子供 頭皮 乾燥。 皮膚科医が解説! 子どもの頭皮、髪の毛にまつわる素朴なギモン

子供が頭を痒いと言って掻きむしる、原因はなんだろう?

子供 頭皮 乾燥

シャンプーのしすぎ、季節の変化、睡眠不足や日々のストレスによる体調の変化で皮膚のバリア機能が低下し、頭皮の乾燥を招きます。 乾燥が続くと角質層が剥がれやすくなり、白くて細かい「乾性のフケ」が目立ちます。 これまで角質層で守られていたかゆみを感じる神経が剥き出しになるとかゆみを感じるようになります。 原因2. 夏の暑い時期や油分の多い食事を摂りすぎた時は、皮脂が出やすくなります。 シャンプー時に頭皮の余分な皮脂を落としきれてないと、頭皮の皮脂を餌にしている菌が増殖して新陳代謝のリサイクルが崩れ、大きくて黄色の湿った「脂性のフケ」が出ます。 シャンプー前に「湯シャン」をしましょう。 シャンプーをつけずにお湯で洗い流すだけでも、8割の頭皮の汚れが落ちると言われています。 ただ髪を濡らすだけではなく、指の腹で地肌を揉み洗いしながら濡らしてあげるのが良いでしょう。 そうすることでその後のシャンプーの泡立ちも良くなります。 「フケが出ている」という方の頭皮をよく見ると、コンディショナーやトリートメントなどのカスが付着している場合があります。 それがかゆみやフケの原因にもなってしまうので、洗い流す時も洗う時と同じように指の腹で頭皮をもみながら、つけたシャンプーやコンディショナーはしっかりと洗い流しましょう。 乾かし方ですが、頭皮を乾かしてあげることが大切です。 乾かし方が不十分で濡れたままの頭皮には雑菌が繁殖し、炎症を起こしやすくなります。 炎症はフケの原因にもなります。 アドバイス-1)シャンプーは1日1回まで! 洗浄力の強すぎるシャンプーを使用していたり、1日に何度も髪を洗ったりすると、皮脂を取り過ぎてしまいます。 その結果、頭皮が乾燥してパラパラとした細かくて白いフケが出ます。 これらのフケを「乾性のフケ」と言います。 アドバイス-2)シャンプーを変えても、パラパラ細くて白いフケ「乾性のフケ」が改善されない場合は、洗髪後に使う頭皮用の保湿ローションを加えてみるのもいいでしょう。 頭皮専用のもので潤いを与えてからドライヤーで乾かすのが効果的です。 そもそも、シャンプーのときに、頭皮を洗えていない人が多いのだそう。 ブラシを使ってブラッシングをしながら洗うのがオススメ。 毛穴を洗う手助けにもなります。 また、すすぐ時にもブラッシングをしっかりしてあげることで、シャンプーやトリートメントなどの洗い残しも防げるそうです。 原因は主に、汗によるムレ、皮脂を好む雑菌が繁殖、皮膚の乾燥、シャンンプーやコンディショナー・トリートメントの洗い残しがある、紫外線によって頭皮のバリア機能が低下して過敏になっている、花粉などのアレルギー反応によるもの… などが挙げられます。 頭がかゆいからってゴシゴシと洗えばかゆみが抑えられるというものでもありません。 洗い過ぎてしまうと、頭皮の皮脂が過剰にとれて乾燥を招き、さらにかゆくなることもあるんです。 Q&A-2|シャンプーの仕方と対処法 かゆみを防ぐシャンプー方法は? 髪を洗うときは、爪を立ててゴシゴシ洗うと地肌を傷つけてしまいます。 指の腹で頭皮を優しくマッサージしながら洗うのがコツです。 また、洗った後のシャンプーやトリートメントをしっかり流すことも大切です。 Q&A-3|白髪とかゆみの関係 白髪が増えるとかゆみが増すって本当? 白髪が増えるタイミングでの頭皮のかゆみは、もしかしたらエイジングによる頭皮環境の乱れが原因かもしれません。 