クラリネット 童謡。 童謡「クラリネットをこわしちゃった」のフランス語原曲の歌詞と英語版・日本語版歌詞

童謡・唱歌 クラリネットをこわしちゃった 歌詞&動画視聴

クラリネット 童謡

フランス語版 [ ] を題材とした子供の歌「 J'ai perdu le do」として知られているが、作詞者・作曲者ともに不明で、の歌として親しまれているが、発祥地がフランスに求められるかどうかも定かではない。 歌詞は、クラリネットを上手に演奏できない子供に対し、父親が指導するという内容で、長短が異なる数パターンのメロディと歌詞がある。 著名な録音としては、にフランスのから発売された、フランスの歌手リュシエンヌ・ヴェルネ()とレ・キャトル・バルビュ()の共演によるEP『Rondes et chansons de France No 4(フランスのと歌 第4番)』に収録されたものなどがある。 原曲は、「 La chanson de l'oignon(の歌)」と呼ばれるとされ、1800年のでの軍隊が士気を上げるために歌ったとする説がある。 話によれば、ナポレオンはがパンに玉葱をこすりつけてるのを見かけ、「何をこすりつけてるのだ?」と質問した。 彼らは「普通の玉葱です。 栄光への道を行進するのにこれ以上のものは有りません。 」と回答した。 これは「戦友よ共に進もう」という行進曲風にも、「(パパが演奏する)リズムに合わせて演奏しなさい」という楽器の手ほどき風にも、解釈できるという。 歌詞は「ド」「レ」「ミ」... の音階名と同じ発音を語頭に持つ単語を使った言葉遊びになっている。 なお、この場合の「viola」は、のではなく、ポルトガル語におけるのやや古い呼称である。 スペイン語版 [ ] 圏では「 Mi Granja(私の農場)」または「 La Granja(農場)」という遊び歌として知られている。 歌詞はフランス語版やポルトガル語版とも異なっていて、でさまざまな動物たちが鳴いている様子を歌う内容になっている。 日本語版 [ ] 「クラリネットをこわしちゃった J'ai Perdu le do 」 の 収録アルバム 『石井好子とダーク・ダックスによる「フランス子供の歌」 』 リリース 規格 EPレコード(7インチ) 時間 1分29秒 (訳詞) フランス童謡 『石井好子とダーク・ダックスによる「フランス子供の歌」 』収録順 粉ひきのお寝坊さん (歌:石井好子とダークダックス) 第1面-2 「 クラリネットをこわしちゃった J'ai Perdu le do」 第1面-3 ロレーヌの田舎娘 (歌:石井好子とダークダックス) 第2面-1 日本では、による詞のヴァージョンが知られており、その内容はフランス語版「J'ai perdu le do」をおおまかになぞったものである。 歌詞中サビの部分「オーパキャマラド( Au pas, camarade)〜」はフランス語のままである。 これについて訳詞者の石井好子は、原語のリズム感を重視したと語っている。 石井好子がに在住していた当時、入手したフランスの子供の歌のレコードを子供に聴かせているうちに自身もフランスの子供の歌に興味を持ちはじめ 、日本へ帰国した後とのレコード企画のために日本語詞を書き下ろした。 ダークダックスの歌唱版は11月発売の2枚組EP『石井好子とダーク・ダックスによる「フランス子供の歌」 』( AEA-23〜24)に「クラリネットをこわしちゃった」ので収録された 後、NHKの『』で放送された(後述)。 編曲は『石井好子と〜』収録版ではダークダックスと、『みんなのうた』版では。 その後、さまざまな歌手がしており、版 、版 、版、とによる版、版などが存在する。 『』では、が「クラリネットを壊しちゃった〜ステインアライブ」という形で歌唱・演奏した。 にはの「お話し中調べ」サービスの「114番」の新設を告知するテレビCMにおいて、が替え歌を歌った。 にはのシングル「 ZuZuバージョン」のカップリングで、「クラリネットをこわしちゃった ZuZuバージョン」としてでカバーされた。 また、インディーズではあるが、1980年代のニューウェイブバンド(がリーダーを務め、も在籍していた)が代表曲「オールナイトロング」の中でメロディと石井好子の日本語詞 を使用した。 『』の店内放送で替え歌が使われている。 『みんなのうた』での初放送はからにかけて行われた。 表記は「クラリネットこわしちゃった」(「を」が付いていない)。 放送では2番と3番の間に、調子が外れたクラリネット・ソロ(「ぼく」が演奏しているという設定)が挿入された。 この部分はクラリネットの素人に演奏してもらい、二人羽織の要領で指使いだけプロの奏者にさせることで表現している。 アニメーションはが手がけた。 映像はモノクロで、使用が多かった。 からにかけて、ダークダックスの歌はそのままで、映像をカラーに変えたリメイク版が放送された。 アニメーション担当は引き続き久里洋二だったが、「ぼく」「犬」のキャラクターが一新され、さらに「パパ」が追加。 バンクも前作より少なかった。 双方とも長期にわたって再放送されなかったが、まず第1作が、地上波でに、衛星第2テレビの『』で・同・に、再放送、一方、リメイク版は「」により映像が提供され、「」限定で1月に実に41年振りに再放送された。 なお、にで放送された『』の「『みんなのうた』特集」では、リメイク版のイントロ(クラリネットによる調子外れの音階)と1番が放送されたことがある。 絵本 [ ]• - 編曲:、合唱:によるCDが付属。 脚注 [ ]• 「ダーク・ダックス」の表記はジャケット表記の• タイトル通り石井好子とダークダックスの共演作品だが、「クラリネットをこわしちゃった」はダークダックスの単独歌唱。 1973年発売のLP『NHK「うたのえほん」より うたのおにいさん 第2集』( JBX-24)などに収録。 「続・よいこの童謡 ベスト50」「水木一郎 キッズ ソング・ベスト! 」(ともに)などに収録。 発売のCD『ハッチポッチステーション 〜What's Entertainment? 〜』に収録。 「ステインアライブ」は映画『』の主題歌で、一般的な日本語表記は「」。 石井の訳詞による部分は「どうしよう」の繰り返し部分のみ(サビ部分は原語のままであるため)であるが、「オールナイト~」について石井の許可が下りず、によるカバーが見送られた経緯がある。 (を参照のこと)• 、rockinon. com、2011年3月10日 18:15。 - NHK みんなのうた• - NHK みんなのうた 外部リンク [ ]• (フランス語)• (フランス語)• フランス語版「J'ai perdu le do de ma clarinette」の様々なバージョン• - (0:00〜3:07)• - ()• - ()• - (ハピクラワールド) この項目は、に関連した です。

