チアダン 動画。 映画『チア☆ダン』動画フルを無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

ドラマ【チア☆ダン】見逃し動画を無料フル視聴する方法!配信サービス情報?土屋太鳳主演

チアダン 動画

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に600円分のポイントがもらえます。 映画『チアダン』は見放題で無料配信されているので、追加料金なしで 無料で視聴することが可能です! さらに、登録時にもらえる600円分のポイントを使えば、最新作の映画やアニメなどの有料作品を見ることもできます。 もちろん無料お試し期間中に解約すれば費用は一切かかりません。 登録や解約も2~3分程度でできるので、とっても簡単でオススメの方法です。 これらの違法アップロードサイトは、著作権の侵害を犯し、違法に動画をネット上に掲載しています。 無料で動画が観られることから、ついつい利用してしまう人が後を絶ちません。 しかし、何のリスクもなく無料で観られるなんて、そんな虫のいい話があるはずもなく… これらのサイトを閲覧すると、 ウイルス感染や個人情報漏えいなどの危険性が潜んでいます。 こういった危険性を回避するためにも、違法アップロードサイトはやめておいたほうが無難ではないでしょうか。 安心安全に動画を楽しみたい方は、公式の動画配信サービスの利用をおすすめします! 映画『チアダン』を視聴するならU-NEXTがおすすめ! U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo. 1! 老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。 2020年3月度集計。 映画『チアダン』を見終わった後でも、たくさんの映画やアニメ、ドラマなども、思う存分楽しむことができます! 家族みんなで楽しさをシェア! U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを作ることができるので、家族みんなで楽しむことができます。 1つのアカウントを使い回すわけではないので、お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。 最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画だけでなく、漫画などの電子書籍も簡単に回し読みできます。 購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるので、お子様にも安心です。 便利なダウンロード機能! U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。 アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホにダウンロードできます。 U-NEXTでは、映画『チアダン』の続編ドラマ『チアダン』(土屋太鳳主演)作品も配信されています。 また映画『チアダン』に出演している広瀬すずのその他の出演作品も配信されています。 ちはやふる -上の句-• 三度目の殺人 同じく映画『チアダン』に出演している中条あやみのその他の出演作品も配信されています。 セトウツミ• ライチ光クラブ• 雪の華• 劇場版 零~ゼロ~ 同じく映画『チアダン』に出演している山崎紘菜のその他の出演作品も配信されています。 監獄学園プリズンスクール• スタートアップ・ガールズ また、映画『チアダン』関連の漫画も配信されています。 ぜひこの機会に、気になっていた作品やもう一度見たかった作品など、映画『チアダン』以外もU-NEXTで楽しんでみてはいかがでしょうか。 大きな目標に向かって奮闘する日々、仲間同士の衝突や苦悩などを経て迎えるクライマックスは感涙必至。 ストーリー 県立福井中央高校に入学した友永ひかりは、憧れの男子を応援したいという軽い気持ちでチアダンス部に入部する。 だが彼女を待っていたのは顧問の女教師によるスパルタ指導だった。 