肌と同じように頭皮も時間をかけて新しいものに変わります。 表皮の一番下にある基底膜から新しい皮膚が生まれ、それが約1か月かけて上へと押し上げられていき、表皮の一番上にある角質層になって最後は垢となって剥がれ落ちるのです。 このターンオーバーの周期が何らかの理由により乱れると、皮膚のバリア機能が低下して頭皮が乾燥し、刺激を感じやすくなるためにかゆくなります。 改善策は? 頭皮のターンオーバーを正常にするには、栄養バランスのとれた食事や、寝不足の改善、そして無理にストレスを抱え込まないよう生活習慣の見直しをしていくことが重要です。 偏った食事は、頭皮の状態を悪化させてしまいます。 髪や頭皮に必要な栄養素であるタンパク質は、意識的に摂るようにしましょう。 また、亜鉛を摂るのも効果的。 サプリなどで補ってあげるのも良いでしょう。 放っておいてはいけないかゆみもある? フケ・かゆみに効果的な薬用シャンプーや市販薬を使用してもフケやかゆみが改善されない場合は、近くの皮膚科で相談を。 下記の可能性もあるんです。 【脂漏性皮膚炎】 皮膚の常在菌であるマラセチア菌が増えすぎてしまうことによる炎症です。 頭皮が脂っぽく、触るとしっとりとした大きめのフケが付いてくる場合は要注意。 顔や首、耳裏なども赤くなる場合があります。 【尋常性乾癬】 皮膚が赤く盛り上がり、その上を白く乾燥した角質がかさぶたのように覆いかぶさって、ポロポロとフケのように剥がれ落ちます。 原因ははっきりと解明されていませんが、慢性化するので根気強く皮膚科で治療する必要があります。 【頭部白(水虫)】 頭皮のかゆみやフケに加えて、頭皮の一部が脱毛してきた場合は要注意です。 足にできる水虫と同じく、ジメジメした環境を好むので、帽子などで蒸れた状態の頭皮は絶好の環境になります。 身体の他の場所に発生したものが髪の毛に触れて感染するケースも多いです。 【シラミ】 耳の後ろや後頭部のかゆみが強い場合は、髪を掻き分けてよく見てください。 髪の根元に白いフケのようなものがあり、爪でもなかなか取れない場合はアタマジラミの卵である可能性が高いです。 フケ・かゆみを防ぐような薬用シャンプーを選ばれるのが良いと思います。 タイプ別に見てみますと… 乾性系のフケの場合 保湿効果があり、しっとりした洗い上がりの薬用シャンプーがオススメです。 頭皮の荒れを防ぐ有効成分「グリチルレチン酸ジカリウム」が含まれていると、頭皮を健やかに保ってくれます。 脂性フケの場合 皮脂の過剰分泌によって増えてしまう脂性フケの原因になる菌にアプローチするのがミコナゾール硝酸塩が含まれた薬用シャンプーです。 脂をしっかりととってくれる洗浄力のあるシャンプーを選ぶのが良いと思います。 余分な皮脂や古くなった角質を除去し、頭皮の気になるべたつきをケアします。 マッサージしながらシャンプーすることで、頭皮を刺激し、ヘッドスパを受けた後のようなみずみずしく柔らかな頭皮へ。 やさしく洗い上げ、頭皮に潤いを与えます。 頭皮の毛穴をキュッとひきしめながら、深く潤わせ、柔らかく整えます。 マンダム|スリピア ヘアクレンジング 泡立たないミルクタイプのヘアクレンジングが、うるおいとハリのある頭皮に。 皮脂や毛穴の汚れを乳化し、浮き上がらせて落とすので、必要なうるおいはしっかりキープ。 コンディショニング成分が洗いながら髪をみずみずしく仕上げます。 イーラル|プルミエ バランシングシャンプー (右)潤いを保ちながら軽やかに洗いあげ、毛髪・頭皮を健やかに保ちます。 ニオイやフケ・かゆみを防ぎ、弾力のある髪に。 