次の

クラリネット教本| 管楽器専門店 永江楽器

クラリネット 童謡

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-37-13 [TEL] 03-3312-7591 10:00〜18:00 [FAX] 03-3312-7592 は定休日です。 誠に勝手ながら 日曜・月曜・祝日は定休日とさせていただいております。 ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い致します。 代金引換・クレジットカード・銀行振込・郵便振込・オリコ分割・Amazon Payの決済方法からお選びいただけます。 [代金引換]• お買上 1万円以上の場合、手数料無料です。 1万円未満の場合は代引手数料330円がかかります。 商品到着時に 現金にて御支払い下さい(現金指定のシールを貼っております) [銀行前振込・郵便振込]• ご入金確認後の発送です。 (前払い)• 振込手数料はお客様のご負担となります。 郵便振込の場合は、ご入金確認まで3日程お時間がかかります。 [クレジットカード]• 各社の「一括」もしくは「リボ払い」がご利用いただけます。 必ずご本人様名義のクレジットカードをご利用下さい。 カードご利用内容についてお電話等で確認させて頂く場合がございます。 海外発行のクレジットカードはご利用頂けません。 他の決済方法へご変更をお願い致します。 御注文の際に決済が通りましても、後程、他の決済方法へご変更をお願いすることとなります。 何卒ご了承下さい。 [オリコ分割]18才未満ご利用不可• お買上金額が 5万円以上の場合、ご利用いただけます。 3回〜最大72回まで。 ご注文頂いた後、弊社より在庫状況と併せてお申込みURLをご連絡いたします。 お買い上げ 1万円以上送料無料(送料込み商品 海外発送は除く)• お買い上げ1万円未満は 全国一律 680円• 宅配便は 佐川急便・ ヤマト宅急便にて発送いたします。 海外への配送は対応致しておりません。 良品で取り扱い後の商品は、原則として返品できませんのでご了承ください。 当社のミスによる商品間違い・不良品・配送途中の破損自己は責任を持ってすみやかに交換手配させていただきます。 良品で未開封の場合は返品可能ですが、送料はお客様のご負担となります。 楽器は御注文後のキャンセルは基本的にご遠慮いただいております。 新品の楽器を最高の状態でお届けできますよう努めておりますので、何卒ご了承下さい。