周囲が脱落していく中、ひかりはチアダンスを続ける決意をするが…。 キャスト 出演 友永ひかり 広瀬すず 玉置彩乃 中条あやみ 紀藤唯 山崎紘菜 東多恵子 富田望生 永井あゆみ 福原遥 山下孝介 真剣佑 村上麗華 柳ゆり菜 矢代浩 健太郎 絵里 南乃彩希 大原櫻子 天海祐希 スタッフ 監督:河合勇人 音楽:やまだ豊 脚本:林民夫 (引用:U-NEXTサイト) 映画『チアダン』の感想 大好きな映画です。 チアダンス部の女子高生たちが全米1位を目指して日々奮闘する物語なのですが、主役を演じる広瀬すずをはじめ、個性あふれるメンバーたちがぶつありあいながらも一つ一つ壁を乗り越えていく姿は、見ていてとても感動しました。 広瀬すず演じる主人公は、まっすぐで一生懸命で、その一生懸命さが周りの人々を惹きつけるのだと感じました。 また、キャプテンを演じる中城あやみも良い演技だったと思います。 キャプテンだからこそみんなの嫌われ役になる、という発想はなかなかできないことだと思います。 ラストのダンスシーンでは、全員の気持ちが一つになって一生懸命踊っている姿が本当に素敵でした。 青春っていいな、と羨ましくなってしまうくらいです。 笑いあり、涙ありの物語で、ほんとうに大好きな作品です。 20代女性・会社員 高校時代の青春をすごく思い出させる映画でした。 実際にあった実話をもとに描かれた映画であり、顧問の先生役に天海祐希さん、主人公に広瀬すずさん、部長役に中条あやみさんと見事にそれぞれがはまり役で見ていてリアリティのある内容だったように思います。 映画ということもあって3年間の出来事を盛り込んでいくということで展開的にはとても早くあっという間の展開でもう少し前半部分の見所があればなと思いましたが、後半に山を持ってくることを考えればそれはそれで良かったのではないかと思います。 ラストの全米大会においては、出演者を中心に本当にダンスを踊っていたのはすごく練習をしていたんだなと思うとともにすごく揃っていて良かったです。 40代男性・会社員 スポーツ系の青春ストーリーは好きで良く見ておりましたが、最近は映画を観る機会が少なくなっておりました。 最近の作品は世代が合わないかと思っておりましたが、この度地上波で放映されることになり拝見させて頂きました。 出演されている広瀬すずさんは好感を持っておりましたので観たい作品でした。 始めはやはり、若い世代向けの青春映画かと、観ることを断念しようと思いました。 しかし観るにつれて自分の青春時代にもやはり当てはまるところがあり、自然に物語に入り込んで行きました。 役者さん達の素晴らしい演技にどんどん引き込まれていきました。 目標に向かって努力する事の大事さ、尊さを改めて認識しました。 途中の甘酸っぱい恋物語は微笑ましかったです。 最後は、ハラハラしながらもバッチリ決めてくれて、最高の気分にさせてくれました。 とてもポジティブにさせてくれる作品でした。 30代女性・飲食業 女子高生役の俳優たちがみんな一生懸命にチアダンスに向き合っていて、とてもキラキラした映画だと思いました。 もう王道の青春スポ根ストーリーすぎて、見ているだけで気恥ずかしくなるところも多かったのですが、やはりとても清々しい気持ちになれる、若返ったような気分になれます。 最後のチアダンスのシーンは涙が滲む思いがしました。 俳優の皆さんは少し青くさくて、下手するとチープな雰囲気になってしまいそうなんですが、天海祐希さんが監督役としていらっしゃることで、要所要所でピリッとひきしまり、とても良い雰囲気になってました。 天海祐希さんの俳優としての凄さを実感させられるシーンが多かったと思います。 小学生の娘ものめり込んで見ていました。 30代女性・主婦 好きな人を応援するために入部したチアでアメリカまで行ってしまう…そんな都合の良い話があるのかって感じですが、実話だから仕方ないですね。 こういう映画にはお約束のシーン バレーボール部にバレエと勘違いして来る奴、合唱部なのに音痴 、コメディ要素もあって楽しめました。 残念なのはダンス。 実際にアメリカに行った人達は凄いんだろうけど、予告で全国制覇、アメリカに行ったなんて聞きすぎて、この程度かぁって思っちゃいますよね。 