熱海 の 捜査 官。 熱海の捜査官の続編が楽しみ!最終回のその後は?キャストやロケ地も紹介&ネタバレあり

熱海の捜査官

熱海 の 捜査 官

熱海の捜査官。 登場人物みんな実は死んでいたのでしょうか? 栗山千明も?学校の生徒たちや先生も? 市長ややくざや警察官三人、田中哲司さんも? あの熱海市自体死者の集まりだったのですか? 萩原聖人さんは最後看護婦を殺した?ようですが、萩原さんも死んでいたのですか? それともバスの運転手、東雲くん、星崎さんともとこさん、占い師だけが実は死んでいたのでしょうか? 運転手は実際死にましたし、東雲くんは男の子にさよならをいいました。 占い師もそれが伺える書き置きを残してます。 もとこさんも星崎さんがそのような発言をしてますし、そのもとこさんと会話している星崎さんも…という風に捉えることが出来ました。 とゆうことなのでしょうか? 皆さんの役名が思い出せずすみません。 補足gurucyonyaさん、納得できました!1話からみたら意味不明だった台詞の意味がわかりましたしみんな意味深な事を言っていました。 南熱海の住人がすべて、この状態というわけではなく、 ライン越えのために案内する役目の側も含まれているようです。 警察署の人達や、市長、学園の先生、生徒達はそっち側ですね。 警察署長が永遠の森学園を「中津国」と発言し、市長がやくざに「膿をだす」といいヤクザを平坂が居なくなったあとの役回りとして「空と海と虹の会」の代表にしました。 街のバランスを保つために配役を決めてきるのでしょう。 そのときのヤクザのセリフが「誰かがやる役回り」といってましたね。 担任の敷島先生に星崎が「自殺したことありますか」と聞いてますので、死を理解しても自殺者は天国に行けず、 南熱海に残っているのだと思います。 陶芸の先生も手首に傷ありましたね。 運転手はバスの運転手役、東雲は名前から「闇から光に向かう」という意味で天国 黄泉の国 への道先案内人なんでしょう。 占い師に耳打ちで「私たちは死んでいるんですよ」と話、占い師は星崎に「先にいってます」と置手紙をおいてます。 たぶん占い師=素子さんじゃないんでしょうか。 星崎が占い師に相談しヒントを得る状態が、まさに星崎と素子さん。 東京の大きな事件で、星崎と素子さんは亡くなったけど、死んだことに気付いてない状態にやってきた。 という事でしょうか。 北島を助ける時に「素子さんのようにしたくない」と発言し素子さんの死を思い出した後に占い師の家に来ています。 3人の行方不明だった女生徒はラインを越えるのに必要な要素、宗教、科学、体験として用いられており 眠りにつかせることによって、ラインをこえるための道が開けるのだと思います。 ここらへんは、星崎の手帳に書いてありました。 平坂も日記に「東雲がいうことがほんとうなら、私は既に死んでいるということか」と書いてますので死んでいる、もしくは意識不明でしょうね。 ただ、自分の死を理解したものが黄泉の国にいく ライン越 ので、平坂は蘇生などの実験をしているため 東雲の言葉を受け止めず、生きることへの執念が強いのでしょう。 たぶん、バス以外で南熱海市を出ると現世で生き返ることができるのかもしれません。 いぜん新聞社で左遷された人が「バスに乗ると消えるかもしれない」と言って歩いて出て行った事がありました。 【補足について】 あくまでも私の解釈ですが、広域捜査庁の一員という設定ですが「坂善正道」という名前から案内人の役目だと思います。 坂はラインを表しますので、善のラインの正しい道。 事件解決にヒントを与える犬塚と鑑識作業をいつもしています。 この「熱海の捜査官」というドラマは古事記をベースに、いろいろ遊び ヒント がバラ撒かれています。 イザナギの神が、黄泉の国より戻ったときに、黄泉で着いたケガレを落とすために「筑紫の日向の小戸の橘の檍原」という場所で禊を行います。 体を清める行いです。 実際帰ると行っても現世ではなく、役に応じて必要なときにでてくる。 最終話で北島が星崎を探して南熱海警察署に行ったときも、署長や柱東さんは存在せず犬塚だけです。 この犬塚しかいない。 と疑問を持たせるように公式HPにも書かれています。

