リス 算数 解約。 RISU(りす算数)の評判を紹介!料金や解約についてと他の教材との違いは?

保証・解約について

リス 算数 解約

RISU算数のタブレットの特徴は? RISUのタブレット教材は、算数に特化した学習教材で学年に関係なく出来るところから無学年式で学ぶことができます。 RISU算数は、専用タブレットで学習するのですが、なんとタブレット費用は無料!RISU算数の料金は、後で記載していますので月額料金と合わせて確認ください。 無学年式で学べる算数というと「公文」の算数が、有名ですがタブレット学べる点・有名大学生の個別動画フォローがある点が、特徴になります。 RISU算数教材のはじめ方 RISUタブレット教材では、現在何年生であるのかは関係なく最初におこなう 「実力テスト」でステージが決まります。 一人一人に応じて分かるところから、はじられるシステムになっています。 間違えやすい問題の把握は紙の場合は、親がチェックしてあげる必要がありますが、RISU算数ではつまづきにおうじて動画フォローがあるところが特徴・メリットになります。 実際にRISU算数教材の評判や口コミを調べてみましたので、紹介していきますね。 1回の学習で1単元以上は進みます。 RISU算数では、計算問題をひたすら解くのではなく「思考力」「読解力」「応用力」をつけるような問題が出題されるようになっています。 小学校低学年で苦手なお子さんの多い時計の問題もRISUキッズでは、出題されます。 昨日夜、息子が「動画がきてる!」っと喜んでみていました。 早速先生から習ったステージに取り組んでいたようです。 動画は息子と一緒に拝見させていただきましたが、 とてもわかりやすいですね。 ゆっくりと話してくれていますし、動画や解説時間が長すぎない点もいいですね。 ・RISUで苦手な算数も好きになる! RISUの評判(算数タブレット) 今日、子どもに賞状が届きました。 息子がとても喜んでいました。 どうもありがとうございました。 まだまだ少し苦手感もある算数ですが、こうして褒められる機会があるというのは凄く良いですね。 これからもよろしくお願いします。 例えば学習塾で、個別指導で教えてもらうとなると高額になってしまいますが、RISU算数では、追加費用なしで動画で教えてくれるメリットがあります。 RISU算数では、専用タブレットで学ぶの為、電源をつけるだけで勉強スタートできる点もいいですね。 紙を出す手間もなく毎月配信型のタブレット教材と違い、いつでも自分のペースで算数を学習することができます。 RISU算数タブレットに「タッチペン」がついていたら良かったのに・・と思ったら、ちゃんと RISUのタブレットが入っていた箱の下に「タッチペン」が付属でついいていました。 わが家では、途中まで自宅にあった「タッチペン」を使用していました。 RISU算数タブレット 今すぐ「RISU算数」を試してみる クーポンコード 「msm07a」で1週間おためし受講ができます。 RISU算数タブレット教材を使用した体験談! RISU算数タブレット教材を小学生の子供が利用していみましたので、体験談やリアルな口コミを紹介していきます。 RISU算数のタブレットが到着して、最初に実力テストを受けてからはじめるんだよ。 と声かけしたところ、「実力テスト」の受け方に最初はとまどっていましたが、「実力テスト」自体は、15~20分程度で完了していました。 子供がいち早く見つけたのは、 プレゼントがもらえる「がんばりポイント」制度。 どうやらがんばりポイントで「iPhone」が貰えるらしいときいて俄然はりきっています。。 公文の算数を受講いたして時にただただ問題をこなすことに注力している点が、気になったのですがRISU算数では単元ごとの問題が多い訳ではなく子供自身が考えている様子があるところが良いと感じました。 算数が得意なお子さんは、学年以上の単元を苦手なお子さんは少し戻って学習できる点がいいですね。 