空中で一回転くらいしないと、アメリカでは通用しないと思います。 その辺の、ちょっと運動神経が良い小学生なら、やれそうなクオリティでした。 そして、司会者が何を以て「日本人は揃えるのが上手い」と感じたのでしょうか。 30代女性・飲食業 チアダンを見てまず思ったのはとにかく主演の広瀬すずさんが可愛いです。 もともとファンだったのでこの映画を通して広瀬すずの演技をたくさん見れたのは嬉しいです。 チアダンスを通して家族、友達関係のリアルが描かれていますがとても現実的で共感できる部分がたくさんありとても良かったです。 自分を支えてくれる周りの人たちの大切さを教えてくれる映画だと感じました。 ただ広瀬すずさんの演技を写す場面がけっこう多いので広瀬すずさんが好きな方には向いている映画ですが、そうでない方、チアダンスやヒューマン映画に興味があまりない方だと少し退屈な映画かもしれません。 私個人的には好きな映画なのでまだ見ていない友達にもオススメしていきたいです。 20代男性・学生 目標があるから頑張れることがあります。 野球なら甲子園、ラグビーなら花園、チアダンスならニューヨークと夢はでかいです。 チアダンスに求められるものはチームワークであり、個人プレイが敬遠されます。 個性が強い人ばかりが集まると喧嘩が絶えず、人のせいにしたがります。 チームに必要なのは失敗をカバーすることで、人とのつながりを感じることです。 若い時、自分は打ち込めるものがあったことで、その後の人生に大きく役立ちます。 ひかりが膝を怪我して全治2か月でしたが、不在になったことでチームが結束しました。 ひかりの怪我が治りセンターを勤めましたが、そこで見た物は極めた人ではないと見る事ができないものでした。 スポーツの神様が舞い降りた瞬間でした。 50代男性・自営業 映画を観るまではただのチアダンスの話なのかなと思っていましたが、一言でいうと感動しました。 また、いろいろ考えさせられる映画でもありました。 自分の目標に向かって何をするのか、達成させるためにどうしたらいいのか、葛藤しながら進めていく姿は自分にも考えあさせるものがあったと思います。 個人のレベルを上げることも大切ですし、チームワークも大切だと思います。 早乙女先生、ひかり、彩乃の葛藤が大変で自分だったらどうしようと思いました。 最後はチームの目標を達成させ、彩乃は自分の目標も達成させて凄いなと思いました。 人はやる気になれば何でもできます。 楽して逃げるのでなくやることが大切です。 この映画は観る人を前向きにさせるいい映画だと思いました。 50代男性・会社員 もっとも魅力的なのは天海祐希が演じる先生です。 先生は生徒に対して、すべてをさらけ出してはいけない。 さらけ出したい気持ちはあっても、それをぐっとこらえて、生徒と関わる。 それは、生徒の自主性を育て、次のステップへと進ませることになります。 そうした関係性が、全米大会での優勝というとてつもない結果を得る過程において、実に丁寧に描かれています。 先生は、生徒の前では涙を見せません。 ある意味では冷酷に振る舞います。 それは、生徒一人ひとりの自覚を促し、自立させるための鞭なのです。 だから、あえて自分を憎まれ役とする。 それによって、自分を乗り越えて、頂点を目指すよう、生徒たちを促すのです。 広瀬すずが演じる生徒が、その先生との難しい関係を見事に演じきっていて感動的です。 50代男性・団体職員 3年間で全米制覇という恐ろしく難しい目標に向けて、いろいろな障害を乗り越えながらチーム一丸となって努力していく姿に感動しました。 ただ一方で、努力すれば報われる、友情が一番、といった王道の青春ストーリーらしい展開だけで構成される作品ではなく、そこが一味違った魅力になっています。 また、全員を応援したくなってしまうほど、キャラクター1人1人が個性的で魅力的です。 1人1人が異なるバックグラウンドや環境に身を置いていて、考え方や価値観も違う中で、どんな思いで全員で踊っているのか、という点に思わず考えさせられてしまいます。 生徒役の方々だけでなく、鬼コーチ役の天海祐希さんも、相変わらず感情の機微を表現するのが上手で、さすがでした。 コーチとしてどんな思いで指導してきたかがわかる場面は必見です。 20代女性・学生.

