生 ラム 栄養。 ラム肉の栄養と効能は?脂肪を燃焼させる働きも♪

レバーの栄養と効果をわかりやすく解説します

生 ラム 栄養

嘔吐・血便等してトラブルだす犬が結構います。 犬は消化能力に個体差が多く、ほかの犬が良かったとしてもいざあげてみたら…というのが非常に多いです。 生肉は最たる例です。 ちなみに生肉を薦める人たちはちゃんとした医学的根拠・データを持ってません。 ヘタすりゃ隣のおばちゃんがいいって言っていたレベルです。 ラム肉のメリットもさっぱりわかりません。 ネットなどで書かれているほどに栄養価も実際はほかの肉に比べずば抜けて高いほどでもないですし、食べたからと言ってよくなるというものもありません。 そもそもビタミン合成機能は人間とかと違いますし。 ラム肉や生肉をあげることにより、病気の発生率が低下したとか、平均寿命がどれぐらいなのかの全くデータも出てません。 しいていうならば食事性アレルギーの時に昔はよく食べさせるようになってましたが、最新の医療文献では日本の犬はラム肉に対するアレルギーの保有率はかなり高いとなっています。 となるとますますラム肉の意味は??? ある意味、犬に対して完全食というのは分かってません。 野生時代の犬がよくラム肉を食べていたわけでもないですし。 保存料などの気になるところもありますが、わざわざ手に入りづらそうなラム肉を選ぶよりも、現在のところしっかりとデータを出しているようなドックフードメーカーのものを選んだほうが無難と思います。

