二重 埋没法 経過。 二重埋没法は本当にやるべき?!リスク・ダウンタイムすべてを徹底検証!!

埋没法(週末二重術)

二重 埋没法 経過

二重埋没経過3日目:目元の写真 はい!こんな感じ 非常に食い込みが激しいですね。 やはり伏せ目にすると本当に不自然。 はやく腫れが引いてほしいな〜〜。 あとあれですね。 なんかまぶたを閉じると結び目らしいポコッとしたものがあります。 右目よりも左目が目立ちます。 うう…これは収まるのかな? うん。 焦らず引き続き経過を様子見ですね。 二重埋没経過3日目:痛み・違和感について 痛みは一切なくなりました! 元々ほぼなかったんですけどね。 笑 目元の違和感はまだまだ残っています。 アイテープでガッツリ食い込みを作ったような、まぶたがおりこんでる感覚ですね。 いずれ違和感もなくなると思い、気長に様子見ていきます! 二重埋没経過3日目:行動について 引きこもりに飽きたわたしは今日はお昼から外出することにしました! 3日目の行動はこんな感じです。 コンタクトはせずメガネ• 目元以外の化粧は解禁• 夜はあまり気にせずにシャワー コンタクトはせずメガネ・目元以外の化粧解禁 引き続きメガネ生活です。 目のゴロゴロした感じも特になかったのですが、外出するのでメガネ生活を続けたという感じ。 ちょうど二重幅が隠れるようなメガネを持っているので、いい感じにカモフラージュできました。 ずっとすっぴんで過ごすとテンションが上がらないので、肌と眉の化粧をしてカフェへお出かけ! スタバの店員さんの丁寧な目をみてしっかり接客してくれる感じがハラハラしました。 笑 夜はあまり気にせずにシャワー 昨日まではシャワーを浴びる時、顔や目元をあまり濡らさないように気をつけたのですが今日はあまり気にせず。 (さすがに目元をゴシゴシ洗ったりはしなかったですが) 洗顔も普通にできて、生活が通常モードに戻ってきたのを感じています。 二重埋没経過3日目:感想 3日目の目元はぼちぼち腫れてはいますが、メガネをかければ外出を控えるほどではないレベルです。 (わたし的にw) でもまだまた友達に会うのは気が引けるので、人と会う予定は全然入れてません。

次の

二重埋没経過3日目:社会復帰&コンタクト復活したよ!

二重 埋没法 経過

《スポンサーリンク》 埋没法で二重整形をしてから、かれこれ10年が経ちました。 埋没法は縫い合わせるだけなので、切開法に比べて元に戻りやすいというデメリットがあります。 そのため埋没法で二重まぶたを保てるのか心配な人も多いと思います。 そこで今回は、わたしの二重まぶたの10年後の経過状況を皆さんにお伝えしていきます。 わたしが受けた埋没法について わたしは18歳の頃に埋没法で二重まぶたを作りました。 二重の幅は、極端に広げず不自然に見えない程度にお願いしました。 学生時代はアイプチをしていたので、そのままアイプチでクセをつけていた幅で作った感じです。 手法は埋没法の2点どめで、末広型の二重まぶたになりました。 手術をして10年後のまぶたの状態 28歳になった現在、二重整形をしてちょうど10年が経ちました。 相変わらず二重まぶたの状態を保つことができています。 しかし、二重の幅は若干狭くなりました。 良い捉え(とらえ)方をすれば、より自然な二重になったとも言えそうです。 先生曰く、加齢によって目の上の皮膚がたるんでくることが原因のようです。 これは整形した人に限らず、すべての人に起こることであり、歳を重ねると自然と皮膚がたるみ、二重の幅は狭まってくるそうです。 10年の間には糸が取れてしまったことも 19歳〜23歳くらいまでの間には、何回か糸が切れました。 ) 両目が一斉に切れることはなく、片目の2点留めの1点だけ取れるという感じでした。 わたしが手術をした病院は再手術は永久無料だったので、取れるたびに再手術をしに行っていました。 片目それぞれ2、3回は手術をし直したと思います。 だから私のまぶたには前の糸が何本か入っています。 しかし埋没法で使う糸はとても細いものであり、前の切れた糸が皮膚の中にあっても問題ないそうです。 埋没法は糸が取れる可能性がある 若い頃は肌にハリがあるので(風船にいっぱい空気が入っている状態)、埋没法の糸は取れやすいそうです。 泣きすぎて目がパンパンに腫れ(はれ)たときや、花粉症で目を擦り(こすり)過ぎた時に、わたしは取れていました。 しかし、24歳過ぎた頃からそういう心配は一切ありませんでした。 歳を重ねたことで目の上の皮膚が緩くなってきたので(風船に少しだけ空気が入っている状態)、糸は切れにくくなり二重のクセも定着しやすくなったのでしょう。