次の

チアダン|6話の動画無料視聴はこちら【8月17日見逃し配信】

チアダン 動画

『U-NEXT』では「31日間の無料お試し期間」の登録時に600円分のポイントが入手できます。 付与ポイントだけを比べると、他の動画サービスの方が一見お得に見えますが、『U-NEXT』以外の動画サービスはポイント動画(有料動画)をメインに配信しており、見放題動画(無料動画)は非常に少ないです。 よって、入手したポイントはすぐに使い切ってしまい、無料でお試し期間を楽しめない可能性が高いです。 『U-NEXT』は全ての動画配信サービスの中で見放題動画の配信数が一番多いので、お試し期間中に無料で多くの動画を見ることが出来ます。 ダウンロード機能を使ったオフライン再生も可能なので、通信環境やデータ量を気にする必要もありません。 jp』は初回登録時の付与ポイントだけ見ると、一番お得に感じるかもしれませんが、『music. jp』の配信動画はほとんどがポイント動画になります。 ですので、30日間の無料お試し期間中にすぐにポイントを使い切ってしまい、お試し期間中に料金が発生してしまう可能性があります。 『dTV』『Paravi』はどちらも無料お試し期間がありますが、無料対象は見放題動画のみになります。 『dTV』『Paravi』で配信している動画のほとんどがポイント動画になりますので、無料で視聴できる動画数は非常に少ないです。 『TELASA』は初回登録時に付与されるポイントが少ない上に、ほとんどがポイント動画で全体の動画数自体少ないため、個人的にはあまりオススメ出来ません。 『Hulu』は全て見放題動画になりますが、お試し期間が2週間と他の動画サービスに比べて短く、全動画数も『U-NEXT』より少ないです。 U-NEXTのメリット・デメリットを紹介 上記以外にも『U-NEXT』には他の動画サービスには無いメリットが沢山あります。 まとめると以下のような感じです。 無料お試し期間が業界最長の31日間(期間内に解約すれば料金は発生しません)• 無料お試し期間の初回登録で600ポイント付与• お試し期間終了後も継続すると毎月1,200ポイントが付与される• 登録、解約の手続きが簡単にできる(以下で詳細記事を紹介しています)• ポイント不要の無料見放題動画の配信数が業界最多• 最新作がレンタル解禁日にいち早く配信される(一部例外あり)• 動画に加えて雑誌や漫画も読み放題多数• 他の動画配信サービスが取り扱っていない大人向け作品が豊富• スマートテレビ、Fire TV、Chromecast、PlayStation4にも対応• 倍速再生やダウンロードによるオフライン再生が可能• 1つの契約で4回線の登録が可能(家族や友達とシェア可) 『U-NEXT』のデメリットと言えば「月額料金が少し高い」くらいですが、無料お試し期間だけ利用すると割り切っている方には関係ありませんし、継続利用しても毎月1,200ポイントが付与されます。 1つの契約で4回線の登録が可能ですので、家族や友達などと利用すれば月々のコストも抑える事が可能です。 かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~(声優)• 3年A組ー今から皆さんは、人質ですー• チート 詐欺師の皆さん、ご注意ください• 映画プリキュアスーパースターズ!(声優)• 映画プリキュアドリームスターズ!(声優)• なめこ ~せかいのともだち~(声優)• 烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS• 過去に『U-NEXT』を利用した事がある方へ 但し、過去に『U-NEXT』を利用した事がある方は、もう一度『U-NEXT』の無料お試し期間を利用する事は出来ず、残念ながらポイントも貰えません。 jp』をオススメします! 前述したように、『music. 