ずっとドコモ割プラス。 15年以上で最大36,000円!ドコモの長期割引『ずっとドコモ割プラス』

ずっとドコモ割プラスとは?メリット/デメリット・仕組みをわかりやすく解説

ずっとドコモ割プラス

2018年5月にdポイントクラブがリニューアルしました。 今まではdカードゴールドを持っていれば問答無用で最上級クラスのゴールドステージになっていましたが、リニューアル後はドコモ利用歴が重視されて、15年以上の利用で最上級クラスのプラチナステージとなります。 料金割引とdポイント進呈のどちらかを選べるようになりましたが、dポイント進呈を選んだ場合、料金割引と比べて1. 2倍お得になることが大きな特徴となっています。 これはプラチナステージに限らず適用されます。 ただ、「ずっとドコモ割プラス」のdポイント進呈は申込制になっているんですね。 申込みをしないと今まで通り料金割引になるだけなので要注意です。 ずっとドコモ割プラスのdポイント進呈に申込み マイドコモの『ご契約内容確認・変更』から 1.My docomoにログイン 2.契約内容・手続き 3.ご契約内容の確認・変更 まずはこの流れで契約内容を確認します。 住所、氏名、支払い方法など、ドコモの契約に関する情報が全て確認出来るお馴染みのページですね。 1ページ目では住所、氏名、支払い方法の他に、継続利用期間や月々サポートの状況、端末利用期間やdカードの契約状況などの情報を確認することが出来ます。 割引サービスは契約内容の2ページ目 2ページ目に移ると、料金プランや割引サービス等の確認が出来ます。 割引サービスの状況を見て行くと・・・ 付与されるのはdポイント(期間・用途限定) ちなみに、ずっとドコモ割プラスで付与されるのはdポイント(期間・用途限定)です。 期間限定ポイントは使いづらいというイメージがありますが、今回のdポイント(期間・用途限定)に関しては大きなデメリットとはなりません。 通常のdポイントの有効期限が4年なのに対して、ずっとドコモ割プラスで付与されるdポイント(期間・用途限定)の有効期限は2年。 期間は半分になりますけど、2年あれば何かと使い道は出てきますからね。 もちろん、それでも抵抗を感じるなら料金割引の選択もアリだと思います。 あとがき 今回のリニューアルで、ドコモの長期利用者が優遇されるようになったことは評価できます。 今まではドコモを長く利用していても特に利点はありませんでしたからね( ̄ー ̄) ただ、プラチナステージというセレブな響きの割には、飛び上がって喜ぶような特典も用意されていないのが残念です。 今のところはプラチナクーポンくらいですかね。 まあ、dポイント進呈で1. 2倍になれば、1年で1920ポイント分(データMパックの場合)お得になりますので、これだけでも素直に感謝したいと思います(笑) 以上、ずっとドコモ割プラスのdポイント進呈のお話でした! 人気の記事•

次の

ずっとドコモ割プラスとは?メリット/デメリット・仕組みをわかりやすく解説

ずっとドコモ割プラス

そして、「ずっとドコモ割」が「ずっとドコモ割プラス」にリニューアルされ、「割引」と「dポイント進呈」のどちらかを選択できるようになった。 たとえば、「ウルトラデータLLパック」を契約している「プラチナステージ」のユーザーの場合は、「割引」を選択すれば月800円割引になり、「dポイント進呈」を選択すれば月960 dポイント(=960円相当)を獲得できる。 つまり、 「割引」よりも「dポイント進呈」を選択したほうが毎月1. 2倍も得するというわけだ。 なお、「すっとドコモ割プラス」のステージ別のサービス内容は下記の通り。 筆者は「プラチナステージ」で、契約は「ベーシックパック(~3GB)」なので、「ずっとドコモ割プラス」で、毎月720 dポイントを獲得している。 注意したいのは、「ずっとドコモ割プラス」で獲得できるdポイントは、期間・用途限定ポイントであるということ。 したがって、dポイント運用などのサービスやJALのマイルには交換できない。 有効期限が短くて、ポイントを失効させてしまうくらいなら、「dポイント進呈」よりも「割引」を選択したほうがお得だが、これだけ有効期限が長ければ、ローソンなどでdポイントを使って買い物もできるだろう。 したがって、有効期限の2年以内にポイントを使えるなら、「dポイント進呈」を選択したほうがお得と言える。 以上、今回は、ドコモの「ずっとドコモ割プラス」について解説した。 0%の高還元率で、7カ月以降も 通常還元率が1. 0%の高還元クレジットカード。 「オリコモール」活用で 「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば 「楽天市場」では還元率2. 5%、 「Yahoo! ショッピング」では還元率3. 0%、サイトによっては 還元率15%以上に達するなど、 ネットショッピングでは最強レベル。 また、 「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。 ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 15)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ編集部(2020. 21)• ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• 藤井 英敏(2020. 21).

次の

「ずっとドコモ割プラス」とはどんなサービス?お得になる方法とは

ずっとドコモ割プラス

このページのもくじ• ドコモの長期割引『ずっとドコモ割プラス』とは ドコモには利用年数に応じて割引などの特典が得られる『ずっとドコモ割』という長期割引がありますが、2018年5月に一新され『ずっとドコモ割プラス』に変更となりました。 最大額の長期利用特典が欲しい場合には「dポイント特典」を選択するのがいいのですが、 dポイントは付与から24ヶ月で消滅するので注意です。 また長期利用による最大特典は、15年以上利用中の方のステージ『プラチナ』で、家族で分け合うシェアパックで最も容量の大きい『ウルトラシェアパック100』に加入し、『dポイント特典』を選択した場合の 毎月3,000pt贈呈となります。 更新ありがとうポイントで2年更新毎に3,000ptが貰える また、ドコモの長期割引には「すっとドコモ割プラス」の毎月の特典の他に、2年の更新毎に3,000ptが貰える「更新ありがとうポイント」という特典もあります。 引用元: ただし、ポイントの獲得には2年契約更新後から6ヶ月以内に、「dポイントグラブサイト」か「専用獲得ダイヤル *8118 へのダイヤル」を行う必要があります。 つまりドコモの長期割引「ずっとドコモ割プラス」と「更新ありがとうポイント」は、 2年契約をする事を前提とした特典という事です。 ドコモには2016年に「2年契約」以外の選択肢として、『フリーコース』といういつでも無料で解約できるコースも選択できるようになりましたので、 「2年縛り前提での長期割引」か「いつでも無料解約できるフリーコース」かの2択 という事ですね。 「ずっとドコモ割プラス」に加入できるタイミング 『ずっとドコモ割プラス』と『更新ありがとうポイント』に 加入するタイミングは、「新規契約から2年契約が満了し、自動更新される前の更新月の2ヶ月間」となっています。 また継続利用年数は「フリーコース」と「ずっとドコモ割コース」で別カウントとなっており、前記の長期割引に反映される期間は「ずっとドコモ割コース」に加入していた期間となります。

次の