クリント イースト ウッド 監督 作品。 クリント・イーストウッド 出演・監督作品一覧

全50作品。クリント・イーストウッドが出演した映画ランキング

クリント イースト ウッド 監督 作品

監督と主演はが務めている。 原案は『』のサム・ドルニックの記事「The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule」であり 、脚本はが執筆した。 80歳代での麻薬の運び屋となったの退役軍人であるの実話に基づいている。 イーストウッドの映画出演は2012年の『』以来のことであり 、自身の監督作品での出演は2008年の『』以来となる。 、、、、が共演した。 アメリカ合衆国では2018年12月14日に公開された。 全世界での興行収入は1億ドルを超えている。 あらすじ [ ] かつて園芸家として名を馳せたアール・ストーン()は、経済的に行き詰まり孤独に暮らしていた。 麻薬の運び屋となった彼は、のコリン・ベイツ()に追われながらも、家族との壊れた関係を修復しようとするのであった。 アール・ストーン - ( )• コリン・ベイツ捜査官 - ( )• 主任特別捜査官 - ( )• トレビノ捜査官 - ( )• メアリー - ( )• ラトン - ( )• フリオ - ()( )• ジニー - ( )• アイリス - ( )• グスタボ - 製作 [ ] 2014年、『』にサム・ドルニックの記事「The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule」が掲載された。 この記事が伝えるところによると、園芸家のは長期にわたっての麻薬の運び屋を秘密裏に務めていた。 インペラティブ・エンターテイメントは、この記事の権利を買い取り、映画化に着手した。 当初はが監督する予定であったが、最終的にはが監督することになった。 が脚本を執筆した。 イーストウッド、ティム・ムーア、クリスティーナ・リベラ、ジェシカ・マイヤー、ダン・フリードキン、ブラッドリー・トーマスが製作陣に名を連ねた。 イーストウッドは本作の主演も務めた。 彼の映画出演は2012年の『』以来であり 、自身の監督作品での出演は2008年の『』以来である。 共演者には、、、、が起用された。 撮影を担当したと音楽を担当したは、本作で初めてイーストウッドの監督作品に参加した。 シンガー・ソングライターのはオリジナル楽曲「Don't Let the Old Man In」を提供した。 本作の撮影は、、、などで行われた。 エンド・クレジットにおいて、本作は ()と ()に捧げられている。 2人はイーストウッドの親友であった。 日本語吹替版では、これまでの代役として過去作の追加録音部分でイーストウッドの吹替を担当することが多かったが、初めて新作主演映画の吹き替えを担当することとなった。 公開 [ ] 2018年12月10日、のリージェンシー・ヴィレッジ・シアターで本作のプレミア上映が行われた。 のほか、娘の、息子のとらが出席した。 アメリカ合衆国では2018年12月14日に全国公開された。 日本では2019年3月8日に全国公開された。 脚注 [ ]• ワーナー・ブラザース. 2018年12月11日時点のよりアーカイブ。 2018年12月12日閲覧。 Empire. 2018年12月12日閲覧。 Movie Walker. 2018年12月12日時点のよりアーカイブ。 2018年12月12日閲覧。 Hassenger, Jesse 2018年12月12日. The A. Club. 2018年12月16日閲覧。 Box Office Mojo. 2019年3月23日閲覧。 Gilyadov, Alex 2018年5月18日. IGN. 2018年12月12日閲覧。 Dolnick, Sam 2018年12月5日. The New York Times. 2018年12月12日閲覧。 Roffman, Michael 2018年10月5日. Consequence of Sound. 2018年12月12日閲覧。 Xu, Linda 2018年10月4日. The Hollywood Reporter. 2018年12月12日閲覧。 Lang, Brent 2018年9月27日. Variety. 2018年12月12日閲覧。 Whalen, Andrew 2018年12月10日. Newsweek. 2018年12月12日閲覧。 Blistein, Jon 2018年10月4日. Rolling Stone. 2018年12月12日閲覧。 Truitt, Brian 2018年11月27日. USA Today. 2018年12月12日閲覧。 Edelstein, David 2018年12月12日. Vulture. 2018年12月15日閲覧。 Ehrlich, David 2018年12月12日. IndieWire. 2018年12月15日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年3月14日時点のよりアーカイブ。 2019年3月23日閲覧。 映画ナタリー 2019年5月8日. 2019年5月8日閲覧。 ワーナー公式 2019年5月8日. 2019年5月8日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年6月11日. 2019年6月11日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2018年12月13日閲覧。 White, James 2018年1月31日. Empire. 2018年12月13日閲覧。 D'Alessandro, Anthony 2018年9月27日. Deadline. 2018年12月13日閲覧。 McNary, Dave 2018年10月4日. Variety. 2018年12月13日閲覧。 Deadline. 2018年12月13日閲覧。 Rubin, Rebecca 2018年12月11日. Variety. 2018年12月15日閲覧。 Goldberg, Matt 2018年5月18日. Collider. 2018年12月15日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2018年12月13日閲覧。 O'Neill, Megan 2018年12月6日. Parade. 2018年12月15日閲覧。 Gomez, Adrian 2018年12月14日. Albuquerque Journal. 2018年12月15日閲覧。 Quinn, Dave 2018年12月11日. People. 2018年12月13日閲覧。 Gardner, Chris 2018年12月11日. The Hollywood Reporter. 2018年12月13日閲覧。 McClintock, Pamela 2018年9月27日. The Hollywood Reporter. 2018年12月13日閲覧。 朝日新聞 2019年3月15日. 2019年3月23日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2019年3月23日閲覧。 Metacritic. 2019年3月23日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• (英語)• - (英語)• - プレイリスト.