映画の他にもドラマ、バラエティ、アニメなどを幅広く配信しているのも魅力の一つです。 jp』『dTV』『Paravi』『TELASA』『Hulu』の6つになりますが、過去に全ての動画サービスを利用した事があるという方もいらっしゃるかもしれません。 返却はポストに入れるだけですので、レンタルから返却までの手続きはとても簡単です。 また、TSUTAYA DISCASでは「30日間の無料お試し期間」もありますので、是非試してみて下さい! 但し、30日間無料お試し期間中に新作はレンタル出来ませんのでご注意下さい。 調べたサイトはパンドラTV、Dailymotionの2つになります。 県立福井中央高校に入学した友永ひかりは、中学からの同級生でサッカー部の孝介を応援したいためだけに、チアダンス部へ入部します。 しかし彼女を待ち受けていたのは、顧問の女教師・早乙女薫子による、「目標は全米大会制覇!おでこ出し絶対!恋愛禁止!」という超厳しいスパルタ指導でした。 早々に周りが退部していく中、チームメイトで部長の彩乃の存在もあって、何とかチアダンスを続けていく決意を固めるひかりですが、素人だらけのチームは初めての大会で、観客に笑われるほどの失敗をしでかしてしまいます。 チーム内での確執は深まり、それぞれの気持ちは完全にバラバラとなってしまいました。 それでも校長や教頭が廃部を決定する寸前、ひかりは校長室に押しかけ、とんでもない宣言をします。 フツーの女子高生たちの夢への挑戦が、今、始まったのです。 主演を務めるのは、NHKの連続テレビ小説「なつぞら」への出演を果たすなど、若手女優の筆頭とも言える存在の広瀬すずさんです。 そんな彼女と共に映画を彩るのは、今やトップスターの仲間入りをした中条あやみさんをはじめ、山崎紘菜さん・富田望生さん・福原遥さんといった、いずれも出演作ごとに大きな注目を集める次世代を担う若手女優たちですね。 さらに、そんな彼女らに華を添えるのは、新田真剣佑さん・伊藤健太郎さんといった豪華男性キャスト陣! そして、生徒たちを見守る鬼教師・早乙女役は天海祐希さんが務め上げ、その厳しさと優しさを兼ね備えた繊細な演技によって、観る者の胸を熱くし、更に大きな感動を呼びました。 なお、この豪華俳優陣が織りなす奇跡の実話である青春感動サクセスストーリーのメガホンを取ったのは、「俺物語!!」「ニセコイ」の河合勇人監督です。 クライマックスで弾ける笑顔は、今がんばっている人、そしてかつてがんばったことのある人の心に響くようで、「魅力的なキャストが披露するチアダンスの躍動感は、必見!努力が報われるストーリーにも、元気をもらうことができる」「女子高生たちが目標に向かってひたすら頑張る姿に、感動した。 展開的には、うまくいきすぎでは…?と思う部分もあるのだが、これが実話というのだからすごい。 そのメッセージ性に、この上ない説得力がある」「広瀬すずさんをはじめとするキャストが本当に愛らしいし、努力している人の姿は美しいなとしみじみ感じることができた。 ラストには思わず涙が…。 多くの人にお勧めしたい良作」といった感想が寄せられています。 登場人物たちのひたむきな姿がありありと映し出され、その努力が結実する様子に、大勢の方が感動を覚えたようですね^^ 実話ベースの物語という点も本作の魅力をさらに押し上げており、まるで自身が応援されているかのように、元気や活力をもらえる一本です。 jp』『dTV』『Paravi』『TELASA』『Hulu』の6つになります。 その中でもオススメなのが、31日間の無料お試し期間にプラスして、初回登録時に600円分のポイント付与される『U-NEXT』になります。

次の

映画『チア☆ダン』動画フル配信を無料視聴する方法やサイトは? パンドラやDailymotionで見られるのか視聴方法についてまとめ

チアダン 動画