市販でも買える! 頭皮乾燥ケアのおすすめシャンプー リ・ヘア|シャンプー 11種類のアミノ酸が髪の保湿効果を高め、髪を乾燥から守ります。 さらに、頭皮のベタつき・乾燥のどちらもケアし、健やかで美しい髪に。 クリア|クリア モイスチャー&ケア 濃厚ノンシリコンシャンプー (一番左)保湿成分のコラーゲンアミノ酸配合で、潤いのある美髪に。 潤って、健やかな頭皮に導くヘアケアシリーズです。 スキンケア感覚で地肌をやさしく洗い上げます。 ダメージを受けた髪を修復し、ごわつきやパサつきを抑えてやわらかくまとまりやすい髪に。 I-ne|ボタニスト ボタニカル シャンプー(モイスト) 髪にも地球にも優しい植物由来の原料を配合。 髪に潤いを与え、しっとりと洗い上げます。 ・「ノンシリコンとは思えないくらい、洗い上がりがなめらか!」(フリーランス・30歳) ・「頭皮が乾燥しやすいのですが、これは皮脂をとりすぎない感じで大満足」(総合職・28歳) スペシャルケア! オイルやUVスプレー product|スキャルプリバイタライザー USDAオーガニック認証取得の、本格的なオーガニックヘアケアアイテム。 ホホバオイルが頭皮の乾燥を防ぎ、月見草エキスが、ホルモンバランスを整えて地肌の血行をよくするので、白髪や産後の抜け毛にも効果が! ナプラ|ミーファ フレグランスUVスプレー (右:マグノリア/左:テンダーリリィ)髪の毛だけでなく、頭皮や体の日焼け止めとしても使えるUVスプレー。 オーガニックハーブエキスやローズヒップオイル・ヘーゼルナッツオイルなどの植物オイルを配合し、頭皮への保湿効果にも優れています。

次の

頭皮の乾燥から子供を守るには?フケや痒みから考える原因と対策│もう自分のニオイで悩まない

子供 頭皮 乾燥

シャンプーのしすぎ、季節の変化、睡眠不足や日々のストレスによる体調の変化で皮膚のバリア機能が低下し、頭皮の乾燥を招きます。 乾燥が続くと角質層が剥がれやすくなり、白くて細かい「乾性のフケ」が目立ちます。 これまで角質層で守られていたかゆみを感じる神経が剥き出しになるとかゆみを感じるようになります。 原因2. 夏の暑い時期や油分の多い食事を摂りすぎた時は、皮脂が出やすくなります。 シャンプー時に頭皮の余分な皮脂を落としきれてないと、頭皮の皮脂を餌にしている菌が増殖して新陳代謝のリサイクルが崩れ、大きくて黄色の湿った「脂性のフケ」が出ます。 シャンプー前に「湯シャン」をしましょう。 シャンプーをつけずにお湯で洗い流すだけでも、8割の頭皮の汚れが落ちると言われています。 ただ髪を濡らすだけではなく、指の腹で地肌を揉み洗いしながら濡らしてあげるのが良いでしょう。 そうすることでその後のシャンプーの泡立ちも良くなります。 「フケが出ている」という方の頭皮をよく見ると、コンディショナーやトリートメントなどのカスが付着している場合があります。 それがかゆみやフケの原因にもなってしまうので、洗い流す時も洗う時と同じように指の腹で頭皮をもみながら、つけたシャンプーやコンディショナーはしっかりと洗い流しましょう。 乾かし方ですが、頭皮を乾かしてあげることが大切です。 乾かし方が不十分で濡れたままの頭皮には雑菌が繁殖し、炎症を起こしやすくなります。 炎症はフケの原因にもなります。 アドバイス-1)シャンプーは1日1回まで! 洗浄力の強すぎるシャンプーを使用していたり、1日に何度も髪を洗ったりすると、皮脂を取り過ぎてしまいます。 その結果、頭皮が乾燥してパラパラとした細かくて白いフケが出ます。 これらのフケを「乾性のフケ」と言います。 