最初は、算数だけ?と思いましたが教科により理解度・進捗度があるので、算数だけに絞っている点も利用しやすいのでは?と思います。 RISU算数タブレット教材のメリットだけではなくデメリットも紹介していきますね。 こちらの部分が少し分かりづらいように感じました。 RISU算数の利用料金の改定が、2018年7月にありました。 RISU算数教材の料金は?タブレット費用は無料? RISU算数の基本料金は、月額2,480円(初月に一括請求) 月額料金に加えて、学校よりも早いスピードで進んだ分だけ追加費用が発生します。 この追加費用に関しては、少し分かりづらかったのですが、小学校1年生~6年生まで合計94ステージを6年間で学ぶスピードが「月平均1. 3ステージ」となりこれより早いスピードで利用したときのみ、追加費用が発生するそうです。 *実力テストでの到達点より前の問題に関しては、料金は発生しません。 RISU算数タブレット クーポンコード 「msm07a」で1週間おためし受講ができます。 例えば、RISU契約後1ヵ月で解約した場合もタブレット費用が発生せずタブレットの返却の必要もないそうです。 RISU算数の公式HPによると 先に進むことや大学生チューターによるフォローアップサービスを受けることはできなくなりますが、その後も復習用の端末として利用いただくことができます。 どうしてもお子様は一度解けた問題でもまた忘れたりすることがあります。 そういったシーンに、ヒントを見ていただいたり、100点を取り逃している問題をチェックしていただいたり、少しでも学習の助けになればと思い、過去に解いた問題はすべてその後も利用できる仕様にしています。 算数を勉強していくと途中で理解が足りない箇所がでてきたり前に一度戻って学習したいというときがあると思います。 うちの子も小数点の割り算を解き始めたときに割り算について混乱してしまうことがあり、簡単な割り算問題に戻って解きなおしをした経験があります。 いつでも解約できて解約後もタブレットが使用できるのは、RISU算数のメリットですね。 解約や料金につきましては、変更になることもあるかと思いますので公式HPでご確認ください。 今なら、クーポンコード登録でお試し受講ができます。 RISU(リス算数) クーポンコード 「msm07a」で1週間おためし受講ができます。 RISU算数のタブレットを使用してみて、他の教材とは違いを感じた点はやはり 一人一人のつまづきポイントに応じて、無学年式で学べる算数!個々の レベルにあった問題が出題される点ですね。 多くの教材は、学年レベルの算数問題プラス応用問題が出題されますが、学年を超えての勉強や学年を戻っての学習ができる教材は、あまりないですよね。 算数をはじめ勉強が、嫌いになってしまう理由のほとんどが「わからないから」「同じことを繰り返しやるから」だと思います。 RISU算数は膨大なデータで小学生が算数でつまづきやすいポイントを把握しており、動画配信により個人指導することでドンドンできるようになる仕組みになっています。 RISU算数で学んでいて辞めるお子さんの中には、小学校6年生までの勉強をやり終えてしまったからという方もいるようですよ。 タブレットの手軽さと動画配信による学習を組み合わせた新しい形の学習教材RISU算数について、紹介していきました。 RISU(リス)算数タブレットって、どんな教材なの?と調べていた方の参考になれば幸いです。 RISU算数タブレットのお試しキャンペーンコードは? RISUタブレットを1週間おためししてみたい方、当サイトから申し込むと1週間のお試し体験ができます。 *こちらのキャンペーンは、限定で早期に終了する可能性があります。 RISUタブレットの申込キャンペーンコードは、 「 msm07a」になります。 一人一人に合わせた学習ができるRISU算数 クーポンコード 「msm07a」で1週間おためし受講ができます。