次の

クラリネット

クラリネット 童謡

概要 [ ] クラリネットは、・のが、頃に (: chalumeau)を改造して製作したのが始まりとされる。 シャリュモーはの古楽器であって、シングルリードの円筒形木管楽器であり、18世紀の後半頃までオーケストラに使用されていたといわれている。 しかし、現存する楽器は作者不詳のものが多く、関連資料もわずかしか残っていないので、製作年代はよく分かっていない。 と同様に構造の楽器であって、全長のほとんどを占める管体の太さは、ほぼ一定である。 閉管なので、同じ長さの楽器よりも最低音が1低い。 がほとんど発生しない ので、の波形は矩形に近く、独特のをもっている。 本体は大きく4つに分割することができ、吹口の側から 、 (俵管)、 管体、 と呼ぶ。 マウスピースには、 が によって固定されている。 両者は吹口の部分が共通なので、この部分だけを差し替えることもできる。 ソプラノ・クラリネット以上の大きさのものでは、管体をさらに上部管(上管)と下部管(下管)に分割できるものが多い。 少数ではあるが、ソプラノ・クラリネットでも一体型の管体のものがある。 クラリネットには同属楽器が多く、クラリネット属と総称する。 音域を変えるために管の長さを変えたものであり、運指などはほとんど同じである。 ハ調のソプラノ・クラリネット以外は、として扱われる。 同属の中のは頃にのマイヤーホーファー Mayerhofer によって作られ、などの低い音域のクラリネットの原型は頃にのによって作られたといわれている。 音域と音色 [ ] 以下の説明文で、イロハ音名での表記は記譜音を指す。 クラリネットのは、記譜で音の下のホから上に約4オクターヴ弱である。 など開管の木管楽器では第2倍音である1オクターヴ上の音が、同じかまたは似た運指となる。 しかし、閉管のクラリネット属では第2倍音が使えないので、第3倍音である上の音が類似の運指となる。 すなわち、最低音のホですべての側孔を閉じ、ヘ-ト-イ-ロ-ハ-ニ-ホ-ヘ-ト-イと変ロまで順次開けて行き、1オクターヴと完全5度上のロで再びすべての側孔を閉じる。 このとき第3倍音を出しやすくするためにレジスター・キー(他の楽器でのオクターヴ・キーに相当)の孔だけ開く。 上のロの直下の変ロおよびイの音域は頭部の短い部分だけで共鳴するので、「喉の音」(スロート・トーン)と呼ばれ、他の音域とは異なる音色となる(も参照)。 クラリネットの音域は、次の4つの領域に分けられる。 シャリュモー音域 (記譜でE3-F 4) 最も低い音域は基音によって出す領域でシャリュモー音域と呼ばれ、音は太く丸く、よく通る。 この呼び名は、もととなったフランスの古楽器である前述の シャリュモーにちなむ。 シャリュモー音域の中の低音域は野性的な響きを併せ持ち、怪しげな雰囲気を醸し出すことも可能である。 ブリッジ音域 (記譜でG4-Bb4) シャリュモー音域のすぐ上はブリッジ音域と呼ばれ、いわゆる「喉の音」の領域である。 シャリュモー音域と同様に基音であるが、デンナーがシャリュモーを改良した際に、シャリュモー音域とクラリオン音域(次項)の間を"橋渡し"するためにキーを取り付けた領域なので"ブリッジ"音域と呼ばれるのである。 この音域は倍音に乏しく、暗くくすんだような音色になりがちである。 標準の運指では、上の音域との間を行き来する場合、たくさんの指を一度に動かす必要があるので運指が難しく、また共鳴する管長が著しく変化するため呼気のコントロールも難しい。 クラリオン音域 (記譜でB4-C6 C 6 ) ブリッジ音域のすぐ上は第3倍音によって出す領域で、クラリオン音域と呼ばれる。 明るく開放的で艶があり、金管楽器の クラリオン()を彷彿させる。 「小さな()クラリオン(clarion)」という意味の「クラリネット(clarinet)」という名称もこの音色からきている。 アルティッシモ音域 (記譜でD6-A6) 最も高い音域(シャリュモー音域の3オクターヴ上)は、第5、7、9倍音によって出す領域で、アルティッシモ音域と呼ばれる。 比較的細目で極めて通りの良い音である。 しかし、音程はとりにくく、上がるにつれて鋭さが勝ってくる。 材質と構造 [ ] キー・システム [ ] クラリネットの前身楽器であるシャリュモーが一般化しなかったのは、前述のように第2倍音が使えないので、1オクターヴと完全5度の音のために異なる指穴を開けなければならない。 