次の

クリント・イーストウッドの映画作品

クリント イースト ウッド 監督 作品

映画「運び屋」を観た! 映画館で、クリント・イーストウッドが監督・主演の映画「運び屋」を観ました。 クリント・イーストウッド監督が、10年ぶりに監督&主演を務める作品は10年ぶり。 これは見なくっちゃとずっと気になっていた映画です。 映画「運び屋」の予告はかなりサスペンス色の強いものだった!! だから、クリント・イーストウッドの88歳の鋭くかっこいい姿を期待していたら、穏やかな映画でした。 若い人の評価は、ちょっと分からないけれど少なくとも私の年代の人たちは好きな映画でしょう! なんと言ってもクリント・イーストウッド、88才で現役はすごい! 私のクリント・イーストウッドのイメージは、やっぱり西部劇! ああ、西部劇のイメージなんて、若い人は、想像できないだろうね。 今日は、映画好きのおばさんが、クリント・イーストウッドについてお話ししたいと思います。 映画「運び屋」についてのあらすじやキャストについては、今日は触れませんので、どんなあらすじなのか知りたい方は、私の好きな映画ブログを読めばいいでしょう。 参考: >> 監督としてだけでなく、俳優としての素晴らしさを堪能することができました。 当時は世界恐慌初期。 1930年と言えば、昭和5年!ああ、うちの母とおんなじくらいだ! クリント・イーストウッドの家も決して裕福ではなく、両親が子供たちを食べさせるのに苦労していました。 そんなクリント・イーストウッドが初めて演技をしたのは中学校の劇だったのです。 クリント・イーストウッドは劇の主役に抜擢されるのですが、練習をはじめてみると自分の下手くそな演技が恥ずかしくてたまりませんでした。 なんとか舞台に立ち本番を乗り切ったのですが、もう二度とやらないと思ったのです。 しかし大学時代に、演劇クラスに通い始めることになります。 その理由は女の子たちがたくさんいるからだったんだとか。 そしてクリント・イーストウッドは徐々に俳優としての実力を開花させていきます。 そして1959年にテレビ映画「ローハイド」(1959~1965年)のオーディション合格し、本格的な俳優活動がスタートしたのです。 クリント・イーストウッド29歳の時ですね。 まあ、この「ローハイド」を見たことあるって言うマニアックな人いないだろうね。 クリント・イーストウッドの若い頃:30代!1960年代 「ローハイド」でブレイクしたクリント・イーストウッドでしたが、マンネリ化したドラマに若干飽きてきていました。 そこへ「荒野の用心棒」(1964年)の話が舞い込みます。 そしてこの作品が世界的に大ヒット! >> クリント・イーストウッドの一大出世作となりました。 今でもよく目にする汚れたポンチョ、無精ひげに短い葉巻をくわえたクリント・イーストウッドの姿はこの作品のものです。 寡黙でクールな用心棒のキャラクターがハマり役でした。 クリント・イーストウッドの渋いウェスタン姿に、女性も男性も魅了されました。 今見ても本当にしびれる姿ですね。 こんな顔で見つめられたら、何も言わずに、ついて行ってしまいそう! クリント・イーストウッドの若い頃:40代!1970年代~1980年代 さらに1970年代には、クリント・イーストウッド大人気シリーズが公開されます。 「ダーティハリー」シリーズです。 >> 1作目は1971年に公開され大ヒット。 型破りの刑事ハリー・キャラハンは大人気キャラクターとなります。 若い人たちは、西部劇のクリント・イーストウッドは知らないけれど、この「ダーティハリー」の頃からのクリント・イーストウッドなら知っているかも知れませんね。 「ダーティハリー」シリーズは、5作目まで公開されるヒットシリーズとなりました。 スポンサーリンク クリント・イーストウッド:60代 1990年代 普通、あの人の若い頃って言うと20代、30代のことを言うのだけれど、イーストウッドは今、88才。 だから、60代も入れちゃいましょうね。 アクションスターとして不動の人気を誇るクリント・イーストウッド。 1990年代には悲願のオスカーを手にすることになります。 