次の

東京美容外科の二重整形体験!埋没法の術後から経過まで徹底レポート

二重 埋没法 経過

この記事は、先生が監修しています。 「キレイな二重にしたい」と願う女性は多いはず。 アイプチやメイクに頼った自力の二重づくりもいいけど、だんだん面倒くさくなってくる……。 そう感じた時に頭をよぎるのは、美容整形で二重を手にいれることではないでしょうか。 二重整形には「埋没法」と「切開法」の2種類がありますが、やはり人気なのはメスを使わない埋没法。 ただ目元の整形なので、いくらメスは使わないといっても術後の経過は気になるところ。 「どれくらい腫れるのかな? 内出血する? メイクはいつからできるの? 自然な二重になるのは何か月後? 」 そんな疑問を払拭すべく、 2016年3月12日に 2度目の埋没法をされたnonさんの経過写真を一挙公開し、埋没法の経過についてインタビューを実施。 さらに埋没法から1年、3年、5年が経過したブロガーさんの口コミも集めました。 記事の流れ• 術後1週間の 日ごとの経過• 術後2週間の経過(目を開けた状態)• 術後2週間の経過(目を閉じた状態)• 術後3週間の経過(目を開けた状態)• 術後3週間の経過(目を閉じた状態)• 埋没法を受けた人たちのブログで経過観察 埋没法後1週間の経過 腫れや内出血が一番でるのはやはり術後1週間。 まずは埋没法施術後1週間の経過を、日ごとに追っていきます。 腫れを抑えるためにアイシングしたり、目をこすらなくて済むようマスカラはひかえたり……。 なるべくダウンタイムを少なくするために、それなりに工夫が必要かもしれません。 埋没法施術前 5年前に一度、2点止めの埋没法手術を経験しています。 2度目の埋没法の施術前の写真です。 当時は幅をそこまで広くとらなかったため、今回は幅広の二重に挑戦することにしました。 埋没法施術直後 埋没法施術直後の写真です。 幅は目を閉じた状態で 8ミリ。 今回は3点止めの埋没法をしたので、前回の2点止めの埋没法より麻酔を打つ箇所が多かったです。 ちなみに前回の埋没法の際は目薬麻酔もしたのですが、今回は麻酔注射のみでした。 1回目の埋没法のときの糸は抜糸せず、そのままの状態で2回目の手術をしました。 埋没法5時間後 目が重くてじんじんするので、目をつむっていたらいつの間にか寝落ち(笑)。 1時間くらい寝て起きたら、施術直後より腫れていました。 目を閉じるたびに痛みを感じます。 ちなみに埋没して12時間ほどたった頃、まつ毛の生え際あたりに内出血が確認できました。 手術当日は顔を濡らしてはいけないので、洗顔はしませんでした。 埋没法翌日 寝起き直後はすごく腫れていました。 腫れが早くひくと聞いたので、アイシングをまぶたの上にオン! 今日はシャワーは浴びましたが湯船にはつかっていません。 傷口の赤みはちょっと引いてきましたが、右目のまつ毛の生え際にはアイラインを引いているような内出血あり。 埋没法2日経過 埋没法後2日が経過すると、腫れも少し引いて、目が開けやすくなりました! ただ、目を閉じたときに縫い口の内出血が目立ちますね。 埋没法3日経過 やはり縫い目とまつげのきわの内出血が気になる……。 まだ痛みますが初日と比べたらだいぶ楽になってきました。 ちなみに施術から3日後、初めてメイクをしました。 内出血はコンシーラーで隠し、シャドーで縫い口をわかりにくくしてみたんです。 本当はマスカラを塗りたかったのですが、落とす時にゴシゴシこすらないといけないなと思い、怖くてぬりませんでした。 埋没法4日経過 腫れは1、2日目と比べてだいぶ引いてきましたが、内出血の範囲が増えた気が。 やはり内出血はあとから出てくるんですね。 でも最初と比べたら目は開けやすくなったし、 まぶたの重たさはほぼなくなりました。 