ハイキュー ネタバレ 375。 ハイキュー 375話 ネタバレ 感想 研磨卒業後 驚きの進路

ハイキュー377話最新話のネタバレと感想|日向帰国!宮侑・木兎が所属するMSBYブラックジャッカルへ!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ハイキュー ネタバレ 375

ハイキュー!!【第377話】のネタバレ ある日のランチ。 日向は、サンタナは練習ではオーバー 両手を上で構える姿勢 でセットするが、試合ではやらないのかと尋ねた。 オーバーは苦手だと話すサンタナ。 オーバーのほうが打ちやすいし上げる方のコントロールもしやすいが、そもそも難しく、オーバーのルールも厳しいのだ。 やっぱりオーバーのほうがいいかと訊くサンタナに、自分は上げてもらうボールは全部ありがたく打たせてもらうと微笑む日向だった。 奮闘した日向とサンタナだが僅かに及ばず 場面は試合へと戻る。 サンタナがジャンピングレシーブで相手コートに返し、それをサントスが繋いでカルバリョが強烈なアタックを仕掛ける。 日向がそれをレシーブすると、思わず唸るカルバリョと観客たち。 サンタナは、少しでも日向に良いセットを繋ごうと苦手なオーバーてボールを上げる。 しかし、ネットに近すぎたせいで、日向のアタックはカルバリョにブロックで押し返されてしまい、 13-15でサントル・カルバリョペアの勝ちとなった。 エースからの逆プロポーズ サンタナ「俺は肝心な時にダメな男だ…」 跪から崩れ落ちるサンタナに、日向は手を差し伸べ、「肝心な時に勝負できる男だよ」と励まします。 両チームはそれぞれ挨拶し、熱い戦いに観客からは大きな拍手が送られました。 サンタナは、エースもとへ行くと、「俺、もっと頑張るから…」と話を切り出します。 その場にいた全員が衝撃を受け、サンタナは戸惑いながらも受け入れるのでした。 プロポーズを終えたエースは、彼はあなたと組んでから凄く楽しそうだったと日向にお礼を言います。 そんな2人に、自分も「ちょー楽しかった!!」と満面の笑みで話す日向でした。 日向帰国! そして月日は流れ、2018年3月。 ルシオやペドロ、サンタナやエースたちに見送られ、日向は日本へと帰国します。 日向は日本に帰った後、日本のバレーボールチーム「MSBYブラックジャッカル」のトライアウトを受ける予定です。 一方、「MSBYブラックジャッカル」のロッカーでは、ファン感謝デーで盛大にすべり倒したことで意気消沈する選手が1人。 まるで屍のような佇まいのそれは、 宮侑でした。 その姿を見たチームメイトは、アイツに笑いを持っていかれたのが堪えてると言います。 直後、宮侑の肩をガシッと掴み、「元気か!!」と尋ねる 木兎の姿がありました。 ジャンプネタバレ記事はこちら!• 月額1,990円 税別 が 31日間無料!解約も簡単!• 無料体験で 600円分の漫画が読める!• 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 月額会員になると毎月1,200P付与!さらに、 全作品購入費用最大40%ポイントバック!• 4人までアカウントシェア可能!1人あたり実質500円 U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 無料トライアルで31日間無料で動画を見ることができます。 登録時に600ポイントもらえるので、 ハイキューを1巻無料で読めちゃいます。 31日経過すると、月額1,990円かかってしまいますが、解約すればもちろん料金はかかりません。 解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 また、動画配信サービスであるため、 映画やアニメが見放題なのも評価ポイントです!• 月額1,922円 税込 が 30日間無料!• 無料期間で 600円分の書籍&1,000円分の映画を楽しめる!• お得なクーポンが毎月もらえる! 100%OFFも!• スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• ダウンロード可能でどこでも作品を楽しめる! music. jpは、国内最大級の総合エンタメサービスです、音楽だけでなく、動画やマンガも楽しむことができます。

次の

ハイキュー|ネタバレ最新話【375話】「鍛錬」のあらすじ感想!

ハイキュー ネタバレ 375

スポンサードリンク ハイキュー378話ネタバレ:宮治と山口登場 内部ではファンの女子がおにぎりを売っている宮治を宮侑と勘違いする。 宮治は「おにぎり宮」の店主になっていた! 宮治の屋台に山口忠がやって来る。 現在大学4年で、来年から家電メーカー 宮城 勤務のよう。 気付く宮治が「あの烏野のフローターサーブの!」 山口「覚えてたんですね」と、内心宮兄弟に覚えられていたのが嬉しそう! 山口「地元じゃなくても今日の試合は見逃せませんもんね」 二人でブラックジャッカルVSアドラーズの幕を見る。 ハイキュー378話ネタバレ:日向と影山 日向はトイレに行くと、影山と遭遇 影山「今日は腹は大丈夫なのか?」 これまでの回想で、影山に幾度も負けてきた日向…。 お前は3年間、何やってたんだ? 勝ち残りたかったら強くなってみろよ 先に行くぜ 今回も、俺の勝ちだ 山口「日向VS影山、中学以来最初の公式試合ですからね」 お互いにニヤリと笑う日向と影山。 スポンサードリンク ハイキュー378話ネタバレ:月島と日向の会話 月島は高校時代の日向との会話を思い出す。 月島「ビーチバレーなんて本気なの?」 日向「冗談でなんて言ってないぞ!」 月島「またバカが暴走したのかと思ったよ」 日向「お前も影山も暴言挟まないと死ぬ病なの??」 月島「一緒にすんなよ」 日向「おれはひとりじゃ勝てない。 でも強い場所には強いセッターがいるだろ。 強いセッターにトスくれって言うために強いチームに行けるようになるんだ」 ハイキュー378話ネタバレ:澤村と菅原と旭が登場 月島と山口、谷地が合流。 ツッキービール飲む?と山口が聞くも、僕はカルーアミルクしか飲まないしカルーアミルクをバカにする人間とも飲まない、と言い、月島君が今日も月島君だ…と谷地は感動する。 会場の別の場所では東峰旭、澤村大地、菅原考支たちが合流。 謎のパリピな挨拶をする菅原にやめろよ!という東峰。 「懐かしいな」と三人で笑い合う! 旭は東京でアパレルデザイナー、髪を下ろしてメガネをかけている。 大地は宮城県警察生活安全部、あまり変わらずまじめな姿。 菅原は宮城の小学校の先生に!.