それでは穴が多すぎる上、間隔も広すぎて人間の手指では押さえきれないので、狭い音域しか実用にならなかったためである。 しかし、キー装置が開発されたことにより、必要なとき以外は常に閉じておいたり、指の届かないところに開けた穴を開閉したりすることもできるようになった。 これによって、初めて1オクターヴと完全5度の指穴に対応し、基音と第3倍音との間に隙間のない、連続した広い音域を持った楽器が作れるようになったのである。 指穴の配列並びにキー・システムは、現在までさまざまなものが開発されている。 フランス式 最も一般的なシステム。 にフランスのビュッフェ(L. Buffet 没)とクローゼ(H. 機構は複雑であるが、運指が比較的単純で機動性が高く、初心者にも扱いやすい。 日本では、ほとんどの奏者がベーム式の楽器を使用している。 (ドイツ式) にミュラー(I. ベーム式の利点も取り入れられ、音色もよいことから、特にドイツのはエーラー式を好んで使っている。 吹奏楽ではあまり使われず、オーケストラで用いられる。 その他 オーストリアではアカデミー式(ウィーン式)という楽器が使用されている。 は、音量は大きいが、音色がベーム式やエーラー式とは明らかに異なる。 古いスタイルのジャズでよく使われたが、最近はあまり用いられていない。 リフォームド・ベーム式は、エーラー式用の管体に、ベーム式キー・システムを実装したものである。 エーラー式の音色のよさとベーム式の機動性とを兼ね備えている。 かつては木材や象牙でを製造した時代もあった。 しかし、現在はほとんどが金属製で、主にが用いられており、表面にあるいはを施されているのが一般的である。 金属の配合比率やメッキの質・厚さなどは、メーカーによって異なっている。 キーは素手で簡単に曲げられる程度の強度なので、楽器の組み立て・分解の際に変形させないよう注意する必要がある。 変形するとキーバランスが崩れ、音質・音程に影響する。 キーのうち、音孔を指で直接塞ぐ部分以外には、タンポ(次項)が接着されている。 また、キーを操作したとき、管体や他のキーと触れる部分にはコルクなどが貼られており、この厚みもキーバランスに影響する。 [ ] タンポンともいい、音孔のうち指では直接開閉できない部分をカバーするためにキーに取り付けられた、円盤型で柔軟性を有する部品で、通常はと呼ばれる天然素材の接着剤でキーに固定されている。 タンポの素材としては、をフィッシュスキンで包んだものが一般的である。 実際は羊などの腸皮であることが多い。 とも呼ばれる。 革を用いたものもあり、アルト・クラリネット以下の低音楽器は全て革タンポが一般的である。 レジスターキーにはコルクが用いられることが多い。 また、近年では合成皮革やハイテク素材、廉価版にはスチロールを用いたものもある。 屋外で使用されることが多いプラスチック製の楽器や初心者向けのものでは、耐久性や価格の面から合成素材が多く用いられる。 表示は1( Soft)から5( Medium)など、メーカーによってさまざまである。 ただし、個々のメーカーが定めた独自基準で標準化はされておらず、同じ表示でもメーカーによって硬さが異なることがある。 リードは、使用するマウスピースやリガチャー、奏者の好みに応じて適切なものを選ぶ。 マウスピースメーカーによっては、推奨される範囲の固さを示している場合もある。 奏者の大半はメーカー製のリードを購入する。 しかし、その多くがリードの調整を行っており、また一部ではリードを自作する奏者もいる。 リードの調整は、目の細かい紙ヤスリや特殊なナイフを用いる。 プラスチック製のリードや、木材を溶かし込んだ特殊な繊維を圧縮して作られたリードもある。 天然素材でない分、気温や湿度の影響を受けにくく、長持ちするといわれる。 しかし、音色の点で敬遠する奏者も多い。 バレル バレル [ ] 樽、ビルネ、ネックともいい、マウスピースと管体とを接続する部品である。 しかし、音色や吹奏感に大きく影響する。 したがって、近年では楽器のメーカーが管体と同じ材質以外にも、さまざまな素材、さまざまな形状の互換バレルを作っている。 バレルの長さが楽器全体のピッチを変化させるので、各メーカーとも、長さの異なる純正バレルを何種類か用意していることが多い。 管体 [ ] 木製が一般的で、というに似た黒くて硬い木が最もよく用いられている。 近年は良質なグラナディラの入手が困難になってきていることから、グラナディラの粉末とグラスファイバーなどを混合して成形した合成素材のものもある。 