに誕生日も近いこともあり容易に受け入れてくれるだろうと儂は考えた。 結果、儂の考え通り事件後に引き取ってくれたので満足じゃった」 「それはうずまきナルトの利益だ。 うちは一族に利益があるということはどういうことだ」 「九尾の人柱力がいるとなれば、うちは一族は力を得たことになる」 「暴走する理由になるではないか」 「まあ最後まで聞け。 じゃが九尾を手中に置いたところで、事件の容疑をかけられているうちは一族は、容易に事を動かせなくなる。 クーデターを起こしたがっている一部とは違い、ナルトの親代わりのうちはフガクはクーデターに積極的ではない」 「消極的でもないがな」 ダンゾウの茶々にもヒルゼンは笑みでスルリと躱し話を続ける。 「つまり容疑をかけられているうちは一族は九尾が手中にいることで動けず、フガクにとっては妻の友人の子を育てることと、クーデターを抑えることの理由になる。 ここまでくればわかるじゃろう?」 「…イタチが木の葉側にいることで周囲のうちは一族への評価は上がり、木の葉の考えをうちは一族へ漏らすことでイタチの一族内での信頼を得ることができるか。 イタチがおらねば成り立たんぞ」 「わかっておる。 いたからこそこうして双方に支障をきたさない策を練ることができているのじゃ」 「だがいつまでも保てるとは思っておらんだろうな?」 「…わかっておる。 最悪の事態になる前に儂がどうにかしよう」 先程まで浮かべていた笑みは消え失せ、里長としての責務を常に抱えている者にふさわしい顔つきになる。 こういう風に気持ちを即座に切り替えることができるから、ヒルゼンが火影として選ばれたのだ。 「あまいなヒルゼン。 問題になりそうであれば、芽吹く前に摘み取っておくのがもっとも的確な策だ」 そう言い残し火影室からダンゾウが出て行った後、ヒルゼンはため息を吐いた。 普段からダンゾウと会話する場合は話題は決まっている。 うちは一族の反乱と里を選べという脅しは、あの事件から続いているからだ。 今の最大の問題はそれであった。 「もしもを語るのは間違っておるじゃろうが、ミナトが生きておれば問題はなかったのかのう。 ナルトか。 イタチとサスケの2人と関わってどのように成長していくのか楽しみだのう」 そう言って一日の幕開けを告げる朝日を火影室の窓から眺めるヒルゼンの顔には、孫を見るような穏やかで優しい微笑みが浮かんでいた。 「だっしゃあぁ!今日の修行は終わりだってばよ」 そう言って雪が積もった地面へ寒いというのに、玉のような汗をたんまりとかいたナルトが横たわる。 『1ヶ月前よりは成長したな。 ワシの毛一本程度だが』 「はんっ九尾の毛で例えられてもわかんねぇよ!わかりやすく説明しろこの能無し!」 『なんだと!?それが尾獣最強のワシに対する態度か、あぁ!?』 「アカデミー入学前のオレと同レベだから言ってるんだってばよ!」 『それ以上口答えすれば身体乗っ取るぞこら!』 いやはや幼児と言い合う厄災とも呼ばれる存在とは見ていて悲しくなる。 ダンゾウとヒルゼンが重々しい話をしているというのに、九尾が少年と喧嘩とは世も末かもしれない。 「帰るってばよ。 腹減ったしみんなが心配するかもしれねぇ」 『気をつけろよ最近は里も騒々しいからな』 不器用にナルトの身の危険を心配する尾獣最強。 なんとも不思議な光景ではあるが見ていて心安らぐ光景にも見えた。 森を向けて父であり4代目火影の〈火影岩〉からダイブする。 真冬の凍えるような刺すような冷気も、修行で熱を発している身体にはなんら影響も与えない。 むしろちょうど良い具合に冷却してくれるようでもあった。 耳元を抜けていく風音。 橙色の朝日に照らされた里は綺麗だ。 振り返れば他の顔岩とは違い穏やかな表情にも見える1つの顔。 それは顔を全く知らないナルトにとって、色がついていて本来の表情を浮かべているようにも見えた。 『ミナトか。 あの頃のワシは暴れることしか知らなかったからな。 今思えばあんなに破壊と殺戮をしていた自分に吐き気がする』 「父ちゃんってどんな人だったんだ?