監督と主演を務めた「許されざる者」(1992年)。 >> この作品は、アカデミー賞で作品賞、監督賞、助演男優賞、編集賞を受賞しました。 クリント・イーストウッド62才の時です。 モーガン・フリーマン共演で、の西部劇の名作です。 クリント・イーストウッドが西部劇にカンバック! クリント・イーストウッドの西部劇が好きだったおばさん 大喜びでした! 「ダーティハリー」の刑事もいいけれど、やっぱりクリント・イーストウッドと言えば西部劇。 それも中年の魅力溢れる その後も「パーフェクトワールド」(1992年)「マディソン郡の橋」(1995年)「真夜中のサバナ」(1997年)など数多くの映画を監督し、高く評価されるようになります。 クリント・イーストウッドの描くヒューマンドラマは温かみがあり心に響くものばかりです。 あ、あ「マディソン郡の橋」(1995年)はダメ! クリント・イーストウッドの恋愛ものは、イメージに合わなかった! でもとにかく、クリント・イーストウッドは、俳優よりも名監督として知られるようになっていきます。 クリント・イーストウッド:2000年以降 74歳になったクリント・イーストウッドは主演と監督を務めた「ミリオンダラー・ベイビー」で2度目のアカデミー賞作品賞、監督賞を受賞しました。 >> この映画は、とにかくびっくりしたね! ヒラリー・スワンクにもびっくりだけど、監督としてのクリント・イーストウッドの才能にもびっくりしました。 主演男優賞にノミネートされたクリント・イーストウッドは受賞を逃しましたが、ヒラリー・スワンクは見事主演女優賞を受賞しました。 さらに「グラン・トリノ」(2008年)「J・エドガー」(2011年)「アメリカン・スナイパー」(2014年)と名作を作り続け、生ける伝説として唯一無二の存在となっていきます。 >> そして80代になっても第一線で活躍を続けています。 引退をほのめかしたこともありますが、まだまだその日はやってこないでしょう。 いつまでも映画ファンを楽しませてほしいですね。 クリント・イーストウッドのモテぶりがすごい! 映画「運び屋」では90歳でも美女二人を相手にするスーパーおじいちゃんを演じたクリント・イーストウッド。 クリント・イーストウッドは80代になっても新恋人の噂が絶えないプレイボーイです。 確かに80代とは思えないかっこよさがありますよね。 クリント・イーストウッドのモテぶりは本当にすごいです。 5人との女性の間に7人の子供がいて、さらに子供達と同年代の孫たちまでいるのです。 1人目の妻は、1953年に結婚したマギー・ジョンスン。 1985年に離婚しています。 息子と娘が一人ずつ生まれています。 2人目の妻は、1996年に結婚したディナ・ルイス。 娘が一人生まれています。 2014年に結婚し、約23億円を支払ったと言われています。 クリント・イーストウッドの元妻はこのお二人だけですが、さらに交際相手3人との間にも子供をもうけています。 ロクサーヌ・チュニスとの間に娘が一人生まれています。 ロクサーヌ・チュニスは女優でダンサーです。 1963年から14年間交際が続きました。 ジャセリン・リーヴスとの間に息子と娘が一人ずつ生まれています。 ジョセリン・リーヴスは客室乗務員でした。 フランシス・フィッシャーとの間には娘が一人生まれています。 フランシス・フィッシャーは「タイタニック」(1997年)などで知られる女優さんですね。 ローズのお母さん役と言えば思い出すでしょう。 ちなみに、ジョセリン・リーヴスとの間に生まれたスコット・リーブスは、現在俳優として活躍しています。 スコット・イーストウッドと改名して現在人気急上昇中です。 お父さん似の男前だね。 映画「スクランブル」にも出演していました。 最近、おばさんが注目しているハンサム俳優です! 名優であり名監督であるクリント・イーストウッドの歴史、さらに華やかな女性遍歴をご紹介してきました。 それにしても、クリント・イーストウッドの子供たちって、皆で集まることあるのでしょうか? まあ、ないでしょうね! クリント・イーストウッド、これからもまだまだ映画もプライベートもパワフルに活躍してほしいですね。