次の

ラム肉の栄養と効能は?脂肪を燃焼させる働きも♪

生 ラム 栄養

ラム肉(羊肉)の効能 ラム肉の肉は、生後1歳未満のものをラム、それ以降のものをマトンと呼びます。 独特の匂いはマトン特有のもので、ラムはあまり匂いません。 かつては羊肉といえば通常マトンを指しましたが、現在はラムが主流となっています。 羊肉といえば日本ではジンギスカン料理が有名ですが、ローストや揚げ物、蒸し物などさまざまな料理法があります。 ラム肉にはビタミンB2と亜鉛が豊富に含まれているため、肌の若々しさを保ち、細胞の健康を保つ働きや、味覚機能の維持・改善に期待が持てます。 また、東洋医学では体を温める作用があるとされ、中国やモンゴルでは「女性のための肉」と呼ばれています。 さらに、貧血を予防する鉄や、血圧を下げるペプチド、動脈硬化・糖尿病を予防するカルノシンも含まれています。 L-カルニチンは、エネルギー生成に作用し、脂肪の燃焼を促進するアミノ酸の一種です。 太りにくい体をつくることができ、余分な脂肪の燃焼によるダイエット効果や、疲労感をやわらげる効果があります。 ラム肉は、鮮赤色から鮮やかなレンガ色で、きめが細かいものが良質とされています。 脂肪は白く硬さがあり、赤身との層がはっきりと分かれているものを選びましょう。 ラム肉(羊肉)の人気&簡単レシピ ジンギスカン ラム臭さは嫌いじゃないけど、できれば北海道で食べるような美味しさに近づけたい…。 でも面倒なのは嫌なので、焼肉のタレをベースに好みの漬けダレを作成。 最初から最後まで強火でOKです。 辛さはコチュジャンの量でお好みに調節してくださいね。 ラム焼肉定食 つけダレに一晩漬け込んだラム肉を、オリーブ油で焼き上げるガッツリ焼き肉。 玉ねぎをすりおろしてつけダレに絡めるのがポイントで、ラム肉がびっくりするほど柔らかくなります。 ラム肉のやわらか塩麹ソテー 塩麹が浸透するまで時間はかかるけど、塗って放置、あとは焼くだけ。 塩麹は焦げやすいので、じっくり火を通していきましょう。 豚や鶏にも使えます。 ラム肉の栄養成分表 出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。 表の見方や注意事項は、のページを参照してください。 ラム肉(かた・脂身つき・生)の食品成分 部分をクリックすると開閉します。 8g たんぱく質 17. 1g アミノ酸組成によるたんぱく質 — 脂質 17. 1g トリアシルグリセロール当量 15. 3g 飽和脂肪酸 7. 62g 一価不飽和脂肪酸 6. 36g 多価不飽和脂肪酸 0. 61g コレステロール 80mg 炭水化物 0. 1g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 0 g 不溶性食物繊維 0 g < 食物繊維総量 > 0 g 灰分 0. 9g ナトリウム 70mg カリウム 310mg カルシウム 4mg マグネシウム 23mg リン 120mg 鉄 2. 2mg 亜鉛 5. 0mg 銅 0. 13mg ビタミンB2 0. 26mg ナイアシン ビタミンB3 4. 2mg ビタミンB6 0. 12mg ビタミンB12 2. 94mg ビオチン ビタミンB7 — ビタミンC 1mg ビタミンD 0. 8g 脂質 17. 1g トリアシルグリセロール当量 15. 3g 脂肪酸総量 14. 59g 飽和脂肪酸 7. 62g 一価不飽和脂肪酸 6. 36g 多価不飽和脂肪酸 0. 61g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 19g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 1 12:0 ラウリン酸 0. 2 13:0 トリデカン酸 — 14:0 ミリスチン酸 3. 8 15:0 ペンタデカン酸 0. 7 15:0 ant ペンタデカン酸 — 16:0 パルミチン酸 24. 1 16:0 iso パルミチン酸 — 17:0 ヘプタデカン酸 1. 6 17:0 ant ヘプタデカン酸 — 18:0 ステアリン酸 21. 5 20:0 アラキジン酸 0. 2 22:0 ベヘン酸 0 24:0 リグノセリン酸 0 10:1 デセン酸 0 14:1 ミリストレイン酸 0. 1 15:1 ペンタデセン酸 0 16:1 パルミトレイン酸 1. 6 17:1 ヘプタデセン酸 0. 7 18:1 <計> 40. 9 18:1 n-9 オレイン酸 — 18:1 n-7 シス-バクセン酸 — 20:1 イコセン酸 0. 