お誕生日レシピ。 クックパッドの人気上位&殿堂入りレシピから選んだ!ホームパーティー厳選レシピ20

【子供の誕生日に】盛り上がるケーキ&パーティレシピ10選 (クックパッドニュース)

お誕生日レシピ

1歳の誕生日のための特別メニューは敷居が高いとため息をつきたくなってしまうママは、便利グッズを積極的に使ってみましょう。 100均などで手に入る、いろいろな形をした型抜きや海苔パンチをいくつか揃えておくといつでもいろいろな食材に使うことができます。 ケチャップなどで文字を書くことができるクッキングペン、柔らかな野菜にぎゅっと押すと花やクローバーなどの可愛い形が付くデコプレート、星やハート型にできるおにぎり用の押し型など、誕生日プレートを作るためのお助けアイテムがたくさんあります。 これらの便利グッズは誕生日だけでなく、ひな祭りやこどもの日などにも活用できますから、今から揃えておいても損はありません。 誕生日にはケーキがつきものですが、市販のケーキは脂質や糖分が多く使われているため、1歳のこどものお腹には負担がかかりすぎてしまいます。 そこでぜひおすすめしたい1歳用のケーキレシピが、離乳食完了期のこどもが手づかみで食べられるスマッシュケーキです。 スポンジの代わりにパンを、生クリームの代わりに水切りヨーグルトを用い、好きなフルーツでデコレーションします。 市販の離乳食用ケーキセットを活用してみてもよいでしょう。 小さなこどもが興味を持って大喜びで初めてのケーキを食べる姿は、1歳の誕生日だからこそ見ることができ、写真やビデオにぜひ収めておきたいシーンです。 食後のイベントとしてぜひ計画してみてください。 お好み焼きは1歳のこどもが簡単に手づかみで食べることができる、離乳食には欠かせない料理です。 レシピに使用しているじゃこはタンパク質、カルシウム、ビタミンD、鉄分などを含む、栄養価の高い食材です。 鰹節と混ぜ合わせれば特に調味料を使用することもなくおいしい離乳食になります。 1歳の誕生日にたくさん作って大人も一緒に楽しみましょう。 また、小麦粉の分量を減らしてジャガイモや人参のすり下ろしを加えたり、軟飯あるいはホットケーキミックスと混ぜ合わせてみたりと、レシピのアレンジも可能です。 家にある材料で簡単に作ることができ、1歳のこどもも喜んで食べてくれます。 チーズや納豆などを加えると違った味わいになります。 4、芋が冷めたらラップにくるみエビフライらしい形を2つ作るよ10cm程かな 5、茹でてる間にえびのしっぽ作り 人参の輪切りにキッチンハサミでチョキチョキ。 後で芋にさすから失敗してもいいように何個か作る 6、耐熱容器にしっぽもどきをいれかぶる程度の水をいれ蓋をして600wで3分 火が通ったか見るのに切れ端なども一緒に入れておき、切れ端に竹串がすっと通ればOK 7、ラップに衣を乗せ、エビフライの芋を乗せて軽くキュッとしながら衣をつけて人参を最後にさす。 今回は7個作りました。 百均のフリフリおにぎりメーカーを使うと簡単で綺麗に出来ます。 2、軟飯、卵、のり以外の材料を柔らかくなるまで煮る。 同じ鍋でまとめて煮て大丈夫です。 トマトは早めにあげて皮をむき種を取る。 3、それぞれのおにぎりを作る 1個目:おにぎりをほうれん草で巻いて余分な部分は切る。 上に型抜きした人参などを乗せる。 2個目:おにぎりを白菜で巻いて余分な部分は切る。 小さく切った赤パプリカを乗せる。 3個目:薄焼き卵を焼く。 おにぎりに細長く二枚に切った卵を十字に巻く。 上に小さく切ったインゲンを乗せる。 4個目:おにぎりにしらすと小さく切った胡瓜を乗せる。 5個目:おにぎりをマッシュしたかぼちゃでくるむ。 刻んだ枝豆を乗せる。 6個目:鶏ささみを斜めにスライスして、おにぎりに乗せれるサイズにし乗せる。 細長く切ったのりを巻く。 7個目:湯むきしたトマトをおにぎりの上に乗るサイズにスライスして乗せる。 刻んだ白菜を乗せる。 火傷に注意してキッチンペーパーなどで余分な水分を搾り取ります 2、カボチャは、小さく切って柔らかくなるまで茹でます。 電子レンジでも問題ありません。 3、柔らかくなったカボチャは水気を切って冷まし、皮をとります。 4、フードプロセッサーに1と3を入れてよく混ぜます。 時々かき混ぜながら滑らかになるまで混ぜます。 5、絞り袋に入れて冷蔵庫で冷まします。 6、食パンを丸型にカットします。 今回は、1枚に2個づつカットしました。 7、6のパンの間に5のクリームを挟んで重ねていきます。 8、サイドと上にまんべんなくクリームを塗り、イチゴをトッピングし、周囲にクリームを絞ったら完成です。

