楽天 レポート サイン イン の 試行 が ブロック され まし た。 MetaTrader 5の何が新しくなったのか

「不正なログインがブロックされました」というメール

楽天 レポート サイン イン の 試行 が ブロック され まし た

応用地質株式会社(以下、応用地質)と、みずほ情報総研株式会社(以下、みずほ情報総研)、および株式会社インキュビット(以下、インキュビット)の3社は、複数の地形的特徴から土砂災害の危険性がある地域を抽出するAIモデルを開発したことを明らかにした。 この地形判読の精度についてフィージビリティスタディを実施した結果、実現可能性が高いことを確認したという。 限られた自治体の防災体制の中で、広範囲かつ同時多発的に発生する土砂災害に対応し、住民の確実な避難を実現させていくためには、土砂災害危険地域のハザードマップの整備や潜在的な危険地域の把握、地盤変動に対する監視体制の強化などの対策が、今後ますます重要となる。 一方、複雑な地形的特徴から土砂災害の危険地域を特定することは、高度な知見と専門的な技術が必要であり、これまでは、熟練した地質技術者による緻密な解析作業が必要だった。 しかしながら、広範囲にわたるエリアの中から土砂災害の危険箇所を人の目で網羅的に抽出することは、多大な時間と労力、コストが求められる。 限られた財政と人的資源の中で、いかに必要な防災体制を整えるかが、乗りこえるべき課題としてあった。 複数の地形的特徴と技術者による地形判読結果を学習させることで、従来は熟練した複数の地質技術者が数日かけて解析していた潜在的な危険箇所を、短時間で抽出することが可能となった。 今回開発したAIモデルが抽出した危険箇所を、熟練地質技術者による判読結果と比較評価・検証を行ったところ、本モデルの実現可能性が非常に高いことも確認できたという。 本モデルの開発にあたっては、みずほ情報総研は、AIを活用した地形判読のサービス全体像の検討から、AIモデル開発の方針策定、開発したAIモデルの評価・検証までの総合的な支援を担当した。 また、インキュビットは、ディープラーニング技術により、応用地質の地質技術者による地形判読データを用いて、AIモデルの開発を行った。 また、防災・減災に関わる自治体職員の負担軽減に貢献することもできる。 応用地質では、引き続きみずほ情報総研、インキュビットのサポートの下、AI による地形判読技術の確立と地形判読システムのプラットフォーム化、さらには抽出された土砂災害危険箇所へ設置する多点計測センサの開発により、次世代の災害対策情報提供サービスや巨大地震を対象とした広域地質リスク評価サービス、ビジネス向け自然災害リスク情報レポートサービスなど、付加価値の高い防災・減災サービスのラインナップ拡充を図っていくという。

次の

AWSとは何か?サービス例やメリットをわかりやすく解…|Udemy メディア

楽天 レポート サイン イン の 試行 が ブロック され まし た

「不正なログインがブロックされました」というメールが Google から届いた場合は、ご本人からのアクセスかどうかを判断できなかったために、最近 Google がお客様のアカウントへのアクセス操作をブロックしたことを意味します。 Google ではお客様のアカウントを保護するために、通常とは異なる場所からのログイン操作など、通常とは異なるログイン操作が検出された場合にメールでお知らせしています。 このメールが本当に Google から送信されたものなのかを確認する方法 場合によっては、「不正なログインがブロックされました」というメールをコピーして、他人のアカウント情報を盗もうとするハッカーもいます。 ユーザー名やパスワードなどの個人情報を要求したり、そうした情報を要求する見慣れないウェブサイトに誘導したりするメッセージには常に警戒してください。 不審なアクティビティに関する通知メールを Google から受け取った場合は、安全のため、以下の指示に沿って不審なアカウント アクティビティを確認し、心当たりがないアクティビティを見つけた場合はパスワードを変更してください。 不審なアカウント アクティビティを確認する このメールが届いた場合は、最近のアクティビティを確認することをおすすめします。 に移動します。 左側のナビゲーション パネルで [ セキュリティ] をクリックします。 [最近のセキュリティ イベント ] パネルで [ セキュリティ イベントを確認] をクリックします。 最近のアクティビティを確認し、見慣れない場所やデバイスを探します。 リスト内のイベントをクリックすると、右側にその詳細を表示することもできます。 不審なアクティビティが表示されたら、ページ上部の [ アカウントを保護する] をクリックします。 パスワード変更の手順に沿って操作します。 個人情報を要求する不審なメールが届いた場合は、お客様のアカウントへのアクセス権限を誰かが取得しようとしている可能性があります。 こうした行為は「フィッシング」とも呼ばれています。 不審なメールが届いた場合には Google にご報告いただくと、今後同じようなことが起こらないよう Google で対応することができます。 にログインします。 報告するメッセージを開きます。 メッセージの右上にあるその他アイコン をクリックします。 [ フィッシングを報告] を選択します。 次の画面で [ フィッシング メールを報告] をクリックして、メッセージを Google の審査担当チームに送信します。 関連記事:• を検出した場合のアカウントの保護を Google がどのようにサポートしているかをご確認ください。 のページをご覧ください。