U-NEXT ビデオマーケット Paraviの詳細解説 Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。 わかば(土屋太鳳)の姉であり、JETSのセンターを務めた経験もあるあおい(新木優子)が太郎(オダギリジョー)の誘いでROCKETSのコーチとなり、さらに気合が入った一同。 そんな中、太郎が事故に遭い病院に運ばれる。 顔面蒼白で病院にかけつけるわかば、汐里(石井杏奈)、麻子(佐久間由衣)、茉希(山本舞香)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)、芙美(伊原六花)、カンナ(足立佳奈)。 太郎不在の中、部活をしていかなくてはいけなくなったROCKETS。 心配する駒子(阿川佐和子)たち教員をよそに自分たちだけで大丈夫だと言い切る。 そんな中、穂香(箭内夢菜)が練習中に足を痛めてしまい、それを知った穂香の父・誠一(宍戸開)は大激怒! チアダンス部の保護者を連れて校長室に怒鳴り込んでくる。 そしてチアダンス部が廃部になるかもしれないと聞いた望(堀田真由)率いるチアリーダー部たちはある決断をすることに。 (より引用) 太郎が事故にあって終わってしまったんですが、どうなっちゃうんでしょうねえ。 心配ですね。 顧問が居ないと廃部とか予告に出てたけど。 でも、教頭は理解がなくても校長先生が理解が有るのできっと大丈夫だと信じたいです。 軌道に乗りそうになると困難が待ち構えていて上手くいかないですね。 汐里とわかばの幼馴染み君は付き合ってるんですかね。 このドラマ学園ものなのに、そういえば全く色恋沙汰ないですよね。 わかばは気が付いてないけど幼馴染み君はわかばが好きだと思ってたんですけど汐里が積極的ですもんね。 わかばも頑張ってるんで誰かかっこいい人とくっ付けてあげて欲しいです。 後、太郎先生、早く復活させてください。 ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性) 5話は太郎先生の事故と、廃部の危機という衝撃な結末で終わりました。 今まで少人数でも、経験のない仲間でも努力して前進し成長してきたロケッツのメンバーでした。 6話では、そんなロケッツのメンバーはもちろん、敵対していたチアリーダー部が協力し、部の存続を訴えていくと思います。 そして太郎先生も軽傷で済み、チアダンス部はより一層絆が深まって欲しいです。 ロケッツの目標は「全米制覇」です。 元ジェッツのメンバーだった若葉の姉がコーチになってくれたので、6話が「全米制覇」へのスタートになると思います。 また、若葉はハルが好きなのか、ハルと若葉の関係性にも注目しています。 その知らせを受けたわかばたちは病院へ駆けつけ、対応した太郎の妻の言葉に安心して学校に戻ります。 しかしながら、太郎は脊椎損傷の重傷で、普通の生活に戻ることも懸念される状況であることを若葉が知ります。 そんな中、顧問の太郎不在の時に練習に穂香が足を痛めてしまい、父親の誠一が学校に抗議します。 誠一や数人の保護者がチアダンス部の廃部を求めて、校長や教頭に直談判します。 校長の駒子が、対応を協議するとその場を預かり、約束の一週間後には、チアリーダー部がRocketsに入部することでわかばは、保護者と学校側の話し合いの場で廃部を拒否することを宣言します。 誠一が顧問不在の問題を追及する中、教頭が顧問に名乗りを上げ、Rocketsの廃部危機を回避します。 怪我をして病室に横たわる太郎に教頭が、なぜ教師を続けているのかと聞いた質問に対して、太郎が子供達が高く飛べるために手助けして上げたいと言ったセリフには、今必要な教師像をみたような感じも受けました。 その答えに影響されたのか、教頭が保護者たちの前で、自分が顧問代理になると宣言して説得したシーンにも、事なかれ主義の教師ではない教師の姿をみたように思えました。 人が困難に直面した際の打開策は、結局は人の思いであることを痛感させるストーリーだったと思えました。 あおいコーチ指導によるチアダンスの練習が行われた。 