次の

1歳のお誕生日の離乳食レシピとは?可愛いバースデープレートを作ろう

お誕生日レシピ

1歳の誕生日のための特別メニューは敷居が高いとため息をつきたくなってしまうママは、便利グッズを積極的に使ってみましょう。 100均などで手に入る、いろいろな形をした型抜きや海苔パンチをいくつか揃えておくといつでもいろいろな食材に使うことができます。 ケチャップなどで文字を書くことができるクッキングペン、柔らかな野菜にぎゅっと押すと花やクローバーなどの可愛い形が付くデコプレート、星やハート型にできるおにぎり用の押し型など、誕生日プレートを作るためのお助けアイテムがたくさんあります。 これらの便利グッズは誕生日だけでなく、ひな祭りやこどもの日などにも活用できますから、今から揃えておいても損はありません。 誕生日にはケーキがつきものですが、市販のケーキは脂質や糖分が多く使われているため、1歳のこどものお腹には負担がかかりすぎてしまいます。 そこでぜひおすすめしたい1歳用のケーキレシピが、離乳食完了期のこどもが手づかみで食べられるスマッシュケーキです。 スポンジの代わりにパンを、生クリームの代わりに水切りヨーグルトを用い、好きなフルーツでデコレーションします。 市販の離乳食用ケーキセットを活用してみてもよいでしょう。 小さなこどもが興味を持って大喜びで初めてのケーキを食べる姿は、1歳の誕生日だからこそ見ることができ、写真やビデオにぜひ収めておきたいシーンです。 食後のイベントとしてぜひ計画してみてください。 お好み焼きは1歳のこどもが簡単に手づかみで食べることができる、離乳食には欠かせない料理です。 レシピに使用しているじゃこはタンパク質、カルシウム、ビタミンD、鉄分などを含む、栄養価の高い食材です。 鰹節と混ぜ合わせれば特に調味料を使用することもなくおいしい離乳食になります。 1歳の誕生日にたくさん作って大人も一緒に楽しみましょう。 また、小麦粉の分量を減らしてジャガイモや人参のすり下ろしを加えたり、軟飯あるいはホットケーキミックスと混ぜ合わせてみたりと、レシピのアレンジも可能です。 家にある材料で簡単に作ることができ、1歳のこどもも喜んで食べてくれます。 チーズや納豆などを加えると違った味わいになります。 4、芋が冷めたらラップにくるみエビフライらしい形を2つ作るよ10cm程かな 5、茹でてる間にえびのしっぽ作り 人参の輪切りにキッチンハサミでチョキチョキ。 後で芋にさすから失敗してもいいように何個か作る 6、耐熱容器にしっぽもどきをいれかぶる程度の水をいれ蓋をして600wで3分 火が通ったか見るのに切れ端なども一緒に入れておき、切れ端に竹串がすっと通ればOK 7、ラップに衣を乗せ、エビフライの芋を乗せて軽くキュッとしながら衣をつけて人参を最後にさす。 今回は7個作りました。 百均のフリフリおにぎりメーカーを使うと簡単で綺麗に出来ます。 2、軟飯、卵、のり以外の材料を柔らかくなるまで煮る。 同じ鍋でまとめて煮て大丈夫です。 トマトは早めにあげて皮をむき種を取る。 3、それぞれのおにぎりを作る 1個目:おにぎりをほうれん草で巻いて余分な部分は切る。 上に型抜きした人参などを乗せる。 2個目:おにぎりを白菜で巻いて余分な部分は切る。 小さく切った赤パプリカを乗せる。 3個目:薄焼き卵を焼く。 おにぎりに細長く二枚に切った卵を十字に巻く。 上に小さく切ったインゲンを乗せる。 4個目:おにぎりにしらすと小さく切った胡瓜を乗せる。 5個目:おにぎりをマッシュしたかぼちゃでくるむ。 刻んだ枝豆を乗せる。 6個目:鶏ささみを斜めにスライスして、おにぎりに乗せれるサイズにし乗せる。 細長く切ったのりを巻く。 7個目:湯むきしたトマトをおにぎりの上に乗るサイズにスライスして乗せる。 刻んだ白菜を乗せる。 火傷に注意してキッチンペーパーなどで余分な水分を搾り取ります 2、カボチャは、小さく切って柔らかくなるまで茹でます。 電子レンジでも問題ありません。 3、柔らかくなったカボチャは水気を切って冷まし、皮をとります。 4、フードプロセッサーに1と3を入れてよく混ぜます。 時々かき混ぜながら滑らかになるまで混ぜます。 5、絞り袋に入れて冷蔵庫で冷まします。 6、食パンを丸型にカットします。 今回は、1枚に2個づつカットしました。 7、6のパンの間に5のクリームを挟んで重ねていきます。 8、サイドと上にまんべんなくクリームを塗り、イチゴをトッピングし、周囲にクリームを絞ったら完成です。

次の

1歳の子供の誕生日に!1歳児が喜ぶ料理レシピ18選

お誕生日レシピ

見た目完璧、失敗知らず「たっぷりきのこのキッシュ」の作り方 キッシュとは、パイ生地やタルト生地などでできた器の中に卵や生クリームの卵液を注いで、オーブンで焼き上げたもの。 中の具材には野菜やチーズなどが使われます。 キッシュを作るときの最初の難関は、器となる生地の部分。 冷凍のパイシートを使えば簡単なようですが、しっかり伸ばして型に合わせて切り取って、空焼きをした上で具や卵液を入れる…というのは案外と手間がかかります。 タルト生地を作るのは、小麦粉をこねたり伸ばしたりと、ますます大変。 そこでおすすめしたいのが、市販のクッキートルテ。 これなら、タルト型も必要ありません。 お菓子用として売られていることが多いですが、キッシュにも、もちろん使えます。 サクサクで味も美味しい。 カルディや富澤商店、クオカなどの製菓材料を扱っている店舗で購入できます。 クッキートルテさえあれば、お手軽簡単に見た目完璧なキッシュが作れます。 持ち運びもしやすいので、持ち寄りパーティにもぴったりですよ。

次の