2 22:1 ドコセン酸 0 24:1 テトラコセン酸 0 16:2 ヘキサデカジエン酸 0 16:3 ヘキサデカトリエン酸 0 16:4 ヘキサデカテトラエン酸 0 17:2 ヘプタデカジエン酸 — 18:2 オクタデカジエン酸 — 18:2 n-6リノール酸 2. 1 20:3 n-6 イコサトリエン酸 0 20:4 n-3 イコサテトラエン酸 0 20:4 n-6 アラキドン酸 0. 3 20:5 n-3 イコサペンタエン酸 0. 1 21:5 n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0 22:2 ドコサジエン酸 0 22:4 n-6 ドコサテトラエン酸 0 22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 0. 5g たんぱく質 15. 6g アミノ酸組成によるたんぱく質 13. 3g 脂質 25. 9g トリアシルグリセロール当量 23. 2g 飽和脂肪酸 11. 73g 一価不飽和脂肪酸 9. 52g 多価不飽和脂肪酸 0. 87g コレステロール 66mg 炭水化物 0. 2g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 0 g 不溶性食物繊維 0 g < 食物繊維総量 > 0 g 灰分 0. 8g ナトリウム 72mg カリウム 250mg カルシウム 10mg マグネシウム 17mg リン 140mg 鉄 1. 2mg 亜鉛 2. 6mg 銅 0. 08mg マンガン 0. 12mg ビタミンB2 0. 16mg ナイアシン ビタミンB3 4. 2mg ビタミンB6 0. 23mg ビタミンB12 1. 64mg ビオチン ビタミンB7 2. 5g たんぱく質 15. 6g アミノ酸組成によるたんぱく質 13. 32 窒素換算係数2 6. 5g 脂質 25. 9g トリアシルグリセロール当量 23. 2g 脂肪酸総量 22. 12g 飽和脂肪酸 11. 73g 一価不飽和脂肪酸 9. 52g 多価不飽和脂肪酸 0. 87g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 32g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 2 12:0 ラウリン酸 0. 3 13:0 トリデカン酸 — 14:0 ミリスチン酸 3. 9 15:0 ペンタデカン酸 0. 7 15:0 ant ペンタデカン酸 — 16:0 パルミチン酸 22. 1 16:0 iso パルミチン酸 — 17:0 ヘプタデカン酸 1. 9 17:0 ant ヘプタデカン酸 — 18:0 ステアリン酸 23. 6 20:0 アラキジン酸 0. 2 22:0 ベヘン酸 0 24:0 リグノセリン酸 0 10:1 デセン酸 0 14:1 ミリストレイン酸 0. 2 15:1 ペンタデセン酸 0 16:1 パルミトレイン酸 1. 4 17:1 ヘプタデセン酸 0. 7 18:1 <計> 40. 4 18:1 n-9 オレイン酸 — 18:1 n-7 シス-バクセン酸 — 20:1 イコセン酸 0. 3 22:1 ドコセン酸 0 24:1 テトラコセン酸 0 16:2 ヘキサデカジエン酸 0 16:3 ヘキサデカトリエン酸 0 16:4 ヘキサデカテトラエン酸 0 17:2 ヘプタデカジエン酸 — 18:2 オクタデカジエン酸 — 18:2 n-6リノール酸 2. 1 20:5 n-3 イコサペンタエン酸 0. 1 21:5 n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0 22:2 ドコサジエン酸 0 22:4 n-6 ドコサテトラエン酸 0 22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 0. 2 22:5 n-6 ドコサペンタエン酸 0 22:6 n-3 ドコサヘキサエン酸 0. 7g たんぱく質 20. 0g アミノ酸組成によるたんぱく質 17. 2g 脂質 12. 0g トリアシルグリセロール当量 10. 3g 飽和脂肪酸 4. 91g 一価不飽和脂肪酸 4. 39g 多価不飽和脂肪酸 0. 52g コレステロール 64mg 炭水化物 0. 3g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 0 g 不溶性食物繊維 0 g < 食物繊維総量 > 0 g 灰分 1. 