次の

ハイキュー375話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ハイキュー ネタバレ 375

ハイキュー 374話 ネタバレ 及川・日向、ガブリエル・ジーノとコンビで再戦。 日向は及川のバレーセンスに驚く。 試合は日向・及川コンビが勝利。 試合後は4人で食事へ。 日向は遠征を終えた及川を見送る。 及川はチビちゃんと言いかけて、ショーヨーと言い直す。 感激する日向に及川は全員倒すと宣言。 日向は及川の背中を見つめる。 日向はその後ビーチバレーに打ち込み、忍者と呼ばれるまでになった ハイキュー 375話 ネタバレ 感想 扉絵はウシワカと影山が試合後にファンにサイン! 女性ファンもいるんですねー。 ふたりとのそういうの苦手そうなのに、ちゃんとファンサービスしててプロだなって 影山はプレゼントまでもらってるし・・・ウシワカよりも人気あるのかなー 日向は研磨にスポンサーしてもらった時のことを思い出す 一軒家で一人暮らししている研磨の元を訪れた日向 家の中には巨大スクリーンのゲーム部屋があったり、ゲーセンのゲーム機があったりと日向は大興奮 六本木ヒルズとかに住まないのかと日向が訊くと 研磨は金稼いだらヒルズに住むって発想を笑い、黒尾も言ってたという 研磨はたしかにお金持ちになってそうなイメージはあったけど ヒルズとかじゃなくて古い借家に一人ぐらしっていう浮いてないところが、研磨らしいですよね 会社代表だけど、ひとりでやってる会社だったりするんだろうか 主事業はゲームプレーの配信かなー 日向はどうしてスポンサーになってくれるのか訊く 研磨はお金あるしなんとなくと言いつつも、つまんなくなったらやめるとも言う ひぃーこれぞ研磨(笑) 日向が面白いか面白くないかはずっと気にしてるもんね 日向の「言ってみてえ」に超同意 サンタナは次の試合に勝ったら彼女のニースにプロポーズするという 日向は生活がかかってるバレーだと興奮 前祝いで飲みに行こうというサンタナだったが、日向は休んでからトレーニングだと断る サンタナはそんなにちゃんとしてて疲れないかと訊く 日向は訊かれている意味がわからなかったがサンタナは自分にとってはバレーは仕事だけど、日向にとっては趣味な感じだなと納得 日向は影山を思い出し、爪の手入れやバレー日誌を毎日つける姿から、練習やトレーニングが生活みたいなことかと理解する バレーに対してストイックであることが「努力」ではなく当たり前になっているのか この点は影山の影響も大きそうですね 帰り道スーパーに寄った日向の姿を加藤ルシオが目撃 リオに馴染んでいる様子に感心しつつも、日本の冬を思い出させる佇まいだと考えていた きっと無事であることが当たり前ではないと理解し、鍛え管理し無事を習慣化させたのだろうと ブラジル編クライマックス感あるー 日向は適応能力高そうですもんねー財布もやられちゃったしな・・・ Solcard杯最終日 ニースが見守る中、サンタナ・日向ペアはサントス・カルバリョペアと対決 日向はサンタナの結婚を見届けて日本に帰るという ルームメイトのペドロもこっそり見に来ていた 日向の身長がしれっと伸びてました!! 最後に測った時164. 2cmだったと思うのですが171cmまで伸びたんだ!!よかったねー 21歳の時だから2018年ってことかな カルバリョのサーブ 日向がレシーブ サンタナは身長の低い日向狙いで、自分がトスすることを狙っているのだろうと考える 助走する日向、かつて砂の上で跳べないのを足の力が足りないせいだと思っていたが 助走の勢いを上へ伝えなきゃダメなんだと今は理解していた サンタナのトスに日向がジャンプ。 高い位置からアタックを決めた ブラジル編はついに次回で結末ですかね 身長がビミョーに伸びていたり、ジャンプも鴎台とやった時よりも更に高く跳べてそうですし 室内バレーに戻った時が楽しみですね ちゃんと鷲匠監督のとこへご挨拶もいくのかな 終章ブラジル編で判明した卒業後の進路整理 日向 — ブラジル リオデジャネイロで修行 及川 — アルゼンチン CAサン・ファン セッター 山口・月島・谷地・金田一・国見 — 大学生 影山 — シュヴァイデンアドラーズ セッター 2016年オリンピック日本代表 牛島 — シュヴァイデンアドラーズ オポジット 研磨 — ㈱Bouncing Ball代表取締役 大学生 プロゲーマー 株式トレーダー Youtuber 烏野3年がどうなったか気になってます!.

次の