次の

MetaTrader 5の何が新しくなったのか

楽天 レポート サイン イン の 試行 が ブロック され まし た

ビットコイン高騰で大台に ビットコインが急騰。 30日未明に一時95. (bitFlyer) コロナ危機後、初めて米ドル建て8000ドルをうわ抜けると、価格が急伸。 コロナ危機で暴落した際の底値(3700ドル)から2. 4倍水準まで回復した。 ビットコイン半減期まで、約2週間と迫る中での今回の高騰。 半減期後のマイナーの収益性でボトルネックとなっていたのがBTC価格であっただけに、マイナーの収益性に伴う適者生存競争が緩和される意味で、半減期後の価格展望でも重要な意味を持ちそうだ。 追記(30日15時):ビットコイン市場が100万円台に突入。 コロナ危機に伴う現金化の煽りを受け急落した3月8日前の水準まで価格を戻した。 メモリプール mempool とは、ユーザーによって送信された取引が一時的に置かれるプールのことで、正しいnonceを発見したマイナーが、メモリプールからブロックを作成しブロックチェーンにつなげる権利を獲得。 ブロックが生成される。 ビットコインでメモリプールが急増したのは今月に入り2度目。 前回は、ハッシュレート高に伴い難易度が大幅に上昇したことを受け、ブロック生成の遅延が発生、主にマイナーのハッシュレート低下が主要因となっていた。 一方、今回は価格高騰に伴うトランザクションの増加が主要因となっている可能性が高い。 (Pool Statsでハッシュレートの低下は起こっていないため) メモリプールが増加したことは、トランザクション処理に一定の遅延が発生していることを示す。 トランザクション遅延は、取引所への現物供給の遅れにも繋がる点から、ビットコインの上昇要因になった可能性がある。 米国株式先物の高騰 29日の米株式市場では、ダウ工業株30種平均が反発し、前日に比べて532ドル31セント(2. 新型コロナウイルス治療薬の開発に前進が見られ、市場では景気落ち込みへの警戒が和らいだ。 米ギリアド・サイエンシズ社が29日、新型コロナウイルス治療薬レムデシビルが、臨床試験で主要評価項目達成したことを発表した。 (臨床試験の被験者の内、少なくとも52%が14日後に退院し、少なくとも53%が「臨床的回復」) 先月よりコロナショックで大きく下落していた金融市場全体であるが、各国の大規模金融緩和策などが功を奏し、短期的にはリスクオフからリスクオンへと変わりつつあることも、ビットコインの騰勢を強めた要因となった。 年初来推移では、ビットコインと金(ゴールド)が他の金融資産と比較してプラスを維持していたが、29日の高騰を受け、ゴールドを上回った。 出典: ビットコイン半減期 今回の高騰を受け、半減期後の推移にも期待感が増すなか、カウントダウンは間も無く12日前に差し掛かろうとしている。 半減期の実行ブロックからの逆算では、5月12日前後。 日程前後の注目ポイントは、次回の難易度調整(約5日後)と半減期実行タイミングから数日間だ。 大手マイナーも警戒するマイナーのシャットダウンは、価格が上昇しないことをボトルネックとしたものであったが、このままビットコイン価格も高値を維持できれば、マイニング事業の適者生存競争も緩和され、市場の警戒感も薄れる流れへと繋がりそうだ。 価格維持ができないケースでは、半減期実行から難易度調整タイミングまでの期間が特に混乱が生じるポイントとなる。 ビットコインの難易度調整は平均で約14日(2016ブロックごと)に1回であることから平均値で逆算すると、5日〜10日の期間がそれに該当する可能性がある。 半減期について ビットコインネットワークは、トランザクション(取引)をまとめたブロックの成功時に、マイナーに対して報酬(ビットコイン)が支払われる仕組みだ。 この作業は金を採掘する行為に例えて、マイニングと呼ばれている。 ビットコインは発行上限は2100万BTC、無限にビットコインが報酬として渡されるわけではない。 そのため、概ね4年ごとに報酬が半減される仕組みがあり、これが半減期(Halvng に相当する。 なお、用語としては、半減期は何かしらの量が半分になるまで徐々に減っていく時期に対して使われるため、半減期は、あるタイミングで一気に半減するビットコインのHalvingの日本語訳として適切でないとの議論もある。 半減期は4年ごと コンピューターの性能は進化するため計算作業も当然早くなり、ブロックの生成ペースも上がってしまう。 それを防ぎ、このブロック生成のペースを維持するために、計算作業に対するブロック生成の難易度が調整される仕組みがある。 ビットコインは1日で平均144ブロックが生成されるよう調整される。 半減期前の現在は、1ブロックで12. 5ビットコインが報酬として渡されるので、1日で1800BTCが新たに供給される計算だ。 ビットコイン半減期への関心は? ビットコインが4年前より知名度が向上したことで、半減期に対する世界的な注目は前回(4年前)より高まっている。 グーグルトレンドでは、世界中で「bitcoin halving」の検索ワードの人気度が直近で急上昇していることも確認された。

次の