次の

全38作品。クリント・イーストウッド監督が制作した映画ランキング

クリント イースト ウッド 監督 作品

(イタリア製作作品は除く) 出演作品 公開 邦題 原題 役名 2000年代 08 グラン・トリノ Gran Torino Walt Kowalski 04 ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby Frankie Dunn 02 ブラッド・ワーク Blood Work Terry McCaleb 00 スペース・カウボーイ Space Cowboys Dr. Frank Corvin 1990年代 99 トゥルー・クライム True Crime Steve Everett 97 目撃 Absolute Power Luther Whitney 95 マディソン郡の橋 The Bridges of Madison County Robert Kincaid 93 パーフェクトワールド A Perfect World Texas Ranger, Chief Red Garnett 93 ザ・シークレットサービス In the Line of Fire Frank Horrigan 92 許されざる者 Unforgiven William Munny 90 ルーキー The Rookie Nick Pulovski 90 ホワイトハンター、ブラックハート White Hunter, Black Heart John Wilson 1980年代 89 ピンク・キャデラック Pink Cadillac Tommy Nowak 88 ダーティハリー5 The Dead Pool 86 ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場 Heartbreak Ridge Gunnery Sgt. Tom Highway 85 ペイル・ライダー Pale Rider The Preacher 84 シティ・ヒート City Heat Lieutenant Speer 84 タイトロープ Tightrope Wes Block 83 ダーティハリー4 Sudden Impact 82 センチメンタル・アドベンチャー Honkytonk Man Red Stovall 82 ファイヤー・フォックス Firefox Maj. Mitchell Gant 80 ダーティファイター 燃えよ鉄拳 Any Which Way You Can 80 ブロンコ・ビリー Bronco Billy Bronco Billy McCoy 1970年代 79 アルカトラズからの脱出 Escape from Alcatraz Frank Morris 78 ダーティファイター Every Which Way But Loose Philo Beddoe 77 ガントレット The Gauntlet Ben Shockley 76 ダーティハリー3 The Enforcer 76 アウトロー The Outlaw Josey Wales Josey Wales 75 アイガーサンクション The Eiger Sanction Dr. Jonathan Hemlock 74 サンダーボルト Thunderbolt and Lightfoot John 'Thunderbolt' Doherty 73 ダーティハリー2 Magnum Force 72 荒野のストレンジャー High Plains Drifter The Stranger 72 シノーラ Joe Kidd Joe Kidd 71 ダーティハリー Dirty Harry Inspector 'Dirty' Harry Callahan 71 恐怖のメロディ Play Misty for Me David 'Dave' Garver 71 白い肌の異常な夜 The Beguiled Cpl. John McBurney 70 戦略大作戦 Kelly's Heroes Lt. Kelly 1960年代 69 真昼の死闘 Two Mules for Sister Sara Hogan 69 ペンチャー・ワゴン Paint Your Wagon Sylvester 'Pardner' Newel 68 荒鷲の要塞 Where Eagles Dare Lt. Morris Schaffer 68 マンハッタン無宿 