アドバイス-2)シャンプーを変えても、パラパラ細くて白いフケ「乾性のフケ」が改善されない場合は、洗髪後に使う頭皮用の保湿ローションを加えてみるのもいいでしょう。 頭皮専用のもので潤いを与えてからドライヤーで乾かすのが効果的です。 そもそも、シャンプーのときに、頭皮を洗えていない人が多いのだそう。 ブラシを使ってブラッシングをしながら洗うのがオススメ。 毛穴を洗う手助けにもなります。 また、すすぐ時にもブラッシングをしっかりしてあげることで、シャンプーやトリートメントなどの洗い残しも防げるそうです。 原因は主に、汗によるムレ、皮脂を好む雑菌が繁殖、皮膚の乾燥、シャンンプーやコンディショナー・トリートメントの洗い残しがある、紫外線によって頭皮のバリア機能が低下して過敏になっている、花粉などのアレルギー反応によるもの… などが挙げられます。 頭がかゆいからってゴシゴシと洗えばかゆみが抑えられるというものでもありません。 洗い過ぎてしまうと、頭皮の皮脂が過剰にとれて乾燥を招き、さらにかゆくなることもあるんです。 Q&A-2|シャンプーの仕方と対処法 かゆみを防ぐシャンプー方法は? 髪を洗うときは、爪を立ててゴシゴシ洗うと地肌を傷つけてしまいます。 指の腹で頭皮を優しくマッサージしながら洗うのがコツです。 また、洗った後のシャンプーやトリートメントをしっかり流すことも大切です。 Q&A-3|白髪とかゆみの関係 白髪が増えるとかゆみが増すって本当? 白髪が増えるタイミングでの頭皮のかゆみは、もしかしたらエイジングによる頭皮環境の乱れが原因かもしれません。 肌と同じように頭皮も時間をかけて新しいものに変わります。 表皮の一番下にある基底膜から新しい皮膚が生まれ、それが約1か月かけて上へと押し上げられていき、表皮の一番上にある角質層になって最後は垢となって剥がれ落ちるのです。 このターンオーバーの周期が何らかの理由により乱れると、皮膚のバリア機能が低下して頭皮が乾燥し、刺激を感じやすくなるためにかゆくなります。 改善策は? 頭皮のターンオーバーを正常にするには、栄養バランスのとれた食事や、寝不足の改善、そして無理にストレスを抱え込まないよう生活習慣の見直しをしていくことが重要です。 偏った食事は、頭皮の状態を悪化させてしまいます。 髪や頭皮に必要な栄養素であるタンパク質は、意識的に摂るようにしましょう。 また、亜鉛を摂るのも効果的。 サプリなどで補ってあげるのも良いでしょう。 放っておいてはいけないかゆみもある? フケ・かゆみに効果的な薬用シャンプーや市販薬を使用してもフケやかゆみが改善されない場合は、近くの皮膚科で相談を。 下記の可能性もあるんです。 【脂漏性皮膚炎】 皮膚の常在菌であるマラセチア菌が増えすぎてしまうことによる炎症です。 頭皮が脂っぽく、触るとしっとりとした大きめのフケが付いてくる場合は要注意。 顔や首、耳裏なども赤くなる場合があります。 【尋常性乾癬】 皮膚が赤く盛り上がり、その上を白く乾燥した角質がかさぶたのように覆いかぶさって、ポロポロとフケのように剥がれ落ちます。 原因ははっきりと解明されていませんが、慢性化するので根気強く皮膚科で治療する必要があります。 【頭部白(水虫)】 頭皮のかゆみやフケに加えて、頭皮の一部が脱毛してきた場合は要注意です。 足にできる水虫と同じく、ジメジメした環境を好むので、帽子などで蒸れた状態の頭皮は絶好の環境になります。 身体の他の場所に発生したものが髪の毛に触れて感染するケースも多いです。 【シラミ】 耳の後ろや後頭部のかゆみが強い場合は、髪を掻き分けてよく見てください。 