0g ナトリウム 59mg カリウム 340mg カルシウム 3mg マグネシウム 22mg リン 200mg 鉄 2. 0mg 亜鉛 3. 1mg 銅 0. 10mg マンガン 0. 18mg ビタミンB2 0. 27mg ナイアシン ビタミンB3 6. 9mg ビタミンB6 0. 29mg ビタミンB12 1. 80mg ビオチン ビタミンB7 2. 7g たんぱく質 20. 0g アミノ酸組成によるたんぱく質 17. 36 窒素換算係数2 6. 7g 脂質 12. 0g トリアシルグリセロール当量 10. 3g 脂肪酸総量 9. 82g 飽和脂肪酸 4. 91g 一価不飽和脂肪酸 4. 39g 多価不飽和脂肪酸 0. 52g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 18g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 2 12:0 ラウリン酸 0. 4 13:0 トリデカン酸 — 14:0 ミリスチン酸 4. 4 15:0 ペンタデカン酸 0. 7 15:0 ant ペンタデカン酸 — 16:0 パルミチン酸 23. 4 16:0 iso パルミチン酸 — 17:0 ヘプタデカン酸 1. 5 17:0 ant ヘプタデカン酸 — 18:0 ステアリン酸 19. 3 20:0 アラキジン酸 0. 1 22:0 ベヘン酸 0 24:0 リグノセリン酸 0 10:1 デセン酸 0 14:1 ミリストレイン酸 0. 2 15:1 ペンタデセン酸 0 16:1 パルミトレイン酸 1. 6 17:1 ヘプタデセン酸 0. 7 18:1 <計> 41. 8 18:1 n-9 オレイン酸 40. 8 18:1 n-7 シス-バクセン酸 1. 0 20:1 イコセン酸 0. 4 22:1 ドコセン酸 0 24:1 テトラコセン酸 0 16:2 ヘキサデカジエン酸 0 16:3 ヘキサデカトリエン酸 0 16:4 ヘキサデカテトラエン酸 0 17:2 ヘプタデカジエン酸 — 18:2 オクタデカジエン酸 — 18:2 n-6リノール酸 2. 1 20:3 n-6 イコサトリエン酸 0. 1 20:4 n-3 イコサテトラエン酸 0 20:4 n-6 アラキドン酸 0. 4 20:5 n-3 イコサペンタエン酸 0. 2 21:5 n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0 22:2 ドコサジエン酸 0 22:4 n-6 ドコサテトラエン酸 0 22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 0. 3 22:5 n-6 ドコサペンタエン酸 0. 4g たんぱく質 22. 2g アミノ酸組成によるたんぱく質 17. 95 窒素換算係数2 6. 5g たんぱく質 21. 8g アミノ酸組成によるたんぱく質 18. 6g 脂質 31. 4g トリアシルグリセロール当量 27. 2g 飽和脂肪酸 14. 26g 一価不飽和脂肪酸 10. 53g 多価不飽和脂肪酸 1. 18g コレステロール 88mg 炭水化物 0. 2g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 0 g 不溶性食物繊維 0 g < 食物繊維総量 > 0 g 灰分 1. 0g ナトリウム 80mg カリウム 290mg カルシウム 11mg マグネシウム 21mg リン 160mg 鉄 1. 7mg 亜鉛 3. 3mg 銅 0. 13mg ビタミンB2 0. 21mg ナイアシン ビタミンB3 5. 4mg ビタミンB6 0. 27mg ビタミンB12 2. 69mg ビオチン ビタミンB7 2. 5g たんぱく質 21. 8g アミノ酸組成によるたんぱく質 18. 33 窒素換算係数2 6. 5g 脂質 31. 4g トリアシルグリセロール当量 27. 2g 脂肪酸総量 25. 96g 飽和脂肪酸 14. 26g 一価不飽和脂肪酸 10. 53g 多価不飽和脂肪酸 1. 18g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 45g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 3 12:0 ラウリン酸 0. 4 13:0 トリデカン酸 — 14:0 ミリスチン酸 4. 9 15:0 ペンタデカン酸 0. 8 15:0 ant ペンタデカン酸 — 16:0 パルミチン酸 23. 