」Coogan's Bluff Deputy Sheriff Walt Coogan 68 奴らを高く吊るせ Hang 'em High Marshal Jedediah 'Jed'Cooper 66 華やかな魔女たち 第五話『またもやいつも通りの夜』 Le Streghe segment "Sera come le altre, Una"・伊 米公開題:The Witches 69 Charlie 66 続・夕陽のガンマン 地獄の決斗 Buono, il brutto, il cattivo, Il 伊 米公開題:The Good, the Bad and the Ugly 67 Blondie, The Man With No Name The Good 65 夕陽のガンマン Per qualche dollaro in piu 伊 米公開題: For a Few Dollars More 67 The Man With No Name Monco 64 荒野の用心棒 Per un pugno di dollari 伊 米公開題: A Fistful of Dollars 67 Joe 55 TVシリーズ 「ローハイド」 Rawhide Rowdy Yates 66年まで放送 デビュー後 端役時代の出演作品 58 Ambush at Cimarron Pass キース・ウィリアムズ役 58 壮烈! 外人部隊 Lafayette Escadrille 戦闘機パイロット 57 二人の可愛い逃亡者 Escapade in Japan ダンボという頭のおかしなパイロット 56 The First Traveling Saleslady 兵隊 ジャック・ライス 56 底抜け西部へ行く pardners 町の若者役 56 全艦発進せよ Away All Boats 軍医兵役 56 Star in the Dust 牧童役 56 Never Say Goodbye X線研究所の助手役 55 タランチュラの襲撃 Tarantula 巨大蜘蛛を迎撃するパイロット 55 Lady Godiva 中世のローブをまとったサクソン人 55 Francis in the Navy 水夫 ジョネシー クレジット有 55 半魚人の逆襲 Revenge of the Creature 研究所の助手 ジェニングス カメオ&コメントなどのゲスト出演 08 You Must Remember This: The Warner Bros. Story ワーナー・ブラザース映画創立85周年記念のドキュメンタリー 07 トニーベネット: ミュージック・ネバー・エンド Tony Bennett: The Music Never Ends アメリカの偉大なヴォーカリスト、トニーベネットのドキュメンタリー 05 Budd Boetticher: A Man Can Do That 1950年代に西部劇の佳作を撮り続けた映画監督 バッド・ベティカーのドキュメンタリー 01 ザ・ブルース 『ピアノ・ブルース』 The Blues "Piano Blues" TV シリーズ「The Blues」の一編 イーストウッドがホスト 01 Kurosawa 黒澤明監督の回顧ドキュメント 01 America: A Tribute to Heroes TV 9. Story ワーナー・ブラザース映画創立85周年記念のドキュメンタリー 07 トニーベネット: ミュージック・ネバー・エンド Tony Bennett: The Music Never Ends アメリカの偉大なヴォーカリスト、トニーベネットのドキュメンタリー 05 Budd Boetticher: A Man Can Do That 1950年代に西部劇の佳作を撮り続けた映画監督バッド・ベティカーのドキュメンタリー 98 Monterey Jazz Festival: 40 Legendary Years 「モントレー・ジャズフェスティバル」40周年記念の回顧ドキュメンタリー 95 ヘンリエッタに降る星 The Stars Fell on Henrietta ロバート・デュバル主演 大恐慌時代に石油採掘に賭ける人々の物語 89 セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー Thelonious Monk: Straight, No Chaser 孤高のジャズピアニストの生涯を追うドキュメンタリー.

次の