髪の根元に白いフケのようなものがあり、爪でもなかなか取れない場合はアタマジラミの卵である可能性が高いです。 フケ・かゆみを防ぐような薬用シャンプーを選ばれるのが良いと思います。 タイプ別に見てみますと… 乾性系のフケの場合 保湿効果があり、しっとりした洗い上がりの薬用シャンプーがオススメです。 頭皮の荒れを防ぐ有効成分「グリチルレチン酸ジカリウム」が含まれていると、頭皮を健やかに保ってくれます。 脂性フケの場合 皮脂の過剰分泌によって増えてしまう脂性フケの原因になる菌にアプローチするのがミコナゾール硝酸塩が含まれた薬用シャンプーです。 脂をしっかりととってくれる洗浄力のあるシャンプーを選ぶのが良いと思います。 余分な皮脂や古くなった角質を除去し、頭皮の気になるべたつきをケアします。 マッサージしながらシャンプーすることで、頭皮を刺激し、ヘッドスパを受けた後のようなみずみずしく柔らかな頭皮へ。 やさしく洗い上げ、頭皮に潤いを与えます。 頭皮の毛穴をキュッとひきしめながら、深く潤わせ、柔らかく整えます。 マンダム|スリピア ヘアクレンジング 泡立たないミルクタイプのヘアクレンジングが、うるおいとハリのある頭皮に。 皮脂や毛穴の汚れを乳化し、浮き上がらせて落とすので、必要なうるおいはしっかりキープ。 コンディショニング成分が洗いながら髪をみずみずしく仕上げます。 イーラル|プルミエ バランシングシャンプー (右)潤いを保ちながら軽やかに洗いあげ、毛髪・頭皮を健やかに保ちます。 ニオイやフケ・かゆみを防ぎ、弾力のある髪に。 市販でも買える! 頭皮乾燥ケアのおすすめシャンプー リ・ヘア|シャンプー 11種類のアミノ酸が髪の保湿効果を高め、髪を乾燥から守ります。 さらに、頭皮のベタつき・乾燥のどちらもケアし、健やかで美しい髪に。 クリア|クリア モイスチャー&ケア 濃厚ノンシリコンシャンプー (一番左)保湿成分のコラーゲンアミノ酸配合で、潤いのある美髪に。 潤って、健やかな頭皮に導くヘアケアシリーズです。 スキンケア感覚で地肌をやさしく洗い上げます。 ダメージを受けた髪を修復し、ごわつきやパサつきを抑えてやわらかくまとまりやすい髪に。 I-ne|ボタニスト ボタニカル シャンプー(モイスト) 髪にも地球にも優しい植物由来の原料を配合。 髪に潤いを与え、しっとりと洗い上げます。 ・「ノンシリコンとは思えないくらい、洗い上がりがなめらか!」(フリーランス・30歳) ・「頭皮が乾燥しやすいのですが、これは皮脂をとりすぎない感じで大満足」(総合職・28歳) スペシャルケア! オイルやUVスプレー product|スキャルプリバイタライザー USDAオーガニック認証取得の、本格的なオーガニックヘアケアアイテム。 ホホバオイルが頭皮の乾燥を防ぎ、月見草エキスが、ホルモンバランスを整えて地肌の血行をよくするので、白髪や産後の抜け毛にも効果が! ナプラ|ミーファ フレグランスUVスプレー (右:マグノリア/左:テンダーリリィ)髪の毛だけでなく、頭皮や体の日焼け止めとしても使えるUVスプレー。 オーガニックハーブエキスやローズヒップオイル・ヘーゼルナッツオイルなどの植物オイルを配合し、頭皮への保湿効果にも優れています。

次の

頭皮のプロが教える!子供のフケの原因と対策の完全ガイド

子供 頭皮 乾燥