次の

熱海の捜査官|テレ朝動画

熱海 の 捜査 官

南熱海は「死後の世界」です。 黄泉の国なのか、中つ国なのかは分かりませんが 個人的予想としては「中つ国」でしょう。 黄泉の国が天国=ラインの向こうでしょうね。 (理由:最終回で、透析室の女子高生3人が黄泉の国らしき臨死体験を語っているので、南熱海は天国ではない) 南熱海には「死を理解して南熱海にいる人」「自分が死んでいる・南熱海が中つ国であることを理解していない人」の 2パターンの人がいます。 (ここも「2」にかかっているのではと思います) おそらく、星崎と北島は「東京の事件」で瀕死状態なのだと思います。 (意味深によく出てくるワードなので) 中つ国である南熱海にやってきた時点で、おそらく星崎は南熱海が普通の世界では無いことに気付いている。 (第一話の「もう後戻りは出来ない」などの台詞から) でも「死んでいること」に対して確信は無かったかもしれません。 (何故なら、最終回で平坂の日記「東雲君のいうことが確かなら僕はもう死んでいる」という一文を分かっていないから) おそらく確信できたのは、最後の学校のシーンで全て繋がった!というところでしょう。 北島さんを置いていったのは、彼女は実際の姿はおそらく生き返る可能性のある瀕死状態だったからでしょう。 素子さんのようにしたくない、という星崎の言葉からも、北島に元気に生きてほしい気持ちがうかがえます。 (素子さんが現世でどういう状態か?については疑問ですね。 素子さんのように~という言葉からは、死んでいる?瀕死?植物状態?など予想してしまいますが 死んでいる事を理解できていない星崎が、素子さんと電話できているのですから。。。 もし死んでいるのを理解していたら、死者同士なので連絡が取れるのかもしれませんが。 このあたりは「本当は電話しているふりして考えをまとめていただけ説」もあるので、謎のままでよいかと思います。 ) で、ラストシーンですが 新宮寺(南熱海で死んだ)が運転する4392ナンバーのバス(おそらく「よみのくに」へつれていくバス)に 東雲さんと星崎が乗って、光の先に行くシーン。 東雲の「ラインを越えました」の台詞からしても本当の天国=黄泉の国。 岩間の通った=産道だ、という意見もあるため、もしかしたら輪廻の先なのかもしれませんが そのあたりは予想が分かれるところかもしれません。 なんにしろ 光の先=第2ステージであり、死を理解して進むことに気付いたものしかいけない世界でしょう。 おそらくですが、女子高生4人共通の「臨死体験をしている」というのは現世で経験しているということで 平坂が風宮として、現世の東雲に蘇生実験をしたのも現世での出来事。 平坂が南熱海に来た時点では、おそらく平坂は南熱海が死後の世界で自分は瀕死だと知らなかったでしょうが しかし既に臨死体験をしている東雲はここ南熱海がどこなのかは分かっていたのだと思います。 で4人に臨死体験を再度させるようにしくんだ(バス誘拐をした)のは、元々の研究としての蘇生実験のためだったが 東雲は再度臨死体験をすることで、現世に戻ろうとした。 だから協力したのでしょう。 そして、再び南熱海で目覚めたときに平坂に全てを話し、平坂は驚く(日記に綴られているとおり) 平坂がその後も実験しているという事は、蘇生実験によって現世に戻る方法を模索していたのでしょう。 おそらく「自分が死んでいること」を理解していても、自らの意思で現世に戻る事=南熱海から出る事は出来ないでしょうから。 東雲が倒れていたバス停は「道坂」。 道坂大神より黄泉と現世の入り口を塞ぐ大岩を指す。 ですから、 やはりこの南熱海から自分に意思で現世に帰る事は塞がれてしまっているんでしょうね。 死を理解しても、南熱海にとどまるか、第2ステージに行くこと の2択しかないのでしょう(これも2にかかっているのかも) おそらくケイトウさん達や寮長たちは、その事を分かって南熱海にいる様子でしたね。 拾い切れていない伏線は沢山ありましたが 本当に意味があったものと、伏線に見せかけたものとがあったのではないかと思います。 ヌード写生や陶芸クラブは視聴者を混乱させるだけの伏線だったのではないでしょうかね。。。 再度見直して考えてみるのも楽しいですが、そのあたり意味があったのか無かったのかハッキリしてほしいところです。 いま思えば、レミーが主演するはずだった、あしかのショーが3年前に 無期延期っていうのも、レミーが3年前に死んじゃったからでしょう。 数学者も50歳で失踪して、ポストも色あせ、表札にも 支払いシールが貼られていなかったし。 (向いの家には貼ってあったのに) 猫は北島を無視するし。 星崎は真夏にロングコート着て季節感ないし。 みんな死んだことを認めていない、気づいていない、 そんな季節など関係ない死後のエリアだったのでしょう。 学校関係者はそれを知っていて、だから星崎が東雲と一緒に暮らす といったときにも、複雑だから両親に連絡しないということにしたし、 新宮寺が死んだときも、泣く必要がない、って男子生徒に言われてたし。