8 16:0 iso パルミチン酸 — 17:0 ヘプタデカン酸 1. 6 17:0 ant ヘプタデカン酸 — 18:0 ステアリン酸 22. 9 20:0 アラキジン酸 0. 2 22:0 ベヘン酸 0 24:0 リグノセリン酸 0 10:1 デセン酸 0 14:1 ミリストレイン酸 0. 2 15:1 ペンタデセン酸 0 16:1 パルミトレイン酸 1. 5 17:1 ヘプタデセン酸 0. 6 18:1 <計> 37. 9 18:1 n-9 オレイン酸 37. 0 18:1 n-7 シス-バクセン酸 1. 0 20:1 イコセン酸 0. 3 22:1 ドコセン酸 0 24:1 テトラコセン酸 0 16:2 ヘキサデカジエン酸 0 16:3 ヘキサデカトリエン酸 0 16:4 ヘキサデカテトラエン酸 0 17:2 ヘプタデカジエン酸 — 18:2 オクタデカジエン酸 — 18:2 n-6リノール酸 2. 1 20:5 n-3 イコサペンタエン酸 0. 1 21:5 n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0 22:2 ドコサジエン酸 0 22:4 n-6 ドコサテトラエン酸 0 22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 0. 5g たんぱく質 28. 6g アミノ酸組成によるたんぱく質 24. 5g 脂質 20. 3g トリアシルグリセロール当量 18. 4g 飽和脂肪酸 9. 19g 一価不飽和脂肪酸 7. 45g 多価不飽和脂肪酸 0. 95g コレステロール 99mg 炭水化物 0. 3g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 0 g 不溶性食物繊維 0 g < 食物繊維総量 > 0 g 灰分 1. 0g ナトリウム 64mg カリウム 370mg カルシウム 4mg マグネシウム 24mg リン 220mg 鉄 2. 5mg 亜鉛 4. 5mg 銅 0. 19mg ビタミンB2 0. 32mg ナイアシン ビタミンB3 7. 4mg ビタミンB6 0. 29mg ビタミンB12 2. 84mg ビオチン ビタミンB7 2. 5g たんぱく質 28. 6g アミノ酸組成によるたんぱく質 24. 36 窒素換算係数2 6. 5g 脂質 20. 3g トリアシルグリセロール当量 18. 4g 脂肪酸総量 17. 59g 飽和脂肪酸 9. 19g 一価不飽和脂肪酸 7. 45g 多価不飽和脂肪酸 0. 95g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 36g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 2 12:0 ラウリン酸 0. 3 13:0 トリデカン酸 — 14:0 ミリスチン酸 4. 2 15:0 ペンタデカン酸 0. 8 15:0 ant ペンタデカン酸 — 16:0 パルミチン酸 22. 9 16:0 iso パルミチン酸 — 17:0 ヘプタデカン酸 1. 5 17:0 ant ヘプタデカン酸 — 18:0 ステアリン酸 22. 2 20:0 アラキジン酸 0. 2 22:0 ベヘン酸 0 24:0 リグノセリン酸 0 10:1 デセン酸 0 14:1 ミリストレイン酸 0. 2 15:1 ペンタデセン酸 0 16:1 パルミトレイン酸 1. 4 17:1 ヘプタデセン酸 0. 6 18:1 <計> 39. 8 18:1 n-9 オレイン酸 38. 8 18:1 n-7 シス-バクセン酸 1. 0 20:1 イコセン酸 0. 4 22:1 ドコセン酸 0 24:1 テトラコセン酸 0 16:2 ヘキサデカジエン酸 0 16:3 ヘキサデカトリエン酸 0 16:4 ヘキサデカテトラエン酸 0 17:2 ヘプタデカジエン酸 — 18:2 オクタデカジエン酸 — 18:2 n-6リノール酸 3. 1 20:4 n-3 イコサテトラエン酸 0 20:4 n-6 アラキドン酸 0. 3 20:5 n-3 イコサペンタエン酸 0. 2 21:5 n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0 22:2 ドコサジエン酸 0 22:4 n-6 ドコサテトラエン酸 0 22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 0. 3 22:5 n-6 ドコサペンタエン酸 0 22:6 n-3 ドコサヘキサエン酸 0.