頭皮が乾燥していませんか? フケがあると周りの人に不快感を与えてしまうのではないかと心配です。 毎日の洋服にも気を遣ってしまいます。 さらに頭皮が乾燥していることで髪にもダメージを受けている場合があります。 今回の記事は頭皮が乾燥する原因を追究しながら、潤いのある頭皮に導くための正しいケア方法をご紹介していきます。 1. 頭皮が乾燥する4つの原因 頭皮が乾燥してしまう原因としては次の4つが考えられます。 湿度差 冷暖房の効いた部屋にいると室内と屋外の湿度差があり乾燥してしまいます。 頭皮が汗をかいたり、冷やされたりの繰り返しで頭皮が乾燥します。 頭皮からでた皮脂が毛穴に詰まり、フケや抜け毛の原因になります。 皮膚に優しい湿度は60%~65%です。 加湿器や観葉植物を置いて湿度を保たせ、エアコンの風は直接当たらないようにします。 シャンプーのやり過ぎ・高温シャワー 1日2回以上のシャンプーや高温のシャワーは、頭皮に必要な皮脂を洗い流してしまいます。 シャンプーは1日1回の洗髪で、指の腹で頭皮をマッサージしながら洗います。 高温のお湯でも皮脂が流れ過ぎてしまうので40度以下のぬるま湯で洗うようにします。 紫外線 紫外線によって頭皮の潤いが減少し乾燥してしまいます。 日傘、日焼け止めで紫外線対策をします。 紫外線が当たらないように髪の毛の分け目は毎日変えるようにします。 ブラッシングのやり過ぎ 乾燥した頭皮にクシがあたると角質層がダメージを受けてフケの原因になります。 クシは、髪に付いたホコリやヘアスタイルを整えるものですのでクシの使いすぎには注意します。 2. 頭皮がしっとり潤いアップする5つの方法 続いては頭皮と髪の潤いアップケアについてご紹介していきます。 乾燥した頭皮からはキレイな髪が成長できません。 頭皮のケアをしてツヤのある髪にしましょう。 乾燥した頭皮はお手入れをして潤いを与えます。 2-1.シャンプーの使用方法・乾かし方 2-1-1.正しい洗い方 正しいシャンプーの使用方法で頭皮の潤いをアップさせます。 ポイント• 爪を立てて洗うのではなく、4本の指腹(人差し指・中指・薬指・小指)で頭皮を傷つけないよう優しく洗います。 シャンプーの泡で毛穴を包みながら、頭皮をもみほぐします。 高温で頭皮をすすぐと、必要な皮脂まで洗い流してしまうのでぬるま湯ですすぐようにします。 正しい順番• 髪が絡まないようにクシでとかします。 30秒くらい、頭皮までしっかりと濡らします。 髪も指が通るようにします。 シャンプーは、手にとって泡を立てます。 頭皮全体に馴染ませて、髪につけます。 指の腹でマッサージしながら洗います。 A~Cを3回繰り返して、丁寧に洗います。 シャンプーが頭皮に残っていると地肌のトラブルの原因になるため、シャンプーのヌルつきがなくなるまでしっかりと頭皮と髪を洗い流します。 コンディショナーは髪の表面を整えるため、髪全体に馴染ませてからしっかりと洗い流します。 トリートメントは髪に栄養成分を与えるものです。 栄養成分が髪に必要なときに使用します。 2-1-2.頭皮の乾燥を防ぐ乾かし方 シャンプー後の頭皮は、皮脂も減ってしまい角質層から水分が奪われやすい状態です。 濡れた髪は、雑菌が繁殖しやすくなるため痒みや臭いなどの原因になります。 そのため、シャンプー後は自然乾燥しないようにしてドライヤーで乾かします。 雑菌が入らないように清潔なタオルを使用します。 正しく乾かす手順• 髪の毛はタオルで水分を取ります。 髪をタオルに挟み、ポンポンと軽くたたくようにして水分を取ります。 毛の流れに逆らうことなく指先を動かしながら整えます。 ドライヤーは20cmくらい離して使用します。 1箇所に集中しないように、角度や位置を動かしながら根元を乾かします。 髪の表面や裏側もしっかりと乾かしてください。 