次の

熱海の捜査官の最終回全く意味が分かりませんでした(..;)星崎さんは亡くなったん...

熱海 の 捜査 官

もくじ• 「熱海の捜査官」キャスト ・オダギリジョー 星崎剣三(ほしざき けんぞう) ・栗山千明 北島紗英(きたじま さえ) ・田中哲司 坂善正道(さかぜん せいどう) ・松重豊 拾坂修武(じゅうさか おさむ) ・ふせえり 桂東光子(けいとう みつこ) ・松尾スズキ 朱印頭(しゅいんとう) ・緋田康人 鮫島猛(さめじま たける) ・藤谷文子 敷島澪(しきしま みお) ・山中聡 新宮寺有朋(しんぐうじ ありとも) ・三吉彩花 東雲麻衣(しののめ まい) ・山田彩 椹木みこ(さわらぎ みこ) ・佐倉絵麻 月代美波(つくよ みなみ) ・岡野真也 萌黄泉(もえぎ いずみ) ・山﨑賢人 四十万新也(しじま しんや) ・二階堂ふみ 甘利レミー(あまり レミー) ・染谷将太 味澤宙夫(あじさわ そらお) ・萩原聖人 平坂歩(ひらさか あゆむ) ・岩松了 相模徳三郎(さがみ とくさぶろう) ・広田レオナ 洲崎道代(すざき みちよ) 「熱海の捜査官」のあらすじ 第1話 熱海の捜査官「時効警察から3年・・・美少女が失踪!?」 広域捜査官・星崎(オダギリジョー)と北島(栗山千明)が謎多き事件に迫る。 南熱海市内で、14歳の女子学生4人を乗せたスクールバスが行方不明に。 3日後、その中の1人・東雲麻衣だけが意識不明で発見される。 3年後、東雲が意識を取り戻したことから、星崎と北島は南熱海警察署に派遣され、東雲と面会する。 第2話 熱海の捜査官「バスごと4人失踪!!美しき包帯少女の正体」 失踪したバスが発見され、鑑識の坂善(田中哲司)が調査。 一方、星崎(オダギリジョー)は東雲を再び訪ねる。 第3話 熱海の捜査官「失踪美女3人!!ヌード写生犯人のキス」 拾坂(松重豊)は、南熱海で起きたバスの消失事件当日に発生していた霧が、人工的に作られたのではないかと考え、現場で再現してみるがうまくいかない。 星崎(オダギリジョー)は、南熱海の中心に住んでいる人に会えば事件の解決につながるかもしれないと言いだし、現地へ。 そこで、占い師・占部(銀粉蝶)の部屋を見つける。 第4話 熱海の捜査官「今夜暴かれる・・・美少女失踪!!容疑者を逮捕!?」 星崎(オダギリジョー)らは、これまで放置していた捜査を整理し、担当を決めることに。 北島(栗山千明)は、新しくできた堤防の建設がバスの発見につながったという平坂(萩原聖人)の仮説を聞き、星崎に報告。 星崎は何者かがバスを故意に発見させたと考える。 その後、堤防建設の発注者を捜すため、市役所に関連書類の提出を求める。 第5話 熱海の捜査官「美少女3人失踪!!真犯人、ついに動き出す」 バスが消失する前の東雲(三吉彩花)の記憶が一つ戻った。 新たなヒントを得た星崎(オダギリジョー)は、犯人の深層心理を探り、事件の解決につながるキーワードとして数字の「2」を導き出す。 その後、星崎らは、失踪中の女子高校生・月代(佐倉絵麻)が教祖になっている宗教に手掛かりがあると考え、聞き込みを開始する。 第6話 熱海の捜査官「犯人わかりましたよ・・・失踪と第2の殺人!!」 東雲(三吉彩花)らの部屋に泥棒が入った。 