マスク フィルター ポケット 作り方。 「手づくりガーゼマスク」ワイヤー・フィルターポケット付き、作り方~初心者にもわかり易い工程解説~

簡単フィルターポケット付きの立体マスクの作り方

マスク フィルター ポケット 作り方

Sponsored Link 材料• 表側布(綿の物で普通の厚さの物)• 縫い代込みの型紙です。 型紙を中表にした表布の上に置き、待ち針で留めて裁断する。 5cmずつ切り取った)型紙で裏布も同じように作ります。 赤の斜線部分を切り取ります。 中央部分を切って貼った型紙です。 顔に当たる部分になります。 ダブルガーゼの生地を裁断します。 型紙を外し、ずれないように待ち針を留めて、赤線部分にミシンをかけます。 両サイドが縫えたら縫い代に切り込みを入れます。 アイロンで赤い矢印部分、縫い代を開きます。 表布は裏のまま、裏布は表に返します。 大きさの違いははこんな感じになります。 表布の中に、裏布を挟みます。 中央の縫い目をそれぞれ合わせて、上下も合わせます。 ピッタリ重ねたら、赤い点線部分を縫います。 5cm開けておきます。 左下は4cm返し口に開けておきます。 返し口より表返し、アイロンで形を整えます。 矢印の所、上部から縫い始めます。 ワイヤーを入れるためには端から8mmの所を縫います。 右端のゴムを入れる部分1. 5cmの所で表布だけを縫います。 下部を縫います、ここは抑えのためなので、端から3mm位の所を縫います。 下部が縫えたら、左端1. 5cmの部分を右側と同じように表布だけを縫います。 ミシン掛けは終了です。 ゴムを入れて仕上げて下さい。 ワイヤーを入れてみましょう。 中央部分が通しにくいかもしれませんが、赤い線の部分に納まるように入れて下さい。 内側のポケットにはフィルターなど入れ替えられるものを入れられるようにと作りました。 何も入れなくても、ガーゼマスクとして使用できます。 市販の使い捨てマスクを入れて、何回か使えないかと考えて入れてみました。 マスクとしての効果はわかりませんが、使い捨てマスクのカバーになってくれないかな? 中でプリーツを広げてフィットさせます。 布製マスクはフィット感も思った以上に良くて、外側の布に好みの物を使い工夫してみると良いですね。 追記 お友達にも作ってみました。 こちらはお友達が大好きだった服の再利用です。 マスクで耳が痛くなる方にお勧め、ボタンで作るマスク留め 足つきボタンにゴムを通したもの。 マスクのゴムにかけると頭の後ろで留まります。

次の

作り方☆ポケット付き立体布マスク

マスク フィルター ポケット 作り方

型紙付きでわかりやすい作り方になっています。 表地はリネンにするとオシャレな仕上がりに、裏地は手に入りにくいガーゼの代わりに、さらしを使用しています。 表地(リネン)、裏地(さらし)、布用はさみ、糸切りばさみ、定規、布用ペン、待ち針、ミシン糸、マスク用ゴム、ゴム通しを用意する。 表地、裏地を型紙通りにカットする。 表地、裏地を中表に合わせ、ぐるっと一周、返し口を残して縫う。 縫い始め、縫い終わりは返し縫いしておく。 角を全て切り落とす。 表に返し、返し口を縫いとじる。 型紙の折り線通りに折り、折り目の端のほうを縫う。 6で折り込んだところを写真のように半分ほど開き、ゴム通し口部分を1. 5cmほど折った中に、開いた端が入るように調整する。 折り返し部分が綺麗に入った状態で、ゴ ム通し部分を縫う。 30cmほどにカットしたゴムを通し、完成。 ソーシャルボタン.

次の

折り返し付き立体マスク(型紙付き)

マスク フィルター ポケット 作り方

Sponsored Link 材料• 表側布(綿の物で普通の厚さの物)• 縫い代込みの型紙です。 型紙を中表にした表布の上に置き、待ち針で留めて裁断する。 5cmずつ切り取った)型紙で裏布も同じように作ります。 赤の斜線部分を切り取ります。 中央部分を切って貼った型紙です。 顔に当たる部分になります。 ダブルガーゼの生地を裁断します。 型紙を外し、ずれないように待ち針を留めて、赤線部分にミシンをかけます。 両サイドが縫えたら縫い代に切り込みを入れます。 アイロンで赤い矢印部分、縫い代を開きます。 表布は裏のまま、裏布は表に返します。 大きさの違いははこんな感じになります。 表布の中に、裏布を挟みます。 中央の縫い目をそれぞれ合わせて、上下も合わせます。 ピッタリ重ねたら、赤い点線部分を縫います。 5cm開けておきます。 左下は4cm返し口に開けておきます。 返し口より表返し、アイロンで形を整えます。 矢印の所、上部から縫い始めます。 ワイヤーを入れるためには端から8mmの所を縫います。 右端のゴムを入れる部分1. 5cmの所で表布だけを縫います。 下部を縫います、ここは抑えのためなので、端から3mm位の所を縫います。 下部が縫えたら、左端1. 5cmの部分を右側と同じように表布だけを縫います。 ミシン掛けは終了です。 ゴムを入れて仕上げて下さい。 ワイヤーを入れてみましょう。 中央部分が通しにくいかもしれませんが、赤い線の部分に納まるように入れて下さい。 内側のポケットにはフィルターなど入れ替えられるものを入れられるようにと作りました。 何も入れなくても、ガーゼマスクとして使用できます。 市販の使い捨てマスクを入れて、何回か使えないかと考えて入れてみました。 マスクとしての効果はわかりませんが、使い捨てマスクのカバーになってくれないかな? 中でプリーツを広げてフィットさせます。 布製マスクはフィット感も思った以上に良くて、外側の布に好みの物を使い工夫してみると良いですね。 追記 お友達にも作ってみました。 こちらはお友達が大好きだった服の再利用です。 マスクで耳が痛くなる方にお勧め、ボタンで作るマスク留め 足つきボタンにゴムを通したもの。 マスクのゴムにかけると頭の後ろで留まります。

次の