メイクをすれば更に見た目も気にならなくなりますね。 まぶたにベースメイクは塗らず、アイシャドーだけしました。 ちなみに私は、人に会う時は 黒ぶちメガネでまぶたの腫れを隠すようにしていました。 埋没法5日経過 なんだか5日目はりりしい目元になっている気が(笑)。 内出血はいまだ健在です。 埋没法6日経過 埋没法から6日経過した今日は、施術後初めてお酒を飲みました! 明日むくんでいないか不安……。 埋没法7日経過 ちょうど1週間が経過しましたが、 目をぎゅっとつむるとまだちょっと痛みます。 職場の同僚の人に 「下向いたときの整形してます感がやばいよ! 」 と言われてしまいました。 二重幅を広めにとったので、腫れがひくまでは整形感が出てしまっても仕方がないですね。 埋没法2週間目の経過 2週間目以降は、少しずつ変化がでてくる時期。 痛みは和らいできますが、まだ内出血が気になります。 2週間目:目を開けた状態 2週間目の経過写真です。 内出血がまだ少し見えますが、 洗顔する時の痛みも和らいできて、寝起きの腫れも引いてきました。 2週間目:目を閉じた状態 目を閉じると、縫い目部分の内出血がわかりやすいですね……。 埋没法3週間目の経過 通常であれば1週間ほどでですが、幅の広い二重を作った場合は、おおよそ3週間目から二重がきれいになっていくのを実感するそう。 私も3週間目あたりから内出血が減り、縫い目が目立たなくなっていきました。 3週間目:目を開けた状態 3週間目には、上目遣いをしたり目に力をいれたりしても、まったく痛くなくなりました! 3週間目:目を閉じた状態 だんだん内出血もなくなってきて、縫い目も目立たなくなってきました。 食い込みも目立たず、メイクが楽しい! 埋没法経過Q&A 二重埋没法について知るには、埋没法経験者の生の声を聞くことが一番。 nonさんに術後の経過や痛みについてインタビューしてみました。 ーー「 施術前の不安はありましたか? 」 それなりにじんじんしますが、鎮痛剤を飲めば大丈夫です!むしろ飲まなくても我慢できる程度。 ただ1週間くらいは続くと覚悟しておいた方が良いと思います。 nonさん、埋没法の経過について詳しく答えていただきありがとうございました! 埋没法を受けた人たちのブログで経過観察 埋没法の術後1か月の経過はなんとなく理解できたけど、数年たったらどうなるの……? やはり埋没法で一番心配なのは、数年経った頃にとれてしまわないかということ。 埋没法の施術を受けた人たちのブログを参考にしてみましょう。 2014年11月に埋没法を経験されたパンダさんのブログ パンダさんの場合、半年経っても二重の状態にまったく変化がなかったそうです。 幅が狭まることも、広がることもなかったのだとか。 埋没法から1年が経過しても、そこまで二重に大きな変化は見られませんでした。 8ヶ月目のときにちょっと狭まった感覚があったそうですが、それ以降は特に何の問題もなし。 体質なのか先生の技術のおかげなのか、あからさまな腫れも術後2週間で治まったそうです。 2012年の年末に三点留めの埋没法を受けられた愛奈さんのブログ 愛奈さんは、埋没法を受けてから半年が経過しても、パッチリの平行型二重をキープ。 傷跡は、ほとんど目立たない状態になったそうです。 指で軽くまぶたをなぞってみても、留めた糸がでこぼこすることもなく、まるで生まれつきの二重のように。 しかし、埋没法を受けて1年が経過したあたりから、日によって奥二重になってしまうように。 次第に長時間睡眠をとった日や、泣いた次の日はまぶたが重く感じ、二重の幅が狭くなったかも……? と感じることがあったそうです。 埋没法を受けて2年7ヶ月が経ったあたりから、ついに右の二重ラインが日に日に薄れてゆくように。 ちなみに左目の二重ラインは健在です。

次の