以前、失踪中の椹木(山田彩)の部屋にも泥棒が入ったことから、星崎(オダギリジョー)たちは、彼女の部屋へ。 部屋の造りが不自然であると感じた星崎が壁を壊すと、1冊のノートが入った箱が出現する。 ノートに記された複雑な数式の意味を知るため、星崎は数学者の元を訪ねる。 第7話 熱海の捜査官「最終章・・・犯人判明!!失踪の衝撃結末」 東雲(三吉彩花)の脳に、故意に付けられた小さな傷があることが判明。 その傷が原因で記憶を失っている可能性が浮上したことから、星崎(オダギリ ジョー)は、失踪した4人をつなぐあるキーワードにたどり着く。 第8話 熱海の捜査官「最終回!!失踪の真相 完全犯罪の女!?」 最終回 広域捜査官の星崎(オダギリ ジョー)らが、失踪事件を追うヘンテコ刑事ドラマがついに最終回! 事件の被害者・東雲(三吉彩花)が証言した犯人像から、事件に隠された謎が「だいたい分かりましたよ」という星崎。 本当に分かってるんだか・・・。 そんな中、犯人の正体を突き止めた北島(栗山千明)が襲われてしまう! そこへ突如現れた星崎が、犯人を確保。 事件解決かと思われたが、失踪した女子高生らの消息がつかめず・・・! 「熱海の捜査官」とはそもそも何なのか この熱海の捜査官は、オダギリジョーさんと三木聡監督の時効警察コンビによる作品です。 なので、出演者も時効警察と若干かぶっています。 更に、2019年10月から始まる「時効警察はじめました」の各話のゲストに染谷将太さん、二階堂ふみさん、松重豊さんが出演される事が発表されています。 皆さんが同じ話で登場するわけではないですが、熱海の捜査官で共演している皆さんなので、嬉しくなりますね! 「熱海の捜査官」には謎が多い 熱海の捜査官は、あなたの番ですとは比べものにならないくらいの謎を残したまま終了しました。 しかし、熱海の捜査官の真実については、公認のTwitterアカウントがヒントを出すなどするくらい、ある程度深く考えれば、個人個人の答えが出せるようになっているようです。 ちなみに、Twitterアカウントが出しているヒントはこちらです。 「熱海の捜査官」謎解読の大ヒント!三木監督からのメッセージを、まとめて一挙ご紹介。 見直す道しるべに!「この物語は終点へと向かう幾つかの道が用意されています。 熱海の捜査官は、1から7までは解っても、残りの3つの謎が濃厚・・・的な物語です。 しかし、各キャラクターが話す内容などを汲み取っていくと・・・何となく答えが見えてきます。 「熱海の捜査官」の考察とネタバレ 「あー、大体わかりましたよ」 オダギリジョーさん演じる星崎がこう言うように、だいたい解ってきました。 つまり、地上世界、高天原と黄泉の国の間の世界で起こっている事件なんです。 熱海の捜査官は、スクールバスに生徒が乗ったまま消えた・・・という事件が軸になっていますが、そのサイドで、もう一つ大きな事件が起こっています。 物語の終盤で明かされる、人を蘇生させる実験・・・というソレではなく。 もう一つ起きている大きな事件というのは、「東京の事件」です。 主題歌を担当する東京事変とも絡めてきているのか解りませんが、東京の事件というのが大きなカギです。 