この他にやなども用いられている。 廉価モデルでは(の一種)製のものもあり、軽く取り扱いが容易な上、天然木につきものの「割れ」を心配する必要もないため、教育現場などで多用され、野外での使用にも適している。 メタル・クラリネットという、真鍮や銀などの管で作られたものもある。 特になど、大型のクラリネットでは、材木の入手困難性や耐久性の問題などから、管のものも少なくない。 ベル ベル [ ] マウスピースの反対側に位置する部品で、閉管楽器のクラリネットといえども、この部分だけは円錐形である。 材質はバレルと同様である。 ベルには音孔もキーもないのが一般的である。 しかし、中にはベルにも音孔とキーが取り付けられたものもあり、また音質・音程への配慮から穴が開けられているモデルもある。 特殊奏法 [ ] クラリネットには様々ながあり、主にやなどに用いられている。 同時に複数の音を出す奏法。 クラリネットの場合、「きれいな音」にはならないことが多い。 巻き舌のごとく "r r r r r r" と発音する奏法。 鼻から肺へ空気を吸引する間に口腔内に溜めた空気により楽器を鳴らし続ける奏法。 程度のまたは グリッサンドは2音間を等速に指を滑らせて移行する奏法、ポルタメントは次の音に移る瞬間に渡りをつけるように指を滑らせて移行する奏法。 このとおりに、両者は異なる技法である。 グリッサンドは、作曲」の最初のソロで用いられていることでよく知られている。 主な教則本 [ ]• グルウサン著、J. クローゼ著、S. ベリソン編著 『クローゼ・クラリネット教本1』 全音楽譜出版社 (2017年現在絶版)• クローゼ著、S. ベリソン編著 『クローゼ・クラリネット教本2』 全音楽譜出版社 (2017年現在絶版)• 板倉康明 校訂 『クローゼ・クラリネット教則本』 全音楽譜出版社 同属楽器 [ ] より高い音や低い音を求めて同属楽器が作られている。 主なものは次の通りで、いずれも原則的に同じ運指を用いることができる。 ハ調のソプラノ・クラリネットを除いて、通常は移調楽器として取り扱われ、で記譜される。 しかし、バス・クラリネット以下の低音楽器はで記譜されることもある。 特に近代以降の大編成の管弦楽曲で多用される。 ではほとんど使われない。 は好んでこの楽器のために楽曲を書いた。 かつてはFアルトで代用されてきた。 には苦手な弱音や、敏速な動きも可能。 YAMAHA ()• Josef Woodwinds Manufacturer (美ら音工房 ヨーゼフ) フランス• Buffet Crampon()• Selmer (、• Leblanc ()• King-Marigaux キング- ドイツ• Wurlitzer (ヴルリッツァー、ヴァーリッツァなどとも)• Schwenk&Seggelke (シュヴェンク&セゲルケ) オーストリア• Otmar Hammerschmidt(オットマール・ハンマーシュミット) アメリカ• Leblanc USA Vito ()• Armstrong Linton アームストロング リントン• penzel mueller ペンツェル・ミューラー カナダ• Backun Musical Services(バックン) チェコ• Amati Kraslice(アマティ) イタリア• Patricola(パトリコラ) 脚注 [ ]• これは可搬性のためであって、音色、音質、音程などが優れているわけではない。 Fletcher、T. Rossing(著)、岸 憲史 他(訳)『楽器の物理学』 シュプリンガー・ジャパン、2002年、;2012年に丸善出版より再刊• Obataya E; Norimoto M. 1999年8月. Acoust. Soc. 106 2 : 1106—1110. Pinksterboer, Hugo 2001. Tipbook Clarinet. Hal Leonard Corporation. Intravaia, Lawrence J; Resnick, Robert S. 1968年春. Journal of Research in Music Education MENC 16 1 : 45—58. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 クラリネットに関連する および があります。 - 童謡 外部リンク [ ]•

次の