仕上げにドライヤーの冷風を使うことで髪にツヤがでます。 余分な水分は頭皮に残さないように乾かしましょう。 2-1-3.シャンプーの選び方 シャンプーの洗浄力が強いと必要な皮脂まで奪われてしまいます。 乾燥した頭皮の人は、外部からの刺激に対して弱いので、フケや痒みなどの頭皮のトラブルを引き起こしやすくなっています。 そのため、乾燥した頭皮の人は刺激が弱いシャンプーを選びましょう。 乾燥に向いているシャンプー 頭皮が乾燥している場合は、脂肪酸系のタウリン系、アマイドサルフェート系、アミノ酸系の3種類は刺激が少ないのでこれらを選ぶようにします。 2-2.セルフヘッドスパ 頭皮をマッサージすることで、毛穴の汚れを落としたり血行を良くしたり、フケや痒み、抜け毛も防ぐことすることが出来ます。 頭皮を健康に保つことができるのでツヤのある髪が生えてきます。 また、頭皮と顔はつながっているため、頭皮マッサージすることで顔のリフトアップの効果もあります。 頭皮マッサージを行うときは「強くこする」「力の入れすぎ」「手は清潔にする」「やり過ぎ」「爪を立てない」には注意します。 2-2-1.セルフヘッドスパのやり方 髪や頭皮は乾いた状態で始めます。 髪をブラッシングしてホコリなどの汚れを落とします。 オイル(オリーブオイル、椿油、ホホバオイルなど)を手にとってから頭皮にのせます。 指の腹で頭皮全体に馴染ませます。 頭皮に行きわたるくらいのオイルの量を使用します。 頭皮全体に馴染ませるために、(2)(3)を繰り返し行いながら頭皮のマッサージを行います。 親指以外の8本の指の腹を使い、両耳の後ろをマッサージします。 円を描くように10秒ぐらい大きく動かします。 皮膚を持ち上げるように下から上に頭頂部に向けて10秒くらいリフトアップします。 頭頂部のつむじの周り10本の指の腹を使いマッサージします。 つむじの左右に指を当てて10秒くらい頭全体を持ち上げるようにしてマッサージをします。 つむじの前後に指を当てて10秒くらい頭全体を持ち上げるようにしてマッサージをします。 ホットタオルを頭に巻き5分程度おきます。 ビニールハットをかぶると効果的です。 ホットタオルは水を含ませたタオルを電子レンジに1分間温めます。 火傷しないように温かさをチェックしてください。 お湯で頭皮のオイルを落とします。 シャンプーで洗います。 週1回のペースで簡単にヘッドスパが出来ます。 このヘッドスパを行うことで、頭皮に潤いを与えツヤのある髪に生まれ変わります。 さらにリフトアップもできます。 2-3.頭皮も保湿する 顔のお肌には保湿をするけれども、頭皮は乾燥していてもそのままという人が多いのではないでしょうか。 頭皮も肌と同じように乾燥しますので保湿します。 頭皮専用のローションやエッセンスがありますので、シャンプー後に乾かして使用します。 顔と同じローションを代用しても大丈夫です。 シャンプー後に乾かして使用します。 指の腹で優しく頭皮につけます。 アルコールは水分を奪って蒸発してしまうので、アルコールが多く入っているローションは避けます。 オイルは保湿効果があります。 シャンプー後にオイルを少し頭皮に馴染ませます。 その後にドライヤーして乾かします。 オイルは髪の毛につけることでキューティクルをコーティングして潤いのある髪にしてくれます。 2-4.頭皮の紫外線ケア 頭皮は紫外線を浴びやすく、分け目とつむじの部分は顔と比べておよそ3倍の紫外線を浴びているといわれます。 紫外線を浴びた頭皮は、バリア機能が衰えているため乾燥や痒み、フケなどトラブルが起きやすくなります。 