話では知ってるけど九尾の方が近くにいただろ?」 『第一印象は女男みたいなひょろい子供だったな。 クシナと同じ意見だったことは少し癪だが。 だが見た目とは違い多方面に優れた忍びだったのも事実だ。 あいつが使う《飛雷神の術》はワシをわくわくさせる代物だったぞ』 「強かったんだな」 『だからこそ火影になった。 人望もあり強く優しい。 だからこそ誰もがついていきたいと思ったのだろう。 その血がお前にも流れていることを忘れるなよ?お前はうずまき一族の血を引き火影の血を継いだ忍者だ。 そして尾獣最強のワシがいる。 これほど居心地の良い場所にはもう二度と出会わないだろう。 だからナルト死ぬなよ?寿命以外で死ねばこの里を破壊するからな』 「善処するってばよ…」 気が付けば地面まではあと僅か。 このままの勢いで地面に着地すれば、いかに人柱力であるナルトでも大怪我は免れない。 だが…。 「よっと、反動が痛いなぁ。 どうにかならないのか?九尾」 人間にはない 尻尾 ・・。 それも 緋い衣 ・・・ で覆われた一本の尻尾で地面を捉えて衝撃を吸収していた。 『無茶言うなそれを使えるだけでも立派なもんだ。 ワシのチャクラはお前自身のものとは似て非なるものである以上、本当の意味で得ているわけではないのだから反動は付きものだ。 ワシのチャクラにはかつての怨みや憎しみといった怨念が混ざっている。 お前の持つチャクラは真逆の愛や友情といったもので形作られているからな。 それに触れている部分がワシのと拒絶反応を起こしているっていうわけだ』 「怨念?拒絶反応?」 『…簡単に言えば負の感情と拒否する反応だ。 今はそれだけ理解していればいい』 6歳の子供に理解できる内容ではないのは確かだ。 それを話題にする九尾も九尾だが。 来たときのように家々の屋上を駆けていると、奥まった路地の一角で可笑しな光景を発見した。 縄で縛られガムテープを口に付けられた少女が、4人ほどの黒装束の男に囲まれていたからだ。 異様というよりは危険というのが1人と1体の見解のようで、何も発さずに路地へと着地した。 「何者だ!?」 「それはこっちのセリフだってばよ!なんで女の子をこんなふうにしてんだ!?それにその服装は木の葉の忍びじゃねぇ。 誰だ!?」 「金髪碧眼のガキ。 まさか…殺せ!こいつは九尾の人柱力だ!」 1人の叫びに合わせて男たちがナルトへ襲いかかった。 ナルトの背後には縛られた少女がいるため、避けることはできないし狭い路地である以上応援も呼べない。 6歳の子供が大人4人に勝てるビジョンなど見えない。 それはナルトが 普通の6歳児 ・・・・・・ だったならの話だが。 だがナルトは残念だが普通の子供ではない。 4代目火影と先代の人柱力の子供であり九尾に気に入られた現在の人柱力だ。 「こ、これが九尾の人、柱力か…」 一瞬で無力化された黒装束たちは白目をむいて気を失った。 「やっぱ体術は鍛えておくべきだな。 イタチさんやサスケのおかげで戦えたぜ」 『及第点だぞナルト。 言葉を発さずに刈り取らなければ思わぬ不覚を取る可能性もあるぞ』 「わかってるってばよぉ。 いちいち細かいんだから」 「んんんんん!」 取り敢えずは肩を塞がれている少女を助けるのが先だ。 体に巻かれている縄はそれなりに太く、結び目は固く締められている。 手で解くには時間がかかると判断したナルトはチャクラを指先から放出し、ナイフのように形状を変化させた。 「んんんんん!」 「怖がらなくていいってばよ縄を切るだけだから」 ナルトが落ち着くように言うと、眼に涙を浮かべた少女は大人しくなりされるがままになる。 チャクラで形成されたナイフは切れ味が良いらしく、あっという間にロープを切り落としていた。 その次に口を塞いでいたガムテープを外す。 「…助けてくれてありがとう」 「偶然だってばよ。 それから今のうちに逃げた方がいいぞ。 じゃあな」 「あっ待って。 …行っちゃった誰なんだろうあの子」 少女にできたのは、壁をひとっ飛びしていていったナルトがいた場所を眺めることだけだった。

次の