校長が太郎の休みの間は雑用を引き受けると話した。 汐里は太郎がすぐ復帰するため代わりの顧問の先生は要らないと話した。 穂香が足を痛めてしまい、病院に行くことになった。 わかばが病院に顔を出し、太郎の奥さんに恐竜の図鑑や寄せ書きを渡した。 そこに大和が来た。 太郎の奥さんは医師から、リハビリが厳しく元の生活に戻ることが難しいという話を聞いた。 穂香は捻挫だった。 穂香の父が校長に穂香の怪我の事で訴えた。 穂香の父は橘建設の社長だそうだ。 また、顧問の入院で監督する人がいないのもあり、廃部すべきだと指摘した。 校長は1週間で結論を出すと頭を下げた。 校長はこの件に関し、判断は教頭に委ねることにした。 太郎の奥さんはわかばに太郎のノートを渡した。 わかばはノートを読んだ。 わかばは部員に太郎の現状を話し、ノートを読んでほしいと言った。 部員らはノートを読んで太郎の気持ちを汲み取った。 さらにチアダン図解の表までも太郎は皆に贈った。 教頭は太郎に会いに行った。 チアダンの存続の危機が出ているのだと話し、太郎は何で教師をやっているかと聞いた。 太郎はわかばらを見て太郎も何があっても逃げるのはよそうと思い、わかばらを手助けをしたく、あの子達の夢が僕の夢でもあるのだと答えた。 病院の外にはわかばらがチアダンスを踊り、太郎にエールを送った。 穂香の父らは校長や教頭の元に赴いた。 わかばらのいる部室に望らチアリーダー部がやってきた。 望らは私達をチアダンス部に入部させてくださいと頭を下げた。 わかばは皆と踊りたいのだと言い、入部を認めた。 その後、わかばらは校長らのいるところに顔を出し、20人で全米制覇を目指すと話した。 穂香の父は顧問の話を持ち出したのに対し、教頭は顧問なしでは部活は継続できないため教頭が顧問代理をやるのだと言った。 病院帰りの時のメンバーを見ると部員が増えていたのだなーという実感が湧いてきた。 「タフ」と「タブー」を言い間違えるわかばが可愛かった。 あおいがコーチとして指導する場面がもっと欲しかったのだと感じた。 汐里がミートボールを奪って食べるという姿が物凄く可愛かった。 チアダン図解があまりにも分かりやすくて太郎の気持ちに感動した。 太郎が顧問やれなくなったのは悲しいが、その代わりに教頭が顧問代理を引き受けてくれるというのは心強いのだと感じた。 部員の前では明るく振る舞う太郎でしたが、怪我の状態は思っていたより深刻でした。 そんな中、部員の一人が練習中に怪我をしてしまいます。 顧問不在の中で起こった事故に保護者は激怒し、このまま顧問が見つからなかったらチアダンス部を廃止するように言います。 校長先生はチアダンス部を廃止にするかどうかは部員の父親でもある教頭先生に一任すると告げます。 悩んだ教頭先生は入院中の太郎の元に向かいます。 太郎の部員に対する思いを聞いた教頭先生は自分が顧問になり、チアダンス部を存続させる決断をしました。 チアダンスは泣いたら減点になってしまうので、必死に涙を堪えて踊る部員たちの姿に感動しました。 太郎は起き上がることが出来ないので彼女達が踊っている姿を見ることは出来ませんでしたが、その思いはしっかり伝わったと思います。 リハビリを頑張って早く顧問として戻って来て欲しいです。 顧問代理が教頭先生に決まり、チアダンス部が存続することになって良かったです。 さらにチアリーダーの部員たちが加わったのでこれからのチアダンス部が楽しみです。 意識不明かと思いきや太郎は元気そうに振舞ってあるてこれなら大丈夫そうだと安心する部員たち。 しかし見舞いに来ていた今日子を見て琴だけは太郎は本当に大丈夫なのだろうかと疑っていた。 太郎はみんなが帰ったあとにちゃんと笑えてたかなと言うのだった。 チアダンス部ではあおいコーチのレッスンが始まる。 しかし思った以上に大変で鬼コーチだと言うわかば。 しかも部員をもっと揃えろと言うのだ。 