物語全体の話の流れではなく、その横で小さく触れられるその事件に全ての謎を解くカギがあるのです。 東京の大きな事件で既に星崎・北島は死んでいる 東京の大きな事件を担当していた星崎と北島は、意味不明な単独行動が災いし、捜査を外されてしまいます。 そして3年前のバス消失事件を調べるために南熱海市に派遣される・・・という謎設定です。 物語のコメディ要素や、バス失踪事件を解く事が絶対的な中心として描かれていますが、実際東京で起きた大きな事件というのは何だったのでしょうか。 物語の中に赤く染まる夕焼けを観ながら、こんな会話が繰り広げられます。 平坂 「戦争や災害があると空は赤く染まる。 爆発で飛び散ったチリや埃が関係するらしい」 北島 「(赤く染まった夕空は)東京の事件と関係があるんでしょうか?」 この会話から、東京では戦争やテロに近い災害が起きている・・・と考えるのが自然です。 立地的に、東京と熱海は、神奈川県を挟みますが、東京でそれだけの事件が起きていたら、もっと世間は慌てていて、3年前のバス失踪事件なんて捜査し直してる場合じゃないです。 物語の中で、このもとこさんの声も姿も出てきません。 ただ、もとこさんは、東京の事件で大変な事になってしまったそうです・・・。 なので、現実世界で、星崎より先に、もとこさんは重傷を負ったか、死んでしまったかしてしまったのだと思われます。 そして熱海の捜査官の中で重要な意味を持つ 「2」という数字と、 「ライン」という言葉。 私の中でこの「2」というのは2つの世界があるという事。 ・現実世界=東京で大変な事件が起きている世界 ・黄泉の世界=南熱海のバス失踪事件が起きている世界 この2つの世界の線引きが、「ライン」なんじゃないかと思います。 最終回の最後のシーンの謎を考察 バスの中に死んだはずの新宮寺、そしてバス失踪事件の共犯とも言われる東雲、星崎が一緒に乗っています。 これは、生死の境を彷徨っていた新宮寺と、東雲、星崎が現実世界に行き、意識を取り戻す、または本当に死ぬ・・・という事だと思います。 星崎がバスに乗り込む前に、栗山千明演じる北島は、「置いて行かれた・・・」とつぶやきます。 この事からも、星崎たちは昇天した・・・と考えて良いのかもしれません。 何故、そもそも何故そんなに「熱海の捜査官」は生と死を意識した考察になるのかと言えば、物語がそういう物語だからですよね。 人は心肺停止をしてからどれくらい時間を長く置いても蘇生できるのか・・・そういった実験をしていた萩原聖人さん演じる平坂。 この事からも、物語の舞台となる南熱海は、生死の狭間の世界と考えて良いと思います。 「熱海の捜査官」の物語の根幹にあるものは、本当にカネコアツシ先生の「SOIL」に似ている気がします。 「熱海の捜査官」はHuluで観れる コミカルなキャラクターに謎な事件、そして捜査・推理。 もう本当に「SOIL」と被ります。 そして、このSOILの実写ドラマも、熱海の捜査官もHuluで全話配信されています。 Huluは登録後2週間無料で観れるので、是非無料期間を利用して熱海の捜査官やSOILを観ていただきたいと思います。 時効警察の雰囲気も残したまま、ミステリー要素を強めた熱海の捜査官。 時効警察が好きな方にも良いかもしれません! 【関連記事】.

次の