次の

RISU算数の解約方法に注意!訴訟にまで至ったトラブルの真実とは?

リス 算数 解約

子どもは飽き性なので、1年続くか不安でした。 年額払いの基本料金とは違い、 月額の利用料です。 0ステージ以上の場合にご利用料が発生致します。 引用文: と、書かれてあります。 この「 平均」っていうのがポイントで、 クリアしたステージがない月でも料金が発生することがあります! 逆にいうと、 クリアしたステージがないのに料金がかからないこともあります。 更に、クリアステージ数は 合計で計算しているので、どんどん加算されていきます。 例えば、4月から使い始めて3ステージクリアしたとして、5月に2ステージクリアしたら、5月分のクリアステージ数は5になる感じです。 わかりづらいと思うので、例をあげますね! まずは、 クリアするステージ数の料金表です。 [引用画像:] 毎月末締での請求になっています。 割り切れない数字になった場合、 繰り上げ方式はとっていません。 「未満」と「以上」で使い分けていきます。 そのテストによってスタートするステージ数が変わってきます。 なので、実力テストで上手く力が発揮できないと、スタートするステージが簡単な問題ばかりになってしまいがちです。 333… 9月利用料金:1,480円 こんな感じでクリアステージ数にバラつきがあってもOKです。 「 平均」で計算しているので、使わない月があっても、利用料がたくさんかかるということはありません。 5月はクリアステージがなくても 料金が発生していますが、7月はクリアステージがあっても 料金はかかっていません。 何度もいいますが、子どもって本当に飽きっぽいです 笑• 平均スピードで使用していた場合…月額約 5500円。 年間にすると約 60000円• 学年スピード ゆっくり 使用していた場合…月額約 4500円。 年間にすると約 55000円 です。 RISU算数の料金面からのイチオシポイントは、• 利用料金 【月額】のしくみを覚えれば料金体系がわかりやすくなる• RISU算数はお得な割引が多いからお値引き感がある• タブレット料金が無料だから余計な準備がいらない• 算数のみに特化しているため学年別の料金変動が少ない こんなところでしょうか。 >> でもお話ししましたが、子ども達が「1年間使ってくれるのか?」「お金が無駄にならないか」とても心配でした。 ところが親の心配をよそに、ドはまりしましたw 幼児期や小学校低学年は 脳の機能的に集中力の時間は短いです。 逆に算数のみにしたことで、1点集中!ができてよかったように思います。 こんにちは。 つきしばといいます。 30代半ばで3姉妹を子育て中の共働き夫婦です。 職業は現役のOTです。 仕事柄『脳のしくみ』と『知育』のつながりを大切にしています。 ブログタイトルの「脳がよろこぶ」とは、「学力の高い子」という意味ではありません! 共働きで毎日バタバタ・・・ 子どもとの時間も少ない・・・ それでも、もともと持っている子どもの能力を、十分に発揮する環境を作って、 「子どもの幸福度をあげたいな」という意味を込めました。