日焼けした髪もキューティクルが剥がれてパサつきのある髪になります。 2-4-1.頭皮の紫外線を防ぐ 紫外線が多い日はなるべく出かけないようにするか、万全の紫外線対策をしてから出かけます。 特に、紫外線が多い時間帯は10時~14時です。 この時間帯は注意が必要です。 紫外線は、曇りや雨の日、冬でも1年中降り注いでいます。 頭皮への紫外線を防ぐポイント• 同じ分け目にしないようにします。 毎日少しずつ分け目を変えることで、同じ場所に紫外線を浴びないようにします。 帽子や日傘を使用します。 紫外線が通りにくいUVカットのある帽子や日傘を使って、頭皮と髪を守ります。 トリートメントを使用します。 UV効果のあるトリートメントやスプレーで紫外線対策をします。 日焼け止めを使用します。 頭皮、髪用のミスト、スプレーの日焼け止めがあります。 外出の前に日焼け止めをして頭皮と髪を守ります。 長時間外に出ている場合はこまめに日焼け止めを塗り紫外線対策をします。 2-4-1.頭皮の日焼けのアフターケア 紫外線対策を忘れて頭皮が焼けてしまった場合はケアが大切です。 頭皮がヒリヒリとするようなら、水に近い温度のシャワーや冷たいタオルで頭皮を冷やして落ち着かせます。 ほてりが治まったら保湿ケアをします。 コットンにローションを浸み込ませて、頭皮に優しくつけます。 シャンプーは低刺激のものを使用して頭皮に刺激を与えないようにします。 日焼け後の髪は水分も失いパサパサになっています。 乾燥した髪は枝毛や切れ毛の原因にもなります。 トリートメントして髪の毛に栄養成分を与えます。 2-5.食事 食生活も頭皮に影響を与えます。 脂分の多い食事をしていると、皮脂の分泌も多くなり水分とのバランスが崩れて、頭皮のフケや痒み、乾燥などのトラブルを引き起こしてしまいます。 1日3食の規則正しい食生活を送ることが大切です。 2-5-1.頭皮と髪に効く栄養素 毛母細胞の細胞分裂を活発にする栄養素を取ります。 健康な頭皮や髪を作るのに必要な栄養素はビタミンB2、B6、A、C、E、たんぱく質、亜鉛です。 頭皮の細胞の代謝を促したり、丈夫にする作用があります。 ビタミンB2・B6 ビタミンB2・B6は皮脂の分泌を抑え、皮膚の代謝を促進する作用があります。 ビタミンB2を多く含む食べ物:レバー、大豆、乳製品、卵、焼きのりなど ビタミンB6を多く含む食べ物:魚、豚肉、鶏肉、大豆、バナナ、ニンニク、キャベツなど• ビタミンA ビタミンAは細胞分裂を正常にして頭皮の健康を保つ作用があります。 ビタミンAを多く含む食べ物:レバー、うなぎ、卵、緑黄色野菜など• ビタミンC ビタミンCはコラーゲンの生成を手伝い頭皮や血管を丈夫にする作用があります。 ビタミンCを多く含む食べ物:赤・黄・オレンジパプリカ、レモン、柿、キウイ、カリフラワー、イチゴ、ブロッコリーなど• ビタミンE ビタミンEは毛細血管を広げて毛乳頭まで栄養を運ぶ作用があります。 ビタミンEを多く含む食べ物:ナッツ類、植物油、魚介類、ごまなど• たんぱく質 たんぱく質は髪を丈夫にしてくれる作用があります。 たんぱく質を多く含む食べ物:大豆、肉、魚、卵、乳製品など• 亜鉛 亜鉛は髪の組織を作る作用があります。 亜鉛を多く含む食べ物:うなぎ、いわし、貝類、納豆、アーモンド、海草など まとめ この記事では頭皮が乾燥してしまう原因と、乾燥した頭皮を正しくケアして潤いのある頭皮に導く方法をご紹介しました。 これらを正しく実践していただくことで、潤いのある髪と頭皮に生まれ変わることができます。

次の