厚 労 省 ライン アンケート。 厚労省とLINE、第1回目の新型コロナ調査結果を発表

職場のあんぜんサイト:リスクアセスメント[安全衛生キーワード]

厚 労 省 ライン アンケート

現在JavaScriptが無効になっています。 すべての機能を利用するためには、javaScriptの設定を有効にしてください。 できない場合は 暑さ指数 WBGT とは? 暑さ指数とは? 暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 画像をクリックして暑さ指数(WBGT)について学ぼう 暑さ指数の使い方 暑さ指数(WBGT)は労働環境や運動環境の指針として有効であると認められ、ISO等で国際的に規格化されています。 (公財)日本スポーツ協会では「熱中症予防運動指針」、日本生気象学会では「日常生活に関する指針」を下記のとおり公表しています。 労働環境では世界的にはISO7243、国内ではJIS Z 8504 「WBGT(湿球黒球温度)指数に基づく作業者の熱ストレスの評価-暑熱環境」として規格化されています。 外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。 日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針Ver. 特に子どもの場合には中止すべき。 10~20分おきに休憩をとり水分・塩分の補給を行う。 激しい運動では、30分おきくらいに休憩をとる。 熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水分・塩分を補給する。 市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意。

次の

職場のあんぜんサイト:リスクアセスメント[安全衛生キーワード]

厚 労 省 ライン アンケート

リスクアセスメント 1 リスクアセスメントとは リスクアセスメントとは、事業場にある危険性や有害性の特定、リスクの見積り、優先度の設定、リスク低減措置の決定の一連の手順をいい、事業者は、その結果に基づいて適切な労働災害防止対策を講じる必要があります。 では、「危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づく措置」として、製造業や建設業等の事業場の事業者は、リスクアセスメント及びその結果に基づく措置の実施に取り組むことが努力義務とされ、その適切かつ有効の実施のために、厚生労働省から「 が公表されています。 2 リスクアセスメント及びその結果に基づく措置の内容• [1]事業場のあらゆる危険性又は有害性を洗い出し、特定する。 [2][1]による労働災害(健康障害を含む)の重篤性(災害の程度)及びその災害が発生する可能性の度合を組み合わせてリスクを見積る。 [3][2]の見積りに基づくリスクを低減するための優先度を設定した上で、そのリスクを低減するための措置(リスク低減措置)を検討する。 [4][3]のリスク低減措置を実施するとともに、その結果を記録する。 なお、上記 [3]の「リスク低減措置」は、次の順位で検討することとされています。 i 法定事項• ii 危険な作業の廃止・変更等により危険性又は有害性を除去又は低減等の本質的対策• iii インターロック、局所排気装置等の設置等の工学的対策• iv マニュアルの整備等の管理的対策• v 個人用保護具の使用 3 リスクアセスメント及びその結果に基づく措置の効果 事業場では、次のような効果が期待できます。 [1]職場のリスクが明確になります。 [2]職場のリスクに対する認識を管理者を含め、職場全体で共有できます。 [3]安全対策について、合理的な方法で優先順位を決めることができます。 [4]残されたリスクについて「守るべき決め事」の理由が明確になります。 [5]職場全員が参加することにより「危険」に対する感受性が高まります。 4 リスクアセスメントに係るその他の指針 危険性又は有害性等の調査に関する指針のほか、化学物質の取扱に係るリスクアセスメントについては「」 が、機械や設備の製造者が行なうリスクアセスメントについては「」 がそれぞれ、厚生労働省から公表されています。 事業者は、これらの指針の基づいて適切にリスクアセスメントを行うことが必要です。 5 リスクアセスメントの実施例 危険性又は有害性等の調査に関する指針と事業場がリスクアセスメントにより職場の改善を進めた事例を「( :18,290KB)」 として厚生労働省が公表しています。 また、厚生労働省のほか、 、、及びが業種ごとのリスクアセスメントの取り組み等についてリーフレット等を公表しています。 6 関連資料(法令、指針、リーフレット、等).

次の

トップページ|全国社会福祉協議会

厚 労 省 ライン アンケート

(* ) このたび、上記のような調査・分析をより広域に行うべく、複数回の全国調査を実施予定で、その第1回目として「新型コロナ対策のための全国調査」を3月31日(火)に「LINE」のトークから配信します。 *詳細プレスリリース: 【新型コロナ対策のための全国調査】 これまでLINEでは、緊急時・大規模災害発生時に、その対象になるユーザーの皆様に限り「LINE」というアカウントを通じてメッセージを配信し、皆さまの状況に関する確認を行ってまいりました。 「LINE」のトークに、本調査に関するメッセージが届きましたら、4月1日までに回答いただけますよう、ご協力をお願いいたします。 皆様にご回答いただきました調査結果は、新型コロナウイルス感染状況の把握や感染拡大防止のための有効な対策を検討するために活用されます。 この用途以外で調査結果を利用することはなく、調査に回答したデータは統計処理され、個人が特定されることはありません。 また、取得したデータは本目的における調査・分析後、速やかに破棄されます。 なお、調査は今後も継続して実施し、次回は4月5日を予定しております。 *「LINE」国内アクティブユーザー数 8,300万人(2019年12月末時点) アンケートの参加方法はこちらをご確認ください。 あわせて、各自治体において開設されている個別のパーソナルサポート用のLINE公式アカウントも開設しております。 詳細はプレスリリースをご確認ください。 LINEユーザーの皆さまのご協力のもと、新型コロナウイルス感染における、より正確な実態把握を行い、事態収束に繋げられるよう、行政における取組みを支援するとともに、ユーザーの皆さま一人ひとりに必要な情報を継続的に提供してまいります。

次の