次の

RISU算数を解約する方法!絶対に損しない裏技は〇〇!タブレットも返却しなくてOK♪|ちいく村

リス 算数 解約

RISU算数始めたいけど高いって噂を聞いたよ!公式で確認したけど料金体系が複雑すぎてよくわからないよ! この記事ではこんな悩みに答えます。 RISU算数は基本料金は定額ですが、やればやるほど高い料金を支払っていくシステムです。 お子様のやる気次第では「えっ!高いよ!」という金額を請求されることも。 この記事ではRISUの複雑な料金システムについて具体例を出しながら 世界一わかりやすく解説していきます。 入会してから こんなはずじゃなかった! 高いよ! とならないようにしっかりと理解しておきましょう。 できるだけお安く受講するポイントも紹介しています! RISU算数の料金体系は知りたいけど時間はあんまりない!って方はこちらだけでもご確認ください! 分割払いが可能 wi-fi環境は必須 ポイントで景品と交換できる これらについて一つずつ見ていきましょう。 RISU算数の料金は高い?料金がかかる所を解説! 【RISU算数の料金体系】基本料金について RISUにはRISU算数とRISUきっずがあります。 RISUきっずは年中~年長向けのコースで、小学生コースがRISU算数になります。 料金体系も少し異なっています。 RISU算数・RISUきっずの基本的な料金体系はこんな感じです。 RISUきっず RISU算数 基本料(年払い) 29,760円 29,760円 利用料 なし クリアステージ数に依存 タブレット代金 なし なし RISUきっずは基本料金だけなのでわかりやすいですね。 RISUきっずの体験記や評判が知りたい方はこちらをご覧ください。 基本料金はRISUきっずもRISU算数も同じです。 注意点としては 年間払いしか選択肢がない点です。 しかも 解約しても基本料金の払い戻しはありません。 解約時の注意点はこちらの記事をご覧ください。 【RISU算数の料金体系】毎月の利用料について RISU算数は利用料が「クリアステージ数に依存」となっています。 2か月目の利用料 累計クリアステージ数 利用料 0~1 0円 2 980円 3 1,980円 4 3,980円 5 6,980円 6以上 8,980円 2か月目からの注意点は 契約時からの累計クリアステージ数が計算の対象になる点です。 つまり、2か月目にクリアしたステージ数が1でも、1か月目に2ステージクリアしていれば、クリステージ数は3になります。 ここは 勘違いが多いポイントなので要注意です。 また、 月数が少ないとステージ数により料金が跳ね上がります。 月数が多くなるとちゃんと細かく刻まれるんですが、 この点も始めたての頃はびっくりしやすいポイントなので気を付けてください。 子供が飽きちゃってしばらくやらない 長期の旅行でしばらくできない などといった場合は 一時休止という選択肢もあります。 一時休止であればその間 利用料はかからない(別途500円はかかる)ので、しばらくやらない場合はこのような方法もあります。 一時休止の方法については詳しくはこちらにまとめています。 【RISU算数の料金体系】受験基礎コースの料金について RISU算数では全部で94ステージ(1ステージ75~100問)であります。 これらすべてを終えると受験基礎コースの問題が解けるようになります。 こちらに移行すると、利用料や基本料に加えて 別途1,980円が加算されます。 しかし、ここに移行する頃にはかなりの月日は必要なので利用料は大幅に少なくなっているかと思います。 1年生から始めて5年生の終わりに全ステージをクリアした場合 利用月数=60か月 累計クリアステージ数94 利用料は1,980円となります。 この場合6年生では 受験基礎コース1,980円+利用料を毎月払う計算になります。 6年生1~3か月は利用料1,980円、それ以降は1,480円になります。 なんかややこしいけど受験勉強として塾やら通信教材たくさんやるよりはかなり安い気がする。 公文などでは1か月の一科目料金が7,000円を超えるので、 特にRISUが高いといったことはなさそうです。 さらに早くに解き終わったとしてもそれほど高くはならないので、 正直「思ったより高いわけではなかった」というのが私の結論です。 タブレット修理代金について タブレットが万一破損及び故障してしまった場合は有償ですが、修理・交換してもらえます。 通常交換では24,000円かかりますが、 基本「安心サポート」という保険に無料加入しているので、5,980円で修理・交換ができます。 安心サポートについて 安心サポートとは無料で2つのサービスが受けれるRISU独自の保険になります。 2つのサービスとはこちらになります。 タブレット破損時の補償をつけるサービス 東大生を筆頭にメールやレッスン動画などのサービス どちらも 基本料金に含まれていますので、追加料金なしでサービスを受けれます。 (タブレットを一度修理・交換した場合は再加入が必要でその際は1,980円で再加入できます) この安心サポートはによると1年間適用と記載があります。 