次の

カルニチン豊富!ジンギスカンで「ラム肉」ダイエット [栄養管理] All About

生 ラム 栄養

ラム肉とマトン肉の違いは? 羊肉は、ラム肉とマトン肉に分けられます。 ラム肉は、生後1年未満の羊肉です。 対してマトン肉は、生後2年以上の羊肉になります。 ちなみに、ラムとマトンの中間に当たる生後1年以上2年未満の羊肉は、ホゲットと呼ばれています。 ラム肉は、臭みが少なく、柔らかくさっぱりとした味わい。 マトン肉は、ラム肉に比べて少し固めですが、脂身が乗っていて味も濃い目。 その中間のホゲットは、柔らかく味がしっかりしていて、ラムとマトンの良い部分が合わさった特徴があります。 羊肉を使った料理にジンギスカンがありますが、ジンギスカンで使われる多くはマトン肉です。 羊肉(マトン・ラム)のカロリー・栄養一覧 マトン肉100gあたりの栄養素 ロース もも エネルギー 225kcal 224kcal たんぱく質 19. 8g 18. 8g 脂質 15. 0g 15. 3g 糖質 0. 2g 0. 1g 食物繊維 0g 0g ナトリウム 62mg 37mg カリウム 330mg 230mg カルシウム 3mg 4mg マグネシウム 17mg 21mg リン 180mg 140mg 鉄 2. 7mg 2. 5mg 亜鉛 2. 5mg 3. 4mg 銅 0. 08mg 0. 13mg マンガン 0. 01mg 0. 7mg 1. 16mg 0. 14mg ビタミンB2 0. 21mg 0. 33mg ナイアシン 5. 9mg 4. 6mg ビタミンB6 0. 32mg 0. 3mg ビタミンB12 1. 51mg 1. mg12 ビオチン 1. 1g 15. 6g 20. 0g 脂質 17. 1g 25. 9g 12. 0g 糖質 0. 1g 0. 2g 0. 3g 食物繊維 0g 0g 0g ナトリウム 70mg 72mg 59mg カリウム 310mg 250mg 340mg カルシウム 4mg 10mg 3mg マグネシウム 23mg 17mg 22mg リン 120mg 140mg 200mg 鉄 2. 2mg 1. 2mg 2. 0mg 亜鉛 5. 0mg 2. 6mg 3. 1mg 銅 0. 13mg 0. 08mg 0. 1mg マンガン -mg 0. 01mg 0. 5mg 0. 6mg 0. 13mg 0. 12mg 0. 18mg ビタミンB2 0. 26mg 0. 16mg 0. 27mg ナイアシン 4. 2mg 4. 2mg 6. 9mg ビタミンB6 0. 12mg 0. 23mg 0. 29mg ビタミンB12 2. 94mg 0. 64mg 0. 厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、 18歳以上の女性のたんぱく質推奨量は50gなので、30〜40%を摂取できることになります。 また、羊肉は たんぱく質を構成するアミノ酸のバランスが良いのも特徴です。 つまり、羊肉は良質なたんぱく質が多く含まれている食品と言えます。 カロリーは比較的低い カロリーを見ると、マトンはロース225kcal、もも224kcal、ラムは肩233kcal、ロース310kcal、もも198kcalとなっています。 ラムのロースは脂身が多いためカロリーは少し高めですが、100gあたり200kcal前後と比較的低めとなっています。 鉄分はマトン肉・ラム肉共に多い 羊肉には、鉄分が多く含まれています。 マトン肉ではロースに2. 7g、ももに2. 5g、ラム肉では肩2. 2g、ロース1. 2g、もも2. 0g含まれています。 他の肉類と比べると、鶏肉は0. 2〜0. 6g、豚肉0. 3〜0. 9g、牛肉1. 1〜2. 8g(もも・ヒレに多い)なので、 肉類の中でも鉄分が多く含まれているお肉といえます。 動物性食品に含まれている鉄分は、ヘム鉄と呼ばれるもので植物性食品の非ヘム鉄よりも吸収率の高いことが特徴です。 鉄分不足になりがちな女性に強い味方となってくれるお肉になっています。 Sponsored Link 羊肉(ラム・マトン)にダイエット効果が期待できる理由 羊肉は、肉類の中でもダイエット効果が期待できるお肉と言われています。 その理由は、代謝に必要な様々な成分が含まれているためです。 ビタミンB群が多い 羊肉には、エネルギー代謝に関わるビタミンB群が多く含まれています。 中でも 糖質代謝のビタミンB1、脂質代謝のビタミンB2が多く含まれています。 脂肪燃焼効果L-カルニチン含有量がトップクラス 肉類には、L-カルニチンが含まれています。 その中でも羊肉には多く含まれてるため、ダイエット効果が期待できると言われています。 牛肉、豚肉、鶏肉と含有量を比較すると、羊肉>牛肉>豚肉>鶏肉となっています。 ロンザジャパン株式会社の調査によると、 羊肉は、牛肉の3倍、豚肉の7倍含まれているということです。 <100gあたりのL-カルニチン量>• 羊肉…210mg• 牛肉…70mg• 豚肉…30mg 参照: また、ニュージーランド食肉研究所の調査では、以下の数値となっています。 マトン肉…208. 9mg• ラム肉…80mg• 牛ヒレ肉…59. 8mg• 豚肉…35mg• 鶏肉…4. 55〜9. 1mg こちらの調査でも、羊肉は他のお肉に比べL-カルニチンは多く含まれていることがわかります。 また、 ラム肉よりもマトン肉がより多く含まれています。 摂取した脂肪をエネルギーに変えるためには、脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ必要があります。 この時に運ぶ役割を果たしているのがL-カルニチンです。 L-カルニチンは体内でも生成されていますが、20歳を過ぎると生成される量も減っていきます。 そのため、 脂肪を効率的にエネルギーに変えるためには、食物からL-カルニチンを摂取することが効果的と考えられています。 脂肪の融点が高く吸収されにくい 羊肉の脂肪は、融点が高いため、吸収されにくく太りにくいと言われています。 融点とは、脂肪が溶ける温度。 融点が高いと体内に入った時に溶けにくいため、吸収されずに排出されにくいという考え方があります。 そのため、肉類の中でも羊肉は太りにくいということです。 鉄分が多い 鉄分が不足すると貧血を招くことはよく知られています。 鉄分は全身に酸素を運ぶ役割がありますが、 鉄分不足になると酸素を十分に運ぶことができず、基礎代謝の低下を招き、低体温で痩せにくい体質になってしまいます。 まとめ いかがでしたか?羊肉がヘルシー、ダイエット効果が期待できると言われるのは、たんぱく質・ビタミン・ミネラルが豊富で、吸収されにくい脂肪や脂肪燃焼効果が期待できるL-カルニチンが肉類の中でも多く含まれているためです。 ただし、美容やダイエットの基本的な食事は、栄養バランスです。 食べ過ぎには気をつけながら、食事に取り入れてみてください。 お肉をしっかり食べながらダイエットしたいと考えている人は、以下の記事を参考にしてください。

次の