教師たちは顧問がいなくて大丈夫なのかと見に来るが、私たちだけでやれますとしっかりした口調で琴が言い、部員は彼女の成長ぶりを感じていた。 これまで琴は大人しくて口数も少なくて目立たないキャラクターでしたが、今回スポットライトが当てられて琴の成長ぶりや琴自身のことが分かって良かったと思います。 わかばとセットでいるのも珍しいなと思いました。 穂香の父親があんなにうるさい人とは予想外でした。 きっと大事に育てて来たのだろうなと言う感じがしました。 これで廃部になったらどうしようと思いましたが、無事顧問も決まり部員も増えて良い終わり方でした。 しかし、太郎は事故にあいロケッツは大ピンチだ。 顧問不在となり校長は何か有ったら相談するように言うが、わかば達は自分達で何とかしようとする。 そんな時、穂香が練習中に足をけがしてしまう。 穂香の父は顧問の居ないチアダンス部に何か有ったらどうする? 廃部にしろ、と校長に詰め寄る。 結論は長く待てないと穂香の父は言うが校長は一週間の猶予をもらう。 思ったより太郎の怪我の状態が深刻でリハビリに数ヶ月かかる事をわかばはみんなに伝えた。 太郎がみんなの事を考えて書いたノートと絵入りの図解も見せる。 一方、教頭は太郎の病院に行きロケッツが存続の危機であり自分に結論の有無が委ねられていることを相談する。 太郎が自分は自信がなく逃げ出したい気持ちだったがチアダンス部の部員を見てどんなことも信じて失敗しても前に向かってる彼女達を見るとどこまでも手助けしたい気持ちになった事を伝える。 教頭が何かを決心したように帰って行った後病室の窓の外で声がする。 チアダンス部のみんなが太郎の応援ダンスを踊っていたのだ。 リハビリを頑張ろうと太郎は思った。 そして学校ではチアリーダー部の部員がわかば達に今までの事を謝りチアダンス部に入部したいと申し出た。 穂香の父が廃部しろと学校に怒鳴り込んでいる所にわかば達は部員が20人になった事を言うが顧問が居ない。 そんな中、教頭が顧問代理になると言う。 そして20人で全米制覇を目指す事となった。 若い先生が担任を持たされながらの文化部、運動部両方の顧問とか普通にやってて、全く部活中は居ないって聞きました。 太郎先生は熱心ですよね。 部員みんなと一緒に活動してる所が自分に自信がないとは思えないです。 チアリーダー部との雪解けもあって持ちつ持たれつでこの前の文化祭の借りを無事に返せた感じですね。 合体したのならチアリーダー部の顧問がそのままロケッツに異動しても良い気がしますが、太郎先生が顧問するのが一番良いですよね。 嫌々でもなく、しょうがなくでもなく部員に愛情を持って指導しているチアダンス部は太郎先生のような顧問が居て幸せですね。 早く良くなって欲しいです。 顧問不在で部活を行なっていることを批判し、廃部を求めるものでした。 学校長はその場では即決せず、1週間後に結論を出すことに決めました。 その1週間の間、一生懸命練習に励む部員たち。 太郎先生を励まそうと全員で病院の中庭に訪れ、踊ったり太郎先生の病室に向かって声を掛けていました。 別の日、教頭が太郎先生の病室に訪れ、「あなたは何故教師を続けているのか」という質問をしました。 すると「チアダンス部員たちが夢に向かって一生懸命頑張っている。 その夢が僕の夢だ」と語りました。 1週間後、チアダンス部が廃部かどうか結論を出す日、今まで敵対していたチアリーダー部が、「チアダンス部に入部させて欲しい」とやって来ます。 これでチアダンス部の部員は20人になりました。 チアダンス部を存続させたいメンバーや太郎先生の思いを感じ取った教頭先生が出した結論は、「私がチアダンス部の顧問代理になります」というものでした。 全米制覇に向け、より一層気合が入るメンバーたちでした。 6話の中には、相手を思いやり助け合う姿がたくさん込められていて、涙が止まりませんでした。 自分が普段忘れがちな、相手を思いやる純粋な気持ちを思い出させてくれました。 ペンネーム:ちゃこ(30代・女性) まとめ.

次の