タブレットを壊さずに一年過ぎて二年目に壊れたらどうなるの? こちらについて 実際にRISUに問い合わせした所 基本料金に含まれているので、契約更新と同時に安心サポートも更新される とのことでした。 申請すれば翌月から休止となり、解除すれば即座に当月から利用開始できます。 休止中はクリアステージ数に依存せず毎月500円の料金で休止することができ、契約期間も休止期間は含まれないので、その分延長されます。 例)1か月休止した場合、契約更新日も1か月伸びる もし、クリアステージ数が少なく毎月の請求額が0円であれば休止しない方が得ですが、 毎月 980円以上かかる場合は休止するのも一つの手です。 いずれにせよ料金が絡んできますので把握しておくことをお勧めします。 契約更新時の料金について 契約更新時は再び年間払いで基本料金(29,760円)を請求されます。 ここでの注意点は3つです。 2年目以降も年間契約である事 更新の場合は年間基本料金がかかる 解約は契約更新日の30日前に申し出る必要がある これらの点についてはかなり要注意だと思います。 契約を続行する場合は問題ないですが、 解約したい! と考えている方は 必ず契約更新日の30日前に連絡してください。 解約についての詳細はこちらにまとめているので、把握しておきたい方はご覧ください。 お試し体験を実施して入会しない場合 現在RISUでは 期間限定でお試し体験を実施しています。 お子様がRISUをやってくれるかどうか 教材のレベルは適切かどうか タブレット教材はお子様に合うか 様々な事がお試しでわかります。 算数検定マスター判定:お子様のレベルから自動で算数検定の階級を設定 受験費用補助:一学年上の階級を合格すれば受験費用はRISUが全額サポート こちらにあるようにRISUで算数の先取り学習を進めていき、 一学年上の算数検定に合格すれば検定料は無料になります。 最近では算数検定は入試優遇制度として扱う学校も出てきており、 受験者がドンドン増えています。 算数検定についてはこちらの記事を参照ください。 お試し体験から入会する 現在RISU算数では期間限定でお試し体験を実施しています。 通常は年間料金を払わないとタブレットを体験することもできませんが、クーポンコードを利用すれば1週間1,980円で体験できます。 (入会しない場合) この1,980円も体験を経て 入会すれば無料になり、請求されることはありません。 従って 入会するか悩んでいる方 入会を前向きに検討しているが子供に合うか少し不安な方 このような方々は お試ししてから入会でも実質無料で1週間使えるのでかなりお得です。 最悪「入会しない」選択も可能であり、3万円を払う必要もありません。 RISUは途中解約しても基本料の払い戻しは行っていません) でも利用料って毎月変わるよね?どう支払っていくの? 分割の場合月々の支払額を 8,000円が上限)をあらかじめ決定し、超えた分は翌月以降に繰り越せるシステムになっています。 これによって月々の支払額がある程度安定するため、家計管理がしやすくなります。 また、いきなり高額な請求に!といったことも少なくなるので、この方が管理しやすい方はこちらのほうがおすすめです。 から簡単に設定できます。 Wi-fi環境は必須 いざRISUが届いてもwi-fi環境がないと利用できません。 当然ですが、この環境についてはRISUは一切お金を出してくれないので自分で用意する必要があります。 問題を解いてポイントをためると特典がある 問題を解いていくとポイントがたまります。 このポイントはRISU算数の中でスペシャル問題のロックを解除するのに使ったりできますが、商品にも交換できたりします。 例えば iphone 双眼鏡 キャラクター物のノート ポイントによってかなり価値が異なりますが、これもモチベーションアップの作戦です。 このようなポイント特典もあるのでぜひ利用する際は活用してください。 RISU算数の料金は高いのか?他教材と比較してみた! RISU算数は複雑な料金体系なので比較はかなりわかりにくいと思います。 ここではある程度 平均的に進んだ前提、学年に準拠した前提で比べてみたいと思います。 比較には大手タブレット学習教材を提供している進研ゼミチャレンジタッチとスマイルゼミを比較してみました。 なんか複雑な料金体系だけど思ったより安い! しっかりペースを考えればそれほど高くはなく、学年に準じたペースで進んだとしてもそれほど高くはなりません。 もちろん金額は進度によって多少変わりますが、 圧倒的なスピード感 他よりも安い価格で算数を大きく先取りできる このあたりのメリットを考えると RISU算数は特に高い教材ではなく比較的標準~安めの教材だと思います。 最もお金がかかっているのは正直毎年払う基本料金なので、 平均ペースではあまり変わりませんが、さらに早く終わらせる程6年間の受講料は安くなります。 長い目で見れる人、子供がやる気ならとことんやらせたい人はさっさと終わらせた方がお得になっていきます。 その分最初はお金がかかりますが、 上限を超える月があるほど超えた分は料金が頭打ちになり加算されないので結果的にお得です。

次の